佐々木信綱(ささきのぶつな佐々木信綱、1872 年 7 月 8 日 – 1963 年 12 月 2 日)は、短歌の詩人であり、奈良時代と平安時代の日本文学の学者でした。彼は日本の昭和時代に活躍しました。

佐々木さんは、現在の三重県鈴鹿市で生まれました。彼は神童と見なされ、父親の佐々木広綱から詩作の基礎を教えられ、古典的な短歌の詩を暗記するように勧められました。東京帝国大学古典学科卒業後、父の遺志を継ぎ、古詩の研究と自作の和歌に専念することを決意。

1894 年、佐々木は日清戦争の開戦を機に、長い愛国詩『支那征伐の歌』を発表した。この詩は非常に人気があり、その歌詞の 1 つは、散る桜を天皇のために戦って倒れた日本兵に例えたもので、第二次世界大戦の終結まで共通の象徴的なフレーズになりました。[1]佐々木は、竹博会(父のペンネームにちなんで)と呼ばれる文学会を設立し、1898 年から文芸誌こころの花」を発行しました。彼自身の哲学を広めるために和歌、日本の詩の歴史と発展に関する研究を発表し、次世代の詩人を育成する. 弟子 に川田 順木下 理玄片山 紘子など が い る。日本最古の詩月刊誌として現在も存続している。

1902年、佐々木は中国を訪問し、揚子江を遡り、杭州蘇州を訪れた。[2]

初期の作品のいくつかは森鴎外の影響を受けていたが、佐々木は正岡子規与謝野鉄幹とともに短歌革命運動に参加し、1903 年に最初の短歌集『思草』を発表した。最終的には、 『新月』(1912 年)、 『豊畑』(1929 年)、『山と水と』を含む11 の短歌集を追加で出版しました。(「山と水」、1951)。これらの努力が認められて、佐々木は 1905 年に東京帝国大学の講師のポストを与えられ、文部省から正式に万葉集への近代的な解説の仕事を依頼されました。佐々木は父とともにこれらの取り組みに取り組み、中世和歌の総説を著した(『和歌の研究』、1915)。彼は後に、現代の万葉集研究の受け入れられた基礎である万葉集のコンコーダンスを出版した学者のチームを率いました(「Kohan Man'yōshū」、1924–1925)。[3]

1934年、佐々木は権威ある帝国アカデミーのメンバーになりました。1937年に日本政府から文化勲章を初めて受章し、同年日本芸術院会員となった。その後、皇室御用達の詩人に任命され、毎年恒例の歌会一の朗読会の審査員を務めた。また、貞明皇后ら皇室の方々に詩作を教えた。