浮舟

Hashtags #浮舟

浮舟

浮舟(浮舟、うきふね) は、源氏物語の姫のニックネームで、八王子の娘として認識されていません。物語の第51章は彼女にちなんで名付けられました. 文字通り、浮舟は「漂流するボートセット」を意味します。彼女の本名は特定されていません。

浮舟は、大君と中の君の異母姉妹であり、並外れた美しさと優雅さを備えた、第八王子の認識されていない娘です。彼女は母親と一緒に宮廷から離れた場所に住んでおり、宮廷政治から彼女を守っています。彼女はそのように素朴であると考えられています。も仁王王子も浮舟に求婚し愛を求めるが、浮舟はどちらを選ぶか悩んでしまう。浮舟は三角関係から抜け出すため、宇治川に身を投げて自殺を図るが失敗する。救出された彼女は、尼僧になることを誓い、比叡山西麓の大野にひきこもる。彼女は薫に再び会うことを拒否します。この話は源氏物語の最後にありますということで、これ以上解決することなく物語は終焉を迎えます。

浮舟は、同名のの作品を含め、多くの作品の主題となっています。日本のインディーズバンドGO!GO!7188の曲「浮舟」は、物語に直接言及しています。


源氏物語の「漂流船」/「浮舟」の章の 13 世紀の挿絵版のページその中で、浮舟は薫からの手紙を読み、仁王王との不貞を非難し、浮舟は神経質に彼女の硯と筆に直面し、どのように返事をするかを考えます.
仁王宮が船で別荘に運ばれる浮舟図屏風