ブルガリア

Hashtags #ブルガリア

ブルガリア内容et語源
Page semi-protected
ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

ブルガリア/ B ʌリットルɡ ɛər私ə、B ʊリットル- / 聞く ;ブルガリア語:Българияローマ字:  Bǎlgariyaを)、正式にブルガリア共和国[A]は、中国である南東ヨーロッパ。バルカン半島の東側に位置し、北はルーマニア、西はセルビア、北マケドニア、ギリシャと国境を接しています。そして、トルコ南部、およびへの黒海東へ。ブルガリアは110,994平方キロメートル(42,855平方マイル)の領土をカバーし、ヨーロッパで16番目に大きい国です。ソフィアは国の首都であり最大の都市です。他の主要都市はプロブディフ、ヴァルナ、ブルガスです。

現代のブルガリアの土地で最も初期の社会の1つは、紀元前6、500年にさかのぼる新石器時代の カラノヴォ文化でした。紀元前6世紀から3世紀には、この地域は古代トラキア人、ペルシャ人、ケルト人、マケドニア人の戦場でした。ローマ帝国が西暦45年にこの地域を征服したとき、安定がもたらされました。ローマ国家が分裂した後、この地域への部族の侵略が再開されました。 6世紀頃、これらの領土は初期のスラブ人によって定住しました。半遊牧民であるブルガール人は、7世紀後半にバルカン半島に侵入し、第一次ブルガリア帝国を設立しました。AD 681で。それはバルカン半島のほとんどを支配し、キリル文字を開発することによってスラブ文化に大きな影響を与えました。第一次ブルガリア帝国は、ビザンチン帝国の皇帝バシレイオス2世が征服し、解体した11世紀初頭まで続きました。1185年のブルガリアの反乱の成功により、第二次ブルガリア帝国が設立され、イヴァンアセン2世(1218〜 1241年)の下で頂点に達しました。数々の激しい戦争と封建的争いの後、帝国は1396年に崩壊し、5世紀近くオスマン帝国の支配下に置かれました。

1877〜78年の露土戦争により、第3の現在のブルガリア国家が形成されました。多くのブルガリア人は新しい国の国境の外に残され、それは民族統一主義の感情を刺激し、両方の世界大戦で隣国とのいくつかの紛争とドイツとの同盟をもたらしました。 1946年、ブルガリアはソビエト主導の東側諸国に属し、一党社会主義国になりました。与党共産党は、1989年の革命後、権力の独占を放棄し、複数政党制の選挙を許可した。その後、ブルガリアは民主主義に移行しましたそして市場経済。ブルガリアは1991年に民主主義憲法を採択して以来、28の州で構成される単一の 議会制共和国であり、高度な政治的、行政的、経済的中央集権を持っています。

ブルガリアは発展途上国であり、中所得層の経済があり、人間開発指数で56位にランクされています。その市場経済は欧州単一市場の一部であり、主にサービスに基づいており、産業、特に機械製造と鉱業、そして農業がそれに続きます。広範な腐敗は主要な社会経済的問題です。ブルガリアは2018年に欧州連合で最も腐敗した国としてランク付けされました。[9]ブルガリアは人口動態の危機にも直面しており、人口は1990年頃から毎年減少しています。現在、その数はおよそ700万人で、1988年の900万人近くのピークから減少しています。それにもかかわらず、ブルガリアは欧州連合、NATO、欧州評議会; また、OSCEの創設メンバーでもあり、国連安全保障理事会の議席を3回務めています。

語源

ブルガリアという名前は、第一次ブルガリア帝国を創設したトルコ系の部族であるブルガール人に由来しています。彼らの名前は、完全には理解されていないと戻って、以前の4世紀ADよりも追跡することは困難である、[10]それは可能性から派生し祖語テュルクのワードbulģha(「ミックスする」、「シェイク」、「攪拌」)とその派生ブルガク(「反乱」、「障害」)。[11]意味はさらに「反逆者」、「扇動」または「無秩序の状態を生み出す」に拡張される可能性があり、したがって、派生語では「妨害者」。[12] [13] [14]インナーアジアの部族グループ音韻論に近い名前でしばしばとして、同様の観点から説明されたBuluoji、「のコンポーネントファイブバーバリアン「混血」と「トラブルメーカー」:4世紀の間、両方として描かれた」グループ。[15]

歴史

先史時代と古代

Odrysian黄金の花輪で国立歴史博物館

ネアンデルタール人は約15万年前にさかのぼります、または中期旧石器時代は、現代ブルガリアの土地での人間の活動の最も初期の痕跡のいくつかです。[16]そこに発見さ れたホモサピエンスの遺骨cと日付が付けられています。 47、  000年BP。この結果は、ヨーロッパにおける現代人の最も早い到着を表しています。[17] [18] Karanovo培養6,500 BC年頃生じ、いくつかの一つであった新石器時代に栄え領域における社会農業。[19]銅年齢 バルナ培養(紀元前5千年紀)は、金の冶金学を発明したとされています。[20] [21]関連するヴァルナ・ネクロポリスの宝物には、およそ6、000年以上の年齢を持つ世界最古の黄金の宝飾品が含まれています。[22] [23]宝物は、初期のヨーロッパ社会における社会階層と階層化を理解するために貴重でした。[24] [25] [26]

トラキア人、現代の三原色の祖先のグループのいずれかブルガリア人に登場し、バルカン半島いくつかの時間紀元前12世紀の前に。[27] [28] [29]トラキア人は冶金学に優れ、ギリシャ人にオルフェウスとディオニュソスのカルトを与えたが、部族的で無国籍のままだった。[30]ペルシャのアケメネス朝は、紀元前6世紀に現在のブルガリアの大部分を征服し、紀元前479年までこの地域の支配権を維持しました。[31] [32]侵略はトラキアの統一のきっかけとなり、彼らの部族の大部分はテレス王の下で団結し、紀元前470年代にオドリュサイ王国を形成しました。[30] [32] [33]それは弱まり、vassalizedでたマケドニアのフィリップII 341紀元前に、[34]攻撃ケルト人によって3世紀には、[35] 、最終的に州になったのローマ帝国AD 45インチ[36]

西暦1世紀の終わりまでに、バルカン半島全体にローマの統治が確立され、4世紀頃にこの地域にキリスト教が広まり始めました。[30]ゴシック聖書-the最初のゲルマン言語で作成されたブックを-たゴシック様式の司教ウルフィラ今日北部のブルガリアは381の周りにあるものの中で、[37]の領域が下に来たビザンチン後に制御ローマの秋476ビザンチンでは、に従事していましたペルシャとの長期にわたる戦争であり、ブルガリアの領土を野蛮人の侵入から守ることができなかった。[38]これはスラブ人を可能にしました主にドナウ川とモエシアとして知られるバルカン山脈の間の地域を通って、略奪者としてバルカン半島に入る。[39]次第に、半島の内部は民主主義の下で住んでいた南スラヴ人の国になりました。[40] [41]スラブ人は、農村地域で部分的にヘレニズム化され、ローマ字化され、ゴシック化されたトラキア人を同化させた。[42] [43] [44] [45]

第一次ブルガリア帝国

ニケフォロス1世に勝利した後、クルムは宮廷の貴族とごちそうを食べる

スラブ人の侵入から間もなく、モエシアは再び侵略されました。今回はアスパルフカーンの下のブルガール人によって侵略されました。[46]彼らの大群は、現在のウクライナと南ロシアの黒海の北に位置する絶滅した部族連合である大ブルガリアの名残であった。アスパルフはモエシアのビザンチン領土を攻撃し、680年にスラブの部族を征服した。[28]ビザンチン帝国との平和条約は681年に調印され、第一次ブルガリア帝国の創設を記念した。少数派のブルガール人は、緊密な支配カーストを形成しました。[47]

後継の統治者は、8世紀から9世紀にかけてブルガリアの国家を強化しました。クルムは書面による法典[48]を導入し、プリスカの戦いでビザンチン帝国の大規模な侵入を確認しました。プリスカの戦いでは、ビザンチン帝国の皇帝ニケフォロス1世が殺害されました。[49] ボリス1世は864年に東方正教会を支持して異教を廃止した。改宗に続いて、ブルガリア教会のビザンチンの承認[50]と、首都プレスラフで開発されたキリル文字の採用が行われた。[51]共通の言語、宗教、台本は中央の権威を強化し、スラブ人とブルガール人を徐々に融合させて、単一のスラブ語を話す統一された人々にしました。[52] [51]黄金時代は、州の最大の領土拡大を監督したシメオン大王の34年間の統治の間に始まりました。[53]

シメオンの死後、ブルガリアはマジャル人とペチェネグとの戦争とボゴミル派の異端の広がりによって弱体化した。[52] [54]プレスラフは、ルーシとビザンチンの連続侵攻の後、971年にビザンチン軍に押収された。[52]帝国簡潔には、下の攻撃から回復しサミュエル、[55]が、ビザンチン皇帝とき、これは終わったバジルIIがでブルガリア軍を破ったKlyuch 1014にサミュエルは、まもなく戦いの後に死亡した[56]と1018でビザンチンを征服していました最初のブルガリア帝国。[57]征服後、バシレイオス2世は、地元の貴族の支配を維持し、ビザンチンの官僚制と貴族制に統合し、金で税金を支払う義務から彼らの土地を解放し、代わりに現物で税金を認めることによって反乱を防ぎました。[58] [59]ブルガリア語主教はに減少した大司教、その保持autocephalousステータスとその教区を。[59] [58]

第二次ブルガリア帝国

第二帝政の首都、ヴェリコタルノヴォのツァレヴェッツ要塞の壁

バジルの死後、ビザンチンの国内政策が変わり、一連の失敗した反乱が勃発しました。最大のものはペタル・デリャンが率いていました。セルジューク帝国の侵略者に対するマンジケルトでの壊滅的な軍事的敗北の後、帝国の権威は衰退し、十字軍によってさらに妨害された。これはヘレニズム化におけるビザンチンの試みを防ぎ、さらなる反乱のための肥沃な土地を作り出しました。 1185年、アセン王朝の貴族であるイヴァンアセン1世とペドロ4世が大規模な蜂起を組織しました。そしてブルガリアの国家を再建することに成功しました。イヴァン・アセンとピーターは、首都タルノヴォで第二次ブルガリア帝国の基礎を築きました。[60]

アセン君主の3番目であるカロヤンは、彼の支配権をベオグラードとオフリドに拡大しました。彼は教皇の精神的な優位性を認め、教皇特使から王冠を受け取りました。[61]帝国は、商業と文化が繁栄する一方で、国境がアルバニア、セルビア、エピラスの海岸まで拡大したとき、イヴァン・アセン2世(1218–1241)の下で頂点に達した。[61] [60]イヴァン・アセンの支配はまた、宗教問題においてローマから離れることによって特徴づけられた。[62]

アセン王朝は1257年に絶滅しました。内部紛争と絶え間ないビザンチンとハンガリーの攻撃が続き、モンゴル人は弱体化したブルガリア国家に対して宗主国を確立することができました。[61] [62] 1277年、豚飼いのイヴァイロは大農民の反乱を引き起こし、モンゴル人をブルガリアから追放し、一時的に皇帝にした。[63] [60]彼は1280に倒された封建地主、[63]その派閥葛藤14世紀で小さな封建領土に崩壊に第二次ブルガリア帝国を引き起こしました。[60]これらの断片化された残存国家で-two tsardomsヴィディンとタルノヴォとDobrudzhaのDespotateは:東南アジアから到着する新たな脅威のために簡単に獲物を-becameオスマントルコ。[61]

オスマン帝国の支配

1396年のニコポリスの戦いは、中世のブルガリア国家の終焉を告げました。

オスマン帝国は1340年代にビザンチン帝国によって傭兵として雇われましたが、後にそれ自体が侵略者になりました。[64]スルタンムラト1362年にビザンチン帝国からアドリアノープルを奪った。ソフィアは、続いて1382年に落ちたシュメン1388で[64]タルノヴォは、3ヶ月の包囲と後に解雇されたときにオスマン帝国が1393年にブルガリアの土地の征服を完了しニコポリスの戦い1396年におけるヴィディンTsardomの秋をもたらしました。ソゾポルは1453年に倒れた最後のブルガリアの入植地でした。[65]ブルガリアの貴族はその後排除され、農民は集団化されましたオスマン帝国の巨匠たちに[64]、教育を受けた聖職者の多くは他の国に逃げました。[66]

ブルガリア人は重い税金(デヴシルメ、または血税を含む)を受け、彼らの文化は抑圧され[66]、部分的なイスラム化を経験しました。[67]オスマン帝国当局は、ラムミレットと呼ばれる宗教行政コミュニティを設立し、民族に関係なくすべての正教会のキリスト教徒を統治した。[68]その後、地元住民のほとんどは、その信仰によってのみ識別され、その明確な国民意識を徐々に失った。[69] [70]いくつかの孤立した修道院に残っている聖職者は、彼らの民族的アイデンティティを生かし続け、遠隔の農村地域での生存を可能にした[71]。そして国の北西の過激なカトリックコミュニティで。[72]

オスマン帝国の権力が衰え始めたとき、ハプスブルク家オーストリアとロシアはブルガリアのキリスト教徒を潜在的な同盟国と見なしました。オーストリアは、最初に裏打ちされた1598年にタルノヴォで蜂起し、その後、1686年に2番目の、チプロフツィ蜂起1688年に、最終的にKarposhの反乱1689.に[73]ロシア帝国はオスマン帝国におけるキリスト教徒の保護をして土地としても、それ自体を主張条約1774年のKüçükKaynarcaの。[73]

1877年のシプカ峠のルッソ-ブルガリア防衛

18世紀の西ヨーロッパの啓蒙主義は、ブルガリアの国民的目覚めの開始に影響を与えました。[64]それは国民の意識を回復し、解放闘争のイデオロギー的基盤を提供し、1876年4月蜂起をもたらした。オスマン帝国当局が反乱を鎮圧したため、最大3万人のブルガリア人が殺害されました。虐殺は大国に行動を起こすよう促した。[74]彼らは1876年にコンスタンティノープル会議を招集したが、彼らの決定はオスマン帝国によって拒否された。これはロシア帝国を可能にしましたクリミア戦争で起こったように、他の大国との対立の危険を冒すことなく軍事的解決策を模索すること。[74] 1877年、ロシアはオスマン帝国に宣戦布告し、ブルガリアの反政府勢力の助けを借りて、特にコンスタンティノープルへの主要道路に対するロシアの支配を確保したシプカ峠の重要な戦いの間に、オスマン帝国を打ち負かした。[75] [76]

ブルガリア第三州

サン・ステファノ条約はによって1878年3月3日に調印されたロシアとオスマン帝国。これは、スパニング自律ブルガリア公国設定したモエシア、マケドニアとトラキアのおおよその領土で、第二次ブルガリア帝国、[77] [78]と、この日は今で祝日と呼ば独立記念日。[79]他の列強は、バルカン半島のそのような大国が彼らの利益を脅かすかもしれないという恐れから、すぐに条約を拒否した。に取って代わられました7月13日に署名されたベルリン条約。それははるかに小さな州、ブルガリア公国を提供し、モエシアとソフィアの地域のみで構成され、新しい国の外にブルガリア人の大規模な人口を残しました。[77] [80]これは、20世紀前半のブルガリアの軍国主義的外交アプローチに大きく貢献した。[81]

