スコットランドゲール語

Hashtags #スコットランドゲール語

スコットランドゲール語

スコットランドゲール語スコットランドゲール語Gàidhlig [kaːlɪkʲ] 聞くこの音についてまたはスコットランドゲール語、多くの場合、単にゲール語)であるGoidelic言語で(ケルトのブランチインド・ヨーロッパ語族は)へのネイティブGaelsスコットランドゲール語として、スコットランドゲール語、およびアイルランド語マン島語の両方古アイルランド語から発展しました[3]中期アイルランド語の13世紀のいつか一般的な文語であるにもかかわらず、それは明確な話し言葉になりました。 16世紀までアイルランドとスコットランドの両方でゲール人によって共有されていました。[4]特にゲール語の地名からも明らかなように、現代スコットランドのほとんどはかつてゲール語を話していました。[5] [6]

スコットランドゲール語
スコットランドゲール語、ゲール語
ゲール語
発音[ˈkaːlɪkʲ]
原産のイギリス、カナダ
領域スコットランド; ケープブレトン島ノバスコシア
民族性スコットランド人
ネイティブスピーカー
スコットランドの57,000人の流暢なL1およびL2スピーカー[1]  (2011)
スコットランドの87,000人が、2011年にゲール語の能力を持っていると報告しました。[1]ノバスコシアで1,300人の流暢さ[2]
初期の形態
方言
スコットランドゲール語の正書法ラテン文字
公式ステータス
で認識されている少数
言語
言語コード
ISO 639-1gd
ISO 639-2gla
ISO 639-3gla
Glottologscot1245
エル・Pスコットランドゲール語
Linguasphere50-AAA
2011年の国勢調査のスコットランドゲール語話者
スコットランドにおけるゲール語スピーカーの2011年の配布
この記事には、IPA音声記号が含まれています適切なレンダリングサポートがないとUnicode文字の代わりに疑問符、ボックス、またはその他の記号が表示される場合がありますIPA記号の入門ガイドについては、Help:IPAを参照してください
"> ファイル:WIKITONGUES-Iainがスコットランドゲール語を話す.webmメディアを再生する
記録されているスコットランド・ゲール語スピーカー、 スコットランド

スコットランドの2011年国勢調査、57375人(旧3歳以上のスコットランドの人口の1.1%)はゲール語話者の最も高い割合をしていた2001年に比べて1,275少なく、ゲール語を話すことができると報告アウター・ヘブリディーズそれにもかかわらず、復活の努力があり、20歳未満言語の話者の数は2001年から2011年の国勢調査の間で減少しませんでした。[7]スコットランド国外では、カナダ東部で18世紀からカナダゲーリックと呼ばれる方言が話されてきました2016年の国勢調査では、4,000近くのカナダ人居住者がスコットランドゲール語の知識を主張し、特にノバスコシアに集中していました[8] [9]

スコットランドゲール語は英国の公用語ではありません。しかし、次のように分類された先住民族の言語の下のヨーロッパ地方言語・少数言語憲章英国政府が批准している、と法2005年ゲール語(スコットランド)、言語発達のボディ、設立BORD NAGàidhligを[10]

別に「スコットランド・ゲール」から、言語は単に「ゲール」、顕著と呼ぶことができる/ ɡ æ L ɪ K /英語"ゲール" / ɡ L ɪ kは/を指すアイルランド語ゲール語[11]マンクス言語Gaelg)。

スコットランドゲール語は近世までにスコットランドのほとんどの低地で話されるようになっ中英語由来の言語であるスコットランド語とは異なります。15世紀以前は、この言語は独自の話者によってイングリス(「英語」)[12]として知られており、ゲール語はスコティス(「スコットランド」)と呼ばれていました15世紀後半から、そのような話者がスコットランドゲール語をエルス(「アイルランド語」)と呼び、ローランド語をスコティス呼ぶことがますます一般的になりました[13]今日、スコットランドゲール語はアイルランド語とは別の言語として認識されているため、スコットランドゲール語に関連するErseという単語は使用されなくなりました。[14]

12世紀初頭のスコットランドにおける言語学の分裂。
   ゲール語を話す
   ノルマンゲール語ゾーン、いずれかまたは両方の言語の使用
  英語圏
   カンブリア語はこのゾーンで生き残った可能性があります

起源

家、農場、町、または都市を意味するスコットランドゲール語のbaileから の要素bal-を含むスコットランドの地名 これらのデータは、スコットランドにおける中世ゲール語の定住の程度をある程度示しています。

中世の伝統的な説明と言語地理学からの明らかな証拠に基づいて、ゲール語は、スコットランドの西海岸にゲール語王国ダルリアダを創設したアイルランドからの入植者によって、西暦4〜5世紀にスコットランドにもたらされたと一般に信じられています。現在のアーガイル[15]551 [16]66最近、考古学者のユアン・キャンベル博士が別の見解を表明しました。彼は、推定される移動または乗っ取りは考古学または地名のデータに反映されていないと主張しました(レスリー・アルコックが以前に指摘したように)。キャンベルはまた、征服について語る中世の史料の時代と信頼性に疑問を投げかけています。代わりに、彼は、鉄器時代以来、アーガイルがアイルランドと共通のQ-ケルト語圏の一部を形成し、海によって分割されるのではなく接続されていると推測しました[17]これらの議論は、伝統的な記述の初期の年代測定を擁護し、考古学的証拠の他の解釈を主張する一部の学者によって反対されてきた。[18]この地域でどのように話されるようになったかにかかわらず、スコットランドのゲール語は、フォース湾とクライド湾の北にあるピクト人地域に拡大し始めた8世紀まで、ほとんどダルリアダに限定されていました900年までに、ピクト人は絶滅し、ゲール語に完全に取って代わられたようです。[19]238–244ただし、ピクト人がゲールではなく北欧人に取って代わられた可能性が高い北部諸島では例外が発生する可能性がありますCaustantínmacÁedaの治世中(コンスタンティヌス2世、900〜943年)、部外者はこの地域をピクト人の王国ではなくアルバ王国と呼び始めました。Pictish言語が突然消えませんでしたがしかし、プロセスGaelicisation(前の世代を始めている場合があります)の治世の間に道の下で明らかにしたCaustantínと彼の後継者。ある時点で、おそらく11世紀の間に、アルバのすべての住民は完全にゲーリック化されたスコットランド人になり、ピクト人のアイデンティティは忘れられました。[20]

1018年、スコットランド王国によるロージアンの征服後、ゲール語はその社会的、文化的、政治的、地理的な頂点に達しました。[21]16–18スコットランドでの口語演説は、8世紀以来アイルランドでの口語演説とは独立して発展してきました。[22]初めて、現代スコットランドの全領域と呼ばれていたスコシアラテン語、およびゲール語だったリンガScotica[19] 276 [23] 554南部スコットランド、ゲール語で強かったギャロウェイ北と西に区域に隣接する、ウェスト・ロージアン、および西部の部分ミドロシアンエアシャー北部レンフルーシャークライドバレーダンフリースシャー東部ではあまり話されていませんでした。スコットランド南東部では、ゲール語がこれまで広く話されていたという証拠はありません。[24]

低下

多くの歴史家は、マルカム3世の治世を、スコットランドでのゲール語の日食の始まりとしてマークしています。ウェセックスの妻マーガレットはゲール語を話さず、ゲール語ではなくアングロサクソン語を子供たちに与え、多くの英国の司教、司祭、修道院をスコットランドに連れてきました。[21]19マルコムとマーガレットが1093年に亡くなったとき、ゲール語の貴族は彼らの英語化された息子を拒絶し、代わりにマルコムの兄弟ドナルド・バンを支持した[要出典]ドナルドはアイルランドのゲール語で17年間過ごし、彼の権力基盤はスコットランドの完全にゲール語の西にありました。彼は、ダルリアダ王国とアルバ王国のゲール語王の伝統的な埋葬地であるアイオナ島埋葬された最後のスコットランド君主でした[要出典]しかし、マルカムカンモアの息子、エドガー、アレグザンダー1世、デイヴィッド1世の治世中(1097年から1153年まで続く彼らの歴代の治世)、アングロノルマンの名前と慣習は、フォースクライドラインの南のスコットランド全体に広がりました。 Morayまで北にある北東海岸平野。ノルマンフランス人はゲール語を法廷で完全に追放した。同じ地域全体、特にデイヴィッド1世の下に勅許自治区が設立されたことで、古英語を話す多くの外国人が集まりました。これは、スコットランドの主に地方の言語としてのゲール語の地位の始まりでした。[21]19–23

ollamh RIGH(王室の詩人)が挨拶 アレキサンダー大王IIIをでゲール語戴冠式の際に スコーン、1249。

スコットランドの北部と西部の氏族長は、そこでの宮廷生活の中心的特徴であり続けたゲール語の吟遊詩人を引き続き支援しました。ヘブリディーズ諸島と西海岸本土の半独立したアイルズの領主は、 12世紀に言語が回復して以来、ゲール語のままであり、15世紀の終わりまで文化的名声の政治的基盤を提供していました。[23]553–6

