Page semi-protected

ヨーロッパ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

ヨーロッパ
Europe orthographic Caucasus Urals boundary (with borders).svg
Europe orthographic Caucasus Urals boundary.svg
範囲10,180,000 km 2(3,930,000 sq mi)[1]  (6日[a]
人口746,419,440(2018; 3位[2] [3]
人口密度72.9 / km 2(188 / sq mi)(2番目)
GDP  (PPP30.37兆ドル(2021年推定; 2位)[4]
GDP  (名目)23.05兆ドル(2021年推定; 3位[5]
一人当たりGDP31,020ドル(2021年推定; 3位[c] [6]
HDIIncrease0.845 [7]
宗教
住民の呼称ヨーロッパ人
認識が限られている50の主権国家
6
依存関係6つの依存関係
言語最も一般的な第一言語
時間帯UTC-1からUTC + 5
最大の都市最大の都市部
  • モスクワ
  • イスタンブール[b]
  • パリ
  • ロンドン
  • マドリッド
  • セントピーターズバーグ
  • ミラノ
  • バルセロナ
  • ベルリン
  • ローマ[9]
  • a。^ 数字には、大陸横断国のヨーロッパの部分のみが含まれています。[n]
  • b。^ イスタンブールは、ヨーロッパとアジアの両方にまたがる大陸横断都市です。
  • c。^ 国際通貨基金によって定義された「ヨーロッパ」。

ヨーロッパはある大陸に完全に位置北半球と、大部分で東半球。それはの西端の半島と、大陸大陸ユーラシアを[10]とに囲まれている北極海の北に、大西洋西に、地中海を南へ、そしてアジアの東に。ヨーロッパは一般に、ウラル山脈ウラル川カスピ海流域によってアジアから隔てられていると考えられています。大コーカサス黒海、およびトルコ海峡の水路[11]この国境の多くは陸地にありますが、ヨーロッパはその大きな物理的サイズとその歴史と伝統の重みのために、一般的に完全な大陸の地位を与えられています。

ヨーロッパは約10,180,000km 2(3,930,000 sq mi)、つまり地球の表面の2%(陸地の6.8%)をカバーしており、2番目に小さい大陸になっています(7大陸モデルを使用)。政治的には、ヨーロッパは約50の主権国家に分割されおり、そのうちロシア最大かつ最も人口が多く、大陸の39%にまたがり、人口の15%を占めています。ヨーロッパは持っていた総人口百万746程度(の約10%の世界人口を2018に)[2] [3]ヨーロッパの気候アジアと北アメリカの気候が厳しい緯度でさえ、大陸の多くで冬と夏を和らげる暖かい大西洋海流の影響を大きく受けます。海から離れると、海岸に近いよりも季節の違いが目立ちます。

ヨーロッパ文化は西洋文明のルーツであり、その血統は古代ギリシャ古代ローマにまでさかのぼります。[12] [13]西ローマ帝国の秋476 ADで、その後の移行期間は、ヨーロッパの末マーク古代史との始まり中世をルネサンスのヒューマニズム探検芸術科学現代につながった。大航海時代以来、ポルトガルスペインによって始まりまし、ヨーロッパは世界情勢において支配的な役割を果たしました。 16世紀から20世紀の間に、ヨーロッパの勢力はさまざまな時期に南北アメリカアフリカオセアニアのほぼすべて、そしてアジアの大部分に植民地化しました

啓蒙時代、その後のフランス革命ナポレオン戦争は19世紀の前半まで、17世紀の終わりから、政治的にも経済的、文化的に大陸を形。産業革命に始まった、英国18世紀の終わりには、中にラジカル、経済、文化、社会の変化を引き起こした西ヨーロッパ、最終的にはより広い世界。両方の世界大戦は大部分がヨーロッパで起こり、ソビエト連邦米国としての20世紀半ばまでに世界情勢における西ヨーロッパの支配力の低下に貢献しました。目立つようになりました。[14]中は冷戦、ヨーロッパを沿って分割された鉄のカーテンの間NATO西とでワルシャワ条約機構まで、東にある東欧革命ベルリンの壁崩壊

1949年、欧州評議会は共通の目標を達成し、将来の戦争を防ぐためにヨーロッパを統一するという考えで設立されました。いくつかの州によるさらなるヨーロッパ統合は、連合連邦の間にある別個の政治的実体である欧州連合(EU)の形成につながりました[15] EUは西ヨーロッパで始まりましたが、1991年のソビエト連邦の崩壊以来、東に拡大しています。欧州連合のほとんどの国の通貨であるユーロは、ヨーロッパ人の間で最も一般的に使用されています。とEUのシェンゲン圏ほとんどの加盟国と一部の非加盟国との間の国境および入国管理を廃止します。欧州連合が大陸の大部分を網羅する単一の連邦に進化することを支持する政治運動が存在します。

名前

で、ヨーロッパを代表する像パラッツォFerreriaで、バレッタマルタ
アナクシマンドロスによる世界の最初の地図(紀元前6世紀)

古典ギリシャ神話ではヨーロッパ古代ギリシャ語ΕὐρώπηEurṓpē)はフェニキアの王女でした。一つのビューはから彼女の名前を導出していることである古代ギリシャの要素εὐρύς(ユーラス「ワイド、幅広い」)、およびὤψ(OPS、GEN。ὠπός、OPOS)「目、顔、表情は」、それ故にこれらの複合ヨーロッパは「ワイドを意味します凝視」または「アスペクトの広さ」。[16] [17] [18] [19] ブロード、再建されたインド・ヨーロッパ祖語の宗教において、地球自身の形容詞でした。そしてそれに捧げられた詩。[16]代替ビューでのことであるロバート・Beekes古代ギリシャ語から派生することを説明し、名前のために事前インドヨーロッパ起源を支持して主張している、ユーラスがヨーロッパとは異なる地名をもたらすであろう。 Beekesは、このようなのような古代ギリシャや地域の領土でヨーロッパのそれに関連するtoponyms位置していEuropos古代マケドニアを[20]

接続するための試みがなされてきたヨーロッパを、このビーイングいずれかの「西」のセム語にアッカド erebuを意味する「ダウンする、セット」(日曜の言った)やフェニキア 「ereb『夕方、西』、[21]でありますアラビア語マグレブとヘブライ語ma'aravの起源でマイケルA.バリーは、単語の言及見つけErebをアッシリアの 石碑に反対して、「夕焼け夜、[国]」の意味と明日「の日の出[国]」、すなわちアジア。 「地図作成規則」に従った同じ命名動機ギリシャ語Ἀνατολή( Anatolḗ「[太陽]上昇」、「東」、したがってアナトリア)。[22] マーチン・リッチフィールド・ウェストは、「音韻論的に、ヨーロッパの名前とセム語のあらゆる形式との一致は非常に悪い」と述べたが[23]、ビークスはセム語とのつながりはありそうもないと考えている。[20]次は、これらの仮説にも存在するプロトインド・ヨーロッパルート* H 1 REGOSもギリシャ製「闇」を意味、エレバスを[要出典]

ほとんどの主要な世界言語は、大陸を指すためにEurṓpēまたはEuropaから派生した単語を使用します。中国語は、例えば、ワード使用Ōuzhōu音訳名の略称である(歐洲/欧洲)、Ōuluóbā周(歐羅巴洲)(手段「大陸を」);同様の中国由来の用語奥州市は欧州も、時々 、欧州連合(EU)、日本の名前のように、日本で使用されている奥州連合欧州連合にもかかわらず、カタカナ Yōroppa ヨーロッパより一般的に使用されています。一部のチュルク語では、元々はペルシア語の名前でしたフランギスタン(「フランクの」)は、アヴルパエヴロパなどの正式な名前に加えて、ヨーロッパの多くを指すのに何気なく使用されています。[24]

定義

現代の定義

最も一般的に使用される大陸の境界の1つを示すヨーロッパのクリック可能な地図[25]
キー: ヨーロッパとアジアの境界にまたがる州:地理的にヨーロッパにはないが、大陸と密接に関連している国

地理的な用語としてのヨーロッパの一般的な定義は、19世紀半ばから使用されています。ヨーロッパは、北、西、南に大きな水域に囲まれていると考えられています。ヨーロッパの東と北東の限界は、通常、ウラル山脈ウラル川カスピ海であると見なされています。南東には、コーカサス山脈黒海、そして黒海と地中海を結ぶ水路があります。[26]

1472年にギュンターツァイナーによって印刷された中世のTおよびOマップ。ノアの息子の領域として、アジアからセム(セム)、ヨーロッパからイアフェス(ヤペテ)、アフリカからチャム(ハムの3つの大陸を示しています。

島々は一般に最も近い大陸の陸地とグループ化されているため、アイスランドはヨーロッパの一部と見なされ、近くのグリーンランドは通常、政治的にデンマークに属していますが北アメリカ割り当てられています。それにもかかわらず、社会政治的および文化的な違いに基づくいくつかの例外があります。キプロスアナトリア(または小アジア)最も近いですが、政治的にはヨーロッパの一部と見なされており、EUの加盟国です。マルタ何世紀にもわたって北西アフリカの島と見なされていましたが、今ではヨーロッパの一部と見なされています。[27]特に使用される「ヨーロッパ」イギリス英語は、大陸ヨーロッパのみを指す場合もあります[28]

「大陸」という用語は通常、その境界で水に完全にまたはほぼ完全に囲まれた大きな陸塊の物理的な地理意味します。しかし、国境の欧州・アジアの一部は、その部分ウラルとコーカサス山脈の遵守ではなく、地図製作者によって提案され、部分的に参加しました水路の一連のある程度任意と、この定義と矛盾しているハーマン・モールこれらの水の分裂は、Aと拡張1715に地中海に流れ込むトルコ海峡から北極海に流れ込むオブ川の上流まで、(前述の山脈と比較して)比較的小さな中断はほとんどありません。。山脈を含む現在の条約が採択される前は、ヨーロッパとアジアの国境は、古典古代での最初の構想以来、何度か再定義されていましたが、常に、山脈を含まない、地中海から東と北の未知の距離。

現在のユーラシア大陸の2つの大陸への分割は、鋭い分割線ではなく、スペクトルによって異なる東西の文化的、言語的、民族的な違いを反映しています。ヨーロッパとアジアの間の地理的な境界は、州の境界をたどらず、現在は少数の水域のみをたどっています。トルコは一般に大陸横断国と見なされており、完全に水で分割されていますが、ロシアカザフスタンは部分的に水路で分割されています。フランスオランダポルトガルスペインイギリスまた、大陸横断(または、海や大海が関係する場合は大陸間)であり、主要な陸地はヨーロッパにあり、領土のポケットは、大きな水域によってヨーロッパから隔てられた他の大陸にあります。たとえばスペインには、地中海の南に領土があります。つまりアフリカの一部であり、モロッコと国境を接しているセウタメリリャです。現在の条約によると、ジョージアアゼルバイジャンは大陸横断国であり、大陸間の境界として水路が完全に山に置き換えられています。

コンセプトの歴史

初期の歴史

1582年ヨーロッパレジーナ(「クイーンヨーロッパ」)の描写

地理的用語としてEurṓpēの最初の記録された使用法は、エーゲ海の西岸に関連してホメリック賛美歌からデリアンアポロにあります既知の世界の一部の名前として、紀元前6世紀にアナクシマンドロスヘカテウスによって最初に使用されましたアナクシマンドロスは、コーカサスのファシス川(ジョージアの領土にある現代のリオニ川)沿ってアジアとヨーロッパの境界を設定しました。これは、紀元前5世紀にヘロドトス続いた大会です。[29]ヘロドトスは、世界が未知の人々によってヨーロッパ、アジア、リビア(アフリカ)の3つの部分に分割され、ナイル川とファシスが境界を形成していると述べましたが、ファシスではなくドン川を考慮した人もいると述べています。 、ヨーロッパとアジアの境界として。[30]ヨーロッパの東のフロンティアは、1世紀にドン川の地理学者ストラボンによって定義されました[31]ヨベル書は、によって与えられる土地として大陸に記載ノア彼の3人の息子に。ヨーロッパはからストレッチと定義したヘラクレスの柱ジブラルタル海峡からそれを分離し、北西アフリカ、ドンへ、それをアジアから分離します。[32]

慣例により受信中世と現代の用法に生き残っはのことであるローマ時代のようなローマ時代の著者が使用ポセイドニオス[33] ストラボン[34]プトレマイオス[35] Tanais(現代のドン川を)取りました境界として。

「ヨーロッパ」という用語は、9世紀のカロリング朝ルネサンスの文化圏で最初に使用されました。その時から、この用語は、東方正教会イスラム世界の両方とは対照的に西方教会の勢力圏を指定しました

ラテンクリストンドムの土地としてのヨーロッパの文化的定義は8世紀に合体し、ドイツの伝統とキリスト教ラテン文化の合流によって作成された新しい文化的コンドミニアムを意味し、ビザンチウムイスラムは対照的に定義され、イベリア北部に限定されています。イギリス諸島、フランス、キリスト教化された西ドイツ、高山地域、北イタリアと中央イタリア。[36]この概念は、カロリング朝ルネサンスの永続的な遺産の1つですヨーロッパは、シャルルマーニュの法廷学者の手紙にある数字をしばしば[疑わしい ]アルクィン[37]

現代の定義

Hermann Mollによる最新の観測(1721)によると、ヨーロッパの新しい地図は、南西に流れるドン川と北に流れるトボル川、イルティシュ川、オビ川に沿ってヨーロッパの東の境界線を描きます。
1916年のヨーロッパの政治地図で、モールの水路のほとんどがフォンシュトラレンベルクのウラル山脈とフレッシュフィールドのコーカサスクレストに置き換わっています。これは通常、亜大陸を定義するタイプの土地の特徴です。

ヨーロッパの正確な東の境界を定義する問題は、マスコビーの東の延長が北アジアを含み始めたので、近世に起こります。中世から18世紀にかけて、ユーラシア大陸のヨーロッパとアジアの2つの大陸への伝統的な分割は、プトレマイオスに続き、境界はトルコ海峡黒海ケルチ海峡アゾフ海ドン(古代Tanais)。しかし、16世紀から18世紀に作成された地図は、カラチナドヌのドンベンドを越えて境界を継続する方法が異なる傾向がありました。(ヴォルガ川に最も近く、現在はヴォルガ・ドン運河によって合流している)、古代の地理学者によって詳細に説明されていない領域に。 1715年頃、ハーマン・モールは、北部示すマップ生成オビ川およびイルティシュ川トルコの海峡からヨーロッパとアジアの間の境界を取って、部分的に接合された水路の一連の構成要素として、元の主要な支流をし、ドン川から北極海まで。 1721年に、彼は読みやすい最新の地図を作成しました。しかし、境界線として主要な河川をほぼ独占的に使用するという彼の考えは、他の地理学者によって取り上げられることはありませんでした。

4年後の1725年、フィリップ・ヨハン・フォン・シュトラレンベルクは、適切な水路がないと見なされた場合はいつでも、山脈を大陸間の境界として含めることができると提案し、古典的なドンの境界から最初に出発しました。彼は一緒に新しい行描いたヴォルガまでヴォルガ北部以下、サマラベンドに沿って、Obshchy Syrt分水界ヴォルガとの間ウラルその後、北に沿って)とウラル山脈[38]これはロシア帝国によって承認され、最終的には一般的に受け入れられるようになる条約を導入しましたが、大陸間の境界としてウラル山脈でほとんど妥当性を認めなかったハルフォード・マッキンダーのような多くの現代の分析地理学者による批判がないわけではありません[39]

マップメーカーは、19世紀に至るまで、ドン下部とサマラの境界で違いを続けていました。1745のアトラスによって公開ロシア科学アカデミーは、これまでのように、境界のフォロー・カラチを超えドンを持ってSerafimovichに向けた北の切断前のアルハンゲリスクをのような19世紀のマップメーカーに他の18th-ながら、ジョン・キャリーがStrahlenbergの処方を行いました。南側では、1773年頃、ドイツの博物学者ペーター・サイモン・パラスによって、かつて黒海とカスピ海をつなぐ谷としてクマ・マヌィク陥没が確認されました[40] [41]。 その後、大陸間の自然な境界として提案されました。

19世紀半ばまでに、3つの主要な大会がありました。1つはドン、ヴォルガドン運河ヴォルガに続き、もう1つはカスピ海、次にウラル川へのクママヌィク陥没に続き、3つ目はドンを放棄しました。全体として、カスピ海への大コーカサス流域続いて。この質問は、1860年代の地理文学では依然として「論争」として扱われ、ダグラスフレッシュフィールドは、さまざまな「現代の地理学者」からの支持を引用して、コーカサスの頂上の境界を「可能な限り最良」と主張しました。[42]

