秦始皇帝

Hashtags #秦始皇帝

秦始皇帝名前の由来et出生と親子関係

秦始皇帝中国語始皇帝;点灯。「秦の最初の皇帝」、発音 ;紀元前259年2月18日–紀元前210年9月10日)は秦王朝の創設者であり、統一中国の最初の皇帝でした。247から221 BCに彼がいた鄭、秦の王秦王政秦王鄭、個人名嬴政英鄭または趙政趙鄭)。秦が他のすべての戦国を征服した後、彼は38歳のときに中国の最初の皇帝になりました。この音について 紀元前221年に中国全土を統一しました[2]「のタイトルを維持するのではなく」( の王、前が負担)、支配者を、彼は最初の皇帝(として支配し始皇帝221 BCから210 BCに秦王朝の)。彼の自己発明の称号「皇帝」(皇帝 huángdì)は、次の2千年の間、中国の統治者によって引き継がれ続けるでしょう。この音について

彼の統治の間に、彼の将軍が大幅に中国の国家のサイズ拡大:キャンペーン南部の恒久的に追加の土地湖南省広東省中国文化の軌道をキャンペーン中央アジアでは、征服オルドスループを遊牧民から匈奴結局、それはまたの下で彼らの同盟につながるものの、冒頓単于

秦始皇帝はまた、彼の大臣 Li Siと協力して、初期の中国国家の多様な慣行の標準化を目的とした主要な経済的および政治的改革を制定した。[2]彼は伝統的に、多くの本を禁止し、燃やし、学者を処刑したと言われています。彼の公共事業プロジェクトには、多様な州の城壁を単一の万里の長城に統合し、大規模な新しい国道システムを導入したほか、等身大の兵馬俑によって守られた都市規模の霊廟が含まれていました。彼は紀元前210年に中国東部を4回目のツアーで亡くなるまで統治していました。[3]

現代の中国の情報源はしばしば秦始皇帝の個人名をYingZhengと名付け、Ying()を姓、Zheng()を名にしています。古代中国ではしかし、命名規則は異なって、趙()、彼が生まれ育った場所は、として使用することができる姓。現代の中国の名前とは異なり、古代中国の貴族には2つの異なる名前がありました。祖先の名前()は、中国の伝説の三皇五帝と五帝の時代に住んでいたと通常言われている、著名な祖先の子孫であるより大きなグループで構成されていました。そして一族の名前が()支店の現在の示した小さいグループで構成領地または最近のタイトルを。古代の練習は、リストの男性の名前separately-にした司馬遷『名前鄭と姓与えられたとしての「基本史料秦の始皇帝の「紹介彼趙を』[4] [6]一族の姓を組み合わせること-or個人名:シマのチューの記述は、カオリー王の治世の16年を「趙鄭が秦の王として即位した時」と説明しています。[7]しかし、現代の中国の名前は(通常は氏族名から派生しているにもかかわらず)古い祖先の名前と同じ文字を使用しているため、現代の中国の情報源では、始皇帝の個人名がYingZhengと書かれているのを見るのがはるかに一般的です[8]。 Ying家の祖先の名前を使用します。

支配者秦は自らスタイリングしていた王の時から王Huiwen 325 BCインチ 彼が昇天すると、鄭は秦の王[4] [5]または秦の鄭王として知られるようになりました。[9] [10]このタイトルは、彼がの支配者の名目等しくなる商との周、その王の最後で退陣されていた秦の王Zhaoxiang 256紀元前に。

紀元前221年に気が降伏した後、鄭王は旧周王国のすべての土地を再会しました。しかし、王としての地位を維持するのではなく[11]、彼は自分のためにhuángdì(皇帝)という新しい称号を作成しました。2 titles-組み合わせたこの新しいタイトルの神話の 三君主(三皇サン・黄)とDIの伝説の 五皇帝(五帝WU DI)の中国の先史時代。[12]タイトルの威信のある適当なことを意図していた黄帝、[13]カルト、後に人気があった戦国時代と中国の人々の創始者であると考えられていた人を。キング鄭は新しい選んだ尊号(始皇帝のShǐ始皇帝、以前は 転写シーズー黄-Tiなどを)[14]などを通して彼の後継者が連続して「第二の皇帝」、「第三の皇帝」と題しされるだろうという理解で世代。(実際、この計画は彼の直接の相続人である第二皇帝の間だけ続いた。)[15]新しい称号は宗教的な意味合いを持っていた。そのため、Sinologistsはで-出発ピーターBoodberg [16]やエドワード・シェーファー[17]「thearch」とまずThearchとして始皇帝としてそれを翻訳-sometimes。[18]

始皇帝は、彼の領土が時代を超えて無傷のままであると意図していましたが、彼の死後、その転覆とハンによる交代の後、彼の称号の前に秦を付けるのが通例になりました。したがって:

  • または、「秦の」
  • ShǐまたはShih、「最初」[1]
  • 皇帝HuángdìまたはHuang-ti、「皇帝」、から造られ た新しい用語[20]
    • 又は黄、文字通り「輝く」または「素晴らしい」と以前は最も通常「天国の形容として」適用、[21]のタイトル三ソブリン、高神の周[19]
    • 又はTi、高神のシャンおそらくそれらからなる、神の祖先、[22]及び伝説のタイトルとして周で使用五皇帝、特に黄帝

早けれとして司馬遷、その結果得られる4文字秦の始皇帝を短縮することが一般的でした秦始皇[23]様々に転写さ始皇帝や始皇帝として。

皇帝に昇格した後、鄭の個人名とおそらく同音異義語正[25]の両方がタブーになった。[26]始皇帝も一人称arrogated中国の代名詞 OC  * lrəm "[27] MOD。ジェンの彼の排他的使用のために)[29]と212でBCは、自分自身を呼び出す始めた 不滅 真人 OC  *すず-niŋ[27] MOD。Zhēnrén点灯して "真の男")。[11]その他は「陛下」として彼に対処していた陛下 MOD。Bìxià点灯 「の下宮殿[30]人のステップ」)と「殿下」(書面で)。[11]

よると史記によって書かれ、司馬遷漢王朝の間に、最初の皇帝は、後になった秦王子Yiren、の長男だった秦の王Zhuangxiang。当時のイロン王子は趙の宮廷に住んでおり、秦と趙の州間の休戦を保証する人質として働いていました。[1] [31]王子Yirenは、と一目で恋に落ちていた側室の呂不韋、より裕福な商人Weyの州。リュは彼女がイレンの妻であることに同意しました。イレンは趙姫の後に趙姫(趙姫)として知られるようになりました。彼には趙鄭という名前が付けられました。鄭()という名前は、中国の旧暦の最初の月である1月の生年月に由来します。[31]趙の氏族名は父親の血統に由来し、母親の名前や出身地とは無関係でした。[要出典](ソン・ジョンは、彼の誕生日は、かなり、鄭雪の初日だったと言っています。[32])呂不韋の策略は、後にイロンが紀元前250年に秦の荘襄王になるのを助けました[33]

しかし、グランド歴史の記録はまた、最初の皇帝は、実際の王子Yirenの息子が、のものではないと主張した呂不韋が。[34]この説明によると、呂不韋が踊り子像を王子に紹介したとき、彼女は呂不韋の側室であり、すでに彼によって妊娠しており、赤ちゃんは異常に長い妊娠期間の後に生まれました。[34]呂不韋の年報の翻訳によると、趙姫は紀元前259年、秦の昭襄王の48年目の最初の月に邯鄲市で将来の皇帝を出産した。[35]

皇帝が非嫡出子であるという考えは、中国の歴史を通して広く信じられており、始皇帝の一般的に否定的な見方に貢献しました。[1]しかし、多くの現代の学者は彼の誕生についてのこの説明を疑っています。Sinologistダーク・ボドは書いた:「この異常な妊娠を説明文が追加補間であることを信じる十分な理由があるシーズーカイ始皇帝を誹謗中傷し、彼の政治だけでなく、出生の不当性を示すために、未知の人によっては」。[36]ジョン・ノブロックとジェフリー・リーゲルは、呂不韋の春秋年報の翻訳で、この物語を「明らかに虚偽であり、呂不韋を中傷することと、第一皇帝に誹謗中傷することの両方を意味する」と呼んでいる。[37]後の儒教社会は商人をすべての社会階級の中で最も低いと見なしたので、始皇帝の実の父として商人である呂不韋を主張することは特に軽蔑することを意図していた。[38]