14世紀半ばまでに、最終的にスコットランドと呼ばれるようになったもの(当時はイングリスと呼ばれていました)が政府と法律の公用語として登場しました。[25]139スコットランド独立戦争の終結後の時代におけるスコットランドの出現したナショナリズムも、スコットランドを使用して組織された。たとえば、ジョン・バーバーの「ザ・ブラス」(1375年)やブラインド・ハリーの「ザ・ウォレス」(1488年以前)など、この国の偉大な愛国的な文学は、ゲール語ではなくスコットランド語で書かれました。15世紀の終わりまでに、英語/スコットランド語を話す人は、代わりにゲーリックを「Yrisch」または「Erse」、つまりアイルランド語と自国語を「Scottis」と呼びました。[21]19–23

近代

中世の言語の分裂。左:1932年のロッホ後の1400年の分裂。右:1974年のニコルソン後の1500年の分裂。(どちらもウィザーズ、1984年から複製)
  ゲール語
   スコットランド人
   ノルン

スコットランドゲール語からの着実な移行は、現代に至るまで続きました。これのいくつかは政府または他の組織による政策決定によって推進されました、いくつかは社会の変化から生じました。20世紀の最後の四半期に、言語の使用を奨励する努力が始まりました。

1609年にジェームズ6世によって制定されたアイオナ島法令は、とりわけゲール語を扱った法律の1つでした。それは、氏族長の相続人を低地、プロテスタント、英語を話す学校で教育することを余儀なくさせました。ジェームズ6世は、ハイランドおよび島地域に彼の支配を課すためにいくつかのそのような措置を講じました。1616年、枢密院は英語で教える学校を設立すべきであると宣言しました。ゲール語は、この時点で、この地域の不安定さの原因の1つと見なされていました。それはまたカトリックと関連していた。[26]110–113

キリスト教の知識の伝播のスコットランド協会(SSPCKは)彼らは、すぐに1715の失敗したジャコバイトの反乱の後、1716年に出会った彼らは英語を教えることで達成しようと高原の改革と文明を考慮することが1709年に設立されましたとプロテスタントの宗教。当初、彼らの教えは完全に英語でしたが、すぐにゲール語を話す子供たちをこのように教育することの非現実性は、ささやかな譲歩を引き起こしました。1723年に、教師は理解を助けるために聖書の英語の単語をゲール語に翻訳することを許可されましたが、さらに許可された使用。他のあまり目立たない学校も同時にハイランドで働き、英語で教えていました。福音派の説教者がハイランド地方に到着したとき、この英語化のプロセスは一時停止し、人々は自分の言語で宗教的なテキストを読むことができるはずだと確信しました。聖書のスコットランドゲール語への最初の有名な翻訳は、1767年にキリンのジェームズスチュアート博士ラノックのデュガルドブキャナン新約聖書の翻訳を作成したときに行われました1798年にゲール語の4つのトラクトが家庭で福音を広めるための協会によって出版されました。それぞれ5,000部が印刷されました。その後、1801年にゲール語の完全な聖書が出版されました。影響力のある効果的なゲール語学校協会は1811年に設立されました。その目的は、ゲール人に自国語で聖書を読むことを教えることでした。19世紀の第1四半期に、SSPCK(過去数年間の反ゲール語の態度にもかかわらず)と英国外国聖書協会は、60,000のゲール語聖書と80,000の新約聖書を配布しました。[27]98この全体的な教育と出版の努力は、高地の約30万人に基本的な識字能力を与えたと推定されています。[26]110–117聖書の初期の現代翻訳なしに、現代の文語に移行したヨーロッパの言語はほとんどありません。よく知られている翻訳の欠如は、スコットランドゲール語の衰退の一因となった可能性があります。[28]168–202

1891年にスコットランド英語スコットランド語を含む)とゲール語 配布
  75〜80%ゲール語、英語
 25〜75%ゲール語、英語。線は50%の等線を示します
  5〜25%ゲール語、英語
  0〜5%ゲール語、英語
  純粋な英語

直感に反して、ゲール語での学校教育へのアクセスは英語の知識を増やしました。1829年、ゲール語学校協会は、両親は子供たちがゲール語を学ぶことに無関心であったが、彼らに英語を教えてもらうことを切望していたと報告しました。SSPCKはまた、ハイランダーズがゲール語に対して重大な偏見を持っていることを発見しました。TM Devineは、これを英語と雇用の繁栄との関連に起因すると考えています。ハイランド経済は、Gàidhealtachdの外を旅行する季節的な移民労働者に大きく依存していました1863年、ゲール語に同情するオブザーバーは、「貿易を学びたい、または故郷の島の限界を超えてパンを稼ぎたいと願う貧しい島民には、英語の知識が不可欠である」と述べました。一般的に、ゲール語を話す人ではなく、都市のケルト人社会と大学のケルト人の教授が言語を維持しようとしました。[26]116–117

1872年教育(スコットランド)法はスコットランドで普遍的な教育を提供しましたが、その計画ではゲール語を完全に無視していました。スコットランド教育局が発行した教育法を通じてゲール語をサポートするメカニズムは、1918年までに多くの譲歩が行われ、この欠落を克服するために着実に使用されました。しかし、ハイランドの教育委員会のメンバーはゲール語に反する態度をとる傾向があり、 19世紀後半から20世紀初頭のゲール語教育への障害。[26]110–111

スコットランド言語調査では、スコットランドゲール語の方言と、ハイランドおよび島嶼地域での英語とゲール語の混合使用の両方を調査しました。[29]

廃止された方言

ローランドゲール語の方言は18世紀以来機能していません。スコットランド東部と南部のハイランド地方のゲール語は、20世紀半ばに生きていましたが、現在はほとんど機能していません。現代のスコットランドゲール語はアウターヘブリディーズとスカイ島の方言によって支配されていますが、タイリーとアイラのインナーヘブリディーズ方言の話者が何人か残っており、ウェスターロス、サザーランド北西部、ロシャバーなどのハイランド地域からのネイティブスピーカーも数人います。とアーガイル。スコットランドゲール語とアイルランド語を結ぶモイル海峡ノース海峡)の両側の方言は現在は消滅していますが、ネイティブスピーカーはモールオブキンタイアラスリン、および北東アイルランドで遅くとも中期まで発見されていませんでした。 20世紀。彼らのスピーチの記録は、アイルランド語とスコットランドゲール語が明確な言語境界のない方言連鎖に存在したことを示しています。[30]瀕死の方言のいくつかの特徴はロッホアバー方言のように、[w]としての広いまたは軟口蓋化されたl(l̪ˠの発音を含め、ノバスコシアで保存されています。[31]131

危機言語プロジェクトでは、ゲール語のステータスが「脅威にさらされている」と記載されており、「アクティブユーザーは20,000〜30,000人」です。[32] [33] [より良い情報源が必要]ユネスコはゲール語を「完全に絶滅の危機に瀕している」と分類しています。[34]

スピーカーの数

スコットランドゲール語話者(1755–2011)
スコットランドの人口単一言語ゲール語話者ゲール語と英語のバイリンガルゲール語グループ全体
1755年1,265,380わからないわからない289,79822.9%
18001,608,420わからないわからない297,82318.5%
1881年3,735,573わからないわからない231,5946.1%
1891年4,025,64743,7381.1%210,6775.2%254,4156.3%
19014,472,10328,1060.6%202,7004.5%230,8065.1%
1911年4,760,9048,4000.2%183,9983.9%192,3984.2%
1921年4,573,4719,8290.2%148,9503.3%158,7793.5%
1931年4,588,9096,7160.2%129,4192.8%136,1353.0%
1951年5,096,4152,1780.1%93,2691.8%95,4471.9%
1961年5,179,344974<0.1%80,0041.5%80,9781.5%
1971年5,228,965477<0.1%88,4151.7%88,8921.7%
1981年5,035,31582,6201.6%82,6201.6%
19915,083,00065,9781.4%65,9781.4%
2001年5,062,01158,6521.2%58,6521.2%
20115,295,40357,6021.1%57,6021.1%

1755〜2001年の数値は、MacAulayが引用した国勢調査データです。[35]141 2011ゲール語話者の数字は、2011年国勢調査の表KS206SCからのものです。2011年の総人口は、表KS101SCから得られます。ゲール語話者の数は3歳以上の数に関連しており、パーセンテージはそれらと3歳以上の総人口の数を使用して計算されていることに注意してください。

