技術

Hashtags #技術

技術定義と使用法et科学、工学、技術

テクノロジーは、(「クラフトの科学」、からギリシャ τέχνηテクネ、「手の芸術、技能、狡猾」;と-λογία-logia [2] )の和である技術スキル方法、およびプロセスの生産に使用されます商品サービスまたはのような目的の達成における科学的調査。技術は、技術やプロセスなどの知識である場合もあれば、機械に組み込まれて、その動作に関する詳細な知識がなくても操作できるようにする場合もあります。入力を取得し、システムの用途に応じて変更し、結果を生成することによって技術を適用するシステム(機械など)は、技術システムまたは技術システムと呼ばれます

ケースを開けた状態の 蒸気タービン。このようなタービンは、今日使用されている電力のほとんどを生成します。電力消費量と生活水準には高い相関関係があります。 [1]

テクノロジーの最も単純な形式は、基本的なツールの開発と使用です。先史時代の発見が続く形石器の発明火を制御する方法は、食品のソースを増加させました。後の新石器革命はこれを拡張し、領土から入手できる栄養を4倍にしました。ホイールの発明は、人間が移動して環境を制御するのに役立ちました。

印刷機電話インターネットなどの歴史的な発展により、コミュニケーションに対する物理的な障壁が軽減され、人間が地球規模で自由に対話できるようになりました。

テクノロジーには多くの効果があります。それは、より先進(今日の世界経済を含む)の発展を助け、レジャークラスの台頭を可能にしました。多くの技術プロセスは、汚染と呼ばれる不要な副産物を生成し、天然資源を枯渇させて地球環境に悪影響を及ぼします。イノベーションは常に社会の価値に影響を与え、テクノロジー倫理に新たな疑問を投げかけてきました。例としては、人間の生産性に関する効率の概念の台頭や、生命倫理の課題などがあります。

テクノロジーの使用について哲学的な議論が起こり、テクノロジーが人間の状態を改善するのか悪化させるのかについて意見の相違があります。ネオ・ラッダイト無政府原始主義、および同様の反動運動は、テクノロジーの普及を批判し、それが環境に害を及ぼし、人々を疎外していると主張します。以下のようなイデオロギーの支持者超古代文明テクノ進歩ビューは、社会や人間の状態に有益として技術進歩を続けました。

紙の本のように、西への印刷の普及 印刷機、助けた 科学者や 政治家はにつながる、簡単に自分の考えを伝える 啓蒙時代。文化的な力としてのテクノロジーの例。

「テクノロジー」という用語の使用は、過去200年間で大幅に変化しました。20世紀以前は、この用語は英語では一般的ではなく、マサチューセッツ工科大学(1861年にチャーターされた)のように、有用な芸術の説明や研究[3]を指すため、または技術教育をほのめかすために使用されていました。。[4]

「テクノロジー」という用語は、第二次産業革命に関連して20世紀に目立つようになりました。この用語の意味は、ソースタインヴェブレンをはじめとするアメリカの社会科学者が、ドイツのTechnikの概念から「テクノロジー」にアイデアを翻訳した20世紀初頭に変わりました。ドイツ語やその他のヨーロッパ言語では、techniktechnologieの間に区別があり、英語にはありません。これは通常、両方の用語を「テクノロジー」と解釈します。1930年代までに、「技術」は工業芸術の研究だけでなく、工業芸術自体も指していました。[5]

1937年、アメリカの社会学者リードベインは、「テクノロジーには、すべての道具、機械、器具、武器、器具、住宅、衣類、通信および輸送装置、およびそれらを製造および使用するスキルが含まれます」と書いています。[6]ベインの定義は、今日の学者、特に社会科学者の間で依然として一般的です。科学者やエンジニアは通常、テクノロジーを、人々が作って使用するものとしてではなく、応用科学として定義することを好みます。[7]最近では、フーコーの自己の技術に関する研究(techniques de soi)のように、学者はヨーロッパの「技術」の哲学者から技術の意味をさまざまな形の道具的理由に拡張するために借りてきた。

辞書や学者はさまざまな定義を提供してきました。メリアム・ウェブスター辞典学習者は「有用なものを発明するか、問題を解決するために、などの産業、工学、科学の使用を」と「など、機械、機器の一部、方法、その:用語の定義を提供していますテクノロジーによって作成されています。」[8] アーシュラ・フランクリンは、1989年の「RealWorld of Technology」の講義で、この概念の別の定義を示しました。それは「練習、私たちがこの辺りで物事を行う方法」です。[9]この用語は、特定の技術分野を意味するため、または技術全体ではなく、ハイテクまたは単に家電製品を指すためによく使用されます。[10] Bernard Stieglerは、Technics and Time、1で、テクノロジーを「生命以外の手段による生命の追求」と「組織化された無機物」の2つの方法で定義しています。[11]

テクノロジーは、何らかの価値を達成するために精神的および肉体的な努力を適用することによって作成された、物質的および非物質的の両方のエンティティとして最も広く定義できます。この使用法では、テクノロジーとは、実際の問題を解決するために使用できるツールとマシンを指します。これは、バールや木のスプーンなどの単純なツール、または宇宙ステーションや粒子加速器などのより複雑な機械を含む可能性のある広範囲にわたる用語です。工具や機械は材料である必要はありません。コンピュータソフトウェアやビジネス手法などの仮想テクノロジは、このテクノロジの定義に該当します。[12] W.ブライアンアーサーは、テクノロジーを「人間の目的を達成するための手段」と同様に広い意味で定義しています。[13]

集積回路と マイクロプロセッサ(ここでは 、1971年のIntel 4004チップ)の発明は、現代の コンピュータ革命をもたらしました。

「テクノロジー」という言葉は、一連の技術を指すためにも使用できます。この文脈において、それは、資源を組み合わせて望ましい製品を生産する方法、問題を解決する方法、ニーズを満たす方法、またはウォンツを満たす方法に関する人類の知識の現状です。これには、技術的な方法、スキル、プロセス、技術、ツール、および原材料が含まれます。「医療技術」や「宇宙技術」などの別の用語と組み合わせると、それぞれの分野の知識とツールの状態を指します。「最先端技術」とは、あらゆる分野で人類が利用できる高度な技術を指します。

テクノロジーは、文化を形成または変化させる活動と見なすことができます。[14]さらに、テクノロジーとは、知られているように、生命の利益のために数学、科学、芸術を応用することです。現代の例は通信技術の台頭であり、それは人間の相互作用への障壁を減らし、その結果、新しいサブカルチャーを生み出すのを助けました。サイバーカルチャーの台頭は、その基盤としてインターネットとコンピューターの発展をもたらしました。[15]文化的活動として、技術は科学と工学の両方に先行し、それぞれが技術的努力のいくつかの側面を形式化しています。

増幅された太陽光によって生成される燃焼を実験する アントワーヌラヴォワジエ

科学、工学、技術の違いは必ずしも明確ではありません。科学は、観察と実験を通じて得られた物理的または物質的な世界の体系的な知識です。[16]テクノロジーは、実用性、使いやすさ、安全性などの要件を満たさなければならないため、通常は科学の産物だけではありません。[17]