、ロシアソ連、クマ=マヌィチ窪地に沿った境界は、最も一般的に早い1906などとして使用された[43] 1958年、ソ連地理学会が正式にヨーロッパとアジアの間の境界がから教科書に描かれることをお勧めしますBaydaratskayaベイ、上のカラ海、ウラル山脈の東の麓に沿って、次のウラル川までMugodzharヒルズ、その後、エンバ川を。そしてクマ・マヌィク鬱病[44]により、コーカサスは完全にアジアに、ウラルは完全にヨーロッパに配置されました。[45]しかし、ソビエト連邦のほとんどの地理学者はコーカサスの頂上に沿った境界を支持し[46]、これは20世紀後半に一般的な慣習になりましたが、クマ-マニチ境界は20世紀の地図で引き続き使用されていました。

ユーラシアのアジアとヨーロッパへの分離は、ヨーロッパ中心主義の残骸であると考える人もいます。「物理的、文化的、歴史的多様性において、中国インドは、単一のヨーロッパの国ではなく、ヨーロッパの陸地全体に匹敵します。[...]」[47]

歴史

先史時代

以下からの旧石器時代の洞窟壁画ラスコーフランス(C 15,000 BC)
ストーンヘンジイギリス(3000〜紀元前2000年に後期新石器時代)。

ホモ・エレクトスのgeorgicusでおよそ180万年前に住んでいた、ジョージア州は、最も早いhomininヨーロッパで発見されたのは。 [48] スペインのアタプエルカでおよそ100万年前にさかのぼる他のヒト族の遺体が発見され [49]ネアンデルタール人ドイツネアンデルタール人の谷にちなんで名付けられた)は15万年前にヨーロッパに現れ(115、000年前に現在のポーランドの領土ですでに発見されている[50])、約28、000年前に化石記録から姿を消した、彼らの最後の避難所は現在のポルトガルです 。ネアンデルタール人は、約43、000〜40、000年前にヨーロッパに現れた現代人(クロマニョン)に取って代わられました[51] 48,000年前の日付ヨーロッパで最古のサイトがあるRiparo餅(イタリア)、Geissenklösterle(ドイツ)、およびIsturitz(フランス)[52] [53]

ヨーロッパの新石器時代の期間でマークされた作物の栽培や家畜の飼育、集落の数の増加や陶器-始めた周り7000 BCEの普及により、ギリシャバルカン諸国、おそらくで、以前の農業慣行の影響を受け、アナトリア近東[54]バルカン半島からドナウ川ラインの谷​​に沿って線帯文土器文化)、地中海沿岸に沿ってカルディウム文化広がった。)。紀元前4500年から3000年の間に、これらの中央ヨーロッパの新石器時代の文化はさらに西と北に発展し、銅の遺物を生産するために新たに習得したスキルを伝えました。西ヨーロッパでは、新石器時代は大規模な農業集落ではなく、土手道付き囲い古墳巨石墓などの野外記念碑が特徴でした[55]ザ・コード付きウェア文化的地平線は、新石器時代への移行時栄え銅器時代。この期間中、マルタの巨石神殿ストーンヘンジなどの巨大な巨石記念碑、西ヨーロッパと南ヨーロッパ全体に建設されました。[56] [57]

ヨーロッパの青銅器時代には、 Cを開始しました。ギリシャで3200 BCEミノア文明クレタ島、ヨーロッパで最初の高度な文明。[58]ミノア文明の後にミケーネ文明が続き、ミケーネ文明は紀元前1200年頃に突然崩壊し、ヨーロッパの鉄器時代を先導した[59]ギリシャ人フェニキア人による鉄器時代の植民地化は、初期の地中海の都市を生み出した鉄器時代初期のイタリアギリシャ紀元前8世紀頃から、歴史的な古典古代が徐々に生まれました。その始まりは、最初のオリンピックの年である紀元前776年にまでさかのぼることがあります。[60]

古典古代

パルテノンアテネ(432 BCE)

古代ギリシャは西洋文明の創設文化でした。西洋の民主的合理主義的な文化は、しばしば古代ギリシャに起因します。[61]ギリシャの都市国家であるポリスは、古典ギリシアの基本的な政治単位でした。[61]紀元前508年、クレイステネスアテネに世界初の民主的な政府システムを設立した[62]ギリシャの政治的理想は、18世紀後半にヨーロッパの哲学者と理想主義者によって再発見された。ギリシャはまた、哲学ヒューマニズム合理主義など多くの文化的貢献を生み出しました。アリストテレスソクラテスプラトンの下で;歴史ヘロドトストゥキュディデスホメロスの叙事詩から始まる、劇的で物語的な詩で; [63]ソポクレスエウリピデスのドラマヒポクラテスガレンの医学;ピタゴラスユークリッドアルキメデスの科学[64] [65] [66]紀元前5世紀の間に、ギリシャの都市国家のいくつかは最終的には、世界史の極めて重要な瞬間と見なされている、ペルシア戦争を通じたヨーロッパでのアケメネス朝のペルシャの進歩を確認します[67]。その後の50年間の平和は、古代ギリシャの精力的な時代であるアテネの黄金時代として知られています。西洋文明の基礎の多くを築きました。

西暦前500年、ローマイタリア半島の小さな都市国家でした。

ギリシャに続いてローマがあり、ローマ法律政治言語工学建築政府、そして西洋文明におけるより多くの重要な側面にその痕跡を残しました[61] 紀元前200年までに、ローマはイタリアを征服し、その後2世紀にわたって、ギリシャヒスパニアスペインポルトガル)、北アフリカの海岸、中東の大部分ガリアフランスベルギー)を征服しました。)、およびブリタニアイングランドおよびウェールズ)。

紀元前3世紀に始まったイタリア中部の拠点から拡大し、ローマ人は徐々に拡大し、最終的には千年紀の変わり目に地中海沿岸全体と西ヨーロッパを支配しました。ローマ共和国はとき、27 BCEに終わったアウグストゥスが宣言したローマ帝国を。その後の2世紀は、ヨーロッパのほとんどで前例のない平和、繁栄、政治的安定の時代であるpaxromanaとして知られています。[68]帝国は、アントニヌス・ピウスマルクス・アウレリウスなどの皇帝の下で拡大を続け、彼らは帝国の北の国境でゲルマン人ピクト人スコットランドの部族。[69] [70] キリスト教、3世紀にわたる帝国の迫害の後、西暦313年にコンスタンティヌス1世によって合法化さ。コンスタンティノープルはまた、帝国の首都をローマからビザンチウムの街に恒久的に移しました。ビザンチウムは西暦330年に彼の名誉(現代のイスタンブール)にちなんでコンスタンティノープルと改名されました。キリスト教は西暦380年に帝国の唯一の国教とな​​り、西暦391年から392年にかけて、テオドシウス皇帝は異教の宗教を非合法化しました。[71]これは古代の終わりを示すと考えられることがあります。あるいは、古代はで終わると考えられています西ローマ帝国が西ローマ帝国の476年に崩壊西暦529年に異教のアテネプラトニックアカデミーが閉鎖されました。[72]または西暦7世紀初頭のイスラム教の台頭。

中世初期

ヨーロッパc。650
814年のシャルルマーニュ帝国     フランシア     支流

ローマ帝国衰退の間に、ヨーロッパは歴史家が「移民の時代」と呼ぶものから生じる長い変化の期間に入りましたゴート族西ゴート族ゴート族ヴァンダル人フン族フランクアングルサクソン族スラブ族アバール族ブルガールそして後にバイキング族ペチェネグ族クマン族マジャール族の間で多くの侵略と移住がありました[68] ルネサンスペトラルカなどの思想家は、後にこれを「暗黒時代」と呼ぶでしょう。[73]

孤立した出家コミュニティは、以前に蓄積された書面による知識を保護および編集する唯一の場所でした。これを除けば、書かれた記録はほとんど残っておらず、古典派時代の多くの文学、哲学、数学、その他の思想は、東ローマ帝国の東に保存されていたものの、西ヨーロッパから姿を消しました。[74]

西部のローマ帝国は衰退し続けましたが、ローマの伝統とローマ国家はビザンチン帝国としても知られる、主にギリシャ語を話す東ローマ帝国で強いままでした。その存在のほとんどの間、ビザンチン帝国はヨーロッパで最も強力な経済的、文化的、そして軍事力でした。皇帝ユスティニアヌス私は、コンスタンティノープルの最初の黄金時代を主宰:彼は、確立された法的なコードの建設資金を提供し、多くの近代的な法体系の基礎を形成アヤソフィアを、状態制御の下で、キリスト教の教会をもたらしました。[75]

7世紀以降、ビザンチンと隣接するサーサーン朝のペルシャ人が、長引く、何世紀にもわたる、頻繁なビザンチン-ササニアン戦争のためにひどく弱体化したため、イスラム教徒のアラブ人は、レバントと北アフリカを奪い、歴史的にローマの領土に侵入し始めました。小アジアに侵入する。西暦7世紀半ば、イスラム教徒によるペルシャの征服に続いて、イスラム教コーカサス地方に浸透しました[76]次の世紀にわたって、イスラム教徒の軍隊はキプロスマルタクレタ島シチリア島および南イタリアの一部を占領した[77]711年から720年の間に、西ゴート王国イベリア王国ほとんどの土地がイスラム教徒の支配下に置かれました。北西部の小さな地域(アストゥリアス)とピレネー山脈の主にバスク地方を除いて。この領土は、アラビア語の名前Al-Andalusで、拡大するウマイヤ朝の一部になりましコンスタンティノープル包囲戦(717)失敗したことで、ウマイヤ朝は弱体化し、名声が低下しました。その後、ウマイヤ朝はポワティエ戦いでフランクの指導者チャールズ・マーテルに敗れた。732年に、北への前進は終わりました。イベリア北西部とピレネー中部の遠隔地では、南部のイスラム教徒の力はほとんど感じられませんでした。アストゥリアスレオンガリシアのキリスト教王国の基礎が築かれ、そこからイベリア半島の再征服が始まるのはここでした。しかし、ムーア人を追い出すための協調的な試みは行われません。キリスト教の王国は、主に彼ら自身の内部の権力闘争に焦点を合わせていました。その結果、レコンキスタ 800年の大部分を占め、その期間中、アルフォンソス、サンチョス、オルドニョス、ラミロス、フェルナンドス、バミューダの長いリストが、イスラム教徒の侵略者と同じくらいキリスト教のライバルと戦っていました。

843年のヴェルダン条約でのバイキングの襲撃とフランク帝国の分裂

暗黒時代、西ローマ帝国はさまざまな部族の支配下に置かれました。ゲルマン族とスラブ族は、それぞれ西ヨーロッパと東ヨーロッパにドメインを確立しました。[78]最終的に、フランク族はクロヴィス1世の下で団結した[79] 西ヨーロッパの大部分を征服しカロリング朝のフランク王であるシャルルマーニュは、800年に教皇によって神聖ローマ皇帝に油を注がれた。これは962年に神聖ローマ帝国の創設につながり、最終的には中心となった。中央ヨーロッパのドイツの公国で。[80]

東部中央ヨーロッパでは、最初のスラブ国家の創設とキリスト教の採用(西暦1000年頃)が見られました。強力な西スラブグレートモラビア州は、その領土を南にバルカン半島まで広げ、スヴァトプルク1世の下で最大の領土範囲に達し、フランク王国との一連の武力紛争を引き起こしました。さらに南に行くと、最初の南スラブ国家が7世紀後半から8世紀に出現し、キリスト教を採用しました。第一次ブルガリア帝国セルビア公国(後の王国帝国)、そしてクロアチア公爵夫人(後のクロアチア王国)。東部では、キエフ大公国はキエフの首都から拡大し、10世紀までにヨーロッパ最大の州になりました。988年、ウラジーミル大王は国教として正教会を採用しました[81] [82]さらに東では、ヴォルガ・ブルガリアは10世紀にイスラム国家になりましたが、数世紀後に最終的にロシアに吸収されました。[83]

中世後期および中年

中世イタリア海事共和国、ヨーロッパ、アジア、アフリカ間の連絡を再確立し、地中海全体に広範な貿易ネットワークと植民地を築き、十字軍で重要な役割を果たしました[84] [85]

1000年と1250年の間の期間として知られている中世盛期に続いて、中世後期Cまで。1500。

中世中期にヨーロッパの人口は大幅に増加し、12世紀のルネサンス期に至りました。経済成長は、本土の交易路の安全性の欠如とともに、地中海バルト海の海岸に沿った主要な商業ルートの開発を可能にしました。いくつかの沿岸都市によって獲得された富と独立の増大は、海事共和国にヨーロッパのシーンで主導的な役割を与えました

本土の中世は、社会構造の2つの上位層である貴族と聖職者によって支配されていました。封建制中世初期フランス発展し、すぐにヨーロッパ中に広がりました。[86]イングランドの貴族君主制の間の影響力のための闘争は、マグナ・カルタの執筆と議会の設立につながりました[87]この時代の文化の主要な源は、ローマカトリック教会から来ました。修道院や大聖堂の学校を通じて、教会はヨーロッパの多くで教育を担当していました。[86]

シチリアのタンクレードフランスのフィリップIIの間に、第3回十字軍(1189-1192)

教皇庁は中世盛期にその権力頂点に達した。アン東西教会の分裂は1054年にして、宗教的にかつてのローマ帝国を分割東方正教会ビザンチン帝国と旧西ローマ帝国のローマカトリック教会。 1095年、教皇ウルバヌス2世は、エルサレム聖地を占領しているイスラム教徒に対する十字軍を呼びかけました[88]ヨーロッパ自体では、教会は異端者に対する異端審問組織した。でイベリア半島レコンキスタはと締結しました1492年にグラナダが崩壊し、南西半島で7世紀以上にわたるイスラムの支配が終わりました。[89]

東部では、復活したビザンチン帝国がイスラム教徒からクレタ島とキプロスを奪還し、バルカン半島を征服しました。コンスタンティノープルは、9世紀から12世紀にかけてヨーロッパで最大かつ最も裕福な都市であり、人口は約40万人でした。[90]帝国はマンジケルトでの敗北に続いて弱体化し、第4回十字軍の1204年のコンスタンティノープル略奪によってかなり弱体化した[91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99]それは1261年にコンスタンを回復するであろうが、ビザンチンは、1453年に落ちたときにコンスタンが取られました オスマン帝国[100] [101] [102]

解雇スズダリバトゥの間に、1238年にヨーロッパのモンゴルの侵略

11世紀から12世紀にかけて、ペチェネグクマンキプチャクなどの遊牧民のチュルクによる絶え間ない侵入によりスラブ人の人口が北部のより安全で森林の多い地域に大規模に移住し、ルーシ族の拡大が一時的に停止しました。南と東に州。[103]ユーラシアの他の多くの地域と同様に、これらの領土はモンゴル人に侵略された[104]タタール人として知られるようになった侵略者は、ほとんどがモンゴルの宗主国の下でチュルク語を話す人々でした。彼らは黄金の大群の状態を確立しましたクリミアに本部を置き、後にイスラム教を宗教として採用し、3世紀以上にわたって現代のロシア南部と中央部を統治しました。[105] [106]モンゴルの領土が崩壊した後、14世紀に最初のルーマニアの州(公国)が出現した:モルダビアワラキア。以前は、これらの領土はペチェネグとクマン人の連続した支配下にありました。[107] 12世紀から15世紀にかけて、モスクワ大公国はモンゴル統治下の小さな公国からヨーロッパ最大の州へと成長し、1480年にモンゴルを倒し、最終的にはロシア皇帝になりました。州は下に統合されましたイワンIIIグレートイワン雷帝、着実に次の何世紀にもわたって東と南に拡大します。

1315年から1317年大飢饉は、中世後期にヨーロッパを襲った最初の危機でした。[108] 1348年から1420年までの期間は最も大きな損失を目撃した。フランスの人口は半分に減少しました。[109] [110]中世のイギリスは95の飢饉に苦しみ[111]、フランスは同じ時期に75以上の影響を受けた。[112]ヨーロッパは、14世紀半ばに、人類史上最も致命的なパンデミックの1つである黒死病によって荒廃し、ヨーロッパだけで推定2,500万人が死亡しました。これは当時のヨーロッパの人口の3分の1です[113]

疫病はヨーロッパの社会構造に壊滅的な影響を及ぼしました。デカメロン(1353)のジョヴァンニボッカッチョ示したように、それは人々を今のところ生きるように誘導しましたそれはローマカトリック教会にとって深刻な打撃であり、ユダヤ人物乞いハンセン病に対する迫害の増加につながりました[114]ペストは、18世紀まで、さまざまな病原性と死亡率ですべての世代に戻ってきたと考えられています。[115]この期間中に、100を超えるペストの流行がヨーロッパ全体に蔓延した。[116]

近世

ラファエロによるアテナイの学堂(1511):ミケランジェロレオナルドダヴィンチ(中央)などの同時代人は、ルネサンスの古典的な学者として描かれています。

ルネッサンスは、フィレンツェ始まり、後にヨーロッパの他の地域に広がる文化的変化の時期でした。新しいヒューマニズムの台頭は、しばしばアラビア語からラテン語に翻訳された出家図書館からの忘れられた古典ギリシャ語とアラビア語の知識の回復を伴いました[117] [118] [119]ルネッサンスは、14世紀から16世紀にかけてヨーロッパ中に広がりました。王族、貴族、ローマカトリック教会の共同後援の下で、芸術哲学音楽科学の開花が見られました。、および新興の商人クラス。[120] [121] [122]を含むイタリアのパトロン、メディチフィレンツェの銀行とのファミリー教皇ローマ、積立多作quattrocentoCinquecentoでのようなアーティストラファエルミケランジェロ、及びレオナルド・ダ・ヴィンチ[123] [124]