スコットランドでの流通

2011英国の国勢調査は、中57375人のゲール語話者の合計が示されたスコットランドのみ32,400にも原因がないために、読み込みと書き込みができ人の(3歳以上の人口の1.1%)、スコットランドのゲール語媒体教育を[36] 2001年の国勢調査と比較して、約1,300人の減少がありました。[37]これは、ゲール語の質問が1881年に最初に行われて以来、国勢調査間の最小の低下です。スコットランド政府の言語大臣とBòrdnaGàidhligは、ゲール語の長期にわたる衰退が鈍化した証拠としてこれを採用しました。[38]

この言語の主な拠点は引き続きアウターヘブリディーズ諸島Na h-Eileanan Siar)であり、話者の全体的な割合は52.2%です。言語の重要なポケットは、ハイランド地方(5.4%)、アーガイルアンドビュート(4.0%)、および4.9%が言語を話すインバネスも存在します。絶対数が最も多い地域はグラスゴーで、そのような人は5,878人で、スコットランドのゲール語話者全体の10%以上を占めています。

ゲール語は、その伝統的な中心地で衰退し続けています。2001年から2011年の間に、ゲール語話者の絶対数は、西部諸島(-1,745)、アーガイル&ビュート(-694)、およびハイランド(-634)で急激に減少しました。人口で西部諸島で最大の教区であるストーノウェーの減少は特に急激で、1991年の人口の57.5%から2011年には43.4%になりました。[39]ゲール語を話す40%を超える西部諸島の外の唯一の教区はKilmuir北部にあるスカイ46%で。ゲール語話者のかなりの割合を占めるインナーヘブリデスの島々は、タイリー(38.3%)、ラッセイ(30.4%)、スカイ(29.4%)、リスモア(26.9%)、コロンゼー(20.2%)、アイラ(19.0%)です。

伝統的なゲール語郊外地域での継続的な下落、今日の結果、何の市民教区スコットランドでは65%を上回るゲール語話者(最高値がであるの割合を持っていないBarvasルイス64.1パーセントで、)。さらに、スコットランド本土の市民教区では、ゲール語話者の割合が20%を超えていません(最も高い値は、19.3%の高地のアードナマーカンにあります)。スコットランドの合計871の市民教区のうち、ゲール語話者の割合は7つの教区で50%を超え、14の教区で25%を超え、35の教区で10%を超えています。[要出典]伝統的な地域の衰退は、最近、スコットランド低地の成長とバランスが取れています。2001年から2011年の国勢調査の間に、ゲール語を話す人の数は、国の32のカウンシルエリアのうち19で増加しました。最大の絶対利益は、アバディーンシャー(+526)、ノースラナークシャー(+305)、アバディーンシティ(+216)、およびイーストエアシャー(+208)でした。最大の相対的利益は、アバディーンシャー(+ 0.19%)、イーストエアシャー(+ 0.18%)、モーレイ(+ 0.16%)、およびオークニー(+ 0.13%)でした。[要出典]

2018年、スコットランドの生徒の国勢調査では、公立学校の520人の生徒がゲール語を母国語として使用しており、2014年の497人から5%増加しました。同じ期間に、スコットランドのゲール語中等教育は4,343人に増えました。瞳(1000人あたり6.3)は2014年に3,584瞳(1000人あたり5.3)から、2018年ゲール液浸環境中に教育を受けている[40]、81も生徒の間でそれがゲール媒体学校に在籍示すデータ2007-08に収集しました小学生の%と中学生の74%が、自宅で母親と話すときにゲール語よりも頻繁に英語を使用していると報告しています。[41]ゲール語の中等教育における生徒大幅な増加が、その時からこれに及ぼす影響は不明である。

公式

スコットランド

スコットランド議会
スコットランドゲール語で公に話す アン・ローン・ギリーズ

ゲール語は、教育や行政の文脈での使用の欠如に長い間苦しんでおり、長い間抑圧されてきました。[42]

英国政府は、ゲール語に関して地域言語またはマイノリティ言語に関する欧州憲章を批准しましたゲール語は、アイルランド語とウェールズ語とともに、憲章のパートIIIに指定されており、英国政府は教育、司法、行政、放送、文化の分野でさまざまな具体的な措置を講じることを義務付けられています。英国政府からウェールズほどの公式の承認を受けていませんしかし、権限委譲の到来とともに、スコットランドの問題はより大きな注目を集め始め、2005年4月21日にスコットランド議会によってゲーリック言語(スコットランド)法が制定されたとき、それはある程度の公認を達成しました

法の主な規定は次のとおりです。[43]

  • ゲール語の英語を平等に尊重し、ゲール語の使用と理解を促進するスコットランドの公用語としてのゲール語の地位を確保することを目的として、ゲール語開発機関であるBòrdnaGàidhlig(BnG)を法定ベースで設立する
  • スコットランドの大臣による承認を得るために、5年ごとにゲール語の全国計画を作成するようBnGに要求する。
  • ゲール語の中等教育および教育当局の主題としてのゲール語に関するガイダンスを作成するためにBnGを要求する
  • スコットランドの公共団体、スコットランドの公共団体と国境を越えた公共団体の両方が、権限委譲された機能を実行する限り、BnGから要求された場合、提供するサービスに関連するゲール語の計画を作成することを要求します。

政府が多くの提出物を受け取り、その大多数が法案の強化を求めた協議期間の後、改訂された法案が発表された。主な変更点は、Bòrdのガイダンスが(助言ではなく)法定になったことです。スコットランド議会の委員会の段階では、ゲール語に英語との「同等の妥当性」を与えるべきかどうかについて多くの議論がありました。この表現が使用された場合のリソースへの影響に関する経営陣の懸念により、教育委員会は「平等な尊重」の概念を決定しました。この文言の法的効力が何であるかは明らかではありません。

この法律は、2005年4月21日に、スコットランドの政治的スペクトルのすべての部門からの支援を受けて、スコットランド議会によって満場一致で可決されました。法律の規定に基づき、ゲール語の公務員としての地位を確保することは、最終的にBnGに委ねられます。スコットランドの言語

スコットランド警察の車両ロゴ(バイリンガル)

ÉamonnÓGribín(2006)などの一部のコメンテーターは、ゲール語法はウェールズに与えられた地位にはるかに及ばず、結果として言語の運命に実質的な変化が起こると信じるのは愚かであるかナイーブであると主張していますBORD NAGàidhligの努力。[44]

2008年12月10日、世界人権宣言の60周年を祝うために、スコットランド人権委員会はUDHRを初めてゲール語に翻訳しました。[45]

しかし、与えられた、もはや単一言語ゲール語話者が存在しない、[46]の訴訟で上告次HaughneyテイラーV(1982)は、司法手続におけるゲール語の地位を含む、高等裁判所は、ゲール語を使用する一般的な権利に不利な判決を下し訴訟で。[47]

言語の資格

スコットランドの資格庁は、ゲール語学習者のための(英語のシラバスに相当)ネイティブスピーカーのための(現代の外国語のシラバスに相当)と、ゲール語:シラバスのすべてのレベルにわたってゲール語試験の2つのストリームを提供します。[48] [49]

ComunnGàidhealachがゲール語の評価を実行し、ブロンズカード、シルバーカード、またはゴールドカードが発行されます。シラバスの詳細は、AnComunnのWebサイトで入手できます。これらは資格として広く認識されていませんが、毎年恒例のmodで特定の大会に参加する人に必要です[50]

欧州連合

2009年10月、スコットランドゲール語をスコットランド政府の大臣と欧州連合の当局者の間で正式に使用することを許可する新しい合意この協定は、英国のEU代表、キム・ダロック、およびスコットランド政府によって署名されましたこれは、EUにおけるスコットランドゲール語の公式の地位を与えるものではありませんでしたが、EUの機関における正式なコミュニケーションの手段となる権利を与えました。スコットランド政府は、ゲール語の他に、翻訳のために支払う必要があったヨーロッパの言語この取引はスコットランドで好意的に受け止められました。スコットランドの ジム・マーフィー国務長官は、この動きはゲール語に対する英国政府の支援の強い兆候であると述べた。彼は言った; 「ゲール語話者が母国語でヨーロッパの機関と通信できるようにすることは、進歩的な前進であり、歓迎されるべきものです」。[要出典]文化大臣マイク・ラッセルは言った。「これは、国内外でゲール語が認められるための重要な一歩です。ゲール語の評議会ですぐに演説できることを楽しみにしています。このようなフォーラムでゲール語が話されているのを見ると、ゲール語の知名度が上がり、スコットランドでゲール語の新世代スピーカーを作成します。」[51]

英語とゲール語のバイリンガルサインは、2004年に完成しスコットランド議会の建物の建築の一部になりました
サイネージ
スコットランドのゲール語と英語のバイリンガル道路標識