エンジニアリングは、自然現象を実際の人間の手段に利用するためのツールとシステムを設計および作成する目標指向のプロセスであり、多くの場合(常にではありませんが)科学の結果と技術を使用します。技術の開発は、科学、工学、数学、言語、歴史の知識を含む多くの知識分野を利用して、実用的な結果を達成する可能性があります。

人間の活動としての技術は2つの分野に先行しますが、技術はしばしば科学と工学の結果です。たとえば、科学は、既存のツールと知識を使用して、導電体内の電子の流れを研究する場合があります。この新たに発見された知識は、エンジニアが半導体、コンピューター、その他の高度なテクノロジーなどの新しいツールやマシンを作成するために使用できます。この意味で、科学者とエンジニアはどちらも技術者と見なされる可能性があります[明確化が必要]。3つのフィールドは、調査と参照の目的で1つと見なされることがよくあります。[18]

特に、科学と技術の正確な関係は、20世紀後半に科学者、歴史家、政策立案者によって議論されてきました。その理由の1つは、その議論が基礎科学と応用科学の資金提供に役立つためです。たとえば、第二次世界大戦直後、米国では、技術は単に「応用科学」であり、基礎科学に資金を提供することは、やがて技術的成果を上げることであると広く考えられていました。この哲学の明確な表現は、戦後の科学政策に関するVannevar Bushの論文、Science – The Endless Frontierに明確に見られます。「新製品、新産業、およびより多くの仕事には、自然法則の知識への継続的な追加が必要です...これ本質的な新しい知識は、基礎的な科学的研究を通してのみ得ることができます。」[19]しかし、1960年代後半に、この見解は直接攻撃を受け、特定のタスクのために科学に資金を提供するイニシアチブ(科学界によって抵抗されたイニシアチブ)につながりました。ほとんどのアナリストは、テクノロジーは科学的研究の結果であるというモデルに抵抗していますが、この問題は依然として論議を呼んでいます。[20] [21]

旧石器時代(2.5 Ma – 10 ka)

原始的な チョッパー

初期の人間による道具の使用は、部分的に発見と進化の過程でした。より進化した初期のヒト種の採餌 ヒト科既にた二足歩行、[22]脳質量現代人の約1/3です。[23]道具の使用は、初期の人類の歴史のほとんどで比較的変わっていませんでした。約5万年前、ツールの使用と複雑な一連の動作が出現し、多くの考古学者は完全に現代的な言語の出現に関連していると信じていました。[24]

石の道具

アシュール時代の 手斧
キャンプファイヤー、よく食べ物を調理するために使用されます
圧力フレーキングによって作られ た クロービス尖頭
金属製の斧、1600〜1700年の圧力剥離からの推定作成

類人猿は何百万年も前に原始的な石器を使い始めました。初期の石器は砕けた岩に過ぎませんでしたが、約75、000年前、[25] 圧力フレーキングは、はるかに細かい作業を行う方法を提供しました。

火の発見と利用は、多くの深遠な用途を持つ単純なエネルギー源であり、人類の技術進化のターニングポイントでした。[26]その発見の正確な日付は知られていない。人類のゆりかごで焼けた動物の骨の証拠は、火の家畜化が1Maより前に起こったことを示唆しています。[27]学術的コンセンサスは、ホモ・エレクトスが500から400kaの間で火を制御したことを示しています。[28] [29]木と木炭を燃料とする火は、初期の人間が食物を調理して消化率を高め、栄養価を改善し、食べることができる食物の数を広げることを可能にしました。[30]

衣類と避難所

旧石器時代に行われた他の技術的進歩は、衣類と避難所でした。両方の技術の採用は正確に日付を記入することはできませんが、それらは人類の進歩の鍵でした。旧石器時代が進むにつれて、住居はより洗練され、より精巧になりました。早くも380kaで、人間は一時的な木造の小屋を建設していました。[31] [32]狩猟された動物の毛皮と皮を改造した衣服は、人類がより寒い地域に拡大するのを助けた。人間は200kaまでにアフリカからユーラシアなどの他の大陸に移住し始めました。[33]

新石器時代から古典古代(10 ka – 300 CE)

ブレスレット、斧の頭、ノミ、研磨工具など、新石器時代の工芸品の配列

人間の技術的上昇は、新石器時代(「新石器時代」)として知られている時期に本格的に始まりました。磨かれた石斧の発明は、大規模な森林伐採が農場を作ることを可能にした大きな進歩でした。この磨かれた石の斧の使用は新石器時代に大幅に増加しましたが、もともとはアイルランドなどの一部の地域で前の中石器時代に使用されていました。[34] 農業はより多くの人口を養い、定住への移行は、遊牧民がしなければならないように、乳児を運ぶ必要がなくなったので、同時により多くの子供を育てることを可能にした。さらに、子供たちは狩猟採集社会よりも容易に作物の栽培に労働を貢献することができます。[35] [36]

この人口の増加と労働力の利用可能性に伴い、労働の専門化が増加しました。[37]初期の新石器時代の村からウルクのような最初の都市、そしてシュメールのような最初の文明への進歩を引き起こしたものは特に知られていない。しかし、ますます階層的な社会構造と専門的な労働、隣接する文化間の貿易と戦争の出現、そして灌漑などの環境問題を克服するための集団行動の必要性はすべて、役割を果たしたと考えられています。[38]

金属工具

継続的な改善につながった炉とベローズと提供、初めて、と能力ワカサギや鍛造 金、銅、銀、及び鉛  -ネイティブ金属は、自然の中で、比較的純粋な形で見つかりました。[39]石、骨、木製の道具に対する銅の道具の利点は、初期の人間にはすぐに明らかになり、おそらく新石器時代の初め近く(約10ka)から自然銅が使用されていました。[40]自然銅は自然には大量に発生しませんが、銅鉱石は非常に一般的であり、木材や木炭の火で燃やしたときに金属を容易に生成するものもあります。最終的に、金属の加工により、青銅や真ちゅうなどの合金が発見されました(紀元前4000年頃)。鋼などの鉄合金の最初の使用は紀元前1800年頃にさかのぼります。[41] [42]

エネルギーと輸送

ホイールは4000 BCE頃発明されました。

その間、人間は他の形のエネルギーを利用することを学んでいました。風力発電の最も初期の既知の使用法は帆船です。航海中の船の最も初期の記録は、紀元前8千年紀にさかのぼるナイルボートの記録です。[43]先史時代から、エジプト人はおそらくナイル川の毎年の洪水の力を使って自分たちの土地を灌漑し、意図的に建設された灌漑水路と「キャッチ」盆地を通してその多くを徐々に規制することを学んだ。メソポタミアの古代シュメール人は、運河と堤防の複雑なシステムを使用して、灌漑のためにチグリス川とユーフラテス川から水を迂回させました。[44]

ギブソンテクノロジーGL458

考古学者によると、この車輪は紀元前4000年頃に、おそらく独立して、ほぼ同時にメソポタミア(現在のイラク)、北コーカサス(マイコープ文化)、中央ヨーロッパで発明されました。[45]これがいつ発生したかについての推定値は、紀元前5500年から3000年の範囲であり、ほとんどの専門家は紀元前4000年に近づけています。[46]車輪付きカートを描いた図面のある最も古い遺物は、紀元前3500年頃のものです。[47]しかしながら、これらの図面が作成される前に、ホイールは何千年もの間使用されていた可能性があります。最近では、世界で最も古くから知られている木製の車輪がスロベニアのリュブリャナ湿地で発見されました。[48]

