与謝野晶子

Hashtags #与謝野晶子

与謝野晶子若いころetミダレガミ

与謝野明子新字体与謝野晶子誠司與謝野晶子、1878年12月7日- 1942年5月29日)であったペン名日本人著者詩人、先駆的なフェミニスト平和主義後半に積極的に、そして社会改革、明治時代をだけでなく、大正初期の昭和日本[1]彼女の出生時の名前はShōHō 鳳志やうHōShōでした。[2]彼女は、日本で最も有名で、最も物議を醸している、古典後の女性詩人の1人です。[3]

与謝野は大阪近郊の堺市で繁栄した商家に生まれました。彼女は11歳から、羊羹の一種である羊羹を製造・販売する家業の経営を最も担当した家族の一員でした。彼女は幼い頃から文学作品を読むのが好きで、父親の大規模な図書館で広く読んでいました。高校生の頃から詩誌「明星」を購読し始め、著名な寄稿者となった。明星の編集者である与謝野鉄幹は、大阪や堺を訪れて講義やワークショップで教えた後、短歌を教えました。[4]

鉄刀には内縁の妻がいたが、秋子に恋をした後、やがて別居した。二人の詩人は東京近郊で一緒に新しい生活を始め、1901年に結婚しました。夫婦にはひかると茂の2人の息子がいました。彼の最初の妻から離れたにもかかわらず、鉄刀は彼女と積極的に関わり続けました。

1901年、与謝野は、彼女の最初のボリューム持ち出し短歌Midaregami 400の詩を含んでおり、ほとんどで非難された(もつれた髪)、文芸評論家[5] [6]この批判的な反応にもかかわらず、それは広く読まれ、彼女の時代の自由思想家のための一種の灯台になりました。彼女の最初の本は、彼女の最もよく知られているものであり、明治後期の他の作品とは異なり、伝統的な短歌に情熱的な個人主義をもたらしました。

与謝野鉄幹への想いを表現する愛詩が大半を占める。この特別なコレクションを通して、彼女は自分自身のイメージと現代日本の女性の声の舞台を設定しました。詩は、特に女性作家から、彼女の時代には型にはまらない方法で女性らしさを表現する傾向がありました。

日本の伝統的な価値観では、女性は穏やかで謙虚であると認識されています(そしてそうなることが期待されています)。[6]日本の女性の家庭的および社会的役割は、子供、特に男の子の出産と育児に焦点を当てていました。ミダレガミは、女性に関係する概念や問題を表現するだけでなく、通常はそのような公的な方法で表明されることはありませんが、活気があり、自由で、性的で断定的な人々として、女性らしさの新しい革新的なイメージを作成しました。日本で期待される控えめで控えめな若い女性の従来の写真。[6]与謝野の女性は受動的ではなく、彼らの愛の生活の積極的なエージェントでした。典型的な短歌の中で、与謝野晶子は「春は永遠の命を持っているものが短い」と書いた。そして、彼の手に私の力強い胸を探させた。[6] Midaregamiは、日本社会の家父長の値だけでなく、彼女の時間の認められた文学や文化的慣習への挑戦を提起しました。与謝野晶子の作品は非難され、厳しく批判されましたが、当時の女性にとって大きなインスピレーションの源となりました。[6]アメリカの学者土屋宏美は、「肉、唇、胸の視覚的表現は女性のセクシュアリティを象徴している」と述べた。[6] [7]

短歌に胸を書いた詩人はこれまでになかったため、佐佐木信綱は「公序良俗に反する」「娼婦にふさわしい猥褻さを口にする」という雑誌記事で彼女を襲った。[8]みだれがみの例から、ヌードの考え方は、日本人のエロティシズムや女性のセクシュアリティに対する見方を変えました。この時点まで、女性の胸は子供の摂食と母性の象徴でした。それ以来、彼らは別の表現を取り始めました。自然の美しさ、特に若い女性のそれ。[6]日本人女性がセクシュアリティと女性の身体の新しい表現を想像するための扉が開かれた。[6]

彼女はこれに続いて、恋衣(愛のローブ)や舞姫(ダンサー)など、キャリアの過程でさらに20の短歌アンソロジーを発表しました。彼女の夫の鉄刀も詩人でしたが、彼の評判は彼女によって隠されていました。彼は妻の作品を出版し続け、彼女の文学的なキャリアを奨励しました。与謝野晶子は非常に多作な作家でした。彼女は一度に50もの詩を作ることができました。与謝野晶子は生涯、2万から5万の詩を書いたと考えられています。彼女はまた11冊の散文を書いた。

