明治(時代)

Hashtags #明治(時代)

明治(時代)明治維新et政治

明治時代明治明治日本語の発音:  [meꜜː(D)ʑi]がである時代日本史7月30日に1868年10月23日から延び、1912 [1]この時代の前半を表し帝国日本の日本の人々が孤立しているから移動している期間中、封建社会によるコロニー形成のリスクが西洋近代的、先進の新しいパラダイムへの権限国民国家と緊急偉大な力の影響を受け、西科学的、技術的、哲学的、政治的、法的、そして美的アイデア。このように根本的に異なる思想を全面的に採用した結果、日本への変化は深刻であり、その社会構造、内政、経済、軍事、外交に影響を及ぼした。明治天皇の治世に対応した時期でした。これは、先行された慶應義塾の時代とによって成功した大正の加盟により、時代の大正天皇

1868年から1912年までのグレゴリオ暦の年を明治時代の日本の暦年に変換するには、問題の年から1867年を差し引く必要があります。

1867年2月3日には、14歳の王子Mutsuhitoは彼の父、成功した孝明天皇をし、皇位第122回天皇として。

1867年11月9日には、then-代将軍 徳川慶喜が天皇に辞任を入札し、正式に10日後に辞任します。[2] 翌年、1868年1月3日に帝国の復興が起こり、新政府が結成された。江戸の秋の終わりにマーク1868年の夏に徳川幕府、そして新しい時代、明治は、宣言されました。

最初の改革は、1868年の五箇条の御誓いの公布でした。これは、明治の指導者たちが士気を高め、新政府への財政的支援を獲得することを目的とした一般的な声明です。その5つの規定は次のもので構成されていました。

  1. 審議会議は広く確立され、すべての事項は公開討論によって決定されるものとします。
  2. 高低を問わず、すべての階級が団結して国政の運営を精力的に遂行しなければならない。
  3. 公務員の市民および軍隊に劣らない一般の人々は、不満がないように、それぞれが彼自身の召しを追求することを許可されなければならない。
  4. 過去の邪悪な慣習は打ち破られ、すべては自然の法則に基づいています。
  5. 帝国支配の基盤を強化するために、知識は世界中で求められなければならない。

五箇条の御誓文で暗黙的には、排他的で政治的なルールに終止符をした幕府将軍"の役員を含む直接投与)、および政府内でより民主的な参加に向けて動きます。憲章の宣誓を実施するために、1868年6月に11条のかなり短命な憲法が制定されました。新しい議会、立法機関、および貴族と公務員の階級制度を規定することに加えて、任期を4年に制限しました。 、公の投票を許可し、新しい税制を提供し、新しい地方行政規則を命じました。

江戸開城後の1868年末に京都から東京に 移住した 15歳の 明治天皇

明治政府は、幕府が交渉した旧条約に従うことを外国勢力に保証し、国際法に従って行動することを発表しました。1912年まで統治することになっていた睦人は、日本の歴史における新しい時代の始まりを示すために、新しい統治の称号である明治、または啓蒙された規則を選択しました。新しい秩序をさらに脚色するために、首都は794年以来存在していた京都から江戸の新しい名前である東京(東の首都)に移転されました。新政権の定着に欠かせない動きとして、大名のほとんどは、藩制度の廃止に伴い、土地と国勢調査の記録を天皇に自発的に引き渡した。これは、土地と人々が天皇の管轄下にあったことを象徴している。

大名はその遺伝的地位を確認して知事になり、中央政府が管理費を負担し、武士の給料を支払った。漢は1871年に都道府県に置き換えられ、権威は引き続き国に流れました。以下のような好ま旧漢からの職員、薩摩長州土佐、および肥前は新しい省庁のスタッフ。かつての宮廷貴族、そして下位ではあるがより過激な武士が、新しい支配階級が登場するにつれて、幕府の任命者と大名に取って代わった。

50代の明治天皇。

明治維新が天皇を卓越した地位に戻すことを目指したのと同じくらい、1、000年前と同じように神道志向の国家を確立するための努力がなされました。神道と仏教がするので融合した信念に成形していた前に一千年と仏教が密接に幕府に接続されていた、これは神道と仏教の分離(関与神仏分離)と、様々な仏教寺院の関連する破壊と関連する暴力を(廃仏毀損)。さらに、その目的のために新しい国家神道を建設しなければなりませんでした。1871年、神道礼拝のオフィス(JAは:神祇省)でも重要で国家評議会の上のランキング、設立されました。水戸学派の国体思想を取り入れ、皇室の先祖を強調しました。政府は神道の教師を支援しましたが、これは小さいながらも重要な動きです。神道礼拝所は1872年に降格されましたが、1877年までに、内務省がすべての神社を統治し、特定の神道の宗派が国の承認を受けました。神道は仏教政権から解放され、その財産は回復した。仏教は神道の国家後援に苦しんでいましたが、それ自身の復活がありました。キリスト教も合法化され、儒教は依然として重要な倫理的教義でした。しかし、ますます、日本の思想家は西洋のイデオロギーと方法に共感しました。

代表政府の主要な支持者だった板垣退助(1837年から1919年)、強力な土佐の上に国家評議会から辞任していたリーダーの韓国事件1873年板垣では、むしろ反抗よりも、政府内で音声を得るための手段を平和求めました。彼は立憲君主制と立法議会を設立することを目的とした学校と運動を始めました。そのような運動は自由民権運動と呼ばれていました。板垣らは1874年に土佐記念碑(ja:民撰議院建白書)を執筆し、寡頭制の無制限の力を批判し、代議制政府の即時設立を求めた。

1871年から1873年の間に、一連の土地法と税法が現代の財政政策の基礎として制定されました。個人所有が合法化され、証書が発行され、土地は、明治以前の時代のように現物ではなく、わずかに低い税率で税金が現金で支払われる公正な市場価格で評価されました。

1875年に国務院に復帰した後、改革のペースに不満を持っていた板垣は、1878年に愛国社(愛国社)に信奉者やその他の民主党支持者を組織し、代議制政府を推進した。最もよく知られているのは、板垣がフランスの政治教義を支持する自由党を設立するのを手伝ったことです。

House of Peersの内部、 メンバーがHouseに演説するトリビューンで大臣が話しているところを示しています。

1882年、大隈重信が確立立憲改進党英国スタイル立憲民主主義のために呼ばれる(憲法進歩党を)、。これを受けて、1882年に官僚や地方公務員などの保守派が立憲帝政党を結成しました。その後、多数の政党デモが行われ、一部は暴力的であり、政府による規制がさらに強化されました。制限は政党を妨害し、政党内および政党間の分裂につながった。改進党に反対していた自由党は1884年に解散し、大熊は改進党の大統領を辞任した。

