秦王朝

Hashtags #秦王朝

秦王朝内容et歴史[編集]
Page protected with pending changes
ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

秦王朝または秦王朝[1] [tɕʰǐn] 、中国語:秦朝;ピンイン:Qíncháo ;ウェード式:Ch'in²-ch'ao²は)最初た王朝の帝国中国、[3] 221から206 BCに持続。その中心地にちなんで命名秦状態(現代甘粛省と陝西省)、王朝を設立した始皇帝、まず皇帝秦の。秦国家の強さは、法学者によって大幅に増加しました戦国時代の紀元前4世紀の商鞅の改革。紀元前3世紀半ばから後半にかけて、秦国家は一連の迅速な征服を実行し、最初に無力な周王朝を終わらせ、最終的に戦国七雄の他の6つを征服しました。その15年は、2人の皇帝だけで構成された、中国史上最短の主要王朝でしたが、紀元前221年から中断と適応を伴い、西暦1912年まで続く帝国制度を発足させました。

秦は、構造化された中央集権的な政治力と安定した経済に支えられた大規模な軍隊によって統一された国家を作ろうとした。[4]中央政府は、人口と労働力の圧倒的多数を占める農民を直接管理するために、貴族と土地所有者を切り詰めるように動きました。これにより、北の国境に沿って壁を接続し、最終的に万里の長城に発展するなど、30万人の農民と囚人が関与する野心的なプロジェクト、大規模な新しい国道システム、および都市規模の始皇帝の霊廟が可能になりました等身大のテラコッタ軍に守られた皇帝。[5]

秦は、国家を統一し、商取引を促進することを目的とした、標準化された通貨、重み、措置、統一された書記体系などの一連の改革を導入しました。さらに、政府は非常に官僚的でしたが、その軍隊は最新の兵器、輸送、戦術を使用していました。ハン 儒林が描か律法主義の、特にとして知られているパージ引用し、モノリシック専制として秦王朝を焚書坑儒いくつかの現代の学者は、これらのアカウントの信憑性に異議を唱えるもののします。

最初の皇帝が紀元前210年に亡くなったとき、彼の顧問の2人は王朝の管理に影響を与え、制御しようとして王位に相続人を置きました。これらの顧問は彼らの間で争い、彼らの死と第二の秦皇帝の死の両方をもたらしました。人気の反乱が勃発し、弱体化帝国はすぐに落ちた楚の一般的な、翔ゆう西楚との覇権国・キング宣言された、劉邦後に設立された、漢王朝を。その短い統治にもかかわらず、王朝は中国の将来、特に漢に大きな影響を与え、その名前は中国のヨーロッパの名前の由来であると考えられています。

歴史[編集]

起源と初期の開発[編集]

東周の主要な州を示す地図

紀元前9世紀には、Feizi、古代の政治顧問のはず子孫ガオヤオ、秦市の上にルールを与えられました。天水の近代都市は、かつてこの都市があった場所にあります。ルールの間に孝王、周王朝の第八王、この地域は、秦の状態として知られるようになりました。紀元前897年、共和リージェンシーの下で、この地域は馬の飼育と繁殖を目的として割り当てられた依存関係になりました。[6] Feiziの子孫の一人、デューク荘は、が好むなった平王、その行の13番目の王。報酬として、荘の息子である襄公は、戦争遠征のリーダーとして東に送られ、その間に彼は秦を正式に設立しました。[7]

秦州は紀元前672年に中国中部への軍事遠征を最初に開始しましたが、近隣の部族からの脅威のために深刻な侵入はありませんでした。しかし、紀元前4世紀の夜明けまでに、近隣の部族はすべて鎮圧または征服され、秦の膨張主義の台頭の舞台が整いました。[8]

力の成長[編集]

戦国の地図。秦はピンク色で表示されます
秦の成長の地図

主商鞅、の秦の政治戦国時代には、哲学の提唱律法主義を338 BCに亡くなるまで、361 BCから軍事的に有利な改革の数を導入し、。ヤンはまた、紀元前4世紀半ばの咸陽で始まり、秦の首都の建設を支援しました。結果として得られた都市は、他の戦国の首都に非常に似ていました。[9]

