諸葛亮

Hashtags #諸葛亮

諸葛亮若いころet劉備の下での奉仕

Zhuge Liang (諸葛亮 の発音は中国標準語: [ヴァーチャル.k エラーシコロン̀ ljâ€] (聞く)この音について ; 181–234 ), [2] Kongmingは、中国の政治家および軍事戦略家であった。彼は、三国時代のShu state Shu漢州の首相であり、後に摂政務めました。彼は彼の時代の最も熟練した戦略家として認識され、比較された孫子の著者アートオブウォー[3]賢く学識のある学者としての彼の評判は、比較的離れた場所に住んでいたときにも高まり、「しゃがむドラゴン」または「眠れるドラゴン」を意味する「ウーロン」または「フーロン」というニックネームを獲得しました。諸葛亮は道教の衣装を着て、鶴の羽で作った扇子を持っている姿がよく描かれています。[4]

諸葛亮はConfConfConf教志向の[5] 「法家」でした。[6]彼は賢者の管仲に自分自身を比較するのが好きで、[6] Shu Shu agricultureの農業と産業を発展させて地域大国になり[7]、申不害と韓非の作品を非常に重視し、[8]拒否した.地元のエリートを甘やかし、厳格だが公正で明確な法律を採用すること。彼の統治を記念して、地元の人々は彼の神社を何年も維持しました。[9]彼の名前は、中国文化における知恵と戦略の代名詞となっています。[要出典]

諸葛孔明はYangdu郡に181で生まれたLangya Commandery(現代沂水、山東省)。[10]彼の姓Zhugeは、2 文字の中国の複合姓です。父の諸葛珪は若くして死去し、Yuzz総督府の諸葛玄(諸葛珪の従兄弟)に育てられた。195年に諸葛亮が Yuz総督を追われた時、諸葛亮は諸葛亮に従い、 friend州総督の劉表と同居した。[11]

諸葛亮は背の高い男に成長した。彼は暗唱楽しんLiangfu殷梁父吟)、山東省、彼の出身地で人気の民謡を。彼は自分を賢者の管仲や軍事指導者の楽毅と比較する癖がありました。諸葛亮は、彼を真剣に受け止めた人はほとんどいませんでしたが、徐庶、 C Cui周平、 Men Men Men建、石 Taなど、地元の有力な文人たちと親交を深めました。諸葛亮はまた、司馬 Hui、P徳公、黄承彦などの有名な知識人とも親密な関係を保っていた。司馬 Huはかつて諸葛亮を眠りの龍に例えた。[11]

黄承彦はかつて諸葛亮に、「あなたは配偶者を求めていると聞いています。私には黄色い肌と黒い肌をした醜い娘がいますが、彼女の才能はあなたと同じです。」[12]諸葛亮はこれに同意し、黄承彦の娘と結婚した。

山を離れたコンミンの絵 (詳細、明代) は、諸葛亮 (左、馬に乗っている) が、彼の素朴な隠れ家を出て、劉備(右、馬に乗っている) に 仕えることを描いています。
Zhuge Liang がデイベッドに横たわる様子を描いた Zhang Feng の絵 (1654 年)

とき劉備がで常駐してXinye郡と下の避難所を取っジン省の知事、劉表、彼が訪れた司馬徽現在の分析の方は?ずっと彼らは時事問題について知っていますか、儒教学者や一般的な学者」、彼に言われました、問題はエリートです。この地域にいるのは、しゃがむドラゴンとヤングフェニックスだけです。」[13]司馬 Huは諸葛亮のことを指していた。彼のあだ名は「しゃがみ龍」であった。そしてホウ統そのニックネーム「ヤングフェニックス」または「ひな鳥フェニックス」(鳳雛)として翻訳することができます。

徐庶は後に諸葛亮を劉備に再び勧め、劉備は諸葛亮に会いに来てほしいと願った。しかし徐庶は「この男は直接会いに行かなければならない。面会に招待することはできない」と答えた。[14]劉備は 3 回の個人訪問を経て、207 年に諸葛亮の採用に成功した[14]。これは、後に諸葛亮が彼を訪れたと主張するvisited松之による後の注釈と矛盾している。[15] [a]それにもかかわらず、「コテージへの 3 回の訪問」 (三<0xE9><0xA1><0xA1>茅茅<0xE5><0xE5><0xBA><0xBE><0xBE><0xBE><0x90>) は、中国で非常に有名な古典的な参考文献になりました。

易中天は、三国志We Weil略の両方の記録が真実であると 示唆した 。時系列は次のとおりです。諸葛亮は最初に劉備に近づき、彼の知恵を示しました。リャンの才能を認めた劉備は、個人的にリャンを3回訪問し、さらなる議論を行った。 [16]
小説「 三国志のロマンス」は、多くの架空の神秘的な出来事を伴う劉備の 3 回の訪問を描いており、3 回目の訪問でのみ、劉備が諸葛亮に会い、隆中策を聞くことができたと述べています。しかし、真実は、劉備は3回の訪問すべてで梁と会うことができ、諸葛亮が正式に彼のサービスを提供することを最終的に決定する前に、おそらく隆中計画のさらなる議論のためにさらに多くの訪問があった. [16]

諸葛亮は劉備に隆中策を提示し、劉備の後を追うために家を出た。その後、劉備は諸葛亮と非常に親しくなり、よく話し合った。関羽と張飛は、彼らの関係を不快にし、それについて不平を言いました。劉備は「コンミンを手に入れた今、私は水を見つけた魚のようです。不快な発言をやめてください」と説明しました。[17]関羽と張飛は不平を言うのをやめた.

外交官として

208で、劉表が死亡し、彼の若い息子、によって成功した劉ソウ降伏し、ジン省をする曹操。劉備は劉 Conの降伏を聞くと、従者たち(軍隊と民間人)を率いて南下し、シアコウに向かったが、途中の長坂の戦いで曹操軍に短い小競り合いを起こし、大敗を喫した。Xiakouでいる間、劉備は従うこと諸葛孔明を送った魯粛をする江東彼との間で提携の形成を議論する孫権を、そして梁はChaisangで孫権との会合を持っていることができました。

諸葛亮は孫権の性格を判断し、孫権にprov resistに抵抗できなければ降伏するように言い、孫権を挑発することにした。[18]梁はまた、劉備も曹操よりも弱いが、降伏する代わりに死ぬまで戦うと説明した。さらに、長坂での敗北にも関わらず、劉備とその同盟国は依然として重要な戦力を維持しており、曹操軍は見かけほど強力ではありませんでした。孫権は諸葛亮の主張に満足し、 Lu Su粛の政治情勢分析と周 Yuの曹操軍の弱点分析とともに、曹操に抵抗する劉備と同盟を結ぶことに同意した[19]。諸葛亮は孫権の特使、 Lu Lu粛とともに劉備の野営地に戻り、次の戦争に備えた。