14世紀半ばの教会内の政治的陰謀は、教会大分裂を引き起こしました。この40年間に、2人の教皇(1人はアヴィニョンに、もう1人はローマに)が教会の支配権を主張しました。分裂は最終的に1417年に癒されましたが、教皇庁の精神的権威は大きく苦しんでいました。[125] 15世紀になると、ヨーロッパは地理的な境界を越えて拡大し始めました。当時最大の海軍大国であったスペインとポルトガルが、世界を探検する上で主導権を握りました。[126] [127]探査は、大西洋の南半球とアフリカの南端に到達したクリストファーコロンブス1492年に新世界到達し、ヴァスコダガマは1498年に大西洋とインド洋を結ぶへの海路を開通しました。フェルディナンドマゼランスペインのマゼラン-エルカーノ遠征で大西洋と太平洋を越えて西にアジアに到達し、世界で最初の周回航海を完了しました。フアン・セバスティアン・エルカノ(1519年から1522年)。その後すぐに、スペイン語とポルトガル語は、南北アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニアに大規模なグローバル帝国を確立し始めました。[128]フランス、オランダ、イギリスはすぐにアフリカ、南北アメリカに広大な植民地帝国を築き上げた。、およびアジア。1年後、イギリスはスペインへの侵攻に失敗し、スペインのフェリペ2世がヨーロッパで支配的な戦争能力を維持できるようにしました。この英国の決定的な災害はまた、スペイン艦隊が次の数十年の間戦争を行う能力を保持することを可能にしました。[129] [130] [131] [132]

神聖ローマ皇帝カール5世による分割後、何世紀にもわたってハプスブルク家が支配していましたスペインのヨーロッパにおける主要な軍事基地はミラノ公国でした[133]

教会の権力は、1517年にドイツの神学者マルティン・ルター教会の扉への耽溺の販売を批判する彼の95か条の論題を釘付けにしたときプロテスタント改革によってさらに弱められました。彼はその後、教皇勅書に破門されたExsurgeドミネ1520年、そして彼の信者は、1521年に非難されたワームの国会の間にドイツの諸侯分け、プロテスタントとカトリック信仰を。[134]宗教的な戦いと戦争は、プロテスタントによって広まった。[135]南北アメリカの帝国の略奪により、スペインは宗教的迫害に資金を提供することができ 1世紀以上の間ヨーロッパで。[136]三十年戦争(1618年から1648年)は、神聖ローマ帝国を不具にし、多くのの荒廃ドイツ人口の25〜40パーセントを殺し、。[137]ヴェストファーレン条約の余波で、フランスはヨーロッパ内で優勢になりました。[138]

中央および東ヨーロッパの一部の17世紀は、一般的に衰退した時期でした[139]領域は1501と1700の間で200年間に150の以上の飢饉を経験した[140]からクレヴォの合同(1385)東、中央ヨーロッパはによって支配されたポーランド王国リトアニア大公国広大なポーランド・リトアニア連邦覇権は、北方戦争大洪水)とその後の紛争によってもたらされた荒廃で終わりました[141]状態自体が分割れましたそして18世紀の終わりに存在しなくなりました。[142]

15世紀から18世紀にかけて、崩壊する黄金の大群のカナーテがロシアに征服されたとき、クリミアハン国のタタール人は、奴隷捕らえるために東スラブの土地を頻繁に襲撃しました[143]さらに東では、ノガイ・オルダカザフ・ハン国は、ロシアが北ユーラシアの大部分(すなわち、東ヨーロッパ、中央アジア、シベリア)を拡大して征服するまで、何百年もの間、現代ロシアとウクライナのスラブ語圏を頻繁に襲撃した。 。

ルネッサンスと新君主は、大航海時代の始まりであり、探検、発明、科学的発展の期間でした。[144] 16世紀と17世紀の西洋科学革命偉大な人物の中には、コペルニクスケプラーガリレオアイザックニュートンがいた[145]ピーター・バレットによれば、「 『現代科学』が17世紀のヨーロッパ(ルネサンスの終わりに向かって)に生じ、自然界の新しい理解をもたらしたことは広く受け入れられている」。[117]

18世紀と19世紀

ウィーン会議によって設定されたヨーロッパ内の国境

啓蒙時代は、科学的で理性に基づいた思考を促進する18世紀の強力な知的運動でした。[146] [147] [148]フランスにおける貴族と聖職者の政治権力の独占に対する不満は、フランス革命と第一共和政の樹立をもたらし、その結果、君主制と多くの貴族が最初の治世中に消滅した。恐怖政治[149] ナポレオン・ボナパルトはフランス革命の余波で権力を握りナポレオン戦争にヨーロッパの大部分を包含するように成長し最初のフランス帝国設立し、1815年に崩壊した。ワーテルローの戦い[150] [151] ナポレオンの支配は、国民国家の理想を含むフランス革命の理想のさらなる普及、ならびにフランスの行政法律、および教育のモデルの広範な採用をもたらした[152] [153] [154]ウィーンの議会は、ナポレオンの失脚後に召集、確立し、新たな力のバランスヨーロッパでは5「を中心とした列強英国、フランス、:」プロイセンオーストリア、ロシア。[155]このバランスは、1848年革命まで維持され、その間、リベラルな反乱がロシアと英国を除くすべてのヨーロッパに影響を及ぼしました。これらの革命は最終的に保守的な要素によって鎮圧され、ほとんど改革はもたらされませんでした。[156] 1859年には、ルーマニアが国民国家として、より小さな公国から統一された。 1867年、オーストリア・ハンガリー帝国形成されました。そして1871年には、両方の単一化見たイタリアドイツなど国民国家を小さく公国から。[157]

並行して、露土戦争(1768–1774)でオスマン帝国が敗北して以来東方問題はより複雑になりました。オスマン帝国の解散が差し迫っているように見えたので、列強はオスマン帝国の領域における彼らの戦略的および商業的利益を守るのに苦労しました。ロシア帝国は、一方、下落から利益のために立っていたハプスブルク帝国英国は彼らの最善の利益であることをオスマン帝国の保存を感じました。一方、セルビア蜂起(1804)とギリシャ独立戦争(1821)は、バルカン半島におけるオスマン帝国の支配の終焉の始まりを示しました。1912年から1913年にバルカン戦争終わった[158]モンテネグロセルビアルーマニアの事実上の独立した公国の正式な承認は、1878年のベルリン会議で続いた

マーシャルの寺院の仕事(1840年)、産業革命イギリスで始まりまし

産業革命はで始まった英国ヨーロッパ全土18世紀と広がりの最後の部分で。新しい技術の発明と実施は、急速な都市の成長、大量雇用、そして新しい労働者階級の台頭をもたらしました。[159]社会的、経済的な球の改革には、続く最初の法律上の児童労働の合法化、労働組合[160]奴隷制の廃止[161]英国では、1875年の公衆衛生法が可決され、多くの英国の都市の生活条件が大幅に改善されました。[162]ヨーロッパの人口は1700年の約1億人から1900年までに4億人に増加した。[163]西ヨーロッパで記録された最後の大飢饉であるアイルランド大飢饉は、何百万人ものアイルランド人の死と大量移住を引き起こした。[164] 19世紀には、7000万人がヨーロッパを離れ、海外のさまざまなヨーロッパの植民地や米国に移住した。[165]人口動態の成長は、1900年までに、世界の人口に占めるヨーロッパのシェアが25%であることを意味しました。[166]

20世紀から現在まで

1914年の世界中のヨーロッパ植民地帝国の地図

2つの世界大戦と経済不況が20世紀の前半を支配しました。第一次世界大戦は1914年から1918年の間に戦われました。それはオーストリアのフランツフェルディナンド大公ユーゴスラビアの民族主義者[167] ガヴリロプリンシプによって暗殺されたときに始まりました[168]ほとんどのヨーロッパ諸国は、エンテンテ大国フランスベルギーセルビア、ポルトガル、ロシア、イギリス、そして後にイタリアギリシャルーマニア、および米国)と中央同盟国の間で戦われた戦争に引き込まれた。パワーズオーストリア-ハンガリードイツブルガリアオスマン帝国)。戦争により、1600万人以上の民間人と軍人が亡くなりました。[169] 1914年から1918年にかけて6000万人以上のヨーロッパ兵が動員された。[170]

1914年から1918年の第一次世界大戦の軍事同盟を描いた地図

ロシアはロシア革命に突入し、ツァーリスト君主制を崩壊させ、共産主義の ソビエト連邦に置き換えました[171] オーストリア・ハンガリー帝国とオスマン帝国は崩壊し、別々の国に分裂し、他の多くの国々は国境を再描画した。ヴェルサイユ条約正式に1919年に第一次世界大戦が終わった、それは戦争のために全責任を配置し、重い制裁を課した者により、ドイツへの過酷でした。[172]第一次世界大戦とロシア内戦(戦後の飢饉を含むの過程でのロシアでの過剰な死亡は、合計で1,800万人に達した。[173] 1932年から1933年に、スターリンの指導の下で、ソビエト当局による穀物の没収は、数百万人の死を引き起こし第二のソビエト飢餓の一因となった [174]生き残ったクラークは迫害され、多く強制労働を行うためにグラグ送られた。スターリンはまた NKVDが681,692人を処刑した1937年から38年の大粛清の責任者でもありました [175]何百万人もの人々がソビエト連邦の遠隔地に強制送還され、追放された。 [176]

セルビアの戦争努力(1914年から1918年)は国の人口の4分の1を犠牲にしました。[177] [178] [179] [180] [181]
ナチスドイツは、その指導者であるアドルフヒトラーによって、ヨーロッパで壊滅的な第二次世界大戦を開始しましたここで、右のヒトラーは、彼の最も近い同盟国であるイタリアの独裁者ベニート・ムッソリーニと共に、1940年に

社会的な革命ロシアを掃引するには、以下の他の欧州諸国に影響を与えた大戦争を:1919年に、とワイマール共和国ドイツでは、とまずオーストリア共和国。 1922年、ムッソリーニの一党ファシスト政府がイタリア王国アタチュルクトルコ共和国で、西洋のアルファベットと国家世俗主義を採用しました。第一次世界大戦で発生した債務とドイツへの「貸付」によって部分的に引き起こされた経済の不安定性は、1920年代後半と1930年代にヨーロッパで大混乱を引き起こしました。これと1929年のウォール街大暴落世界的な大恐慌をもたらしました。経済危機、社会の不安定さ、共産主義の脅威に助けられて、ファシスト運動がヨーロッパ中で発展し、アドルフ・ヒトラーナチスドイツになった権力の座に就きまし[182] [183]

1933年、ヒトラーはドイツの指導者になり、大ゲルマン帝国を建設するという彼の目標に向けて取り組み始めました。ドイツは1935年と1936年にザールラントラインラント再拡大し、取り戻しました。1938年、オーストリアアンシュルスに続いてドイツの一部になりました。その年の後半、ドイツ、フランス、イギリス、イタリアが署名しミュンヘン会談に続いて、ドイツはドイツ人が居住するチェコスロバキアの一部であるズデーテン地方を併合し、1939年初頭にチェコスロバキアの残りの部分は保護区に分割されましたドイツとスロバキア共和国によって支配されているボヘミアとモラビアの当時、英国とフランスは宥和政策を好んでいました

ハンブルクの爆撃され焼失した建物、1944/45

ダンジグの将来をめぐってドイツとポーランドの間で緊張が高まる中、ドイツ人はソビエトに目を向け、ソビエトがバルト三国とポーランドとルーマニアの一部に侵入することを可能にするモロトフ・リッベントロップ協定に署名した。ドイツ1939年9月1日にポーランド侵略し、フランスとイギリスに9月3日にドイツとの宣戦布告を促し、第二次世界大戦のヨーロッパ劇場を開きました[184] [185] [186]ポーランドへソビエト侵攻は9月17日に始まり、その後すぐにポーランドは崩壊した。 9月24日、ソビエト連邦はバルト諸国を攻撃しましたその後、フィンランド。イギリスナルビクに上陸し、フィンランドを支援するために軍隊を派遣することを望んでいましたが、上陸の主な目的はドイツを取り囲み、ドイツ人をスカンジナビアの資源から切り離すことでした。同じ頃、ドイツは軍隊をデンマークに移しました。まやかし戦争を続けました。

1940年5月、ドイツはネーデルラントを通じてフランス攻撃しました。フランスは1940年6月に降伏しました。8月までに、ドイツはイギリスへの爆撃攻撃を開始しましたが、イギリス人に諦めるよう説得することはできませんでした。[187] 1941年、ドイツはバルバロッサ作戦でソビエト連邦に侵攻した[188] 1941年12月7日、日本真珠湾攻撃は、大英帝国および他の連合同盟国として米国を紛争に巻き込んだ[189] [190]

1945年のヤルタ会談の「ビッグスリー。着席(左から):ウィンストン・チャーチルフランクリン・D・ルーズベルトジョセフ・スターリン

1943年のスターリングラード攻防戦の後、ソビエト連邦でのドイツ軍の攻勢は継続的な後退に変わりました。史上最大の戦車戦を巻き込んだクルスク戦いは東部戦線での最後の主要なドイツ軍の攻勢でした。 1944年6月、イギリス軍とアメリカ軍がDデイ上陸作戦でフランスに侵攻し、ドイツに対して新たな戦線を開きました。ベルリンはついに1945年崩壊し、ヨーロッパでの第二次世界大戦を終結させました。戦争は人類史上最大かつ最も破壊的であり、世界中6000万人が亡くなりました[191]第二次世界大戦の結果、ヨーロッパでは4000万人以上が亡くなった[192]。ホロコースト中に亡くなった1100万人から1700万人を含む[193]ソビエト連邦は戦争中に約2700万人(主に民間人)を失い、第二次世界大戦の死傷者の約半分でした。[194]第二次世界大戦の終わりまでに、ヨーロッパには4000万以上の難民がいました[195]中央および東ヨーロッパでのいくつかの戦後の追放は、合計で約2,000万人、特に[196]東ヨーロッパ中からのドイツ語話者を追放

シューマン宣言の創出につながっ欧州石炭鉄鋼共同体。それ欧州連合の統合プロセス開始しました1950年5月9日フランス外務省で)。

第一次世界大戦、特に第二次世界大戦は、世界情勢における西ヨーロッパの卓越性を弱めました。第二次世界大戦後、ヨーロッパの地図はヤルタ会談で再描画され、後にウィンストン・チャーチルによって鉄のカーテンと呼ばれたものによって分離された、西側諸国と共産主義の東側ブロックの2つのブロックに分割されました。米国と西ヨーロッパはNATOの同盟を確立し、後にソビエト連邦と中央ヨーロッパはワルシャワ協定を確立しました[197]第二次世界大戦後に特定のホットスポットだったベルリントリエステ、それによってトリエステ自由地域は、1947年に国連とともに設立され、1954年と1975年にそれぞれ解散しました。1948年と1949年ベルリン封鎖と、1961年のベルリンの壁の建設は、冷戦の大きな国際的危機の1つでした[198] [199] [200]

米国とソビエト連邦の2つの新しい超大国は、核の拡散を中心とした50年にわたる冷戦に閉じ込められました同時に、第一次世界大戦後にすでに始まってい脱植民地化は、アジアとアフリカのヨーロッパの植民地のほとんどの独立を徐々にもたらしました。[14]

欧州全体の旗として1955年に欧州評議会によって採択された欧州旗。[201]

1980年代、ミハイルゴルバチョフ改革ポーランド連帯運動は、以前は厳格だった共産主義体制を弱体化させました。その後汎ヨーロッパピクニックでの鉄のカーテンの開放は平和的な連鎖反応を引き起こし、その終わりに東側諸国ワルシャワ条約機構共産主義は崩壊し、冷戦は終結しました。[202] [203] [204] 1989年にベルリンの壁崩壊した後、ドイツは再会し、中央ヨーロッパと東ヨーロッパの地図がもう一度再描画された。[205]これにより、以前は中断されていた古い文化的および経済的関係が可能になり、ベルリンプラハウィーンブダペストトリエステなどの以前は孤立していた都市が再びヨーロッパの中心になりました。[182] [206] [207] [208]

欧州統合も第二次世界大戦後に成長しました。 1949年、ウィンストン・チャーチル卿の演説に続いて、共通の目標を達成するためにヨーロッパを統一するという考えで欧州評議会が設立されました。これには、ベラルーシバチカン市国を除くすべてのヨーロッパの州が含まれますローマ条約1957年には、確立された欧州経済共同体を統一経済政策と共通市場を目標に6つの西ヨーロッパ諸国の間で。[209] 1967年に、EEC、欧州石炭鉄鋼共同体、およびユーラトムが欧州共同体形成し、1993年に欧州共同体になりました。欧州連合EUは議会裁判所中央銀行設立し、統一通貨としてユーロ導入しました[210] 2004年から2013年の間に、より多くの中央および東ヨーロッパ諸国が参加し始め、EUを28のヨーロッパ諸国に拡大し、ヨーロッパを再び主要な経済的および政治的権力の中心地にした。[211]しかし、英国は、EU加盟に関する2016年6月の国民投票の結果として、2020年1月31日にEUから撤退しました[212]