特に、秦法学は実際的で冷酷な戦争を奨励しました。[10]中、春秋時代、[11]流行の哲学は、紳士の活動として戦争を決定付けました。軍の司令官は、戦闘において天国の法則であると彼らが認識したことを尊重するように指示されました。[12]例えば、襄公の襄公[注1]戦国時代にチュー州と戦争をしていた彼は、川を渡っている間、朱が指揮する敵軍を攻撃する機会を断った。彼らが彼らの軍隊を横断してマーシャリングすることを許可した後、彼はその後の戦いで決定的に敗北しました。後に彼の顧問が敵へのそのような過度の礼儀について彼に忠告したとき、彼は「賢者は弱者を粉砕せず、敵が彼らの階級を形成するまで攻撃の命令を与えない」と反論した。[13]

秦は敵の弱点を利用して、この軍事的伝統を無視しました。貴族魏の状態は「利益のために熱心に、そして誠実さのない、ひねくれた、強欲であることの秦状態を非難した。材料の利得のための機会がある場合には、それをエチケット、適切な関係、そして高潔な行動について何も知らないし、まるで彼らが動物であるかのようにその親戚を無視するでしょう。」[14]秦にそのような強力な政治的基盤を与えたのは、長寿の支配者からの強力なリーダーシップ、他の州からの才能のある男性を雇用する開放性、そしてほとんど内部の反対と組み合わされたこの法家の考えでした。[15]

秦のもう一つの利点は、彼らが大きくて効率的な軍隊[注2]と有能な将軍を持っていたことでした。彼らは、敵の多くに欠けていた兵器と輸送の最新の開発も利用しました。これらの後者の開発により、中国の多くの地域で最も一般的ないくつかの異なる地形タイプでの移動性が向上しました。したがって、イデオロギーと実践の両方で、秦は軍事的に優れていました。[10]

最後に、大秦帝国は、その肥沃さと戦略的位置のために地理的な利点があり、州を自然の拠点にした山々によって保護されていました。[注3]その拡大した農業生産は、秦の大軍を食料と天然資源で維持するのに役立ちました。[15]ウェイ川246 BCに内蔵された管は、この点で特に顕著でした。[16]

戦国の征服[編集]

紀元前230〜211年の秦の統一を示す地図

秦王朝以前の戦国時代、支配を争った主要な州は、ヤン、趙、チー、チュー、ハン、ウェイ、秦でした。これらの州の統治者は、以前に持っていた低貴族の称号を使用するのではなく、自分たちを王としてスタイルしました。しかし、周王が主張したように、彼が「天命」を持っていると信じたり、犠牲を捧げる権利を持っていると信じる者は誰もいませんでした。彼らはこれを周の支配者に任せました。[17]

紀元前4世紀と3世紀に征服される前に、秦はいくつかの挫折に見舞われました。商鞅は、紀元前338年に恵文王によって、彼の若い頃からの個人的な恨みのために処刑されました。紀元前307年には秦の継承をめぐる内戦もあり、秦の権威を幾分分散させた。秦は紀元前295年に他の州の同盟によって敗北し、その直後に彼らの軍隊の大部分が秦に対して防御していたため、趙州によって別の敗北に見舞われました。しかし、攻撃的な政治家の范雎(范雎)は、後継者問題が解決されたにもかかわらず、すぐに首相として政権を握り、ジンに端を発した膨張主義政策を開始した。秦は他の州を征服しようと試みました。[18]

秦は他の州への彼らの攻撃で迅速でした。彼らは最初に真東の漢を攻撃し、紀元前230年に首都の新鄭を占領しました。それから彼らは北に向かって攻撃した。趙州は紀元前228年に降伏し、最北端の燕州は紀元前226年に降伏しました。次に、秦軍は東に、そして後に南にも暴行を開始した。彼らは紀元前225年に魏市のダリアン(現在は開封と呼ばれています)を占領し、紀元前223年までにチューを降伏させました。最後に、彼らは洛陽で周王朝の残党を証言し、紀元前221年にリンジの街を占領してチーを征服しました。[19]

紀元前221年に征服が完了する と、9歳で秦国家の王位に就いた鄭王[20] が中国の実質的な統治者になりました。[21] 6つの州の征服は、効率的な説得と模範的な戦略を使用した始皇帝によって行われた。呂不韋首相の退位により、唯一の統治者としての地位を固めた。皇帝によって作られた州は、王室の人々に負担をかけるのではなく、その任務に専念する役人に割り当てられました。[21]彼はそれ以前のタイトルを組み合わせ三皇五帝の始皇帝(:彼の新しい名前に始皇帝)または「始皇帝」。[22] [注4]新しく宣言された皇帝は、秦が所有していないすべての武器を没収して溶かすように命じた。得られた金属は、秦の新しく宣言された首都、咸陽に12の大きな装飾像を建てるのに十分でした。[23]

