短歌(短歌、「短い詩」)は、日本の古典詩のジャンルであり、日本文学の主要なジャンルの 1 つです。[1]

元々、万葉集の時代(8 世紀後半) に、短歌という用語は「短い詩」と長い長歌(長歌、「長い詩」)を区別するために使用されていました。しかし、9 世紀から 10 世紀にかけて、特に『古今集』の編纂により短い詩が日本の詩の主要な形となり、もともと一般的な単語である和歌がこの形式の標準的な名前になりました。[2]日本の詩人で評論家の正岡子規は、20 世紀初頭に短歌という用語復活させた.[3] 俳句は彼の発明の用語でもあり、独立したhokkuの改訂に使用され、同じ考えで使用されます。

短歌は 5 つの単位で構成されます (ローマ字化または翻訳された場合、しばしば別の行として扱われます)。通常は次のパターンのonがあります(多くの場合、大まかに、単位または行あたりの音節の数として扱われます)。

5-7-5は上の句 7-7下の句呼ばます

古事記と日本書紀の間、短歌は明確な形を保っていたが、短歌自体の変化の歴史は、俳句の歴史において重要な章を形成している[5] 。雑誌、友人や弟子を寄稿者として集めます。

与謝野鉄幹と彼の明星誌に関連した詩人はその一例ですが、その雑誌はかなり短命でした(1900年2月 - 1908年11月)。若い高校生、オオトリ・ヨウ(後に与謝野晶子として知られる)と石川啄木が明星に貢献した. 1980 年に、ニューヨーク タイムズは代表的な作品を発表しました。


歌会始の儀式、1950年頃