物流担当者として

後半208では、劉備と孫権の同盟軍はで曹操軍の上に決定的な勝利を獲得し赤壁の戦い。曹操はYe市に撤退し、劉備はJ州南部の大部分を占める江南の領土を征服した。諸葛亮は、一族の軍事顧問に任命された。彼は、リンリン (現在の永州、湖南)、貴陽、長沙の各司令部を統治し、軍隊に資金を提供するための税金を徴収する責任を負っていました。

211において、劉璋、知事イ州(現代被覆四川省と重慶)、攻撃に劉備からの援助を要求張呂のに漢中Commandery。劉備は諸葛亮、関羽、張飛などの J州を離れ、益州に軍を率いて進軍した。劉備は劉 Zの提案に即座に同意したが、内密に劉 Z takeの土地を乗っ取る計画を立てていた。翌年、劉 Zは劉備の意図を察知し、2人は敵対し戦争を繰り広げた。諸葛亮、張飛、Z Zo雲は益州の首都成都への攻撃で劉備を援護するために別々の部隊を率い、関羽はJ州を守るために留まった。214年、劉 Zが降伏し、劉備が益州を掌握。

劉備は軍事顧問ゼネラルとして諸葛孔明を任命(軍師將軍)と、彼は彼の個人事務所(左の一般のオフィス(の事務を管理してみましょう左の將軍))。劉備が軍事作戦に乗り出すときはいつでも、諸葛亮は成都を守り、軍隊と食糧の安定​​した供給を確保した。221年、曹 Piが西安帝の王位を奪ったことを受けて、劉備の部下は曹 Piに皇帝を宣言するよう忠告した。最初は拒否した後、Liu Bei は最終的に Zhuge Liang にそうするよう説得され、Shu Han の支配者になりました。劉備は諸葛亮を宰相に任命し、諸葛亮を帝国事務局の長官に任命した。諸葛亮は張飛の死後、Re Re司<0x9A>校童の大佐に任命された。

諸葛亮の20世紀の描写。

223年春、Li陵の戦いに敗れた劉備は永安(現在の重慶市奉節県)に撤退し、重病となった。彼は成都から諸葛亮を呼び出し、彼に言った、「あなたは曹 Pi Pi Piよりも10倍も才能があり、国を守り、私たちの偉大な使命を達成することができます。私の息子が助けられるなら、彼を助けてください。彼が証明してくれれば無能なら君が王位を継ぐことができる」[20]諸葛亮は涙ながらに「死ぬまで全力を尽くし、揺るぎない忠誠を尽くします」と答えた. [21]劉備は息子の劉禅に諸葛孔明と共に国政を行い、諸葛孔明を父とみなすよう命じた[21]

諸葛亮の「王位継承」(君可自取)に関する劉備の最後の発言をめぐっては賛否両論がある。易中天は、彼の「三国志の分析」で、劉備のメッセージのいくつかの解釈を示しました。陳寿は、劉備が諸葛亮を心から信頼し、梁が文字通り「引き継ぐ」ことを許したとコメントした。劉備は諸葛亮の忠誠心を試すためだけに、弟の諸葛,が呉東部のために働いていたと主張する人もいます。他の人は、「王位を引き継ぐ」という部分は、諸葛亮が自分自身のために王位を継承することを許可されたという意味ではなく、状況が要求されたときに、劉禅を劉永や劉備の生きている他の息子に置き換えることを許可されたとコメントした.リュウ・リ。

摂政としての権力保持

劉備の死後、劉禅はShu Shu Shu漢の王位に就いた。諸葛亮に「武 W<0xE9><0x84>侯侯<0x89><0x89>」の称号を与え、首相の職をつくった。長くないの後に、諸葛孔明は、知事の任命された李省蜀漢の領土のほとんどを含め地域- 。

首相 (官僚の役人を直接管理する) と州知事 (一般の人々を直接管理する) の両方であるということは、治安判事と一般人の両方、つまり国政のすべてが諸葛亮の手中にあったことを意味します。独立した首相官邸 (独立した部下が所属) を持つことは、諸葛亮の権威が皇帝の権威から比較的独立していたことを意味した。言い換えれば、三国志が言ったように、 Shu Shu Shu漢のすべての事柄は、些細なことであれ重要なことであれ、諸葛亮によって直接処理され、劉禅皇帝は単なる名目上の指導者に過ぎなかった。また、皇帝自身も諸葛孔明により厳しく教育・監督されていた。この状態は梁が亡くなるまで続きました。

諸葛亮が劉禅に権限を返還することを拒否した理由を説明しようとした多くの試みがあります。易中天は 3 つの理由を提案した: [22]

  1. 諸葛亮は皇帝のモデルを支持したが、皇帝は間接的に国を率いており、西漢の初期の状況と同様に、彼の名前で事務を処理する宰相を持っていた. 梁の意見では、天皇が直接事務を処理した場合、問題が発生しても誰も責められないが、代表の首相が処理を行った場合、失敗した場合、皇帝は首相に対して尋問を行うことができた.
  2. 諸葛亮は、劉禅が国政を直接扱うほどの経験がないと頑なに考えたので、梁は間違いが起こらないように自分で物事を行うことにしました。
  3. 当時の Shu Shu Shu漢の状況は非常に複雑で、非常に綿密な解決策が必要でした。経験の浅い Liu Shan にはこのような難しい問題に対処できませんでしたが、諸葛亮にはできました。

経済改革

益州の裕福な家庭は、前代の総督に抑圧されることなく、自由に庶民を搾取し、贅沢な生活を送っていました。その結果、貧困が蔓延し、経済政治改革が諸葛亮の最も重要な関心事でした。Shu Shu Shu漢政権に対する人々の忠誠心を高め、 and Caに対する将来の遠征を適切に支援するためには、強固な経済基盤も必要でした。したがって、諸葛亮は、彼の政策の核となる価値は、人々の生活を安定させ、改善することであることを明らかにしました。[23]

諸葛亮の新しい政策は、劉備の時代から施行され、劉禅の時代も続いた。彼は腐敗した役人を一掃し、税金を軽減し、貴族による一般市民に対する権力の乱用を制限しました。農業活動の混乱を避けるために、強制労働と軍の動員も削減され、再スケジュールされ、曹操の屯田システムは食糧生産量を増やすために広範囲に導入されました。農業用堤防は、成都北部の有名なZhuge 堤防を含め、大幅に再建および修復されました。改革のおかげで、 Shu Shu Shu漢の農業生産は大幅に伸び、彼女の軍事活動を維持することができました。