サンステファノ条約によるブルガリアの国境

ブルガリア公国はセルビアとの戦争に勝利し、 1885年に東ルメリ自治州の半自治オスマン帝国を統合し、1908年10月5日に独立国家を宣言した。[82]独立後の数年間、ブルガリアはますます軍事化され、しばしば「バルカンプロシア」。[83]それは1912年から1918年の間に3つの連続した紛争に巻き込まれた-2つのバルカン戦争と第一次世界大戦。第二次バルカン戦争での悲惨な敗北の後、ブルガリアは中央同盟国との同盟の結果として再び敗北側で戦っていることに気づきました。第一次世界大戦で。人口の4分の1以上を120万人の強力な軍隊に派遣し[84] [85]、ドイランとモナスティルでいくつかの決定的な勝利を収めたにもかかわらず、国は1918年に降伏した。合計87,500人の兵士が殺されました。[86]失われた領土からの253,000人以上の難民が1912年から1929年にブルガリアに移住し[87]、すでに荒廃した国民経済にさらなる負担をかけている。[88]

皇帝ボリス3世

結果として生じた政情不安は、皇帝ボリス3世(1918年から1943年)による王室の権威主義独裁体制の確立につながりました。ブルガリアの一員として1941年に第二次世界大戦に入った軸が、参加を拒否したバルバロッサ作戦とそのユダヤ人を救っに強制送還からの強制収容所。[89] 1943年半ばのボリス3世の突然の死は、戦争がドイツに反対し、共産主義のゲリラ運動が勢いを増したため、国を政治的混乱に追いやった。ボグダンフィロフの政府その後、連合国との和平を達成することができませんでした。ブルガリアは、ドイツ軍をその領土から追放するというソビエトの要求に応じず、1944年9月に宣戦布告とソ連による侵略をもたらした。[90]共産主義者が支配する祖国戦線が権力を握り、枢軸軍への参加を終了し、参加した。戦争が終わるまで連合国側。[91]ブルガリアは戦争による被害はほとんどなく、ソビエト連邦は賠償を要求しなかった。しかし、ドブルジャ南部を除いて、戦時中の領土の利益はすべて失われました。[92]

1946年から1949年までブルガリア共産党の指導者であったゲオルギ・ディミトロフ

左翼クーデター君主制の廃止とにつながった1944年9月9日の処刑一部1,000-3,000反体制派、戦争犯罪人、そしてかつての王室のエリートのメンバーの。[93] [94] [95]しかし、国民投票に続いて一党 制の人民共和国が設立されたのは1946年になってからでした。[96]抑圧的で急速に工業化するスターリン主義国家を樹立したゲオルギ・ディミトロフ(1946–1949)の指導の下、ソビエトの勢力圏に陥った。[92] 1950年代半ばまでに、生活水準は大幅に上昇し、政治的弾圧は緩和された。[97] [98]ソビエト式の計画経済では、トドル・ジフコフ(1954–1989)の下でいくつかの実験的な市場志向の政策が出現しました。[99]戦時中のレベルと比較して、全国GDPは5倍に増加し、人当たりGDPあたりの1980年代で、四倍[100]深刻な債務のスパイクが1960年、1977年と1980年に開催されましたが、[101] Zhivkovの娘、リュドミラは、強化国家の誇りをブルガリアの遺産、文化、芸術を世界中に広めることによって。[102] 1984年、ブルガリアの多数派の出生率の低下に直面して、ジフコフ政権は少数民族のトルコ人に、アイデンティティを消し、同化させるためにスラブ人の名前を採用することを強制した。[103]これらの政策により、約30万人のトルコ人がトルコに移住した。[104] [105]

共産党は、1989年の東欧革命の影響を受けて、1989年11月10日にその政治的独占を放棄することを余儀なくされた。ジフコフは辞任し、ブルガリアは議会制民主主義への移行に乗り出しました。[106] 1990年6月の最初の無料選挙は共産党が勝利し、現在はブルガリア社会党としてブランド名が変更されている。[107] 1991年7月に、比較的弱い選挙で選ばれた大統領と立法府に責任のある首相を規定する新憲法が採択された。[108]新しいシステムは当初、生活水準の向上や経済成長の創出に失敗しました。2000年代初頭まで、平均的な生活の質と経済的パフォーマンスは共産主義の下よりも低いままでした。[109] 2001年以降、経済、政治、地政学的状況は大幅に改善し[110]、ブルガリアは2003年に高い人間開発ステータスを達成しました。[111] 2004年にNATOのメンバーになり[112]、アフガニスタン戦争に参加しました。数年間の改革の後、ブリュッセルの政府の腐敗に対する懸念にもかかわらず、2007年に欧州連合と単一市場に加わりました。[113]ブルガリアは2018年を主催しましたソフィアの国立文化宮殿での欧州連合理事会の議長国。[114]

地理

ブルガリアの地形

ブルガリアは、バルカン半島の東、南東ヨーロッパに位置する小さな国です。その領土の面積は110,994平方キロメートル(42,855平方マイル)であり、隣接する5か国との国境の全長は1,808キロメートル(1,123マイル)であり、海岸線の長さは354キロメートル(220マイル)です。[115]ブルガリアの地理座標は43°N25 °Eです。[116]国の最も注目すべき地形的特徴は、ドナウ平原、バルカン山脈、トラキア平原、およびリラ-ロドピ 山塊です。[115]ドナウ平原の南端はバルカン半島の丘陵地帯に向かって上向きに傾斜しており、ドナウ川はルーマニアとの国境を定義しています。トラキア平原は南東の開始、ほぼ三角形であるソフィア、それが到達すると広がりを黒海沿岸を。[115]

バルカン山脈は国の中央を西から東に横方向に走っています。山岳地帯の南西部には、2つの異なる高山タイプの範囲があります。リラとピリンは、東はロドピ山脈の低いがより広大な山々に隣接し、西、北西、南は、ヴィトシャ、オソガボ、ベラシツァなどのさまざまな中高度の山々に隣接しています。[115] ムサラ山は2,925メートル(9,596フィート)で、ブルガリアとバルカン半島の両方で最も高い地点です。黒海沿岸は国の最低地点です。[116]平野は領土の約3分の1を占め、高原と丘は41%を占めています。[117]ほとんどの川は短く、水位が低いです。ブルガリアの領土であるイスカーにのみ位置する最長の川の長さは368キロメートル(229マイル)です。甲状腺腫とMaritsaは南の二つの主要な河川です。[118] [115]

ピリン山脈

ブルガリアの気候は多様で変化しやすく、その結果、地中海、海洋、大陸の気団の合流点に位置し、山々のバリア効果が組み合わされています。[115]ブルガリア北部は、バルカン山脈の南の地域よりも平均1°C(1.8°F)低く、200ミリメートル(7.9インチ)多くの降水量を記録します。温度の振幅は、地域によって大きく異なります。記録された最低気温は-38.3°C(-36.9°F)で、最高気温は45.2°C(113.4°F)です。[119] 降水量は、年間平均約630ミリメートル(24.8インチ)であり、ドブルジャの500ミリメートル(19.7インチ)とは異なります。山の中で2,500ミリメートル(98.4インチ)以上に。大陸の気団は冬の間にかなりの量の降雪をもたらします。[120]

生物多様性と環境

ブルガリアの16の生物圏保護区の1つであるロポタモのコモチカナヘビ

気候的、水文学的、地質学的および地形的条件の相互作用は、比較的多種多様な植物および動物種を生み出しました。[121]ヨーロッパで最も豊かな ブルガリアの生物多様性[122] は、3つの国立公園、11の自然公園、10の生物圏保護区、および565の保護地域で保護されています。[123] [124] [125]ヨーロッパの233種の哺乳類のうち93種がブルガリアで発見され、49%が蝶、30%が維管束植物種である。[126]全体として、41,493種の動植物が存在します。[126]かなりの個体数を持つ大型の哺乳類には、鹿(106,323個体)、イノシシ(88,948)、ジャッカル(47,293)、キツネ(32,326)が含まれます。ヤマウズラの個体数は約328,000頭で、最も普及しているゲームバードになっています。[127]ブルガリアのすべての営巣鳥の3分の1は、高地で北極と高山の種を飼育しているリラ国立公園で見つけることができます。[128]植物相には、3,800種以上の維管束植物が含まれており、そのうち170種が固有種で、150種が絶滅危惧種と見なされています。[121]より大きな菌類のチェックリストブルガリアでは、植物学研究所によって1,500種以上が確認されています。[129]土地面積の35%以上が森林で覆われています。[130]

1998年、ブルガリア政府は、地域の生態系の保護、絶滅危惧種の保護、遺伝資源の保護を求める包括的なプログラムである国家生物多様性保護戦略を採択しました。[131]ブルガリアには、その領土の33.8%をカバーする、ヨーロッパで最大のナトゥラ2000地域がいくつかあります。[132]また、1990年から2009年にかけて二酸化炭素排出量を30%削減するという京都議定書の目標を達成した。[133]

ブルガリアは2018年環境パフォーマンス指数で30位にランクされていますが、大気質のスコアは低くなっています。[134] 粒子状物質のレベルはヨーロッパで最も高く、[135]特に自動車交通や石炭火力発電所の影響を受ける都市部で最も高い。[136] [137]これらの1つ、亜炭で燃焼したMaritsa Iztok-2ステーションは、欧州連合で健康と環境に最大の被害をもたらしています。[138]農業および時代遅れの産業下水システムでの農薬の使用は、広範な土壌および水質汚染を引き起こします。[139]水質は1998年に改善し始め、緩やかな改善傾向を維持している。地表河川の75%以上が、良質のヨーロッパ基準を満たしています。[140]

政治

独立広場でのソフィア:大統領(右)の本社、国会(中央)と閣僚理事会は、(左)。

ブルガリアは議会制民主主義であり、首相は政府の長であり、最も強力な行政職です。[110]政治システムには、立法、行政、司法の3つの支部があり、18歳以上の市民には普通選挙権があります。憲法はまた、直接民主主義、すなわち嘆願書と国家の可能性を提供referendaを。[141]選挙は、すべての主要政党のメンバーを含む独立した中央選挙管理委員会によって監督されている。締約国は、国政選挙に参加する前に委員会に登録する必要があります。[142]通常、首相エレクトは議会選挙で最も多くの票を獲得した党の党首であるが、常にそうであるとは限らない。[110]

首相とは異なり、大統領の国内権力はより制限されています。直接選出された大統領は、国家元首および軍の最高司令官としての役割を果たし、議会は単純な多数決で大統領の拒否権を無効にすることができますが、さらなる議論のために法案を返還する権限を持っています。[110]政党が国会に集まる、直接の人気投票によって4年の任期で選出された240人の議員の集まり。国会は、法律を制定し、予算を承認し、大統領選挙を予定し、首相と他の大臣を選任して解任し、宣戦布告し、軍隊を海外に派遣し、国際条約と協定を批准する権限を持っています。[143]

ボイコ・ボリソフ首相

全体として、ブルガリアは不安定な政府のパターンを示しています。[144] ボイコ・ボリソフは、2009年以来、首相としての彼の第三項にサービスを提供している[145]彼の中道右派、プロEUパーティーときGERBが勝った総選挙をとして支配少数政府国会で117議席と。[146]彼の最初の政府は、公共料金の高さ、生活水準の低さ、汚職[147]、および民主主義システムの認識された失敗によって引き起こされた全国的な抗議の後、2013年2月20日に辞任した。抗議の波は、焼身自殺、自発的なデモ、政党に対する強い感情で注目に値しました。[148]

その後の月のスナップ選挙はのための狭い勝利の結果GERB、[149]が、ブルガリア社会党は、最終的に率いる政府形成プラメン・オレスハースキーをボリソフは、議会の支援を確保するために失敗した後。[150] [151]オレシャルスキー政権は、大規模な抗議行動が続く中、2014年7月に辞任した。[152] [153] [154]暫定政府が引き継ぎ[155]、2014年10月の選挙[156]を呼び、3度目のGERB勝利をもたらしたが、合計8党が議会に参加した。[157]ボリソフはいくつかの右翼政党と連立[158]を結んだが、彼の政党に支持された候補者が2016年の大統領選挙に勝利しなかったため、再び辞任した。2017年3月スナップ選挙は再びGERBで勝ったが、議会で95議席とされました。彼らは27議席を保持する極右のユナイテッドパトリオットと連立を結んだ。[145]

フリーダムハウスは、メディアの独立性の低下、改革の停滞、最高レベルの権威の乱用、地方行政の中央政府への依存度の高まりを理由に、2009年以降も民主的ガバナンスの悪化が続いていると報告しています。[159]ブルガリアは依然として「無料」としてリストされており、スコアは低下しているものの、政治システムは半統合民主主義として指定されています。[159]民主主義指数は、「欠陥のある民主主義」としてそれを定義しています。[160]経済平和研究所による2018年の調査では、回答者の15%未満が選挙を公正であると考えていると報告されています。[161]

法制度

ブルガリアには大陸法の法制度があります。[162]司法は法務省によって監督されている。最高行政裁判所と最高最高裁判所は最高控訴裁判所であり、下位裁判所での法律の適用を監督します。[142]最高司法評議会はシステムを管理し、裁判官を任命する。法制度は、透明性と汚職が蔓延しているため、国内および国際的なオブザーバーの両方から、ヨーロッパで最も非効率的なものの1つと見なされています。[163] [164] [165] [166] [167]法執行は、主に内務省に従属する組織によって実施されています。[168]国家警察総局(GDNP)は一般犯罪と闘い、公序良俗を維持します。[169] GDNPは、その地方および全国のセクションに26,578人の警察官を配置している。[170]刑事事件の大部分は輸送関連であり、その後に窃盗および麻薬関連の犯罪が続く。殺人率は低いです。[171]内務省はまた、国境警察サービスおよび国家憲兵隊(テロ対策活動、危機管理および暴動鎮圧のための専門部門)を率いる。防諜と国家安全保障は、国家安全保障庁の責任です。[172]

行政区画

ブルガリアは単一国家です。[173] 1880年代以来、領土管理単位の数が26の7から変化した[174]は1987と1999間の管理構造は、9つの州(から成るoblasti、単数)。経済システムの地方分権化と並行して、新しい行政構造が採用された。[175]これには、27の州と首都圏の州(ソフィア-グラッド)が含まれます。すべての地域は、それぞれの首都にちなんで名付けられています。州は265の自治体に細分されます。市町村は、4年の任期で選出された市長と直接選出された市議会によって運営されています。ブルガリアは高度に中央集権化された州であり、閣僚評議会が地域知事を直接任命し、すべての州と地方自治体が資金調達をブルガリアに大きく依存しています。[142]

最大の都市と町

外交と安全保障

ブルガリアのメンバーとなった国連1955年と1966年の非常任理事れている安全保障理事会最近2002から2003年まで、3回[177]それはの創設国の中でもあったセキュリティのための組織とヨーロッパにおける協力共産主義指導者はまた、ワルシャワ条約を離れると参加の願望だったものの、欧州大西洋の統合は、共産主義の崩壊以来、優先順位となっている1975年(OSCE)欧州共同体を1987年で[178] [179 ]ブルガリアは2005年4月25日に欧州連合加盟条約に署名した[180]。2007年1月1日に欧州連合の正会員になりました。[113]さらに、ルーマニアとギリシャとの三者間の経済的および外交的協力[181]、中国[182]およびベトナム[183]との良好な関係、およびロシアとの歴史的関係。[184] [185] [186] [187]

ブルガリア空軍のミコヤンMiG-29ジェット戦闘機

ブルガリアは、冷戦時代にニカラグア[188]やリビアなどのソビエト同盟国にかなりの数の民間および軍事顧問を配置しました。[189]第二次世界大戦以来、ブルガリアの土壌への外国軍の最初の配備は、国がアフガニスタンでの戦争努力のために6機のKC-135ストラトタンカー航空機と200人の支援要員をホストした2001年に起こった。[25] 2004年3月のNATOへの加盟[112]と、2006年4月に署名された米ブルガリア防衛協力協定により、国際軍事関係はさらに拡大した。ベズマーとグラフ・イグナティエボその後、空軍基地、ノボセロ訓練範囲、およびアイトスの兵站センターは、米国とブルガリアの軍隊が協力して使用する共同軍事訓練施設になりました。[190] [191]活発な国際防衛協力にもかかわらず、ブルガリアは世界で最も平和な国の1つとしてランク付けされており、国内および国際紛争に関してアイスランドと並んで6位、世界平和度指数で平均26位となっています。[161]