与謝野晶子は、西村伊作、河崎なつらとともに、もともと女子校であった文化学院を設立し、初代学部長兼主任講師を務めた。[9]彼女は、多くの意欲的な作家が文学界に足場を築くのを支援しました。彼女は生涯にわたる女性教育の擁護者でした。彼女はまた、新薬源氏物語(新訳源氏物語)や新薬英賀物語(新訳開花物語)など、日本の古典を現代日本語に翻訳しました。[10]

明子と夫の 与謝野鉄幹
樋口一代記念碑の裏側に刻印。スポンサーの与謝野晶子と森鴎外の名前が確認できます。(2011年4月8日撮影)

与謝野の詩はキミShinitamou琴nakare [11] (君死にたもうこと勿れ、汝ないダイ)は、彼女の弟に宛てた、[11]の高さの間に明星に掲載された日露戦争とした非常に物議を醸します。[12]歌の中に作られた、それは軽度の形として使用された反戦の抗議[11]流血から日本人の死傷者の数として旅順攻囲戦が公共になりました。1904年9月、与謝野はポートアーサーの日本兵が「人間の弾丸」として使用され、爆発物で縛られ、自殺任務でロシアのとげのあるワイヤーの絡み合いを通して爆破穴に送られたことを知りました。[13]与謝野の弟は帝国軍に仕え、ポートアーサーを包囲する部隊に所​​属していた。で武士道、それは天皇のために死ぬことの男性のための最高の栄誉だった、と彼女の兄の衝動的な性質の知って、与謝野氏は、詩の誓約を書くために彼女を鼓舞、「人間弾丸」であることをボランティアかもしれないという恐怖に襲われました彼と一緒に彼の未亡人の母親のことを考えました。[14]与謝野は兄に宛てて、「両親はあなたに剣を握らせて殺すように教えたのか?旅順口[ポートアーサー]の要塞が倒れるかどうかはどうだろう?」と書いた。[15]与謝野晶子は、キミ武士道の中心的な概念を攻撃し、他の人が彼のために死ぬことを期待して、彼女が皮肉を込めて自分自身を害することは決してないと述べた皇帝のために死ぬことは男性にとって最大の名誉であると述べた。[16]与謝野晶子は、ロシアとの戦争を無意味で愚かだと呼んだことで、日本で最も物議を醸した詩人になり、政府は彼女の詩を禁止しようとした。[15]ザ・キミは彼女が詩人が戦争かをサポートする義務があったかどうかの問題を超えるジャーナリスト大町Keigestuとrancorous論争に関わるようになった一方、与謝野の家が怒っている人々によって投石されたことをとても不評でした。[17]

1911年9月のリベラルジャーナルセイトの創刊号は、女性に平等な権利を与えることを求める彼女の詩「山が動く日」を特集しました。[18] 1918年の記事で、ヨサノは「家族の富と影響力を保護するために真の道徳的システムの採用を故意に阻止する支配と軍事の階級を攻撃した...彼らは日本人の生活を導くための古い全体主義の道徳規範」。[18]与謝野は、軍国主義を「私たち女性が私たちの霧から根絶する責任がある野蛮な思考」の一形態と呼ぶことで彼女の記事を終えた。[18]

与謝野晶子は13人の子供を産み、そのうち11人は成人期まで生き残った。故日本の政治家与謝野馗は孫の一人でした。[19]

与謝野晶子は、女性向けの文芸雑誌「青鞜」などに頻繁に寄稿しました。彼女の意見は、子育て、経済的自立、社会的責任に等しく参加するという概念に根ざしています。

経済的自立について

与謝野晶子は、政府の助けを借りて経済的自立を求める母親の概念に反対し、国家への依存と男性への依存は同じであると主張した。"女性の完全な独立"、または題した彼女のエッセイでは女子なしtettei shita dokuritsu(女性の徹底した独立)、彼女は言います:

男性がこのような経済的保証を持っていても、女性がそれを欠いているのであれば、結婚や出産を避けるべきです。女性が結婚と出産のために男性の財政に依存している場合、たとえそれらの間にロマンチックな関係があっても、女性は経済的に彼に依存して男性の奴隷になるか、そうでなければ彼女は泥棒であり、男の労働。

この視点は正反対に、政府が財政の5人の創始者の一人を含む、母親、サポートする必要がある時には、多くの日本のフェミニスト共有の意見に反対していたセイト、平塚らいてうを。[20]雷将はこれを批判し、ほとんどの女性は経済的援助なしでは現実的に生きることはできないと述べた。[21]

母性について

与謝野晶子は、生涯で13人の子供を出産したにもかかわらず、出産行為が自分のアイデンティティの主要部分であるとは考えていないと述べた。[22]彼女はまた、女性性と母性の同一性を完全に同一視することが、人の他の側面よりも母性を優先することへの懸念を表明した。