製塩、製糸、製鋼 - シュウ地域の 3 つの顕著な経済活動 - も諸葛亮の注目を集めました。劉備は諸葛亮の提案に従い、製塩と製鉄の管理を専門とする局を創設しました。最初は王連と張儀がそれぞれ指揮をとっていました。専門のシルク管理局も設立されたため、成都は「シルクの都市」と呼ばれました。Sanguozhiは、 Shu Shu Shu漢の塩生産が非常に繁栄し、政府にかなりの収入をもたらしたと報告しました。地元の有名な金属鍛冶であるFu Yuanは、Zhuge Liang から冶金の研究を委託され、Shu Han 軍の鋼製武器の製造技術を向上させることに成功しました。絹の生産も大幅に伸び、 Shu Shu Shu漢政権末期には国宝に20万枚の絹を蓄積することに成功しました。諸葛亮の家族の農園には、 silk silk silkの餌用に 800 本の桑の木もありました。

政治的混乱により、漢王朝末期の通貨制度は深刻な混乱に陥りました。益州での地位を確立した劉備と諸葛亮は、劉 Baの助言に従い、金融改革を成功させた。新しい Shu Shu Shu漢通貨は、国境内でスムーズに流通しただけでなく、隣接する J州でも人気がありました。一方、曹操、曹操、曹叡、孫権の同様の政策は困難に見舞われ、限られた成果しか上げられなかった。

法律と道徳の改革

諸葛亮は Shu Shu Shu漢の法治を強く支持した。易中天は、「法の支配」は「君主の名目支配と首相の直接支配」とともに、諸葛亮の2つの重要な遺産であり、多くの人々が哀れにも忘れていたとコメントした. [24]

劉備が一緒になって李州、諸葛孔明、入力された後法正、劉Baの、李ヤンと李智を、蜀漢のための法的なコードを書きました。[25]

諸葛亮は、地元の李貴族の腐敗とそれに伴う退廃を抑えるために、厳格だが公正で透明な法律を定めた法家の政策を制定し、裕福な家庭の権力を制限した。諸葛亮は、次のような高ランクの治安判事罰するて喜んでいた李ヤン、のような梁の近い仲間馬蘇を法的注文を保つために自分自身を降格するために喜んでも、と。しかし、梁氏は罰を乱用することも控え、法執行には細心の注意を払う必要がありました。習 Zo歯は、「漢の時代以来、対等な人間はいなかった」と梁の法治政策を称賛したLi Yan やLiao Li のような罰せられた治安判事でさえ、諸葛亮を高く評価し、懲罰が十分に行われた後は Liang が彼らを再雇用すると強く信じていました。[26] [23]

諸葛亮も道徳を重んじ、自らも模範として厳格でストイックな生活を送っていた。彼は過剰な資産を所有せず、贅沢な支出を控え、主に政府の給与に依存していました。などの蜀漢の治安判事、トウ芝、費イ、姜維、張毅厳密法と道徳的なコードによって守らも続いスーツは、透明性と整合性の高いレベルを維持するために、シュウ政府を可能にしました。[23]易中天は Shu Shu Shu漢を三国志の中で最も優れた「合理的支配」の模範であると称賛した. [27]

誰もがそのような法家の方針に満足したわけではありません。梁の政策に対する郭忠のコメントは、「残酷」で「搾取的」であり、「貴族から平民まで全員」が動揺したというものでした。Zhuge Liang の法執行は適切であり、決して「搾取的」であってはならないため、Pei Songzhiはそのようなコメントに同意しませんでした。[28]それはまた、「厳しい法律にもかかわらず、誰も動揺しなかった」という陳寿のコメントと矛盾した. 易中天は、 Shu Shu Shuの人々が梁の公正さと透明性に満足しているので、矛盾した評価はどちらも正しいとコメントしたが、梁の過度な厳格さについて怒っている人もいた. さらに、諸葛亮の公正さと法規は必然的に地方の貴族を抑圧し、彼らが権力を乱用し、政治や世論を操作することを防ぎました。それが、諸葛亮を尊敬していたにもかかわらず、地元の Shuintel Shuのインテリギスティアの多くが ofの againstに対する侵略を暗黙のうちに支持した理由です。[29]これは、Zhang Wen [30]や Sun Quanなどの現代の情報源によってサポートされています。晋王朝のYu Z準も諸葛亮の管理能力と人気を高く評価し[31]、人々は彼の死後数十年も諸葛亮を称賛し続けた[31][32]

教育と人材の登録ポリシー

諸葛亮は才能を高く評価したため、 Shu Shu Shu漢政府により多くの有能な治安判事を育成し、採用するために教育に強い関心を払った。梁は、 Q<0x8B>周のような多くの著名な地元の知識人によって保持されている、学習奨励の補佐官 (<0xE5><0xE5><0x8B><0x8B><0xE6><0xE6><0x96><0x88><0x88><0x88><0xE5><0xBE><0x88><0xBE><0xE5>印事) の地位を確立しました。Qiao Zhou は非常に長い間この役職にあり、非常に影響力があり、彼の生徒の 1 人はSanguozhi の著者Chen Shouでした。後に諸葛亮は、ConfConfConf教の書物を教科書として使用する訓練施設である大 Education Residence (<0x88><0x88>府を設立した。Liang はまた、成都と北部遠征の最前線の両方に、多くの「読書用住居」を作りました。このような施設はさまざまなトピックの議論の場として機能し、その議論を通じて有能な人材を発掘し、採用することができました。Shu Shu漢の広漢地区の知事であるヤオ・ティエンは、多くの才能を政府に推薦することに成功し、諸葛亮からは惜しみない賞賛を受けました。[33]

諸葛亮はまた、特定の政策に関するすべての議論を集め、治安判事が部下の批判を受け入れて適切な決定を下すこと、および従業員のすべての才能を活用することを奨励する「議論局」メカニズムを設立しました。諸葛亮は能力主義政策を実施し、名声や経歴ではなく、彼らが何をしたか、何ができるかに基づいて人々を昇進させ、評価しました。[33]

呉東部の外交使節

同時に、南中の司令部はShu Shuに対して反乱を起こしたが、劉備の死はまだ最近であったため、諸葛亮は反乱を鎮圧するために軍隊を派遣しなかった。劉備はLu迅に敗れた後、呉との同盟が必要だと説得された。ズゲはuge and Den芝と陳真を派遣して呉東部と和平を結び、呉との同盟を再結した。諸葛亮は、両国の外交関係を改善するために、一貫して呉に使節を派遣した。