安定への暴力的な脅威と韓国情勢をめぐる真剣なリーダーシップの分裂に長い間夢中になっていた政府の指導者たちは、憲法上の政府がいつか設立されるべきであることに一般的に同意した。長州リーダー木戸孝允は、 1874年以前から、政府の憲法上のフォームを支持していた、と憲法の保証のためのいくつかの提案が起草されていました。しかし、政治的圧力の現実を認めながら、寡頭制は支配を維持することを決意した。したがって、控えめな措置が取られました。

1875年の大阪会議の結果、独立した司法機関と立法府の提案の検討を任務とする元老院が任命された政府が再編成されました。天皇は、長老評議会に憲法草案を作成するよう命じたとき、「憲法政府は段階的に設立される」と宣言した。

3年後、都道府県知事会議は選挙で選ばれた都道府議会を設立した。権限は限られていますが、これらの議会は国レベルでの代表政府の方向への動きを表しており、1880年までに村や町でも議会が結成されました。1880年、24都道府県からの代表者が全国大会を開催し、国会期成同盟を設立しました。

政府は議会の支配に反対せず、「人権」の推進に直面したが、政治情勢をコントロールしようとし続けた。1875年の新法は、政府に対する報道機関の批判や国内法の議論を禁止していました。公共の組立法(1880年)は、深刻な公務員によって出席を許可しないと、すべての会議のための警察の許可を必要とすることで集会を制限しました。

しかし、与党内では、リーダーシップの保守的なアプローチにもかかわらず、大熊は、国会に答えることができる、英国式の政府、政党と多数党によって組織された内閣を持つ政府の唯一の擁護者として継続しました。彼は選挙が1882年までに行われ、国会が1883年までに召集されることを求めた。そうすることで、彼は政治危機を引き起こし、1881年の帝国の詔書で1890年に国会の設立を宣言し、大熊を解任した。

イギリスのモデルを拒否し、岩倉と他の保守派はプロイセンの憲法制度から多額の借金をした。明治の寡頭制の1つである伊藤博文(1841–1909)は、長州藩出身で、日本国憲法の起草を担当しました。彼は1882年に海外で憲法研究ミッションを主導し、ほとんどの時間をドイツで過ごしました。彼は合衆国憲法を「自由主義的すぎる」として、そして英国の制度を扱いにくく、君主制を過度に支配する議会を持っているとして拒絶した。フランスとスペインのモデルは、専制主義の傾向があるとして拒否されました。

伊藤は1884年に新憲法調査局を担当し、1885年に国務院は伊藤首相を首相とする内閣に交代した。首相(または主任大臣)、の位置の左の大臣、および右の大臣天皇の諮問位置と七世紀から存在していた、すべて廃止されました。その代わりに、枢密院は次の憲法を評価し、天皇に助言するために1888年に設立されました。

国の権威をさらに強化するために、近代日本軍の創設を認められ、最初の憲法上の首相となる長州出身の山縣有朋(1838–1922)の指導の下、軍事参議院が設立されました。大臣。軍事参議院は、天皇への直接アクセスを持っていたとは独立軍大臣と民間職員の動作することができるスタッフのチーフとドイツスタイルの一般的なスタッフのシステムを開発しました。

憲法の公布のための儀式によって、 和田英作提示天皇を示し、 憲法に 首相 黒田清隆で式典で 皇居1889年2月11日に( 聖徳記念絵画館) [3]

日本の帝国憲法は、 1890年11月29日に制定された[4]それは混合の形だった憲法と絶対君主制。[5]日本の天皇は合法的だった最高指導者、及び内閣は彼の信奉者でした。首相は枢密院によって選出されます。実際には、天皇は国家元首でしたが、首相は実際の政府の長でした。

代表的な民主主義を生み出すために、近代化の間に階級の区別はほとんど排除されました。侍は、軍事権限を持つ唯一のクラスとしての地位を失いました。しかし、明治時代の間に、日本の社会(政治、ビジネス、軍事)の中で最も指導者は元武士やの子孫だった侍。

1889年の明治憲法は、公民権と議会機構に対して比較的小さな譲歩をしました。政党の参加は、政治プロセスの一部として認識されました。天皇は彼の権威を共有し、彼の主題に権利と自由を与えました。それは、25歳以上で15円の国税(人口の約1%)を支払った男性市民のフランチャイズが非常に限られている、人気のある衆議院で構成される帝国議会(帝国議会)を規定しました。)。貴族院は、貴族や皇帝の任命者で構成されていました。内閣は天皇に責任があり、立法府から独立していました。国会は、政府の立法を承認し、法律を制定し、政府に代表を出し、天皇に請願書を提出することができます。明治憲法は1947年まで基本法として存続しました。

憲法政権の初期には、明治憲法の長所と短所が明らかにされました。小さなクリーク薩摩と長州エリートは超憲法体として制度になって、日本を支配し続けgenrō(長老政治)。総称して、元老は天皇のために予約された決定を下し、元老は天皇ではなく、政府を政治的に支配しました。

しかし、その期間を通じて、政治問題は通常妥協によって解決され、政党は徐々に政府に対する権力を強め、その結果、政治プロセスにおいてこれまで以上に大きな役割を果たしました。1891年から1895年の間、伊藤は元老を中心とした内閣で首相を務め、衆議院を統治する政党を設立したいと考えていました。完全には実現されていませんが、政党政治への傾向は十分に確立されていました。

1880年代の銀座。

帰国後、政府の最初の行動の1つは、貴族の新しい階級を確立することでした。天皇に貴重なサービスを提供していた古い宮廷貴族、旧大名、そして武士から五百人は新しい貴族に編成された家族の王子、:5つの段階からなる、侯爵、回数、子爵と男爵。

間の遷移では江戸時代と明治時代、EeとJAナイkaの動き、恍惚行動の自発的流行は、開催されました。

1885年、著名な公的知識人である福澤諭吉は、影響力のあるエッセイ「アジアを離れる」を書き、日本は「西側の文明国」に向き合い、「絶望的に後進する」アジアの隣国、すなわち韓国と中国を残すべきだと主張した。このエッセイは確かに明治時代の日本の経済的および技術的台頭を後押ししましたが、それはまた、この地域における後の日本の植民地主義の知的基盤を築いたかもしれません。

1895年の第4 回内国勧業博覧会での黒田清輝の朝のトイレの 裸体画の展示は、 ビゴットによって捕らえられて騒ぎを引き起こした [6]。

明治時代には、日本の方向性についての公の言説が開花しました。以下のような作品中江兆民政府の三酔っぱらいは「sのA談話[7]は地元の日本文化と西洋から来た新しい影響をブレンドする最善の方法を議論しました。自由民権運動のような草の根運動は、日本の政治システムにおける正式な立法府、公民権、そしてより大きな多元主義の確立を要求しました。ジャーナリスト、政治家、作家がこの運動に積極的に参加し、女性の権利活動家を含む多くの関心グループを魅了しました。[8]