南方拡大[編集]

紀元前214年、秦始皇帝は彼の大軍の一部(100,000人)で北の境界を確保し、南の部族の領土を征服するために彼の軍の大部分(500,000人)を南に送りました。中国に対する秦の支配につながる出来事の前に、彼らは南西の四川省の多くの所有権を獲得していました。秦軍はジャングルの地形に不慣れであり、10万人以上の兵士を失った南部の部族のゲリラ戦術に敗れた。しかし、敗北した秦は南に運河を建設することに成功し、南への2回目の攻撃で軍隊の補給と強化に多用しました。これらの利益に基づいて、秦軍は周囲の沿岸の土地を征服しました広州、[注5]そして福州と桂林の州を取りました。彼らはハノイまで南を襲った。南部でのこれらの勝利の後、秦始皇帝は10万人以上の囚人と亡命者を移動させ、新たに征服された地域に植民地化しました。彼の帝国の境界を拡張するという点で、始皇帝は南部で非常に成功しました。[23]

匈奴に対するキャンペーン[編集]

しかし、帝国が北に拡張されることもありましたが、秦はその土地を長く保持することはめったにありませんでした。これらの場所の部族は、秦によって総称して胡と呼ばれ、王朝の大部分の間、中国の支配から解放されました。[24]秦王朝の農民との取引が禁止は、匈奴のに住む部族オルドス中国北西部に領域が頻繁に報復するために秦を促し、代わりに彼らを襲撃しました。蒙恬将軍が率いる軍事作戦の後、この地域は紀元前215年に征服され、農業が確立されました。しかし、農民たちは不満を抱き、後に反乱を起こしました。後継の漢王朝も人口過多のためにオルドスに拡大しましたが、その過程で彼らの資源を使い果たしました。確かに、これは王朝の複数の方向の国境に当てはまりました。現代の新疆ウイグル自治区、チベット、満州、内モンゴル、および南東部の地域は秦にとって異質であり、彼らが軍事的支配下にあった地域でさえ文化的に異なっていました。[25]

権力から落ちる[編集]

始皇帝に対するジンケの暗殺未遂を描いた漢王朝の刻まれたレリーフの拓本。ジンケ(左)は秦始皇帝の医師の一人(左、背景)によって保持されています。暗殺未遂で使用された短剣が柱に刺さっているのが見られます。秦始皇帝(右)が翡翠の円盤を持っているのが見えます。彼の兵士の一人(右端)は彼の皇帝を救うために急いでいます。

秦始皇帝の生涯に3回の暗殺未遂が行われ[26]、彼はパラノイアになり、不死に取りつかれた。調達しようとする試みで彼の帝国の極東に達するまでの旅の間、彼は、210紀元前に死亡した霊薬から不死のを道教エリキシルは、海の怪物に守られた島の上に貼り付けた主張マジシャン、。チーフ宦官、趙ガオ、と首相、李Siは、彼らが王座に場所に自分の意志を変えることができたまでは、彼らの復帰時に彼の死の知らせを隠した名前を取った死んだ皇帝の最も柔軟な息子、Huhai、胡亥。[20]彼らは彼を自分たちの目的に合わせて操作することができ、それによって帝国を効果的に支配できると信じていました。胡亥は確かに無能でしなやかでした。彼は多くの大臣と皇太子を処刑し、大規模な建築プロジェクトを続け(彼の最も贅沢なプロジェクトの1つは城壁の漆塗りでした)、軍隊を拡大し、増税し、彼に悪い知らせをもたらしたメッセンジャーを逮捕しました。その結果、中国全土からの男性が反乱を起こし、役人を攻撃し、軍隊を編成し、占領された領土の王であると宣言しました。[27]