摂政

秦王朝の初代皇帝である秦始皇帝の18世紀の中国皇帝の肖像画の肖像画。

紀元前246年、荘襄王がわずか3年の短い統治の後に亡くなったとき、彼は13歳の息子によって王位を継承されました。[39]当時、趙鄭はまだ若かったので、呂不韋は秦州の摂政首相を務め、他の6つの州との戦争を続けていた。[1] 9年後の紀元前235年、呂不韋が趙姫とのスキャンダルに関与したことで追放された後、始皇帝が全権を握った。[40] [41]

趙成キョウ、主長安(长安君)、[42]は、同じ父親ではなく、別の母親から、趙鄭の正当な半弟でした。趙鄭が王位を継承した後、成蟜は屯留に反抗し、趙州に降伏した。成蟜の残りの家臣と家族は、趙鄭によって処刑されました。[43]

嫪アイのクーデター未遂

鄭王が年をとるにつれて、呂不韋は少年王が母親の趙姫との連絡を発見することを恐れるようになりました。彼は距離を置き、王太后の代わりを探すことにしました。彼は嫪アイという男を見つけました。[44]グランドヒストリアンの記録によると、嫪アイは髭を摘むことで宦官になりすました。その後、嫪アイと趙姫はとても仲良くなり、密かに2人の息子がいました。[44]その後、嫪アイは侯爵LàoǍiとして崇高になり、富を浴びせられた。嫪アイの陰謀は、始皇帝を隠された息子の一人に置き換えることになっていた。しかし、ディナーパーティーの最中に、酔っ払ったLàoǍiは若い王の継父であることを自慢しているのが聞こえました。[44]紀元前238年、王はかつての首都であるヨン()に旅行していた。嫪アイは、クーデターと反乱を起こそうとして、女王の母親の封印をつかみ、軍隊を動員しました。[44]始皇帝がこの事実を発見したとき、彼は呂不韋に昌平君と昌文君に嫪アイを攻撃させるよう命じた。王立軍は首都で数百人の反乱軍を殺害しましたが、嫪アイはこの戦いから逃れることに成功しました。[45]

100万枚の価格銅のコインが死んだ場合、彼が生きているのか半分百万取られた場合ラオス愛の頭の上に置きました。[44]嫪アイの支持者は捕らえられ、頭を下げられた。その後、嫪アイは馬車で縛られて5つに引き裂かれ、家族全員が3度処刑されました。[44] 2人の隠された息子も殺されたが、母親の趙智は何年も後に死ぬまで自宅軟禁された。呂不韋は紀元前235年に毒ワインを飲み、自殺しました。[1] [44]その後、始皇帝は秦国家の王として全権を握った。呂不韋に代わって、LiSiが新しい首相になりました。

最初に暗殺を試みた

荊軻始皇帝上の暗殺未遂。ジンケ(左)は秦始皇帝の医師の一人(左、背景)によって保持されています。暗殺未遂で使用された短剣が柱に刺さっているのが見られます。秦始皇帝(右)が翡翠の円盤を持っているのが見えます。彼の兵士の一人(右端)は彼の皇帝を救うために急いでいます。拓本; 3世紀、 漢東部

始皇帝と彼の軍隊は、さまざまな州を引き継ぎ続けました。燕の状態は小さく、弱く、兵士から頻繁に嫌がらせを受けていました。秦の状態にはマッチしませんでした。[3]だから、ヤンの皇太子ダンは物乞い、王鄭を取り除くために暗殺未遂をプロットした荊軻を227 BCでのミッションに行くことに。[33] [3] 荊軻を伴っていたカン・ウヤンプロットに。Dukangのマップとの切断頭部:それぞれがキング鄭への贈り物提示することになった桓キを。[3]

秦舞陽は最初に地図ケースの贈り物を提示しようとしましたが、恐怖に震え、それ以上王に向かって移動しませんでした。彼のパートナーは「上の目を設定したことがないことを説明しながら荊軻は、王に向かって前進を続け、天国の息子、彼は震えている理由です、」。ジンケは自分で両方の贈り物を提示しなければなりませんでした。[3]マップを展開しているときに、短剣が明らかになりました。王は引き返し、立ち上がったが、身を守るために剣を抜くのに苦労した。[3]当時、他の宮殿の役人は武器を運ぶことを許可されていませんでした。ジン・ケは王を刺そうとして王を追いかけましたが、逃しました。鄭王は刀を抜いて、ジンケの太ももを切りました。その後、ジン・ケは短剣を投げましたが、再び逃しました。王の剣で8つの傷を負ったジン・ケは、彼の試みが失敗したことに気づき、後で両方が殺されることを知っていました。[3]燕州は5年後に秦州に征服された。[3]

2回目の暗殺未遂

高漸離は、彼の死を復讐したかったジン・ケの親友でした。[46]有名なリュート奏者として、ある日、彼は始皇帝から楽器を演奏するように召喚された。過去に彼を知っていた宮殿の誰かが「これは高漸離です」と叫んだ。[47]そのような熟練した音楽家を殺すために身を引くことができなかったので、皇帝は彼の目を消すように命じた。[47]しかし、王は高漸離が彼の前で遊ぶことを許可した。[47]彼は演奏を賞賛し、高漸離に近づくことさえ許した。プロットの一部として、リュートは重い鉛片で固定されていました。彼はリュートを上げて王を殴った。彼は逃した、そして彼の暗殺の試みは失敗した。高漸離は後に処刑されました。[47]

中国の統一

秦の7つの戦争国家の統一

紀元前230年、始皇帝は戦国時代の最後のキャンペーンを解き放ち、残りの独立した王国を1つずつ征服しようと試みました。

秋に最初の状態であったハン(韓、時々の漢漢と区別するためにハン呼ば漢)、230 BCに。その後、秦は紀元前229年の自然災害を利用して、秦始皇帝が生まれた趙を侵略し、征服しました。[48] [49]彼は今、そこでの子供の人質としての彼の貧弱な扱いを復讐し、敵を探して殺した。

秦軍は状態征服趙を、228 BCでの北の国ヤンを、226 BCでの小さな状態魏を225紀元前に、そして最大の状態との最大の課題、チュー223 BCで、。[50]

紀元前222年、ヤンの最後の残党と王室が北東の遼東で捕らえられました。残った唯一の独立国は、現在、極東の気州であり、現在は山東半島です。恐ろしいことに、チーの若い王は彼の西の国境を守るために20万人を送りました。紀元前221年、秦軍は北から侵攻し、王を捕らえ、秦を併合しました。秦が中国を統一するために使用した戦略のいくつかは、貿易とコミュニケーション、通貨と言語を標準化することでした。

初めて、すべての中国の土地は1人の強力な支配者の下で統一されました。その同じ年に、王鄭は、自身が「始皇帝」(始皇帝、自称Shǐ始皇帝)、古い意味で、もはや王をし、今までのところ、古い周王朝の支配者の実績を上回りました。[51]皇帝は、和氏の壁を「伝国璽」として知られる帝国の印章にするよう命じた。「天からの委任を受けて、(天皇は)長く豊かな人生を送ることができるかもしれません」という言葉。(受命於天、既壽永昌)首相によって書かれた李斯、およびによってシール上に刻まれた日寿。封印は後に皇帝から皇帝へと何世代にもわたって受け継がれました。

南部では、ユエ族に対するキャンペーンという形での軍事的拡大が彼の治世中に続き、さまざまな地域が現在の広東省と今日のベトナムの一部に併合されました。[49]