明治時代のエリート階級は、羊羹や羊羹と呼ばれる洋風のパビリオンや応接室の建設に見られるように、ビクトリア朝の趣味の多くの側面を取り入れました。明治の家のこれらの部分は、皇居を含むすべてのレベルの貴族の家のしばしば空の部屋を描いたレディースグラフィックなどの当時の人気のある雑誌に展示されていました。西洋の文化的形態を、想定された手つかずの日本の先住民の精神と統合することは、明治社会の特徴であり、特にトップレベルで、ヨーロッパの植民地帝国が支配した新しい世界の電力システム内の場所を求める日本の探求を表しています。[9]

ファッション

掛軸をモチーフにした女性用の外着(うちかけ)、1880〜 1890年

着物の生産には合成染料などの西洋の技術が使われ始め、装飾は西洋のモチーフの影響を受けることがありました。[10]繊維産業は急速に近代化し、東京の工場からの絹が日本の主要な輸出品となった。[11]安価な合成染料は、以前は裕福なエリートに限定されていた大胆な紫と赤が誰でも所有できることを意味しました。[12]より速く、より安価な製造により、より多くの人々が絹の着物を買うことができ、デザイナーは新しいパターンを作成することができました。[12] 皇帝は、女々しいとされる日本の服よりも洋服を宣伝する宣言を出した。[13] 福澤諭吉の洋服や習慣の説明は影響力があった。[14]それで、洋服は公共の場で人気が出た。着物はまだ家庭の男性と女性の標準であったが、多くの男性が職場で洋服を採用した。[15] 1890年代に着物は再び主張し、人々はより大胆で明るいスタイルを身に着けました。訪問着と呼ばれる新しいタイプは、フォーマルドレスと日常着のギャップを埋めました。[11]

当時の技術では、急激な色の変化ではなく、微妙な色のグラデーションが可能でした。別の傾向は、同じデザインのアウターとインナーの衣服でした。[16]明治時代のもう一つの傾向は、時には根本的に異なる色やデザインの異なる生地の断片を組み合わせて作られた女性の着物の下でした。[17]男性の場合、無地または非常にシンプルなデザインの外側の着物で覆われる、装飾性の高い下着物がトレンドでした。乳幼児の服装でさえ、大人のファッションに共通する大胆な色、複雑なデザイン、素材を使用していました。[18]日本の輸出により、着物は西洋の魅力の対象となった。[19]

開拓 使札幌本部( 北海道開拓の村)

日本の産業革命は明治時代に起こりました。明治時代の指導者たちが西洋に追いつくことを決意した1870年頃に産業革命が始まりました。政府は鉄道を建設し、道路を改良し、国をさらなる発展に備えるための土地改革プログラムを開始しました。それはすべての若者のための新しい西洋ベースの教育システムを開始し、数千人の学生を米国とヨーロッパに送り、3,000人以上の西洋人を雇って日本の現代科学、数学、技術、外国語を教えました(おやいと外国人)。

1871年、岩倉使節団として知られる日本の政治家のグループが、西洋の方法を学ぶためにヨーロッパとアメリカをツアーしました。その結果、日本が迅速に追いつくことができるように、意図的な国家主導の工業化政策が生まれました。日本銀行1877年に設立されたが、ファンドのモデル鉄鋼や繊維工場に税金を使用します。

現代の産業は、綿、特に絹を含む織物に最初に登場しました。これは、農村地域の家庭の工房に基づいていました。[20] 1886年から1897年にかけて、ヨーロッパから新しい繊維製造技術が輸入されたため、日本の総生産量は1,200万円から1億7,600万円に増加しました。1886年、日本の糸の62%が輸入されました。1902年までに、ほとんどの糸は地元で生産されました。1913年までに、日本は年間6億7200万ポンドの毛糸を生産し、綿糸の4番目に大きな輸出国になりました。[21]

最初の鉄道は1872年に東京と横浜の間に開通しました。鉄道は20世紀にかけて日本全土で急速に発展しました。鉄道輸送の導入により、輸送コストの低下により生産効率が向上し、製造業は労働力を求めて日本のより人口の多い内陸部に移動することができました。鉄道はまた、以前は輸送が困難または費用がかかりすぎていた原材料への新たなアクセスを可能にしました。[22]

日本の近代化のスピードには少なくとも2つの理由がありました。英語、科学、工学、軍隊などのさまざまな専門分野で3,000人を超える外国人専門家(雇い外国人または「雇われた外国人」と呼ばれる)を雇用したことです。とりわけ海軍。そして、1868年の憲章宣誓の5番目で最後の記事に基づいて、多くの日本人学生をヨーロッパとアメリカに海外に派遣しました。「帝国支配の基盤を強化するために、世界中で知識を求めなければなりません。」この近代化のプロセスは、明治政府によって綿密に監視され、多額の助成金を受けており、三井や三菱などの偉大な財閥企業の力を強化しています。

1907年東京工業展

財閥と政府は手を取り合って、西洋から技術を借りて国を導いた。日本は、繊維をはじめとするアジアの製造品市場の多くを徐々に支配してきました。経済構造は非常に重商主義になり、原材料の輸入と完成品の輸出が行われました。これは、日本の原材料の相対的な貧困を反映しています。

日本から登場徳川-天皇(慶應義塾最初のアジアの先進国として、1868年に-Meiji)推移。国内の商業活動と限られた外国貿易は、慶応時代まで物質文化の需要を満たしていましたが、近代化された明治時代は根本的に異なる要件を持っていました。明治の統治者は当初から市場経済の概念を受け入れ、英国と北米の形態の自由企業資本主義を採用しました。積極的な起業家が豊富な国の民間部門は、そのような変化を歓迎しました。

鶴舞公園、1910年; 1873年1月、 太政官は公立公園の設立を規定する通知を発行し、その直後に上野公園が設立さ れた [23]。

経済改革には、円、銀行、商法、税法、証券取引所、通信ネットワークに基づく統一された近代通貨が含まれていました。先進資本主義経済を助長する近代的な制度的枠組みの確立には時間がかかったが、1890年代までに完成した。この時までに、政府は主に予算上の理由から、近代化プロセスの直接的な管理を大幅に放棄していました。

年金が一括で支払われていた旧大名の多くは、新興産業への投資を通じて大きな恩恵を受けました。明治維新以前に非公式に対外貿易に携わっていた人々も栄えました。伝統的なやり方に固執していた古い爆風奉仕会社は、新しいビジネス環境で失敗しました。