この間、LiSiとZhaoGaoが脱落し、LiSiが処刑された。趙高は胡亥の無能さのために胡亥に自殺を強いることにした。これを受けて、胡亥の甥である子嬰が王位に就き、すぐに趙高を処刑した。[27] Ziyingは、人々の間で不安が高まっていること[注6]と、多くの地方公務員が自分たちを王と宣言していることを見て、他のすべての中で自分を1人の王と宣言することによって彼の王位に固執しようとしました。[16]しかしながら、彼は彼の無能さによって弱体化され、人気のある反乱が紀元前209年に勃発した。劉邦中尉の劉邦が襲撃したとき、そのような混乱状態は長くは続かなかった。 Ziyingは近くで敗北しました紀元前207年に渭水が流れ、その後すぐに降伏しました。彼はChuのリーダーであるXiangYuによって処刑されました。秦の首都は翌年破壊され、歴史家はこれを秦帝国の終焉と見なしています。[28] [注7]劉邦はその後、項籍を裏切って敗北させ、紀元前202年2月28日に新漢王朝の劉邦皇帝[注8]を宣言した。[29]秦王朝の期間は短かったが、それは将来の王朝の構造に非常に影響を及ぼした。

文化と社会[編集]

家庭生活[編集]

秦の貴族は、彼らの文化と日常生活においてほとんど同じでした。文化の地域差は、下層階級の象徴と見なされていました。これは周に由来し、秦に捕らえられました。そのような変化は、政府が達成しようと努力した統一に反すると見られていたからです。[30]

人口の90%以上を占める庶民や地方の村人[31]は、彼らが生まれた村や農場を離れることはめったにありません。農業はほぼ普遍的に一般的でしたが、一般的な雇用形態は地域によって異なりました。職業は遺伝的でした。父親の雇用は、長男が亡くなった後、彼の長男に引き継がれました。[32]呂氏春秋[注9]は庶民が物質的な豊かさに取りつかれている場合、代わりに「物事が彼に仕えます」男の理想主義の、それらは「物事のサービスに減少」されたか、の例を与えました。[33]

秦王朝以降、農民が文学に登場することはめったにありませんでした。よりエリートの地位にある学者やその他の人々は、都市の興奮と政治の誘惑を好みました。これに対する1つの注目すべき例外は、いわゆる「神の父」である神農でした。神農は、家庭が自分たちで食料を育てるべきだと教えました。 「素数で耕さなければ、世界の誰かが空腹になります。素数で彼女が織らないと、世界の誰かが寒くなります。」秦はこれを奨励しました。農業における政府の関心と活動のシミュレーションを作成するために、重要な政府高官が特別な分野で鋤を交代で行うという儀式が数年に1回行われました。[32]

秦王朝の間に、中国の奴隷制は勢いと使用を獲得し始めました。

アーキテクチャ[編集]

都江堰、秦国による中国の戦国時代の紀元前256年に完了した灌漑プロジェクト。これは、上に配置されているビン江に四川省の省都の近くに、成都。補強がコンクリートの 堰は、リービンビンのオリジナルの加重竹のバスケットを交換した、インフラのレイアウトは同じままで、地域内の土地の5300平方キロメートルを灌漑するために使用され、今日でもあります。

戦国時代の建築には、いくつかの決定的な側面がありました。防衛に使用される市壁はより長くなり、実際、いくつかの二次壁が異なる地区を分離するために建設されることもありました。権威と絶対的な権力の感覚を生み出すために、連邦構造の多様性が強調されました。高い塔、柱の門、テラス、高い建物などの建築要素がこれを十分に伝えています。[34]

哲学と文学[編集]

12個の小さなシール文字が付いた石のスラブ。秦王朝(紀元前221年から207年)。この床レンガのスラブの12文字は、国が統一されており、道路に沿って男性が死ぬことはないため、初代皇帝が王位に就くのは縁起の良い瞬間であることを示しています。小さな篆書体は、始皇帝が国の支配権を獲得した後に標準化され、前王朝の大きな篆書体から発展しました。その上に書かれているのは「海内外臣、歲登熟、道毋飢人」です。

秦の書き言葉だっ表意周のことがあったとして、。[35]人生で最も影響力のある業績の一つ​​として、李シロキサン首相は書記体系を全国で均一なサイズと形になるように標準化した。これは何千年もの間、中国文化に統一的な影響を与えるでしょう。彼はまた、「あまりシール」の作成と信じている(中国語:小篆、 ;ピンイン:xiǎozhuàn)現代中国の基礎となると、まだカード、ポスター、広告に使用されている書道のスタイル、。[36]

