シンジェンタグループは、スイスのバーゼルに本社を置き、シカゴテルアビブ上海に本社を置き、農業科学技術、特に種子と作物保護製品の世界的な大手プロバイダーです。[1]シンジェンタAGは、ノバルティスアストラゼネカの農薬事業の合併により2000年に設立され、2015年に中国化工集団公司(ChemChina)に買収されました。 [2]2020年にシンジェンタグループが結成され、シンジェンタ、アダマ、およびシノケムの農業ビジネスが1つの組織に統合されました。[3]

1990年代後半、アストラABゼネカの合併により、世界で3番目に大きな化学および製薬 メーカーである アストラゼネカが誕生しました。[4] [5] 2000年、アストラゼネカとノバルティスは、農業部門とヘルスケア部門の間の相乗効果が限られているため、種子と作物保護事業を分割することを決定しました。これにより、シンジェンタの合弁会社が設立されました。[6]合弁事業はバーゼルに本社を置き、ロンドンニューヨークストックホルムチューリッヒの証券取引所に上場しました。[7]アストラゼネカの株主は株式の39%を受け取り、ノバルティスの株主は61%を受け取りました。[8]

シンジェンタの創設は、ヨーロッパの化学および製薬業界における専門性の高まりの証拠と見なされていました。[9]シンジェンタは、農業部門の需要が世界的に減少していることを特徴とする2000年代の厳しい市場環境で成功を収めました。[10] 有機的成長は、主に遺伝子工学とバイオ燃料への投資[11]と、中国のSanbeiSeedやイスラエルのZeraimGederaなどのさまざまな買収によって推進されました。[12] [13]

シンジェンタの歴史における画期的な出来事は、2001年に同社がゴールデンライス研究コンソーシアムのメンバーになり、特許および商業化の権利を取得したときのイネゲノムの全DNA配列決定でした。[14]同社は、稲作農家の業績が低迷している市場でのロイヤルティの支払いを放棄し、農家が地元の品種を交配した後に種子を使用できるようにしました。[15] 2004年、シンジェンタの遺伝子組み換えスイートコーン品種は、欧州連合の輸入許可を取得し、大きな注目を集めました。それは人間が消費するための最初の遺伝子組み換えシリアルでした。[16]

長年にわたり、主にグリホサートの生産者として知られているモンサントがシンジェンタを買収する可能性があるという憶測がありました。[17]モンサントの主な関心は、農薬耐性雑草に対するシンジェンタの技術的解決策にありました。[18]両社は長い間重要な事業分野で競争しており、法的な論争を引き起こしていた。2015年、モンサントはシンジェンタの買収を正式に提案しましたが、経営陣は評価の理由でそれを拒否しました。その結果、バイエル、ダウケミカル、デュポンなどの他の競合他社がシンジェンタの潜在的な購入者であると推測されました。

2015年、国営の化学会社であるChemChinaは、最終的にシンジェンタを430億ドルの購入価格で買収しました。[19]これは、これまでの中国企業による最大の買収であり、批判を引き起こした。[20] [21]取締役会による肯定的な評価を受けて、シンジェンタの株主の大多数はケムチャイナの申し出を受け入れました。[22] 2017年7月までに、ChemChinaはシンジェンタの株式の98%以上を確保し、残りの株主のスクイーズアウトと証券取引所からの撤退を可能にしました。[23] [24]


シンジェンタは、もともとICIが所有していたウェストヨークシャーのハダーズフィールドで働いています。