政府は当初、経済の近代化に関与し、近代への移行を促進するために多くの「モデル工場」を提供していました。明治の最初の20年後、産業経済は1920年頃まで急速に拡大し、高度な西洋技術と大規模な民間投資が投入されました。戦争と慎重な経済計画によって刺激された日本は、第一次世界大戦から主要な工業国として台頭しました。

1885年、明治政府は全国の電信システムを後援し、当時の日本のすべての主要都市に電信を配置しました。

いわゆる琉球処分当時の 首里城の歓會門前の日本兵

概要概要

明治の指導者たちは反対にとらわれず、政府が後援する日本のすべての主要都市とアジア本土への電信ケーブルの接続と、鉄道、造船所、軍需工場、鉱山、繊維製造施設、工場、実験農業ステーションの建設を通じて国を近代化し続けました。 。国家安全保障を大いに懸念して、指導者たちは軍の近代化に多大な努力を払いました。これには、小さな常備軍、大規模な予備システム、すべての男性に対する強制的な民兵サービスの設立が含まれます。外国の軍事システムが研究され、外国の顧問、特にフランスの顧問が連れてこられ、日本の士官候補生は軍と海軍の学校に通うためにヨーロッパとアメリカに海外に派遣されました。

明治初期(1868–77)

1854年、米海軍大将のマシューC.ペリーが日米和親条約の調印を強要した後、日本のエリートたちは、国家の軍事力を近代化するか、西側諸国からのさらなる強制の危険を冒す必要があるという立場を取りました。[24]しかしながら、徳川幕府は、長崎知事の軍事改革と兵器の近代化についての彼の見解を表明したことで投獄されたことからも明らかなように、この見解を公式に共有しなかった。[25]

1868年、日本政府は東京砲兵工廠を設立しました。この兵器は、小型武器および関連する弾薬の開発と製造を担当していました。[25]同じ年、大村益次郎は京都に日本初の陸軍士官学校を設立した。大村はさらに、軍のビレットが農民や商人を含むすべてのクラスの人々によって満たされることを提案した。将軍のクラス、[必要に応じて明確化]徴兵制に大村の見解に満足していないが、次の年に彼を暗殺しました。[26]

1870年、日本は大阪に別の兵器庫を開設することにより、軍事生産拠点を拡大しました。旧大阪砲兵工廠は機関銃と弾薬の製造を担当しました。[27]また、4つの火薬施設もこの場所に開設された。日本の生産能力は徐々に拡大しました。

1872年、新陸軍元帥である山縣有朋と西郷従道が護衛軍団を設立した。この軍団は、土佐、薩長、長州の各氏族の戦士クラスで構成されていました。[25]また、同じ年に、兵部将(戦争省)は戦争部と海軍部に置き換えられた。翌年1月に1873年の徴兵法が可決されたとき、武士階級は大きな失望に見舞われた。この法律は、クラスに関係なく、すべての健常な日本人男性に、最初の準備金で3年、2番目の準備金でさらに2年の義務的な任期を務めることを義務付けました。[25]この記念碑的な法律は、武士階級の終焉の始まりを意味し、最初は農民と戦士の両方からの抵抗に直面しました。農民階級は兵役の用語であるケツエキを文字通り解釈し、必要な手段で兵役を避けようとした。回避方法には、不具、自傷行為、および地元の蜂起が含まれていました。[28]侍は一般的に新しい西洋式の軍隊に憤慨し、最初は農民階級との形成に立つことを拒否した。[25]

西郷従道侯爵 は、台湾出兵中将として日本の遠征軍を指揮した。

新しい徴兵法に関連して、日本政府はフランス軍に倣って地上部隊のモデル化を開始しました。確かに、新しい日本軍はフランスと同じランク構造を使用していました。[29]入隊した軍団のランクは、私立、下士官、および将校であった。プライベートクラスは、城東平(上層兵)、一刀創通(一等兵)、二藤創通(二等兵)でした。下士官クラスのランクは、五長または伍長、軍曹または軍曹、総長または曹長、および徳武総長または特別曹長でした。最後に、将校クラスは、少尉または少尉、中尉または中尉、太または船長、少尉または少将、中佐または中佐、大佐または大佐、少尉または少将、中尉または中佐、大将または将軍で構成されています、およびgensuiまたはフィールドマーシャル。[25]フランス政府はまた、日本の将校の訓練に大きく貢献した。多くは京都の陸軍士官学校に雇われており、さらに多くの人がフランスの野戦マニュアルを日本の階級で使用するために熱心に翻訳していました。[25]

1874年の台湾遠征でセカル(在来部族)の 指導者たちと一緒に撮影された 最高司令官の 西郷従道。
写真 タイヤル族の1900年に鳥居龍蔵で撮影した男性。

1873年の徴兵法、およびすべての改革と進歩にもかかわらず、新しい日本軍はまだテストされていませんでした。西郷隆盛が九州で最後の武士の反乱を主導した1877年にすべてが変わりました。1877年2月、西郷は東京への旅に小さな兵士の派遣団と共に鹿児島を去った。熊本城は、駐屯軍が西郷軍に無理矢理侵入を試みた際に発砲した最初の大規模な交戦の場所でした。西郷は敵を置き去りにするのではなく、城を包囲した。2日後、西郷の反乱軍は峠を封鎖しようとしたが、熊本城を補強するために国軍の高度な要素に遭遇した。短い戦いの後、双方は彼らの軍隊を再構成するために撤退しました。数週間後、国軍は、現在の田原塚の戦いで、西郷の反乱軍を正面攻撃に巻き込んだ。この8日間の戦闘では、西郷の1万人近くの強力な軍隊が、同じように一致する国軍と白兵戦を行いました。この交戦中に双方は4000人近くの死傷者を出した。しかし、徴兵制により、日本軍は軍隊を再編成することができましたが、西郷軍はそうではありませんでした。その後、皇帝に忠誠を誓う勢力が反乱軍を突破し、54日後に熊本城の包囲を終わらせることができました。西郷の軍隊は北に逃げ、国軍に追われた。国軍は山で西郷に追いついた。可愛岳。西郷の軍隊は7対1で数が多く、多くの武士の大量降伏を促しました。西郷に忠実な残りの500人の武士は逃げ出し、鹿児島に南下しました。反乱は1877年9月24日に終了し、帝国軍との最後の交戦の結果、腹部に致命的な銃創を負った西郷を含む残りの40人の武士が死にました。国軍の勝利は、日本軍の近代化の現在の方向性を確認し、武士の時代を終わらせました。

1895年にさかのぼる日本帝国の地図。この地図は、1895年の乙未戦争の直後に発行された ものであり、その結果、台湾を含み、大日本帝国の所有物として最初の日本の地図の1つです。