戦国時代、諸子百家は中国の学者によって提案された多くの異なる哲学で構成されていました。しかし、紀元前221年に、始皇帝はすべての州を征服し、単一の哲学である法家によって統治されました。理由は不明ですが、少なくとも1つの学派であるモヒズムが根絶されました。秦の州のイデオロギーと墨家は特定の点で類似しているにもかかわらず、準軍組織の活動のためにモヒストが州の軍隊によって捜索され殺害された可能性があります。[37]

儒教と呼ばれる孔子の思想の学校は、戦国時代だけでなく、後周王朝と初期の帝国時代の多くを通して影響力を持っていました。[注10]この流派には、「6つの古典」として知られる、いわゆる儒教の文学の規範がありました。頌歌、文書、儀式、音楽、春秋、そして変化は、当時の中国文学を具体化したものです。 。[38]

秦王朝の間、儒教は、道教などの他のすべての非法家哲学とともに、始皇帝によって抑圧されました。初期の漢王朝の皇帝も同じことをしました。法家は封建制度を非難し、特に皇帝が従わなかった場合、厳しい罰を奨励した。個人の権利は、政府や統治者の希望と矛盾したときに価値が下がったため、商人や学者は非生産的であり、排除に適していると見なされました。[39]

より劇的な主張の1つ、しかし、悪名高い焚書坑と学者の埋葬事件は、何年も後まで言及されなかったため、真実ではないようです。[40]漢王朝の歴史家、司馬遷は、権力を強化するために、紀元前213年に、法家または国家に異議を唱える視点を主張するすべての本の焼却を命じ、また提出を拒否したすべての学者を規定したと書いた。燃やされる彼らの本は早すぎる埋葬によって処刑されるでしょう。[23]生産的であると考えられるテキストのみが保存され、そのほとんどは農業、占い、医学などの実用的な主題について論じたものでした。[41]しかし、中国学者は現在、「学者の埋葬」は文字通り真実ではないと主張しています。この用語はおそらく単に「死刑にする」ことを意味していたからです。[42]

政府と軍[編集]

秦政府は非常に官僚的であり、すべてが始皇帝に仕える役人のヒエラルキーによって管理されていました。秦は韓非子の教えを実践し、始皇帝が最近征服されたものを含む彼のすべての領土を支配することを可能にしました。測定や言語から、戦車の車軸の長さなど、より実用的な詳細まで、生活のあらゆる側面が標準化されました。[22]

テラコッタ軍、秦始皇帝の墓の博物館。
兵馬俑の秦戦士。

皇帝によって作られた州は、王室の人々に負担をかけるのではなく、その任務に専念する役人に割り当てられました。鄭と彼の顧問はまた、中国の封建制を終わらせ、中央集権的な官僚的な政府に取って代わった新しい法律と慣行を導入した。最初の皇帝と彼の顧問によって作成された政府の形態は、後の王朝によって彼ら自身の政府を構築するために使用されました。[21]このシステムの下では、変容した社会で才能のある個人をより簡単に特定できるため、軍と政府の両方が繁栄した。後の中国王朝は、儒教の哲学によって非難されたにもかかわらず、秦政府の効率性を模倣しました。[22] [43]しかし、虐待の発生があり、その一例が「公務記録」に記録されています。胡という名の指揮官は、彼が殺した「盗賊」の数を増やすために農民を攻撃するように部下に命じました。彼の上司は、おそらく彼らの記録も膨らませることを熱望しており、これを許可した。[44]

兵馬俑(左)、西安の兵馬俑の中堅将校(右)

秦始皇帝はまた、すでに大規模な改革が行われているにもかかわらず、強力な軍隊を改善しました。[45]軍は当時の最も進んだ兵器を使用した。最初は主に青銅の形で使用されていましたが、紀元前3世紀までに、Chu {やQinなどの王国は鉄や鋼の剣を使用していました。この金属の需要により、ベローズが改善されました。クロスボウは5世紀紀元前に導入し、より強力かつ正確であったされていた複合弓以前使用していました。また、2つのピンを外して、敵が動作中のクロスボウを捕まえるのを防ぐことで、効果がなくなる可能性があります。[12]