行政改革

秦王朝とその行政区画の地図

戦国時代の政治的混乱の再発を回避するために、秦始皇帝と彼の首相李シロキサンは封建制を完全に廃止した。[49]帝国は、その後、36に分割したcommanderies(郡、JUNを後40以上commanderies)。[49]したがって、中国全体は行政単位に分割された:最初の司令部、次に郡(縣、西安)、町(鄉、西安)および百家族単位(里、、これは現代の地区にほぼ対応する)およびコミュニティ)。[52]このシステムは、緩い同盟と連邦を持っていた前の王朝とは異なっていた。[53]人々はもはやから人物ときのように、自分の本来の領域または以前の封建国家で識別することはできなかったチューは、「チュー者」と呼ばれていた(楚人、チューREN)。[52] [54]任命はその後、遺伝的権利ではなくメリットに基づいていた。[52]

経済改革

始皇帝と李Siを標準化することによって、経済的に中国を統一測定の中国語単位かかる重みとのような措置、通貨、及び長軸のカートを道路システム上の輸送を容易にします。[53]皇帝はまた、州間の貿易を改善するために、州を結ぶ道路と運河の広範なネットワークを開発した。[53]さまざまな州の通貨も、半両銭(半兩、BànLiǎng)に標準化されました。[52]おそらく最も重要なのは、中国語のスクリプトが統一されたことです。Li Siの下では、秦の状態の篆書体は、秦のスクリプト自体の中の異形を削除することによって標準化されました。その後、この新しく標準化されたスクリプトは、征服されたすべての地域で公式になり、すべての地域のスクリプトを廃止して、中国全体で1つの言語、1つの通信システムを形成しました。[52]

哲学

前の戦国時代は絶え間ない戦争の1つでしたが、自由思想の黄金時代とも考えられていました。[55]秦始皇帝は、儒教や他の哲学を含む諸子百家を排除した。[55] [56]中国の統一した後は、禁止された思考の他のすべての学校で、律法主義は、秦王朝の承認イデオロギーとなりました。[52]

李斯の扇動で、過去と彼の治世の回避の学者の比較に、213紀元前に始まり、始皇帝は、ほとんどの既存の注文燃焼するために本を占い、医学、農業、占星術上のものを除いて、そして秦の状態の歴史。[57]これは、廃止されたスクリプトの例を削除することにより、書記体系の進行中の改革を促進するという目的にも役立ちます。[58]所有歌の書籍歴史のクラシックは特に厳しく処罰されることになっていました。後のグランドヒストリアンの記録によると、翌年、秦始皇帝は禁じられた本を所有したために約460人の学者を生き埋めにした。[1] [57]皇帝の長男扶蘇は、この行為について彼を批判した。[59]

最近の研究は、「生きている儒教の学者の埋葬」が儒教の殉教者の伝説であることを示唆しています。むしろ、皇帝は彼らが彼をだましていることを発見した後、錬金術師のグループの殺害(坑ケン)を命じました。漢時代には、秦に忠実に仕えた儒教の学者たちは、その事件を利用して、失敗した王朝から距離を置いていました。孔安国(孔安國C 165 - 。。C 74 BC)、孔子の子孫は、錬金術師(方士なっfāngshìを儒教(儒に)RU)と失われた儒教の本の再発見の奇妙な話で殉教者伝説を絡め彼の先祖の家の破壊された壁の後ろ。[60]皇帝自身のライブラリは、まだ禁止さ冊のコピーを持っていたが、ときに、これらのほとんどは、後に破壊された翔ゆうの宮殿焼か咸陽を206紀元前に。[61]

秦始皇帝はまた、土、木、金属、火、水という5つの要素の理論に従いました。(五德終始說趙鄭の誕生要素は水であり、それは黒色と結びついています。また、周の前王朝の王家は、赤い色の火の力によって支配されていたと信じられていました。新しい秦王朝は、リストの次の要素である水によって支配されなければならず、黒で表されます。黒は衣服、旗、ペナントの色になりました。[1]他の協会には、主要な方向としての北、冬の季節、および6番目が含まれます。[62]タリーと公式の帽子は、長さが15センチメートル(5.9インチ)、馬車が幅2メートル(6.6フィート)、1ペース(0041 ; )が1.4メートル(4.6フィート)でした。[1]

3回目の暗殺未遂

紀元前230年、秦の州は漢の州を打ち負かしました。張梁という漢の貴族は秦の皇帝に復讐を誓った。彼はすべての貴重品を売り、紀元前218年に有力者の暗殺者を雇い、120ジン(約160ポンドまたは97 kg)の重金属コーンを作りました。[44]二人の男は、山を越えた皇帝のルートに沿って茂みの中に隠れた。信号で、筋肉の暗殺者は最初の馬車でコーンを投げつけて、それを粉砕しました。しかし、皇帝はまさにこの理由で2台の同じ馬車で旅行していたため、実際には2番目の馬車に乗っていました。したがって、試みは失敗しました。[63]両方の男性は、巨大なマンハントにもかかわらず逃げることができた。[44]

公共事業

万里の長城

秦は北と北西で遊牧民の部族と戦った。匈奴の部族は、このようにキャンペーンが疲れると失敗した、ともはや北部国境に侵入から匈奴を防ぐためにして、敗北し、征服されませんでした、皇帝は巨大な城壁の建設を命じました。[49] [64] [65]この壁は、その建設のために数十万人の兵士が動員され、未知の数が死亡したが、現在の万里の長城の前身である。それは、過去4世紀の間に建設された多数の州の壁、川の防御と通行不能な崖を結ぶ小さな壁のネットワークを接続していました。[66] [67]

始皇帝は、中央集権的な統治を課し、封建領主の復活を防ぐことを目的として、帝国を旧国家に分割していた壁の部分の破壊を命じました。しかし、北からの匈奴の人々に対して帝国を配置するために、彼は帝国の北の辺境に沿って残りの要塞を接続するために新しい壁の建設を命じました。「構築して先に進む」は、壁を構築する際の中心的な指針であり、中国人が恒久的に固定された国境を建てていなかったことを意味します。[68]建設に必要な大量の資材を輸送することは困難であったため、建設業者は常に地元の資源を使用しようとしました。山からの石は山脈の上で使用され、版築は平野での建設に使用されました。秦の壁の正確な長さとコースを示す生き残った歴史的記録はありません。古代の壁のほとんどは何世紀にもわたって侵食されており、今日残っているセクションはごくわずかです。建設の人件費は不明ですが、数十万人[69]、100万人までではないにしても、秦の壁の建設で労働者が死亡したと一部の著者は推定しています。[70] [71]

霊渠運河

(有名な中国南部の引用は「南に霊渠があり、北に大きな壁がある」だった北有長城、南有靈渠; Běiyǒu長城、nányǒulíngqú)。[72]紀元前214年、皇帝は軍隊に物資を輸送するための主要な運河のプロジェクトを開始した。[73]運河は、中国北部と南部の間の水輸送を可能にする。[73]管34キロメーターの長さで、リンク翔川に流れ込む揚子江と李江に流れ込み、パールリバー。[73]運河は、中国の2つの主要な水路を接続し、秦の南西への拡張を支援した。[73]建設は、万里の長城と四川省都 江堰灌漑システムである、古代中国の工学の3つの偉大な偉業の1つと見なされています。[73]

生命の秘薬

彼の人生の後半、秦始皇帝は死を恐れ、彼が永遠に生きることを可能にするであろう伝説の生命の秘薬を必死に求めました。彼は不死を獲得することに夢中になり、彼に想定される秘薬を提供した多くの人々の餌食になりました。[74]彼は不死を達成するために芝罘島を3回訪れた。[75]

