ピエロ・デラ・フランチェスカ

Hashtags #ピエロ・デラ・フランチェスカ

ピエロ・デラ・フランチェスカバイオグラフィーet批評と解釈

ピエロ・デラ・フランチェスカ/ ˌ PのJ ɛər ˌ D ɛ L ə F R æ N ɛ S K ə / [2] また、 US/ - F Rのɑː N - / [3] [4] イタリア:  [pjɛːroデラfrantʃeska] 聞くこの音について ; C。 1415 [1] - 1492年10月12日)、元々名前ピエロジベネデット、だったイタリアの画家初期ルネサンス。同時代の人には、彼は数学者および幾何学者としても知られていました。[5]現在、ピエロ・デラ・フランチェスカは主に彼の芸術で高く評価されています。彼の絵は、その穏やかなヒューマニズム、幾何学的な形と遠近法の使用によって特徴付けられます。彼の最も有名な作品は、トスカーナのアレッツォの町にあるサン フランチェスコ教会のフレスコ画「聖十字架伝説」サイクルです。

復活C。 1463年から1465年

早い時期

ピエロはの町にピエロ・ディベネデットに生まれたボルゴサントセポルクロ[1] [6]現代トスカーナベネデット・デ・フランチェスキ、商人、そしてロマーナ・ディペリーノ・ダへ、モンテルキ、フィレンツェとトスカーナのフランチェスキ貴族のメンバー. 彼の父は彼の出生前に死亡した、と彼はどのように似て(フランチェスキファミリーに起因する彼女の結婚に「ラ・フランチェスカ」と呼ばれた人、彼の母親の後にピエロ・デッラ・フランチェスカと呼ばれていたリサ・ゲラルディーニが彼女を通じて「ラ・ジョコンダ」として知られるようになりましたジョコンド家に嫁ぐ)。ロマーナは、数学と芸術の教育を支援しました。[6]

支払いに関する文書で、彼が月1438 1432年にアントニオと協力したことが注目されているため、彼はおそらく、地元の画家アントニオ・ディ・ジョヴァンニ・ドールアンギアリに弟子入りした[7] [8]彼は確かにの仕事に注目しました若い頃にサンセポルクロで活躍したシエナ派のアーティスト。例えばサセッタ。1439 年、ピエロはドメニコ・ヴェネツィアーノと共に、現在失われているフィレンツェのサンテジディオ教会のフレスコ画の制作費を受け取りました。フィレンツェで、彼はフラ・アンジェリコルカ・デッラ・ロッビアドナテッロブルネレスキなどの一流の巨匠に会ったに違いありません。マサッチオのフレスコ画の古典主義とサンタ マリア デル カルミネの荘厳な人物像は、彼にとって重要なインスピレーションの源でした。ピエロの文書化されていない作品との出会いは、彼のスタイルが何年にもわたって発展していないように見えるため、困難です。

成熟した作品

ピエロは 1442 年に故郷に戻り、サンセポルクロの市議会議員に選出されました。[9]は三年後、彼はペイントする、彼の最初の任務を受けたマドンナデッラミゼリコルディアの祭壇画をサンセポルクロ、中ミゼリコルディア教会のために[9]早い1460sに完成しました。1449 年、彼はエステンセ城とフェラーラのサンタンドレア教会でいくつかのフレスコ画を制作しましたが、現在も失われています。彼の影響は、後のコズメ・トゥーラのフェラレーゼ all all all話作品で特に強かった。

現在ロンドンのナショナル ギャラリーにあるキリストバプテスマは、サンセポルクロの S. ジョバンニ バッティスタ修道院教会の高祭壇のために 1450 年頃に完成しました。その他の注目すべき作品はフレスコ画のある復活サンセポルクロであり、マドンナ・デル・partoでモンテルキサンセポルクロの近くに、。

聖ジギスムントの前にknee kneeくシジスモンド・パンドルフォ・マラテスタ(1451年)