秦王朝の複合弓矢(上)とクロスボウボルト(下)
クレジット:Liang Jieming

秦はまた、改善された輸送方法と戦術を使用しました。趙州は紀元前307年に最初に戦車を騎兵に置き換えましたが、騎兵は中国の地形上でより移動性が高かったため、この変更は他の州によって迅速に採用されました。[46]

始皇帝は、遊牧民の侵入から守るために、彼の北の国境を強化する計画を立てました。その結果、後に万里の長城となるものが最初に建設されました。万里の長城は、封建領主によって作られた壁を結合して強化することによって建てられました。この壁は、後の王朝によって何度も拡張および再建され、北。秦始皇帝の統治中に建てられた別のプロジェクトは、皇帝の死後の保護を目的とした兵馬俑でした。[45]兵馬俑は地下に位置しているため目立たず、1974年まで発見されなかった。[47]

宗教[編集]

Floating on high in every direction,
Music fills the hall and court.
The incense sticks are a forest of feathers,
The cloudy scene an obscure darkness.
Metal stalks with elegant blossoms,
A host of flags and kingfisher banners.
The music of the "Seven Origins" and "Blossoming Origins"
Are intoned as harmonious sounds.
Thus one can almost hear
The spirits coming to feast and frolic.
The spirits are seen off to the zhu zhu of the musics,
Which purifies and refines human feelings.
Suddenly the spirits ride off on the darkness,
And the brilliant event finishes.
Purified thoughts grow hidden and still,
And the warp and weft of the world fall dark.

Han shu, p. 1046

The dominant religious belief in China during the reign of the Qin, and, in fact, during much of early imperial China, was focused on the shen (roughly translating to "spirits" or "gods"), yin ("shadows"), and the realm they were said to live in. The Chinese offered animal sacrifices in an attempt to contact this other world, which they believed to be parallel to the earthly one. The dead were said to have simply moved from one world to the other. The rituals mentioned, as well as others, served two purposes: to ensure that the dead journeyed and stayed in the other realm, and to receive blessings from the spirit realm.[note 11][48][49]

Religious practices were usually held in local shrines and sacred areas, which contained sacrificial altars. During a sacrifice or other ritual, the senses of all participants and witnesses would be dulled and blurred with smoke, incense, and music. The lead sacrificer would fast and meditate before a sacrifice to further blur his senses and increase the likelihood of perceiving otherworldly phenomena. Other participants were similarly prepared, though not as rigorously.

Such blurring of the senses was also a factor in the practice of spirit intermediaries, or mediumship. Practitioners of the art would fall into trances or dance to perform supernatural tasks. These people would often rise to power as a result of their art—Luan Da, a Han dynasty medium, was granted rule over 2,000 households. Noted Han historian Sima Qian was scornful of such practices, dismissing them as foolish trickery.[50]

Divination—to predict and/or influence the future—was yet another form of religious practice. An ancient practice that was common during the Qin dynasty was cracking bones or turtle shells to gain knowledge of the future. The forms of divination which sprang up during early imperial China were diverse, though observing natural phenomena was a common method. Comets, eclipses, and droughts were considered omens of things to come.[51]

Etymology of China[edit]

The name 'Qin' is believed to be the etymological ancestor of the modern-day European name of the country, China. The word probably made its way into the Indo-Aryan languages first as 'Cina' or 'Sina' and then into Greek and Latin as 'Sinai' or 'Thinai'. It was then transliterated into English and French as 'China' and 'Chine'. This etymology is dismissed by some scholars, who suggest that 'Sina' in Sanskrit evolved much earlier before the Qin dynasty. 'Jin', a state controlled by the Zhou dynasty in seventh century BC, is another possible origin.[52] Others argued for the state of Jing (荆, another name for Chu), as well as other polities in the early period as the source of the name.[53]

Sovereigns[edit]

An edict in bronze from the reign of the second Qin Emperor

Qin Shi Huang was the first Chinese sovereign to proclaim himself "Emperor", after unifying China in 221 BC. That year is therefore generally taken by historians to be the start of the "Qin dynasty" which lasted for fifteen years until 207 when it was cut short by civil wars.[54]

Imperial family tree[edit]

See also[edit]

  • Chinese sovereign
  • Emperor of China
  • Hata clan
  • The Legend of Qin

Notes[edit]