あるケースでは、彼は送信され徐福船は、神秘的なの検索では、若い男性と女性の数百人を運ぶと、Zhifuの島民を、蓬莱の山。[63]彼らは、秦始皇帝が旅行中に出会ったと思われる1,000歳の魔術師、アンキ・シェンを見つけるために送られた。[76]これらの人々は、約束された秘薬なしで戻った場合、彼らは確実に処刑されることを知っていたためか、決して戻ってこなかった。伝説によれば、彼らは日本に到着し、植民地化したとのことです。[74]無駄で役に立たない文学と見なされる可能性のあるものの粛清である焚書が、部分的には、錬金術の探求に天皇の最高の学者の心を集中させる試みであった可能性もあります。処刑された学者の何人かは、彼らの超自然的な計画の証拠を提供することができなかった人々でした。これは彼らの能力をテストする究極の手段だったかもしれません:もしそれらのどれかが魔法の力を持っていれば、彼らは再び解放されたときにきっと生き返るでしょう。[77]皇帝は死と「悪霊」を恐れていたので、彼は労働者に彼の200以上の宮殿のそれぞれへの一連のトンネルと通路を建設させた。

秦始皇帝の帝国ツアー

紀元前211年、黄河下流のドンジュンに大きな流星が落ちたと言われています。それには、未知の人は言葉は、「始皇帝が死んでしまうと、彼の土地が分割されます」(内接始皇死而地分)。[78]皇帝はこれを聞いたとき、この予言を調査するために皇帝の秘書を送った。誰もその行為を自白することはなかったので、近くに住むすべての人々は死刑にされました。その後、石は粉砕されました。[31]

皇帝は、中国東部の5回目のツアー中に、平原人(山東省平原県)に到着した後、重病になり、紀元前210年9月10日(ユリウス暦)にシャキウ県(咸陽平台、シャキウピンタイ)の宮殿で亡くなりました。首都咸陽から車で約2ヶ月。[3] [79] [80]

秦始皇帝の死の原因はまだほとんどわかっていません。伝えられるところによると、彼は錬金術師と法廷医師によって作られた水銀の錠剤を摂取したために中国の錬金術エリクサー中毒で亡くなり、それが不死のエリクサーであると信じていました。[81]考えられる要因は、帝国を運営するストレスによる病気でした。[82]

第二皇帝の陰謀

皇帝の死後、彼に同行した李シロキサン首相は、彼の死のニュースが帝国での一般的な反乱を引き起こす可能性があることを非常に心配しました。[3]側近が首都に到着するのに2ヶ月かかり、蜂起を止めることはできません。Li Siは皇帝の死を隠し、咸陽に戻ることにしました。[3]天皇に同行した帝国の側近のほとんどは、天皇の死を知らなかった。父親と一緒に旅行していた幼い息子のYingHuhai、宦官のZhao Gao、Li Si、そして5、6人のお気に入りの宦官だけが死を知っていました。[3] Li Siはまた、腐った魚が入った2台のカートを天皇の荷馬車の直前と直後に運ぶように命じた。その背後にあるのは、夏のように体がひどく腐敗し始めた天皇の荷馬車から発せられる悪臭に人々が気付かないようにすることでした。[3]彼らはまた、誰も彼の顔を見ることができないように日陰を下ろし、毎日​​着替え、食べ物を持ってきて、彼が重要な会話をしなければならないとき、彼が彼らにメッセージを送りたいかのように振る舞った。[3]

最終的に、約2か月後、李シロキサンと宮廷は咸陽に到着し、そこで皇帝の死のニュースが発表されました。[3]秦始皇帝は自分の死について話すのが好きではなく、遺言を書いたことがありませんでした。彼の死後、長男扶蘇は通常次の皇帝になるでしょう。[83]

扶蘇の好きな将軍は蒙恬であり、扶蘇を嫌い[83]、恐れていたため、李シロキサンと宦官の 趙高は共謀して扶蘇を殺害した。蒙恬の兄、上級相はかつて趙高を罰した。[84]彼らは、扶蘇が即位した場合、彼らは力を失うだろうと信じていた。[83] LiSiとZhaoGaoは、秦始皇帝からの手紙を偽造し、扶蘇と孟将軍の両方が自殺しなければならないと述べた。[83]計画はうまくいき、次男胡海は後に秦胡亥または「第二世代秦」として知られる第二皇帝になった。[3]

しかし、胡亥は父親ほど能力がありませんでした。反乱はすぐに勃発した。彼の治世は極度の市民不安の時代であり、始皇帝によって建てられたすべてのものは短期間で崩壊しました。[49]即時の反乱の試みの1つは、陳勝と呉広が率いる紀元前209年のデイズビレッジ蜂起でした。[78]

以下は秦始皇帝の家族の一員です。

    • 秦の荘襄王
    • 皇后の母
  • 半兄弟:
    • 成蟜、別の母親からの正当な父方の異母兄弟[85]長安卿[42]
    • 趙姫と嫪アイに生まれた2人の非合法な母方の異母兄弟。
  • 子供達:
    • 扶蘇、皇太子(長男)[86]
    • ガオ
    • Jianglü
    • 胡亥、後秦胡亥(18番目の息子)[86]
    • (論争)イン、後に秦の王

秦始皇帝には約50人の子供(約30人の息子と15人の娘)がいましたが、彼らの名前のほとんどは不明です。彼には多数の側室がありましたが、皇后を指名したことは一度もないようでした。[87]

霊廟

兵馬俑

中国の歴史家司馬遷は、始皇帝の死後1世紀を経て、皇帝の霊廟を建設するのに70万人の男性が必要だったと書いています。英国の歴史家ジョンマンは、この数字は当時の世界のどの都市の人口よりも多いと指摘し、基礎は2年間で16,000人の男性によって建設された可能性があると計算しています。[88]司馬遷は兵馬俑について言及しなかったが、彫像は1974年3月29日に井戸を掘った農民のグループによって発見された。[89]兵士は一連の組み合わせの粘土型で作成され、さらに個別化された。アーティストの手によって。ハンパープルは一部の戦士にも使用されました。[90]約6,000人のテラコッタ戦士がおり、彼らの目的は来世の皇帝を悪霊から守ることでした。また、軍隊の中には戦車と40,000の本物の青銅の武器があります。[91]

兵馬俑大佐
始皇帝の霊廟を守るために意図された 現代の西安の近くで発見さ れた、テラコッタ軍からのいくつかのリアルなテラコッタ兵士の像

若い王が生きている間に達成した最初のプロジェクトの1つは、彼自身の墓の建設でした。紀元前215年、秦始皇帝は蒙恬将軍に30万人の支援を受けて建設を開始するよう命じました。[1]他の情報源は、彼が彼の仕様に従って彼の墓を建てるように72万人の無給の労働者に命じたことを示唆している。[39]繰り返しになりますが、当時の人口に関するジョンマンの観察(上記の段落を参照)を考えると、これらの歴史的推定は議論の余地があります。主な墓(北緯34度22分53 秒東経109度15分13秒に位置) / 北緯34.38139度東経109.25361度 / 34.38139; 109.25361)皇帝を収容することはまだ開かれておらず、それが比較的無傷のままであることを示唆する証拠があります。[92] 司馬遷墓のの記述は、宮殿や風光明媚な塔のレプリカ、 『珍しい道具と素晴らしいオブジェクト』、で作られた100本の河川が含ま水銀『の、表現天体を』、とクロスボウをしようとしたシュート誰にも不正破る。[93]墓はのふもとに建てられた驪山30キロ離れてから、西安。現代の考古学者は墓を見つけ、その奥深くにプローブを挿入しました。プローブは異常に大量の水銀を明らかにしました。これは自然発生率の約100倍であり、伝説のいくつかの部分が信頼できることを示唆しています。[81]墓を建てた労働者のほとんどが殺されたので、秘密は維持された。[81] [94]

歴史学

伝統的な中国の歴史学は、ほとんどの場合、中国の統一国家の始皇帝を暗殺を執拗に恐れた残忍な暴君として描写していました。秦の法学国家に対するイデオロギー的な反感は、儒教の哲学者荀子がそれを軽蔑した紀元前266年に確立されました。[要出典]後の儒教の歴史家は、古典を燃やし、儒教の学者を生かして埋めた皇帝を非難しました。彼らは最終的に彼の専制的な行動を強調するために秦論の10の犯罪のリストを編集しました。[95]