エレン・キーのように、母性を絶対的にし、母性に優位性を与えることは、女性が人生の表面でうねるときに生じる無数の希望と欲望の中で、女性を古い非現実的な考え方に閉じ込めておくのに役立つと信じています。個人にとって同等の価値を持つべき無数の欲望と役割にランク付けする。

これは、1915年1月の太陽誌のコラム「OneWoman 's Notebook」で、スウェーデンのフェミニスト、エレン・キーとレオ・トルストイに応えて書かれました。彼女の主な主張は、女性は母親としての役割を受け入れることができるということですが、それ以上の役割を例示しています。 、妻として、日本人として、そして世界の一員として。[23] [24]

中は大正時代、与謝野はに彼女の注意を回し社会的な論評で、シテにひとoyobi女(ヒトなどと女など)、Gekidoなし那珂郁O(激動の時代を通って行く)と彼女の自伝Akarumi電子(ライトへ) 。1931年、日本で最も有名な平和主義者である与謝野は、関東軍が満州を占領したときに日本を襲った「戦争熱」に屈した。[15]上海の最初の戦いに関する1932年の詩「バラ色の頬の死」で、ヨサノは中国に対する彼女の国を支持したが、彼女はまた、蔣介石だけではあるが、戦いで殺された中国の兵士を犠牲者として描いた。 、彼女は常に日中の友情を説いたサン・イェットセン博士の遺産を裏切ったと非難した。[25]「バラ色の頬の死」では、日本は決して敗北することを望んでいない「良き隣人」であり、抵抗を無駄にしているため、中国人は日本に抵抗する「愚か」である。[26] 1932年6月に出版された彼女の詩「日本の市民、朝の歌」で、ヨサノは、第二次上海事変で日本兵が皇帝のために死んだことを称賛し、兵士が彼の「散らばる​​」方法を説明したとき、武士道を受け入れた。彼が「人間の爆弾」として吹き飛ばされたときの体。[15]与謝野は、兵士の「散らばった」体を「花よりも純粋で、武士の名誉に命を与える」と呼んだ。[15]与謝野は、キミとは異なり、「天皇軍のせい」で日本人女性に「忠誠心を統一する」ことを求めた。アメリカの学者スティーブン・ロブソンは、与謝野の初期の詩のように非常に革新的だったキミとは異なり、与謝野がウルトラナショナリストから直接取られた「サムライの名誉」のような有名なフレーズを使用したため、日本市民は決まり文句に満ちていると述べました彼女自身の語彙を開発せずにプレス。[27]与謝野晶子は武士道を称賛し、日本人が行うことができる「最も純粋な」行為は天皇のために戦死することであると宣言し、満州の征服において関東軍を「百倍の苦しみを通じて」前進させることで詩を締めくくった。 「妥協の弱体化した夢を打ち砕く」。[28]

1937年以降のヨサノの詩は中国との戦争を支持し、1941年にはアメリカとイギリスとの戦争を支持した。[8]昭和初期の彼女の晩年の解説は、軍国主義を称賛する傾向があり、また彼女のフェミニストの視点を促進した。彼女の最後の仕事、新万葉集(新万葉集、1937年から1939年)は、60年間にわたって書かれた6675のコントリビュータによる26783の詩のコンパイル、でした。

1942年、与謝野晶子は最後の詩の1つで、帝国海軍の中尉を務めていた息子を称賛し、「この神聖な戦争」で皇帝のために「勇敢に戦う」ように促しました。[29]与謝野晶子は、1942年に63歳で脳卒中で亡くなった。[30]太平洋戦争の最中に起こった彼女の死は、マスコミではほとんど見過ごされ、終戦後、彼女の作品は主に批評家や一般の人々に忘れられています。1950年代に、キミは日本の高校で必読になり、憲法第9条を廃止することを意図した岸信介政府に対する理想主義的な大学生による抗議の間に、キミは何かになりました。学生のための国歌。[31]彼女のロマンチックで官能的なスタイルは、近年人気を取り戻し、彼女はますます多くのファンを持っています。彼女の墓は東京都府中市の多磨霊園にあります。