229年、孫権は自らを皇帝に即位したため、漢王朝( Shu Shu Shu漢を含む)を唯一の正統派と見なしていた Shu Shu Shu漢宮廷の役人の多くを怒らせた。Shu Shu漢の当局者の中には、 Shu Shu Shuと呉の関係を断つことを提案する者もいた。しかし、諸葛亮は、 Shu Shu-武同盟は依然として必要であり、孫権の「裏切り」は一時的に脇に置くことができるとコメントした。Shu Shu Shu漢の使者が孫権を祝福し、2つの同盟国の関係を強化するために派遣されました。

南部キャンペーン

諸葛亮の南方作戦

摂政としての彼の治世中、諸葛亮は Shu Shuの目的を、Shuの観点からすると、曹We We Weの国家に奪われていた漢王朝の回復に設定した。彼は、 We attackを攻撃するためには、 Shu of Shuの完全な統一がまず必要だと感じた. [34]諸葛亮は、ローカル一族が作業であろうと心配していた南蛮の中部族Nanzhong反乱をステージングします。北部の We We Weを攻撃しているときに、農民が反逆し、首都成都の周辺地域に押し入る可能性を恐れた諸葛亮は、まず南部の部族を鎮圧することに決めました。

225 年の春、ヨン、ガオ、ジュ、メンなどの地方の氏族が南部のいくつかの都市を支配していたため、諸葛亮は南中への遠征軍を率いた。馬蘇は、彼らがそれらを征服するために軍事力を使用するのではなく、彼らのサポートを南蛮の心を獲得し、結集を試みるべきであると提案しました。諸葛亮は馬蘇のアドバイスを留意し、反乱軍のリーダー、敗北孟獲をそれはのような、後で履歴に記載されたように、7回、華陽国志。彼は、 Men Mens獲の真の降伏を達成するために、毎回 Men Men Men獲を解放した。[35] Men Men Men獲の 7 回の捕獲に関する話は、最近、ミャオ・ユエ、タン・リャンシャオ、チャン・フアランなどの歴史家を含む多くの現代の学者によって疑問視されています。

win獲は勝利のチャンスがないと悟ったため、 Shu Shu toに忠誠を誓い、諸葛亮によって、民衆の満足を維持し、 border南部との国境を確保するために地域の知事に任命された。これにより、将来の北部遠征が内部混乱なしに進行することが保証されます。[34]リッチとNanzhongから取得した豊富な資源は、シュウの軍事に資金を供給するために使用された状態がより豊かになりました。

北部遠征と死

清王朝のイラスト 司馬懿の諸葛孔明から逃げます。

南蛮をなだめた後、諸葛亮は Shu Shu military軍に We We Weへの大規模な攻勢の準備をするよう命じた。227で、中ながら漢中、彼は記念、題し書いた出師表をに、劉シャン、キャンペーンのための彼の理論的根拠を述べると良い統治上の皇帝に助言を与えます。228 年から 234 年に亡くなるまで、諸葛亮は against total Weに対して合計 5 回の北方遠征を開始しましたが、1 回を除いてすべて失敗しました。最初の北の遠征時には、諸葛孔明は説得姜維彼の側に降伏し、欠陥のために、若い魏軍将校を。[36]チアン・ウェイは後にシュウの著名な将軍となり、諸葛亮の We We Weに対する積極的な外交政策を引き継いだ[36]。Shu Shuによる他の恒久的な利益は、貧しい武都と陰平の司令部の征服と、 We We市民の citizens ofの領土への時折の移転でした。[36]最初の遠征中、ベテラン指揮官魏延はZiwu谷を奇襲攻撃を開始する10000の部隊の離脱をリードすることを提案しました。このような計画は非常にリスクが高いものでしたが、成功した場合は決定的な勝利につながる可能性があります。この計画は、過度に慎重な諸葛亮によって拒否され、 Weset延は動揺した。

最初の遠征は曹We We Weを驚かせ、当初は順調に進んだが、馬 Su率いるShu Shu Shu漢は街亭の戦いで戦略的敗北を喫し、遠征は完全に失敗に終わった。諸葛亮は罰として馬 Suを処刑し、自らを3段階降格させた。2 回目の遠征では、 Shu Shu army軍は重要な要塞である陳倉への攻撃を開始し、失敗し、 We Weの援軍が到着したときに撤退しなければなりませんでした。しかし、追っていた We We Weの将軍、王 Shuは Shu Shu Shuの奇襲によって殺された。第 3 の遠征は、人口が減少し、さらなる攻撃のための軍事の橋頭 usedとして使用された 2 つの司令部、ウードゥとインピンをなんとか捕らえました。230 に曹 Weが反撃を試みたが、これも失敗に終わった。

第四遠征(231)の最初の展開にマーク木製の牛の供給輸送のために、初めて諸葛孔明は会った司馬懿を戦場に。諸葛亮は大部分の軍勢を to Q sent山に派遣し、穀物の収穫のために上 to toへの分遣隊を率いた。郭 Huaiと飛燕の介入の試みは失敗に終わり、 Shu Shu Shu軍は小麦の大部分を収穫することに成功した. 司馬 Yはファビアン戦略を採用することを決め、防御態勢を維持した。諸葛亮は司馬 Yをおびき寄せるため、 Q山の東側にあるchen Luchen城に撤退した。同じく用心深い司馬 Yiは、最初は餌にならなかったが、部下の圧力に屈した. しかし、曹 Weの攻撃は失敗に終わったため、司馬 Yは再び防御態勢をとり、今度はしつこくした. 諸葛亮は、悪天候によりシュウの兵站が予定通りに物資を届けることができず、食糧供給が減少したため、大規模な攻勢で勝利を利用することができなかった. Shu Shu Shu軍は完全な退却を余儀なくされたが、別の奇襲で張 He将軍を殺すことに成功した。

諸葛亮はその経験から学び、 Shu Shu Shu軍の兵站問題の緩和に多大な努力を払った。彼はに木製の牛を改善流れる馬臨時巨大な供給貯蔵施設を建設、および北部地域で大規模な農業生産を行いました。彼はまた、東呉からの組織的攻撃を要求することに成功しました。2 年間の準備の後、234 年に梁は最後の遠征を開始しました。シュウ軍は五丈原に駐屯し、長期の食糧補給のためにここに軍用プランテーション (屯田)を導入しました。曹 We We We側からは、司馬 Yは再びファビアン戦略を執に採用し、部下の抗議をなんとか鎮圧した。諸葛亮は多くの挑発を試みたが、すべて失敗した。大小の軍事的事項についての彼のエネルギーに負担をかけ、諸葛孔明が真剣に病気になり、最終的には彼の死の前に53歳でのキャンプで死んだ、諸葛孔明は推奨蒋エンと費イをシュウの摂政として彼を成功します。

司馬 Y deathは諸葛亮の死とその後の Shu Shu Shu軍の撤退の知らせを聞き、すぐに追跡を開始した。しかし、シュウの後衛はすぐに反撃のふりをし、慎重すぎるシマ・イーに諸葛亮がまだ生きていて待ち伏せを準備していると誤って信じ込ませることに成功した. かくして We We We軍は足を止め、 Shu Shu Shu軍は逃亡に成功した。この事件は、「死んだ諸葛孔明が生きた中達を怖がらせた」という有名な言葉を生み出した.司馬 Yiはこう答えた.「私は生きているものは扱えるが、死者は扱えない.