バイリンガルの道路標識、通りの名前、ビジネスおよび広告の看板(ゲール語と英語の両方)は、アーガイルを含む高地と島々のゲール語を話す地域全体に徐々に導入されています。多くの場合、これは単に名前の従来のスペルを再採用することを意味します(それぞれ、英語化された形式のRataganまたはLochailortではなくRàtaganまたはLoch Ailleartなど)。

バイリンガルの駅の標識は、以前よりも頻繁になっています。事実上、ハイランド地域のすべての駅は英語とゲール語の両方を使用しており、ゲール語が長い間話されていない地域を含め、スコットランドのローランドではバイリンガルの駅標識の普及がますます頻繁になっています。[要出典]

これは、その知名度を上げるだけでなく、「生きている言語」としての将来を確保する(つまり、英語の代わりにAからBにナビゲートするために使用できるようにする)手段として、この言語の多くの支持者に歓迎されています。場所の感覚。しかし、ケイスネスなどの一部の場所では、バイリンガルの看板を導入するというハイランド評議会の意図が論争を引き起こしています。[52]

陸地測量は、地図上に表示されるミスの多くを修正するために、近年で行動しています。彼らは2004年に、それらを修正し、地図のゲール語の地名の正しい形式を決定するための委員会を設立するつもりであると発表しました。[要出典] Ainmean-Àitenah-Alba(「スコットランドの地名」)は、スコットランドのゲール語の地名に関する全国的な諮問パートナーシップです。[53]

カナダ

アンティゴニッシュノバスコシア

19世紀、カナダゲール語はイギリス領北アメリカで3番目に広く話されているヨーロッパ言語であり[54]、ゲール語を話す移民コミュニティは現代のカナダ全体に見られました。カナダのゲール語の詩人は、重要な文学の伝統を生み出しました。[55]しかしながら、ゲール語を話す個人とコミュニティの数は、第一次世界大戦後に急激に減少した。[56]

ノバスコシア

21世紀の初めには、ノバスコシアではまだ500人以下がスコットランドゲール語を第一言語として話していたと推定されていました2011年の国勢調査では、300人がゲール語を第一言語として使用していると主張しました(アイルランドのゲール語を含む可能性のある数字)。[57]同じ2011年の国勢調査では、1,275人がゲール語を話すと主張しました。これには、すべてのゲール語だけでなく、第一言語を話さない人々も含まれています[58]。そのうち300人はゲール語を「母」と主張しています。舌。" [59] [a]

ノバスコシア州政府は、ゲール語局(IomairteannaGàidhlig)を維持しています。この事務所は、ノバスコシアのスコットランドゲール語、文化、観光の開発に専念しており、ゲール語を話す人の総数は約2,000人と推定されています。[9]スコットランドと同様に、ノバスコシア北東部とケープブレトンの地域には、バイリンガルの道路標識があります。ノバスコシア州もありComhairle NAGàidhlig(ノバスコシア州のゲール語協議会)、中ゲール語と文化の維持・増進に非営利の社会海事カナダ2018年、ノバスコシア州政府は、言語の認識を高め、ゲール語と文化のイニシアチブに資金を提供するために、新しいゲール語の車両ナンバープレートを発売しました。[61]

ノバスコシアの外

中Maxville公立学校Maxvilleグレンギャリーオンタリオ州は、毎週のスコットランド・ゲール語のレッスンを提供しています。[62]

プリンスエドワード島、大佐グレー高校は今、入門とゲール語で上級コースの両方を提供しています。これらのクラスでは、言語と歴史の両方が教えられます。[要出典]ゲール語がプリンスエドワード島の公式コースとして教えられたのはこれが初めての記録です。

ブリティッシュ・コロンビア州は、ホストであるComunnGàidhligBhancoubhair(バンクーバーのゲール語協会)、バンクーバーゲール語合唱団、ビクトリアゲール語合唱団のほか、毎年恒例のお祭りゲールMOD バンクーバーバンクーバーのスコットランド文化センターでは、季節限定のスコットランドゲール語のイブニングクラスも開催しています。

メディア

BBCは、ゲール語ラジオ局動作ラジオナンGàidhealならびにテレビチャンネル、BBCアルバ2008年9月19日に発売されたBBCアルバは、英国で広く利用可能です(FreeviewFreesatSkyVirgin Mediaで)。また、Astra2衛星でヨーロッパ全土に放送されています。[63]このチャンネルは、BBCスコットランドとMGアルバ(スコットランド政府が資金提供する組織)とのパートナーシップで運営されており、放送でゲール語を宣伝するために活動しています。[64]中央スコットランドのITVフランチャイズ、STV Centralは、両方のためのスコットランド・ゲール語プログラムの数生成BBCアルバ、独自のメインチャンネルを。[64]

BBCアルバがFreeviewで放送されるまで、視聴者は毎晩1時間放送されるTeleGチャンネルを受信することができましたFreeviewでBBCアルバがローンチすると、以前にTeleGに割り当てられていたチャンネル番号が使用されました。

他のBBCチャンネルや独立した商用チャンネルもその言語のテレビ番組があり、通常は英語で字幕が付けられています。ITVのスコットランド北部のフランチャイズ、STV北(旧グランピアンテレビ)スコットランドゲール語でのいくつかの非ニュース番組を生成します。

教育

スコットランド

SgoilGhàidhligGhlaschuグラスゴーゲールスクール
ゲール語中等教育の
学生

スコットランド
の全
学生の割合
2005年2,4800.35%
2006年2,5350.36%[65]
2007年2,6010.38%
2008年2,7660.40%[66]
2009年2,6380.39%[67]
2010年2,6470.39%[68]
20112,9290.44%[69]
2012年2,8710.43%[70]
2013年2,9530.44%[71]
2014年3,5830.53%[72]
2015年3,6600.54%[73]
2016年3,8920.57%[74]
2017年3,9650.58%[75]
2018年4,3430.63%[76]

ゲール語を完全に無視し、何世代にもわたるゲール人が教室で母国語を話すことを禁じられた1872年の教育(スコットランド)法は、現在、ゲール語に大きな打撃を与えたと認識されています。2001年にまだ生きている人々は、学校でゲール語を話すことで殴打されたことを思い出すことができます。[77]その後、これらの態度が変わったとき、スコットランドの学校でゲール語の中等教育はほとんど提供されなかった。1958年までに、ハイランドの学校でさえ、ゲール語を教科として教えられたのは小学生の20%のみであり、ゲール語を通じて他の教科を教えられたのはわずか5%でした。[41]

1970年代後半から1980年代初頭にかけて、スコットランドではゲール語の中型の幼児向けプレイグループが登場し始めました。親の熱意は、「1985年にグラスゴーとインバネスに最初のゲール語中学校ユニットを設立した」要因であった可能性があります。[78]

2006年グラスゴーのウッドサイドに最初の近代的なゲール中学校のみのSgoilGhàidhligGhlaschu(「グラスゴーゲール学校」)が開校しました(61の部分ゲール中学校と約12のゲール中学校も存在します)。BòrdnaGàidhligによると、1985年の24人に対して、2008年から2009年には合計2,092人の初等教育がゲール語の中等教育に在籍していた。[79]

コロンバイニシアチブとしても知られ、colmcille(旧Iomairt Cholm Cilleは)、スコットランド・ゲール語とアイルランドのスピーカー間のリンクを促進しようとする体です。

2019年11月には、語学学習アプリDuolingoは、開かれたベータゲール語コースを。[80] [81] [82]

2020年の夏から、両親が別の方法で要求しない限り西部の島で学校を始める子供たちはGME(ゲール語-中等教育)に登録されます。子供たちはP1からP4までスコットランドゲール語を教えられ、その後英語が導入されてバイリンガル教育が行われます。[83]

カナダ

2004年5月、ノバスコシア州政府は、州内の言語とその文化を支援するイニシアチブへの資金提供を発表しました。ノバスコシア北東部とケープブレトンのいくつかの公立学校は、高校のカリキュラムの一部としてゲール語のクラスを提供しています。[84]

中Maxville公立学校Maxvilleグレンギャリーオンタリオ州は、毎週のスコットランド・ゲール語のレッスンを提供しています。プリンスエドワード島、大佐グレー高校は入門とスコットランド・ゲール語での高度なコースを提供します。[85]

高等教育およびさらなる教育

多くのスコットランドの大学といくつかのアイルランドの大学は、ゲール語の要素を含むフルタイムの学位を提供しており、通常はケルト学として卒業しています。

ノバスコシア州、カナダ、聖フランシスコ・ザビエル大学ケルト美術工芸のゲール語大学ケープブレトン大学(旧称「ケープブレトンの大学」として知られている)ケルト学の学位および/またはゲール語の言語のプログラムを提供しています。政府のゲール語局は、ハリファックスの公務員にランチタイムのレッスンを提供しています。