車輪の発明は貿易と戦争に革命をもたらしました。車輪付き貨車が重い荷物を運ぶために使用できることを発見するのにそれほど時間はかかりませんでした。古代シュメール人はろくろを使用し、それを発明した可能性があります。[49]石の陶器ホイールはの都市国家で見つかったウル3429周りBCEに日付[50]とホイール投げ陶器のさらに古いフラグメントは、同じ地域で発見されました。[50]ファースト(回転)陶芸ホイールは、初期有効量産陶器のは、それは(貫通エネルギーのトランスとしての車輪の使用であった水車ヒト以外の動力源のアプリケーションに革命をもたらし、風車、さらにトレッドミル)。最初の二輪カートはトラボイ[51]から派生し、紀元前3000年頃にメソポタミアとイランで最初に使用されました。[51]

最も古くから知られている建設された道路は、紀元前4000年頃にさかのぼる都市国家ウルの石畳の通り[52]と、ほぼ同じ時期にさかのぼるイングランドのグラストンベリーの沼地を通る木造道路です。[52] 3500 BCEの周り使用に入って来た最初の長距離道路、[52]〜1500マイルスパンペルシャ湾に地中海、[52]が、舗装されないし、部分的にのみ維持されました。[52]紀元前2000年頃、ギリシャのクレタ島のミノア人は、島の南側にあるゴルテュスの宮殿から山を通り、クノッソスの宮殿に至る50キロメートル(30マイル)の道路を建設しました。島の北側にあります。[52]以前の道路とは異なり、ミノアの道路は完全に舗装されていた。[52]

配管

最も有名な古代ローマの水道橋の1つであるフランスの ポンデュガールの写真 [53]

古代ミノアの民家には流水がありました。[54]クノッソス宮殿で、現代のものと実質的に同一の浴槽が発掘された。[54] [55]いくつかのミノアの民家にもトイレがあり、排水溝に水を注ぐことでトイレを洗い流すことができた。[54]古代ローマ人は多くの公共の水洗トイレを持っていたが[55]、それは大規模な下水システムに空になった。[55]ローマの主要な下水道はクロアカマキシマでした。[55]紀元前6世紀に建設が始まり、現在も使用されています。[55]

古代ローマ人もの複雑なシステムであった水路、[53]長距離を横切って輸送水に使用しました。[53]最初のローマ水道は紀元前312年に建設されました。[53] 11番目で最後の古代ローマ水道は、西暦226年に建設されました。[53]まとめると、ローマの水道橋は450キロメートルを超えて伸びていたが[53]、このうち70キロメートル未満が地上にあり、アーチで支えられていた。[53]

中世と近代の歴史(西暦300年–現在)

カード目録、19世紀に開発された技術は、20世紀にユビキタスになりました。

革新は中世を通して続き、絹の製造(アジアでの何世紀にもわたる開発の後にヨーロッパに導入された)、5世紀のローマ帝国の崩壊後の最初の数百年の馬の首輪と蹄鉄などの革新がありました。中世の技術では、単純な機械(レバー、ネジ、滑車など)を組み合わせて、手押し車、風車、時計などのより複雑なツールを形成し、大学のシステムを開発して科学的なアイデアや実践を広めました。 。ルネサンス時代はを含む多くの技術革新、生産印刷機(知識のコミュニケーションを促進し)、および技術はますます関連付けられてなった科学の相互発展のサイクルを開始します。この時代の技術の進歩により、より信頼性の高い食料の供給が可能になり、それに続いて消費財の入手可能性が広がりました。

自動車は、個人的な輸送に革命をもたらしました。

18世紀にイギリスで始まった産業革命は、特に農業、製造、鉱業、冶金、輸送の分野で、蒸気動力の発見とその広範な応用によって推進された、大きな技術的発見の時期でした。工場システム。技術は、別のステップを取った第二次産業革命(C。  1870年、C。  1914)のハーネと電気などの技術革新できるように電動モーター、電球、および無数の他のものを。科学の進歩と新しい概念の発見により、後に医学、化学、物理学、工学の動力飛行と開発が可能になりました。技術の進歩により、超高層ビルや広い都市部に住む人々は、モーターとその食料を輸送するためにモーターに依存しています。電信、電話、ラジオ、テレビの発明によりコミュニケーションが向上しました。19世紀後半から20世紀初頭にかけて、飛行機と自動車の発明により輸送に革命が起こりました。

1991年の湾岸戦争中に クウェートの石油火災の上空を飛行する F-15と F-16。

20世紀は多くの革新をもたらしました。で物理学の発見核分裂は両方につながっている核兵器や原子力発電。コンピュータは発明され、後にトランジスタと集積回路を使用して小型化されました。その後、情報技術は1980年代にインターネットの誕生につながり、それが現在の情報化時代の到来を告げました。人間が始めたスペースを探ると衛星(後に使用し、1950年代後半、通信を月にすべての道を行く)と有人ミッション(1960)インチ 医学では、この時代は、新しい薬や治療法とともに、開心術やその後の幹細胞治療などの革新をもたらしました。

新しいテクノロジーのいくつかを作成および維持するには、複雑な製造および建設の技術と組織が必要であり、業界全体が、ますます複雑になる次世代のツールをサポートおよび開発するために生まれました。現代のテクノロジーは、トレーニングと教育にますます依存しています。デザイナー、ビルダー、メンテナー、およびユーザーは、多くの場合、高度な一般的および特定のトレーニングを必要とします。さらに、これらの技術は非常に複雑になっているため、工学、医学、コンピューターサイエンスなど、それらをサポートするための分野全体が開発されています。建設、輸送、建築など、その他の分野はより複雑になっています。

技術

一般的に、技術は人間社会を改善するための技術の有用性に対する信念です。[56]極端に言えば、技術主義は「現実を制御し、科学技術的方法とツールの使用に関するすべての問題を解決しようとする基本的な態度を反映している」。[57]言い換えれば、人間はいつの日かすべての問題をマスターし、テクノロジーを使って未来をコントロールすることさえできるようになるでしょう。スティーブン・V・モンスマ[58]のようないくつかは、これらの考えをより高い道徳的権威としての宗教の退位に結びつけています。

楽観

楽観的な仮定は、トランスヒューマニズムやシンギュラリタリアニズムなどのイデオロギーの支持者によってなされており、技術開発は一般に社会と人間の状態に有益な効果をもたらすと考えています。これらのイデオロギーでは、技術開発は道徳的に優れています。

トランスヒューマニストは一般に、テクノロジーのポイントは障壁を克服することであり、私たちが一般的に人間の状態と呼ぶものは、克服すべきもう1つの障壁であると信じています。

シンギュラリタリアンは、ある種の「加速する変化」を信じています。より多くの技術を取得するにつれて技術の進歩の速度が加速し、進歩がほぼ無限である人工知能が発明された後、これは「特異点」に達すること。したがって、この用語。この特異点の日付の推定値はさまざまですが[59]、著名な未来派のレイ・カーツワイルは、特異点が2045年に発生すると推定しています。