アメリカ海軍が日本の鎖国政策を終わらせ、それによってその孤立を終わらせたとき、アメリカ海軍は、西側諸国による軍事的圧力と経済的搾取に対して無防備であることに気づきました。日本が封建時代から抜け出すためには、真の国家の独立と平等を確立することによって、他のアジア諸国の植民地時代の運命を回避しなければなりませんでした。以下のマリア・ルス号事件、日本では発売さ西部の船から中国のクーリーをされた後、1872年に中国の清帝国政府は日本への感謝を与えました。

日清戦争(1894〜 1895年)で日本が中国に勝利した後、日本は1904〜1905年の日露戦争で満州(中国北東部)でロシアに勝利し、国際大国として突破しました。1902年1月30日にロンドンで日英同盟が調印して以来、英国と同盟を結び、日本は第一次世界大戦で連合国に加わり、その過程でドイツが保有する中国と太平洋の領土を占領しましたが、それ以外はほとんど紛争から抜け出しました。

続いて第一次世界大戦、ヨーロッパが弱く大幅に強化浮上し、米国と日本に国際市場で大きなシェアを残しました。日本の競争は、明治時代の発展を反映して、中国だけでなく、インドやインドネシアなどのヨーロッパの植民地でも、これまでヨーロッパが支配していたアジアの市場に大きく浸透しました。

明治の最後の年は、1911年の韓国併合によっても特徴づけられました。日本の占領半島国家のは、日本の損失まで持続します第二次世界大戦の途中で、1945年の昭和、日本との間で外交関係にマイナスの影響を持続しなければならない北朝鮮と韓国。

ハリリ・コレクション・オブ・ジャパニーズ・アート、大竹コリユニによるブロンズの神話グループ

政府は美術品の輸出市場に積極的に関心を持ち、1873年のウィーン万国博覧会を皮切りに、一連の世界博覧会で日本美術を宣伝しました。[30] [31]政府は見本市に多額の資金を提供するだけでなく、日本の文化が世界にどのように提示されるかを組織する積極的な役割を果たしました。-それは、半公共会社作成キリッ交商株式会社アートの輸出を促進し、商業化する- (最初の工業製造会社)を[32]と確立博覧会Jimukyoku品質基準を維持するために、(展示会事務局を)。[31] 1876年にフィラデルフィアで開催された100周年記念国際展示会のために、日本政府は100周年記念事務所を設立し、展示される3万点のアイテムのためのスペースを確保するために特別使節を派遣した。[33]帝国の家政機関はまた、芸術品や工芸品に積極的な関心を示し、外国の高官への贈り物として作品(「プレゼンテーション用品」)を委託しました。[34] 1890年、著名な芸術家を表彰するために帝室技芸員帝室技芸員)制度が創設された。70は、1944年に1890年から任命された[35]これらの中で画家、ラッカーアーティストた柴田是真陶芸、宮川香山、画家橋本雅邦、及び七宝エナメルアーティスト浪川康之は。[35]

欧米の輸入品が普及するにつれ、日本国内での日本美術の需要は減少しました。[36]ヨーロッパとアメリカでは、日本美術の新たな利用可能性が日本文化への魅力をもたらしました。ヨーロッパではジャポニスムとして知られる流行。[37]帝国の後援、政府の支援、新しい聴衆への宣伝、そして西洋の技術が組み合わさって、日本の芸術革新の時代を育んだ。装飾芸術では、日本の芸術家は技術的に洗練された新しいレベルに到達しました。[32]

現在、村田正幸は明治の作品を1万点以上所有しており、最も熱心なコレクターの1人です。その時から、明治美術の優れた作品のほとんどは、外国のコレクターによって購入され、そのうちのほんの数は、日本に残ったが、彼は外国から戻って多くの作品を買って、開かれたので、清水寺三年坂美術館を、[38]の研究をし、 21世紀以降、日本では明治美術の再評価が急速に進んだ。[39] ナセル・ハリリはまた、明治芸術の世界で最も熱心なコレクターの1人であり、彼のコレクションは明治芸術の多くのカテゴリーを網羅しています。日本の皇室はまた、国家に寄贈され、現在に格納されているそのうちのいくつかは、明治美術の優れた作品を、所有している三の丸尚蔵館を。

エナメル

花と鳥の模様の花瓶、 並河靖幸作

明治時代、日本の七宝焼エナメルは技術的なピークに達し、これまでにない高度なアイテムを生み出しました。[40] 1890年から1910年までの期間は、日本のエナメルの「黄金時代」として知られていました。[41]アーティストは、ペーストと焼成プロセスを実験して、エナメル質のより大きなブロックを生成し、クロワゾン(金属ストリップを囲む)の必要性を減らしました。[40]この時期、花、鳥、昆虫をテーマにした日本独特のデザインのエナメルが人気を博した。デザインはまた、ますます空白の領域を使用します。[42]この時代の二つの最も有名なenamelersあった並河靖之と並河宗介その家族の名前に聞こえる同じですが、関連していなかったが、。[42]濤川晋輔は彼の作品を技術的に革新的なものとして宣伝し、上質な絵画に似たスタイルを採用した。並河靖幸はより保守的で、幾何学模様を選びましたが、彼のキャリアの中で徐々に絵になりました。[43]尾張七宝は、2つの七川とともに、高品質の七宝焼作品を数多く制作してきました。

漆器

柴田是真による「波」 蒔絵パネル 、1888-1890

江戸時代には金や銀で飾られた漆器が人気でしたが、19世紀初頭には経済的困難のために人気がなくなりました。[44]明治時代は、芸術家が新しいデザインを開発し、新しい質感と仕上げを試したため、漆への新たな関心が見られました。その中で最も重要なのは、「日本最大の漆塗り職人」と呼ばれている柴田是真[44]でした。[45]彼の非常に独創的なスタイルの魅力は、埋め込まれた金や銀ではなく、モチーフや主題の選択にありました。彼は西洋の油絵を模倣して、フレームに漆のパネルを配置しました。[46] 19世紀の他の著名な漆芸家には、中山光民と白山商事が含まれ、どちらも是真とは対照的に、日本と中国の風景画に多くを負っている古典的なスタイルを維持していました。[47] マキ-eは、金や銀のほこりに漆を飾る、この期間中に品質の漆器のための最も一般的な技術でした。[48]日本の工房の漆は、世界の他の場所で生産できるものよりも技術的に優れていると認められた。[46]