有名な漢の詩人と政治嘉義は、彼のエッセイを締結秦の障害(過秦論、郭秦LUN)秦の崩壊の理由の標準儒教の判断になることだったもので。修辞学と推論の傑作として賞賛されたJiaYiのエッセイは、2つの偉大な漢民族の歴史にコピーされ、儒教理論の古典的な例証として中国の政治思想に広範囲にわたる影響を及ぼしました。[96]彼は秦の崩壊をその内部の失敗に帰した。[97] JiaYiは次のように書いています。

秦は小さな基地から大国になり、土地を支配し、百奇数年の間すべての地区から敬意を表されました。しかし、彼らが土地を統一し、峠の中で身を守った後、それにもかかわらず、単一の一般的な素朴なものがこの帝国に挑戦することができました...なぜですか?支配者は人道性と正しさを欠いていたからです。なぜなら、権力の維持は権力の獲得とは根本的に異なるからです。[98]

より現代では、伝統的な中国の歴史学とは異なる始皇帝の歴史的評価が現れ始めました。再評価は、19世紀後半から20世紀初頭にかけての中国の弱さによって促進されました。当時、儒教の伝統を中国の近代世界への参入の障害と見なし始め、視点を変える道を開いた。

外国が中国の領土を侵略したとき、国民党の主要な歴史家シャオ・イシャンは、特に万里の長城の建設において、北部の野蛮人を撃退する際の秦始皇帝の役割を強調した。

もう一つの歴史家、馬Feibai(馬非百)、1941年にフルレングスの公表修正主義の権利を有する始皇帝の伝記秦始皇帝ShǐZhuànを秦始皇帝傳)、「中国の歴史の偉大な英雄の1」彼を呼び出します。馬は彼を現代の指導者蔣介石と比較し、彼が賞賛した2人の男性のキャリアと政策に多くの類似点を見ました。南京の新国民政府に直接先行した1920年代後半のチェンの北部探検は、秦始皇帝によってもたらされた統一と比較された。

共産主義革命の到来と1949年の新しい革命体制の確立により、始皇帝の別の再評価がマルクス主義批判として浮上した。秦始皇帝のこの新しい解釈は、一般的に伝統的な見方と現代的な見方の組み合わせでしたが、本質的に重要でした。これは、1955年9月に中国の歴史の公式調査としてまとめられた「中国完全な歴史」に例示されています。この作品は、始皇帝の統一と標準化に向けた主要なステップを、国や国民ではなく、支配グループと商人 階級の利益に対応するものとして説明し、その後の階級闘争の現れとしての彼の王朝の崩壊を説明しました。秦王朝の崩壊についての長年の議論もマルクス主義の言葉で説明され、農民の反乱は抑圧に対する反乱であり、王朝を弱体化させたが、「家主階級の要素」との妥協のために失敗するに違いなかった。

しかし、1972年以来、毛沢東主義の思想に従った始皇帝の根本的に異なる公式見解が中国全土で目立つようになりました。香港Shidiの伝記始皇帝は再評価を開始しました。この作品は、大衆のポピュラーヒストリーとして州の報道機関によって出版され、2年以内に185万部を売り上げました。新しい時代に、秦始皇帝は分裂の力を破壊し、過去を拒絶することによって中国の歴史の中で最初の統一された中央集権国家を確立した先見の明のある支配者として見られました。伝統的な歴史学で強調された、彼の不死の探求などの個人的な属性はほとんど言及されていませんでした。新しい評価は、彼の時代(大きな政治的および社会的変化の時代)に、「産業および商業奴隷所有者」の首相である呂不韋などの反革命者を粉砕するために暴力的な方法を使用することに反対する罪がなかったことを認めています。しかし、彼は本来あるべきほど徹底していないと批判され、その結果、彼の死後、趙高宦官の指導の下に隠された破壊者が権力を掌握し、それを使って古い封建秩序を回復することができました。

この再評価を締めくくるために、羅サイディングは、1974年のレッドフラッグ号の「秦と漢の間の階級闘争について」というタイトルの記事で、秦王朝の急激な崩壊の新しい解釈を提案しました。古い説明。新しい理論は、秦の崩壊の原因は、秦始皇帝の「反動派に対する独裁政権の欠如にあり、彼らが政治的権威の機関に侵入し、重要なポストを奪うことを許可する程度でさえ」と主張した。

毛沢東は知識人への迫害で罵倒されました。毛沢東は、初代皇帝と比較して、次のように自慢しました。

彼は460人の学者を生きたまま葬った。私たちは4万6千人の学者を生かして埋めました...あなた[知識人]は秦石黄であるために私たちを甦らせます。あなたは間違っている。私たちは秦始皇帝を100倍上回りました。あなたが彼の専制政治を模倣したことで私たちを非難するとき、私たちは喜んで同意します!あなたの間違いはあなたがそんなに十分に言わなかったということでした。[99]

トム・アンブローズは、秦始皇帝を「歴史上最初の警察国家」の創設者として特徴づけています。[100]

  • 「壁と本」(「La muralla y los libros」)、1952年のコレクションOther InquisitionsOtras Inquisiciones)でアルゼンチンの作家ホルヘルイスボルヘス(1899–1986)によって出版された秦始皇帝に関する絶賛されたエッセイ。[101]
  • 秦の始皇帝 [ ja ](1962)–この映画は、秦始皇帝を軍隊にルーツを持つ戦いに強い皇帝として描いています。[要出典]
  • リトルチャイナの大きな問題(1986)–秦始皇帝は、映画の主な悪役であるローパンを戦闘で打ち負かし、その後、幽霊として生きるように彼を罵倒したと言われています。映画のイベントは、呪いを解くためのローパンの試みを中心に展開しています。[102]
  • 皇帝の影(1996) -映画はミュージシャンとの始皇帝の関係に焦点を当て高漸離、暗殺者の友人荊軻。[103]
  • 始皇帝暗殺者(1999)–この映画は、始皇帝のキャリアの多くをカバーしており、人質としての彼の初期の経験を想起し、中国に対する彼の支配を予見しています。[104] [105]
  • ヒーロー(2002)–映画スターのジェット・リーは、秦の王(陳道明)の暗殺未遂を計画している無名の暗殺者です。この映画は、秦始皇帝に対するジン・ケの暗殺未遂を架空に再考したものです。[106]
  • 万里の長城の台頭(1986)–皇帝の誕生から死までの出来事を記録した63話の香港のテレビシリーズ。[107] トニー・リュウは秦始皇帝を演じた。
  • 過去への一歩(2001)–黄奕のSF小説を基にした香港のTVB制作。[108]
  • 秦始皇帝(2002)–中国本土のテレビシリーズ制作。それは彼の子供時代から彼の死までの皇帝の人生の半架空の物語を特徴とします。張豊毅は秦始皇帝として主演した。[109]
  • キングダム(2006)–始皇帝と李信、そして6つの戦国の征服に貢献したすべての人々による中国の統一についての架空の説明を提供する日本の漫画。
  • Fate / Grand Order(2015)は、Delightworksによって開発され、 Aniplexによって公開された、 Fateフランチャイズのオンラインで無料のロールプレイングモバイルゲームで、Rulerクラスの使用人としてQinShiHuangをフィーチャーしています。[110]
  • 初代皇帝:中国を作った男(2006)–秦始皇帝に関するドラマドキュメンタリースペシャル。ジェームズパックスは皇帝を演じた。2006年にイギリスのチャンネル4で上映されました。[111]
  • 中国の始皇帝(2008)–ヒストリーチャンネルによる特別な3時間のドキュメンタリー。徐鵬会は秦始皇帝を演じた。[112]
  • FiraxisGamesによって開発された2005年の4XビデオゲームCivilizationIVでは、秦始皇帝は中国の2人のプレイ可能なリーダーの1人であり、もう1人は毛沢東です。[113]
    • 秦始皇帝は後に、中国文明を再びリードするためにFiraxisGamesによって開発された2016年の4XビデオゲームCivilizationVIに再び登場します。[114] [115]