2 年後、彼はリミニにいて、コンドッティエロ シジスモンド パンドルフォ マラテスタで働いていました。1451において、その滞在中に、彼は有名なフレスコ実行セントジギスムントとシジスモンド・パンドルフォ・マレーツタ[9]にマラテスティアーノ寺院、ならびにSigismondoのの肖像画。リミニでは、ピエロはテンピオ・マラテスティアーノを再設計した有名なルネッサンスの数学者で建築家のレオン・バッティスタ・アルベルティに会った可能性がありますが、アルベルティは建築監督との通信によって教会の設計の実行を指示したことが知られています. その後、ピエロはアンコーナ、ペーザロ、ボローニャで活躍しました。

1454 年に、彼はサンセポルクロのサンタゴスティーノ教会で聖アウグスティヌスポリプティクの契約を結びました。この多翼祭壇画の中央のパネルは失われ、聖人を表現した翼の 4 つのパネルは現在、世界中に散らばっています。数年後、教皇ニコラウス 5 ​​世に呼び出され、彼はローマに移り、サンタ マリア マッジョーレ大聖堂のフレスコ画を制作しましたが、その断片だけが残っています。2年後、彼は教皇の首都に戻り、バチカン宮殿のフレスコ画を描いたが、その後破壊された.

聖十字架伝説: シバの女王とソロモン王の出会い

アレッツォのサン フランチェスコのフレスコ画

1452年、ピエロ・デッラ・フランチェスカは、ビッチ・ディ・ロレンツォの代わりにサン・フランチェスコ大聖堂のフレスコ画を描くためにアレッツォに呼ばれました。作品は 1464 年に完成しました。[10]フレスコ画の真の十字架のサイクルの歴史は、一般的に彼の傑作と一般的なルネサンス絵画のそれらと見なされます。これらのフレスコ画の物語は、真の十字架の木材遺物がどのように発見されたかについての伝説的な中世の情報源に由来しています。[10]これらの物語は、中に集めた黄金伝説のヤコポ・ダヴァラッツェ(ヤコポ・ダVaragine、13世紀半ばの)。[11]

ウルビーノでのピエロの活動

ある時点で、ジョバンニ・サンティはピエロをウルビーノに招待しました。[12] 1469 年から 1486 年の間、ピエロはフェデリコ 3 世ダ モンテフェルトロ伯爵(1474 年公爵) に仕えるために繰り返し働いた。[a] 鞭打ちは、一般的に、ウルビーノにおけるピエロの最も古い作品と考えられています (c. 1455–1470)。これは、初期ルネサンスの最も有名で物議をかもした写真の 1 つです。独自のエントリで説明されているように、それは幾何学的な地味な雰囲気によって特徴付けられ、前景に立っている 3 人の男性の性質に関して複雑な謎を提示します。

モンテフェルトロの祭壇画や ブレラマドンナ

ウルビーノで描かれた別の有名な作品は、ウフィツィ美術館にあるフェデリコと彼の妻バッティスタ・スフォルツァの二重肖像画です。[13]横顔の肖像画は、大きな銅メダルとスタッコの丸い飾りからインスピレーションを得ており、フェデリーコと彼の妻の公式の肖像画が描かれています。ウルビーノで作られた他の絵画は、ミラノのブレラ画廊にある記念碑的なモンテフェルトロの祭壇画(1474) であり、おそらくセニガリアマドンナでもあります。

ウルビーノでは、ピエロは画家メロッツォ・ダ・フォルラン、フラ・カーネヴァーレ、フランダース・ユストゥス・ファン・ゲント、数学者フラ・ルカ・パチョーリ、建築家フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ、そしておそらくレオン・バッティスタ・アルベルティに会いました。