地理

2018年の人口の多いヨーロッパとその周辺地域の地図で、物理的、政治的、人口の特徴を示しています

ヨーロッパはユーラシア大陸の西5分の1を占めています。[26]それは、他のどの大陸または亜大陸よりも陸地に対する海岸の比率が高い。[213]その海上境界線は、北は北極海、西は大西洋、南は地中海、黒海、カスピ海で構成されています。[214]ヨーロッパの土地の起伏は、比較的狭い地域内で大きな変動を示しています。南部地域はより山岳地帯ですが、北に移動すると、地形は高アルプスピレネーカルパティア山脈から丘陵の高地を通って、東に広大な広くて低い北部の平原に降ります。この拡張された低地は、偉大なヨーロッパ平原、そしてその中心には北ドイツ平野があります。高地の弧は北西の海岸沿いにも存在し、イギリスとアイルランドの島々の西部から始まり、ノルウェーの山岳地帯のフィヨルドカットの背骨に沿って続きます。

この説明は簡略化されています。イベリア半島イタリア半島などのサブリージョンには、中央ヨーロッパ本土自体と同様に、独自の複雑な特徴があります。中央ヨーロッパでは、レリーフに多くの高原、川の谷、盆地があり、一般的な傾向が複雑になっています。アイスランド、英国、アイルランドなどのサブリージョンは特殊なケースです。前者はヨーロッパの一部として数えられる北海のそれ自体の土地であり、後者は海面上昇がそれらを遮断するまでかつて本土に結合されていた高地地域です

気候

ヨーロッパとその周辺地域のバイオームツンドラ高山ツンドラタイガ山地森林温帯広葉樹林地中海性森林温帯草原乾燥草原
                       
                       

ヨーロッパは主に温帯気候帯にあり、偏西風にさらされています。メキシコ湾流の影響により、世界中の同じ緯度の他の地域と比較して、気候は穏やかです。[215]メキシコ湾流は、ヨーロッパの気候を他の方法よりも暖かく湿らせているため、「ヨーロッパのセントラルヒーティング」と呼ばれています。メキシコ湾流は、ヨーロッパの海岸に暖かい水を運ぶだけでなく、大西洋から大陸を横切って吹く偏西風を暖めます。

したがって、アベイロの年間平均気温は16°C(61°F)ですが、ほぼ同じ緯度にあり、同じ海に接しているニューヨーク市ではわずか13°C(55°F)です。ベルリン、ドイツ;カナダ、カルガリー;ロシア南東部のイルクーツクは、ほぼ同じ緯度にあります。ベルリンの1月の平均気温は、カルガリーの平均気温よりも約8°C(14°F)高く、イルクーツクの平均気温よりもほぼ22°C(40°F)高くなっています。[215]

地中海の大きな水塊は、年間および毎日の平均で気温を等しくしますが、これも特に重要です。地中海の水は、サハラ砂漠からトリエステ近くアドリア海の最北端にある高山弧まで広がっています。[216]

一般的に、ヨーロッパは南に比べて北に向かって寒くなるだけでなく、西から東に向かって寒くなります。気候は西部ではより海洋性であり、東部ではそれほど海洋性ではありません。これは、64、60、55、50、45、および40番目の緯度にほぼ続く場所での平均気温の次の表で説明できますそれらのどれも高地にありません。それらのほとんどは海の近くにあります。(場所、おおよその緯度と経度、最も寒い月の平均、最も暑い月の平均、および摂氏での年間平均気温)

ヨーロッパのケッペンガイガー気候分類マップ。[217]
温度(°C)
ロケーション緯度経度最も寒い
最も暑い

平均
レイキャビク64 N22 W0.111.24.7
ウメオ64 N20 E−6.216.03.9
オウル65 N25.5 E−9.616.52.7
アルハンゲリスク64.5 N40.5 E-12.716.31.3
ラーウィック60 N1 W3.512.47.4
ストックホルム59.5 N19 E−1.718.47.4
ヘルシンキ60 N25 E−4.717.85.9
セントピーターズバーグ60 N30 E−5.818.85.8
エディンバラ55.5 N3 W4.215.39.3
コペンハーゲン55.5 N12 E1.418.19.1
クライペダ55.5 N21 E−1.317.98.0
モスクワ55.5 N30 E−6.519.25.8
シリー諸島50 N6 W7.916.911.8
ブリュッセル50.5 N4 E3.318.410.5
クラクフ50 N20 E−2.019.28.7
キエフ50.5 N30 E−3.520.58.4
ボルドー45 N06.621.413.8
ヴェネツィア45.5 N12 E3.323.013.0
ベオグラード45 N20 E1.423.012.5
アストラハン46 N48 E−3.725.610.5
コインブラ40 N8 W9.921.916.0
バレンシア39.5 N011.926.118.3
ナポリ40.5 N14 E8.724.715.9
イスタンブール41 N29 E6.023.811.4

[218]最も寒い月の平均気温、および年間平均気温が西から東にどのように低下​​するかは注目に値します。たとえば、エジンバラは一年で最も寒い月にベオグラードよりも暖かいですが、ベオグラードはさらに南の緯度の約10°です。

地質学

エルブルス山、南ロシアは、ある高い山ヨーロッパインチ
ヴォルガから流れ、中央ロシアとにカスピ海がある最長の川ヨーロッパインチ

ヨーロッパの地質学的歴史は、バルチスキーシールド(フェノスカンジア)とサルマティアクラトンの形成にまでさかのぼります。どちらも約22億5000万年前で、ボルゴ-ウラリアシールドが続き、3つが一緒になって東ヨーロッパクラトン(≈バルティカ)に至りました。それは超大陸 コロンビアの一部になりました。約11億年前、バルティカとアルクティカ(ローレンシアブロックの一部として)がロディニア加わり、その後約5億5000万年前にバルティカとして改革するために再分割されました。約4億4000万年前、ユーラメリカ大陸はバルティカ大陸とローレンシア大陸から形成されました。さらに参加するその後、ゴンドワナ大陸パンゲアの形成につながりました。約1億9千万年前、大西洋の拡大によりゴンドワナ大陸とローラシア大陸が分裂しました。最後に、そしてその直後に、ローラシア自体が再びローレンシア(北アメリカ)とユーラシア大陸に分裂しました。グリーンランドを経由して、2つの間の土地の接続はかなりの時間持続し、動物種の交換につながりました。約5000万年前から、海面の上昇と下降がヨーロッパの実際の形と、アジアなどの大陸とのつながりを決定してきました。ヨーロッパの現在の形は、約500万年前の第三紀後期にまでさかのぼります[219]

ヨーロッパの地質は非常に多様で複雑であり、スコットランドの高地からハンガリーのなだらかな平原まで、大陸全体で見られる多種多様な風景を生み出しています。[220]ヨーロッパの最も重要な特徴は、高地と山岳地帯の南ヨーロッパと、西のアイルランドから東のウラル山脈至る広大な、部分的に水中の北の平原との間の二分法です。これらの2つの半分は、ピレネー山脈アルプス山脈/カルパティア山脈の山岳地帯によって隔てられています。北の平原は西にスカンジナビア山脈によって区切られていますそしてイギリス諸島の山岳地帯。北平野の一部を水没させる主な浅い水域は、ケルト海北海バルト海複合体、バレンツ海です。

ヨーロッパアフリカの大陸を隔てるジブラルタル海峡から見たエウローパ岬は、大西洋地中海の間にあります。

北の平原にはバルティカの古い地質大陸が含まれているため、地質学的には「主要な大陸」と見なすことができ、南と西の周辺の高地と山岳地帯は他のさまざまな地質大陸の断片を構成します。西ヨーロッパの古い地質のほとんどは、古代の微小大陸 アバロニアの一部として存在していました

フローラ

ヨーロッパの動植物は、何千年もの間農民と共存してきましたが、人間の存在と活動に大きな影響を受けてきました。除いてフェノスカンジアとロシア北部、手つかずの大自然のいくつかの領域は、現在、様々なを除き、ヨーロッパで発見された国立公園

耕作可能な農地(黄色)、森林(濃い緑色)、牧草地(薄緑色)、および北部のツンドラまたは沼地(濃い黄色)を含むヨーロッパの土地利用マップ

ヨーロッパの主な自然植生は混合です。成長の条件は非常に有利です。北部では、メキシコ湾流北大西洋海流が大陸を暖めています。南ヨーロッパは、温暖ですが温暖な気候であると言えます。この地域では夏の干ばつが頻繁に発生します。山の尾根も条件に影響を与えます。これらのいくつか(アルプスピレネー)は東西に向けられており、風が内部の海から大量の水を運ぶことを可能にします。その他は南北に向いています(スカンジナビア山脈ディナリデスカルパティア山脈アペニン山脈)そして、雨は主に海に向いている山の側に降るので、森林はこの側でよく育ちますが、反対側では、条件ははるかに不利です。ヨーロッパ本土のいくつかのコーナーは、ある時点で家畜によって放牧されておらず、農業前の森林生息地の伐採は、元の動植物の生態系に混乱を引き起こしました。

Wolfgang FreyとRainerLöschによると、ヨーロッパの植物区とその周辺地域

Probably 80 to 90 percent of Europe was once covered by forest.[221] It stretched from the Mediterranean Sea to the Arctic Ocean. Although over half of Europe's original forests disappeared through the centuries of deforestation, Europe still has over one quarter of its land area as forest, such as the broadleaf and mixed forests, taiga of Scandinavia and Russia, mixed rainforests of the Caucasus and the Cork oak forests in the western Mediterranean. During recent times, deforestation has been slowed and many trees have been planted. However, in many cases monoculture plantations of conifers have replaced the original mixed natural forest, because these grow quicker. The plantations now cover vast areas of land, but offer poorer habitats for many European forest dwelling species which require a mixture of tree species and diverse forest structure. The amount of natural forest in Western Europe is just 2–3% or less, in European Russia 5–10%. The country with the smallest percentage of forested area is Iceland (1%), while the most forested country is Finland (77%).[222]

In temperate Europe, mixed forest with both broadleaf and coniferous trees dominate. The most important species in central and western Europe are beech and oak. In the north, the taiga is a mixed spruce–pine–birch forest; further north within Russia and extreme northern Scandinavia, the taiga gives way to tundra as the Arctic is approached. In the Mediterranean, many olive trees have been planted, which are very well adapted to its arid climate; Mediterranean Cypress is also widely planted in southern Europe. The semi-arid Mediterranean region hosts much scrub forest. A narrow east–west tongue of Eurasian grassland (the steppe) extends westwards from Ukraine and southern Russia and ends in Hungary and traverses into taiga to the north.

Fauna

Biogeographic regions of Europe and bordering regions

Glaciation during the most recent ice age and the presence of man affected the distribution of European fauna. As for the animals, in many parts of Europe most large animals and top predator species have been hunted to extinction. The woolly mammoth was extinct before the end of the Neolithic period. Today wolves (carnivores) and bears (omnivores) are endangered. Once they were found in most parts of Europe. However, deforestation and hunting caused these animals to withdraw further and further. By the Middle Ages the bears' habitats were limited to more or less inaccessible mountains with sufficient forest cover. Today, the brown bear lives primarily in the Balkan peninsula, Scandinavia, and Russia; a small number also persist in other countries across Europe (Austria, Pyrenees etc.), but in these areas brown bear populations are fragmented and marginalised because of the destruction of their habitat. In addition, polar bears may be found on Svalbard, a Norwegian archipelago far north of Scandinavia. The wolf, the second largest predator in Europe after the brown bear, can be found primarily in Central and Eastern Europe and in the Balkans, with a handful of packs in pockets of Western Europe (Scandinavia, Spain, etc.).

Once roaming the great temperate forests of Eurasia, European bison now live in nature preserves in Białowieża Forest, on the border between Poland and Belarus.[223][224]

European wild cat, foxes (especially the red fox), jackal and different species of martens, hedgehogs, different species of reptiles (like snakes such as vipers and grass snakes) and amphibians, different birds (owls, hawks and other birds of prey).

Important European herbivores are snails, larvae, fish, different birds, and mammals, like rodents, deer and roe deer, boars, and living in the mountains, marmots, steinbocks, chamois among others. A number of insects, such as the small tortoiseshell butterfly, add to the biodiversity.[225]

The extinction of the dwarf hippos and dwarf elephants has been linked to the earliest arrival of humans on the islands of the Mediterranean.[226]

Sea creatures are also an important part of European flora and fauna. The sea flora is mainly phytoplankton. Important animals that live in European seas are zooplankton, molluscs, echinoderms, different crustaceans, squids and octopuses, fish, dolphins, and whales.

Biodiversity is protected in Europe through the Council of Europe's Bern Convention, which has also been signed by the European Community as well as non-European states.

Politics

Council of EuropeSchengen AreaEuropean Free Trade AssociationEuropean Economic AreaEurozoneEuropean UnionEuropean Union Customs UnionAgreement with EU to mint eurosGUAMCentral European Free Trade AgreementNordic CouncilBaltic AssemblyBeneluxVisegrád GroupCommon Travel AreaOrganization of the Black Sea Economic CooperationUnion StateSwitzerlandIcelandNorwayLiechtensteinSwedenDenmarkFinlandPolandCzech RepublicHungarySlovakiaGreeceEstoniaLatviaLithuaniaBelgiumNetherlandsLuxembourgItalyFranceSpainAustriaGermanyPortugalSloveniaMaltaCyprusIrelandUnited KingdomCroatiaRomaniaBulgariaTurkeyMonacoAndorraSan MarinoVatican CityGeorgiaUkraineAzerbaijanMoldovaArmeniaRussiaBelarusSerbiaAlbaniaMontenegroNorth MacedoniaBosnia and HerzegovinaKosovo (UNMIK)
A clickable Euler diagram showing the relationships between various multinational European organisations and agreements.

The political map of Europe is substantially derived from the re-organisation of Europe following the Napoleonic Wars in 1815. The prevalent form of government in Europe is parliamentary democracy, in most cases in the form of Republic; in 1815, the prevalent form of government was still the Monarchy. Europe's remaining eleven monarchies[227] are constitutional.

European integration is the process of political, legal, economic (and in some cases social and cultural) integration of European states as it has been pursued by the powers sponsoring the Council of Europe since the end of World War II The European Union has been the focus of economic integration on the continent since its foundation in 1993. More recently, the Eurasian Economic Union has been established as a counterpart comprising former Soviet states.

27 European states are members of the politico-economic European Union, 26 of the border-free Schengen Area and 19 of the monetary union Eurozone. Among the smaller European organisations are the Nordic Council, the Benelux, the Baltic Assembly and the Visegrád Group.

List of states and territories

The list below includes all entities[clarification needed] falling even partially under any of the various common definitions of Europe,[clarification needed] geographic or political.