ロシアでは、モスクワ州立大学がゲール語、歴史、文化のコースを提供しています。

高地と島々大学は、国家証明書、高等国家ディプロマ、文学士(通常)、文学士(栄誉)、および理学修士のレベルで、ゲーリック言語、歴史、文化のさまざまなコースを提供しています。ゲール語を介した大学院研究の機会を提供します。スカイ島のSabhalMòrOstaigの住宅コースでは、大人が1年でゲール語を流暢に話せるようになります。多くは、学位を取得したり、遠隔教育者としてフォローアップを続けています。他の多くの大学では、1年間の認定コースを提供しています。このコースはオンラインでも利用できます(認定待ち)。

リューズキャッスルカレッジベンベキュラキャンパスでは、ゲール語と伝統音楽(FE、SQFレベル5/6)の独立した1年間のコースを提供しています。

教会

で、ゲール語と英語でのサービスを表す記号 自由教会スコットランドのコミュニティの会衆 ネスルイス島

西諸島では、の島々ルイスハリス北ユイスト島は持っている長老過半数(主にスコットランドの教会- Eaglais H-アルバナゲール語、スコットランド自由教会スコットランドの無料長老教会)。島々サウス・ウイスト島バラを持っているカトリックの大部分を。これらの教会はすべて、西部の島々全体にゲール語を話す会衆があります。ゲール語での定期的なサービスと著名な都市の集会は、聖コルンバ教会、グラスゴーグレイフライアーズトルブース&ハイランドカーク、エジンバラ。Leabhar Sheirbheisean —英語の共通秩序の本のより短いゲール語版—は、1996年にスコットランド教会によって出版されました。

ゲール語が衰退した歴史的な理由の1つとして、礼拝での英語の普及がしばしば示唆されてきました。スコットランド教会は今日、支持的ですが[漠然と]、ゲール語を話す牧師が不足しています。自由教会はまた、最近、ゲール語の聖体拝領を廃止する計画を発表しました。これは、牧師の不足と、聖体拝領時に彼らの会衆を団結させたいという願望の両方を理由にしています。[86]

文献

6世紀から現在に至るまで、スコットランドゲール語は文学の言語として使用されてきました。20世紀の2人の著名な作家は、アン・フレイターソーリー・マクリーンです。

名前

個人名

ゲール語には、ヨーロッパ全体の名前の独自のバージョンがあり、英語の形式もあります。たとえば、Iain(John)、Alasdair(Alexander)、Uilleam(William)、Catrìona(Catherine)、Raibeart(Robert)、Cairistìona(Christina)、Anna(アン)、まいり(メアリー)、Seumas(ジェームズ)、パドレイグ(パトリック)とトーマス(トーマス)。:すべての伝統的なゲール語の名前は、英語で直接対応していないOighrig正常としてレンダリングされ、ユーフェミア(エフィー)またはヘンリエッタ(エタ)(旧称もヘニーなど、さらにハリエットなど)、または、Diorbhalで「マッチ」され、ドロシーを、単にスペルの特定の類似性に基づいています。これらの伝統的なゲール語のみの名前の多くは、今では古風なものと見なされているため、ほとんどまたはまったく使用されていません。

いくつかの名前は古ノルド語からゲール語になりました; たとえば、Somhairle(< Somarliðr)、Tormod(< Þórmóðr)、RaghnallまたはRaonull(< Rǫgnvaldr)、Torcuil(< Þórkell、Þórketill)、ÌomharÍvarr)。これらは通常、英語でSorley(または歴史的にはSomerled)、NormanRonaldまたはRanaldTorquil and Iver(またはEvanderとしてレンダリングされます

スコットランドの名前の中には、ゲール語の名前を英語化したものがあります。たとえば、Aonghas →(Angus)、Dòmhnall →(Donald)などです。ハミッシュ、そして最近設立Mhairi(発音は[VARI] それぞれのためのゲール語、ジェームズ、メアリーから来るが、彼らはに表示される名前のフォームから派生呼格Seumas(NOM)(ジェームズ) → Sheumaisvoc。)、およびMàiri(Mary)(nom。)→ Mhàirivoc。)。

家系の名前

ゲール語の名前の最も一般的なクラスはMacGillEathain  /  MacIllEathain [87] [88](MacLean)など、mac(ゲール語で「息子」)で始まるものです。女性のフォームがあるNICキャサリンMacPheeが正しくゲール語で呼ばれているので、(「娘」のためのゲール語)、カトリオナNICは」PHIは、[89]は(厳密には、NICは、ゲール語のフレーズの収縮であるnighean mhic「息子の娘を意味し、 「したがって、NicDhòmhnaill [88]は、実際には「ドナルドの娘」ではなく「マクドナルドの娘」を意味します)。「of」の部分は、実際には接頭辞に続く父称の属格に由来します。MacDhòmhnaillの場合Dhòmhnaill(「ドナルド」の)はDòmhnall(「ドナルド」)の属格です。[90]

いくつかの色が一般的なスコットランドの名前を生み出します:ゲール語ではこれらが発生しますが、bànベイン–白)、ruadh(ロイ–赤)、dubh(ダウ、ダフ–黒)、donnダン–茶色)、buidheボウイ–黄色)MacGille 'の使用人の息子'、すなわちMacGilleBhàin、MacGilleRuaidh、MacGilleDhuibh、MacGilleDhuinn、MacGilleBhuidheなどのより完全な形式の一部として

ゲール語のほとんどの種類は、インベントリまたは母音音素8または9の母音品質(/ieɛaɔouɤɯ/)を示します。これは長い場合も短い場合もあります。短くなるだけの2つの縮小母音[əɪ])もあります。一部の母音は強い鼻音ですが、独特の鼻音の例はまれです。9程度あり重母音と少数triphthongs

ほとんどの子音には、口蓋と非口蓋の両方の対応物があり、液体鼻音ふるえ音の非常に豊富なシステムが含まれます(つまり、3つの対照的な「l」音、3つの対照的な「n」音、3つの対照的な「r」音)。歴史的に有声停止[B Dɡ]今日はunaspiratedの間にある音素コントラストので、彼らのボイシングを失っている[P T K]と吸引[P T K] ただし、多くの方言では、これらのストップは、前の鼻音を介した二次的調音によって濁りを 得ることがあります。たとえば、ドラス[t̪ɔɾəs̪]「ドア」ですが、ドラス「ドア」は[ən̪ˠd̪ɔɾəs̪]または[ən̪ˠɔɾəs̪]です。

一部の固定フレーズでは、ベースワードとのリンクが失われたため、これらの変更が永続的に表示されます。これは、an-dràsta「now」のように、trath-sathistime / period」からです。

内側および最終位置では、吸引されたストップは吸引されるのではなく、事前に吸引されます。

スコットランド・ゲール語はインド・ヨーロッパ言語屈曲さ 、形態動詞-対象オブジェクトの語順2人の文法性別

名詞の語尾変化

ゲール語の名詞は、4つの格(対格/非難、呼格、属格、与格)と3つの格(単数形、双数形、複数形)に適用されます。

彼らはまた、通常、男性または女性のいずれかに分類されます。避妊去勢手術のクラスに属していた少数の単語は、ある程度の性別の混乱を示しています。たとえば、一部の方言では、「海」は主格では男性名詞として動作しますが、属格(na maraでは女性名詞として動作します。

名詞にはさまざまな方法で大文字と小文字が区別されますが、最も一般的には子音弱化口蓋化接尾辞のさまざまな組み合わせが含まれます

動詞の語尾変化

12の不規則動詞があります。[91]他のほとんどの動詞は完全に予測可能なパラダイムに従いますが、ラテラルで終わる多音節動詞シンコペーションを示すため、このパラダイムから逸脱する可能性があります。

がある:

  • 3:1位、2位、3位
  • 2つの数字:単数形と複数形
  • 2つの:伝統的に能動的および受動的と呼ばれていますが、実際には個人的および非個人的です
  • 時制アスペクトムードを表現する3つの非構成結合TAM形式、つまり非過去(未来-習慣)、条件付き(過去の未来)、過去(点過去)。そのようないくつかのpluperfect、将来の完璧な、存在完璧本連続、過去の連続、条件付きの完璧な、など二つの動詞、などで構成TAMフォーム、BI対象に、概念的に、一時的な状態、行動、または品質を属性に使用される、とされ、非構成現在および非過去形形態を有する、概念的な永久的な同一性または品質を示すために使用される:(BITHA【完全化本]、bidh / bithidh [未然非過去]。[88] であるがであり、非過去未然BUの過去及び条件。
  • 4つのムード:独立(肯定的な関係節の動詞で使用される)、相対的な(肯定的な関係節の動詞で使用される)、依存する(従属節、反肯定的な関係節、および反肯定的な主節で使用される)、および接続法。

