プロデュース101ジャパンは、2019年の日本のリアリティ番組であり、韓国のテレビシリーズプロデュース101のスピンオフです。ショーは、11人のメンバーのボーイバンドを制作することを意図して101人の研修生をフォローしました。メンバー、グループ名、コンセプトは、「全国プロデューサー」と呼ばれる視聴者によって選ばれました。このシリーズは、吉本興業CJ E&Mの共同制作として、2019年4月に最初に発表され、2019年9月25日に初公開され、最初と最後のエピソードがTBSで放映され、全シリーズがGyaOでストリーミングされました2019年9月26日から。

2019年4月、吉本興業CJ E&Mは、2020年に世界の音楽市場向けに11人のボーイバンドをデビューさせることを目的として、日本版のプロデュース101 リアリティコンペティションショーを共同制作すると発表しました。[1] [2]ショーから作成されたグループは永続的であり、LaponeEntertainmentによって処理されます。[3]ショーのオーディションは、2019年4月11日から5月31日まで、タレントエージェンシーに縛られていない16〜30歳の日本人男性居住者を対象に行われました。[4] [5]追加の試験が2019年6月と7月に開催されました。[1]2019年9月3日、テーマソング「ツカメ(It's Coming)」で、合計6,000人がオーディションを受け、101名の研修生全員が披露されました。[6]ショーが放映される前に、2人の競技者が脱落し、99人の研修生がショーに参加することになりました。[6]出場者の秦ケニアは、番組が放送される前にシリーズから脱落した。

日本に戻る前に、韓国坡州でいくつかのエピソードが撮影されました。[7]研修生のメンターは、菅井秀憲と安倉さやかがボーカルインストラクターを務めている。ダンスインストラクターとしてのA-nonとWarner。ラップインストラクターとしてサイプレス上野とボーズ。[8] 1999年にアサヤンタレントコンペティションシリーズを主催したお笑いコンビ99の矢部英之と奥村貴史がMCを務めた。[6]シリーズは2019年9月25日にTBSとGyaOで初公開されました!2019年9月26日、合計12話。GyaOがシリーズ全体をストリーミングしている間、最初と最後のエピソードだけがTBSで放送されました。[6]

Mnetの投票操作調査に照らして、制作委員会は2019年11月に、韓国の制作チームとは提携しておらず、第三者の弁護士グループによって投票が分析された別個の投票システムを持っていると述べました。[9]韓国の出場者であるキム・ヒチョン、キム・ヨンドン、ジョン・ヨンフンが去った後、制作委員会は、出場者が日本に住んでいたため、ショーの資格があることを説明する声明を発表した。時間、そして彼らの義務的な兵役は彼らが去った理由ではなかった。さらに、ソーシャルメディアで出場者に関する悪意のある噂を広めないように視聴者に公式の警告を発しました。[10]

最終グループのメンバーを決定した上位11名の出場者は、プロデュース101 Japan GyaO!での人気オンライン投票によって選ばれました。ホームページと聴衆のライブ投票。結果は各エピソードの終わりに示されました。

1回目と2回目の投票期間中、視聴者は投票ごとに11人の研修生を選択することができました。第3ラウンドでは、システムが1票あたり2名の研修生に変更され、 SoftbankLineFriendからの票が追加されました。最終ラウンドでは、システムは投票ごとに1人の研修生に変更され、ライブオンライン投票が追加されました。