国内の防衛はオールの責任であるボランティア ブルガリアの軍隊で構成され、陸軍、海軍と空軍。陸軍は、2個の機械化された旅団と、8個の独立した連隊と大隊で構成されています。空軍は6つの空軍基地で106機の航空機と防空システムを運用し、海軍はさまざまな船、ヘリコプター、沿岸防衛兵器を運用しています。[192]現役部隊は、1988年の152,000人[193]から2017年には31,300人に減少し、3,000人の予備軍と16,000人の準軍組織が追加された。[194]在庫は主に、ミコヤンMiG-29やスホーイSu-25などのソビエト機器で構成されています。ジェット、[195] S-300PT防空システム[196]およびSS-21スカラブ短距離弾道ミサイル。[197]

経済

2001年以降の経済成長(緑)と失業(青)の統計

ブルガリアは、民間部門がGDPの70%以上を占める、開かれた中所得層の市場経済を持っています。[198] [199] 1948年に主に農村部に住む大部分が農業国であったブルガリアは、1980年代までに、予算支出の優先事項の最優先事項として科学技術研究を行う産業経済に変貌しました。[200] 1990年のCOMECON市場の喪失とそれに続く計画システムの「ショック療法」は、産業および農業生産の急激な減少を引き起こし、最終的には1997年の経済崩壊を引き起こした。[201] [202]経済は数年後の急速な成長期に大きく回復しましたが[201]、月平均給与は1,036レバ(615ドル)でEUで最も低いままです。[203]労働力の5分の1以上が、1時間あたり1.16ドルの最低賃金で雇用されている。[204]

均衡予算は、 2003年に達成した国は、実行中の始まった剰余金を翌年。[205] 2017年の支出は211.5億ドル、歳入は216.7億ドルでした。[206]政府による機関への支出のほとんどは、セキュリティのために割り当てられています。防衛省、内務省、法務省には、政府の年間予算の最大のシェアが割り当てられていますが、環境、観光、エネルギーの責任者は、最小限の資金しか受け取っていません。[207]税金はGDPの30%で政府歳入[207]の大部分を占めています。[208]ブルガリアは、EUで最も低い10%の法人所得税率のいくつかを持っています。[209]税制は2層です。付加価値税、物品税、法人税、個人所得税は国税ですが、不動産税、相続税、車両税は地方自治体が課税します。 [210] 2000年代初頭の力強い経済パフォーマンスにより、政府債務は1998年の79.6%から2008年には14.1%に減少した。 [205]それ以降、2016年までにGDPの28.7%に増加したが、EUでは3番目に低いままである。 [211]

Yugozapaden 計画面積が最も発達した領域である一人当たりの国内総生産(PPP 2018年に$ 29816の)[212]それは首都とその周辺含みソフィア州だけではホスティングにもかかわらず、国家の国内総生産の42%を生成し、人口のわずか22%。[213] [214] 1人当たりGDP(PPS)と2019年の生活費は、それぞれEU平均(100%)の53%と52.8%でした。[215] [216] 2016年の全国購買力平価GDPは1,431億ドルと推定され、1人当たりの価値は20,116ドルでした。[217]経済成長統計は、非公式経済からの違法取引を考慮に入れています。これは、経済生産の割合としてEUで最大です。[218] [219]ブルガリア国立銀行は国の通貨、発行LEVユーロあたり1.95583levаのレートでユーロにペッグされ、。[220]

数年連続の高成長の後、2007年から2008年の金融危機の影響により、2009年にはGDPが3.6%縮小し、失業率が増加しました。[221] [222]工業生産は10%減少し、鉱業は31%減少し、鉄と金属の生産は60%減少した。[要出典] 2010年にはプラス成長が回復しましたが、会社間債務は590億ドルを超え、ブルガリアの全企業の60%が相互に債務を負っていました。[223] 2012年までに、それは970億ドル、またはGDPの227%に増加しました。[224]国際労働組合総連合によれば、政府はIMFとEUの奨励を受けて厳格な緊縮政策を実施し、いくつかの前向きな財政結果を出しましたが、所得格差の拡大や海外への移住の加速など、これらの措置の社会的影響は「壊滅的」でした。[225]

現政党から政治家の家族や親戚に公的資金を吸い上げることは、社会に財政と福祉の損失をもたらしました。[226] [227]ブルガリアは腐敗認識指数[228]で71位にランクされており、欧州連合で最悪のレベルの汚職を経験しています。これは依然として深刻な国民の不満の源となっている現象です。[229] [230]組織犯罪に加えて、汚職は国のシェンゲン圏申請の拒否と外国投資の撤回をもたらした。[231] [232] [233]伝えられるところによると、政府当局者は横領、影響力取引、政府調達違反、および免責の賄賂に従事している。[163]特に政府調達は、汚職リスクの重要な分野です。毎年推定100億レバ(59.9億ドル)の国家予算と欧州連合基金が公開入札に費やされています。[234] 2017年だけでも140億近く(83.8億ドル)が公的契約に費やされた。[235]これらの契約の大部分は、広範囲にわたる不規則性、手続き違反、およびテーラーメードの授与基準の中で、政治的に結びついた少数の[236]企業に授与されます。[237]欧州委員会からの繰り返しの批判にもかかわらず、[233] EU機関は、ポーランドやハンガリーとは異なり、多くの問題でブリュッセルを支援しているため、ブルガリアに対する措置を講じることを控えています。[229]

構造とセクター

2016年のブルガリアの輸出のツリーマップ

労働力は336万人であり[238]、そのうち6.8%が農業、26.6%が産業、66.6%がサービス部門で雇用されています。[239]金属および鉱物の抽出、化学薬品の生産、機械製造、鉄鋼、バイオテクノロジー、タバコ、食品加工および石油精製は、主要な産業活動の中にあります。[240] [241] [242]鉱業だけでも24,000人を雇用し、国のGDPの約5%を生み出しています。すべての鉱業関連産業で雇用されている数は12万人です。[243] [244]ブルガリアは、ヨーロッパで5番目に大きな石炭生産国です。[244] [245]石炭、鉄、銅、鉛の地元の鉱床は、製造業とエネルギー部門にとって不可欠です。[246] EU以外のブルガリアの輸出の主な目的地はトルコ、中国、米国であり、ロシアとトルコは圧倒的に最大の輸入相手国です。輸出のほとんどは、製造品、機械、化学薬品、燃料製品、食品です。[247]食品および農業の輸出の3分の2はOECD諸国に向けられています。[248]

穀物と野菜の生産量は1990年から2008年の間に40%減少しましたが、穀物の生産量はその後増加し[249]、2016年から2017年のシーズンは10年で最大の穀物生産量を記録しました。[250] [251] トウモロコシ、大麦、オーツ麦、米も栽培されています。高品質のオリエンタルタバコは重要な工芸作物です。[252]ブルガリアはまた、ラベンダーとローズオイルの世界最大の生産国であり、どちらもフレグランスに広く使用されています。[25] [253] [254] [255]サービス部門では、観光業は経済成長に大きく貢献しています。ソフィア、プロブディフ、ヴェリコタルノヴォ、沿岸リゾートのアルベナ、ゴールデンサンド、サニービーチ、ウィンターリゾートのバンスコ、パンポロボ、ボロヴェッツは、観光客が最も訪れる場所です。[256] [257]ほとんどの訪問者はルーマニア語、トルコ語、ギリシャ語、ドイツ語です。[258]観光は、100の観光地システムを通じてさらに奨励されています。[259]

科学技術

研究開発への支出はGDPの0.78%に達し[260]、公的研究開発資金の大部分はブルガリア科学アカデミー(BAS)に送られます。[261]民間企業は、2015年に研究開発費の73%以上を占め、ブルガリアの22,000人の研究者の42%を雇用しました。[262]同じ年、ブルガリアはブルームバーグイノベーションインデックスで50か国中39位にランクされ、最高スコアは教育(24位)と最低の付加価値製造(48位)。[263] 1990年以降の慢性的な政府の研究への投資不足により、科学と工学の多くの専門家がブルガリアを離れることを余儀なくされた。[264]

SpaceXによるBulgariaSat-1の打ち上げ

資金不足にもかかわらず、化学、材料科学、物理学の研究は引き続き強力です。[261]南極の研究が活発を通じて行われオフリドの聖クリメント基地のリビングストン島に西南極。[265] [266]情報通信技術(ICT)部門は経済出力パーセントの3つ生成し、40,000を採用[267] 51,000ソフトウェアエンジニアに。[268]ブルガリアは、COMECONでの重要な役割により、ソビエト時代には「共産主義シリコンバレー」として知られていました。コンピューティング技術の生産。[269]国は、地域リーダーであり、高性能コンピューティングは:それは動作しアビトホル、南東ヨーロッパで最も強力なスーパーコンピュータを、8台のいずれかのホストとなるペタスケール EuroHPCのスーパーコンピュータを。[270] [271]

ブルガリアは宇宙探査に多くの貢献をしてきました。[272]これらには、2つの科学衛星、200を超えるペイロードと地球軌道での300の実験、および1971年以来の2つの宇宙飛行士が含まれます。[272]ブルガリアは、ミールにスヴェット温室を備えた宇宙で小麦と野菜を栽培した最初の国でした。宇宙ステーション。[273] [274]それは、グラナトガンマ線観測所[275]とベガ計画の開発、特に軌道とガイダンスのモデル化に関与していた。 両方のVegaプローブのアルゴリズム。[276] [277]火星の探査にはブルガリアの機器が使用されており、フォボス2プローブを使用して火星の衛星フォボスの最初の高品質分光画像を撮影した分光計が含まれています。[272] [275]宇宙放射線によってマッピングされているのと惑星の周りの途中Liulin-MLの上の線量計エクソマーズTGO。[278]これらの機器の変形は、国際宇宙ステーションとチャンドラヤーン1号の月探査機にも取り付けられています。 [279] [280]別の月面ミッションであるSpaceILのベレシートにも、ブルガリア製の画像ペイロードが装備されていました。[281]ブルガリアの最初の静止通信衛星- BulgariaSat-1によって起動-was SpaceX社2017年に[282]

インフラ

トラキア高速道路

電話サービスは広く利用可能であり、中央のデジタル幹線がほとんどの地域を接続しています。[283] Vivacom(BTC)は、固定回線の90%以上にサービスを提供しており、A1およびTelenorとともにモバイルサービスを提供する3つの事業者の1つです。[284] [285] インターネットの普及率は、2020年には16〜74歳の人口の69.2%、世帯の78.9%でした。[286] [287]

ブルガリアの戦略的な地理的位置と十分に発達したエネルギー部門は、重要な化石燃料の堆積物がないにもかかわらず、ブルガリアを主要なヨーロッパのエネルギーセンターにしています。[288]火力発電所は、電力の48.9%を生成し、次にコズロドゥイ原子炉(34.8%)および再生可能エネルギー源(16.3%)からの原子力発電が続きます。[289]ベレネの第2原子力発電所の設備は取得されたが、プロジェクトの運命は依然として不透明である。[290]設備容量は12,668MWであり、ブルガリアは国内需要と輸出エネルギーを超えることができます。[291]

国道網の全長は19,512キロメートル(12,124マイル)であり[292]、そのうち19,235キロメートル(11,952マイル)が舗装されています。鉄道は貨物輸送の主要なモードですが、高速道路は次第に大きな割合の貨物を運んでいます。ブルガリアには6,238キロメートル(3,876マイル)の線路があり[283]、現在合計81キロメートル(50マイル)の高速路線が運行されています。[293] [294]ルーマニア、トルコ、ギリシャ、セルビアとの鉄道リンクが利用可能であり、急行列車はキエフ、ミンスク、モスクワ、サンクトペテルブルクへの直通ルートを運行しています。[295]ソフィアとプロブディフは国の空の旅のハブであり、ヴァルナとブルガスは主要な海上貿易港です。[283]

人口統計

1960年以降の人口動向
2017年のブルガリアの人口ピラミッド

2011年の国勢調査によると、ブルガリアの人口は7,364,570人です。人口の大部分、72.5%は都市部に住んでいます。[296] 2019年の時点で、ソフィアは1,241,675人の人口を抱える最も人口の多い都市中心部であり、プロブディフ(346,893)、ヴァルナ(336,505)、ブルガス(202,434)、ルセ(142,902)がそれに続きます。[214] ブルガリア人は主要な民族グループであり、人口の84.8%を占めています。トルコとローマのマイノリティはそれぞれ8.8%と4.9%を占めています。約40の小さなマイノリティが0.7%を占め、0.8%は民族グループと自己識別していません。[297] [298]元統計局長のレネタ・インジョワは2011年の国勢調査の数値に異議を唱え、実際の人口は報告されているよりも少ないことを示唆しています。[299] [300]ロマの少数派は通常、国勢調査データでは過小評価されており、人口の最大11%を占める可能性があります。[301] [302]人口密度は1平方キロメートルあたり65であり、欧州連合の平均のほぼ半分です。[303]

2018で平均合計特殊出生率ブルガリア横切る(TFR)は女性当たり1.56子供た、[304] 2.1の代替率の下、それはかなり1905年の女性当たり5.83子供の高い下回ったまま[305]ブルガリアは、その後のいずれかを有します世界で最も古い人口で、平均年齢は43歳です。[306]

ブルガリアは人口動態の危機に瀕しています。[307] [308]経済崩壊が長期にわたる移民の波を引き起こした1990年代初頭以来、人口はマイナスに増加している。[309] 2005年までに約937,000から1,200,000人(主に若年成人)が国を去った。[309] [310]子供たちの大多数は未婚の女性から生まれている。[311]さらに、全世帯の3分の1は1人だけで構成され、家族の75.5%には16歳未満の子供がいません。[308]結果として生じる出生率は、世界で最も低いものの1つです[312] [313]一方、死亡率は最も高い水準にあります。[314]

高い死亡率は、人口の高齢化、貧困のリスクにさらされている多数の人々、および弱い医療制度の組み合わせに起因します。[315]全死亡の80%以上が癌および心血管疾患によるものです。それらのほぼ5分の1は回避可能です。[316]が、ブルガリアでのヘルスケアは、名目上は普遍的である[317] のアウトポケット費用は半分近く大幅医療へのアクセスを制限し、すべての医療費の占めます。[318]ケア提供を混乱させる他の問題は、低賃金、人員不足および設備の整っていない地域病院による医師の移住、供給不足、および被保険者の基本サービスパッケージの頻繁な変更です。[319] [320] 2018年のブルームバーグヘルスケア効率指数は、ブルガリアを56か国中最後にランク付けしました。[321]平均寿命は74。8年であるのに対し、EUの平均は80.99、世界の平均は72.38です。[322] [323]

ソフィア大学の学長

教育のための公的支出も欧州連合の平均をはるかに下回っています。[324]教育水準はかつては高かったが[325]、2000年代初頭から大幅に低下した。[324]ブルガリアの学生は、2001年の読書に関して世界で最も高いスコアを獲得し、カナダやドイツの学生よりも成績が良かった。 2006年までに、読書、数学、科学のスコアは低下しました。 2018年までに、国際生徒の学習到達度調査のプログラムでは、9年生の生徒の47%が読書と自然科学で機能的に読み書きができないことがわかりました。[326]平均的な基本的なリテラシー性別による有意差はなく、98.4%と高い水準にあります。[327]文部科学省は、部分的に、公立学校、カレッジや大学に資金を提供し、教科書のためのセット基準および公開プロセスを監督しています。小中学校での教育は無料で義務教育です。[325]プロセスは12のグレードにまたがり、グレード1から8がプライマリーで、9から12がセカンダリーレベルです。高等教育は、4年間の学士号と1年間の修士号で構成されています。[328]ブルガリアの最高ランクの高等教育機関はソフィア大学です。[329] [330]