語順

語順は厳密に動詞-主語-目的語であり、質問、否定的な質問、否定的なものが含まれます。動詞の前に発生する可能性があるのは、制限された動詞助詞のセットのみです。

スコットランドゲール語の語彙の大部分はネイティブケルト語です。以下からの借入金の数が多いラテン語muinntirDidòmhnaichから(ダイス)ドミニカ)、北欧(アイリーンからeylandsgeirからsker)、フランス語seòmarからシャンブル)とスコットランドaidhbramarが)。[要出典]

スコットランドゲール語には、ブリソン諸語の影響もたくさんあります。スコットランドゲール語には、明らかにPケルト語の外来語が多数含まれていますが、Pケルト語とQケルト語を解きほぐすことが常に可能であるとは限りません。ただし、monadh = Welsh mynydd、Cumbric * monidhなどの一般的な単語は、明らかにP-ケルト語に由来します。[要出典]

他と共通ではインド・ヨーロッパ言語新語近代的な概念のための造語は、一般的に基づいているギリシャ語ラテン語、しばしば英語から入るものの、たとえば、テレビはテレビシアンになり、コンピューターコインピタールになります一部の話者は、ゲール語に相当するものがあったとしても、ゲール語の文法の規則を適用して英語の単語を使用します。動詞では、例えば、彼らは単に言葉の接尾辞を追加します(-eadh、または、中ルイス-igeadh、のように、「ターMI」時計eadh(ルイス、「時計igeadh『)テリー』(私は見ています代わりに「のテレビ)、股関節MI」coimhead空気telebhisean」。この現象は、教区カバーアカウントコンパイル大臣が、170年以上前に説明したストーノウェースコットランドの新しい統計アカウント、および実施例が可能十八世紀にさかのぼるを発見した。[92]ゲール語媒体教育の人気が大きくなるにつれてしかし、読み書きGaelsの新しい世代が現代ゲール語語彙のほうがなじみになってきています。[要出典]

他の言語への外来語

スコットランドゲール語は、スコットランド語英語、特にスコットランド標準英語にも影響を与えています。外来語には、ウイスキー、スローガン、ブローグ、ジルト、クラン、ズボン、ゴブのほか、ベン(beinn)、グレン(gleann)、ロッホなどのスコットランドの地理でおなじみの要素が含まれます。アイルランド語はスコットランドのローランドスコットランド語と英語にも影響を与えましたが、スコットランドゲール語の影響と区別するのは必ずしも簡単ではありません。[93] [必要なページ]

ゲール語の公共看板は、スコットランド高地全体でますます一般的になっています。この標識は、マレーグのバイリンガルの港湾コミュニティにあり ます

アルファベット

現代のスコットランドゲール語のアルファベットは18文字です:

A、B、C、D、E、F、G、H、I、L、M、N、O、P、R、S、T、U。

文字hは、現在主に子音の子音弱化(歴史的には不正確に吸引と呼ばれることもありますを示すために使用されますが、子音弱化は子音弱化の上にドットで示されるため、一般に最も古い正書法は使用されませんでしたアルファベットの文字は伝統的に木にちなんで名付けられましたが、この習慣は使われなくなりました。

長い母音は、アクサングラーブà、è、ì、ò、ù)でマークされ、有向グラフで示されるか(たとえば、ao[ɯː])、特定の子音環境によって条件付けられます(たとえば、非母音間子音nnの前のu[uː ])。従来のスペリングシステムでも、長さではなく母音の質の変化を示すために、文字áé、およびóアキュートアクセントが使用されていますが、スペルの変更により、これらが墓に置き換えられました。[88]

18世紀の特定の情報源は、Alasdair mac Mhaighstir Alasdair(1741–51)の著作Duncan Ban MacIntyreの初期版(1768–90)のように、アイルランド語に沿ったアキュートアクセントのみを使用していました[94]

正書法

1767年の新約聖書は、スコットランドゲール語の基準を設定しました。スコットランドゲール語に関する1981年のスコットランドゲール語試験委員会の勧告であるゲール語正書法条約は、一部の学者、特にロナルドブラックの間で物議を醸しているものの、ほとんどの出版社や機関によって採用されました。[95]

子音の質(口蓋化または非口蓋化)は、それらを囲む母音によって書面で示されます。いわゆる「細い」子音は口蓋化され、「広い」子音は中性または軟口蓋化されます。母音eiは細いものとして分類され、aouは広いものとして分類されます。知られているスペルルールcaol RI caolアグスleathann RI leathann(「細い細いに広い広いへ」)はワード内側子音や子音グループが続くことを必要と書かれたI又はEはまたによって先行するIまたはE同様に、ao、またはu後に続く場合も、ao、またはuが前に付きます。

この規則により、母音の発音に影響を与えない正投影母音が挿入される場合があります。たとえば、ゲール語の複数形は、多くの場合、接尾辞-anで形成されます。 [ən]、たとえば、 bròg [prɔːk](靴)/ brògan [prɔːkən](靴)。ただし、スペル規則により、接尾辞は-eanと綴られます(ただし、同じ発音で、[ən] のように細いの子音、後muinntir [mɯi̯ɲtʲɪrʲ] (()人)/ muinntirean [mɯi̯ɲtʲɪrʲən]書かれた(人々 ) eは純粋にグラフィック母音があるため、スペルルールに適合するように挿入され、私が先行しr

グラスゴーのクイーンストリート駅にある英語/ゲール語のバイリンガルサイン

スピーチで省略されたストレスのない母音は、非公式の文章では省略できます。例えば:

Thamidadòchas。(「私は願っています。」)> Thami'ndòchas。

ゲール語の正書法の規則はほとんど規則的です。ただし、英語の音と文字の対応は、ゲール語で書かれたものには適用できません。

スコットランド語の英語の正書法の規則は、ゲール語の執筆でもさまざまな場面で使用されてきました。このように構成されたゲール語の詩の注目すべき例は、リズモア司祭フェルナイグの原稿です。

スコットランドゲール語 アイルランド語 マンクスゲール語 英語
[ʃiɲ] [ʃiɲ] しん [ʃin] 我々
AON [ɯːn] AON [EN] nane [NEN] 1
mòr [moːɾ] mór [mˠoːɾ] ムーア [muːɾ] 大きい
iasg [iəs̪k] iasc [iəsk] イースト [jiːs(t)]
[kʰuː]
madadh [mat̪əɣ]
madra [mˠadɾə]
gadhar [ɡˠəiɾ]
madadh [mˠadə]
[kʰu:] hound
moddey [mɔːdə]
coo [kʰuː] ハウンド
グリアン [kɾʲiən] グリアン [ɡˠɾʲiən] グリアン [ɡriᵈn] 太陽
craobh [kʰɾɯːv]
crann [kʰɾaun̪ˠ] マスト
crann [kʰɾa(U)N]
craobh [kʰɾeːv] ブランチ
ビリー [biʎə]
カダル [kʰat̪əl̪ˠ] codail [kʰodəlʲ] キャドリー [kʲadlə] 睡眠(動詞的名詞)
ceann [kʰʲaun̪ˠ] ceann [kʲaun̪ˠ] キオネ [kʲo:n̪ˠ]
chadodh'òlthu [xat̪əɣɔːl̪ˠu] níoróltú [n̠ʲi:əɾo:l̪ˠt̪ˠu:] cha diu oo [xa deu u] あなたは飲まなかった
bha mi a'faicinn [vamifɛçkʲɪɲ] bhíméagfeiceáil [vʲi:mʲe:əɡfʲɛca:l̠ʲ] va mee fakin [vɛməfaːɣin] 私は見てた
slàinte [s̪l̪ˠaːɲtʲə] sláinte /s̪l̪ˠaːɲtʲə/ slaynt /s̪l̪ˠaːɲtʃ/ 健康; 乾杯!(トースト)

注:括弧内の項目は、古語または方言の形式を示します

ノート

  1. ^ 返信は、アイルランド語を含むすべてのゲール語に対するものです[60]