埋葬

諸葛亮は、彼の死にかけの願いに従って、豪華で高価な材料を使わず、質素な葬儀と墓を定軍山に葬った. 梁は、劉禅から死後、「諸葛孔明侯爵」(忠武侯; 文字通り「忠武侯爵」)の称号を与えられた。諸葛亮はかつて劉禅に宛てた手紙で、国の模範となるような過度で贅沢な資産のないストイックな生活を送ると約束した. 諸葛亮の死後、人々は彼の財産を調べ、彼の主張を確認した。[37]

諸葛亮の死は、 Shu Shu Shu漢民族の間で広く悲嘆に暮れました。当初、諸葛亮の公式の寺院も法的な儀式もまだ確立されておらず、世論を混乱させたため、諸葛亮の追悼と崇拝は人々によってar意的に行われました。そのため、263 年に諸葛亮のための寺院が綿陽の墓の近くに建てられました。[37]

で呉の侯爵の寺院における諸葛亮の彫刻 成都、 四川省。

諸葛亮の祖先である諸葛豊(諸葛< 0xE8>)は、漢代の元帝の治世中、諸葛豊(諸葛<0xB1><0xE8><0xB1> Co長を務めた。諸葛亮の父、諸葛珪諸葛珪)は、漢代末期に泰山司令部の補佐官を務めた。諸葛孔明のいとこ、叔父、諸葛玄諸葛孔明と諸葛6月を上げ、下に提供する前にYuzhang Commanderyの管理者を務めた劉表、知事ジン省。

諸葛亮には兄、弟、姉が二人いた。兄の諸葛 Jinは、孫権に仕え、後に呉の東に仕えました。弟諸葛均はShu Shu Shu 漢州 に仕えた。諸葛孔明の姉妹の一つはパンShanmin、のいとこと結婚ホウ統を他の姉妹が率いる著名なKuaiファミリーのメンバーと結婚しながら、Kuai梁とカイ越で襄陽Commanderyを。

諸葛亮は黄承彦の娘と結婚した。彼女の母親 (黄承彦の妻) が Lady Lady夫人の妹だったため、彼女は劉表とLady Lady夫人の母方の姪でした。彼女の名前は歴史に記録されていませんが、大衆文化では一般的に「黄夫人」という名前で呼ばれています。

諸葛亮には少なくとも二人の息子がいました。彼の長男である諸葛 Zは Shu Shu Shuの将軍を務め、We byによる Conの征服の際に戦死した。弟の諸葛懐(諸葛懐)は、晋の時代に平民として暮らした。諸葛亮は当初、息子がいなかったので、彼は甥の諸葛oo (諸葛s sonの息子)を養子に迎えました。諸葛 Qoは Shu Shu Shuに仕え、比較的若くして亡くなった。伝説によると、諸葛亮には諸葛果という娘がいたが、彼女の存在は歴史家の間で議論されている.

諸葛Qooの息子諸葛<0xE6 >は、諸葛 Ke Keの死後、諸葛 Jinの家系を継ぐために呉東部に戻った。諸葛 Zには三人の息子がいた。長男の諸葛尚は, Shu Shuに仕え、父と共に戦死した。2代目諸葛京は、諸葛< 0xE9>の子である諸葛< 0xE9>葛2とともに264年に河東郡に移り、後に晋に仕えるようになった。最年少は諸葛直

諸葛亮の従兄弟の一人である諸葛亮は、Ca県に仕え、寿春三 Reの三番目の首謀者となった。彼は敗北の後に殺されました。

発明

連 crossの発明は諸葛亮に帰することが多いが、諸葛亮はそれとは何の関係もなかった。この誤解は、複数ボルトのクロスボウの改良を彼に帰する記録に基づいています。[38]

諸葛亮は、百済城の近くに、超自然現象を生み出すと言われている石の山の配列である石の迷路を建設したことでも知られています。[39]

軍の信号に使用された初期のタイプの熱気球は、Kongming ランタンとして知られていますが、彼にちなんで名付けられました。[40]諸葛亮が平陽で司馬Yに囚われたときに発明したと言われている。近くにいた友軍は、ランタンの紙の覆いに書かれたメッセージを見て、諸葛亮の救援に向かった。別の信念は、ランタンが諸葛亮の頭飾りに似ていたため、彼にちなんで名付けられたということです。

文学作品

諸葛孔明の著書が、今日でも見つかります。たとえば、Thirty-6 StratagemsMastering the Art of War ( Sun TzuのThe Art of Warと混同しないでください) は、諸葛亮に起因する一般的に入手可能な 2 つの作品です。たぶん、に基づいて、歩兵や騎兵形成戦術の彼の支配、道教の古典易経は、他の追随を許さないました。彼の追悼、出師表前に書かれた、北の遠征は、シュウの状態に彼の揺るぎない忠誠の有益な反射を提供します。[41]記念碑は一部の読者を感動させて涙を流した. さらに、彼は息子への忠告諸葛亮<0xE8><0xAA><0xAA><0xE8>< 0xA1>子書)を書き、その中で彼は有意義な人生を追求するための彼の謙虚さと質素さについて考えました。[42]

諸葛亮は、多くの中国文学作品の題材でもあります。多作な唐代の詩人である杜 Fuの詩は、諸葛亮を memory memory memoryんで書かれたものであり、諸葛亮の不動の献身は杜'の時代に忘れられていたようです (諸葛亮の不朽の寺院の記述から判断)。一部の歴史家は、詩の中で杜 hadが諸葛亮と自分を比較したと考えています。[要出典]全文は次のとおりです。

杜 Fuの別の詩も、彼のバイディチェン寺院で諸葛亮を称えるために書かれました。

諸葛亮の石S迷路に関する杜 Fuの四行八<0xE9><0x99><0x99><0x99><0x99><0x88>釈」は唐詩三百首に収録されている。

注目すべき引用

句「漢と悪が一緒に立っていない」(簡体字中国語:汉贼不两立を、伝統的な中国:漢賊不兩立;ピンイン:ハンZEI BUliǎngLI)後半から出師表は、多くの場合に使用されています砂に線を引き、悪に立ち向かえない状況を宣言する。注目すべきは、このフレーズは総統だった蒋介石彼の正当化するために呼び出すための好きな言葉反共のイデオロギーを。