ブルガリア語は、公式の地位を持ち、人口の85%が母国語である唯一の言語です。[331]それは言語のスラブ語グループに属していますが、他のスラブ語とは一線を画す、最も近い相対的なマケドニア語と共有される多くの文法上の特徴があります。証拠性)、名詞の格と無限大の欠如、および接尾辞の定冠詞の使用。[332]他の主要言語はトルコ語とロマ語です、2011年の国勢調査によると、それぞれ9.1%と4.2%がネイティブに話されていました。

この国は男女平等で高いスコアを獲得しており、2018年の世界男女格差指数で18位にランクされています。[333]が、女性参政権が比較的遅く、1937年に可能にした、女性今日は等しい政治的権利、高い労働力参加と法的に義務付けられてい同一賃金を。[333] 2021年、市場調査機関のReboot Onlineは、ブルガリアを女性が働くのに最適なヨーロッパの国としてランク付けしました。[334]ブルガリアはEUで女性ICT研究者の比率が最も高い[335]。また、テクノロジーセクターの女性の比率は2番目に高く、労働力の44.6%を占めています。高レベルの女性の参加は社会主義時代の遺産です。[336]

宗教

ブルガリア人の4分の3以上が東方正教会に加入しています。[337] スンニ派イスラム教徒は、2番目に大きな宗教コミュニティであり、ブルガリア全体の宗教構成の10%を占めていますが、その大多数は注意深くなく、学校でのイスラム教のベールの使用は容認できません。[338]人口の3%未満が他の宗教に所属しており、11.8%が無宗教であるか、宗教と自己認識していない。[337]ブルガリア正教会が得autocephalous、AD 927で、ステータスを[339] [340]と12の教区と2000以上の僧侶があります。[341]ブルガリアは、憲法によって宗教の自由が保証されている世俗国家ですが、正教会は「伝統的な」宗教として指定されています。[342]

文化

Kukerでレシチョヴォ

現代のブルガリアの文化は、オスマン帝国の統治の終わりに向けて国民の意識を築くのに役立った形式的な文化と、何千年も前の民俗の伝統を融合させています。[343]ブルガリアの民間伝承の本質的な要素は火であり、悪霊や病気を追放するために使用されます。これらの多くは魔女として擬人化されていますが、zmeyやsamodiva(veela)のような他の生き物は、慈悲深い保護者またはアンビバレントなトリックスターです。[344]悪霊に対するいくつかの儀式は生き残っており、今でも実践されています。特に、クケリとスルヴァカリです。[345] マルテニッツァも広く祝われています。[346] Nestinarstvo、トラキア起源の儀式の火の踊りは、ユネスコの無形文化遺産のリストに含まれています。[347] [348]

9つの歴史的および自然のオブジェクトは、ユネスコの世界遺産です。 ピリン国立公園、スレバルナ自然保護区、マダラライダー、スヴェシュタリとカザンラクのトラキアの墓、リラ修道院、ボヤナ教会、イヴァノヴォの岩窟教会、古代都市ネセバル。[349]リラ修道院は、ブルガリアの守護聖人であるリラの聖ヨハネによって設立されました。リラの生涯は、中世以来多くの文学的な記述の対象となってきました。[350]

10世紀にプレスラフとオフリドの文学学校が設立されたことは、中世のブルガリア文学の黄金期と関連しています。[350]学校がキリスト教の聖書に重点を置いたことで、ブルガリア帝国はスラブ文化の中心地となり、スラブ人はキリ​​スト教の影響下に置かれ、書記言語が提供された。[351] [352] [353]そのアルファベットであるキリル文字は、プレスラフ文学校によって開発されました。[354]タルノヴォ文学学校一方、アセン王朝とシシュマン王朝の歴史的または神秘的なテーマに関する高品質の写本によって定義されたシルバーエイジの文学に関連付けられています。[350]多くの文学および芸術の傑作はオスマン帝国の征服者によって破壊され、芸術活動は19世紀の国家復興まで再出現しませんでした。[343]イヴァン・ヴァゾフ(1850–1921)の膨大な作品群は、あらゆるジャンルをカバーし、ブルガリア社会のあらゆる側面に触れ、解放前の作品と新たに設立された国家の文学との架け橋となった。[350]後の注目すべき作品は、アレコ・コンスタンティノフのベイ・ガニョです。、ニーチェの詩ペンチョ・スラベイコブ、象徴の詩ペヨ・ヤボロブとDimcho Debelyanov、マルクス主義の-inspired作品ジオ・ミレブとニコラ・バプトサロブ、および社会主義リアリズムのの小説ダイミター・ディモブとダイミター・タレブ。[350] ツヴェタン・トドロフは著名な現代作家であり[355]、ブルガリア生まれのエリアス・カネッティは1981年にノーベル文学賞を受賞した[356]。

クリストのマスタバでハイドパーク、ロンドン

А宗教的な視覚芸術の遺産には、フレスコ画、壁画、アイコンが含まれ、その多くは中世のタルノヴォ美術学校によって制作されました。[357]文学のように、ブルガリアの視覚芸術が再び出現し始めたのは、国民の復活までではなかった。ザハリゾグラフは、解放前の時代の視覚芸術のパイオニアでした。[343]解放後、イヴァン・ムルクヴィチカ、アントン・ミトフ、ウラジーミル・ディミトロフ、ツァンコ・ラブレノフ、ズラテュ・ボヤジエフは、ブルガリアの村、旧市街、歴史的主題の風景を描いた新しいスタイルと実体を紹介した。クリストは21世紀で最も有名なブルガリアの芸術家であり、屋外でのインスタレーションで知られています。[343]

民謡は断然最も広範な伝統芸術であり、極東、東洋、中世の東方正教会、そして標準的な西ヨーロッパの調性と様式の融合として、時代を超えてゆっくりと発展してきました。[358]ブルガリアの民族音楽は独特のサウンドを持っており、のような、伝統的な楽器の広い範囲を使用していますガドゥルカ、gaida、kavalとtupan。際立った特徴はリズミカルな時間の延長であり、これは他のヨーロッパの音楽にはありません。[25]国家テレビ女性ボーカル合唱団が獲得したグラミー賞をブルガリアの民族音楽の演奏のために1990年に。[359]作曲はヨアン・ククゼル(1280 – 1360年頃)の作品にまでさかのぼることができますが[360]、現代クラシック音楽は1890年に最初のブルガリアオペラを作曲したエマヌイルマノロフから始まりました。[343]パンチョウラジゲロフとペトコステイノフシンフォニー、バレエ、オペラがさらに充実し、歌手のゲナ・ディミトロワ、ボリス・クリストフ、リュバ・ウェリッチ、ニコライ・ギアウロフが世界クラスのレベルに昇格しました。[343] [361] [362] [363] [364] [365] [366] ブルガリアの演奏は次のように他のジャンルで高い評価を得ているのエレクトロ(マイラ・アーオーヨ)、ジャズ(ミルチョ・レビーブ)、ジャズやフォーク(のブレンドイヴォ・パパゾフ)。[343]

ブルガリア国立ラジオ、BTV、毎日の新聞TRUDDnevnik24 Chasaは最大の国家のメディアの一部です。[367] ブルガリアのメディアは、2000年代初頭の報道では一般的に偏見がないと説明されており、印刷メディアには法的制限はありませんでした。[368]それ以来、報道の自由ブルガリアは世界報道自由度ランキングで世界で111位になり、すべての欧州連合加盟国および加盟候補国よりも低くなっています。政府はEUの資金を同情的なメディアに流用し、問題のあるトピックについて批判的でないように他のメディアに賄賂を贈りましたが、個々のジャーナリストに対する攻撃は増加しています。[369] [370]政治家、寡頭制、メディアの間の共謀は広範囲に及んでいる。[369]

ブルガリア料理は他のバルカン諸国の料理と似ており、トルコとギリシャの強い影響を示しています。[371] ヨーグルト、リュテニッツァ、バニツァ、ショプスカサラダ、リュテニッツァ、コズナックは、最も有名な地元の食べ物の1つです。多種多様なサラダに対する文化的な好みを考えると、肉の消費量はヨーロッパの平均よりも低くなっています。[371]ブルガリアは、1989年まで世界第2位のワイン輸出国でしたが、その後その地位を失いました。[372] [373] 2016年の収穫により、1億2800万リットルのワインが生産され、そのうち6200万リットルが主にルーマニア、ポーランド、ロシアに輸出されました。[374] マヴルッド、ルービン、シロカメルニシュカ、ディミアット、チェルヴェンミスケットは、ブルガリアワインで使用される典型的なブドウです。[375] ラキヤは、早くも14世紀にブルガリアで消費された伝統的なフルーツブランデーです。[376]

スポーツ

2015イタリアオープンでのグリゴールディミトロフ

ブルガリアは、体操選手のチャールズシャンポーが代表を務めた、1896年の最初の近代オリンピックに登場しました。[377]それ以来、ブルガリアのアスリートは52個の金メダル、89個の銀メダル、83個の銅メダルを獲得し、[378]これまでのメダルテーブルで25位にランクされています。ウェイトリフティングはブルガリアの代表的なスポーツです。Ivan Abadzhievコーチは、1980年代以降、ウェイトリフティングで多くのブルガリアの世界チャンピオンとオリンピックチャンピオンを生み出してきた革新的なトレーニングプラクティスを開発しました。[379]ブルガリアのアスリートは、レスリング、ボクシング、体操、バレーボール、 テニス。[379] ステフカ・コスタディノバは、1987年の世界選手権で達成された2.09メートル(6フィート10インチ)の女子走り高跳びで世界記録保持者として君臨しています。[380]グリゴール・ディミトロフは、ATPランキングトップ3の最初のブルガリアのテニスプレーヤーです。[381]

サッカーは、かなりの差で国内で最も人気のあるスポーツです。サッカー国家代表チームの最高のパフォーマンスがで準決勝だった1994 FIFAワールドカップの分隊が前方が先頭に立った、フリスト・ストイチコフ。[379]ストイチコフは史上最も成功したブルガリアの選手です。彼はゴールデンブーツとゴールデンボールを授与され、1990年代にFCバルセロナでプレーしている間、世界で最高の一人と見なされていました。[382] [383] CSKAとレフスキはどちらもソフィアに拠点を置いており[379]、国内で最も成功しているクラブであり、長年のライバル。[384] ルドゴレツは、地元の第4部から、わずか9年で2014–15UEFAチャンピオンズリーググループステージに進出したことで注目に値します。[385] 2018年に39位にランクインし、UEFAでブルガリアで最高ランクのクラブです。[386]

も参照してください

  • ブルガリアの概要

ノート

  1. ^ ブルガリア語: РепубликаБългарияローマ字:  RepublikaBǎlgariya IPA:  [rɛˈpublikɐbɐɫˈɡarijɐ]
  1. ^ ロマ市民の公式の数は実際の数より少ないかもしれません。人口統計を参照してください。

