与謝野鉄幹

Hashtags #与謝野鉄幹

与謝野鉄幹

与謝野鉄幹(与謝野鉄幹または與謝野鐵幹与謝野鉄幹、1873 年 2 月 26 日 – 1935 年 3 月 26 日)は、明治後期、大正、昭和初期に活躍した日本の作家詩人である与謝野浩のペンネームでした。妻 は 共著 の与謝野 晶子[1]与謝野馨閣僚兼政治家は孫。

与謝野は京都の僧侶の子として生まれ慶應義塾大学卒業卒業後、現在の山口県周南市ある徳山女学校で4年間日本語を教えた彼は生徒の 1 人との不適切な行為を理由に辞めさせられました。[要出典] 20歳で上京彼は東京新聞のスタッフライターとして自活しました。1894 年 5 月 11 日、彼は日本の伝統的な和歌の改革を奨励する強い言葉の記事を発表し、和歌に独創性を与えて人気を高めました。

与謝野 は 落合 直文 の 弟子 で 、落合 直文の朝霞 会の 創立 メンバー と し て 著名 な人物 で あ っ た[2]

与謝野は 1900 年に文芸誌 『明星』を創刊し、すぐに北原白秋吉井勇石川啄木などの著名な詩人を集めましたこの雑誌は、短歌を通じて和歌を活性化させようとする与謝野の熱意を共有した若い詩人たちの間で瞬く間に人気を博しました彼の雑誌の初期の寄稿者の 1 人は、与謝野晶子というペンネームでよく知られているほうしょうという若い女性でし

与謝野の自著には、題名はともかく文芸評論集である『亡国の音』(1894年)、詩集東西南北』 (東西南北、1896年)などがある。短歌だけ で な く 、新太子連歌も 数曲


備中松山城にある与謝野鉄幹の碑