別の句「敬意と慎重さを持って、自分の枯渇の状態に; それは死ぬまで決して終わらない」 (簡体字中国語: <0xE9><0x9E>印<0xE8><0xE8><0x9B><0xAC><0xAC>尽,死而後已;繁体字中国語: < 0x9E><0x9E><0x9E><0xA0><0xBA><0xBA><0xAC><0xAC><0xAC><0xAC><0xAC><0x98><0x98><0x98 > <0x98>,死而後已而;; pinyin : jū gōng junchn cu ér, <0xAC><0xAC><0xC7><0xC7><0xA1><0xA1><0xA1><0xC7> HOUyǐ)後半から出師表は、多くの場合、最大限に努力して自分のコミットメントと忍耐力を記述するために使用されます。

有名な詩の一節は、「大いなる夢から目覚めた最初の者は誰だ? いつものように、私が知る者だ」. (簡体字中国語:大<0xE6><0xA2><0xE8><0xE8><0xE8>アザミ先<0xE8><0xE8><0xE8>撚り?<0x89>平<0x89>生我自知. ;繁体字中国語:大夢誰先<0xE8><0xE8><0xA6>????平生我自知. ;ピンイン: dà mèng shuí xiān jué ? píng shhinng w w シェージに帰属した) .

"控えめなシンプルさがなければ、人は意志を明るくすることはできません。静けさと安らぎがなければ、人は遠くに達することができない"(簡体字中国語:非淡泊无以明志、非宁静无以致远;伝統的な中国:非淡泊無以明志、非寧靜無以致遠)、Zhuge Liang によって作成された有名な格言は、何千年もの間、中国の教育機関で人気がありました。

清朝の諸葛亮の肖像画

諸葛亮の知恵は、明の時代に羅貫中が書いた歴史小説「三国演義」によって大衆化されました。その中で諸葛孔明は、有利な風を召喚したり、魔法の石の迷路を考案したりするなど、幻想的な業績を達成することができると説明されています。

物語が歴史的かフィクションかについては大きな混乱があります。少なくとも、空城戦略は歴史的な記録に基づいていますが、歴史的には諸葛亮に起因するものではありません。[3]中国人にとって、諸葛孔明の伝承は、中国社会の多くの層に影響を与え続けている黒幕と見なされているため、この質問はほとんど無関係です。これらはまた一緒に、主張されている孫子S」戦争の芸術まだ大幅に現代中国の戦略的、軍事的、日常の思考に影響を与えるために、。[3]

諸葛亮が関係する三国志のロマンスについては、以下を参照。

  • 三顧の礼
  • 博望 ofの戦い
  • 諸葛亮の江東への外交使節
  • ストローボートで矢を借りる
  • 東風を祈る諸葛亮
  • 剣門関の戦い
  • Xot陵の戦い
  • Men Men Men獲は7回捕らえて解放した
  • 空城計の攻略法

諸葛亮が亡くなるまでの出来事

諸葛亮が五丈原の戦いで重病に陥ったとき、彼は儀式を通じて寿命を 12 年延ばそうとしました。しかし、敵の進軍を警告するために駆けつけた We in延によって儀式が妨害され、彼は失敗しました。[43]彼の死の前に、諸葛孔明はまた彼渡さ軍事戦略上の24巻兵法二十四篇に)を姜維、[B]彼の遺産を継続し、別つながる11のキャンペーン魏の状態に対しては。(曹魏)

諸葛亮をe toぶために建てられた多くの寺院や神社があります。最も有名なものには、成都の武侯Templeや、バイディチェンの武侯 Templeなどがあります。

  • 四川省成都にある武侯the 。

  • で呉の侯爵の寺院白帝城、奉節県、重慶市。

  • 諸葛亮の故郷、河南省南陽にある武侯 Mar the 。

  • で呉の侯爵の寺院成都、四川省、諸葛孔明を崇拝寺院。

  • 武張平原の武侯ofの神殿は諸葛亮に捧げられている

とき760で、皇帝Suzongの唐王朝を称えるために寺を建て呂尚を- 、彼は諸葛孔明の彫刻や他の9有名な歴史軍事の将軍/戦略家だった白起、韓信、李景、李勣、張梁、天をRangju、Sun Tzu、Wu Qi、Yue Yi – 呂尚の像に隣接する寺院に置かれました。[45]

諸葛亮はまた時々として崇拝され、ドアの神で、中国や道教の寺院通常と提携して、司馬懿の魏。

映画とテレビ

映画やテレビで諸葛亮を演じた著名な俳優には次のようなものがあります。アダム・チェン、『伝説の首相 – 諸葛亮(1985)』。Li Fazeng、諸葛亮(1985); 唐国強、三国演義(1994); プ・カンキンで、三国志:龍の復活(2008); 金城武、レッドクリフ(2008–09); Lu Yi、三国志(2010); レイモンド・ラム、Three Kingdoms RPG (2012); 王ルオヨン、The Advisors Alliance (2017)。

ビデオゲーム

諸葛亮の比類のない天才であるという評判は、ビデオゲームでの彼の描写でも強調されています。で最も高く評価されている戦略家としての彼の地位反映三国志を、のようなゲーム天地を喰らうとコーエーの三国志ゲームシリーズの場所すべての文字の最高として、諸葛孔明の知能統計。彼はまた、Koei's Dynasty WarriorsDynasty Tactics決戦 IIのプレイアブル キャラクターです。彼はまたに表示されます戦士オロチ、間のクロスオーバー真・三國無双戦国無双

諸葛亮はコーエーのタクティカル ロールプレイング ゲーム三國志孔明伝の主人公であり、歴史的にそうであったように、五丈原の戦いで死ぬか、西安皇帝の下で漢王朝を復活させることができます。

諸葛亮は、ターン制ストラテジー ゲームのシヴィライゼーション IVシヴィライゼーション V に曹操と共に偉大な将軍として登場します。

Zhuge Liang は、ゲームDestiny of Spiritsで 2 つの別々の精霊として登場します。

Zhuge Liang は、モバイル ゲームのパズル & ドラゴンズに少なくとも 2 つの形態で登場します。

Zhuge Liang は、モバイル ゲームFate/Grand Orderで召喚可能な疑似サーヴァントとして登場し、彼のスキルのほとんどは熟練した戦術家として描かれています。

諸葛亮は、レベル 5のゲームとアニメの続編、イナズマイレブン GO 2: クロノ ストーン、および曹操、劉備、関羽、張飛に登場します。注目すべきことに、両方の翻案が諸葛亮を女性として描いている.