参考文献

  1. ^ 「ブルガリア共和国の憲法」。ブルガリア共和国国民議会。2020年8月30日取得
  2. ^ 「Населениепоместоживеене、възрастивероизповедание」2018年3月3日にオリジナルからアーカイブされまし2021年3月27日取得
  3. ^ ペニン、ルーメン(2007)。 ПрироднагеографиянаБългария[ブルガリアの自然地理](ブルガリア語)。バルベスト2000。p. 18. ISBN 978-954-18-0546-6。
  4. ^ 「フィールドリスト:エリア」ワールドファクトブック中央情報局2018年10月9日取得
  5. ^ 「2019年の人口および人口統計プロセス|国立統計研究所」www.nsi.bg 2020年5月29日取得
  6. ^ a b c d 「世界経済見通しデータベース、2021年4月」IMF.org国際通貨基金2021年4月6日取得
  7. ^ 「等価可処分所得のジニ係数–EU-SILC調査」ec.europa.euユーロスタット2020年3月30日取得
  8. ^ 人間開発報告書2020次のフロンティア:人間開発と人新世(PDF)国連開発計画。2020年12月15日。pp。343–346。ISBN  978-92-1-126442-5。2020年12月16日取得
  9. ^ 「腐敗認識指数2018エグゼクティブサマリーp.12」(PDF)透明性.orgトランスペアレンシーインターナショナル2019年2月10日取得
  10. ^ Golden 1992、pp。103–104。
  11. ^ Bowersock、Glen W.(1999)。後期古代:ポストクラシカルな世界へのガイドハーバード大学出版局。p。354. ISBN 978-0674511736。
  12. ^ Chen 2012、p。97。
  13. ^ Petersen、Leif Inge Ree(2013)。継承国の包囲戦と軍事組織(西暦400年から800年):ビザンチウム、西部、イスラム教ブリル。p。369. ISBN 978-9004254466。
  14. ^ ゴールデン1992、p。104。
  15. ^ Chen 2012、pp。92–95、97。
  16. ^ Tillier、Anne-Marie; シラコフ、ニコライ; グアデッリ、アレタ; フェルナンデス、フィリップ; Sirakova、Svoboda(2017年10月)。「バルカン半島のネアンデルタール人の証拠:コザルニカ洞窟(ブルガリア)からの幼児の半径」。人間の進化のジャーナル111(111):54–62。土井10.1016 /j.jhevol.2017.06.002PMID 28874274 
  17. ^ Fewlass、H.、Talamo、S.、Wacker、L。etal ブルガリアのバチョキロ洞窟における中期から後期旧石器時代への移行の14C年表。Nat Ecol Evol(2020)。https://doi.org/10.1038/s41559-020-1136-3。
  18. ^ Hublin、J.、Sirakov、N.、Aldeias、V。etalブルガリアのバチョキロ洞窟からの最初の後期旧石器時代のホモサピエンス。ネイチャー(2020)。https://doi.org/10.1038/s41586-020-2259-z。
  19. ^ ギンブタス、マリヤA.(1974)。古いヨーロッパの神々と女神:紀元前7000年から3500年の神話、伝説、カルト像カリフォルニア大学出版。pp。29–32。ISBN 978-0520019959。
  20. ^ ロバーツ、ベンジャミンW。;ソーントン、クリストファーP.(2009)。「ユーラシアにおける冶金学の発展」古代大英博物館先史時代ヨーロッパ学科83(322):1015 DOI10.1017 / S0003598X00099312S2CID 163062746 2018年7月28日取得 対照的に、金の最も初期の搾取と作業は、紀元前5千年半ば、最も初期の既知の銅製錬から数世紀後のバルカン半島で発生します。これは、ブルガリアのヴァルナにある埋葬を飾るさまざまな物体で最も見事に示されています(Renfrew 1986; Highamet al.2007)。対照的に、南西アジアで見つかった最も初期の金のオブジェクトは、イスラエルのNahal Qanah(Golden 2009)のように、紀元前4千年紀の初めにのみさかのぼります。 。
  21. ^ de Laet、Sigfried J.(1996)。人類の歴史:紀元前3千年紀から7世紀までユネスコ/ラウトレッジ。p。99. ISBN 978-92-3-102811-3。最初の主要な金の加工センターは、ブルガリアの黒海沿岸のドナウ川の河口にありました。
  22. ^ グランデ、ランス(2009)。宝石と宝石:鉱物界の時代を超越した自然の美しさシカゴ大学出版局。p。292. ISBN 978-0-226-30511-0。世界で最も古くから知られている金の宝飾品は、ブルガリアのヴァルナネクロポリスにある遺跡からのもので、6、000年以上前のものです(紀元前4、600年から4、200年の放射性炭素年代測定)。
  23. ^ アンソニー、デビッドW。; チー、ジェニファー、編 (2010)。古いヨーロッパの失われた世界:ドナウ渓谷、紀元前5000〜 3500年古代世界研究研究所。頁。39、201 ISBN 978-0-691-14388-0。ヴァルナ墓地の墓43は、紀元前4600〜4500年の旧ヨーロッパで最も豊かな単一の墓です。
  24. ^ 「グメルニツァ文化」フランス政府。2012年10月13日にオリジナルからアーカイブされまし取り出さ年12月4 2011ヴァルナのネクロポリスは、この文化を理解する上で重要な場所です。
  25. ^ bはCのD "ブルガリアファクトブック"アメリカ合衆国中央軍。2011年12月。2011年10月18日のオリジナルからアーカイブ2018年10月4日取得
  26. ^ Schoenberger、Erica(2015)。自然、選択、社会的権力ラウトレッジ。p。81. ISBN 978-0-415-83386-8。ヴァルナの墓は貧しい人々から豊かな人々までさまざまであり、かなり高度な社会的差別化を示唆しています。彼らの発見は、ヴァルナ文化に特徴的な社会組織の形態と新石器時代の文化における社会階層の始まりの再評価につながりました。
  27. ^ クランプトン1987、p。1.1。
  28. ^ a b "下品"ブリタニカ百科事典2018年7月28日取得
  29. ^ ボードマン、ジョン; エドワーズ、IES; Sollberger、E。(1982)。ケンブリッジ古代史–パート1:バルカン半島、中東、エーゲ世界の先史時代、紀元前10世紀から8世紀3ケンブリッジ大学出版局。p。53. ISBN 978-0521224963。しかし、その時までにトラキア人とイリュリア人の部族が分離したかどうかは確かにわからないため、その遠い時期にトラキア人を特定することはできません。鉄器時代にそこから発展したプロトトラキア人について話す方が安全です
  30. ^ a b c オールコック、ジョンB. 「バルカン半島」ブリタニカ百科事典2018年8月16日取得
  31. ^ キドナー、フランク(2013)。ヨーロッパを作る:西洋の物語センゲージラーニング。p。57. ISBN 978-1111841317。
  32. ^ a b Roisman 2011、pp。135–138、343–345。
  33. ^ Nagle、D。Brendan(2006)。ギリシャの歴史の読み:出典と解釈オックスフォード大学出版局。p。230. ISBN 978-0199978458。しかし、トラキアの部族の1つであるオドリュサイ人は、トラキア人を統一し、強力な国家を作ることに成功しました。
  34. ^ Ashley、James R.(1998)。マケドニア帝国:フィリップ2世とアレキサンダー大王の下での戦争の時代、紀元前359〜323年McFarland&Company、Inc。pp。139–140。ISBN 978-0786419180。
  35. ^ O Hogain、Daithi(2002)。ケルト人:歴史ボイデルプレス。pp。69–71。ISBN 978-0851159232。
  36. ^ ガガーリン、マイケル、編 (2010)。古代ギリシャとローマのオックスフォード百科事典1オックスフォード大学出版局。p。55. ISBN 978-0-19-517072-6。
  37. ^ 「ウルフィラ」ブリタニカ百科事典2018年8月18日取得
  38. ^ ベル、ジョンD. 「現代ブルガリアの始まり」ブリタニカ百科事典2018年10月9日取得
  39. ^ シングルトン、フレッド; フレッド、シングルトン(1985)。ユーゴスラビア人民の短い歴史ケンブリッジ大学出版局。pp。13–14。ISBN 9780521274852。
  40. ^ フーレックル、ポール; マッキテリック、ロザモンド; ロイター、ティモシー; アブラフィア、デビッド; ラスコム、デビッド・エドワード; オールマンド、CT; ライリー-スミス、ジョナサン; ジョーンズ、マイケル(1995)。新しいケンブリッジ中世史:第1巻、c。500 –c。700ケンブリッジ大学出版局。p。524. ISBN 9780521362917。
  41. ^ Curta、Florin(2001)。スラブ人の作成:ドナウ川下流域の歴史と考古学、c。500〜700(PDF)ケンブリッジ大学出版局。pp。311–334。ISBN  9781139428880。2016年3月26日にオリジナル (PDF)からアーカイブされました。2018年8月20日取得
  42. ^ MacDermott 1998、p。19。
  43. ^ Detrez、レイモンド(2014)。ブルガリアの歴史辞典ロウマン&リトルフィールド。p。5. ISBN 978-1442241794。
  44. ^ パリー、ケン、編 (2010)。東部キリスト教へのブラックウェルコンパニオンワイリーブラックウェル。p。48. ISBN 978-1444333619。バルカン半島の征服とブルガリア帝国の台頭は、先住民とその物質的および精神的文化にとって災害ではありませんでした。入植者と地元のローマ字または半ローマ字のトラキア・イリリアのキリスト教徒は、互いの文化、言語、宗教観だけでなく、互いの生活様式や社会経済的組織にも影響を与えました。
  45. ^ Wolfram、Herwig(1990)。ゴート族の歴史カリフォルニア大学出版。p。8. ISBN 978-0520069831。
  46. ^ Zlatarski、Vasil(1938)。ИсториянаПървотобългарскоЦарство。I.Åпоханахуно–българскотонадмощие(679–852)[第一次ブルガリア帝国の歴史。フン族-ブルガリア支配の時代(679–852) ](ブルガリア語)。マリンドリノフ出版社。p。188. ISBN 978-9544302986。検索された5月23 2012
  47. ^ 罰金、ジョンVA; ファイン、ジョンヴァンアントワープ(1991)。中世初期のバルカン半島:6世紀から12世紀後半までの批判的調査ミシガン大学出版局。pp。68–70。ISBN 978-0472081493。
  48. ^ Vlasto、Alexis P.(1970)。キリスト教徒へのスラブ人の参入:スラブ人の中世の歴史の紹介ケンブリッジ大学出版局。p。157. ISBN 978-0521074599。
  49. ^ "Krum". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018.
  50. ^ Bell, John D. "The Spread of Christianity". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018.
  51. ^ a b Crampton 2007, pp. 12–13.
  52. ^ a b c Bell, John D. "Reign of Simeon I". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018. Bulgaria's conversion had a political dimension, for it contributed both to the growth of central authority and to the merging of Bulgars and Slavs into a unified Bulgarian people.
  53. ^ The First Golden Age.
  54. ^ Browning, Robert (1975). Byzantium and Bulgaria. Temple Smith. pp. 194–195. ISBN 978-0520026704.
  55. ^ "Samuel". Encyclopædia Britannica. Retrieved 20 January 2012.
  56. ^ Scylitzae, Ioannis (1973). Synopsis Historiarum. Corpus Fontium Byzantiae Historiae. De Gruyter. p. 457. ISBN 978-3-11-002285-8.
  57. ^ Crampton 1987, p. 4.
  58. ^ a b Cameron, Averil (2006). The Byzantines. Blackwell Publishing. p. 170. ISBN 978-1-4051-9833-2.
  59. ^ a b Ostrogorsky, Georgije (1969). History of the Byzantine State. Rutgers University Press. p. 311. ISBN 978-0813511986.
  60. ^ a b c d Bell, John D. "Bulgaria – Second Bulgarian Empire". Encyclopædia Britannica. Retrieved 27 July 2018.
  61. ^ a b c d Bourchier, James (1911). "History of Bulgaria" . In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica. 4 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 779–784.
  62. ^ a b Crampton 1987, p. 6.
  63. ^ a b Martin, Michael (2017). City of the Sun: Development and Popular Resistance in the Pre-Modern West. Algora Publishing. p. 344. ISBN 978-1628942798.
  64. ^ a b c d Bell, John D. "Bulgaria – Ottoman rule". Encyclopædia Britannica. Retrieved 21 December 2011. The Bulgarian nobility was destroyed—its members either perished, fled, or accepted Islam and Turkicization—and the peasantry was enserfed to Turkish masters.
  65. ^ Guineva, Maria (10 October 2011). "Old Town Sozopol – Bulgaria's 'Rescued' Miracle and Its Modern Day Saviors". Novinite. Retrieved 16 November 2018.
  66. ^ a b Jireček, K.J. (1876). Geschichte der Bulgaren [History of the Bulgarians] (in German). Nachdr. d. Ausg. Prag. p. 88. ISBN 978-3487064086.
  67. ^ Minkov, Anton (2004). Conversion to Islam in the Balkans: Kisve Bahası – Petitions and Ottoman Social Life, 1670–1730. Brill. p. 193. ISBN 978-9004135765.
  68. ^ Detrez, Raymond (2008). Europe and the Historical Legacies in the Balkans. Peter Lang Publishers. p. 36. ISBN 978-9052013749.
  69. ^ Fishman, Joshua A. (2010). Handbook of Language and Ethnic Identity: Disciplinary and Regional Perspectives. Oxford University Press. p. 276. ISBN 978-0195374926. Retrieved 30 September 2018. There were almost no remnants of a Bulgarian ethnic identity; the population defined itself as Christians, according to the Ottoman system of millets, that is, communities of religious beliefs. The first attempts to define a Bulgarian ethnicity started at the beginning of the 19th century.
  70. ^ Roudometof, Victor; Robertson, Roland (2001). Nationalism, Globalization, and Orthodoxy: The Social Origins of Ethnic Conflict in the Balkans. Greenwood Publishing Group. pp. 68–71. ISBN 978-0313319495.
  71. ^ Crampton 1987, p. 8.
  72. ^ Carvalho, Joaquim (2007). Religion and Power in Europe: Conflict and Convergence. Edizioni Plus. p. 261. ISBN 978-8884924643.
  73. ^ a b Bell, John D. "Bulgaria – Ottoman administration". Encyclopædia Britannica. Retrieved 20 October 2012.
  74. ^ a b The Final Move to Independence.
  75. ^ "Reminiscence from Days of Liberation*". Novinite. 3 March 2011. Retrieved 20 December 2011.
  76. ^ "Shipka Pass". Encyclopædia Britannica. Retrieved 18 August 2018.
  77. ^ a b San Stefano, Berlin and Independence.
  78. ^ Blamires, Cyprian (2006). World Fascism: A Historical Encyclopedia. ABC-CLIO. p. 107. ISBN 978-1576079409. The "Greater Bulgaria" re-established in March 1878 on the lines of the medieval Bulgarian empire after liberation from Turkish rule did not last long.
  79. ^ "On March 3 Bulgaria celebrates National Liberation Day". Radio Bulgaria. 3 March 2017. Retrieved 24 February 2019.
  80. ^ "Timeline: Bulgaria – A chronology of key events". BBC News. 6 May 2010. Retrieved 20 December 2011.
  81. ^ Historical Setting.
  82. ^ Crampton 2007, p. 174.
  83. ^ Pinon, Rene (1913). L'Europe et la Jeune Turquie: Les Aspects Nouveaux de la Question d'Orient [Europe and Young Turkey: The new aspects of the Eastern Question] (in French). Perrin et cie. p. 411. ISBN 978-1-144-41381-9. On a dit souvent de la Bulgarie qu'elle est la Prusse des Balkans
  84. ^ Tucker, Spencer C; Wood, Laura (1996). The European Powers in the First World War: An Encyclopedia. Taylor & Francis. p. 173. ISBN 978-0815303992.
  85. ^ Broadberry, Stephen; Klein, Alexander (8 February 2008). "Aggregate and Per Capita GDP in Europe, 1870–2000: Continental, Regional and National Data with Changing Boundaries" (PDF). Centre for Economic Policy Research. p. 18. Archived from the original (PDF) on 22 June 2012. Retrieved 24 May 2012.
  86. ^ "WWI Casualty and Death Tables". PBS. Archived from the original on 3 October 2016. Retrieved 28 July 2018.
  87. ^ Mintchev, Veselin (October 1999). "External Migration in Bulgaria". South-East Europe Review (3/99): 124. Archived from the original on 17 January 2013. Retrieved 6 August 2018.
  88. ^ Chenoweth, Erica (2010). Rethinking Violence: States and Non-State Actors in Conflict. Belfer Center for Science and International Affairs. p. 129. ISBN 978-0-262-01420-5.
  89. ^ Bulgaria in World War II: The Passive Alliance.
  90. ^ Wartime Crisis.
  91. ^ Pavlowitch, Stevan K. (2008). Hitler's New Disorder: The Second World War in Yugoslavia. Columbia University Press. pp. 238–240. ISBN 978-0199326631. When Bulgaria switched sides in September
  92. ^ a b The Soviet Occupation.
  93. ^ Valentino, Benjamin A. (2005). Final Solutions: Mass Killing and Genocide in the Twentieth Century. Cornell University Press. pp. 91–151. ISBN 978-0-8014-3965-0.
  94. ^ Stankova, Marietta (2015). Bulgaria in British Foreign Policy, 1943–1949. Anthem Press. p. 99. ISBN 978-1-78308-430-2.
  95. ^ Neuburger, Mary C. (2013). Balkan Smoke: Tobacco and the Making of Modern Bulgaria. Cornell University Press. p. 162. ISBN 978-0-8014-5084-6.
  96. ^ Crampton 2005, p. 271.
  97. ^ Domestic Policy and Its ResultsQuote: "real wages increased 75 percent, consumption of meat, fruit, and vegetables increased markedly, medical facilities and doctors became available to more of the population"
  98. ^ After Stalin.
  99. ^ The Economy.
  100. ^ Stephen Broadberry; Alexander Klein (27 October 2011). "Aggregate and per capita GDP in Europe, 1870–2000" (PDF). pp. 23, 27. Archived from the original (PDF) on 30 May 2013. Retrieved 12 July 2013.
  101. ^ Vachkov, Daniel; Ivanov, Martin (2008). Българският външен дълг 1944–1989: Банкрутът на комунистическата икономика [Bulgarian Foreign Debt 1944–1989]. Siela. pp. 103, 153, 191. ISBN 978-9542803072.
  102. ^ The Political Atmosphere in the 1970s.
  103. ^ Bulgaria in the 1980s.
  104. ^ Bohlen, Celestine (17 October 1991). "Vote Gives Key Role to Ethnic Turks". The New York Times. Retrieved 20 December 2011. in 1980s ... the Communist leader, Todor Zhivkov, began a campaign of cultural assimilation that forced ethnic Turks to adopt Slavic names, closed their mosques and prayer houses and suppressed any attempts at protest. One result was the mass exodus of more than 300,000 ethnic Turks to neighboring Turkey in 1989
  105. ^ Mudeva, Anna (31 May 2009). "Cracks show in Bulgaria's Muslim ethnic model". Reuters. Retrieved 30 October 2011.
  106. ^ Government and Politics.
  107. ^ "Bulgarian Politicians Discuss First Democratic Elections 20y After". Novinite. 5 July 2010. Retrieved 20 December 2011.
  108. ^ "National Assembly of the Republic of Bulgaria – Constitution". www.parliament.bg.
  109. ^ Prodanov, Vasil (1 October 2007). Разрушителният български преход [The destructive Bulgarian transition]. Le Monde diplomatique (in Bulgarian). Retrieved 20 December 2011.
  110. ^ a b c d Library of Congress 2006, p. 16.
  111. ^ "Human Development Index Report" (PDF). United Nations. 2005. p. 224. Archived from the original (PDF) on 10 March 2011. Retrieved 28 July 2018.
  112. ^ a b "NATO Update: Seven new members join NATO". NATO. 29 March 2004. Retrieved 20 December 2011.
  113. ^ a b Castle, Steven (29 December 2006). "The Big Question: With Romania and Bulgaria joining the EU, how much bigger can it get?". The Independent. Retrieved 14 September 2018.
  114. ^ "Bulgaria Absolutely Ready to Take Over EU Presidency, Minister Says". Bulgarian Telegraph Agency. 2 August 2017. Retrieved 21 July 2018.
  115. ^ a b c d e f Library of Congress 2006, p. 4.
  116. ^ a b "Bulgaria". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 4 December 2011.
  117. ^ Topography.
  118. ^ NSI Brochure 2018, pp. 2–3.
  119. ^ "Bulgaria Second National Communication" (PDF). United Nations Framework Convention on Climate Change. Retrieved 9 October 2018.
  120. ^ Climate.
  121. ^ a b "Характеристика на флората и растителността на България". Bulgarian-Swiss Program For Biodiversity. Archived from the original on 27 April 2013. Retrieved 21 March 2013.
  122. ^ Видово разнообразие на България [Species biodiversity in Bulgaria] (PDF) (in Bulgarian). UNESCO report. 2013. Retrieved 30 July 2018.
  123. ^ NSI Brochure 2018, p. 29.
  124. ^ Belev, Toma (June 2010). "Бъдещето на природните паркове в България и техните администрации" [The future of Bulgaria's natural parks and their administrations]. Gora Magazine. Retrieved 20 December 2011.
  125. ^ "Europe & North America: 297 biosphere reserves in 36 countries". UNESCO. Retrieved 4 April 2016.
  126. ^ a b "Bulgaria's biodiversity at risk" (PDF). IUCN Red List. 2013. Archived from the original (PDF) on 4 May 2015. Retrieved 12 September 2018.
  127. ^ NSI Brochure 2018, p. 3.
  128. ^ Bell, John D. "Bulgaria: Plant and animal life". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018.
  129. ^ Denchev, Cvetomir. "Checklist of the larger basidiomycetes ın Bulgaria" (PDF). Institute of Botany, Bulgarian Academy of Sciences. Retrieved 12 September 2018.
  130. ^ "Bulgaria – Environmental Summary, UNData, United Nations". United Nations. Retrieved 20 December 2011.
  131. ^ "Biodiversity in Bulgaria". GRID-Arendal. Archived from the original on 30 April 2016. Retrieved 21 March 2014.
  132. ^ "Report on European Environment Agency about the Nature protection and biodiversity in Europe". European Environment Agency. Archived from the original on 22 March 2014. Retrieved 16 October 2018.
  133. ^ "Bulgaria Achieves Kyoto Protocol Targets – IWR Report". Novinite. 11 August 2009. Retrieved 20 December 2011.
  134. ^ "Bulgaria". Environmental Performance Index/Yale University. Retrieved 12 September 2018.
  135. ^ Hakim, Danny (15 October 2013). "Bulgaria's Air Is Dirtiest in Europe, Study Finds, Followed by Poland". The New York Times. Retrieved 15 October 2013.
  136. ^ "High Air Pollution to Close Downtown Sofia". Novinite. 14 January 2008. Retrieved 20 December 2011.
  137. ^ "Bulgaria's Sofia, Plovdiv Suffer Worst Air Pollution in Europe". Novinite. 23 June 2010. Retrieved 20 December 2011.
  138. ^ "Industrial facilities causing the highest damage costs to health and the environment". European Environment Agency. Retrieved 25 November 2014.
  139. ^ "Bulgaria's quest to meet the environmental acquis". European Stability Initiative. 10 December 2008. Retrieved 20 December 2011.
  140. ^ "Report on European Environment Agency about the quality of freshwaters in Europe". European Environment Agency. Archived from the original on 16 April 2014. Retrieved 21 March 2014.
  141. ^ "Overview of direct democratic instruments in Bulgaria". Navigator to Direct Democracy. Archived from the original on 16 January 2014. Retrieved 25 July 2018.
  142. ^ a b c Library of Congress 2006, p. 17.
  143. ^ Library of Congress 2006, pp. 16–17.
  144. ^ "Fitch: Early Bulgaria Elections Would Create Fiscal Uncertainty". Reuters. 23 November 2016. Retrieved 9 July 2018.