FlagArmsNameArea
(km2)
Population
Populationdensity
(per km2)
CapitalName(s) in official language(s)
Albania28,7482,876,59198.5TiranaShqipëria
Andorra46877,281179.8Andorra la VellaAndorra
Armenia [j]29,7432,924,816101.5YerevanՀայաստան (Hayastan)
Austria83,8588,823,054104ViennaÖsterreich
Azerbaijan [k]86,6009,911,646113BakuAzǝrbaycan
Belarus207,5609,504,70045.8MinskБеларусь (Belaruś)
Belgium30,52811,358,357372.06BrusselsBelgië/Belgique/Belgien
Bosnia and Herzegovina51,1293,531,15968.97SarajevoBosna i Hercegovina/Боснa и Херцеговина
Bulgaria110,9107,101,85964.9SofiaБългария (Bǎlgariya)
Croatia56,5424,284,88975.8ZagrebHrvatska
Cyprus [d]9,2511,170,125123.4NicosiaΚύπρος (Kýpros)/Kıbrıs
Czech Republic78,86610,610,947134PragueČesko
Denmark43,0945,748,796133.9CopenhagenDanmark
Estonia45,2261,319,13328TallinnEesti
Finland338,4555,509,71716HelsinkiSuomi/Finland
France [g]547,03067,348,000116ParisFrance
Georgia [l]69,7003,718,20053.5Tbilisiსაქართველო (Sakartvelo)
Germany357,16882,800,000232BerlinDeutschland
Greece131,95710,768,47782AthensΕλλάδα (Elláda)
Hungary93,0309,797,561105.3BudapestMagyarország
Iceland103,000350,7103.2ReykjavíkÍsland
Ireland70,2804,761,86567.7DublinÉire/Ireland
Italy301,33860,589,445201.3RomeItalia
Kazakhstan [i]148,00017,987,7366.49Nur-SultanҚазақстан (Qazaqstan)
Latvia64,5891,925,80034.3RigaLatvija
Liechtenstein16038,111227VaduzLiechtenstein
Lithuania65,3002,800,66745.8VilniusLietuva
Luxembourg2,586602,005233.7LuxembourgLëtzebuerg/Luxemburg/Luxembourg
Malta316445,4261,410VallettaMalta
Moldova [a]33,8463,434,547101.5ChișinăuMoldova
Monaco2.02038,40018,713MonacoMonaco
Montenegro13,812642,55045.0PodgoricaCrna Gora/Црна Гора
Netherlands [h]41,54317,271,990414.9AmsterdamNederland
North Macedonia25,7132,103,72180.1SkopjeСеверна Македонија (Severna Makedonija)
Norway385,2035,295,61915.8OsloNorge/Noreg/Norga
Poland312,68538,422,346123.5WarsawPolska
Portugal [e]92,21210,379,537115LisbonPortugal
Romania238,39719,638,00084.4BucharestRomânia
Russia [b]3,969,100144,526,6368.4MoscowРоссия (Rossiya)
San Marino61.233,285520San MarinoSan Marino
Serbia [f]88,3617,040,27291.1BelgradeSrbija/Србија
Slovakia49,0355,435,343111.0BratislavaSlovensko
Slovenia20,2732,066,880101.8LjubljanaSlovenija
Spain505,99046,698,15192MadridEspaña
Sweden450,29510,151,58822.5StockholmSverige
Switzerland41,2858,401,120202BernSchweiz/Suisse/Svizzera/Svizra
Turkey [m]23,76483,614,362[228]106.7AnkaraTürkiye
Ukraine [s]603,62842,418,23573.8KyivУкраїна (Ukraina)
United Kingdom244,82066,040,229270.7LondonUnited Kingdom
Vatican City0.441,0002,272Vatican CityCittà del Vaticano/Civitas Vaticana
Total5010,180,000[n]743,000,000[n]73

Within the above-mentioned states are several de facto independent countries with limited to no international recognition. None of them are members of the UN:

FlagSymbolNameArea
(km2)
Population
Population density
(per km2)
Capital
Abkhazia [p]8,660243,20628Sukhumi
Artsakh [q]11,458150,93212Stepanakert
Donetsk [s]7,8532,302,444293Donetsk
Kosovo [o]10,9081,920,079159Pristina
Luhansk [s]8,3771,464,039175Luhansk
Northern Cyprus [d]3,355313,62693Nicosia
South Ossetia [p]3,90053,53213.7Tskhinvali
Transnistria [a]4,163475,665114Tiraspol

Several dependencies and similar territories with broad autonomy are also found within or in close proximity to Europe. This includes Åland (a region of Finland), two constituent countries of the Kingdom of Denmark (other than Denmark itself), three Crown dependencies, and two British Overseas Territories. Svalbard is also included due to its unique status within Norway, although it is not autonomous. Not included are the three countries of the United Kingdom with devolved powers and the two Autonomous Regions of Portugal, which despite having a unique degree of autonomy, are not largely self-governing in matters other than international affairs. Areas with little more than a unique tax status, such as Heligoland and the Canary Islands, are also not included for this reason.

FlagSymbolNameSovereign
state
Area
(km2)
PopulationPopulationdensity
(per km2)
Capital
Sovereign Base Areas of Akrotiri and DhekeliaUK25415,70059.1Episkopi Cantonment
ÅlandFinland1,58029,48918.36Mariehamn
Bailiwick of Guernsey [c]UK7865,849844.0St. Peter Port
Bailiwick of Jersey [c]UK118.2100,080819Saint Helier
Faroe IslandsDenmark1,39950,77835.2Tórshavn
GibraltarUK6.732,1944,328Gibraltar
GreenlandDenmark [r]2,166,08655,8770.028Nuuk
Isle of Man [c]UK57283,314148Douglas
SvalbardNorway61,0222,6670.044Longyearbyen

Economy

European and bordering nations by GDP (PPP) per capita

As a continent, the economy of Europe is currently the largest on Earth and it is the richest region as measured by assets under management with over $32.7 trillion compared to North America's $27.1 trillion in 2008.[229] In 2009 Europe remained the wealthiest region. Its $37.1 trillion in assets under management represented one-third of the world's wealth. It was one of several regions where wealth surpassed its precrisis year-end peak.[230] As with other continents, Europe has a large variation of wealth among its countries. The richer states tend to be in the West; some of the Central and Eastern European economies are still emerging from the collapse of the Soviet Union and the breakup of Yugoslavia.

The model of the Blue Banana was designed as an economic geographic representation of the respective economic power of the regions, which was further developed into the Golden Banana or Blue Star. The trade between East and West, as well as towards Asia, which had been disrupted for a long time by the two world wars, new borders and the Cold War, increased sharply after 1989. In addition, there is new impetus from the Chinese Belt and Road Initiative across the Suez Canal towards Africa and Asia.[231]

The European Union, a political entity composed of 27 European states, comprises the largest single economic area in the world. 19 EU countries share the euro as a common currency. Five European countries rank in the top ten of the world's largest national economies in GDP (PPP). This includes (ranks according to the CIA): Germany (6), Russia (7), the United Kingdom (10), France (11), and Italy (13).[232]

There is huge disparity between many European countries in terms of their income. The richest in terms of nominal GDP is Monaco with its US$185,829 per capita (2018) and the poorest is Ukraine with its US$3,659 per capita (2019).[233] Monaco is the richest country in terms of GDP per capita in the world according to the World Bank report.

As a whole, Europe's GDP per capita is US$21,767 according to a 2016 International Monetary Fund assessment.[234]

RankCountryGDP (nominal, Peak Year)
millions of USD
Peak Year
 European Union19,226,2352008
1 Germany4,319,2862021
2 United Kingdom3,124,6502021
3 France2,938,2712021
4 Italy2,408,3922008
5 Russia2,288,4282013
6 Spain1,631,6852008
7 Netherlands1,012,5982021
8 Turkey957,5042013
9  Switzerland824,7342021
10 Poland642,1212021
RankCountryGDP (PPP, Peak Year)
millions of USD
Peak Year
 European Union22,825,2362019
1 Germany4,743,6732021
2 Russia4,328,1222021
3 United Kingdom3,246,5372019
4 France3,231,9272021
5 Turkey2,749,5702021
6 Italy2,668,9562019
7 Spain2,007,0552019
8 Poland1,363,7662021
9 Netherlands1,055,5022021
10  Switzerland660,8622021

Economic history

Industrial growth (1760–1945)

Capitalism has been dominant in the Western world since the end of feudalism.[235] From Britain, it gradually spread throughout Europe.[236] The Industrial Revolution started in Europe, specifically the United Kingdom in the late 18th century,[237] and the 19th century saw Western Europe industrialise. Economies were disrupted by World War I but by the beginning of World War II they had recovered and were having to compete with the growing economic strength of the United States. World War II, again, damaged much of Europe's industries.

Cold War (1945–1991)
Fall of the Berlin Wall in 1989.
Eurozone (blue colour)

After World War II the economy of the UK was in a state of ruin,[238] and continued to suffer relative economic decline in the following decades.[239] Italy was also in a poor economic condition but regained a high level of growth by the 1950s. West Germany recovered quickly and had doubled production from pre-war levels by the 1950s.[240] France also staged a remarkable comeback enjoying rapid growth and modernisation; later on Spain, under the leadership of Franco, also recovered, and the nation recorded huge unprecedented economic growth beginning in the 1960s in what is called the Spanish miracle.[241] The majority of Central and Eastern European states came under the control of the Soviet Union and thus were members of the Council for Mutual Economic Assistance (COMECON).[242]

The states which retained a free-market system were given a large amount of aid by the United States under the Marshall Plan.[243] The western states moved to link their economies together, providing the basis for the EU and increasing cross border trade. This helped them to enjoy rapidly improving economies, while those states in COMECON were struggling in a large part due to the cost of the Cold War. Until 1990, the European Community was expanded from 6 founding members to 12. The emphasis placed on resurrecting the West German economy led to it overtaking the UK as Europe's largest economy.

Reunification (1991–present)

With the fall of communism in Central and Eastern Europe in 1991, the post-socialist states began free market reforms.

After East and West Germany were reunited in 1990, the economy of West Germany struggled as it had to support and largely rebuild the infrastructure of East Germany.

By the millennium change, the EU dominated the economy of Europe comprising the five largest European economies of the time namely Germany, the United Kingdom, France, Italy, and Spain. In 1999, 12 of the 15 members of the EU joined the Eurozone replacing their former national currencies by the common euro. The three who chose to remain outside the Eurozone were: the United Kingdom, Denmark, and Sweden. The European Union is now the largest economy in the world.[244]

Figures released by Eurostat in 2009 confirmed that the Eurozone had gone into recession in 2008.[245] It impacted much of the region.[246] In 2010, fears of a sovereign debt crisis[247] developed concerning some countries in Europe, especially Greece, Ireland, Spain, and Portugal.[248] As a result, measures were taken, especially for Greece, by the leading countries of the Eurozone.[249] The EU-27 unemployment rate was 10.3% in 2012.[250] For those aged 15–24 it was 22.4%.[250]

Demographics

Population growth in and around Europe in 2010[251]

In 2017, the population of Europe was estimated to be 742 million according to the 2019 revision of the World Population Prospects[2][3], which is slightly more than one-ninth of the world's population. This number includes Siberia, (about 38 million people) but excludes European Turkey (about 12 million). A century ago, Europe had nearly a quarter of the world's population.[252] The population of Europe has grown in the past century, but in other areas of the world (in particular Africa and Asia) the population has grown far more quickly.[253] Among the continents, Europe has a relatively high population density, second only to Asia. Most of Europe is in a mode of Sub-replacement fertility, which means that each new(-born) generation is being less populous than the older. The most densely populated country in Europe (and in the world) is the microstate of Monaco.

Ethnic groups

Pan and Pfeil (2004) count 87 distinct "peoples of Europe", of which 33 form the majority population in at least one sovereign state, while the remaining 54 constitute ethnic minorities.[254]According to UN population projection, Europe's population may fall to about 7% of world population by 2050, or 653 million people (medium variant, 556 to 777 million in low and high variants, respectively).[253] Within this context, significant disparities exist between regions in relation to fertility rates. The average number of children per female of child-bearing age is 1.52.[255] According to some sources,[256] this rate is higher among Muslims in Europe. The UN predicts a steady population decline in Central and Eastern Europe as a result of emigration and low birth rates.[257]

Migration

Map showing areas of European settlement (people who claim full European descent)

Europe is home to the highest number of migrants of all global regions at 70.6 million people, the IOM's report said.[258] In 2005, the EU had an overall net gain from immigration of 1.8 million people. This accounted for almost 85% of Europe's total population growth.[259] In 2008, 696,000 persons were given citizenship of an EU27 member state, a decrease from 707,000 the previous year.[260] In 2017, approximately 825,000 persons acquired citizenship of an EU28 member state.[261] 2.4 million immigrants from non-EU countries entered the EU in 2017.[262]

Early modern emigration from Europe began with Spanish and Portuguese settlers in the 16th century,[263][264] and French and English settlers in the 17th century.[265] But numbers remained relatively small until waves of mass emigration in the 19th century, when millions of poor families left Europe.[266]

Today, large populations of European descent are found on every continent. European ancestry predominates in North America, and to a lesser degree in South America (particularly in Uruguay, Argentina, Chile and Brazil, while most of the other Latin American countries also have a considerable population of European origins). Australia and New Zealand have large European derived populations. Africa has no countries with European-derived majorities (or with the exception of Cape Verde and probably São Tomé and Príncipe, depending on context), but there are significant minorities, such as the White South Africans in South Africa. In Asia, European-derived populations, (specifically Russians), predominate in North Asia and some parts of Northern Kazakhstan.[267]

Languages

Distribution of major languages of Europe

Europe has about 225 indigenous languages,[268] mostly falling within three Indo-European language groups: the Romance languages, derived from the Latin of the Roman Empire; the Germanic languages, whose ancestor language came from southern Scandinavia; and the Slavic languages.[219] Slavic languages are mostly spoken in Southern, Central and Eastern Europe. Romance languages are spoken primarily in Western and Southern Europe, as well as in Switzerland in Central Europe and Romania and Moldova in Eastern Europe. Germanic languages are spoken in Western, Northern and Central Europe as well as in Gibraltar and Malta in Southern Europe.[219] Languages in adjacent areas show significant overlaps (such as in English, for example). Other Indo-European languages outside the three main groups include the Baltic group (Latvian and Lithuanian), the Celtic group (Irish, Scottish Gaelic, Manx, Welsh, Cornish, and Breton[219]), Greek, Armenian, and Albanian.

A distinct non-Indo-European family of Uralic languages (Estonian, Finnish, Hungarian, Erzya, Komi, Mari, Moksha, and Udmurt) is spoken mainly in Estonia, Finland, Hungary, and parts of Russia. Turkic languages include Azerbaijani, Kazakh and Turkish, in addition to smaller languages in Eastern and Southeast Europe (Balkan Gagauz Turkish, Bashkir, Chuvash, Crimean Tatar, Karachay-Balkar, Kumyk, Nogai, and Tatar). Kartvelian languages (Georgian, Mingrelian, and Svan) are spoken primarily in Georgia. Two other language families reside in the North Caucasus (termed Northeast Caucasian, most notably including Chechen, Avar, and Lezgin; and Northwest Caucasian, most notably including Adyghe). Maltese is the only Semitic language that is official within the EU, while Basque is the only European language isolate.

Multilingualism and the protection of regional and minority languages are recognised political goals in Europe today. The Council of Europe Framework Convention for the Protection of National Minorities and the Council of Europe's European Charter for Regional or Minority Languages set up a legal framework for language rights in Europe.

Major cities and urban areas

European megacities
Moscow
Istanbul[b]
London
Paris

The four largest urban areas of Europe are Istanbul, Moscow, Paris and London. All have over 10 million residents,[269] and as such have been described as megacities.[270] While Istanbul has the highest total city population, it lies partly in Asia, making Moscow the largest city entirely in Europe. The next largest cities in order of population are Saint Petersburg, Madrid, Berlin and Rome, each having over 3 million residents.[269]

When considering the commuter belts or metropolitan areas, within the EU (for which comparable data is available) Moscow covers the largest population, followed in order by Istanbul, London, Paris, Madrid, Milan, Ruhr Area, Saint Petersburg, Rhein-Süd, Barcelona and Berlin.[271]

Culture

Contemporary political map of Europe showing cultural proximities

"Europe" as a cultural concept is substantially derived from the shared heritage of ancient Greece and the Roman Empire and its cultures. The boundaries of Europe were historically understood as those of Christendom (or more specifically Latin Christendom), as established or defended throughout the medieval and early modern history of Europe, especially against Islam, as in the Reconquista and the Ottoman wars in Europe.[272]

Dance at Le Moulin de la Galette, 1876, by Pierre-Auguste Renoir

This shared cultural heritage is combined by overlapping indigenous national cultures and folklores, roughly divided into Slavic, Latin (Romance) and Germanic, but with several components not part of either of these group (notably Greek, Basque and Celtic). Historically, special examples with overlapping cultures are Strasbourg with Latin (Romance) and Germanic or Trieste with Latin, Slavic and Germanic roots.

Cultural contacts and mixtures shape a large part of the regional cultures of Europe. It is often described as "maximum cultural diversity with minimal geographical distances".

Different cultural events are organised in Europe, with the aim of bringing different cultures closer together and raising awareness of their importance, such as the European Capital of Culture, the European Region of Gastronomy, the European Youth Capital and the European Capital of Sport.

Religion

St. Peter's Basilica in Vatican City, the largest church in the world

Historically, religion in Europe has been a major influence on European art, culture, philosophy and law. There are six patron saints of Europe venerated in Roman Catholicism, five of them so declared by Pope John Paul II between 1980 and 1999: Saints Cyril and Methodius, Saint Bridget of Sweden, Catherine of Siena and Saint Teresa Benedicta of the Cross (Edith Stein). The exception is Benedict of Nursia, who had already been declared "Patron Saint of all Europe" by Pope Paul VI in 1964.[273][circular reference]

Religion in Europe according to the Global Religious Landscape survey by the Pew Forum, 2012[8]

  Christianity (75.2%)
  No religion (18.2%)
  Islam (5.9%)
  Buddhism (0.2%)
  Hinduism (0.2%)
  Folk religion (0.1%)
  Other religions (0.1%)

The largest religion in Europe is Christianity, with 76.2% of Europeans considering themselves Christians,[274] including Catholic, Eastern Orthodox and various Protestant denominations. Among Protestants, the most popular are historically state-supported European denominations such as Lutheranism, Anglicanism and the Reformed faith. Other Protestant denominations such as historically significant ones like Anabaptists were never supported by any state and thus are not so widespread, as well as these newly arriving from the United States such as Pentecostalism, Adventism, Methodism, Baptists and various Evangelical Protestants; although Methodism and Baptists both have European origins. The notion of "Europe" and the "Western World" has been intimately connected with the concept of "Christianity and Christendom"; many even attribute Christianity for being the link that created a unified European identity.[275]

Christianity, including the Roman Catholic Church,[276][277] has played a prominent role in the shaping of Western civilisation since at least the 4th century,[278][279][280][281] and for at least a millennium and a half, Europe has been nearly equivalent to Christian culture, even though the religion was inherited from the Middle East. Christian culture was the predominant force in western civilisation, guiding the course of philosophy, art, and science.[282][283] In 2012 Europe had the world's largest Christian population.[8]

The second most popular religion is Islam (6%)[284] concentrated mainly in the Balkans and Eastern Europe (Bosnia and Herzegovina, Albania, Kosovo, Kazakhstan, North Cyprus, Turkey, Azerbaijan, North Caucasus, and the Volga-Ural region). Other religions, including Judaism, Hinduism, and Buddhism are minority religions (though Tibetan Buddhism is the majority religion of Russia's Republic of Kalmykia). The 20th century saw the revival of Neopaganism through movements such as Wicca and Druidry.