Zhuge Liang は、Creative Assemblyのターン制ストラテジー ゲームTotal War: Three Kingdoms の伝説的な戦略家です。

諸葛亮はモバイルゲーム「崩壊3rd」にプレイアブルキャラクターとして登場、女性として描かれ強力なサポート役となる

Zhuge Liang は、モバイル ゲーム Royal Chaos の学者クラスの伝説的なヒーローです。彼は、大量の効果範囲 (AOE) ダメージを与えるだけでなく、展開にも長けています。[46]

  • 三国志の人々のリスト
  • 臥龍崗
  • 諸葛村

  1. ^ 他のいくつかの史料はこの話と矛盾しており、最初に劉備を訪れて彼の奉仕をしたのは諸葛亮であると主張している. このアカウントは、から来ている魏略で引用され、裴松之に彼の注釈に陳寿の三国志、巻。35、p。913.ヘンリー、エリック (1992 年 12 月)も参照。「彼の同時代の目の中の諸葛孔明」. ハーバード・ジャーナル・オブ・アジアティック・スタディーズ52 (2): 593–96。土井: 10.2307/2719173 . JSTOR  2719173。
  2. ^ 第 104 章の注 1 で – p. 2189 – ロバーツは諸葛孔明(西暦 274 年、陳寿が編した. [44]

引用

  1. ^ 三王国の記録にある諸葛亮の伝記は、劉禅の治世における建興12年(223-237)の8月に54歳(東アジアの年齢計算による)で死亡したと述べている. ([建興]十二年 ... 其年八月,亮病,卒軍,時年五十四。)
  2. ^ de Crespigny、Rafe (2007)。後漢から三国志(西暦23~220年)までの伝記辞典。ブリル。p. 1172. ISBN 978-90-04-15605-0.
  3. ^ a b c ノジョネン、マティ(2009)。Jymäyttämisen たいと。Strategiaoppeja muinaisesta Kiinasta [詐欺の芸術。古代中国からの戦略の教訓。ヘルシンキ、フィンランド: ガウデアムス。ISBN 978-952-495-089-3.
  4. ^ 「古代の栽培物語:諸葛亮の栽培法」 . ClearHarmony.net。2005 年 7 月 28 日。2007 年11 月 11 日取得
  5. ^ Baogang Guo 2008 p. 38. 調和のとれた社会を求める中国。https://books.google.com/books?id=UkoStC-S-AMC&pg=PA38
  6. ^ a b ディロン、マイケル (1998)。中国: 文化と歴史の辞書。p. 389.
  7. ^ デン、インケ(2007)。中国の歴史. p. 65 .
  8. ^ 郭、宝港(2008)。調和のとれた社会を求める中国。p. 38.
  9. ^ アウヤン、サニー (2015)。ドラゴンとイーグル。p. 290。
  10. ^ Knechtges (2014)、p。2329.
  11. ^ a b de Crespigny (2007)、p。1172.
  12. ^ (聞君<0xE6><0x93><0x93><0x87><0x87><0x87>夫妻;身有醜女,<0xE9><0xBB><0x83>王頭<0xE9><0xBB><0xBB>象色,十分耐え相配。 ) Sanguozhi vol. 35.
  13. ^ (<0xE5><0x84><0x84><0x92>生生俗士,<0xE8><0x84>識生識時務?<0xB1><0xB1><0xB1>時役者為傑俊。) Sanguozhi vol. 35.
  14. ^ (この人可就見,不可屈也致<0xE5>也。<0xE5><0xB0><0xB0><0xB0><0xB0>軍軍<0x87><0xE6><0x89><0x9E><0x89><0x89>顧駕。) Sanguozhi vol. 35.
  15. ^ 「諸葛亮 – コン・ミン、元の隠れた龍」 . JadeDragon.com 。2007 年11 月 11 日取得
  16. ^ a b 易中天。三国志の分析、Vol。1、ベトナム語翻訳。People's Public Security の出版社、2010 年。第 16 章: コテージへの 3 回の訪問。
  17. ^ (孤之有孔明,彼ら魚之有水也。願諸君バカ復言。 ) Sanguozhi vol. 35.
  18. ^ 「呉越の軍勢を中央政府に抵抗できるのなら、事前に(曹操との)関係を断ちませんか?反対できないなら、軍を動員解除し、鎧を捨てて北に降伏してはどうですか?」(若能以<0xE5><0x90><0x90><0x90>越、越之<0xE7><0xE7><0xE7><0xE7><0xBE><0x9C><0xE8><0x88><0xE8><0x88><0x88><0x88><0x88><0x88><0x88>國中抵抗,不如早<0xEF><0x87><0xEF><0x87><0x87><0x87><0x87><0x87><0x87><0x87><0xB5><0x87><0xE7><0x95><0xE7><0x95><0x95><0x95><0x95><0xB9><0xB9><0xB9><0x94><0x94>若不能<0xE7><0x95><0x95>脂、何不案兵束甲北面以之!) 三国志の記録、第35巻、諸葛亮の伝記。
  19. ^ チェン・ウェンデ。Kongming Zhuge Liang の素晴らしい話。ベトナム語の翻訳: NguyROW アムー面 Quビアモアc Thái. 労働出版社。2018. 第 6 章: Sun - Liu 同盟。
  20. ^ (君才十倍曹<0x95><0x95><0x95>,必須能安國,終定重要。若<0xE5><0xE5>子子可輔,輔<0x97><0x97>;その不才,君自取。) Sanguozhi vol. 35.
  21. ^ (臣敢<0xE7><0xAB>脱股<0xE8><0x82><0x82><0x82><0x82>之之力,<0xE6><0x95><0x95><0x95><0x88><0x88>忠貞之節,<0xE7><0xB9><0xB9><0xB9><0xBC><0xBC>之以死!) Sanguozhi vol. 35.
  22. ^ 易中天。三国志の分析、Vol。2、ベトナム語翻訳。人民公安の出版社、2010年。第37章:君主と部下の特別な二人組
  23. ^ a b c チェン・ウェンデ。Kongming Zhuge Liang の素晴らしい話。ベトナム語の翻訳: NguyROW アムー面 Quビアモアc Thái. 労働出版社。2018. 第 27 章: 農業と法家。
  24. ^ 易中天。三国志の分析、Vol。2、ベトナム語翻訳。People's Public Security の発行者、2010 年。
  25. ^ 三国志。陳寿、 Songz松之による注釈。シュウの記録。李智の物語。「 [李]は一緒に諸葛孔明、法正、劉Baのと、李ヤンは、シュウの法的なコードを書いた。法律のシュウのコードは、これらの5つの人々によって作られました。
  26. ^ 三国志。陳数、 Pz松之による注釈。シュウの記録。李 Yan ofの話。
  27. ^ 易中天。三国志の分析、Vol。2、ベトナム語翻訳。People's Public Security の出版社、2010 年。第 42 章: 無力感で他界。第 48 章: 分離された線の収束。
  28. ^ 三国志。陳寿、 Songz松之による注釈。書経。諸葛亮の伝記。
  29. ^ 易中天。三国志の分析、Vol。2、ベトナム語翻訳。People's Public Security の出版社、2010 年。第 42 章: 無力感で他界。第 48 章: 分離された線の収束。Epilouge: 東に流れる大波の揚子江。
  30. ^ (<0xE6><0xE6>既成<0xE9><0xE9><0x98><0x98><0xE8><0xB4><0xB4><0x94>称温称美コン,温政政,又嫌其声名大盛,惑<0xE4>惑<0xE7>庶<0xE7>下<0x82><0xAB><0x82><0x82><0xAB><0x82><0xAB>恐<0xAB><0x88><0xBB><0xAB>为<0xBB>不为为己己用,思有以中<0xE4><0xBC><0xBC><0xBC><0xBC><0xBC><0xA4><0xA4><0xA4>之) Sanguozhi vol. 57.
  31. ^ (亮之治<0xE8><0x9C><0x9C>、田<0xE7><0x95><0x95><0xB4><0xE8><0xE8><0x9F><0x9F>、<0xE4><0xE4><0xBB><0xBB><0xBB><0xE5><0xE5><0xE5>实実、器械利、蓄<0xE7><0xE7><0xE7><0xE7><0xE9><0xE9><0xE9><0xA5><0xB6>、朝会不<0xE5><0x8E><0x8D>、路無,人。) Sanguozhi vol. 35.
  32. ^ (亮死至今数十年,国人歌思,如周人之思召公也,孔子曰く「<0xE9><0x9B><0x9B>帝也使用南面」,<0xE8><0xAF><0xAF>葛亮亮有。) Sanguozhi vol. 35.
  33. ^ a b チェン・ウェンデ。Kongming Zhuge Liang の素晴らしい話。ベトナム語の翻訳: NguyROW アムー面 Quビアモアc Thái. 労働出版社。2018. 第 28 章: タレントのプロモーション。
  34. ^ a b 諸葛亮 張、朱。ドゥアン、西中; 温、許 X(1960)。諸葛亮集[諸葛亮の作品集](中国語)。北京: Zhonghua Publishing。OCLC  21994628。
  35. ^ 黄、Walter Ta (1967)。7回解放。ニューヨーク:ヴァンテージ・プレス。OCLC  2237071。
  36. ^ a b 羅、志中(2003)。 諸葛亮(中国語で)。台中、台湾: Hao du chu ban you xian gong si. ISBN 978-957-455-576-5. OCLC  55511668。
  37. ^ a b 三国志。陳寿、 Songz松之による注釈。巻 2:書経。諸葛亮の伝記。
  38. ^ Needham (1994)、p。8.
  39. ^ 諸葛亮 リュウ・ジ; トーマス・クリアリー(1989)。戦争の芸術をマスターする。ボストン:シャンバラ出版物。ISBN 978-0-87773-513-7. OCLC  19814956。
  40. ^ Yinke Deng (2005)。古代中国の発明。チャイナ・インターコンチネンタル・プレス。p. 113 . ISBN 978-7-5085-0837-5. 昆明気球。
  41. ^ 「諸葛亮と秦」。www.silkqin.com 。取得した21年11月2016
  42. ^ 「静けさ_願望」 . ヴィンセントの書道。取得した21年11月2016
  43. ^ 羅貫中(2007)。三国志: 歴史小説: 第 IV 巻。ロバーツ、モスによる翻訳。北京: 外文出版社。pp. 1886–88。ISBN 978-7-119-00590-4.
  44. ^ 羅貫中(2007)。三国志: 歴史小説: 第 IV 巻。ロバーツ、モスによる翻訳。北京: 外文出版社。p. 1889. ISBN 978-7-119-00590-4.
  45. ^ (上元年,尊太公為武成王,祭典<0xE8><0xE8><0x87><0x87><0x87><0x87>文宣王比,以<0xE6><0xE6><0xB7><0xB7><0xB7><0xB7><0x87><0x87><0x87><0x87><0x87>侍侍侍。。。。。。。。。。。射衛國公李靖、司空英國公李勣列於左、漢太子少傅張良、齊大司馬田穰苴、吳將軍孫武、魏西河守吳起、燕晶國君樂毅列於右、以良為配。新唐 Shu Shu Shu vol. 15.
  46. ^ 「Royal Chaos - 夢のようなロマンスの王国に入る」 . rc.wishgamer.com 。2019 年11 月 8 日に取得