  145. ^ a b Barzachka, Nina (25 April 2017). "Bulgaria's government will include far-right nationalist parties for the first time". The Washington Post. Retrieved 9 July 2018.
  146. ^ "Bulgarian Cabinet Faces No-Confidence Vote Over Atomic Plant". Bloomberg Businessweek. 6 April 2012. Archived from the original on 26 July 2013. Retrieved 1 June 2012.
  147. ^ Cage, Sam. "Bulgarian government resigns amid growing protests". Yahoo! News. Archived from the original on 8 March 2013. Retrieved 20 February 2013.
  148. ^ Petkova, Mariya (21 February 2013). "Protests in Bulgaria and the new practice of democracy". Al Jazeera. Retrieved 7 March 2013.
  149. ^ Tsolova, Tsvetelia (12 May 2013). "Rightist GERB holds lead in Bulgaria's election". Reuters. Retrieved 15 May 2013.
  150. ^ "PM Hopeful: New Bulgarian Cabinet Will Be 'Expert, Pragmatic'". Novinite. 25 May 2013. Retrieved 12 March 2014.
  151. ^ Buckley, Neil (29 May 2013). "Bulgaria parliament votes for a 'Mario Monti' to lead government". The Financial Times. Retrieved 28 July 2018.
  152. ^ Seiler, Bistra (26 June 2013). "Bulgarians protest government of 'oligarchs'". Deutsche Welle. Retrieved 28 July 2018.
  153. ^ "Timeline of Oresharski's Cabinet: A Government in Constant Jeopardy". Novinite. 24 July 2014. Retrieved 29 July 2014.
  154. ^ "Bulgaria's Plamen Oresharski resigns". Novinite. 23 July 2014. Retrieved 25 July 2014.
  155. ^ "Bulgaria's President Names Georgi Bliznashki as Prime Minister". Novinite. 5 August 2014. Retrieved 7 April 2016.
  156. ^ "Bulgaria's 42nd Parliament Dissolved, Elections on October 5". Novinite. 6 August 2014. Retrieved 9 August 2014.
  157. ^ Petrov, Angel (6 October 2014). "Bulgaria's Grand Parliament Chessboard Might Be Both Ailment and Cure". Novinite. Retrieved 7 October 2014.
  158. ^ Tsolova, Tsvetelia (6 November 2014). "Bulgaria's Borisov plasters together coalition government". Reuters. Retrieved 28 July 2018.
  159. ^ a b Zankina, Emilia. "Bulgaria Country Profile". Freedom House. Retrieved 24 July 2018.
  160. ^ "Democracy Index 2017: Free speech under attack". The Economist Intelligence Unit. Retrieved 24 July 2018.
  161. ^ a b "Global Peace Index 2019" (PDF). Institute for Economics and Peace. pp. 8, 41, 96. Archived from the original (PDF) on 27 August 2019. Retrieved 16 December 2019.
  162. ^ "The Bulgarian Legal System and Legal Research". Hauser Global Law School Program. August 2006. Retrieved 28 July 2018.
  163. ^ a b "US State Dept criticises Bulgaria on prisons, judiciary, corruption, people-trafficking and violence against minorities". The Sofia Globe. 21 April 2018. Retrieved 9 July 2018.
  164. ^ Съдебната ни система – първенец по корупция [Our justice system – a leader in corruption] (in Bulgarian). News.bg. 3 June 2010. Retrieved 28 July 2018.
  165. ^ Brunwasser, Matthew (5 November 2006). "Questions arise again about Bulgaria's legal system". The New York Times. Retrieved 20 December 2011.
  166. ^ "Transparency International report: Bulgaria perceived as EU's most corrupt country". Bulgarian National Radio. 1 December 2012. Archived from the original on 1 November 2012. Retrieved 23 May 2012.
  167. ^ Konstantinova, Elizabeth (17 February 2011). "Bulgaria Sets Up Anti-Corruption Unit; Security Chief Steps Down". Bloomberg. Retrieved 28 July 2018.
  168. ^ "Interpol entry on Bulgaria". Interpol. Retrieved 20 December 2011.
  169. ^ "National Police Service". Ministry of the Interior of Bulgaria. Archived from the original on 3 October 2012. Retrieved 25 May 2012.
  170. ^ Справка за щатната численост и незаетите бройки в структурите на МВР към 31 May 2018 г. [Summary of staff and vacancies in structures of the Ministry of the Interior as of 31 May 2018] (PDF) (in Bulgarian). Ministry of the Interior. 31 May 2018. Archived from the original (PDF) on 10 July 2018. Retrieved 10 July 2018.
  171. ^ NSI Brochure 2018, p. 27.
  172. ^ "State Agency for National Security Official Website". State Agency for National Security. Retrieved 20 December 2011.
  173. ^ "Local Structures in Bulgaria". Council of European Municipalities and Regions. Archived from the original on 4 June 2012. Retrieved 11 April 2012.
  174. ^ Историческо развитие на административно–териториалното устройство на Република България [Historical development of the administrative and territorial division of the Republic of Bulgaria] (in Bulgarian). Ministry of Regional Development. Archived from the original on 2 February 2014. Retrieved 28 July 2018.
  175. ^ "Областите в България. Портрети" [The oblasts in Bulgaria. Portraits]. Ministry of Regional Development. Archived from the original on 19 June 2012. Retrieved 28 July 2018.
  176. ^ "Census results" (PDF). 2011.
  177. ^ "The United Nations Security Council". The Green Papers Worldwide. Retrieved 4 December 2011.
  178. ^ Бай Тошовият блян – България в ЕС през '87 [Todor Zhivkov's dream – Bulgaria in the EC in '87] (in Bulgarian). Dnes.bg. 15 August 2008. Retrieved 20 December 2011.
  179. ^ "Дойче веле": Тодор Живков искал България да стане член на ЕС ["Deutsche Welle": Todor Zhivkov wanted Bulgaria to join the EC]. Vesti (in Bulgarian). 3 September 2008. Retrieved 28 July 2018.
  180. ^ "European Commission Enlargement Archives: Treaty of Accession of Bulgaria and Romania". European Commission. 25 April 2005. Archived from the original on 19 February 2011. Retrieved 20 December 2011.
  181. ^ "Bulgaria – relations". Ministry of Foreign Affairs of Greece. Archived from the original on 5 February 2012. Retrieved 31 March 2012.
  182. ^ "Bulgaria – Bilateral Relations". Ministry of Foreign Affairs of the PRC. Archived from the original on 26 July 2013. Retrieved 28 July 2018.
  183. ^ "Vietnam Thanks Bulgaria for University Graduates". Novinite. 28 October 2010. Retrieved 31 March 2012.
  184. ^ de Carbonnel, Alissa (29 March 2018). "Old ties with Russia weigh on Bulgarian decision in spy poisoning case". Reuters. Retrieved 21 July 2018.
  185. ^ Lyman, Rick (4 February 2017). "Bulgaria Grows Uneasy as Trump Complicates Its Ties to Russia". The New York Times. Retrieved 21 July 2018. For many reasons, including economic necessity, a common culture and deep historical ties
  186. ^ Smilov, Daniel (31 May 2018). "Bulgaria torn between Russia and the West". Deutsche Welle. Retrieved 21 July 2018.
  187. ^ "Bulgaria–Russia Relations". GlobalSecurity. Retrieved 21 July 2018.
  188. ^ Arms Sales.
  189. ^ Foreign Affairs in the 1960s and 1970s.
  190. ^ "Bulgaria Factbook". Bureau of European and Eurasian Affairs, U.S. Department of State. Retrieved 4 December 2011.
  191. ^ "US, Bulgaria sign defence co-operation agreement". Southeast European Times. 28 April 2006. Archived from the original on 25 January 2011. Retrieved 20 December 2011.
  192. ^ "Armed Forces Development Plan" (PDF). Ministry of Defence of Bulgaria. 2010. Archived from the original (PDF) on 28 June 2012. Retrieved 31 March 2012.
  193. ^ Military Personnel.
  194. ^ Hackett, James, ed. (2017). The Military Balance 2017. Routledge. p. 96. ISBN 978-1857439007.
  195. ^ Palowski, Jakub (6 October 2015). "Bulgaria Will Modernize Its Army. "Fighters, infantry fighting vehicles"". Defence24. Retrieved 21 July 2018.
  196. ^ "S-300 Surface-to-air Missile System" (PDF). Aerospace Daily & Defense Report. 6 August 2015. Retrieved 21 July 2018.
  197. ^ Roblin, Sebastien (12 September 2016). "SS-21 Scarab: Russia's Forgotten (But Deadly) Ballistic Missile". The National Interest. Retrieved 21 July 2018.
  198. ^ "World Bank Country and Lending Groups". The World Bank Group. 2018. Archived from the original on 11 January 2018. Retrieved 28 July 2018.
  199. ^ "Bulgaria Overview". USAID. 2002. Archived from the original on 10 July 2011. Retrieved 2 November 2011.
  200. ^ Bell, John D. "Bulgaria – Late Communist rule". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018. Bulgaria gave the highest priority to scientific and technological advancement and the development of trade skills appropriate to an industrial state. In 1948 approximately 80 percent of the population drew their living from the soil, but by 1988 less than one-fifth of the labour force was engaged in agriculture, with the rest concentrated in industry and the service sector.
  201. ^ a b "The economies of Bulgaria and Romania". European Commission. January 2007. Retrieved 20 December 2011.
  202. ^ OECD Economic Surveys: Bulgaria. OECD. 1999. p. 24. ISBN 9789264167735. Retrieved 4 October 2018. The previous 1997 Economic Survey of Bulgaria documented how a combination of difficult initial conditions, delays in structural reforms, ... culminated in the economic crisis of 1996–97.
  203. ^ Средната работна заплата расте до 1036 лв. [Average monthly wages wage increased to 1,036 lv] (in Bulgarian). BTV. Retrieved 15 May 2017.
  204. ^ "One out of six employees in the EU27 was a low-wage earner in 2010" (PDF). Eurostat. 20 December 2012. Archived from the original (PDF) on 24 December 2012. Retrieved 20 December 2012.
  205. ^ a b Hawkesworth, Ian (2009). "Budgeting in Bulgaria" (PDF). OECD Journal on Budgeting (3/2009): 137. Retrieved 6 August 2018.
  206. ^ "Field listing: Budget". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 16 July 2018.
  207. ^ a b Denizova, Vera (23 October 2017). Бюджет 2018: Повече за заплати, здраве и пенсии [2018 Budget: More for salaries, health and pensions] (in Bulgarian). Kapital Daily. Retrieved 16 July 2018.
  208. ^ "Field listing: Taxes and other revenue". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Archived from the original on 16 July 2018. Retrieved 16 July 2018.
  209. ^ "These are the 29 countries with the world's lowest levels of tax". Business Insider. 15 March 2016. Retrieved 16 July 2018.
  210. ^ "Structure of Bulgarian Tax System". Ministry of Finance of Bulgaria. Retrieved 16 July 2018.
  211. ^ "General government gross debt – annual data" (PDF). Eurostat. Retrieved 12 March 2017.
  212. ^ "Regional gross domestic product (PPS per inhabitant), by NUTS 2 regions". Eurostat. Retrieved 12 March 2017.
  213. ^ БВП – регионално ниво [GDP – regional level] (in Bulgarian). National Statistical Institute of Bulgaria. Retrieved 22 July 2018.
  214. ^ a b NSI Census data 2017.
  215. ^ "GDP per capita in PPS". ec.europa.eu/eurostat. Eurostat. Retrieved 19 June 2020.
  216. ^ "Comparative price levels". ec.europa.eu/eurostat. Eurostat. Retrieved 19 June 2020.
  217. ^ "Bulgaria". International Monetary Fund. Retrieved 12 March 2017.
  218. ^ "EU: Countries to Begin Counting Drugs, Prostitution in Economic Growth". Organized Crime and Corruption Reporting Project. 9 September 2014. Retrieved 16 July 2018.
  219. ^ "Shadow Economy" (PDF). Eurostat. 2012. Archived from the original (PDF) on 14 November 2012. Retrieved 20 December 2012.
  220. ^ Курсове на българския лев към еврото и към валутите на държавите, приели еврото [Exchange rates of the lev to the euro and Eurozone currencies replaced by the euro] (in Bulgarian). Bulgarian National Bank. Retrieved 16 October 2018.
  221. ^ "Bulgaria: GDP growth (annual %)". The World Bank. Retrieved 28 July 2018.
  222. ^ "Bulgaria: Unemployment, total (% of total labor force) (modeled ILO estimate)". The World Bank. 2018. Retrieved 28 July 2018.
  223. ^ Harizanova, Tanya (17 June 2010). "Inter-company debt – one of Bulgarian economy's serious problems". Bulgarian National Radio. Archived from the original on 1 November 2012. Retrieved 10 July 2012.
  224. ^ Бизнесът очерта уникална диспропорция в България [Business points to a major disproportion in Bulgaria] (in Bulgarian). Dir.bg. 14 January 2013. Retrieved 28 July 2018.
  225. ^ "ITUC Frontlines Report 2012: Section on Bulgaria". Novinite. 10 October 2012. Retrieved 10 October 2012.
  226. ^ "Bulgaria, Romania Rapped for Public Procurement Fraud". Novinite. 21 July 2010. Retrieved 16 July 2018.
  227. ^ Center for the Study of Democracy (2007). Anti-corruption Reforms in Bulgaria: Key Results and Risks. Center for the Study of Democracy. p. 44. ISBN 9789544771461.
  228. ^ "Corruption Perceptions Index: Transparency International". Transparency International. 2017. Retrieved 16 July 2018.
  229. ^ a b Rankin, Jennifer (28 December 2017). "Cloud of corruption hangs over Bulgaria as it takes up EU presidency". The Guardian. Retrieved 9 July 2018.
  230. ^ "Bulgarian corruption at 15-year high". The Telegraph. 12 December 2014. Retrieved 9 July 2018.
  231. ^ "Bulgarian border officers suspended over airport security lapse". Reuters. 24 March 2018. Retrieved 9 July 2018.
  232. ^ Macdonald, Alastair (11 January 2018). "Bulgaria savors EU embrace despite critics". Reuters. Retrieved 9 July 2018.
  233. ^ a b Krasimirov, Angel (17 January 2018). "Bulgaria's government faces no-confidence vote over corruption". Reuters. Retrieved 9 July 2018.
  234. ^ 10 млрд. лв. годишно се харчат с обществени поръчки [10 bln. leva are spent on public procurement every year]. 24 Chasa (in Bulgarian). 21 February 2016. Retrieved 30 July 2018.
  235. ^ Stanchev, Ivaylo (29 December 2017). Рекорд при обществените поръчки: открити са търгове за почти 14 млрд. лв. [A record in public procurement: tenders worth nearly 14 billion lv unveiled] (in Bulgarian). Kapital Daily. Retrieved 16 July 2018.
  236. ^ Stefanov, Ruslan (2015). "The Bulgarian Public Procurement Market: Corruption Risks and Dynamics in the Construction Sector" (PDF). Government Favouritism in Europe: The Anticorruption Report 3 (3/2015): 35. doi:10.2307/j.ctvdf0g12.6. Retrieved 6 August 2018.
  237. ^ "Public procurement in Bulgaria" (PDF). European Commission. 2015. Retrieved 16 July 2018.
  238. ^ "Field listing: Labor force". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 15 December 2019.
  239. ^ "Field listing: Labor force by occupation". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 15 December 2019.
  240. ^ Bell, John D. "Bulgaria – Manufacturing". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018.
  241. ^ "Field listing: Industries". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 15 December 2019.
  242. ^ "Bulgaria: Selling off steel". Oxford Business Group. 31 August 2011. Retrieved 28 July 2018.
  243. ^ "Mining Industry Accounts for 5% of Bulgaria's GDP – Energy Minister". Novinite. 29 August 2015. Retrieved 20 July 2018.
  244. ^ a b "Bulgaria's ore exports rise 10% in H1 2011 – industry group". The Sofia Echo. 18 August 2011. Archived from the original on 16 March 2012. Retrieved 20 December 2011.
  245. ^ "Total Primary Coal Production (Thousand Short Tons)". U.S. Energy Information Administration. Retrieved 28 July 2018.
  246. ^ Resource Base.
  247. ^ "Trade In Goods of Bulgaria With Third Countries In the Period January – October 2019 (Preliminary Data)" (PDF). National Statistical Institute of Bulgaria. November 2019. pp. 7, 8. Retrieved 15 December 2019.
  248. ^ "Agricultural Policies in non-OECD countries: Monitoring and Evaluation" (PDF). OECD. 2007. Retrieved 28 July 2018.
  249. ^ "Bulgaria – Natural conditions, farming traditions and agricultural structures". Food and Agriculture Organization. Archived from the original on 28 March 2008. Retrieved 2 November 2011.
  250. ^ "Bulgaria – Economic Summary, UNData, United Nations". United Nations. Retrieved 20 December 2011.
  251. ^ "Experts: Bumper Year for Wheat Producers in Dobrich Region". Bulgarian Telegraph Agency. 4 August 2017. Retrieved 20 July 2018.
  252. ^ Bell, John D. "Bulgaria – Agriculture". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018.
  253. ^ Ivanova, Miglena (31 May 2017). "Bulgarian rose oil keeps its top place on world market". Bulgarian National Radio. Retrieved 20 July 2018.
  254. ^ "Bulgaria is Again the World's First Producer of Lavender Oil". Novinite. 30 November 2017. Retrieved 20 July 2018.
  255. ^ "Bulgaria tops lavender oil production, outpacing France". Fox News. 16 July 2014. Retrieved 12 September 2018.
  256. ^ "Europe (without the euro)". The Guardian. 20 April 2009. Retrieved 20 December 2011.
  257. ^ Bell, John D. "Bulgaria – Tourism". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018.
  258. ^ Посещения на чужденци в България по месеци и по страни [Arrivals of foreigners in 2017 by month and country of origin] (in Bulgarian). National Statistical Institute of Bulgaria. 15 February 2019. Retrieved 15 December 2019.
  259. ^ Markov, Alexander (3 October 2011). "100 Tourist Sites of Bulgaria". Bulgarian National Radio. Retrieved 15 December 2019.
  260. ^ NSI Brochure 2018, p. 19.
  261. ^ a b "EU Presidency Puts Lagging Bulgarian Science in the Spotlight". Novinite. 22 March 2018. Retrieved 14 July 2018.
  262. ^ "R&D Spending in Bulgaria Up in 2015, Mostly Driven by Businesses". Novinite. 31 October 2016. Retrieved 14 July 2018.
  263. ^ "The 2015 Bloomberg Innovation Index". Bloomberg. Retrieved 14 July 2018.
  264. ^ Shopov, V. (2007). "The impact of the European scientific area on the 'Brain leaking' problem in the Balkan countries". Nauka (1/2007).
  265. ^ St. Kliment Ohridski Base. SCAR Composite Antarctic Gazetteer
  266. ^ Ivanov, Lyubomir (2015). General Geography and History of Livingston Island. In: Bulgarian Antarctic Research: A Synthesis. Eds. C. Pimpirev and N. Chipev. Sofia: St. Kliment Ohridski University Press. pp. 17–28. ISBN 978-954-07-3939-7