カーツワイルは、6つの時代の宇宙の歴史でも知られています:(1)物理的/化学的時代、(2)生命の時代、(3)人間/脳の時代、(4)技術の時代、(5)人工知能の時代、および(6)普遍的な植民地化の時代。ある時代から次の時代へと進むことは、それ自体が特異点であり、スピードアップの期間がそれに先行します。各エポックにかかる時間は短くなります。つまり、宇宙の歴史全体が1つの巨大な特異点イベントになります。[60]

一部の批評家は、一例として、これらのイデオロギーを参照してください科学主義とテクノユートピアとの概念恐れる人間強化し、技術的特異点、彼らはサポートしています。カール・マルクスをテクノ楽観主義者と表現する人もいます。[61]

懐疑論と批評家

1812年に力織機を壊す ラッダイト

やや懐疑的な側面には、ヘルベルト・マルクーゼやジョン・ゼルツァンのような特定の哲学者がいます。彼らは、技術社会には本質的に欠陥があると信じています。彼らは、そのような社会の必然的な結果は、自由と心理的健康を犠牲にして、これまで以上に技術的になることであることを示唆しています。

ラッダイトや著名な哲学者マルティン・ハイデガーなどの多くは、完全ではありませんが、テクノロジーに関して決定論的な留保を真剣に受け止めています(「テクノロジーに関する質問」[62]を参照)。ハイデガーの学者であるヒューバート・ドレイファスとチャールズ・スピノサによると、「ハイデガーはテクノロジーに反対していません。彼はテクノロジーの本質を明らかにすることを望んでいます。同じこと、それに対して無力に反逆すること。」確かに、彼は、「私たちがかつてテクノロジーの本質に明確に自分自身を開いたとき、私たちは自分たちが予期せず自由な主張に巻き込まれたことに気付く」と約束しています。[63]これに伴うのは、テクノオプティミストやテクノペシミストが許すよりも複雑なテクノロジーとの関係です。」[64]

テクノロジーに対する最も痛烈な批判のいくつかは、オルダス・ハクスリーのすばらしい新世界、アンソニー・バージェスの時計じかけのオレンジ、ジョージ・オーウェルの1984年など、現在ディストピアの文学の古典と見なされているものに見られます。ゲーテのファウスト、ファウストは、物理的な世界を支配する力と引き換えに悪魔に魂を売ることもしばしば産業技術の採用のためのメタファーとして解釈されます。最近では、フィリップ・K・ディックやウィリアム・ギブソンなどの現代のサイエンスフィクション作品や、ブレードランナーゴースト・イン・ザ・シェルなどの映画は、テクノロジーが人間の社会やアイデンティティに与える影響に対して、非常に曖昧で注意深い態度を示しています。

故文化批評家のニールポストマンは、ツールを使用する社会を、技術社会や彼が「テクノポリス」と呼んだもの、技術的および科学的進歩のイデオロギーによって支配され、他の文化的慣行、価値観、世界の排除または害をもたらす社会と区別しました。ビュー。[65]

ダリン・バーニーは、テクノロジーが市民権と民主主義文化の実践に与える影響について書いています。テクノロジーは、(1)政治的議論の対象、(2)議論の手段または媒体、(3)民主的審議の場として解釈できることを示唆しています。と市民権。民主主義文化の設定として、バーニーは、テクノロジーは、良い人生が何であるかという質問を含む倫理的な質問をする傾向があることを示唆しています。彼らはすでに質問に答えているので、ほとんど不可能です。良い人生とは、ますます多くの技術。[66]

Nikolas Kompridisは、遺伝子工学、ナノテクノロジー、合成生物学、ロボット工学などの新技術の危険性についても書いています。彼は、これらの技術が、私たちの生物学的性質の恒久的な変化の可能性を含め、人間に前例のない新しい挑戦をもたらすと警告しています。これらの懸念は、同様の問題について書いた他の哲学者、科学者、知識人(フランシス・フクヤマ、ユルゲン・ハーバーマス、ウィリアム・ジョイ、マイケル・サンデルなど)によって共有されています。[67]

テクノロジーに対するもう1つの著名な批評家は、インターネット上コンピューターがまだできないことなどの本を出版しているヒューバート・ドレイファスです。

より悪名高い反技術論文は、Unabomber Ted Kaczynskiによって書かれ、テクノ産業インフラの爆撃キャンペーンを終わらせるための努力の一環として、いくつかの主要な新聞(およびその後の本)に印刷されたIndustrial Society and itsFutureです。自己識別型オフグリッドなど、一部またはほとんどのテクノロジーを不承認とするサブカルチャーもあります。[68]

適切な技術

適切な技術の概念は、20世紀に、EFシューマッハやジャックエリュールなどの思想家によって開発され、非常に新しい技術を使用することが望ましくない状況や、他の場所からインポートされた集中インフラストラクチャや部品やスキルへのアクセスが必要な状況を説明しました。エコビレッジの動きが原因この懸念に一部登場しました。

21世紀の楽観主義と懐疑論

このセクションは、他の西側諸国に合理的に一般化できるとしても、主にアメリカの懸念に焦点を当てています。

アメリカの仕事の不十分な量と質は、私たちが直面する最も根本的な経済的課題の1つです。[...]テクノロジーとこの根本的な問題との関連は何ですか?

—  バーンスタイン、ジャレッド、「賃金を抑えているのはスキルギャップではない:とりわけ弱い経済だ」、アメリカンプロスペクト、2014年10月

彼の記事では、ジャレッド・バーンスタイン、シニアフェローの予算や政策の優先順位のセンター、[69]質問広範なアイデアその自動化、およびより広く、技術の進歩は、主にこの成長に貢献してきた労働市場の問題。彼の論文は、楽観主義と懐疑論の間の第三の道のようです。本質的に、彼は失業と賃金の低下に関する技術とアメリカの問題との間のつながりのニュートラルなアプローチを表しています。

彼は自分の主張を擁護するために2つの主要な議論を使用しています。第一に、最近の技術の進歩により、ますます多くの労働者が職を失っている。それでも、科学的証拠は、テクノロジーが非常に多くの労働者を追い出し、解決したよりも多くの問題を引き起こしたことを明確に示すことができません。実際、自動化は、繰り返しの仕事を脅かしたが、彼らは「柔軟性の判断と常識を必要とする」という技術と手動の仕事を補完するため、ハイエンドの仕事はまだ必要である[70]と交換するのは難しいままマシンを。第二に、研究は、最近の技術の進歩と過去数十年の賃金動向との間に明確な関連性を示していません。

したがって、バーンスタインによれば、テクノロジーと、現在のアメリカ人の失業の増加と賃金の低下に対するその仮説的な影響に焦点を当てるのではなく、「需要、貿易、収入、機会の不均衡を相殺できない悪い政策」についてもっと心配する必要があります。[70]

複雑な技術システム

自転車の後輪
ガスストーブの炎。

Thomas P. Hughesは、テクノロジーは問題を解決するための重要な方法と見なされてきたため、テクノロジーをより効率的に使用するには、その複雑で多様な特性を認識する必要があると述べました。[71]ホイールまたはコンパスと、オーブンやガスストーブなどの調理器具の違いは何ですか?それらのすべて、一部のみ、またはいずれもテクノロジーと見なすことができますか?