引用

  1. ^ B スコットランドの2011年国勢調査 アーカイブで2014年6月4日ウェイバックマシン、表QS211SCを[2014年5月30閲覧]
  2. ^ カナダ統計局、ノバスコシア(コード12)(表)、国民世帯調査(NHS)プロファイル、2011 NHS、カタログ№99‑004‑XWE(オタワ:2013‑06‑26)、 [1]
  3. ^ 「アイルランド語の背景」ÚdarásnaGaeltachta
  4. ^ マコーレー、ドナルド(1992)。ケルト語ケンブリッジ大学出版局。p。144。
  5. ^ カバナ、ポール(2011年3月12日)。「スコットランドの言語神話:4。ゲール語は低地とは何の関係もありません」Newsnet.scot 2021年4月20日取得
  6. ^ 「ゲール語の歴史/ハイランドカウンシルゲール語ツールキット/ハイランドカウンシル/ノーザンポテンシャルへようこそ-HighlandLife.net」www.highland.gov.uk 2021年4月20日取得
  7. ^ 「国勢調査ショーはゲール語話者に辞退『減速』」BBCニュース2013年9月26日。2017年5月25日のオリジナルからアーカイブ2017年4月17日取得
  8. ^ 「国勢調査プロファイル、2016年国勢調査」2016年国勢調査カナダ統計局2019年5月20日取得
  9. ^ a b ノバスコシア州ゲール語問題。「ノバスコシア/アルバヌアッド」gaelic.novascotia.ca 2020年4月21日取得
  10. ^ https://www.gov.scot/policies/languages/gaelic/
  11. ^ 「オックスフォード辞書による英語でのゲール語の定義」オックスフォード辞書2018年8月18日にオリジナルからアーカイブされました2018年8月5日取得
  12. ^ https://www.scotslanguage.com/articles/node/id/693/type/referance
  13. ^ 言語学協会の取引、1872年、50ページ
  14. ^ マクマホン、ショーン(2012)。ブリューワーのアイルランドのフレーズと寓話の辞書ロンドン:ワイデンフェルト&ニコルソン。p。276. ISBN 9781849725927
  15. ^ ジョーンズ、チャールズ(1997)。スコットランド語のエジンバラの歴史エディンバラ大学出版。ISBN 978-0-7486-0754-9
  16. ^ チャドウィック、ノラ・カーショー; ディロン、マイルズ(1972)。ケルト王国ワイデンフェルト&ニコルソン。ISBN 978-0-7607-4284-6
  17. ^ キャンベル、エワン(2001)。「スコットランド人はアイルランド人でしたか?」古代(75):285–292。
  18. ^ '...そして彼らは友好的な条約または剣によってピクト人の間で土地を獲得しました'コーマックマクスパロンとブライアンウィリアムズによる。スコットランド古協会の議事録、141、145–158
  19. ^ a b クラークソン、ティム(2011)。スコットランドのメーカー:ピクト人、ローマ人、ゲール人、バイキング人エジンバラ:Birlinn Ltd. ISBN 978-1906566296
  20. ^ Broun、 "Dunkeld"、Broun、 "National Identity"、Forsyth、 "Scotland to 1100"、pp。28–32、Woolf、 "Constantine II"; cf. Bannerman、「Scottish Takeover」、passim、「伝統的な」見解を表しています。
  21. ^ a b c d ウィザーズ、チャールズWJ(1984)。スコットランドゲール語、1698〜 1981年エジンバラ:John Donald Publishers Ltd. ISBN 978-0859760973
  22. ^ Dunshea、Philip M.(2013年10月1日)。「DruimAlban、Dorsum Britanniae –「英国背骨」。スコットランドの歴史的レビュー92(2):275–289。土井10.3366 /shr.2013.0178
  23. ^ B ÓBaoill、コルム。「スコットランドとゲール語のインターフェース」、チャールズ・ジョーンズ編、スコットランド語のエジンバラの歴史。エディンバラ:エディンバラ大学出版、1997年
  24. ^ モレーワトソン(2010年6月30日)。ゲール語のエジンバラコンパニオンエディンバラ大学出版。p。8. ISBN 978-0-7486-3710-2
  25. ^ ウィザーズ、チャールズWJ(1988)。「スコットランドゲール語の地理的歴史」。コリン・H・ウィリアムズ(編)。地理的文脈における言語
  26. ^ a b c d Devine、TM(1994)。クロフトの戦争へのクランシップ:スコットランド高地の社会的変容(2013年版)。マンチェスター大学出版局。ISBN 978-0-7190-9076-9
  27. ^ ハンター、ジェームズ(1976)。クロフトコミュニティの作成
  28. ^ マッケンジー、ドナルドW.(1990–92)。「価値のある翻訳者:スコットランドのゲール人がどのようにして自分の舌で聖書を手に入れたのか」。インバネスのゲーリック協会の取引57
  29. ^ 「グラスゴー大学のゲール語物語」2019年8月11日取得
  30. ^ ÓBaoill、Colm(2000)。「ゲール語の連続体」。Éigse32:121〜134。
  31. ^ ケネディ、マイケル(2002)。ノバスコシアのゲール語:経済的、文化的、社会的影響調査 (PDF)ノバスコシア州。2016年3月4日にオリジナルからアーカイブ (PDF)取り出さ年1月5 2016
  32. ^ https://www.routledgehandbooks.com/pdf/doi/10.4324/9780203645659.ch3
  33. ^ 「スコットランドゲール語」危機言語プロジェクト2017年10月11日にオリジナルからアーカイブされまし2017年6月14日取得
  34. ^ ロス、ジョン(2009年2月19日)。「世界の死語の地図上の「絶滅危惧種」ゲール語」スコッツマン2017年10月25日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月25日取得
  35. ^ マコーレー、ドナルド(1992)。ケルト語ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-0521231275
  36. ^ スコットランドの2011年国勢調査 アーカイブで2014年6月4日ウェイバックマシン、表QS211SC。2014年6月23日閲覧。
  37. ^ スコットランドの国勢調査結果オンライン(SCROL)、表UV12。2014年6月23日閲覧。
  38. ^ 「国勢調査ショーはゲール語話者に辞退『減速』」BBCニュースオンライン2013年9月26日。2014年7月5日のオリジナルからアーカイブ検索された23年6月2014
  39. ^ 「国勢調査はゲール語がその中心部で衰退していることを示しています」BBCニュースオンライン2013年11月15日。2014年7月5日のオリジナルからアーカイブ検索された23年6月2014
  40. ^ 「生徒の国勢調査補足データ」スコットランド政府2011年12月7日2019年5月20日取得
  41. ^ a b オハンロン、フィオナ(2012)。移行中に失われましたか?スコットランドとウェールズにおけるケルト語の活性化:初等中等学校の段階(論文)。エディンバラ大学。
  42. ^ Kenneth MacKinnon(1991) Gaelic:A Past and FutureProspectを参照してくださいエジンバラ:サルタイア協会。
  43. ^ 参加、専門家。「ゲール語(スコットランド)法2005」www.legislation.gov.uk2007年7月5日にオリジナルからアーカイブされまし
  44. ^ ウィリアムズ、コリンH.、英国の立法権限委譲と言語規制、カーディフ大学
  45. ^ 「最新ニュース–SHRC」スコットランド人権委員会2008年10月12日。2011年4月8日のオリジナルからアーカイブ取得した13年11月2013
  46. ^ 「地域言語またはマイノリティ言語に関する欧州憲章の英国批准。ワーキングペーパー10– R.Dunbar、2003年」 (PDF)2007年9月26日のオリジナルからアーカイブ (PDF)取得した3月27日に2014
  47. ^ [2] アーカイブで2012年3月1日ウェイバックマシン
  48. ^ スコットランド資格局、リソース管理。「ゲール語」www.sqa.org.ukSQA。2017年4月25日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月24日取得
  49. ^ スコットランド資格局、リソース管理。「ゲール語(学習者)」www.sqa.org.ukSQA。2017年4月25日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月24日取得
  50. ^ 「ComunnGàidhealach– Royal National Mod:RoyalNationalMod」www.ancomunn.co.uk2017年6月27日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月24日取得
  51. ^ 「スコットランドゲール語のEUグリーンライト」BBCニュースオンライン2009年10月7日検索された10月7日に2009
  52. ^ 「ケイスネス評議員はゲール語の兆候に対して決意を固める」プレスとジャーナル2008年10月24日。2012年6月20日のオリジナルからアーカイブ取得した22年12月2011
  53. ^ 「Ainmean-Àitenah-Alba–ゲール語の地名–スコットランドの名前–私たちについて」www.ainmean-aite.org2017年4月25日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月24日取得
  54. ^ Bumstead、JM(2006)。「スコットランド」多文化カナダ。2012年12月26日にオリジナルからアーカイブされまし2006年8月30日取得1850年までに、ゲーリックはイギリス領北アメリカで3番目に一般的に話されているヨーロッパ言語になりました。それは、スコットランドとアイルランドの両方を起源とする20万人ものイギリス領北アメリカ人によって、第一言語または第二言語として話されました。
  55. ^ ニュートン、マイケル(2015)。Seanchaidh na Coille / Memory-Keeper of the Forest:Anthology of Scottish GaelicLiterature ofCanadaケープブレトン大学プレス。ISBN 978-1-77206-016-4
  56. ^ Jonathan Dembling、「ゲール語:カナダのゲール語:古い国勢調査からの新しい証拠」、2004年7月21〜23日、エジンバラ大学の第3回年2回のRannsachadhnaGàidhligで読まれた論文: Cànan&Cultar /言語と文化:RannsachadhnaGàidhlig 3、ウィルソン・マクロード編集、ジェームズ・E・フレイザー&アンジャ・ガンダーロック(エジンバラ:ダニーデン・アカデミック・プレス、2006年)、203〜214ページ、 ISBN  978-1903765-60-9
  57. ^ ケネディ、マイケル(2002)。「ゲール語ノバスコシア–経済的、文化的、社会的影響調査」 (PDF)ノバスコシア博物館。PP。114-115 2019年1月13日取得
  58. ^ カナダ統計局、ノバスコシア(コード12) 表)、全国世帯調査(NHS)のプロフィール、2011 NHS、カタログ 99から004-XWE(オタワ:2013年9月11日)。
  59. ^ パッテン、メラニー(2016年2月29日)。「「眠っている」言語の復活:NSがゲール語の文化をどのように復活させているか」大西洋2018年7月13日にオリジナルからアーカイブされました2018年7月12日取得
  60. ^ 「全国世帯調査プロファイル、ノバスコシア、2011年」2.statcan.gc.ca。2013年5月8日。2014年5月13日のオリジナルからアーカイブ取得した15年8月2014
  61. ^ 「ノバスコシアは、言語の拡大を目指してゲール語のナンバープレートを発表しました」大西洋CTVニュースベルメディア。カナディアンプレス。2018年5月1日2018年5月2日取得
  62. ^ インターナショナル、ラジオカナダ(2015年1月28日)。「ゲール語はカナダで徐々に定着している」RCI | 英語2020年6月9日取得
  63. ^ BBCレセプションのアドバイス–BBCオンライン
  64. ^ B BBCアルバについて アーカイブで2011年8月17日ウェイバックマシンBBC Onlineから、
  65. ^ スコットランド、2006年には生徒 のアーカイブで2008年12月1日ウェイバックマシンscot.gov.uk.から 2007年2月、スコットランド政府が発行。
  66. ^ スコットランドの生徒、2008年 2011年6月7日にscot.gov.ukのWaybackMachineにアーカイブされました。2009年2月、スコットランド政府が発行。
  67. ^ スコットランドの生徒、2009年scotland.gov.ukから。2009年11月27日、スコットランド政府が発行。
  68. ^ 「スコットランド政府:生徒の国勢調査、補足データ」Scotland.gov.uk。2011年6月14日。2011年11月21日のオリジナルからアーカイブ取得した3月27日に2014
  69. ^ Pupil Census、補足データ2011 2012年2月3日に公開されたWaybackMachine Spreadsheetで2015年2月27日にアーカイブされました(表1.13)
  70. ^ 瞳孔調査、補足データ2012 2012年 12月11日に公開されたWaybackMachine Spreadsheetで2015年2月27日にアーカイブされました(表1.13)
  71. ^ 瞳孔調査、補足データ2013年 2015年2月27日にWayback Machineスプレッドシートにアーカイブ(表1.13)
  72. ^ 瞳孔調査、補足データ2014 2015年2月27日にWaybackMachine Spreadsheetにアーカイブ(表1.13)
  73. ^ 瞳孔国勢調査、補足データ2015 アーカイブで2016年3月1日ウェイバックマシンスプレッドシート(表1.13)
  74. ^ 瞳孔国勢調査、補足データ2016 アーカイブで2017年2月14日ウェイバックマシンスプレッドシート(表1.13)
  75. ^ 瞳孔国勢調査、補足データ2017年 アーカイブ2018年5月17日のウェイバックマシンスプレッドシート(表1.13)
  76. ^ 瞳孔国勢調査、補足データ2018年 アーカイブ2019年5月15日www2.gov.scotで(エラー:不明なアーカイブのURL)スプレッドシート(表1.13)
  77. ^ パゴエタ、ミケルモリス(2001)。ヨーロッパの会話集ロンリープラネットp。416. ISBN 978-1-86450-224-4
  78. ^ オハンロン、フィオナ(2012)。移行中に失われましたか?スコットランドとウェールズにおけるケルト語の活性化:初等中等学校の段階(論文)。エディンバラ大学。p。48。
  79. ^ 「教室での変化のゲールフォース風」スコッツマン2008年10月29日。2008年10月30日のオリジナルからアーカイブ検索された8年6月2011
  80. ^ 「数千人が新しいオンラインゲール語コースに登録します」BBCニュース2019年11月28日–www.bbc.co.uk経由。
  81. ^ 「Duolingoアプリのスコットランドゲール語コースには、リリース前に20,000件の登録があります」www.scotsman.com
  82. ^ ディンウォール、ブレア。「Duolingoがスコットランドゲール語コースをリリースすると、数万人が数時間で登録します」
  83. ^ 「ゲール語は西部の島の学校では「デフォルト」になる」BBCニュース2020年1月23日2020年1月24日取得
  84. ^ 「ノバスコシアでますます人気が高まっているゲール語のコアクラス」カナダ放送協会2015年1月26日。2015年11月15日のオリジナルからアーカイブ検索された4年11月2015
  85. ^ インターナショナル、ラジオカナダ(2015年1月28日)。「ゲール語はカナダで徐々に定着している」RCI | 英語2017年6月23日にオリジナルからアーカイブされました2018年2月3日取得
  86. ^ マクラウド、マードー(2008年1月6日)。「自由教会はゲール語の聖体拝領を廃止する予定ですスコッツマンエジンバラ。2009年1月11日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年1月19 2008
  87. ^ 「AlbaairTaghadh –beòàInbhirNis」BBCRadionanGàidheal 2017年1月19日取得
  88. ^ a b c d 「ゲール語の正書法の慣習」 (PDF)BòrdnaGàidhlig2009年10月。2017年1月16日のオリジナルからアーカイブ (PDF)2017年1月19日取得
  89. ^ 「CatrìonaAnnaNica'Phì」BBC(スコットランドゲール語)。2016年9月10日にオリジナルからアーカイブされました2017年1月19日取得
  90. ^ ウルフ、パトリック。「ゲール語の名前」アイルランド図書館。2017年4月25日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月24日取得
  91. ^ Cox、 RichardBrìghnamFacal(1991) RoinnnanCànanCeilteachISBN  0-903204-21-5
  92. ^ Alasdair mac MhaighstirAlasdair。「SmeòrachChlannRaghnaill」www.moidart.org.uk考古学アーカイブモイダートの歴史。2017年10月11日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月24日取得
  93. ^ マクベイン、アレクサンダー(1896)。ゲール語の語源辞典(デジタル化されたファクシミリ版)。BiblioBazaar。ISBN 978-1-116-77321-7
  94. ^ O'Rahilly、TF、アイルランドの方言の過去と現在ブラウンとノーラン1932、 ISBN  0-901282-55-3、p。19
  95. ^ スコットランドのケルト研究委員会(1998)ゲール語のためのコンピュータ支援学習:共通の教育コアに向けて正書法の慣習は、2005年にScottish Qualifications Authority(SQA)によって改訂されました「ゲール語正書法条約2005」SQA出版物BB1532。2007年5月7日にオリジナルからアーカイブされまし2007年3月24日取得