Europe has become a relatively secular continent, with an increasing number and proportion of irreligious, atheist and agnostic people, who make up about 18.2% of Europe's population,[285] currently the largest secular population in the Western world. There are a particularly high number of self-described non-religious people in the Czech Republic, Estonia, Sweden, former East Germany, and France.[286]

Sport

Football is one of the most popular sports in Europe. (San Siro stadium in Milan)

Sport in Europe tends to be highly organized with many sports having professional leagues. The origins of many of the world's most popular sports today lie in the codification of many traditional games, especially in Great Britain. However, a paradoxical feature of European sport is the remarkable extent to which local, regional and national variations continue to exist, and even in some instances to predominate.[287]

Spectator sports are popular across Europe. (Camp Nou stadium in Barcelona, the largest in Europe)

See also

History
  • Genetic history of Europe
  • Prehistoric Europe
  • Classical antiquity
  • Middle Ages
  • Early modern Europe
  • Modernity
  • History of Europe
Politics
  • Eurodistrict
  • Euroregion
  • Flags of Europe
  • List of sovereign states by date of formation
  • Names of European cities in different languages
  • OSCE countries statistics
  • European Union as a potential superpower
Demographics
  • Area and population of European countries
  • European Union statistics
  • List of European cities by population within city limits
  • Largest cities of the EU
  • Largest urban areas of the European Union
  • List of cities in Europe
  • List of metropolitan areas in Europe
  • List of villages in Europe
  • Pan-European identity
Economics
  • Economy of the European Union
  • Financial and social rankings of European countries
  • Healthcare in Europe
  • Telecommunications in Europe
  • List of European television stations
  • List of European countries by GDP (nominal)
Culture
  • European Capital of Culture
  • European Region of Gastronomy
  • European Youth Capital
  • European Capital of Sport
Sports
  • European Games

Notes

  1. ^ a b
    Transnistria, internationally recognised as being a legal part of the Republic of Moldova, although de facto control is exercised by its internationally unrecognised government which declared independence from Moldova in 1990.
  2. ^
    Russia is considered a transcontinental country in both Eastern Europe and Northern Asia. The vast majority of its population (78%) lives in European Russia.[288] However only the population figure includes the entire state.
  3. ^ a b c
    Guernsey, the Isle of Man and Jersey are Crown Dependencies of the United Kingdom. Other Channel Islands legislated by the Bailiwick of Guernsey include Alderney and Sark.
  4. ^ a b
    Cyprus can be considered part of Europe or Western Asia; it has strong historical and sociopolitical connections with Europe. The population and area figures refer to the entire state, including the de facto independent part Northern Cyprus which is not recognised as a sovereign nation by the vast majority of sovereign nations, nor the UN.
  5. ^
    Figures for Portugal include the Azores and Madeira archipelagos, both in Northern Atlantic.
  6. ^
    Area figure for Serbia includes Kosovo, a province that unilaterally declared its independence from Serbia on 17 February 2008, and whose sovereign status is unclear. Population and density figures are from the first results of 2011 census and are given without the disputed territory of Kosovo.
  7. ^
    Figures for France include only metropolitan France: some politically integral parts of France are geographically located outside Europe.
  8. ^
    Netherlands population for November 2014. Population and area details include European portion only: Netherlands and three entities outside Europe (Aruba, Curaçao and Sint Maarten, in the Caribbean) constitute the Kingdom of the Netherlands. Amsterdam is the official capital, while The Hague is the administrative seat.
  9. ^
    Kazakhstan is physiographically considered a transcontinental country, mostly in Central Asia (UN region), partly in Eastern Europe, with European territory west of the Ural Mountains and Ural River. However, only the population figure refers to the entire country.
  10. ^
    Armenia can be considered part of Eastern Europe or Western Asia; it has strong historical and sociopolitical connections with Europe. The population and area figures include the entire state respectively.
  11. ^
    Azerbaijan can be considered part of Europe or Western Asia.[289] However the population and area figures are for the entire state. This includes the exclave of the Nakhchivan Autonomous Republic and the region Nagorno-Karabakh that has declared, and de facto achieved, independence. Nevertheless, it is not recognised de jure by sovereign states.
  12. ^
    Georgia can be considered part of Eastern Europe or West Asia; it has strong historical and sociopolitical connections with Europe.[290] The population and area figures include Georgian estimates for Abkhazia and South Ossetia, two regions that have declared and de facto achieved independence. International recognition, however, is limited.
  13. ^
    Turkey is physiographically considered a transcontinental country, mostly in Western Asia (the Middle East) and Southeast Europe. Turkey has a small part of its territory (3%) in Southeast Europe called Turkish Thrace.[291] However only the population figure includes the entire state.
  14. ^ a b c d
    The total figures for area and population include only European portions of transcontinental countries. The precision of these figures is compromised by the ambiguous geographical extent of Europe and the lack of references for European portions of transcontinental countries.
  15. ^
    Kosovo unilaterally declared its independence from Serbia on 17 February 2008. Its sovereign status is unclear. Its population is July 2009 CIA estimate.
  16. ^ a b
    Abkhazia and South Ossetia, both of which can be considered part of Eastern Europe or West Asia[292] unilaterally declared their independence from Georgia on 25 August 1990 and 28 November 1991 respectively. Their status as sovereign nations is not recognised by a vast majority of sovereign nations, nor the UN. Population figures stated as of 2003 census and 2000 estimates respectively.
  17. ^
    Nagorno-Karabakh, which can be considered part of Eastern Europe or West Asia, unilaterally declared its independence from Azerbaijan on 6 January 1992. Its status as a sovereign nation is not recognised by any sovereign nation, nor the UN. Population figures stated as of 2003 census and 2000 estimates respectively.
  18. ^
    Greenland, an autonomous constituent country within the Danish Realm, is geographically a part of the continent of North America, but has been politically and culturally associated with Europe.
  19. ^ a b
    Donetsk People's Republic and Luhansk People's Republic, internationally recognised as being a legal part of the Ukraine, although de facto control is exercised by its internationally unrecognised governments which declared independence from Ukraine in 2014.