テクノロジーはしばしば狭すぎると見なされます。ヒューズによれば、「テクノロジーは人間の創意工夫を伴う創造的なプロセスです」。[72]創造性に重点を置いたこの定義は、料理の「技術」を誤って含む可能性のある無制限の定義を回避しますが、人間の顕著な役割、したがって複雑な技術システムの使用に対する人間の責任も強調しています。

しかし、テクノロジーはいたるところにあり、景観や社会を劇的に変化させたため、ヒューズは、エンジニア、科学者、管理者は、テクノロジーを使用して自分たちが望むように世界を形作ることができると信じていることが多いと主張します。彼らはしばしば、テクノロジーは簡単に制御できると考えており、この仮定は徹底的に疑問視されなければなりません。[71]たとえば、エフゲニー・モロゾフは特に「インターネット中心主義」と「解決主義」という2つの概念に挑戦している。[73]インターネット中道政治とは、インターネットが最も安定した首尾一貫した力の1つであると私たちの社会が確信しているという考えを指します。解決主義は、テクノロジーのおかげで、特にインターネットのおかげで、すべての社会問題を解決できるというイデオロギーです。実際、テクノロジーには本質的に不確実性と制限が含まれています。アレクシス・マドリガルによるモロゾフの理論のレビューによると、それを無視すると、「彼らが対処しようとしている問題よりも最終的に多くの損害を引き起こす可能性のある予期しない結果」につながるでしょう。[74]ベンジャミン・R・コーエンとグウェン・オッティンガーは、テクノロジーの多価効果についても議論しました。[75]

したがって、特に環境正義と健康問題を扱う場合には、技術の限界、より広くは科学的知識の認識が必要です。オッティンガーはこの推論を続け、科学的知識の限界の継続的な認識は、科学者やエンジニアの彼らの役割の新しい理解と密接に関連していると主張しています。このような技術と科学のアプローチは、「技術専門家は、プロセスにおける自分の役割を異なる方法で考える必要があります。単に情報や技術的解決策を提供するのではなく、研究や問題解決の協力者と見なす必要があります。」[76]

この大人のゴリラは、水深を測定するための杖として枝を使用します。これ は、 人間以外の霊長類による技術の使用例です。

基本的な技術の使用は、人間以外の他の動物種の特徴でもあります。これらは、次のような霊長類が挙げられるチンパンジー、[77]いくつかのイルカコミュニティ、[78]及びカラスを。[79] [80]アクティブな環境調整と制御の動物行動学としてのテクノロジーのより一般的な視点を考慮すると、ビーバーとそのダム、またはミツバチとその蜂の巣などの動物の例を参照することもできます。

ツールを作成して使用する能力は、かつてホモ属の特徴であると考えられていました。[81]しかしながら、チンパンジーと関連する霊長類の間での道具の構造の発見は、人間に特有の技術の使用の概念を捨てました。たとえば、研究者は採餌用の道具を使って野生のチンパンジーを観察しました。使われた道具には、葉のスポンジ、シロアリの釣り用プローブ、乳棒、レバーなどがあります。[82] 西アフリカのチンパンジーも、ブラジルのボアビスタのオマキザルと同様に、ナッツを割るために石のハンマーとアンビルを使用している[83][84]

技術理論は、当時の高度な技術と科学に基づいて、技術の未来を予測しようとすることがよくあります。ただし、将来のすべての予測と同様に、テクノロジーは不確実です。

2005年、未来派のレイ・カーツワイルは、テクノロジーの未来は主に遺伝学、ナノテクノロジー、ロボット工学の重複する「GNR革命」で構成され、ロボット工学が3つの中で最も重要であると予測しました。[85]この将来の革命は、映画、小説、ビデオゲームで探求されており、多くの発明の創出を予測し、将来の出来事を予見している。そのような発明やイベントには、ロボット工学の大規模な進歩から生じた政府が管理するシミュレーション(マトリックス)、遺伝子工学の改善により生産がなくなった社会(ブレイブニューワールド)、政府によって施行された警察国家が含まれます。データマイニング、ナノボット、ドローン(ウォッチドッグス)を使用します。人間はすでにGNR革命を達成するための最初の一歩を踏み出しました。

最近の発見と創意工夫により、人工知能の形で、またロボットの物理的な形でロボット工学を作成することができました。人工知能は、スマートフォンのパーソナルアシスタントなど、さまざまな目的で使用されてきました。最初のアシスタントはSiriで、2011年にAppleによってiPhone4sでリリースされました。[86]ロボット工学の未来には、「人間よりも優れた非生物学的知性」が含まれると考える人もいます。[87]この概念は、自己認識を獲得し、人類を根絶しようとする人工知能である「不正なAI」の概念と比較することができます。他の人々は、ロボットが主要な労働力になっている人類のために、AIの使用人が簡単で楽な生活を作り出すことを将来は含むと信じています。この将来は、計画的陳腐化の概念と多くの類似点を共有していますが、計画的陳腐化は「不吉なビジネス戦略」と見なされています。[88]爆弾処理や宇宙探査などのタスクを実行するために、ドローンなどの人間が制御するロボットが開発されました。ハーバードなどの大学は、手術などの人間を支援する状況で使用される自律型ロボットの発明に取り組んでいます。ロボット、捜索救助ロボット、および理学療法ロボット。[89]

遺伝学も探求されており、人間は遺伝子工学をある程度理解しています。ただし、遺伝子編集は大きく分裂しており、通常はある程度の優生学が含まれます。人間工学の未来には、現在の人間よりも速く、強く、そして生き残るように遺伝子操作された人間である「超人」が含まれると推測する人もいます。他の人は、遺伝子工学が人間をより抵抗力があるか、いくつかの病気に対して完全に免疫にするために使われるだろうと考えています。[90]人間の正確なコピーを作成するプロセスである「クローニング」は、遺伝子工学によって可能であるかもしれないとさえ示唆する人もいます。

今後10年以内に人間がナノボット技術を発見すると信じている人もいれば、私たちがその発明から何世紀も離れていると信じている人もいます。ナノボット技術は、人間が「分子および原子スケールで物質を操作する」ことを可能にするだろうと未来派は信じています。この発見は、新しい病気の治療や、新しい、より効率的な技術の発明など、多くの科学的および医学的進歩への道を開く可能性があります。また、ナノボットは人体に注射または挿入され、特定の部分を交換し、信じられないほど長い間人間を健康に保ち、ある程度の臓器不全と戦うことができると考えられています。

「GNR革命」は、これまでに見られなかったような新時代の技術と人類の進歩をもたらすでしょう。

  • 建築技術
  • 技術批評
  • 20世紀の最大のエンジニアリング成果
  • 科学技術の歴史
  • 知識経済
  • 楽器の法則-ゴールデンハンマー
  • ルイス・マンフォード
  • 新興技術のリスト
  • 科学の年のリスト
  • ニッチコンストラクション
  • アルゼンチンの科学技術
  • 技術的収束
  • 技術と社会
  • 技術評価
  • テクノロジーツリー
  • -学
  • 超大国§考えられる要因

テクノロジーの理論と概念

  • 適切な技術
  • イノベーションの普及
  • 人間拡張
  • テクノロジーのインストルメンタルコンセプト
  • ジャック・エリュール
  • パラダイム
  • 技術哲学
  • ポストヒューマニズム
  • 予防原則
  • シンギュラリタリアニズム
  • テクノロジーの戦略
  • 技術進歩主義
  • 技術中心主義
  • テクノクラート
  • テクノクリチシズム
  • 技術的決定論
  • 技術の進化
  • 技術的ナショナリズム
  • 技術的特異点
  • 技術管理
  • 技術準備レベル
  • テクノリアリズム
  • トランスヒューマニズム