  267. ^ Hope, Kerin (17 October 2016). "Bulgaria strives to become tech capital of the Balkans". The Financial Times. Retrieved 15 July 2018.
  268. ^ "Bulgaria's ICT Sector Turnover Trebled over Last Seven Years – Deputy Economy Minister". Bulgarian Telegraph Agency. 12 March 2018. Retrieved 15 July 2018.
  269. ^ McMullin, David (2 October 2003). "The Great Bulgarian BrainDrain". Delft Technical University. Retrieved 15 July 2018.
  270. ^ Zapryanov, Yoan (22 June 2018). Малката изчислителна армия на България [Bulgaria's small computing army] (in Bulgarian). Kapital Daily. Retrieved 15 July 2018.
  271. ^ "Digital Single Market: Europe announces eight sites to host world-class supercomputers". European Commission. 7 June 2019. Retrieved 15 August 2019.
  272. ^ a b c Burgess, Colin; Vis, Bert (2016). Interkosmos: The Eastern Bloc's Early Space Program. Springer. pp. 247–250. ISBN 978-3-319-24161-6.
  273. ^ "Cosmonauts Eager, Hopeful for Reboot of Bulgaria's Space Program". Novinite. 17 April 2011. Retrieved 15 July 2018.
  274. ^ Ivanova, Tanya (1998). "Six-month space greenhouse experiments—a step to creation of future biological life support systems". Acta Astronautica. 42 (1–8): 11–23. Bibcode:1998AcAau..42...11I. doi:10.1016/S0094-5765(98)00102-7. PMID 11541596.
  275. ^ a b Harland, David M.; Ulivi, Paolo (2009). Robotic Exploration of the Solar System: Part 2: Hiatus and Renewal, 1983–1996. Springer. p. 155. ISBN 978-0-387-78904-0.
  276. ^ Dimitrova, Milena (2008). Златните десятилетия на българската електроника [The Golden Decades of Bulgarian Electronics]. Trud. pp. 257–258. ISBN 9789545288456.
  277. ^ Badescu, Viorel; Zacny, Kris (2015). Inner Solar System: Prospective Energy and Material Resources. Springer. p. 276. ISBN 978-3-319-19568-1. Retrieved 28 July 2018.
  278. ^ Semkova, Jordanka; Dachev, Tsvetan (2015). "Radiation environment investigations during ExoMars missions to Mars – objectives, experiments and instrumentation". Comptes Rendus de l'Académie Bulgare des Sciences. 47 (25): 485–496. ISSN 1310-1331. Retrieved 6 August 2018.
  279. ^ "Radiation Dose Monitor Experiment (RADOM)". ISRO. Archived from the original on 19 January 2012. Retrieved 20 December 2011.
  280. ^ Dachev, Ts.; Dimitrov, Pl.; Tomov, B.; Matviichuk, Yu.; Spurny, F.; Ploc, O. (2011). "Liulin-type spectrometry-dosimetry instruments". Radiation Protection Dosimetry. 144 (1–4): 675–679. doi:10.1093/rpd/ncq506. ISSN 1742-3406. PMID 21177270.
  281. ^ "Bulgarian Camera Flies to the Moon". Darik News. 22 March 2019. Retrieved 30 March 2019.
  282. ^ "BulgariaSat-1 Mission". SpaceX. Archived from the original on 17 November 2019. Retrieved 15 July 2018.
  283. ^ a b c Library of Congress 2006, p. 14.
  284. ^ "Bulgaria: 2011 Telecommunication Market and Regulatory Developments" (PDF). European Commission. 2011. p. 2. Retrieved 19 March 2013.
  285. ^ "Bulgaria Opens Tender for Fourth Mobile Operator". Novinite. 3 October 2011. Retrieved 20 December 2011.
  286. ^ "Individuals regularly using the Internet (Every day or at least once a week)". National Statistical Institute of Bulgaria. 27 February 2021. Retrieved 27 February 2021.
  287. ^ "Households with Internet access at home". National Statistical Institute of Bulgaria. 27 February 2021. Retrieved 27 February 2021.
  288. ^ "Energy Hub". Oxford Business Group. 13 October 2008. Retrieved 28 July 2018.
  289. ^ NSI Brochure 2018, p. 47.
  290. ^ Krasimirov, Angel (7 June 2018). "Bulgaria must work to restart Belene nuclear project: parliament". Reuters. Retrieved 24 October 2018.
  291. ^ "Bulgaria – Power Generation". International Trade Administration. Retrieved 15 June 2018.
  292. ^ "Country comparison: Total road length". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 15 June 2018.
  293. ^ Влаковете Пловдив-Димитровград вече със 160 км/час [The trains from Plovdiv to Dimitrovgrad now with 160 km/h] (in Bulgarian). Dariknews. Retrieved 28 July 2018.
  294. ^ "Bulgaria to Turkey wiring underway". Railway Gazette International. Retrieved 11 May 2012.
  295. ^ "Trains in Bulgaria". EuRail. Retrieved 28 July 2018.
  296. ^ NSI Census data 2011, p. 3.
  297. ^ NSI Census data 2011, p. 4.
  298. ^ "Census results: population by residence, ethnic group and age". National Statistical Institute of Bulgaria. 2011. Archived from the original on 2 June 2012. Retrieved 20 July 2018.
  299. ^ НСИ: Преброяването от 2011 г. е сгрешено, нужно е ново [NSI: The 2011 census is incorrect, a new one needed] (in Bulgarian). Vesti. 25 March 2014. Retrieved 22 July 2018.
  300. ^ Dimitrova, Eliana (25 March 2014). Скандални твърдения за неточности в преброяването през 2011 г. [Scandalous claims of inaccuracies in the 2011 census] (in Bulgarian). Bulgarian National Television. Retrieved 22 July 2018.
  301. ^ "Bulgarians unfazed by anti-Roma hate speech from deputy prime minister". Deutsche Welle. 31 October 2017.
  302. ^ "Field listing: Ethnic Groups". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 15 December 2019.
  303. ^ "Population density (people per sq. km of land area)". The World Bank. 2018. Retrieved 12 September 2018.
  304. ^ "Population and Demographic Processes in 2018". Nsi.bg. Retrieved 19 May 2020.
  305. ^ Max Roser (2014), "Total Fertility Rate around the world over the last centuries", Our World In Data, Gapminder Foundation
  306. ^ "World Factbook EUROPE : BULGARIA", The World Factbook, 12 July 2018 This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  307. ^ "World Bank: The demographic crisis is Bulgaria's most serious problem". Klassa. 15 November 2012. Archived from the original on 7 May 2016. Retrieved 8 April 2013.
  308. ^ a b "Demographic crisis in Bulgaria deepening". Bulgarian National Radio. 12 March 2012. Archived from the original on 5 November 2013. Retrieved 8 April 2013.
  309. ^ a b "Will EU Entry Shrink Bulgaria's Population Even More?". Deutsche Welle. 26 December 2006. Retrieved 11 April 2016.
  310. ^ Roth, Klaus; Lauth Bacas, Jutta (2004). Migration In, From, and to Southeastern Europe. The British Library. p. 188. ISBN 978-3643108968.
  311. ^ "Eurostat – Tables, Graphs and Maps Interface (TGM) table". Eurostat. 17 October 2013. Archived from the original on 6 October 2014. Retrieved 25 February 2014.
  312. ^ "Country Comparison: Population growth rate". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 20 December 2011.
  313. ^ "Country Comparison: Birth rate". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 8 April 2013.
  314. ^ "Country Comparison: Death rate". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 8 April 2013.
  315. ^ Hope, Kerin (11 January 2018). "Bulgaria battles to stop its brain drain". The Financial Times. Retrieved 7 September 2018. But a sharp decline in the quality of state healthcare and high poverty rates—42% of the population are at risk of poverty in old age, according to Eurostat—gives Bulgaria the second-lowest life expectancy in the EU after Lithuania.
  316. ^ Country Health Profile, p. 1
  317. ^ Georgieva, Lidia; Salchev, Petko (2007). "Bulgaria Health system review" (PDF). Health Systems in Transition. 9 (1): xvi, 12. ISSN 1817-6127.
  318. ^ Country Health Profile, p. 7
  319. ^ Country Health Profile, pp. 8, 11, 12.
  320. ^ Guineva, Maria (7 January 2013). "The Bulgaria 2012 Review: Health and Healthcare". Novinite. Retrieved 21 February 2013.
  321. ^ Miller, Lee J (19 September 2018). "These Are the Economies With the Most (and Least) Efficient Health Care". Bloomberg. Retrieved 21 September 2018.
  322. ^ "Country Comparison: Life Expectancy". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 15 December 2019.
  323. ^ "Life expectancy at birth, total (years)". The World Bank. 2019. Retrieved 15 December 2019.
  324. ^ a b "Education in Bulgaria" (PDF). UNICEF. 2007. Archived from the original (PDF) on 4 March 2016. Retrieved 23 March 2013.
  325. ^ a b Library of Congress 2006, p. 6.
  326. ^ Dimitrov, Deyan (3 December 2019). "PISA 2018: Българските ученици покоряват ново дъно" [PISA 2018: Bulgarian pupils reach new lows]. Kapital Daily. Retrieved 15 December 2019.
  327. ^ "Field Listing: Literacy". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 15 December 2019.
  328. ^ "Structure of the Education System in Bulgaria". Ministry of Education, Youth and Science of Bulgaria. Archived from the original on 11 January 2012. Retrieved 4 December 2011.
  329. ^ "Bulgaria: University Ranking". Times Higher Education. Retrieved 28 July 2018.
  330. ^ "Study in Bulgaria". Times Higher Education. Retrieved 20 May 2018.
  331. ^ NSI Census data 2011, p. 5 In the 2011 census, the language question was optional and it was answered by 90.2% of those surveyed.
  332. ^ "The introduction of the definite article, which appears in the form of a suffix, and the almost total disappearance of the ancient declensions, for which the use of prepositions has been substituted, distinguish the Bulgarian from all the other members of the Slavonic family" (Bourchier, James (1911). "Bulgaria/Language" . Encyclopædia Britannica. 4 (11th ed.). pp. 784–785.).
  333. ^ a b The Global Gender Gap Report (PDF). World Economic Forum. 2018. pp. 10, 45, 46. ISBN 978-2-940631-00-1. Retrieved 26 February 2019.
  334. ^ "The best countries in Europe for women to work". Yahoo! Finance. Retrieved 10 March 2021.
  335. ^ "Girls and women under-represented in ICT". Eurostat. 25 April 2018. Retrieved 15 July 2018.
  336. ^ Hope, Kerin (9 March 2018). "Bulgaria builds on legacy of female engineering elite". The Financial Times. Retrieved 15 July 2018.
  337. ^ a b NSI Census data 2011, p. 5.
  338. ^ "Bulgaria's Muslims not deeply religious: study". Hürriyet Daily News. 9 December 2011. Retrieved 28 July 2018.
  339. ^ Kiminas, D. (2009). The Ecumenical Patriarchate. Wildside Press LLC. p. 15. ISBN 978-1-4344-5876-6. Retrieved 20 December 2011.
  340. ^ Carvalho, Joaquim (2007). Religion and power in Europe: conflict and convergence. Pisa University Press. p. 258. ISBN 978-88-8492-464-3.
  341. ^ "Bulgarian Orthodox Church". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018.
  342. ^ "The Bulgarian Constitution". Parliament of Bulgaria. Retrieved 20 December 2011.
  343. ^ a b c d e f g Bell, John D. "Bulgaria – The arts". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 July 2018. The early impetus of Bulgarian traditions in the arts was cut short by the Ottoman occupation in the 14th century, and many early masterpieces were destroyed. ... the foundations were laid for later artists such as Vladimir Dimitrov, an extremely gifted painter specializing in the rural scenes of his native country ... At the beginning of the 21st century, the best-known contemporary Bulgarian artist was Christo, an environmental sculptor known for wrapping famous structures
  344. ^ MacDermott 1998, pp. 64–70.
  345. ^ Creed, Gerald W. (2011). Masquerade and Postsocialism: Ritual and Cultural Dispossession in Bulgaria. Indiana University Press. p. 2. ISBN 978-0-253-22261-9.
  346. ^ "The Bulgarian Tradition of Martenitsa". Bulgarian National Television. 1 March 2018. Retrieved 28 July 2018.
  347. ^ MacDermott 1998, p. 226.
  348. ^ "Nestinarstvo, messages from the past: the Panagyr of Saints Constantine and Helena in the village of Bulgari". UNESCO. Retrieved 28 July 2018.
  349. ^ "Bulgaria – Profile". UNESCO World Heritage Centre. Retrieved 4 December 2011.
  350. ^ a b c d e Brisby, Liliana. "Bulgarian Literature". Encyclopædia Britannica. Retrieved 20 July 2018.
  351. ^ Giatzidis, Emil (2002). An Introduction to post-Communist Bulgaria: Political, Economic and Social Transformation. Manchester University Press. p. 11. ISBN 978-0-7190-6094-6. Thus, with its early emphasis on Christian Orthodox scholarship, Bulgaria became the first major centre of Slavic culture
  352. ^ Riha, Thomas (1964). Readings in Russian Civilization. University of Chicago Press. p. 214. ISBN 978-0719060946. And it was mainly from Bulgaria that a rich supply of literary monuments was transferred to Kiev and other centres.
  353. ^ McNeill, William Hardy (1963). The Rise of the West. University of Chicago Press. p. 49. ISBN 978-1112695315. Accordingly, when Bulgaria was converted to Christianity (after 865), bringing massive Slavic-speaking populations within the pale of Christendom, a new literary language, Old Church Slavonic, directly based upon Bulgarian speech, developed for their use.
  354. ^ Curta, Florin (2006). Southeastern Europe in the Middle Ages, 500–1250. Cambridge University Press. p. 221. ISBN 9780521815390.
  355. ^ "French-Bulgarian Theorist Tzvetan Todorov Wins Top Spanish Award". Novinite. 18 June 2008. Retrieved 20 December 2011.
  356. ^ Lorenz, Dagmar C.G. (17 April 2004). "Elias Canetti". The Literary Encyclopedia. Volume 1.4.1. ISSN 1747-678X. |volume= has extra text (help)
  357. ^ Grabar, André (1928). La Peinture Religieuse en Bulgarie [Religious Visual Arts in Bulgaria]. P. Geuthner. p. 95. ASIN B005ZI4OV8
  358. ^ Kremenliev, Boris A. (1952). Bulgarian-Macedonian Folk Music. University of California Press. p. 52. Bulgaria's scales are numerous, and it may be demonstrated that they are a fusion of Eastern and Western influences. ... first, Oriental scales; second, church modes: the osmoglasie ... third, the conventional scales of Western Europe. ... Among the scales which have come to the Balkans from Asia, the pentatonic is one of the most widely used in Bulgaria. Whether it came from China or Japan, as Dobri Hristov suggests
  359. ^ "32nd Grammy Awards Winners". Grammy Awards. Retrieved 28 July 2018.
  360. ^ Lang, David Marshall (1976). The Bulgarians: From Pagan Times to the Ottoman Conquest. Westview Press. p. 145. ISBN 978-0-89158-530-5. John Kukuzel, the eminent Bulgarian/born reformer of Byzantine music.
  361. ^ Tzvetkova, Elena (25 October 2011). "The 2011/2012 season of the National Opera and Ballet House". Bulgarian National Radio. Archived from the original on 23 June 2012. Retrieved 20 December 2011.
  362. ^ "Obituary: Ghena Dimitrova". The Telegraph. 13 June 2005. Retrieved 20 December 2011.
  363. ^ Forbes, Elizabeth (29 June 1993). "Obituary: Boris Christoff". The Independent. Retrieved 20 December 2011.
  364. ^ Forbes, Elizabeth (9 September 1996). "Obituary: Ljuba Welitsch". The Independent. Retrieved 4 October 2018.
  365. ^ Kozinn, Allan (29 June 1993). "Boris Christoff, Bass, Dies at 79; Esteemed for His Boris Godunov". The New York Times. Retrieved 20 December 2011.
  366. ^ Midgette, Anne (3 June 2004). "Nicolai Ghiaurov, Operatic Bass, Dies at 74". The New York Times. Retrieved 13 December 2013.
  367. ^ "Bulgaria profile – Media". BBC News. 13 July 2015. Retrieved 2 May 2014.
  368. ^ Library of Congress 2006, pp. 18, 23.
  369. ^ a b "Bulgaria". Reporters Without Borders. Retrieved 20 May 2018.
  370. ^ Greenslade, Roy (23 September 2014). "Why Bulgaria is the EU's lowest ranked country on press freedom index". The Guardian. Retrieved 20 May 2018.
  371. ^ a b Albala, Ken (2011). Food Cultures of the World Encyclopedia. ABC-CLIO. pp. 61, 62. ISBN 978-0-313-37626-9.
  372. ^ Bruce-Gardyne, Tom (7 February 2012). "Bulgaria Bounces Back". Novinite. Retrieved 7 February 2012.
  373. ^ "Bulgaria Ranks 22nd in World Wine Production". Novinite. 21 October 2016.
  374. ^ Mihaylov, Ivaylo (14 February 2017). "Bulgaria wine production 2016". SEE News.
  375. ^ "Wines of Bulgaria". ChicagoNow. Retrieved 30 July 2018.
  376. ^ "Archeological Find Proves Rakia Is Bulgarian Invention". Novinite. 10 October 2011. Retrieved 20 December 2011.
  377. ^ "Athens 1896". Bulgarian Olympic Committee. Archived from the original on 28 September 2011. Retrieved 4 December 2011.
  378. ^ "Bulgaria". International Olympic Committee. Retrieved 5 October 2018.
  379. ^ a b c d Bell, John D. "Bulgaria – Sport and recreation". Encyclopædia Britannica. Retrieved 22 July 2018. In international sports competition, Bulgarians have excelled in tennis, wrestling, boxing, and gymnastics, but the country's greatest repute may be in weight-lifting. ... Fans of football (soccer), the most popular sport in Bulgaria, were buoyed by the success of the national team in the 1994 World Cup, when it advanced to the semi-final match under the leadership of forward Hristo Stoichkov. The premier league in Bulgaria has 16 teams, of which four play in Sofia: CSKA, Levski, Slavia, and Lokomotiv.
  380. ^ "Highest high jump (female)". The Guinness World Records. Retrieved 22 July 2018.
  381. ^ Buddell, James (7 July 2014). "Dimitrov Breaks Into Top 10 of Emirates ATP Rankings". ATP World Tour. Retrieved 9 October 2018.
  382. ^ "Hristo Stoichkov". FC Barcelona. Retrieved 22 July 2018.
  383. ^ "Hristo Stoichkov – Bulgarian League Ambassador". Professional Football Against Hunger. Archived from the original on 6 November 2011. Retrieved 4 December 2011.
  384. ^ "Eternal+Derby" "Levski, CSKA Score Emphatic Wins Before "Eternal Derby"". Novinite. 1 April 2007. Retrieved 22 July 2018.
  385. ^ Ames, Nick (16 September 2014). "Plucky Ludogorets' rise to the Champions League group stage". ESPN. Retrieved 22 July 2018.
  386. ^ "Club Coefficients". UEFA. Retrieved 22 July 2018.