References

  1. ^ "Largest Countries In Europe 2020". worldpopulationreview.com.
  2. ^ a b c ""World Population prospects – Population division"". population.un.org. United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
  3. ^ a b c ""Overall total population" – World Population Prospects: The 2019 Revision" (xslx). population.un.org (custom data acquired via website). United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
  4. ^ "GDP PPP, current prices". International Monetary Fund. 2021. Retrieved 16 January 2021.
  5. ^ "GDP Nominal, current prices". International Monetary Fund. 2021. Retrieved 16 January 2021.
  6. ^ "Nominal GDP per capita". International Monetary Fund. 2021. Retrieved 16 January 2021.
  7. ^ "Reports – Human Development Reports". hdr.undp.org. Archived from the original on 9 July 2012. Retrieved 21 July 2017.
  8. ^ a b c d e f "The Global Religious Landscape" (PDF). Pewforum.org. Archived from the original (PDF) on 25 January 2017. Retrieved 7 May 2020.
  9. ^ "Demographia World Urban Areas" (PDF). Demographia. Retrieved 28 October 2020.
  10. ^ "Europe". Encyclopædia Britannica.
  11. ^ National Geographic Atlas of the World (7th ed.). Washington, DC: National Geographic. 1999. ISBN 978-0-7922-7528-2. "Europe" (pp. 68–69); "Asia" (pp. 90–91): "A commonly accepted division between Asia and Europe ... is formed by the Ural Mountains, Ural River, Caspian Sea, Caucasus Mountains, and the Black Sea with its outlets, the Bosporus and Dardanelles."
  12. ^ Lewis & Wigen 1997, p. 226
  13. ^ Kim Covert (2011). Ancient Greece: Birthplace of Democracy. Capstone. p. 5. ISBN 978-1-4296-6831-6. Ancient Greece is often called the cradle of western civilization. ... Ideas from literature and science also have their roots in ancient Greece.
  14. ^ a b National Geographic, 534.
  15. ^ "The European union—a federation or a confederation?" (PDF).
  16. ^ a b M. L. West; Morris West (24 May 2007). Indo-European Poetry and Myth. OUP Oxford. p. 185. ISBN 978-0-19-928075-9.
  17. ^ Charles FitzRoy (26 February 2015). The Rape of Europa: The Intriguing History of Titian's Masterpiece. Bloomsbury Publishing. pp. 52–. ISBN 978-1-4081-9211-5.
  18. ^ Michael C. Astour (1967). Hellenosemitica: An Ethnic and Cultural Study in West Semitic Impact on Mycenaean Greece. Brill Archive. p. 128. GGKEY:G19ZZ3TSL38.
  19. ^ "Europe - Origin and meaning of the name Europe by Online Etymology Dictionary". www.etymonline.com.
  20. ^ a b Beekes, Robert (2004). "Kadmos and Europa, and the Phoenicians" (PDF). Kadmos. 43 (1): 168–69. doi:10.1515/kadm.43.1.167. S2CID 162196643.
  21. ^ "Europe" in the Online Etymology Dictionary.
  22. ^ Michael A. Barry: "L'Europe et son mythe : à la poursuite du couchant". In: Revue des deux Mondes (November/December 1999) p. 110. ISBN 978-2-7103-0937-6.
  23. ^ M. L. West (1997). The east face of Helicon: west Asiatic elements in Greek poetry and myth. Oxford: Clarendon Press. p. 451. ISBN 978-0-19-815221-7..
  24. ^ Davidson, Roderic H. (1960). "Where is the Middle East?". Foreign Affairs. 38 (4): 665–675. doi:10.2307/20029452. JSTOR 20029452. S2CID 157454140.
  25. ^ The map shows one of the most commonly accepted delineations of the geographical boundaries of Europe, as used by National Geographic and Encyclopædia Britannica. Whether countries are considered in Europe or Asia can vary in sources, for example in the classification of the CIA World Factbook or that of the BBC. Certain countries in Europe, such as France, have territories lying geographically outside Europe, but which are nevertheless considered integral parts of that country.
  26. ^ a b Microsoft Encarta Online Encyclopaedia 2007. Europe. Archived from the original on 28 October 2009. Retrieved 27 December 2007.
  27. ^ Falconer, William; Falconer, Thomas. Dissertation on St. Paul's Voyage, BiblioLife (BiblioBazaar), 1872. (1817.), p. 50, ISBN 1-113-68809-2 These islands Pliny, as well as Strabo and Ptolemy, included in the African sea
  28. ^ "Europe — Noun". Princeton University. Retrieved 9 June 2008.
  29. ^ Histories 4.38. C.f. James Rennell, The geographical system of Herodotus examined and explained, Volume 1, Rivington 1830, p. 244
  30. ^ Herodotus, 4:45
  31. ^ Strabo Geography 11.1
  32. ^ Franxman, Thomas W. (1979). Genesis and the Jewish antiquities of Flavius Josephus. Pontificium Institutum Biblicum. pp. 101–102. ISBN 978-88-7653-335-8.
  33. ^ W. Theiler, Posidonios. Die Fragmente, vol. 1. Berlin: De Gruyter, 1982, fragm. 47a.
  34. ^ I. G. Kidd (ed.), Posidonius: The commentary, Cambridge University Press, 2004, ISBN 978-0-521-60443-7, p. 738.
  35. ^ Geographia 7.5.6 (ed. Nobbe 1845, vol. 2, p. 178) Καὶ τῇ Εὐρώπῃ δὲ συνάπτει διὰ τοῦ μεταξὺ αὐχένος τῆς τε Μαιώτιδος λίμνης καὶ τοῦ Σαρματικοῦ Ὠκεανοῦ ἐπὶ τῆς διαβάσεως τοῦ Τανάϊδος ποταμοῦ."And [Asia] is connected to Europe by the land-strait between Lake Maiotis and the Sarmatian Ocean where the river Tanais crosses through."
  36. ^ Norman F. Cantor, The Civilization of the Middle Ages, 1993, ""Culture and Society in the First Europe", pp185ff.
  37. ^ Noted by Cantor, 1993:181.
  38. ^ Philipp Johann von Strahlenberg (1730). Das Nord-und Ostliche Theil von Europa und Asia (in German). p. 106.
  39. ^ Davies, Norman (1996). Europe: A History. p. 8. ISBN 978-0-19-820171-7. Retrieved 23 August 2010.
  40. ^ "Boundary of Europe and Asia along Urals" (in Russian). Archived from the original on 8 January 2012.
  41. ^ Peter Simon Pallas, Journey through various provinces of the Russian Empire, vol. 3 (1773)
  42. ^ Douglas W. Freshfield, "Journey in the Caucasus", Proceedings of the Royal Geographical Society, Volumes 13–14, 1869. Cited as de facto convention by Baron von Haxthausen, Transcaucasia (1854); review Dublin University Magazine
  43. ^ "Europe"[dead link], Brockhaus and Efron Encyclopedic Dictionary, 1906
  44. ^ "Do we live in Europe or in Asia?" (in Russian).
  45. ^ Orlenok V. (1998). "Physical Geography" (in Russian). Archived from the original on 16 October 2011.
  46. ^ E.M. Moores, R.W. Fairbridge, Encyclopedia of European and Asian regional geology, Springer, 1997, ISBN 978-0-412-74040-4, p. 34: "most Soviet geographers took the watershed of the Main Range of the Greater Caucasus as the boundary between Europe and Asia."
  47. ^ Lewis & Wigen, The Myth of Continents (1997), p. ?.
  48. ^ A. Vekua; D. Lordkipanidze; G.P. Rightmire; J. Agusti; R. Ferring; G. Maisuradze; et al. (2002). "A new skull of early Homo from Dmanisi, Georgia". Science. 297 (5578): 85–89. Bibcode:2002Sci...297...85V. doi:10.1126/science.1072953. PMID 12098694. S2CID 32726786.
  49. ^ The million year old tooth from Atapuerca, Spain, found in June 2007
  50. ^ Ashley Strickland. "Bones reveal Neanderthal child was eaten by a giant bird". CNN.
  51. ^ National Geographic, 21.
  52. ^ Fu, Qiaomei; et al. (23 October 2014). "The genome sequence of a 45,000-year-old modern human from western Siberia". Nature. 514 (7523): 445–449. Bibcode:2014Natur.514..445F. doi:10.1038/nature13810. hdl:10550/42071. PMC 4753769. PMID 25341783.
  53. ^ 42.7–41.5 ka (1σ CI).Douka, Katerina; et al. (2012). "A new chronostratigraphic framework for the Upper Palaeolithic of Riparo Mochi (Italy)". Journal of Human Evolution. 62 (2): 286–299. doi:10.1016/j.jhevol.2011.11.009. PMID 22189428.
  54. ^ Borza, E.N. (1992), In the Shadow of Olympus: The Emergence of Macedon, Princeton University Press, p. 58, ISBN 978-0-691-00880-6
  55. ^ Scarre, Chris (1996). Fagan, Brian M. (ed.). The Oxford Companion to Archaeology. Oxford University Press. pp. 215–216. ISBN 978-0-19-507618-9.
  56. ^ Atkinson, R.J.C., Stonehenge (Penguin Books, 1956)
  57. ^ Peregrine, Peter Neal; Ember, Melvin, eds. (2001). "European Megalithic". Encyclopedia of Prehistory. 4 : Europe. Springer. pp. 157–184. ISBN 978-0-306-46258-0.
  58. ^ "Ancient Greece". British Museum. Archived from the original on 15 June 2012.
  59. ^ "Periods – School of Archaeology". University of Oxford. Archived from the original on 19 November 2018. Retrieved 25 December 2018.
  60. ^ Short, John R. (1987), An Introduction to Urban Geography, Routledge, p. 10, ISBN 978-0-7102-0372-4
  61. ^ a b c Jonathan Daly (2013). The Rise of Western Power: A Comparative History of Western Civilization. A&C Black. pp. 7–9. ISBN 978-1-4411-1851-6.
  62. ^ Dunn, John (1994), Democracy: the unfinished journey 508 BCE – 1993 CE, Oxford University Press, ISBN 978-0-19-827934-1
  63. ^ National Geographic, 76.
  64. ^ Heath, Thomas Little (1981). A History of Greek Mathematics, Volume I. Dover Publications. ISBN 978-0-486-24073-2.
  65. ^ Heath, Thomas Little (1981). A History of Greek Mathematics, Volume II. Dover publications. ISBN 978-0-486-24074-9.
  66. ^ Pedersen, Olaf. Early Physics and Astronomy: A Historical Introduction. 2nd edition. Cambridge: Cambridge University Press, 1993.
  67. ^ Barry Strauss (2005). The Battle of Salamis: The Naval Encounter That Saved Greece – and Western Civilization. Simon and Schuster. pp. 1–11. ISBN 978-0-7432-7453-1.
  68. ^ a b McEvedy, Colin (1961). The Penguin Atlas of Medieval History. Penguin Books.
  69. ^ National Geographic, 123.
  70. ^ Foster, Sally M., Picts, Gaels, and Scots: Early Historic Scotland. Batsford, London, 2004. ISBN 0-7134-8874-3
  71. ^ Gerard Friell; Peabody Professor of North American Archaeology and Ethnography Emeritus Stephen Williams; Stephen Williams (2005). Theodosius: The Empire at Bay. Routledge. p. 105. ISBN 978-1-135-78262-7.
  72. ^ Hadas, Moses (1950). A History of Greek Literature. Columbia University Press. pp. 273, 327. ISBN 978-0-231-01767-1.
  73. ^ Journal of the History of Ideas, Vol. 4, No. 1. (Jan. 1943), pp. 69–74.
  74. ^ Norman F. Cantor, The Medieval World 300 to 1300.
  75. ^ National Geographic, 135.
  76. ^ Hunter, Shireen; et al. (2004). Islam in Russia: The Politics of Identity and Security. M.E. Sharpe. p. 3. (..) It is difficult to establish exactly when Islam first appeared in Russia because the lands that Islam penetrated early in its expansion were not part of Russia at the time, but were later incorporated into the expanding Russian Empire. Islam reached the Caucasus region in the middle of the seventh century as part of the Arab conquest of the Iranian Sassanian Empire.
  77. ^ Kennedy, Hugh (1995). "The Muslims in Europe". In McKitterick, Rosamund, The New Cambridge Medieval History: c. 500 – c. 700, pp. 249–272. Cambridge University Press. 052136292X.
  78. ^ National Geographic, 143–145.
  79. ^ National Geographic, 162.
  80. ^ National Geographic, 166.
  81. ^ Bulliet et al. 2011, p. 250.
  82. ^ Brown, Anatolios & Palmer 2009, p. 66.
  83. ^ Gerald Mako, "The Islamization of the Volga Bulghars: A Question Reconsidered", Archivum Eurasiae Medii Aevi 18, 2011, 199–223.
  84. ^ Marc'Antonio Bragadin, Storia delle Repubbliche marinare, Odoya, Bologna 2010, 240 pp., ISBN 978-88-6288-082-4
  85. ^ G. Benvenuti, Le Repubbliche Marinare. Amalfi, Pisa, Genova, Venezia, Newton & Compton editori, Roma 1989
  86. ^ a b National Geographic, 158.
  87. ^ National Geographic, 186.
  88. ^ National Geographic, 192.
  89. ^ National Geographic, 199.
  90. ^ Laiou & Morisson 2007, pp. 130–131; Pounds 1979, p. 124.
  91. ^ William J. Duiker; Jackson J. Spielvogel (2010). The Essential World History. Cengage Learning. p. 330. ISBN 978-0-495-90227-0. Retrieved 20 January 2013. The Byzantine Empire also interacted with the world of Islam to its east and the new European civilization of the west. Both interactions proved costly and ultimately fatal.
  92. ^ Ronald Findlay (2006). Eli Heckscher, International Trade, And Economic History. MIT Press. pp. 178–179. ISBN 978-0-262-06251-0. Retrieved 20 January 2013. These Christian allies did not accept the authority of Byzantium, and the Fourth Crusade that sacked Constantinople and established the so-called Latin Empire that lasted until 1261 was a fatal wound from which the empire never recovered until its fall at the hands of the Ottoman Turks in 1453 (Queller and Madden 1997).
  93. ^ Robert Browning (1992). The Byzantine Empire (Revised ed.). CUA Press. p. 253. ISBN 978-0-8132-0754-4. Retrieved 20 January 2013. And though the final blow was struck by the Ottoman Turks, it can plausibly be argued that the fatal injury was inflicted by the Latin crusaders in 1204.
  94. ^ Ted Byfield (2008). A Glorious Disaster: A.D. 1100 to 1300: The Crusades: Blood, Valor, Iniquity, Reason, Faith. Christian History Project. p. 136. ISBN 978-0-9689873-7-7. Retrieved 20 January 2013. continue to stand for another 250 before ultimately falling to the Muslim Turks, but it had been irrevocably weakened by the Fourth Crusade.
  95. ^ Cornelia Golna (2004). City of Man's Desire: A Novel of Constantinople. Go-Bos Press. p. 424. ISBN 978-90-804114-4-9. Retrieved 20 January 2013. 1204 The Fourth Crusade sacks Constantinople, destroying and pillaging many of its treasures, fatally weakening the empire both economically and militarily
  96. ^ John Powell (2001). Magill's Guide to Military History: A-Cor. Salem Press. ISBN 978-0-89356-015-7. Retrieved 20 January 2013. However, the fifty-seven years of plunder that followed made the Byzantine Empire, even when it retook the capital in 1261, genuinely weak. Beginning in 1222, the empire was further weakened by a civil war that lasted until 1355. ... When the Ottomans overran their lands and besieged Constantinople in 1453, sheer poverty and weakness were the causes of the capital city's final fall.
  97. ^ Dale T. Irvin (10 January 2002). History of the World Christian Movement: Volume 1: Earliest Christianity To 1453. Continuum International Publishing Group. p. 405. ISBN 978-0-567-08866-6. Retrieved 20 January 2013. Not only did the fourth crusade further harden the resentments Greek-speaking Christians felt toward the Latin West, but it further weakened the empire of Constantinople, many say fatally so. After the restoration of Greek imperial rule the city survived as the capital of Byzantium for another two centuries, but it never fully recovered.
  98. ^ Richard C. Frucht (2004). Eastern Europe: An Introduction to the People, Lands, and Culture. ABC-CLIO. p. 856. ISBN 978-1-57607-800-6. Retrieved 20 January 2013. Although the empire was revived, the events of 1204 had so weakened Byzantium that it was no longer a great power.
  99. ^ William J. Duiker; Jackson J. Spielvogel (2010). The Essential World History. Cengage Learning. p. 386. ISBN 978-0-495-90227-0. Retrieved 20 January 2013. Later they established themselves in the Anatolian peninsula at the expense of the Byzantine Empire. ... The Byzantines, however, had been severely weakened by the sack of Constantinople in the Fourth Crusade (in 1204) and the Western occupation of much of the empire for the next half century.
  100. ^ National Geographic, 211.
  101. ^ Ralph Peters (29 August 2006). New Glory: Expanding America's Global Supremacy. Sentinel. ISBN 978-1-59523-030-0. Retrieved 20 January 2013. Western Christians, not Muslims, fatally crippled Byzantine power and opened Islam's path into the West.
  102. ^ Chronicles. Rockford Institute. 2005. Retrieved 20 January 2013. two-and-a-half centuries to recover from the Fourth Crusade before the Ottomans finally took Constantinople in 1453, ... They fatally wounded Byzantium, which was the main cause of its weakened condition when the Muslim onslaught came. Even on the eve of its final collapse, the precondition for any Western help was submission in Florence.
  103. ^ Klyuchevsky, Vasily (1987). The course of the Russian history. v.1: "Myslʹ. ISBN 978-5-244-00072-6.CS1 maint: location (link)
  104. ^ "The Destruction of Kyiv". University of Toronto. Archived from the original on 27 April 2011. Retrieved 10 June 2008.
  105. ^ "Golden Horde", in Encyclopædia Britannica, 2007.
  106. ^ "Khanate of the Golden Horde (Kipchak)". Alamo Community Colleges. Archived from the original on 7 June 2008. Retrieved 10 June 2008.
  107. ^ Spinei, Victor. The Romanians and the Turkic Nomads North of the Danube Delta from the Tenth to the Mid-Thirteenth Century, Brill, 2009, ISBN 978-90-04-17536-5
  108. ^ The Late Middle Ages Archived 2 November 2015 at the Wayback Machine. Oglethorpe University.
  109. ^ Baumgartner, Frederic J. France in the Sixteenth Century. London: Macmillan Publishers, 1995. ISBN 0-333-62088-7.
  110. ^ Don O'Reilly. "Hundred Years' War: Joan of Arc and the Siege of Orléans". TheHistoryNet.com. Archived 9 November 2006 at the Wayback Machine
  111. ^ Poor studies will always be with us. By James Bartholomew. Telegraph. 7 August. 2004.
  112. ^ Famine. Encyclopædia Britannica.
  113. ^ "Plague: The Black Death". National Geographic. Retrieved 1 April 2012.
  114. ^ National Geographic, 223.
  115. ^ "Epidemics of the Past: Bubonic Plague — Infoplease.com". Infoplease.com. Retrieved 3 November 2008.
  116. ^ Jo Revill (16 May 2004). "Black Death blamed on man, not rats | UK news | The Observer". The Observer. London. Retrieved 3 November 2008.
  117. ^ a b Peter Barrett (2004), Science and Theology Since Copernicus: The Search for Understanding, pp. 14–18, Continuum International Publishing Group, ISBN 0-567-08969-X
  118. ^ Weiss, Roberto (1969) The Renaissance Discovery of Classical Antiquity, ISBN 1-59740-150-1
  119. ^ Jacob Burckhardt (1990) [1878]. The Civilisation of the Renaissance in Italy (translation by S.G.C Middlemore ed.). London: Penguin Books. ISBN 978-0-14-044534-3.
  120. ^ National Geographic, 254.
  121. ^ Jensen, De Lamar (1992), Renaissance Europe, ISBN 0-395-88947-2
  122. ^ Levey, Michael (1967). Early Renaissance. Penguin Books.
  123. ^ National Geographic, 292.
  124. ^ Levey, Michael (1971). High Renaissance. Penguin Books.
  125. ^ National Geographic, 193.
  126. ^ John Morris Roberts (1997). Penguin History of Europe. Penguin Books. ISBN 978-0-14-026561-3.
  127. ^ National Geographic, 296.
  128. ^ National Geographic, 338.
  129. ^ Elliott p.333
  130. ^ Morris, Terence Alan (1998). Europe and England in the sixteenth century. Routledge, p. 335. ISBN 0-415-15041-8
  131. ^ Rowse, A. L. (1969). Tudor Cornwall: portrait of a society. C. Scribner, p. 400
  132. ^ "One decisive action might have forced Philip II to the negotiating table and avoided fourteen years of continuing warfare. Instead the King was able to use the brief respite to rebuild his naval forces and by the end of 1589 Spain once again had an Atlantic fleet strong enough to escort the American treasure ships home." The Mariner's mirror, Volumes 76–77. Society for Nautical Research., 1990
  133. ^ Kamen, Henry. Spain's Road to Empire: The Making of a World Power, 1492–1763. p. 221.
  134. ^ National Geographic, 256–257.
  135. ^ "European History/Religious Wars in Europe"
  136. ^ Humphreys, Kenneth. Jesus Never Existed: An Introduction to the Ultimate Heresy.
  137. ^ History of Europe – Demographics. Encyclopædia Britannica.
  138. ^ National Geographic, 269.
  139. ^ "The Seventeenth-Century Decline". The Library of Iberian resources online. Retrieved 13 August 2008.
  140. ^ "Food, Famine And Fertilisers". Seshadri Kannan (2009). APH Publishing. p. 51. ISBN 81-313-0356-X
  141. ^ Frost, Robert I. (2004). After the Deluge; Poland-Lithuania and the Second Northern War, 1655-1660. Cambridge: University Press. ISBN 9780521544023.
  142. ^ Lukowski, Jerzy (2014). The Partitions of Poland 1772, 1793, 1795. New York: Taylor & Routledge. ISBN 9781317886945.
  143. ^ W.G. Clarence-Smith (2006). "Islam And The Abolition Of Slavery". Oxford University Press. p. 13. ISBN 0-19-522151-6 — "Lands to the north of the Black Sea probably yielded the most slaves to the Ottomans from 1450. A compilation of estimates indicates that Crimean Tartars seized about 1,750,000 Ukrainians, Poles, and Russians from 1468 to 1694."