後年

彼の晩年には、ペルジーノやルカ シニョレッリなどの画家が頻繁に彼の工房を訪れました。彼は1470 年代半ばから 1480 年代にかけて、絵画の視点に関する論文を完成させました。1480 年までに彼の視力は悪化し始め[13]、しかし彼は1485 年に 5 つの正多面体に関する短冊などの論文を書き続けた[b]ピエロは 1482 年にリミニに家を借りたことが記録されている。 1487 年、彼は 5 年後の 1492 年 10 月 12 日にサン セポルクロの自分の家で亡くなりました。[1]彼は自分の所有物を家族と教会に残しました。[要出典]

最近、ニューヨークのフリック コレクションは 2013 年 5 月 19 日まで、米国に存在することが知られているピエロの現存する 8 枚の絵画のうち 7 枚を展示用に収集しました。展示品の 7 つの作品のうち、ニューヨークマガジンに寄稿している批評家のジェリー サルツは、その模範的な特質のために、ピエロの「4 人の天使即位した聖母子」を取り上げました。サルツは次のように述べています。「聖母と子供は二段高くされています。彼らはこの世界から離れた世界そのものにいます。マリアは彼女の子供を見ずに、彼が手を伸ばしたバラを見ています。あなたは啓示を集め始めます。花は愛、献身、美しさを表し、血とキリストがかぶるイバラの冠も象徴しています。恐ろしい死を遂げるこの子供は、運命を受け入れるために手を伸ばしますが、マリアは花を引き戻しません。あなたは内なる苦悩を感じ、彼女の深い青色のローブが開いて、その下にある scar scar scar色を明らかにしているのに気づき、外向きの情熱と来るべき痛みの象徴が現れる.絵の中心の垂直線には、十字架に釘付けになるキリストの右の手のひらが描かれている. サルツは、この油彩画を、展示に展示されているピエロの最も優れた作品として認めました。[14]

遠近法の理論的研究に対するピエロの深い関心と、彼の絵画への瞑想的なアプローチは、彼のすべての作品で明らかです。[15]若い頃、ピエロは数学の訓練を受けていたが、重商主義のためである可能性が最も高い. [16]ピエロによって書かれた 3 つの論文が今日まで残っています: Trattato d' Abaco (Abacus Treatise)  [ fr ]De quinque corporibus regularibus ( On the Five Regular Solids ) [c]およびDe Prospectiva pingendi (絵画の視点について) )。[17]これらの著作でカバーされている主題には、算術、代数、幾何学、および固体幾何学と遠近法の両方における革新的な研究が含まれます。ピエロの作品の多くは、後にルカ・パチョーリなどの著書に取り込まれました。立体幾何学に関するピエロの作品は、レオナルド ダ ヴィンチがイラストを描いたパチョーリの「ディヴィナプロポーネ」に翻訳されました。彼のパトロンであるウルビーノのフェデリコ・ダ・モンテフェルトロの伝記作者は、彼が公爵と共有した遠近法への関心を追求するように勧められたと記録しています。

後期1450sにおいて、ピエロをコピーして、次の作品図示アルキメデスの:[18] 球とシリンダー上に、サークルの測定上Conoids及びスフェロイド、上でらせん、飛行機の平衡で、放物線の直交、及びサンドレコナー。この写本は 82 枚の葉で構成され、リッカルディアーナ図書館[19]のコレクションに保管されており、イタリア人文主義者Iacopo da San Cassianoによって作成されたアルキメデスのコーパスの翻訳のコピーです。[20]

ボフスラフ・マルタンニエは、レ・フレスク・ド・ピエロ・デッラ・フランチェスカ」と題するオーケストラのために3楽章の作品を書いた。ラファエル・クーベリックに捧げられたこの曲は、1956年のザルツブルク・フェスティバルでクーベリックとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によって初演されました。

ピエロの幾何学的な完成度と彼の絵画における光の魔法のような雰囲気は、ジョルジョ デ キリコ、マッシモ カンピグリ、フェリーチェ カゾラーティ、バルテュスなどの現代画家に影響を与えました。