  • 焚書坑儒-はずのテキストの燃焼やライブ埋葬の儒教 学者皇帝によって行わ。
  • 風水とシャン犠牲-が提供する公式儀式天子。
  • Yíng(中国の名前) -秦王朝の王家の名前。
  • 秦(名前) -王朝に由来します。
  • ジン(韓国名) -上記の名前の韓国語の解釈。
  • 秦氏-上記の名前の日本語の読み。
  • 孟姜淑女-万里の長城の一部を倒した夫のために大泣きした女性の話。
  • 秦皇島-皇帝にちなんで名付けられた河北省の都市。

  1. ^ a b c d e f g h i j ウッド、フランシス。(2008)。中国の最初の皇帝と彼のテラコッタ戦士、pp。2–33。マクミラン出版、2008年ISBN  0-312-38112-3。
  2. ^ a b Duiker、William J.&al。世界史:第1巻:1800年まで、第5版、p。78.トムソン高等教育出版、2006年。 ISBN  0-495-05053-9。
  3. ^ bはCのDのE 、F 、G 、H 、I 、J 、KとL m個のN 、O 、P 司馬遷。ドーソン、レイモンドスタンリー。Brashier、KE(2007)。始皇帝:歴史的記録からの選択。オックスフォード大学出版局。 ISBN  0-19-922634-2、978-0-19-922634-4。pp。15–20、82、99。
  4. ^ a b 司馬遷、ウィリアム・ニーンハウザー・ジュニア他訳。グランドスクリーブのレコード、巻。1漢前中国の基本年報、p。127。インディアナ大学 プレス(ブルーミントン)、1994年。 ISBN  0-253-34021-7。2013年12月25日にアクセス。
  5. ^ B 司马迁[司馬遷]。《史记》 [始皇帝の記録]、秦始皇本纪第六["§6:秦の始皇帝の年表"]。2003年に國學網[Guoxue.com]でホストされました。2013年12月25日にアクセスされました。(中国語)
  6. ^ 簡体字中国語では、及生、名是政、姓赵氏[5]
  7. ^ a b 司馬遷、ウィリアム・ニーンハウザー・ジュニア他訳。グランドスクリーブのレコード、巻。V.1漢前中国の遺伝的家屋、パートI、p。439。インディアナ大学 プレス(ブルーミントン)、1994年。 ISBN 0-253-34025-X. Accessed 25 December 2013.
  8. ^ See, e.g., Nienhauser's gloss of the name Zhao Zheng (n. 579).[7]
  9. ^ Sima Qian translated by William Nienhauser Jr. & al. as The Grand Scribe's Records, Vol. 1 The Basic Annals of Pre-Han China, isaacthekidRS123 p. 123.
  10. ^ Sima Qian. 《史记》 [Records of the Grand Historian], 秦本纪第五 ["§5: Basic Annals of Qin"]. Hosted at 國學網 [Guoxue.com], 2003. Accessed 25 December 2013. (in Chinese)
  11. ^ a b c Wilkinson, Endymion. Chinese History: A Manual, pp. 108 ff. Harvard University Press (Cambridge), 2000. ISBN 0-674-00247-4. Accessed 26 December 2013.
  12. ^ Luo Zhewen & al. The Great Wall, p. 23. McGraw-Hill, 1981. ISBN 0-07-070745-6.
  13. ^ Fowler, Jeaneane D. An Introduction to the Philosophy and Religion of Taoism: Pathways to Immortality, p. 132. Sussex Academic Press, 2005. ISBN 1-84519-086-6.
  14. ^ 司马迁 [Sima Qian]. 《史记》 [Records of the Grand Historian], 秦本纪第五 ["§5: Basic Annals of Qin"]. Hosted at 维基文库 [Chinese Wikisource], 2012. Accessed 27 December 2013. (in Chinese)
  15. ^ Hardy, Grant & al. The Establishment of the Han Empire and Imperial China, p. 10. Greenwood Publishing Group, 2005. ISBN 0-313-32588-X.
  16. ^ Emerson, John. Haquelebac: "Edward Schafer, Part I: Mixed Feelings". 20 April 2010. Accessed 26 December 2013.
  17. ^ Major, John. Heaven and Earth in Early Han Thought: Chapters Three, Four, and Five of the Huainanzi, p. 18. SUNY Press (New York), 1993. Accessed 26 December 2013.
  18. ^ Kern, Martin. "The stele inscriptions of Ch‘in Shih-huang: text and ritual in early Chinese imperial representation". American Oriental Society, 2000.
  19. ^ a b Creel, Herrlee G. The Origins of Statecraft in China, pp. 495 ff. University of Chicago Press (Chicago), 1970. Op. cit. Chang, Ruth. "Understanding Di and Tian: Deity and Heaven from Shang to Tang Dynasties", pp. 13–14. Sino-Platonic Papers, No. 108. Sept. 2000. Accessed 27 December 2013.
  20. ^ While the specific title was new, also note the use of 皇天上帝 ("August Heaven Shangdi"), a conflation of the Zhou and Shang gods by the Duke of Zhou used in his addresses to the conquered Shang peoples.[19]
  21. ^ Lewis, Mark. The Early Chinese Empires: Qin and Han, p. 52. Belknap Press (Cambridge), 2009. ISBN 978-0-674-02477-9. Accessed 27 December 2013.
  22. ^ Chang, "Understanding Di and Tian", 4–9.
  23. ^ 司马迁 [Sima Qian]. 《史记》 [Records of the Grand Historian], 秦始皇本纪第六 ["§6: Basic Annals of the First Emperor of Qin"]. Hosted at 维基文库 [Chinese Wikisource], 2012. Accessed 27 December 2013. (in Chinese)
  24. ^ a b Beck, B.J. Mansvelt. "The First Emperor's Taboo Character and the Three Day Reign of King Xiaowen: Two Moot Points Raised by the Qin Chronicle Unearthed in Shuihudi in 1975". T‘oung Pao 2nd Series, Vol. 73, No. 1/3 (1987), p. 69.
  25. ^ That both were forbidden has been the general understanding of historians but Beck cites numerous sources from the era employing the latter character in support of the argument that it was not forbidden until the reign of the Second Emperor.[24]
  26. ^ His father's name 子楚 also became taboo, prompting references to Chu to be replaced by its original name "Jing" ().[24]
  27. ^ a b Baxter, William & al. Baxter–Sagart Old Chinese Reconstruction Archived 25 April 2012 at the Wayback Machine. 2011. Accessed 26 December 2013.
  28. ^ 《汉典》 [Chinese Dictionary]. "我 [1]". Accessed 26 December 2013. (in Chinese)
  29. ^ This eventually prompted the development of the current pronoun (, "I") from an earlier word meaning "body",[28] in the sense of referencing oneself as "this [worthless] body" in conversation.
  30. ^ 《漢典》. "陛". 2013. Accessed 27 December 2013. (in Chinese)
  31. ^ a b c Ssu-Ma Ch'ien. Burton Watson (trans.) Records of the Grand Historian: Qin Dynasty 3rd ed, pp. 35 & 59. Columbia University Press (New York), 1996. ISBN 0-231-08169-3.
  32. ^ 史記: 三家註 (in Chinese). 朔雪寒. p. 149.
  33. ^ a b Ren Changhong & al. Rise and Fall of the Qin Dynasty. Asiapac Books PTE Ltd., 2000. ISBN 981-229-172-5.
  34. ^ a b Huang, Ray. China: A Macro History Edition: 2, revised. (1987). M.E. Sharpe publishing. ISBN 1-56324-730-5, 978-1-56324-730-9. p. 32.
  35. ^ Lü, Buwei. Translated by Knoblock, John. Riegel, Jeffrey. The Annals of Lü Buwei: Lü Shi Chun Qiu : a Complete Translation and Study. (2000). Stanford University Press. ISBN 0-8047-3354-6, 978-0-8047-3354-0.
  36. ^ Bodde (1987:42–43, 95)
  37. ^ The Annals of Lü Buwei. Knoblock, John and Riegel, Jeffrey Trans. Stanford University Press. 2001. ISBN 978-0-8047-3354-0.CS1 maint: others (link) p. 9
  38. ^ Bodde (1987:43)
  39. ^ a b Donn, Lin. Donn, Don. Ancient China. (2003). Social Studies School Service. Social Studies. ISBN 1-56004-163-3, 978-1-56004-163-4. p. 49.
  40. ^ "Emperor Qin Shi Huang, First Emperor of China, Shi Huangdi of Qin Dynasty". www.travelchinaguide.com. Retrieved 2 February 2017.
  41. ^ Pancella, Peggy (1 August 2003). Qin Shi Huangdi: First Emperor of China. Heinemann-Raintree Library. ISBN 978-1-4034-3704-4.
  42. ^ a b 司馬遷《史記·卷043·趙世家》:(赵悼襄王)六年,封长安君以饶。
  43. ^ Records of the Grand Historian Chapter – Qin Shi Huang: 八年,王弟长安君成蟜将军击赵,反,死屯留,军吏皆斩死,迁其 民於临洮。将军壁死,卒屯留、蒲鶮反,戮其尸。河鱼大上,轻车重马东就食。 《史记 秦始皇》
  44. ^ a b c d e f g h i Mah, Adeline Yen. (2003). A Thousand Pieces of Gold: Growing Up Through China's Proverbs. Published by HarperCollins. ISBN 0-06-000641-2, 978-0-06-000641-9. pp. 32–34.
  45. ^ The Records of the Grand Historian, Vol. 6: Annals of Qin Shi Huang. [2] The 9th year of Qin Shi Huang. 王知之,令相國昌平君、昌文君發卒攻毐。戰咸陽,斬首數百,皆拜爵,及宦者皆在戰中,亦拜爵一級。毐等敗走。
  46. ^ Elizabeth, Jean. Ward, Laureate. (2008). The Songs and Ballads of Li He Chang. ISBN 1-4357-1867-4, 978-1-4357-1867-8. p. 51
  47. ^ a b c d Wu, Hung. The Wu Liang Shrine: The Ideology of Early Chinese Pictorial Art. Stanford University Press, 1989. ISBN 0-8047-1529-7, 978-0-8047-1529-4. p. 326.
  48. ^ Hk.chiculture.net. "HKChinese culture." 破趙逼燕. Retrieved on 18 January 2009.
  49. ^ a b c d e f Haw, Stephen G. (2007). Beijing a Concise History. Routledge. ISBN 978-0-415-39906-7. pp. 22–23.
  50. ^ Sima Qian: The First Emperor. Tr. by Raymond Dawson. Oxford University Press. Edition 2007, Chronology, p. xxxix
  51. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. Sutton Publishing. ISBN 0-7509-3959-1. pp. 82, 102–03, 131, 134.
  52. ^ a b c d e f Chang, Chun-shu (2007), The rise of the Chinese Empire, 1: Nation, State, and Imperialism in Early Chinac ca. 1600 BC–8 AD, University of Michigan Press, pp. 43–44, ISBN 978-0-472-11533-4
  53. ^ a b c Veeck, Gregory. Pannell, Clifton W. (2007). China's Geography: Globalization and the Dynamics of Political, Economic, and Social Change. Rowman & Littlefield publishing. ISBN 0-7425-5402-3, 978-0-7425-5402-3. pp. 57–58.
  54. ^ The source also mentions ch'ien-shou was the new name of the Qin people. The may be the Wade-Giles romanization of (秦受, Qín shòu) "subjects of the Qin empire".
  55. ^ a b Goldman, Merle. (1981). China's Intellectuals: Advise and Dissent. Harvard University Press. ISBN 0-674-11970-3, 978-0-674-11970-3. p. 85.
  56. ^ Chaurasia, Radhey Shyam. (2004). History of Modern China. Atlantic Publishers & Distributors. ISBN 81-269-0315-5, 978-81-269-0315-3. p. 317.