金属細工

大島城雲による波の魚飾り( 置物) 。ブロンズ、シルバー、ギルト、 四分一、赤銅。1900年頃

明治時代の初め、日本の金属細工は、以前に輸出されていた漆や磁器とは異なり、国外ではほとんど知られていませんでした。[49]金属細工は、例えば寺院の鐘や線香に青銅を使用するなど、仏教の慣習に関連していたため、仏教が国教として置き換えられると、金属細工人の機会は少なくなりました。[49]国際展示会は日本のキャストブロンズを新しい外国の聴衆にもたらし、強い賞賛を集めた。[49] 国際展示会用キャストブロンズのトッププロデューサーである鈴木長吉は、1874年から1891年に会社が解散するまで桐津工業会社の取締役に就任した。1896年に帝室技芸員に任命された。[49]長吉とその同時代の人々の作品は、江戸時代後期の彫刻や版画からインスピレーションを得て、伝統的なデザイン要素を新しい方法で組み合わせ、時には誇張して、輸出市場にアピールしました。[50]武士の武器の過去の歴史は、日本の金属労働者に幅広い色の金属仕上げを作成するために装備しました。銅、銀、金をさまざまな比率で組み合わせて仕上げることにより、赤銅や四分一などの特殊合金を作成しました。このようなさまざまな合金と仕上げにより、アーティストはフルカラーの装飾の印象を与えることができます。[51]加納夏雄、海野将民、名川貞勝、城美栄介二世など、これらの金属労働者の何人かは家政機関の芸術家に任命された。[52]

磁器

よる陶器鉢 藪Meizan、 年頃1910

日本の磁器産業は明治時代の初めに確立されましたが、大量生産された陶器はその優雅さで知られていませんでした。[53]この時代の間に、技術的および芸術的革新は磁器を最も国際的に成功した日本の装飾芸術形態の1つに変えました。[53]磁器芸術家の宮川香山の経歴は、明治芸術の軌跡の原型です。[53]彼は伝統的な影響を維持することに情熱を注いでいたが、西洋からの新しい技術を採用した。[53]彼は起業家だけでなく、多くの職人とのワークショップを組織し、アーティスト、だった[54]と積極的にヨーロッパで広く旅行し、国際的な展示会で彼の仕事を推進します。[55]彼のキャリアが進むにつれて、彼は彼の装飾にもっと西洋の影響を取り入れ[56]、彼の作品は日本のデザインに対する西洋の認識を形作った。[43]磁器の釉下青絵は日本で確立されており、高山工房はこの慣習を一変させ、1つのアイテムに複数の釉下彩を組み合わせ、より微妙な色のグラデーションを導入しました。[57]

薩摩焼は、もともと薩摩国の陶器に付けられた名前で、金箔とエナメルで精巧に装飾されています。これらの製品は西洋で高く評価されました。欧米では独特の日本人として見られていたこのスタイルは、実際には輸入された顔料と西洋の影響に多くを負っており、輸出を念頭に置いて作成されました。[58]多くの都市のワークショップは、ヨーロッパとアメリカからの需要を満たすためにこのスタイルを生産するために競争し、しばしば迅速かつ安価に生産しました。そのため、「薩摩焼」という言葉は、原産地ではなく、純粋に輸出用に作られた低品質の焼物に関連するようになりました。[59]これにもかかわらず、のような芸術家藪Meizanと宮川香山はまた、成功したエクスポート中最高の芸術的水準を維持しました。[60] 1876年から1913年まで、甲山には、51回の展示会で賞を獲得した世界博覧会と国家産業展示。[61]

象牙彫刻

花のバスケット。1900年頃。 ハリリ日本美術コレクション。

明治時代には洋服の欧米化が始まり、着物を着る人が減り、象牙や木で根付煙管を作る職人たちは需要を失いました。そのため、彼らは新しい分野、室内装飾用の象牙彫刻を作成しようとし、多くの精巧な作品が海外に輸出されたり、皇室によって購入されたりしました。特に、石川光明と朝日玉山の作品が日本で賞賛されました。[62]

テキスタイル

日本の複合架空のビュー:テキスタイルアートワーク

ブリタニカ百科事典の1902年版は、「日本の装飾美術の分野で、織物よりも魅力的な結果を示すものはなく、近年、目立った進歩はありませんでした。[...]川島京都の[...]は数年前にゴベリンをコピーして出発を開始しましたが、現在日本で生産されている作品と比較してゴベリンは存在しないと断言できます。[63]非常に大きく、カラフルな絵画作品が京都で制作されていた。刺繡はそれ自体が芸術の形になり、キアロスクーロや空気遠近法などのさまざまな絵画技法を採用していました。[63]

音楽

明治時代の西洋音楽と日本の音楽の相互作用は、何よりも軍事、宗教、教育の分野に関連しています。日本人は同じ驚くべきスピードで西洋文化とその音楽を吸収しました。日本の音楽パノラマは次第に活気に満ち、多作になり、西洋風の音楽が盛んになりました。[64] [65] [66]

軍楽

明治時代の西洋適応の最初の段階は、軍事分野に関連しています。日本が再開する少し前に、オランダのモデルに基づいた最初の陸軍士官学校が長崎に設立されました。そこでは、軍楽が武道の重要な構成要素であると認められたため、軍事訓練とともに軍楽が教えられました。木管楽器と太鼓で構成されたコテキタイと呼ばれる最初の軍楽隊がそこで組織されました。

次第に、西洋音楽は、社会的プロジェクトの一環として西洋音楽の重要性が引き受けられた日本文化の不可欠な部分になりました。軍楽隊は社会で重要な役割を果たしました。これには、有名な鹿鳴館と東京の日比谷野外ステージで行われた西洋音楽の公開コンサートが含まれ、行進、愛国的な音楽、ヨーロッパの作曲家の作品(リヒャルト・ワーグナー、シャルル・グノー、ピーター・チャイコフスキー)が演奏されました。

国内外の作家の貢献により、最初のミリタリー楽譜コレクションが完成し、出版されました。軍事分野では、日本の指揮学校が設立され、その創設者は、ジョン・ウィリアム・フェントン、チャールズ・ルルー、フランツ・エッケルトなどの英語、フランス語、ドイツの文化的人物でした。彼らのリーダーシップの下で、最初の日本の軍の指揮者、中村助恒と吉豊吉豊が育てられました。[64]

キリスト教音楽

明治時代には、キリスト教の宣教も西洋音楽を広めるための重要な方法となりました。

それでも、16世紀に、ポルトガルの宣教師は日本に最初の西洋スタイルの音楽を導入しました:神聖な合唱音楽、オルガンのための音楽、フルート、ハープ、トランペット、バイオリン、アルト、コントラバス。しかし、すぐにその制度を持つキリスト教は禁止されました。明治時代にはキリスト教の禁止が解除され、カトリック、正教会、プロテスタントの宣教師が積極的に説教を始め、宗教音楽の紹介が彼らの活動の不可欠な部分となりました。