  1. ^ Not to be confused with any Duke of the Song dynasty of a later period.
  2. ^ This was due to the large workforce available as a result of their landowning policies (implemented by Shang Yang), described in the culture and society section.
  3. ^ This was the heart of the Guanzhong region, as opposed to the region of the Yangtze River drainage basin, known as Guandong. The warlike nature of the Qin in Guanzhong evolved into a Han dynasty adage: "Guanzhong produces generals, while Guandong produces ministers." (Lewis 2007, p. 17)
  4. ^ As the modern Chinese habit is to include dynasty names as a surname, this became Qin Shi Huangdi. Later, this was abridged to Qin Shi Huang, because it is uncommon for Chinese names to have four characters.
  5. ^ Formerly known as Canton.
  6. ^ This was largely caused by regional differences which survived despite the Qin's attempt to impose uniformity.
  7. ^ The first emperor of the Qin had boasted that the dynasty would last 10,000 generations; it lasted only about 15 years. (Morton 1995, p. 49)
  8. ^ Meaning "High Progenitor".
  9. ^ A text named for its sponsor Lü Buwei; the prime minister of the Qin directly preceding the conquest of the other states.
  10. ^ The term "Confucian" is rather ill-defined in this context—many self-dubbed Confucians in fact rejected tenets of what was known as "the Way of Confucius", and were disorganized, unlike the later Confucians of the Song and Yuan dynasties.
  11. ^ Mystics from the state of Qi, however, saw sacrifices differently—as a way to become immortal.

References[edit]

Citations[edit]

  1. ^ a b c "Qin dynasty".
  2. ^ Taagepera, Rein (1979). "Size and Duration of Empires: Growth-Decline Curves, 600 B.C. to 600 A.D". Social Science History. 3 (3/4): 121. doi:10.2307/1170959. JSTOR 1170959.
  3. ^ "...The collapse of the Western Zhou state in 771 BC and the lack of a true central authority thereafter opened ways to fierce inter-state warfare that continued over the next five hundred years until the Qin unification of China in 221 BC, thus giving China her first empire." Early China A Social and Cultural History, Cambridge University Press, 2013, page 6.
  4. ^ Tanner 2010, p. 85-89
  5. ^ Beck, B, Black L, Krager, S; et al. (2003). Ancient World History-Patterns of Interaction. Evanston, IL: Mc Dougal Little. p. 187. ISBN 978-0-618-18393-7.
  6. ^ Lewis 2007, p. 17
  7. ^ "Chinese surname history: Qin". People's Daily. Archived from the original on 10 May 2008. Retrieved 28 June 2008.
  8. ^ Lewis 2007, pp. 17–18
  9. ^ Lewis 2007, p. 88
  10. ^ a b Morton 1995, p. 45
  11. ^ Origins of Statecraft in China
  12. ^ a b Morton 1995, p. 26
  13. ^ Morton 1995, pg. 26
  14. ^ Time-Life Books 1993, p. 86
  15. ^ a b Kinney and Clark 2005, p. 10
  16. ^ a b Lewis 2007, pp. 18–19
  17. ^ Morton 1995, p. 25
  18. ^ Lewis 2007, pp. 38–39
  19. ^ Lewis 2007, p. 10
  20. ^ a b Bai Yang. 中国帝王皇后亲王公主世系录 [Records of the Genealogy of Chinese Emperors, Empresses, and Their Descendants] (in Chinese). 1. Friendship Publishing Corporation of China (中国友谊出版公司). pp. 134–135.
  21. ^ a b c "China's First Empire | History Today". www.historytoday.com. Archived from the original on 17 April 2017. Retrieved 17 April 2017.
  22. ^ a b c World and Its Peoples: Eastern and Southern Asia, p. 36
  23. ^ a b c Morton 1995, p. 47
  24. ^ Lewis 2007, p. 129
  25. ^ Lewis 2007, p. 5
  26. ^ Borthwick, p. 10
  27. ^ a b Kinney and Hardy 2005, p. 13-15
  28. ^ Bodde 1986, p. 84
  29. ^ Morton 1995, pp. 49–50
  30. ^ Lewis 2007, p. 11
  31. ^ Lewis 2007, p. 102
  32. ^ a b Lewis 2007, p. 15
  33. ^ Lewis 2007, p. 16
  34. ^ Lewis 2007, p. 75–78
  35. ^ World and its Peoples: Eastern and Southern Asia, p. 34
  36. ^ Bedini 1994, p. 83
  37. ^ Readings in Classical Chinese Philosophy, p. 61
  38. ^ Lewis 2007, p. 206
  39. ^ Borthwick, p. 17
  40. ^ Nylan, Michael (2001), The five "Confucian" classics (PDF), Yale University Press, ISBN 978-0-300-08185-5, archived from the original (PDF) on 11 June 2014. pp. 29–30.
  41. ^ Borthwick, p. 11
  42. ^ Bodde (1986), p. 72.
  43. ^ Borthwick 2006, pp. 9–10
  44. ^ Chen, pp. 180–81
  45. ^ a b Borthwick 2006, p. 10
  46. ^ Morton 1995, p. 27
  47. ^ "Mausoleum of the First Qin Emperor". UNESCO. Archived from the original on 7 August 2008. Retrieved 3 July 2008.
  48. ^ Lewis 2007, p. 178
  49. ^ Lewis 2007, p. 186
  50. ^ Lewis 2007, p. 180
  51. ^ Lewis 2007, p. 181
  52. ^ Keay 2009, p. 98.
  53. ^ Wade, Geoff (May 2009). "The Polity of Yelang and the Origin of the Name 'China'" (PDF). Sino-Platonic Papers. 188. Archived (PDF) from the original on 30 September 2011. Retrieved 4 October 2011. "This thesis also helps explain the existence of Cīna in the Indic Laws of Manu and the Mahabharata, likely dating well before Qin Shihuangdi."
  54. ^ Bodde 1986, p. 20