  57. ^ a b Li-Hsiang Lisa Rosenlee. Ames, Roger T. (2006). Confucianism and Women: A Philosophical Interpretation. SUNY Press. ISBN 0-7914-6749-X, 978-0-7914-6749-7. p. 25.
  58. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. p. 131.
  59. ^ Twitchett, Denis. Fairbank, John King. Loewe, Michael. The Cambridge History of China: The Ch‘in and Han Empires 221 B.C.–A.D. 220. Edition: 3. Cambridge University Press, 1986. ISBN 0-521-24327-0, 978-0-521-24327-8. p. 71.
  60. ^ Neininger, Ulrich, Burying the Scholars Alive: On the Origin of a Confucian Martyrs’ Legend, Nation and Mythology (in East Asian Civilizations. New Attempts at Understanding Traditions), vol. 2, 1983, eds. Wolfram Eberhard et al., pp. 121–36. ISBN 3-88676-041-3. http://www.ulrichneininger.de/?p=461
  61. ^ From Records of the Grand Historian, translated by Raymond Dawson in Sima Qian: The First Emperor. Oxford University Press, ed. 2007, pp. 74–75, 119, 148–49
  62. ^ Murowchick, Robert E. (1994). China: Ancient Culture, Modern Land. University of Oklahoma Press, 1994. ISBN 0-8061-2683-3, 978-0-8061-2683-8. p. 105.
  63. ^ a b Wintle, Justin Wintle. (2002). China. Rough Guides Publishing. ISBN 1-85828-764-2, 978-1-85828-764-5. pp. 61, 71.
  64. ^ Li, Xiaobing. (2007). A History of the Modern Chinese Army. University Press of Kentucky, 2007. ISBN 0-8131-2438-7, 978-0-8131-2438-4. p. 16
  65. ^ Grousset, Rene (1970). The Empire of the Steppes. Rutgers University Press. pp. 26–27. ISBN 978-0-8135-1304-1.
  66. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. pp. 102–03.
  67. ^ Huang, Ray. (1997). China: A Macro History. Edition: 2, revised, illustrated. M.E. Sharpe publishing. ISBN 1-56324-731-3, 978-1-56324-731-6. p. 44
  68. ^ Burbank, Jane; Cooper, Frederick (2010). Empires in World History: Power and the Politics of Difference. Princeton, New Jersey: Princeton University Press. p. 45.
  69. ^ Slavicek, Louise Chipley; Mitchell, George J.; Matray, James I. (2005). The Great Wall of China. Infobase Publishing. p. 35. ISBN 978-0-7910-8019-1.
  70. ^ Evans, Thammy (2006). Great Wall of China: Beijing & Northern China. Bradt Travel Guide. Bradt Travel Guides. p. 3. ISBN 978-1-84162-158-6
  71. ^ "Defense and Cost of The Great Wall". Paul and Bernice Noll's Window on the World. p. 3. Retrieved 26 July 2011.
  72. ^ Sina.com. "Sina.com." 秦代三大水利工程之一:灵渠. Retrieved on 2 February 2009.
  73. ^ a b c d e Mayhew, Bradley. Miller, Korina. English, Alex. South-West China: lively Yunnan and its exotic neighbours. Lonely Planet. ISBN 1-86450-370-X, 978-1-86450-370-8. p. 222.
  74. ^ a b Ong, Siew Chey. Marshall Cavendish. (2006). China Condensed: 5000 Years of History & Culture. ISBN 981-261-067-7, 978-981-261-067-6. p. 17.
  75. ^ Aikman, David. (2006). Qi. Publishing Group. ISBN 0-8054-3293-0, 978-0-8054-3293-0. p. 91.
  76. ^ Fabrizio Pregadio. The Encyclopedia of Taoism. London: Routledge, 2008: 199
  77. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. pp. 131, 134.
  78. ^ a b Liang, Yuansheng. (2007). The Legitimation of New Orders: Case Studies in World History. Chinese University Press. ISBN 962-996-239-X, 978-962-996-239-5. p. 5.
  79. ^ O'Hagan Muqian Luo, Paul. (2006). 讀名人小傳學英文: famous people. 寂天文化. publishing. ISBN 986-184-045-1, 978-986-184-045-1. p. 16.
  80. ^ Xinhuanet.com. "" 中國考古簡訊:秦始皇去世地沙丘平臺遺跡尚存. Archived 18 March 2009 at the Wayback Machine Xinhuanet. Retrieved on 28 January 2009.
  81. ^ a b c Wright, David Curtis (2001). The History of China. Greenwood Publishing Group. p. 49. ISBN 978-0-313-30940-3.
  82. ^ Barme, Geremie R. (2009). "China's Flat Earth: History and 8 August 2008". The China Quarterly. 197: 64–86. doi:10.1017/S0305741009000046. hdl:1885/52104. ISSN 0305-7410.
  83. ^ a b c d Tung, Douglas S. Tung, Kenneth. (2003). More Than 36 Stratagems: A Systematic Classification Based On Basic Behaviours. Trafford Publishing. ISBN 1-4120-0674-0, 978-1-4120-0674-3.
  84. ^ Sima Qian: The First Emperor. Tr. Raymond Dawson. Oxford University Press. Edition 2007. p. 54
  85. ^ "史記/卷006 – 維基文庫,自由的圖書館". zh.wikisource.org.
  86. ^ a b 《史记·高祖本纪》司马贞《索隐》写道:“《善文》称隐士云赵高为二世杀十七兄而立今王,则二世是第十八子也。”
  87. ^ 张文立:《秦始皇帝评传》,陕西人民教育出版社,1996,第325~326页。
  88. ^ Man, John. The Terracotta Army, Bantam Press 2007 p. 125. ISBN 978-0-593-05929-6.
  89. ^ Huang, Ray. (1997). China: A Macro History. Edition: 2, revised, illustrated. M.E. Sharpe publishing. ISBN 1-56324-731-3, 978-1-56324-731-6. p. 37
  90. ^ Thieme, C. 2001. (translated by M. Will) Paint Layers and Pigments on the Terracotta Army: A Comparison with Other Cultures of Antiquity. In: W. Yongqi, Z. Tinghao, M. Petzet, E. Emmerling and C. Blänsdorf (eds.) The Polychromy of Antique Sculptures and the Terracotta Army of the First Chinese Emperor: Studies on Materials, Painting Techniques and Conservation. Monuments and Sites III. Paris: ICOMOS, 52–57.
  91. ^ Portal, Jane. "The First Emperor: China's Terra Cotta Army. Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press, 2007.
  92. ^ Jane Portal and Qingbo Duan, The First Emperor: China's Terracotta Arm, British Museum Press, 2007, p. 207.
  93. ^ Man, John. The Terracotta Army, Bantam Press 2007 p. 170. ISBN 978-0-593-05929-6.
  94. ^ Leffman, David. Lewis, Simon. Atiyah, Jeremy. Meyer, Mike. Lunt, Susie. (2003). China. Edition: 3, illustrated. Rough Guides publishing. ISBN 1-84353-019-8, 978-1-84353-019-0. p. 290.
  95. ^ Ærenlund Sørensen, “How the First Emperor Unified the Minds Of Contemporary Historians: The Inadequate Source Criticism in Modern Historical Works About The Chinese Bronze Age.” Monumenta Serica, vol. 58, 2010, pp. 1–30. online
  96. ^ Loewe, Michael. Twitchett, Denis. (1986). The Cambridge History of China: Volume I: the Ch‘in and Han Empires, 221 B.C. – A.D. 220. Cambridge University Press. ISBN 0-521-24327-0.
  97. ^ Julia Lovell, (2006). The Great Wall: China Against the World, 1000 BC–AD 2000. Grove Press. ISBN 0-8021-1814-3, 978-0-8021-1814-1. p. 65.
  98. ^ Sources of Chinese Tradition: Volume 1, From Earliest Times to 1600. Compiled by Wing-tsit Chan and Joseph Adler. Columbia University Press. 2000. p. 230. ISBN 978-0-231-51798-0.CS1 maint: others (link)
  99. ^ Mao Zedong sixiang wan sui! (1969), p. 195. Referenced in Governing China (2nd ed.) by Kenneth Lieberthal (2004).
  100. ^ Ambrose, Tom (2010). The Nature of Despotism: From Caligula to Mugabe, the Making of Tyrants. New Holland. p. 20. ISBN 978-1-84773-070-1. Retrieved 20 August 2016. Qin Shi Huang [...] who unified China between 221 and 210 BC [...] established the first police state in history [...].
  101. ^ Southerncrossreview.org. "Southerncrossreview.org." "The Wall and the Books". Retrieved on 2 February 2009.
  102. ^ "About the film – frequently asked questions".
  103. ^ NYTimes.com. "NYtimes.com." Film review. Retrieved on 2 February 2009.
  104. ^ "IMDb-162866." Emperor and the Assassin. Retrieved on 2 February 2009.
  105. ^ "The battle for the Palm d'Or". BBC News. 17 May 1999. Retrieved 8 November 2016.
  106. ^ ""Hero" – Zhang Yimou (2002)". The Film Sufi.
  107. ^ Sina.com. "Sina.com.cn." 历史剧:正史侠说. Retrieved on 2 February 2009.
  108. ^ TVB. "TVB Archived 2009-02-07 at the Wayback Machine." A Step to the Past TVB. Retrieved on 2 February 2009.
  109. ^ CCTV. "CCTV ." List the 30 episode series. Retrieved on 2 February 2009.
  110. ^ "Fate/Grand Order 4th Anniversary Event "Fate/Grand Order Fes 2019 ~Chaldea Park~" [Event Report Vol. 1]". Tokyo Otaku Mode News. Retrieved 30 September 2019.
  111. ^ "DocumentaryStorm". Archived from the original on 10 August 2010.
  112. ^ Historychannel.com. "Historychannel.com Archived 2008-06-18 at archive.today." China's First emperor. Retrieved on 2 February 2009.
  113. ^ Gamefaqs.com. "Gamefaqs-165." Civilization IV. Retrieved on 3 February 2009.
  114. ^ "Civilization VI: Qin Shi Huang Leads China". Official Civilization Website. 19 July 2016. Retrieved 27 August 2016.
  115. ^ "Emperor Qin will build a great wall as China's leader in 'Civilization VI'". Digital Trends. 19 July 2016. Retrieved 24 August 2016.