  • 日本文学
  • 日本の作家のリスト
  • 平和活動家のリスト

  1. ^ Beichman、Janine(2002年1月1日)。火の鳥を抱きしめる:与謝野晶子と現代日本の詩における女性の声の誕生。ハワイ大学出版会。ISBN 9780824823474
  2. ^ ヘンシャル、ケネス(2013年11月7日)。1945年までの日本の歴史辞典。かかしプレス。p。481. ISBN 9780810878723
  3. ^ 与謝野晶子(2014年1月7日)。星の川:与謝野晶子の厳選された詩。シャンバラ出版物。ISBN 9780834829336
  4. ^ アラナ、R。ビクトリア(2015年4月22日)。世界詩歌記念日百科事典。インフォベースラーニング。ISBN 9781438140728
  5. ^ 与謝野晶子(2002年1月1日)。もつれた髪:ミダレガミから選ばれた短歌。チェン&ツイ。ISBN 9780887273735
  6. ^ a b c d e f g h 土屋人形瀬ひろみ(2005年秋)。「与謝野晶子みだれ髪で女性のセクシュアリティを目覚めさせる」。単に俳句。
  7. ^ 1958-、武田のり子(2000)。開花の言葉:ステファヌ・マラルメ、TSエリオット、与謝野晶子のモダニズム表現。ニューヨーク:P。ラング。ISBN 9780820438979。OCLC  80246787。CS1 maint:数値名:作成者リスト(リンク)
  8. ^ a b スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月47ページ。
  9. ^ Rodd、Laurel Rasplica(1991年1月1日)。「与謝野晶子と文化学院:「自由な個人の教育」。日本語教師会誌25(1):75–89。土井:10.2307 / 488911。JSTOR  488911。
  10. ^ エメリッヒ、マイケル(2013年8月13日)。源氏物語:翻訳、規範化、そして世界文学。コロンビア大学プレス。ISBN 9780231534420
  11. ^ a b c J.トーマスライマー; ヴァンC.ゲッセル(2005)。現代日本文学。コロンビア大学プレス。pp。333–334。ISBN 978-0-231-11860-6
  12. ^ ジェームズ・L・マクレーン、日本:現代史p 427 ISBN  0-393-04156-5
  13. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月45ページ。
  14. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月45-46ページ。
  15. ^ a b c d e Louise Young(歴史家) 日本の全帝国:満州と戦時帝国主義の文化、ロサンゼルス:カリフォルニア大学出版、1998年84ページ。
  16. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月50ページ。
  17. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月46ページ。
  18. ^ a b c スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問い」45-74ページ「日本教師協会誌」第25巻第1号1991年4月48ページ。
  19. ^ アラナ、R。ビクトリア(2008年1月1日)。世界の詩へのファイルコンパニオンに関する事実:1900年から現在まで。インフォベース出版。p。484. ISBN 9781438108377
  20. ^ 狩野綾乃(2016)。日本のフェミニストの議論:セックス、愛、労​​働に関する1世紀の論争。ホノルル:ハワイ大学出版会。pp。109–110。
  21. ^ バーンスタイン、ゲイルリー(1991)。日本の女性の再現、1600〜 1945年。バークレー、米国:カリフォルニア大学出版。p。191。
  22. ^ バーンスタイン、ゲイルリー(1991)。日本の女性の再現、1600〜 1945年。バークレー、米国:カリフォルニア大学出版。p。195。
  23. ^ バーンスタイン、ゲイルリー(1991)。日本の女性の再現、1600〜 1945年。バークレー、米国:カリフォルニア大学出版。p。190。
  24. ^ ゴードン、アンドリュー(2014)。日本の近代史:徳川時代から現在まで、第3版。オックスフォード:オックスフォード大学出版局。p。168。
  25. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月56-57ページ。
  26. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月57ページ。
  27. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月59ページ。
  28. ^ ルイーズヤング(歴史家)日本の全帝国:満州と戦時帝国主義の文化、ロサンゼルス:カリフォルニア大学出版、1998年84ページ。
  29. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」45-74ページ、日本教師協会誌、第25巻、第1号、1991年4月62ページ。
  30. ^ ジョージハガティ; ボニー・ジマーマン(2000)。レズビアンとゲイの歴史と文化の百科事典。テイラーアンドフランシス。p。823. ISBN 978-0-8153-3354-8
  31. ^ スティーブ・ラブソン「与謝野晶子の戦争:命を与えるかどうか:どの戦争の問題」、 『日本教師協会誌』第25巻第1号、1991年4月46〜47ページ。

  • 「1930年代後半の与謝野晶子」。日本語教師会誌、vol。25、いいえ。1、1991、pp。3–3。
  • ローリー、GG、ジャニーン・バイヒマンのレビュー、「火の鳥を受け入れる:与謝野晶子と現代日本の詩における女性の声の誕生」、ハーバード・ジャーナル・オブ・アジアティック・スタディーズ。

  • 鎌倉の文学者
  • 明子の作品の電子テキストで青空文庫
  • 与謝野晶子と戦争–とりかい研究室(2009年10月24日アーカイブ