書誌

  • de Crespigny、Rafe (2007)。「諸葛亮」。後漢から三国時代 (AD 23 – 220) の伝記辞典。ライデン: ブリル。pp. 1172–73。ISBN 978-90-04-15605-0.
  • Knechtges、David R. (2014)。「諸葛亮」。Knechtges、David R.; Taiping、Chang (編)。古代および初期の中世中国文学: リファレンス ガイド、パート 4。ライデン: ブリル。pp. 2329–35。ISBN 978-90-04-27217-0.
  • 羅貫中(1976) [c. 1330]。三国志のロマンス。ロバーツ、モスによる翻訳。ニューヨーク:パンテオン ブックス。ISBN 978-0-394-40722-7. OCLC  2331218。
  • オフ、グレッグ (2005)。真・三國無双5:プリマ公式ゲームガイド。オンタリオ州ローズビル: Prima Games。ISBN 978-0-7615-5141-6. OCLC  62162042。
  • Needham、Joseph (1994)、中国の科学と文明、Volume 5 Part 6、Cambridge University Press
  • 朱大衛。梁、マンカン (2007)。<0xE8><0xAF><0xAF>鈴葛亮大<0xE4><0xE4><0xE4>[諸葛亮の物語] (中国語)。北京:中華出版。ISBN 978-7-101-05638-9. OCLC  173263137。

  • 諸葛亮様式名 ming Kong Kong明諸葛亮とその著作の歴史。諸葛亮ゆかりの中国史跡ガイド付き
  • 諸葛孔明の作品で、プロジェクト・グーテンベルク
  • 諸葛孔明によって、または約作品でインターネットアーカイブ