キリストのバプテスマc. 1450年、 ナショナル・ギャラリー、ロンドン
  • ミゼリコルディアのポリプティク (1445–62) –テンペラと油彩、パネル、273 x 330 cm、Museo Civico Sansepolcro
  • キリストの洗礼(c. 1448–50) –テンペラ パネル、168 × 116 cm、ナショナル ギャラリー、ロンドン
  • Pen J Pen悔の聖ジェローム(c. 1449–51) –パネル上のテンペラ、51 × 38 cm 、ベルリン美術館、ベルリン美術館
  • 聖ジェロームとドナー (ジローラモ・アマディ) (1451) –テンペラと油彩、パネル、49 × 42 cm、アカデミア美術館、ベニス
  • 聖ジギスムントの前で祈るシジスモンド・パンドルフォ・マラテスタ(1451) –フレスコ画 (キャンバスに転写)、257 x 345 cm、テンピオ・マラテスティアーノ、リミニ
  • シジスモンド・パンドルフォ・マラテスタの肖像(c. 1451) –パネルにテンペラと油彩、44.5 × 34.5 cm、ルーヴル美術館、パリ
  • 聖十字架伝説 (c. 1455–66) –フレスコ サイクル、サン フランチェスコ教会、アレッツォ
  • キリストの鞭打ち(c. 1460) –パネル上のテンペラ、59 × 81.5 cm、Galleria Nazionale delle Marche、Urbino
  • 聖アウグスティヌスのポリプティク (1460-70) –パネル上の油とテンペラ、いくつかの美術館に分散
  • 復活(c. 1463) –フレスコ画、225 × 200 cm、Museo Civico Sansepolcro
  • ヘラクレス(c. 1465) –フレスコ画 (分離)、151 × 126 cm、イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館、ボストン
  • マグダラのマリア(1466 年頃、1458 ~ 70 年代) –フレスコ画、190 × 180 cm、大聖堂、アレッツォ
  • マドンナ デルパルト (1459–67) –独立したフレスコ画、260 × 203 cm、墓地の礼拝堂、モンテルキ
  • キリスト降誕(c. 1470) –パネルに油彩、124.5 × 123 cm、ナショナル ギャラリー、ロンドン
  • 聖アントニオの多翼祭壇画(c. 1470) –パネルに油彩、338 × 230 cm、Galleria Nazionale dell'Umbria、ペルージャ
  • ブレラ・マドンナ、つまりモンテフェルトロの祭壇画(1472–74) –パネルに油彩、248 × 170 cm、ブレラ絵画館、ミラノ
  • ウルビーノ公夫妻のディプティク、フェデリコ・ダ・モンテフェルトロ、バッティスタ・スフォルツァ–パネルに油絵、それぞれ 47,4 × 33,6 cm、ウフィツィ美術館、フィレンツェ
  • マドンナ ディ セニガリア(c. 1474) –パネルに油彩、67 × 53.5 cm、ガレリア ナツィオナーレ デッレ マルシェ、ウルビーノ

脚注

  1. ^ ジョルジョ・ヴァザーリによると、ピエロは1443年2月に亡くなったフェデリコの父グイダントーニオの下で働いていたはずだ. Vasari は Guidantonio と Federico を混同した可能性があります。
  2. ^ 彼は晩年に絵を描くことをあきらめたかもしれないが、60歳で失明したというヴァザーリの発言は疑わなければならない. [13]、彼は1485年に正多面体に関する論文を自筆で完成させた.
  3. ^ フェデリコ公爵の息子で後継者であるグイドバルド・ダ・モンテフェルトロに捧ぐ