Bibliography

  • Население по области, общини, местоживеене и пол [Population by Province, Municipality, Address and Sex as of 31 December 2017] (in Bulgarian). National Statistical Institute of Bulgaria. 2017. Retrieved 22 July 2018.
  • Преброяване 2011 (окончателни данни) [Final Results of the 2011 census] (PDF) (in Bulgarian). National Statistical Institute of Bulgaria. 2011. Archived from the original (PDF) on 22 December 2018. Retrieved 22 July 2018.
  • "Bulgaria 2018" (PDF) (in Bulgarian and English). National Statistical Institute of Bulgaria. 2018. Retrieved 23 July 2018.
  • Country Profile: Bulgaria (PDF). Library of Congress Country Studies. Library of Congress. 2006. Retrieved 1 April 2016.
  • "State of Health in the EU. Country Health Profile: Bulgaria 2017" (PDF). European Commission. Retrieved 20 May 2018.
  • Bell, John (1998). Bulgaria in Transition: Politics, Economics, Society, and Culture after Communism. Westview Press. ISBN 978-0-8133-9010-9.
  • Chen, Sanping (2012). Multicultural China in the Early Middle Ages. University of Pennsylvania Press. ISBN 978-0812243703.CS1 maint: ref duplicates default (link)
  • Crampton, R. J. (1987). A Short History of Modern Bulgaria. Cambridge University Press. ISBN 978-0521253406.CS1 maint: ref duplicates default (link)
  • Crampton, R. J. (2005). A Concise History of Bulgaria. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-61637-9.CS1 maint: ref duplicates default (link)
  • Crampton, R. J. (2007). Bulgaria. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-954158-4.CS1 maint: ref duplicates default (link)
  • Curtis, Glenn E.; Mitova, Pamela; Marsteller, William; Soper, Karl Wheeler (1992). Country Study: Bulgaria. Library of Congress Country Studies. Library of Congress. Retrieved 6 August 2018.
    • "Historical Setting". Chapter 1. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "The First Golden Age". Chapter 1. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 13 October 2012.
    • "The Final Move to Independence". The Bulgarian Independence Movement. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "San Stefano, Berlin, and Independence". The Bulgarian Independence Movement. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Bulgaria in World War II: The Passive Alliance". World War II. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Wartime Crisis". World War II. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "The Soviet Occupation". World War II. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 27 July 2018.
    • "After Stalin". Communist Consolidation. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 24 April 2012.
    • "Domestic Policy and Its Results". Communist Consolidation. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Foreign Affairs in the 1960s and 1970s". The Zhivkov Era. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "The Political Atmosphere in the 1970s". The Zhivkov Era. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Bulgaria in the 1980s". The Zhivkov Era. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 27 July 2018.
    • "Topography". The Society and its Environment. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Climate". The Society and its Environment. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "The Economy". Chapter 3. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Resource Base". The Economy. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Government and Politics". Chapter 4. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Arms Sales". National Security. Archived from the original on 20 September 2008. Retrieved 4 December 2011.
    • "Military Personnel". National Security. Archived from the original on 21 September 2008. Retrieved 20 December 2011.
  • Ghodsee, Kristen R. (2011). Lost in Transition: Ethnographies of Everyday Life After Communism. Duke University Press. ISBN 978-0822351023.
  • Ghodsee, Kristen R. (2009). Muslim Lives in Eastern Europe: Gender, Ethnicity and the Transformation of Islam in Postsocialist Bulgaria. Princeton University Press. ASIN B015X41JMA.
  • Ghodsee, Kristen R. (2005). The Red Riviera: Gender, Tourism and Postsocialism on the Black Sea. Duke University Press. ISBN 978-0822336624.
  • Golden, Peter Benjamin (1992). An Introduction to the History of the Turkic Peoples: Ethnogenesis and State Formation in Medieval and Early Modern Eurasia and the Middle East. Otto Harrassowitz. ISBN 978-3447032742.CS1 maint: ref duplicates default (link)
  • Grogan, Elinor F. B. (1922). "Bulgaria" . In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica (12th ed.). London & New York: The Encyclopædia Britannica Company.
  • MacDermott, Mercia (1998). Bulgarian Folk Customs. Jessica Kingsley Publishers. pp. 19, 64–70, 226. ISBN 978-1853024863.CS1 maint: ref duplicates default (link)
  • Roisman, Joseph; Worthington, Ian (2011). A Companion to Ancient Macedonia. John Wiley and Sons. ISBN 978-14-4435-163-7.

External links

  • Bulgaria at Curlie
  • Bulgaria at UCB Libraries GovPubs.
  • Wikimedia Atlas of Bulgaria
  • Geographic data related to Bulgaria at OpenStreetMap
  • Bulgaria Profile from Balkan Insight
  • President of The Republic of Bulgaria