テクノロジーの経済学

  • エネルギー会計
  • ナノソーシャリズム
  • 脱希少性経済
  • 生産性向上技術(経済史)
  • テクノクラート
  • テクノキャピタリズム
  • 技術の普及
  • 技術受容モデル
  • テクノロジーのライフサイクル
  • 技術移転

テクノロジージャーナリズム

  • Engadget
  • TechCrunch
  • ザ・ヴァージ
  • 有線(雑誌)

その他

  • 科学観光
  • STEMフィールド

  1. ^ 経済成長における電気:レポート。ワシントンDC:ナショナルアカデミープレス。1986年。ISBN 978-0-309-03677-1。OCLC  45734143。
  2. ^ リデル、ヘンリージョージ; スコット、ロバート(1980)。ギリシャ語-英語レキシコン(要約版)。イギリス:オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-910207-5
  3. ^ クラブ、ジョージ(1823)。ユニバーサル技術辞書、またはすべての芸術と科学で使用される用語のよく知られた説明。ロンドン:ボールドウィン、クラドック、ジョイ。p。524 –インターネットアーカイブ経由。
  4. ^ マニックス、ロレッタH。; ストラットン、ジュリアスアダムス(2005)。心と手:MITの誕生。ケンブリッジ:MITプレス。pp。190–92。ISBN 978-0-262-19524-9
  5. ^ 「Technikがアメリカにやってくる:1930年以前のテクノロジーの意味の変化」。テクノロジーアンドカルチャー47
  6. ^ ベイン、リード(1937)。「技術と州政府」。アメリカの社会学的レビュー2(6):860–874。土井:10.2307 / 2084365。JSTOR  2084365。
  7. ^ マッケンジー、ドナルドA。; ワイクマン、ジュディ(1999)。「入門エッセイ」。テクノロジーの社会的形成(第2版)。バッキンガム:オープンユニバーシティプレス。ISBN 978-0-335-19913-6
  8. ^ 「テクノロジー|メリアム・ウェブスターによるテクノロジーの定義」。メリアム・ウェブスター。2016年11月7日にオリジナルからアーカイブされました。検索された7年11月2016
  9. ^ フランクリン、ウルスラ(1999)。テクノロジーの実世界(改訂版)。スカボロー:アナンシの家。ISBN 978-0-88784-891-9
  10. ^ たとえば、を参照してください 「テクノロジー」。BBCニュース。2016年11月7日にオリジナルからアーカイブされました。検索された7年11月2016
  11. ^ スティグラー、ベルナール(1998)。技術と時間、1:エピメテウスのせい。スタンフォード大学プレス。頁。17、82 ISBN 978-0-8047-3041-9Stieglerは最近、バイオテクノロジーは「有機物の再編成」ではなく、「組織化された無機物」として定義することはできないと述べています。 スティグラー、ベルナール(2008)。L'avenirdupassé:Modernitédel'archéologie。LaDécouverte。p。23. ISBN 978-2-7071-5495-8
  12. ^ 「産業、技術および世界市場:2つの新しい技術分野における国際特許動向」。科学工学指標2002。国立科学財団。2015年8月18日にオリジナルからアーカイブされました。2007年5月7日取得
  13. ^ アーサー、W。ブライアン(2009)。テクノロジーの性質。ニューヨーク:フリープレス。p。 28。ISBN 978-1-4165-4405-0
  14. ^ ボーグマン、アルバート(2006)。「文化的力としての技術:アレナとグリフィンのために」 (有料)カナダ社会学ジャーナル31(3):351–60。土井:10.1353 /cjs.2006.0050。S2CID  144251172。2007年8月13日にオリジナルからアーカイブされました。2007年2月16日取得
  15. ^ マセック、ヤクブ。「サイバーカルチャーの定義」。2007年7月3日にオリジナルからアーカイブされました。2007年5月25日取得
  16. ^ 「科学」。Dictionary.com。2016年 2016年11月8日のオリジナルからアーカイブ。検索された7年11月2016
  17. ^ 科学技術と社会に関する論文。MRシャルマ博士。2020年。ISBN 978-81-318-0667-8。2020年6月19日取得
  18. ^ 「Intute:科学、工学および技術」。直感的。2007年2月17日にオリジナルからアーカイブされました。2007年2月17日取得
  19. ^ ブッシュ、ヴァネヴァー(1945年7月)。「エンドレスフロンティアの科学」。国立科学財団。2016年11月7日にオリジナルからアーカイブされました。検索された7年11月2016
  20. ^ ワイズ、ジョージ(1985)。"科学技術"。オシリス。第2シリーズ。1:229–46。土井:10.1086 / 368647。S2CID  144475553。
  21. ^ ガストン、デビッドH.(2000)。政治と科学の間:研究の完全性と生産性の保証。ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-0-521-65318-3
  22. ^ 「人間の母–3​​20万年前」。BBC。2007年10月12日にオリジナルからアーカイブされました。検索された5月17 2008
  23. ^ 「人類の進化」。ヒストリーチャンネル。2008年4月23日にオリジナルからアーカイブされました。検索された5月17 2008
  24. ^ ウェイド、ニコラス(2003年7月15日)。「初期の声:言語への飛躍」。ニューヨークタイムズ。2017年3月12日にオリジナルからアーカイブされました。検索された7年11月2016
  25. ^ バウアー、ブルース(2010年10月29日)。「ストーンエイジャーズは、思考より55、000年早くスキルを磨きました」。有線。2016年11月8日にオリジナルからアーカイブされました。検索された7年11月2016
  26. ^ クランプ、トーマス(2001)。科学の簡単な歴史。コンスタブル&ロビンソン。p。9. ISBN 978-1-84119-235-2
  27. ^ 「Sterkfontein、Swartkrans、Kromdraai、およびEnvironsの化石類人猿サイト」。ユネスコ。2007年3月27日にオリジナルからアーカイブされました。2007年3月10日取得
  28. ^ 「石器時代の男」。歴史の世界。2007年3月10日にオリジナルからアーカイブされました。2007年2月13日取得
  29. ^ ジェームズ、スティーブンR.(1989年2月)。「更新世の下部および中部における類人猿の火の使用」。現在の人類学30(1):1–26。土井:10.1086 / 203705。JSTOR  2743299。S2CID  146473957。
  30. ^ スタール、アンB.(1984)。「火事前の類人猿の食事の選択」。現在の人類学25(2):151–68。土井:10.1086 / 203106。JSTOR  2742818。S2CID  84337150。
  31. ^ オニール、デニス。「現代人類の進化:旧人類ホモサピエンス文化」。パロマー大学。2007年4月4日にオリジナルからアーカイブされました。2007年3月31日取得
  32. ^ ヴィラ、パオラ(1983)。テラアマタと南フランスの中期更新世の考古学的記録。バークレー校:カリフォルニア大学出版。p。303. ISBN 978-0-520-09662-2
  33. ^ コルドー、リチャード; Stoneking、Mark(2003)。「南アジア、アンダマン人、およびアフリカからの「初期の」人間の分散の遺伝的証拠」 (PDF)American Journal of HumanGenetics72(6):1586–90、著者の返信1590–93。土井:10.1086 / 375407。PMC  1180321。PMID  12817589。2009年10月1日のオリジナルからアーカイブ (PDF)。2007年5月22日取得
  34. ^ Driscoll、Killian(2006)。アイルランド西部の初期の先史学:アイルランド、シャノンの西にある中石器時代の社会考古学の調査。2017年9月4日にオリジナルからアーカイブされました。2017年7月11日取得
  35. ^ シカゴ大学出版局(2006年1月4日)。「最初のベビーブーム:骨格の証拠は、新石器時代の間に出生率の突然の世界的な増加を示しています」。ScienceDaily。2016年11月8日にオリジナルからアーカイブされました。検索された7年11月2016
  36. ^ サスマン、ロバートW。; ホール、ロベルタL.(1972年4月)。「新石器時代の子供の輸送、家族の大きさ、および人口の増加」。現在の人類学13(2):258–67。土井:10.1086 / 201274。JSTOR  2740977。S2CID  143449170。
  37. ^ フェラーロ、ゲイリーP.(2006)。文化人類学:応用の視点。トムソン株式会社。ISBN 978-0-495-03039-3。2021年3月31日にオリジナルからアーカイブされました。検索された5月17 2008
  38. ^ パターソン、ゴードンM.(1992)。古代史のエッセンシャル。研究教育協会。ISBN 978-0-87891-704-4。2021年3月31日にオリジナルからアーカイブされました。検索された5月17 2008
  39. ^ Cramb、Alan W(1964)。「金属の短い歴史」。自然203(4943):337 Bibcode:1964Natur.203Q.337T。土井:10.1038 / 203337a0。S2CID  382712。2007年1月8日にオリジナルからアーカイブされました。2007年1月8日取得
  40. ^ ヒュー・チザム(1910)「ブリタニカ百科事典:芸術、科学、文学、一般情報の辞書」。ブリタニカ百科事典。p。708. 2020年12月4日のオリジナルからアーカイブ。検索された5月17 2008
  41. ^ 「トルコのカマン・カレホユクの遺跡で第3層から採取された発掘された鉄片の組成の重要性」。アナトリア考古学研究。東京:日本アナトリア考古学研究所。14
  42. ^ 「トルコから発掘された鉄鋼片は、最も古い鋼であることが判明しました」。ヒンドゥー。2009年3月26日。2009年3月29日のオリジナルからアーカイブ。検索された8年11月2016
  43. ^ 「ナイルボートの最古の表現」。古代81
  44. ^ クロフォード、ハリエット(2013)。SumerianWorld。ニューヨーク州ニューヨーク市とイギリスのロンドン:ラウトレッジ。pp。34–43。ISBN 978-0-203-09660-4。2020年12月5日にオリジナルからアーカイブされました。2020年11月12日取得