リソース

  • ジリーズ、H。キャメロン。(1896年)。ゲール語文法の要素バンクーバー:Global Language Press(2006年再版)、 ISBN  1-897367-02-3(ハードカバー)、 ISBN  1-897367-00-7(ペーパーバック)
  • ギリーズ、ウィリアム。(1993)。「スコットランドゲール語」、ボール、マーティンJ.およびファイフ、ジェームズ(編)。ケルト語派(Routledge Language Family Descriptions)ロンドン:ラウトレッジ。 ISBN  0-415-28080-X(ペーパーバック)、p。145〜227
  • ラム、ウィリアム。(2001)。スコットランドゲール語ミュンヘン:Lincom Europa、 ISBN  3-89586-408-0
  • MacAoidh、Garbhan(2007)。Tasgaidh –ゲール語シソーラスノースカロライナ州ルルエンタープライズ
  • マクラウド、ウィルソン(編)。(2006)。スコットランドゲール語の活性化:政策、計画、公の言説エジンバラ:ダニーデンアカデミックプレス、 ISBN  1-903765-59-5
  • ロバートソン、チャールズM.(1906–07)。スコットランドゲール語方言」、The Celtic Review、vol 3 pp。97–113、223–39、319–32。

外部リンク

  • BBCアルバ–スコットランドゲール語、音楽、ニュース
  • トーマス・オーウェン・クランシーによる「中世スコットランドのゲール語:出現と拡大」、ジョン・リース卿記念講演、2009年3月4日
  • Gaelic Resource Database – Comhairle nan EileanSiarによって設立されました
  • 基本的な語彙のスコットランドゲール語スワデシュリスト(ウィクショナリーのスワデシュリスト付録から
  • Faclair Dwelly air Loidhne –オンラインのゲール語辞書
  • GàidhligairaLìon SabhalMòrOstaigのスコットランドゲール語とその周辺のページへのリンク
  • DASG –スコットランドゲール語のデジタルアーカイブ
  • Comunnのウェブサイト
  • ゲール語問題のノバスコシア事務所