引用

  1. ^ a b c d ターナー、A. リチャード (1976)。「ピエロ・デラ・フランチェスカ」。ウィリアム D. ホールジー (編)。コリアーズ百科事典. 19 . ニューヨーク: Macmillan Educational Corporation。pp. 40–42。
  2. ^ 「ピエロ・デラ・フランチェスカ」 . Oxford Dictionaries UK Dictionary。オックスフォード大学出版局。2019 年5 月 31 日に取得
  3. ^ 「ピエロ・デラ・フランチェスカ」 . 英語のアメリカヘリテッジ辞書(第 5 版)。ボストン:ホートン・ミフリン・ハーコート。2019 年5 月 31 日に取得
  4. ^ 「ピエロ・デラ・フランチェスカ」 . メリアム・ウェブスター辞典。2019 年5 月 31 日に取得
  5. ^ Vasari、Giorgio、最も優れた画家、彫刻家、および建築家の生活、1568。
  6. ^ a b デュラント & デュラント 2011 年、p. 462.
  7. ^ Banker、James R.、 Piero della Francesca の若い頃のサンセポルクロの文化、The University of Michican Press、2003 年、p.159。
  8. ^ Banker、James R.、「1430年代のAntonio d'AnghiariのアシスタントとしてのPiero della Francesca: Some Unpublished Documents」、 The Burlington Magazine、Vol. 135、No.1078 (1993 年 1 月)。16 ~ 21 ページ。JSTOR  /885421 .
  9. ^ a b c デュラント & デュラント 2011 年、p. 463.
  10. ^ a b デュラント & デュラント 2011 年、p. 464。
  11. ^ 「黄金の伝説、または聖人の生活」第3巻、2007年5月22日閲覧。
  12. ^ デュラント & デュラント 2011 年、p. 466.
  13. ^ a b c デュラント & デュラント 2011 年、p. 465。
  14. ^ サルツ、ジェリー (2013)。「休みを取って、フリックに行きなさい」ニューヨーク・マガジン、2013 年 3 月 11 日、pp121-123。
  15. ^ フィールド、JV (2005)。ピエロ・デラ・フランチェスカ。数学者の芸術 (PDF) . イェール大学プレス。ISBN 0-300-10342-5.
  16. ^ 「ピエロ・デラ・フランチェスカ」 . オックスフォード アート オンライン
  17. ^ リビオ、マリオ(2003) [2002]。黄金比: 世界で最も驚くべき数字、ファイの物語(最初のトレード ペーパーバック版)。ニューヨーク市:ブロードウェイの本。p. 126. ISBN 0-7679-0816-3.
  18. ^ James Banker, A Manuscript of Archimedes of Works in the Hand in the Hand in Piero della Francesca , «Burlington Magazine», CXLVII, March 2005, pp. 165–69.
  19. ^ 「球体と円柱について; 円周の測定について; コロイドとスフェロイドについて; らせんについて; 平面の平衡について; 放物線の求積法について; サンドレコナー" . ワールド・デジタル・ライブラリー。1450~1460 年。検索された13年7月2013
  20. ^ Paolo d'Alessandro e Pier Daniele Napolitani, Archimede latino.Iacopo da San Cassiano e il corpus archimedeo alla meta del Quattrocento , Paris, Les Belles Lettres, 2012.

ソース

  • デュラント、ウィル。デュラント、アリエル(2011) [1953]。文明の物語、ボリューム V: ルネッサンス。サイモンとシュスター。ISBN 9781451647624.