  45. ^ ポッツ、DT(2012)。古代近東の考古学の仲間。p。285。
  46. ^ チャイルド、V。ゴードン(1928)。最も古代の東の新しい光。p。110。
  47. ^ アンソニー、デビッドA.(2007)。馬、車輪、言語:ユーラシアステップの青銅器時代のライダーが現代世界をどのように形作ったか。プリンストン:プリンストン大学出版局。p。67. ISBN 978-0-691-05887-0
  48. ^ ガッサー、アレクサンダー(2003年3月)。「スロベニアで見つかった世界最古のホイール」。スロベニア共和国政府通信局。2016年8月26日にオリジナルからアーカイブされました。検索された8年11月2016
  49. ^ クレイマー、サミュエル・ノア(1963)Sumerians:彼らの歴史、文化、そして性格。イリノイ州シカゴ:シカゴ大学出版局。p。290. ISBN 978-0-226-45238-8。2014年8月8日にオリジナルからアーカイブされました。2017年10月26日取得
  50. ^ a b ムーリー、ピーターロジャースチュアート(1999)[1994]。古代メソポタミアの材料と産業:考古学的証拠。インディアナ州ウィノナレイク:アイゼンブラウン。p。146. ISBN 978-1-57506-042-2。2017年10月17日にオリジナルからアーカイブされました。2017年10月26日取得
  51. ^ a b レイ、MG(1992)。世界の道。オーストラリア、シドニー:Primavera Press p。28. ISBN 978-1-875368-05-1
  52. ^ a b c d e f g グレガーセン、エリック(2012)。車輪付き輸送の完全な歴史:車やトラックからバスやバイクまで。ニューヨーク州ニューヨーク市:ブリタニカ教育出版。p。130. ISBN 978-1-61530-701-2。2021年3月31日にオリジナルからアーカイブされました。2020年11月12日取得
  53. ^ a b c d e f g Aicher、Peter J.(1995)。古代ローマの水道橋へのガイド。イリノイ州ワウコンダ:Bolchazy-Carducci Publishers、Inc.p。6. ISBN 978-0-86516-282-2。2020年12月5日にオリジナルからアーカイブされました。2020年11月12日取得
  54. ^ a b c Eslamian、Saeid(2014)。工学水文学ハンドブック:環境水文学と水管理。フロリダ州ボカラトン:CRCプレス。pp。171–75。ISBN 978-1-4665-5250-0。2020年12月10日にオリジナルからアーカイブされました。2020年11月12日取得
  55. ^ a b c d e レヒナー、ノーバート(2012)。配管、電気、音響:建築のための持続可能な設計方法。ニュージャージー州ホーボーケン:John Wiley&Sons、Inc.p。106. ISBN 978-1-118-01475-2。2021年3月31日にオリジナルからアーカイブされました。2020年11月12日取得
  56. ^ ブレスリン、ゲリー、編 (2011)。「技術」。コリンズ英語辞典。ハーパーコリンズ。ISBN 978-0-00-743786-3
  57. ^ 「技術と遺伝子工学の哲学的および倫理的問題」。哲学技術学会3
  58. ^ モンスマ、スティーブンV.(1986)。責任あるテクノロジー。グランドラピッズ:WB EerdmansPub。株式会社ISBN 978-0-8028-0175-3
  59. ^ ルーク・ミュールハウザー(2015年11月10日)。「インテリジェンス爆発に関するFAQ」。マシンインテリジェンス研究所。2016年11月7日にオリジナルからアーカイブされました。2016年11月11日取得
  60. ^ カーツワイル、レイ(2005)。「6つの時代」。特異点が近い:人間が生物学を超越するとき。ペンギン。ISBN 978-1-101-21888-4
  61. ^ ヒューズ、ジェームズ。「民主的トランスヒューマニズム2.0」。Changesurfer。2016年8月18日にオリジナルからアーカイブされました。取得した10年11月2016
  62. ^ Lovitt、William(1977)。「技術に関する質問」。技術と他のエッセイに関する質問。ハーパートーチブック。pp。3–35。ISBN 978-0-613-91314-0。2009年7月14日にオリジナルからアーカイブされました。2007年11月21日取得
  63. ^ ハイデガー、マーティン(1977)。「技術に関する質問」。技術と他のエッセイに関する質問。Lovitt、W。NewYorkによる翻訳:HarperCollins。pp。25–26。
  64. ^ ドレイファス、ヒューバート; スピノサ、チャールズ(2006)。「ハイデガー、テクノロジー、そして日常についてのさらなる考察」。コンプリディスでは、ニコラス(編)。哲学的ロマン主義。ニューヨーク:ラウトレッジ。pp。265–81。
  65. ^ ポストマン、ニール(1993)。テクノポリー:文化からテクノロジーへの降伏。ニューヨーク:ヴィンテージ。
  66. ^ バーニー、ダリン(2007)。Googleの下の1つの国。トロント:ハウスオブアナンシプレス。
  67. ^ 「テクノロジーの民主主義への挑戦」。パレーシア8
  68. ^ Vannini、Phillip、およびJonathanTaggart。「自発的な単純さ、非自発的な複雑さ、そして除去のプル:オフグリッドライフスタイルの急進的な田舎。」環境と計画A45.2(2013):295-311。
  69. ^ 「ジャレッド・バーンスタイン」。予算と政策の優先事項のためのセンター。2013年9月13日。2016年11月12日のオリジナルからアーカイブ。2016年11月11日取得
  70. ^ a b 「賃金を抑えているのはスキルギャップではありません。とりわけ、経済が弱いのです」。アメリカンプロスペクト25
  71. ^ a b ヒューズ、トーマスP.(2004)。人間が作った世界:テクノロジーと文化について考える方法。シカゴ:シカゴ大学出版局。pp。1–11。ISBN 978-0-226-35933-5
  72. ^ Hughes、Thomas P.(2004)「Introduction:Complex Technology」(1–11)、「Human-Built World:How to Think About TechnologyandCulture」
  73. ^ モロゾフ、エフゲニー(2013)。すべてを保存するには、ここをクリックしてください:技術的解決主義の愚かさ。ニューヨーク:パブリックアフェアーズ。ISBN 978-1-61039-139-9
  74. ^ マドリガル、アレクシスC.(2013年3月13日)。「複雑で現実的で道徳的な技術批判に向けて」。大西洋。2017年5月25日にオリジナルからアーカイブされました。2016年11月11日取得
  75. ^ コーエン、ベンジャミン; オッティンガー、グウェン(2011)。「はじめに:環境正義と科学と工学の変容」。オッティンガーでは、グウェン; コーエン、ベンジャミン(編)。テクノサイエンスと環境正義:草の根運動における専門家の文化。MITプレス。pp。1–18。ISBN 978-0-262-01579-0
  76. ^ オッティンガー、グウェン(2011)。「工学教育の破裂:コミュニティベースのプロジェクトを通じて専門家のアイデンティティを変革する機会」。オッティンガーでは、グウェン; コーエン、ベンジャミン(編)。テクノサイエンスと環境正義:草の根運動における専門家の文化。MITプレス。pp。229–48。ISBN 978-0-262-01579-0
  77. ^ セーガン、カール; ドルーヤン、アン; リーキー、リチャード。「チンパンジーツールの使用」。2006年9月21日にオリジナルからアーカイブされました。2007年2月13日取得
  78. ^ リンコン、ポール(2005年6月7日)。「スポンジイルカはお母さんから学ぶ」。BBCニュース。2016年12月4日にオリジナルからアーカイブされました。2016年11月11日取得
  79. ^ シュミット、ランドルフE.(2007年10月4日)。「カラスは道具を使って食べ物を見つける」。NBCニュース。2017年3月10日にオリジナルからアーカイブされました。2016年11月11日取得
  80. ^ Rutz、C。; ブラフ、LA; 堰、AAS; Kacelnik、A。(2007年10月4日)。「野鳥のビデオカメラ」。科学318(5851):765 Bibcode:2007Sci ... 318..765R。土井:10.1126 /science.11​​46788。PMID  17916693。S2CID  28785984。
  81. ^ オークリー、KP(1976)。工具製作者の男自然199。pp。1042–43。Bibcode:1963Natur.199U1042。。土井:10.1038 / 1991042e0。ISBN 978-0-226-61270-6。S2CID  4298952。
  82. ^ McGrew、W。C(1992)。チンパンジーの物質文化。ケンブリッジUA:ケンブリッジ大学 押す。ISBN 978-0-521-42371-7
  83. ^ ボッシュ、クリストフ; Boesch、Hedwige(1984)。「野生チンパンジーのメンタルマップ:ナッツのひび割れに対するハンマー輸送の分析」。霊長類25(2):160–70。土井:10.1007 / BF02382388。S2CID  24073884。
  84. ^ ブラヒック、キャサリン(2009年1月15日)。「ナッツを割るサルは、仕事に適したツールを見つけます」。ニューサイエンティスト。2016年11月15日にオリジナルからアーカイブされました。2016年11月11日取得
  85. ^ カーツワイル、レイ(2005)。「GNR:3つの重複する革命」。特異点は近いです。ペンギン。ISBN 978-1-101-21888-4
  86. ^ 「音声アシスタントのタイムライン:音声革命の短い歴史」。Voicebot.ai。2017年7月14日。2021年5月10日取得
  87. ^ 「レイ・カーツワイルは、3つのテクノロジーが私たちの未来を定義すると予測しています」。特異点ハブ。2016年4月19日。2021年5月10日取得
  88. ^ ハダジー、アダム。「これが技術の「計画的陳腐化」についての真実です」。www.bbc.com 。2021年5月10日取得
  89. ^ 「ハーバードのロボット工学」。robotics.harvard.edu 。2021年5月10日取得
  90. ^ 「特異点における遺伝学、ナノボットおよび超人的知性」。超越的な男。2013年5月23日。2021年5月10日取得