このように、正教会の使命は日本の伝統的な合唱音楽を紹介しました。合唱音楽の発展に大きな影響を与えたのは、ウクライナのミュージシャン、指揮者のヤコフ・チカイ(1874年から1886年まで正教会の使節団に仕えた)とドミトロ・リボフスキー(1880年から1921年まで正教会の伝道部に仕えた)でした。彼らは東京の聖復活大聖堂(ニコライ堂として知られる)で最初の伝統的な合唱団を組織し、東京神学校で音楽を教え、最初の楽譜コレクションを完成させて出版し、最初の日本の合唱団の指揮者と音楽教師を教育しました。その中には、ローマン千葉、アレクセイ小原、イノケンティキス、ヤコフマエダコ、ペトルトカイリン、イオアンナカシマ、モイセイカワムラ、イオアンオワタ、パベルイシア、ヴァシリータケダ、アンドレイアベ、アレクサンドルコマガイ、ヒョードルミナト、アレクセイサワベ、ルカオリットがいます。

彼ら全員が正教会のクリスチャンになり、クリスチャンの名前を採用しました。[64]

教育

教育分野も西洋音楽を採用するための主要な方法でした。[67]教育改革は、伊沢修二(1851-1917)とルーサーホワイティングメイソン(1828-1896)によって行われた。1880年、伊沢修二を中心に東京に音楽取調掛がかりを設立。研究所には3つの主要な任務がありました。1)学校で義務教育を導入すること、西洋式の歌を導入すること。2)プロの音楽活動のさらなる発展のために音楽教師を訓練すること。3)日本と西洋の音楽要素を組み合わせることができる子供向けの楽譜コレクションを作成する。このように、最初の楽譜「小学校の最初のコレクション」は1881年に出版されました。新しく教育を受けた音楽教師は、歌、音楽理論、楽器(琴、光曲、ピアノ、オルガン、バイオリン)の演奏のレッスンを組織しました。

1887年、音楽研究所は東京音楽学校に改編され、東京音楽学校に新たな地位を与え、さらなる発展に貢献しました。西洋音楽は、近代化に不可欠な貢献要因と見なされていました。新しいタイプのカリキュラムが改善され、音楽イベントの数と質が向上しました。

東京音楽アカデミーは、日本で最初の西洋音楽教育機関となり、オペラの伝統の起源である日本での西洋音楽作曲学校の素朴さを実証し、西洋音楽芸術に精通するという日本の国民的特徴を特定しました。[64]

  • 日本のナショナリズム
  • 明治日本の政治家のリスト
  • 天草炭田

  1. ^ ルイス・フレデリック、ヌスバウム。(2005)。「明治日本百科事典、p。624、p。624、Googleブックスで; NB、ルイ・フレデリック・ルイ・フレデリック・ヌスバウムのペンネームで、見る ドイツ国立図書館局ファイルを。
  2. ^ 高野、p。256。
  3. ^ 明治神宮 外苑編 (2001)。聖徳記念絵画館壁画明治神宮記念画館写真解説】。
  4. ^ 「明治憲法| 1889年、日本」。ブリタニカ百科事典。2017年8月21日取得
  5. ^ ハイン、パトリック(2009)。日本人がどのようにして自分たちにとって外国人になったのか:グローバリゼーションが日本の私的および公的領域に与える影響。ベルリン:点灯。p。72. ISBN 978-3643100856
  6. ^ ツェン、アリスY.(2008)。「黒田清輝の現代京都展の朝のトイレ」。アート速報。カレッジアートアソシエーション。90(3):417–440。土井:10.1080 /00043079.2008.10786401。S2CID  191642343。
  7. ^ 中江C.と津久井N.とハモンドJ.政府に関する3人の酔っぱらいによる談話。1984年。
  8. ^ 羽、M。絞首台への道の反射:戦前の日本の反逆者の女性。カリフォルニア大学出版。1988年。
  9. ^ サンド、ジョーダン(2000)。「明治はインテリアで味わった」オリエンタリスト?" "。役職:東アジア文化批評。デューク大学出版会。8(3):637–673。土井:10.1215 / 10679847-8-3-637。S2CID  143701933。
  10. ^ 岩尾2015、p。11.11。
  11. ^ a b ジャクソン2015、p。117。
  12. ^ a b ジャクソン2015、p。118。
  13. ^ ジャクソン2015、p。112。
  14. ^ ジャクソン2015、p。113。
  15. ^ Guth 2015、p。110。
  16. ^ Jackson 2015、pp。126–134。
  17. ^ ジャクソン2015、p。137。
  18. ^ Jackson 2015、pp.142–144。
  19. ^ 岩尾2015、p。9.9。
  20. ^ アレン、ジョージシリル(1972)。現代日本の短い経済史、1867-1937(第3版)。ロンドン:アレンとアンウィン。ISBN 0-04-330201-7。OCLC  533080。
  21. ^ ランデス、デビッドS.(1999)。国家の富と貧困:なぜあるものはとても豊かで、あるものはとても貧しいのか。ニューヨーク:ノートン。pp。379–80。
  22. ^ タン、ジョンP.(2014年9月)。「鉄道の拡大と工業化:明治日本からの証拠」。経済史ジャーナル74(3):863–886。doi:10.1017 / S002205071400062X –CRKNケンブリッジ大学出版局経由。
  23. ^ 「上野公園」。国立国会図書館。2020年9月8日取得
  24. ^ ゴードン(2000)。
  25. ^ a b c d e f g GlobalSecurity.org(2008)。
  26. ^ Shinsengumihq.com、nd
  27. ^ 国立国会図書館(2008)。
  28. ^ Kublin 1949、p。32。
  29. ^ Kublin 1949、p。31。
  30. ^ アール1999、pp。30–31。
  31. ^ a b リデル、CB(2013年12月14日)。「[レビュー:]ジャポニスムと現代美術運動の台頭:明治時代の芸術」。ジャパンタイムズ。2020年3月19日取得
  32. ^ a b アール1999、p。31。
  33. ^ アール1999、pp。32–33。
  34. ^ アール1999、p。349。
  35. ^ a b アール1999、pp。347–348。
  36. ^ コルタッツィ、ヒュー卿(2014年1月16日)。「[レビュー:]ジャポニスムと現代美術運動の台頭:明治時代の芸術、ハリリコレクション」。英国日本協会。2014年8月14日にオリジナルからアーカイブされました。2020年3月19日取得
  37. ^ アール1999、p。29。
  38. ^ 清水三年坂美術館
  39. ^ 第12回「賞する状況賞」。日本芸術財団。
  40. ^ a b アール1999、p。252。
  41. ^ アーバイン、グレゴリー(2013)。「和光洋斎-日本の精神、西洋の技術:西洋のための明治時代の芸術」。アーバインでは、グレゴリー(編)。ジャポニスムと現代美術運動の台頭:明治時代の芸術:ハリリコレクション。ニューヨーク:テームズ&ハドソン。p。177. ISBN 978-0-500-23913-1。OCLC  853452453。
  42. ^ a b アール1999、p。254。
  43. ^ a b アール1999、p。255。
  44. ^ a b アール1999、pp。186–187。
  45. ^ アール、ジョー、「Zeshin Redux」、オリエンテーション、Vol。29、No。2、2008年3月、p。136
  46. ^ a b アール1999、p。187。
  47. ^ アール1999、pp。187–188。
  48. ^ アール1999、p。185。
  49. ^ a b c d アール1999、p。64。
  50. ^ アール1999、p。65。
  51. ^ アール1999、p。66。
  52. ^ アール1999、pp。66、70、237、370、372。
  53. ^ a b c d アール1999、p。330。
  54. ^ モイラクレアポラード(2002)。明治日本のマスターポッター:宮川香山(1842-1916)と彼のワークショップ。オックスフォード大学出版局。PP。18-9、28 ISBN 978-0-19-925255-8
  55. ^ アール1999、pp。331–332。
  56. ^ アール1999、p。335。
  57. ^ アール1999、pp。111、335。
  58. ^ Earle 1999、pp。116–117。
  59. ^ チェックランド、オリーブ(2003)。1859年以降の日本と英国:文化の架け橋を作る。ラウトレッジカーゾン。p。45. ISBN 9781135786199。2020年4月28日取得
  60. ^ アール1999、pp。117–119。
  61. ^ 彼経歴幕館美術館
  62. ^ 村田正幸。(2017)明治工芸入門pp。88–89。私の私。 ISBN  978-4907211110
  63. ^ a b ブリタニカ百科事典(1902)、29巻、724〜725ページの「日本」。
  64. ^ a b c d 須田、イェフゲニヤ(2019)。明治時代(1868-1912)の日本音楽に対する西洋の影響(ロシア語:"ЗападныевлияниявмузыкальномискусствеЯпониипериодаМейдзи(1868 — 1912)"。キエフ:«МузичнаУкраїна»。p。272。
  65. ^ エップシュタインU.(1983)。日本の明治時代における西洋音楽の始まり:論文博士論文/ウリ・エプシュタイン。テルアビブ:テルアビブ大学。p。184。
  66. ^ 中村理平(1996)。キリスト教とグリーン洋楽。テルアビブ:大空社。p。737. ISBN 9784756802361
  67. ^ ハウ、ソンドラウィーランド(1993年から1994年の冬)。「明治時代の日本の女性音楽教育者」。音楽教育研究評議会の会報(119):101–109 。2020年11月21日取得