Sources[edit]

  • World and Its Peoples: Eastern and Southern Asia. Marshall Cavendish. 2007. ISBN 978-0-7614-7631-3.
  • Philip J. Ivanhoe; Bryan W. Van Norden, eds. (2005). Readings in Classical Chinese Philosophy. Hackett Publishing. ISBN 978-0-87220-780-6.
  • Breslin, Thomas A. (2001). Beyond Pain: The Role of Pleasure and Culture in the Making of Foreign Affairs. Greenwood Publishing Group. ISBN 978-0-275-97430-5.
  • Bedini, Silvio (1994). The Trail of Time: Shih-chien Ti Tsu-chi : Time Measurement with Incense in East Asia. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-37482-8.
  • Bodde, Derk (1986). "The State and Empire of Ch'in". In Twitchett, Dennis; Loewe, Michael (eds.). The Cambridge History of China, Volume 1: The Ch'in and Han Empires, 221 BC–AD 220. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-24327-8.
  • Borthwick, Mark (2006). Pacific Century: The Emergence of Modern Pacific Asia. Westview Press. ISBN 978-0-8133-4355-6.
  • Kinney, Anne Behnke; Hardy, Grant (2005). The Establishment of the Han Empire and Imperial China. Westport, Connecticut: Greenwood Press. ISBN 978-0-313-32588-5.
  • Keay, John (2009). China A History. Harper Press. ISBN 9780007221783.
  • Lewis, Mark Edward (2007). The Early Chinese Empires: Qin and Han. London: Belknap Press. ISBN 978-0-674-02477-9.
  • Chen Guidi; Wu Chuntao (2007). Will the Boat Sink the Water?: The Life of China's Peasants. Translated by Zhu Hong. PublicAffairs. ISBN 978-1-58648-441-5.
  • Morton, W. Scott (1995). China: Its History and Culture (3rd ed.). McGraw-Hill. ISBN 978-0-07-043424-0.
  • Tanner, Harold (2010). China: A History. Hackett. ISBN 978-1-60384-203-7.

Further reading[edit]

  • Cotterell, Arthur. (2007). The Imperial Capitals of China – An Inside View of the Celestial Empire. London: Pimlico. pp. 304 pages. ISBN 978-1-84595-009-5.
  • Fong, Wen, ed. (1980). The great bronze age of China: an exhibition from the People's Republic of China. New York: The Metropolitan Museum of Art. ISBN 978-0-87099-226-1.
  • Paludan, Ann. (1998). Chronicle of the China Emperors. London: Thames & Hudson. pp. 224 pages. ISBN 978-0-500-05090-3.
  • Yap, Joseph P. (2009). Wars with the Xiongnu, A Translation from Zizhi tongjian. AuthorHouse, Bloomington, Indiana, U.S.A. ISBN 978-1-4490-0604-4.

External links[edit]