  • アンブローズ、スタンレーH.(2001年3月2日)。「旧石器時代の技術と人類の進化」 (PDF)科学291(5509):1748–53。Bibcode:2001Sci ... 291.1748A。土井:10.1126 /science.1059487。PMID  11249821。S2CID  6170692。2007年6月14日にオリジナル (PDF)からアーカイブされました。2007年3月10日取得
  • Huesemann、MH; Huesemann、JA(2011)。テクノフィックス:テクノロジーが私たちや環境を救わない理由。新社会出版社。ISBN 0-86571-704-4
  • クレーマー、マイケル(1993)。「人口増加と技術変化:紀元前100万年から1990年まで」。経済学の季刊誌108(3):681–716。土井:10.2307 / 2118405。JSTOR  2118405。S2CID  139085606。
  • ケリー、ケビン(2010)。テクノロジーが求めるもの。ニューヨーク:バイキングプレス。ISBN 978-0-670-02215-1
  • ルイス・マンフォード(2010)。技術と文明。シカゴ大学出版局。ISBN 0-226-55027-3
  • ロードス、リチャード(2000)。テクノロジーのビジョン:機械、システム、そして人間の世界についての1世紀にわたる重要な議論。サイモン&シュスター。ISBN 0-684-86311-1
  • Teich、AH(2008)。テクノロジーと未来(第11版)。ワズワース出版。ISBN 0-495-57052-4
  • Tooze、Adam(2019年6月6日)。「民主主義とその不満」。ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス。巻 LXVI番号 10. pp。52–53、56–57。
  • ライト、RT(2008)。テクノロジー(第5版)。Goodheart-WilcoxCompany。ISBN 1-59070-718-4