  • 日本:国別調査。連邦調査部。 この記事には、パブリックドメインにあるこのソースからのテキストが組み込まれています。CS1 maint:postscript(リンク)
  • ベネシュ、オレグ(2018)。「大日本帝国の城と都市社会の軍事化」 (PDF)王立歴史学会の取引28:107–134。土井:10.1017 / S0080440118000063。2018年11月20日にオリジナル (PDF)からアーカイブされました。2018年11月25日取得
  • アール、ジョー(1999)。明治の素晴らしさ:大日本帝国の宝物:ハリリコレクションの傑作。フロリダ州セントピーターズバーグ:Broughton International Inc. ISBN 1874780137。OCLC  42476594。
  • GlobalSecurity.org(2008)。明治軍。2008年8月5日取得。
  • ガス、クリスティンME(2015)。「明治時代:近代化の曖昧さ」。ジャクソンでは、アンナ(編)。着物:日本のファッションの芸術と進化。ロンドン:テームズ&ハドソン。pp。106–111。ISBN 9780500518021。OCLC  990574229。
  • 岩尾、長崎(2015)。「伝統の美学に身を包んだ:小袖から着物まで」。ジャクソンでは、アンナ(編)。着物:日本のファッションの芸術と進化。ロンドン:テームズ&ハドソン。pp。8–11。ISBN 9780500518021。OCLC  990574229。
  • クブリン、ハイマン(1949年11月)。「明治維新初期の「近代」軍」。極東四半期9(1):20–41。土井:10.2307 / 2049123。JSTOR  2049123。
  • ジャクソン、アンナ(2015)。「明治時代のドレス:変化と継続」。ジャクソンでは、アンナ(編)。着物:日本のファッションの芸術と進化。ロンドン:テームズ&ハドソン。pp。112–151。ISBN 9780500518021。OCLC  990574229。
  • 国立国会図書館(nd)。大阪陸軍兵器庫(大阪宝平古書)。2008年8月5日取得。
  • Nussbaum、Louis-Frédéric、KätheRoth。(2005)。日本百科事典。ケンブリッジ:ハーバード大学出版局。 ISBN  978-0-674-01753-5 ; OCLC 58053128
  • Rickman、J。(2003)。侍の夕日。軍事史。42〜49年8月。
  • Shinsengumihq.com、(nd)。睡眠なし、休息なし:明治法執行機関[リンク切れ] 2008年8月5日取得。
  • Vos、F.、et al。、Meiji、Japanese Art in Transition、Ceramics、Cloisonné、Lacquer、Prints、Organized by the Society for Japanese Art and Crafts、 's-Gravenhage、the Netherlands、Gemeentemuseum、1987。 ISBN  90-70216-03-5

  • 明治大正1868–1926
  • 国立国会図書館、「日本暦」–歴史的概要と図書館のコレクションからの実例となる画像
  • 明治日本ベストセラー本福澤諭吉の「学ぶことへの励まし」(英訳)
  • ミラシ、ルカ。" "trarealtàefinzione:la rivalutazione della narrativa premoderna nella critica letteraria Meiji "("()。XXXIVCONVEGNO DI STUDI SUL GIAPPONE AISTUGIA(16-17-18 settembre 2010)Universitàdeglistudidi Napoli "L'Orientale"(Rettorato dell'Università "L'Orientale"、Palazzo Du Mesnil、in via Partenope 10 /A。(イタリア語)
  • MCペリーによる中国海と日本へのアメリカ戦隊の遠征の物語、archive.org
  • 北原道夫。ペリー提督と日本人:権力のドラマツルギーに関する研究、1986年
  • 黒船と侍コモドールペリーと日本開国(1853-1854)、ジョンWダワー

アーカイブ

  • ジョン・T・アルダーソン中尉の日本写真集。1890年代頃。40枚の写真プリント(1箱):手彩色; サイズは異なります。で、ワシントン大学図書館特別コレクション。