  • ベレンソン、バーナード、ピエロ・デラ・フランチェスカ、またはアートにおける非雄弁、マクミランカンパニー、1954年。
  • チエリ、フランチェスカ、「La grecità antica e bizantina nell'opera di Piero della Francesca」、フィレンツェ、1993 年。
  • コール、ブルース、ピエロ・デッラ・フランチェスカ:ルネッサンス芸術における伝統と革新、ハーパーコリンズ出版社、1991年。 ISBN  0-06-430906-1。
  • ダミッシュ、ユベール、Un お土産のダンファン、ピエロ・デッラ・フランチェスカ、エディション・デュ・スイユ、パリ、1​​997; 英語 編:ピエロ・デラ・フランチェスカ、スタンフォード大学プレス、2007年の子供時代の記憶ISBN  0-8047-3442-9。
  • ガンツ、ジェフリー、「強くて静かなタイプ: ピエロ デラ フランチェスカ、ミステリーの国際的なアーティスト」、ボストン フェニックス、アート セクション、2006 年 9 月 1 日。
  • Ginzburg、Carlo、Indagini su Piero、Eunaudi、Torino、1982; 英語 ed.:ピエロの謎: Piero della Francesca , Verso, 1985, new edition 2002. ISBN  1-85984-378-6。
  • Keim, Frank, Piero della Francesca: Der Maler als Astronom und Physiker (Schriften zur Kunstgeschichte)、ハンブルク 2016。 ISBN  978-3-8300-9208-7。
  • Israëls、Machtelt、Piero della Francesca とアーティストの発明、Reaktion Books、2020。 ISBN  978-1789143218。
  • ロンギ、ロベルト、ピエロ・デ・フランチェスキ、ロム、1927; 英語 編 Leonard Penlock による翻訳: Piero della Francesca , F. Warne & Co., London and New York, 1930; 新編 1962 年までの拡張版、1963 年、David Tabbat による翻訳: Sheep Meadow、2002 年。 ISBN  1-878818-77-5。
  • Maetzke、Anna Maria; Bertelli, Carlo, eds., Piero della Francesca: The Legend of the True Cross in San Francesco in Arezzo , Skira, 2001. ISBN  978-8884910233。
  • Manescalchi、R​​oberto、L'Ercole di Piero、tra mito e realtà、(ParteI)、Grafica European Center of Fine Art (Terre di Piero)、Firenze、2011。 ISBN  978-88-95450-05-6
  • Manescalchi、R​​oberto、「Piero alla corte dei Pichi」、Studi e Documenti Pierfrancescani II、Sansepolcro 2014。 ISBN  978-8895450445
  • Pacioli、Luca、Libellus de quinque corporibus regularibus、corredato della versione volgare [fac-sim du Codice Vat. ウルブ 緯度 632]; 編 セシル・グレイソン、...マリサ・ダライ・エミリアーニ、カルロ・マッカーニ。フィレンツェ、Gunti、1995。3 巻。(68 ff.、XLIV-213、XXII-223 pp.)。 ISBN  88-09-01020-5
  • ピエロのアルキメデス、[fac-sim du Codice Riccardiano 106 par Piero della Francesca]; 編 ロベルト・マネスカルキ、マッテオ・マルテッリ、ジェームス・バンカー、ジョバンナ・ラッツィ、ピエルダニエレ・ナポリターニ、リカルド・ベレ。サンセポルクロ、Grafica European Centre of Fine Arts e Vimer Industrie Grafiche Italiane、2007 年。2 巻。(82 ff.、XIV-332 pp.英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、アラビア語)。 ISBN  978-88-95450-25-4。
  • ローマ法王ヘネシー、ジョン、ピエロ・デラ・フランチェスカ・トレイル、ウォルター・ノイラス記念講演、テムズ・アンド・ハドソン、ロンドン、1991年。新編 オルダス・ハクスリー、「作品賞」、リトル・ブックルーム、2002年に拡張。 ISBN  1-892145-13-8。
  • Tofanelli、Pierpaolo、「La Madonna del Parto」、Pagine Nuove di Storia dell'Arte e dell'Architettura N. 3、フィレンツェ、2009。 ISBN  978-88-95450-21-6。
  • Tofanelli、Pierpaolo、「La Natività」、Pagine Nuove di Storia dell'Arte e dell'Architettura N. 4、Firenze、2010。 ISBN  978-88-95450-22-3
  • バリスコ、アレッシオ、ボルゴ・サンセポルクロ。Città di Cavalieri e Pellegrini、ペッサーノ コン ボルナゴ、Mimep-Docete、2012 年。

外部リンク

  • ウィキメディア・コモンズのピエロ・デラ・フランチェスカに関連するメディア