コンサートバンド

Hashtags #コンサートバンド

コンサートバンド

コンサート バンドは、ウィンド バンドウィンド アンサンブルウィンド シンフォニーウィンドオーケストラシンフォニックバンドシンフォニックウィンズまたはシンフォニック ウィンド アンサンブル呼ばれます[ 1]楽器の[2]、時にはハープコントラバス、またはベースギターを含む. まれに、ピアノシンセサイザーエレクトリック ギターなどのアンサンブルに、非伝統的な楽器が追加されることがあります。[3]

コンサート バンドの音楽には、通常、オリジナルの吹奏楽コンサート マーチオーケストラの編曲、軽音楽ポピュラー音楽が含まれます。コンサート バンドにはマーチング バンドと同様楽器ありますが、マーチング バンドの主な目的は行進中に演奏することです。対照的に、コンサート バンドは厳密には静止したアンサンブルとして演奏します。[4]

コンサート バンドの起源はフランス革命にまでさかのぼることができます。フランス革命では、大規模なバンドが愛国的なお祭りやお祝いのために集まることがよくありました。これらのバンドは、すぐに大衆の注目を集めるポピュラー音楽を演奏しました。しかし、フランス革命の間ずっと、真面目な作曲家はしばしばバンドのための音楽を作ることに興味がありませんでした。これは主に計測器によるものでした。コンサート バンドは、必要な楽器の種類と数が標準化されており (今も標準化されていません)、正しい種類の楽器に対して正しい数のパートを記述することはほとんど不可能です。楽器の品質も、作曲家がコンサート バンド用の音楽を作曲したがらないことに影響を与えました。当時の管楽器は、調律を合わせて演奏することが難しく、ピッチとリズムを十分に速く切り替えることが困難でした。オーケストラの動きと編曲、現代に持ち越されたもの。[5]

19 世紀には、英国米国の伝統に基づく管楽器と打楽器の大規模なアンサンブルが、主に儀式や祝祭のための軍楽隊の形で存在し、演奏された作品は主に行進曲で構成されていました。吹奏楽団が交響楽団に匹敵するコンサート設定で使用されたのは、大規模な吹奏楽団のためのオリジナルのコンサート作品が比較的少なかったため、オーケストラまたはオペラの作品を編曲して演奏するときだけでした。[要出典] }

作曲家がコンサートバンドのための作品を書き始めたのは、20 世紀初頭になってからのことです。この時代のコンサート バンドの作曲家は、バンド向けの質の高い音楽が不足していることに不満を感じていたため、これを改善するために曲を書き、演奏し始めました。最初で最も重要なコンサート バンドの編曲の 1 つである、グスタフホルストによるバンドため最初の組曲は 1909 年に書かれまし[6]

1950 年代以前のウィンド アンサンブルには、さまざまな楽器の組み合わせが含まれていました。吹奏楽の現代的な「標準」楽器編成は、イーストマン音楽学校のフレデリック・フェネルによって 1952イーストマン ウインド アンサンブルとして確立されました。さまざまなソノリティを作成します。[7]フェネルによれば、ウィンドアンサンブルは革命的なものではなく、音楽から自然に発展した. [引用が必要]


フル コンサート バンド — インディアナ ウィンド シンフォニーのコンサート、2014 年
ミリタリー バンド— The United States Army Band
高校のコンサート バンド - BHS バンドのパフォーマンス、2013 年