  144. ^ Hunt, Shelby D. (2003). Controversy in marketing theory: for reason, realism, truth, and objectivity. M.E. Sharpe. p. 18. ISBN 978-0-7656-0932-8.
  145. ^ "Scientific Revolution: Chronological Timeline: Copernicus to Newton Archived 23 July 2013 at the Wayback Machine". Retrieved 23 June 2012.
  146. ^ Goldie, Mark; Wokler, Robert (2006). The Cambridge History of Eighteenth-Century Political Thought. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-37422-4.
  147. ^ Cassirer, Ernst (1979). The Philosophy of the Enlightenment. Princeton University Press. ISBN 978-0-691-01963-5.
  148. ^ National Geographic, 255.
  149. ^ Schama, Simon (1989). Citizens: A Chronicle of the French Revolution. Knopf. ISBN 978-0-394-55948-3.
  150. ^ National Geographic, 360.
  151. ^ McEvedy, Colin (1972). The Penguin Atlas of Modern History. Penguin Books. ISBN 978-0-14-051153-6.
  152. ^ Lyons, Martyn (1994). Napoleon Bonaparte and the legacy of the French Revolution. St. Martin's Press. ISBN 978-0-312-12123-5.
  153. ^ Grab, Alexander (2003). Napoleon and the Transformation of Europe (European History in Perspective). Palgrave MacMillan. ISBN 978-0-333-68275-3.
  154. ^ National Geographic, 350.
  155. ^ National Geographic, 367.
  156. ^ National Geographic, 371–373.
  157. ^ Davies, Norman (1996). Europe: A History. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-820171-7.
  158. ^ [1], Ottoman Empire – 19th century, Historyworld
  159. ^ Trevelyan, George Macaulay (1988). A shortened history of England. Penguin Books. ISBN 978-0-14-010241-3.
  160. ^ Webb, Sidney (1976). History of Trade Unionism. AMS Press. ISBN 978-0-404-06885-1.
  161. ^ Slavery, Historical survey – Ways of ending slavery, Encyclopædia Britannica
  162. ^ Trevelyan, George Macaulay (1942). English Social History. Longmans, Green.
  163. ^ Modernisation – Population Change. Encyclopædia Britannica.
  164. ^ "The Irish Famine". BBC – History.
  165. ^ The Atlantic: Can the US afford immigration?. Migration News. December 1996.
  166. ^ PoPulation – Global Mapping International Archived 2 February 2014 at the Wayback Machine
  167. ^ "Assassin Gavrilo Princip gets a statue in Sarajevo". Prague Post. 28 June 2014. Retrieved 11 July 2014.
  168. ^ National Geographic, 407.
  169. ^ National Geographic, 440.
  170. ^ "The Treaty of Versailles and its Consequences". James Atkinson. Archived from the original on 12 May 2008. Retrieved 10 June 2008.
  171. ^ National Geographic, 480.
  172. ^ National Geographic, 443.
  173. ^ Mark Harrison (18 July 2002). Accounting for War: Soviet Production, Employment, and the Defence Burden, 1940–1945. Cambridge University Press. p. 167. ISBN 978-0-521-89424-1.
  174. ^ "Legacy of famine divides Ukraine". BBC News. 24 November 2006.
  175. ^ Abbott Gleason (2009). A companion to Russian history. Wiley-Blackwell. p. 373. ISBN 978-1-4051-3560-3.
  176. ^ Geoffrey A. Hosking (2001). Russia and the Russians: a history. Harvard University Press. p. 469. ISBN 978-0-674-00473-3.
  177. ^ "Los Angeles Times: Archives – Fourth of Serbia's Population Dead". pqarchiver.com.
  178. ^ "Asserts Serbians Face Extinction; Their Plight in Occupied Districts Worse Than Belgians', Says Labor Envoy" (PDF). Retrieved 19 January 2017.
  179. ^ "Serbia Restored" (PDF). Retrieved 19 January 2017.
  180. ^ "Serbia and Austria" (PDF). New York Times. 28 July 1918.
  181. ^ "Appeals to Americans to pray for Serbians" (PDF). New York Times. 27 July 1918.
  182. ^ a b Hobsbawm, Eric (1995). The Age of Extremes: A history of the world, 1914–1991. Vintage. ISBN 978-0-679-73005-7.
  183. ^ National Geographic, 438.
  184. ^ "Adolf Hitler: Rise of Power, Impact & Death". History.com. Retrieved 26 July 2020.
  185. ^ National Geographic, 465.
  186. ^ Taylor, A. J. P. (1996). The Origins of the Second World War. Simon & Schuster. ISBN 978-0-684-82947-0.
  187. ^ National Geographic, 510.
  188. ^ National Geographic, 532.
  189. ^ National Geographic, 511.
  190. ^ National Geographic, 519.
  191. ^ National Geographic, 439.
  192. ^ "Europe honours war dead on VE Day". BBC News. 9 May 2005.
  193. ^ Niewyk, Donald L. and Nicosia, Francis R. The Columbia Guide to the Holocaust, Columbia University Press, 2000, pp. 45–52.
  194. ^ "Leaders mourn Soviet wartime dead". BBC News. 9 May 2005. Retrieved 4 January 2010.
  195. ^ "Refugees: Save Us! Save Us!". Time. 9 July 1979.
  196. ^ Schechtman, Joseph B. (1953). "Postwar Population Transfers in Europe: A Survey". The Review of Politics. 15 (2): 151–178. doi:10.1017/s0034670500008081. JSTOR 1405220.
  197. ^ National Geographic, 530.
  198. ^ Jessica Caus "Am Checkpoint Charlie lebt der Kalte Krieg" In: Die Welt 4 August 2015.
  199. ^ Karlo Ruzicic-Kessler "Togliatti, Tito and the Shadow of Moscow 1944/45-1948: Post-War Territorial Disputes and the Communist World", In: Journal of European Integration History, (2/2014).
  200. ^ Christian Jennings "Flashpoint Trieste: The First Battle of the Cold War", (2017), pp 244.
  201. ^ The European flag, Council of Europe. Retrieved 27 October 2016.
  202. ^ Thomas Roser: DDR-Massenflucht: Ein Picknick hebt die Welt aus den Angeln (German – Mass exodus of the GDR: A picnic clears the world) In: Die Presse 16 August 2018.
  203. ^ Der 19. August 1989 war ein Test für Gorbatschows“ (German - August 19, 1989 was a test for Gorbachev), In: FAZ 19 August 2009.
  204. ^ Michael Frank: Paneuropäisches Picknick – Mit dem Picknickkorb in die Freiheit (German: Pan-European picnic - With the picnic basket to freedom), in: Süddeutsche Zeitung 17 May 2010.
  205. ^ Andreas Rödder, Deutschland einig Vaterland – Die Geschichte der Wiedervereinigung (2009).
  206. ^ Padraic Kenney "A Carnival of Revolution: Central Europe 1989" (2002) pp 109.
  207. ^ Michael Gehler "Der alte und der neue Kalte Krieg in Europa" In: Die Presse 19.11.2015.
  208. ^ Robert Stradling "Teaching 20th-century European history" (2003), pp 61.
  209. ^ National Geographic, 536.
  210. ^ National Geographic, 537.
  211. ^ National Geographic, 535.
  212. ^ "UK leaves the European Union". BBC News. 1 February 2020. Retrieved 16 July 2020.
  213. ^ Cuper, Simon (23 May 2014). "Why Europe works". ft.com. Retrieved 28 May 2014.
  214. ^ Europe. Encyclopædia Britannica.
  215. ^ a b "European Climate". World Book. World Book, Inc. Archived from the original on 9 November 2006. Retrieved 16 June 2008.
  216. ^ Josef Wasmayer "Wetter- und Meereskunde der Adria" (1976), pp 5.
  217. ^ Beck, Hylke E.; Zimmermann, Niklaus E.; McVicar, Tim R.; Vergopolan, Noemi; Berg, Alexis; Wood, Eric F. (30 October 2018). "Present and future Köppen-Geiger climate classification maps at 1-km resolution". Scientific Data. 5: 180214. Bibcode:2018NatSD...580214B. doi:10.1038/sdata.2018.214. PMC 6207062. PMID 30375988.
  218. ^ Climate tables of the articles, where the precise sources can be found
  219. ^ a b c d "Europe". Encyclopædia Britannica. 2007. Archived from the original on 4 December 2007. Retrieved 10 June 2008.
  220. ^ "Geology map of Europe". University of Southampton. 1967. Retrieved 9 June 2008.
  221. ^ "History and geography". Save America's Forest Funds. Retrieved 9 June 2008.
  222. ^ "State of Europe's Forests 2007: The MCPFE report on sustainable forest management in Europe" (PDF). EFI Euroforest Portal. p. 182. Archived from the original (PDF) on 24 June 2008. Retrieved 9 June 2008.
  223. ^ "European bison, Wisent". Archived from the original on 26 December 2016. Retrieved 19 January 2017.
  224. ^ Walker, Matt (4 August 2009). "European bison on 'genetic brink'". BBC News.
  225. ^ Bryant, S.; Thomas, C.; Bale, J. (1997). "Nettle-feeding nymphalid butterflies: temperature, development and distribution". Ecological Entomology. 22 (4): 390–398. doi:10.1046/j.1365-2311.1997.00082.x. S2CID 84143178.
  226. ^ Savona-Ventura, C.; Mifsud, A. (9 April 1997). "Paleolithic Man and his Environment in Malta". Archived from the original on 18 October 2009. Retrieved 19 July 2014.
  227. ^ not counting the microstate of Vatican City
  228. ^ https://www.tuik.gov.tr/
  229. ^ Fineman, Josh (15 September 2009). "Bloomberg.com". Bloomberg.com. Archived from the original on 28 January 2015. Retrieved 23 August 2010.
  230. ^ "Global Wealth Stages a Strong Comeback". Pr-inside.com. 10 June 2010. Archived from the original on 20 May 2011. Retrieved 23 August 2010.
  231. ^ Global shipping and logistic chain reshaped as China’s Belt and Road dreams take off in Hellenic Shipping News, 4. December 2018; Wolf D. Hartmann, Wolfgang Maennig, Run Wang: Chinas neue Seidenstraße. (2017), p 59; Jacob Franks "The Blu Banana - the True Heart of Europe" In: Big Think Edge, 31.12.2014; Zacharias Zacharakis: Chinas Anker in Europa in: Die Zeit 8. May 2018; Harry de Wilt: Is One Belt, One Road a China crisis for North Sea main ports? in World Cargo News, 17 December 2019; Hospers, Gert-Jan "Beyond the blue banana? Structural change in Europe´s geo-economy." 2002
  232. ^ "The CIA World Factbook – GDP (PPP)". CIA. 15 July 2008. Retrieved 19 July 2008.
  233. ^ "The World Bank DataBank". worldbank.org.
  234. ^ Some data refers to IMF staff estimates but some are actual figures for the year 2017, made in 12 April 2017. World Economic Outlook Database–April 2017, International Monetary Fund. Accessed on 18 April 2017.
  235. ^ Capitalism Archived 17 May 2014 at the Wayback Machine. Encyclopædia Britannica.
  236. ^ Scott, John (2005). Industrialism: A Dictionary of Sociology. Oxford University Press.
  237. ^ Steven Kreis (11 October 2006). "The Origins of the Industrial Revolution in England". The History Guide. Retrieved 1 January 2007.
  238. ^ Dornbusch, Rudiger; Nölling, Wilhelm P.; Layard, Richard G. Postwar Economic Reconstruction and Lessons for the East Today, p. 117
  239. ^ Emadi-Coffin, Barbara (2002). Rethinking International Organisation: Deregulation and Global Governance. Routledge. p. 64. ISBN 978-0-415-19540-9.
  240. ^ Dornbusch, Rudiger; Nölling, Wilhelm P.; Layard, Richard G. Postwar Economic Reconstruction and Lessons for the East Today, p. 29
  241. ^ Harrop, Martin. Power and Policy in Liberal Democracies, p. 23
  242. ^ "Germany (East)", Library of Congress Country Study, Appendix B: The Council for Mutual Economic Assistance
  243. ^ "Marshall Plan". US Department of State Office of the historian.
  244. ^ [2][permanent dead link][better source needed]
  245. ^ "EU data confirms eurozone's first recession". EUbusiness.com. 8 January 2009. Archived from the original on 30 December 2010.
  246. ^ Thanks to the Bank it's a crisis; in the eurozone it's a total catastrophe. Telegraph. 8 March 2009.
  247. ^ Stefan Schultz (11 February 2010). "Five Threats to the Common Currency". Spiegel Online. Retrieved 28 April 2010.
  248. ^ Brian Blackstone; Tom Lauricella; Neil Shah (5 February 2010). "Global Markets Shudder: Doubts About U.S. Economy and a Debt Crunch in Europe Jolt Hopes for a Recovery". The Wall Street Journal. Retrieved 10 May 2010.
  249. ^ Lauren Frayer Contributor. "European Leaders Try to Calm Fears Over Greek Debt Crisis and Protect Euro". AOL News. Archived from the original on 9 May 2010. Retrieved 2 June 2010.
  250. ^ a b Unemployment statistics Archived 14 June 2012 at the Wayback Machine. Eurostat. April 2012.
  251. ^ CIA.gov CIA population growth rankings, CIA World Factbook
  252. ^ World Population Growth, 1950–2050. Population Reference Bureau. Archived 22 July 2013 at the Wayback Machine
  253. ^ a b "World Population Prospects: The 2006 Revision Population Database". UN — Department of Economic and Social Affairs. Archived from the original on 7 January 2010. Retrieved 10 June 2008.
  254. ^ Christoph Pan, Beate Sibylle Pfeil, Minderheitenrechte in Europa. Handbuch der europäischen Volksgruppen (2002). Living-Diversity.eu Archived 20 July 2011 at the Wayback Machine, English translation 2004.
  255. ^ "White Europeans: An endangered species?". Yale Daily News. Archived from the original on 19 May 2008. Retrieved 10 June 2008.
  256. ^ "Brookings Institution Report". Archived from the original on 11 October 2007. See also: "Muslims in Europe: Country guide". BBC news. 23 December 2005. Retrieved 4 January 2010.
  257. ^ UN predicts huge migration to rich countries. Telegraph. 15 March 2007.
  258. ^ "Rich world needs more foreign workers: report Archived 20 January 2016 at the Wayback Machine", FOXNews.com. 2 December 2008.
  259. ^ "Europe: Population and Migration in 2005". Migration Information Source. June 2006. Archived from the original on 9 June 2008. Retrieved 10 June 2008.
  260. ^ "EU27 Member States granted citizenship to 696 000 persons in 2008 Archived 6 September 2014 at the Wayback Machine" (PDF). Eurostat. 6 July 2010.
  261. ^ "Acquisition of citizenship statistics". www.ec.europa.eu. Eurostat. March 2019. Retrieved 4 May 2019.
  262. ^ "Migration and migrant population statistics". Eurostat. March 2019.
  263. ^ "A pena do degredo nas Ordenações do Reino". Archived from the original on 6 July 2011. Retrieved 18 August 2010.
  264. ^ "Ensaio sobre a imigração portuguesa e os padrões de miscigenação no Brasil" (PDF). Archived from the original (PDF) on 6 July 2011. Retrieved 18 August 2010.
  265. ^ Axtell, James (September–October 1991). "The Columbian Mosaic in Colonial America". Humanities. 12 (5): 12–18. Archived from the original on 17 May 2008. Retrieved 8 October 2008.
  266. ^ Evans, N.J. (2001). "Work in progress: Indirect passage from Europe Transmigration via the UK, 1836–1914". Journal for Maritime Research. 3: 70–84. doi:10.1080/21533369.2001.9668313.
  267. ^ Robert Greenall, Russians left behind in Central Asia, BBC News, 23 November 2005
  268. ^ Language facts – European day of languages, Council of Europe. Retrieved 30 July 2015
  269. ^ a b "The World's Cities in 2016" (PDF). United Nations. 2016. p. 11.
  270. ^ "Istanbul one of four anchor megacities of Europe: Research". Hürriyet Daily News. 14 December 2015.
  271. ^ "Major Agglomerations of the World - Population Statistics and Maps". www.citypopulation.de. Retrieved 10 September 2020.
  272. ^ Hilaire Belloc, Europe and the Faith, Chapter I
  273. ^ Symbols of Europe#Patron saints
  274. ^ "Regional Distribution of Christians: Christianity in Europe". Pew Research Center's Religion & Public Life Project. 18 December 2011. Retrieved 22 February 2015.
  275. ^ Dawson, Christopher; Glenn Olsen (1961). Crisis in Western Education (reprint ed.). p. 108. ISBN 978-0-8132-1683-6.
  276. ^ J. Spielvogel, Jackson (2016). Western Civilization: A Brief History, Volume I: To 1715 (Cengage Learning ed.). p. 156. ISBN 978-1-305-63347-6.
  277. ^ Neill, Thomas Patrick (1957). Readings in the History of Western Civilization, Volume 2 (Newman Press ed.). p. 224.
  278. ^ "Roman Catholicism". Retrieved 19 January 2017.
  279. ^ Caltron J.H Hayas, Christianity and Western Civilization (1953), Stanford University Press, p. 2: That certain distinctive features of our Western civilization — the civilization of western Europe and of America— have been shaped chiefly by Judaeo – Graeco – Christianity, Catholic and Protestant.
  280. ^ Jose Orlandis, 1993, "A Short History of the Catholic Church," 2nd edn. (Michael Adams, Trans.), Dublin:Four Courts Press, ISBN 1-85182-125-2, preface, see [3], accessed 8 December 2014.
  281. ^ Thomas E. Woods and Antonio Canizares, 2012, "How the Catholic Church Built Western Civilization," Reprint edn., Washington, DC: Regnery History, ISBN 1-59698-328-0, see accessed 8 December 2014. p. 1: "Western civilization owes far more to Catholic Church than most people – Catholic included – often realize. The Church in fact built Western civilization."
  282. ^ Koch, Carl (1994). The Catholic Church: Journey, Wisdom, and Mission. Early Middle Ages: St. Mary's Press. ISBN 978-0-88489-298-4.
  283. ^ Dawson, Christopher; Glenn Olsen (1961). Crisis in Western Education (reprint ed.). ISBN 978-0-8132-1683-6.
  284. ^ "The Global Religious Landscape: Muslims". pewforum. 18 December 2012. Retrieved 18 December 2012.
  285. ^ "Religiously Unaffiliated". Pew Research Center's Religion & Public Life Project. 18 December 2012. Retrieved 22 February 2015.
  286. ^ Dogan, Mattei (1998). "The Decline of Traditional Values in Western Europe". International Journal of Comparative Sociology. 39: 77–90. doi:10.1177/002071529803900106. S2CID 143999152.
  287. ^ Dine, Philip; and Seán Crosson (2010). Sport, Representation and Evolving Identities in Europe. Bern: Peter Lang. p. 2. ISBN 9783039119776.
  288. ^ Vishnevsky, Anatoly (15 August 2000). "Replacement Migration: Is it a solution for Russia?" (PDF). Expert Group Meeting on Policy Responses to Population Ageing and Population Decline /UN/POP/PRA/2000/14. United Nations Population Division, Department of Economic and Social Affairs. pp. 6, 10. Retrieved 14 January 2008.
  289. ^ The UN Statistics Department [4] places Azerbaijan in Western Asia for statistical convenience [5]: "The assignment of countries or areas to specific groupings is for statistical convenience and does not imply any assumption regarding political or other affiliation of countries or territories." The CIA World Factbook [6] places Azerbaijan in South Western Asia, with a small portion north of the Caucasus range in Europe. National Geographic Archived 19 January 2012 at the Wayback Machine and Encyclopædia Britannica also place Georgia in Asia.
  290. ^ Council of Europe "47 countries, one Europe". Archived from the original on 8 January 2011. Retrieved 9 January 2011., British Foreign and Commonwealth Office "Country profiles ' Europe ' Georgia". Archived from the original on 31 December 2010. Retrieved 9 January 2011., World Health Organization [7], World Tourism Organization [8], UNESCO [9], UNICEF [10], UNHCR [11], European Civil Aviation Conference "Member States". Archived from the original on 23 July 2013. Retrieved 9 January 2011., Euronews [12], BBC [13], NATO [14], Russian Foreign Ministry [15], the World Bank "Archived copy". Archived from the original on 19 February 2011. Retrieved 9 January 2011.CS1 maint: archived copy as title (link).
  291. ^ FAO. "Inland fisheries of Europe". FAO. Retrieved 26 March 2011.
  292. ^ The UN Statistics Department [16] places Georgia in Western Asia for statistical convenience [17]: "The assignment of countries or areas to specific groupings is for statistical convenience and does not imply any assumption regarding political or other affiliation of countries or territories." The CIA World Factbook [18], National Geographic, and Encyclopædia Britannica also place Georgia in Asia.

Sources

  • National Geographic Society (2005). National Geographic Visual History of the World. Washington, DC: National Geographic Society. ISBN 0-7922-3695-5.
  • Bulliet, Richard; Crossley, Pamela; Headrick, Daniel; Hirsch, Steven; Johnson, Lyman (2011). The Earth and Its Peoples, Brief Edition. 1. Cengage Learning. ISBN 978-0-495-91311-5.
  • Brown, Stephen F.; Anatolios, Khaled; Palmer, Martin (2009). O'Brien, Joanne (ed.). Catholicism & Orthodox Christianity. Infobase Publishing. ISBN 978-1-60413-106-2.

External links

  • Council of Europe
  • European Union
  • The Columbia Gazetteer of the World Online Columbia University Press
  • "Introducing Europe" from Lonely Planet Travel Guides and Information

Historical Maps

  • Borders in Europe 3000BC to the present Geacron Historical atlas
  • Online history of Europe in 21 maps