  • Bodde, Derk (1986). "The State and Empire of Ch'in". In Twitchett, Dennis; Loewe, Michael (eds.). The Cambridge History of China, Volume 1: The Ch'in and Han Empires, 221 BC–AD 220. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-24327-8.
  • Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. Sutton Publishing. ISBN 978-0-7509-3960-7.
  • Cotterell, Arthur (1981). The first emperor of China: the greatest archeological find of our time. New York: Holt, Rinehart, and Winston. ISBN 978-0-03-059889-0.
  • Guisso, R.W.L.; Pagani, Catherine; Miller, David (1989). The first emperor of China. New York: Birch Lane Press. ISBN 978-1-55972-016-8.
  • Lewis, Mark Edward. The Early Chinese Empires: Qin and Han (Harvard UP, 2007) excerpt
  • Yu-ning, Li, ed. (1975). The First Emperor of China. White Plains, NY: International Arts and Sciences Press. ISBN 978-0-87332-067-2.
  • Portal, Jane (2007). The First Emperor, China's Terracotta Army. British Museum Press. ISBN 978-1-932543-26-1.
  • Sørensen, Ærenlund. “How the First Emperor Unified the Minds of Contemporary Historians: The Inadequate Source Criticism in Modern Historical Works about the Chinese Bronze Age.” Monumenta Serica, vol. 58, 2010, pp. 1–30. online.

Primary sources

  • Qian, Sima (1961). Records of the Grand Historian: Qin dynasty. Burton Watson, trans. New York: Columbia Univ. Press.
  • Yap, Joseph P (2009). Wars With the Xiongnu, A Translation From Zizhi tongjian. AuthorHouse. ISBN 978-1-4490-0604-4.

Quotations related to Qin Shi Huang at Wikiquote