地中海があるに接続され、大西洋に囲まれ、地中海盆地とほぼ完全に陸に囲まれた:、北に西南ヨーロッパアナトリア、によって南に北アフリカ、および東でレバント。海は西洋文明の歴史において中心的な役割を果たしてきました。地中海は大西洋の一部と見なされることもありますが、通常は別の水域と呼ばれます。地質学的証拠によると、約590万年前、地中海は大西洋から切り離され、約530万年前のザンクリアン洪水によって補充される前に、メッシニアン塩分危機の間に約60万年の期間にわたって部分的または完全に乾燥しました。

地中海は約2,500,000km 2(970,000 sq mi)の面積をカバーし[2]、世界の海面の0.7%に相当しますが、ジブラルタル海峡を経由して大西洋に接続しています。地中海と隔てるスペインで欧州からモロッコでアフリカは唯一の14キロ(9マイル)広い-is。で海洋学、時々呼ばれるEurafrican地中海ヨーロッパ、地中海アフリカの地中海からそれを区別するために地中海の海他の場所。[3] [4]

地中海の平均水深は1,500m(4,900フィート)で、記録されている最深部はイオニア海のカリプソ深海で5,267 m(17,280フィート)です。これは、緯度の間にある30°と46°Nおよび経度6°Wと36°E 。ジブラルタル海峡からトルコ南東海岸のイスケンデルン湾までの西から東への長さは、約4,000 km(2,500マイル)です。

海は古代の商人や旅行者にとって重要なルートであり、この地域の人々の間の貿易や文化交流を促進していました。地中海地域の歴史は、多くの現代社会の起源と発展を理解するために重要です。ローマ帝国は、何世紀もの海の航海の覇権を維持しました。

地中海を時計回りに取り巻く国は、スペイン、フランス、モナコ、イタリア、スロベニア、クロアチア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、アルバニア、ギリシャ、トルコ、シリア、レバノン、イスラエル、エジプト、リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコです。マルタとキプロスは海に浮かぶ島国です。また、ガザ地区とイギリスの海外領土のジブラルタルとアクロティリおよびデケリアは、海の上の海岸線を持っています。

Wadj-Ur、またはWadj-Wer、古代エジプトの地中海の名前
高度にへこんだ海岸線と多数の島々があるギリシャは、地中海で最も長い海岸線を持っています。

古代エジプト人は、地中海Wadj-WR /ウァジ・ウェル/ Wadj-URと呼ばれます。この用語(文字通り「グレートグリーン」)は、古代エジプト人が、耕作されたナイルデルタの北にあるパピルスの森、ひいてはその向こうの海を特徴とする半固体の半水生地域に付けた名前でした。[5]

古代ギリシャ人は地中海単にἡθάλασσαHEタラッサ、「海」)や、時にはἡμεγάληθάλασσαHEmegálēタラッサ、「大海」)、ἡἡμετέραθάλασσαHEhēmetérāタラッサ、「私たちの海」)、またはἡθάλασσαἡκαθ'ἡμᾶςhēthálassahēkath'hēmâs ;「私たちの周りの海」)。

ローマ人はそれを呼ばマーレマグナム(「大海」)またはマーレInternum(「内部海」)と、で始まるローマ帝国、レニ(「私たちの海」)。マーレ地中海という用語は後で登場します。ソリヌスは3世紀にこれを使用したようですが、それを最も早く目撃したのは6世紀のセビリアのイシドールスです。[6] [7]ラテン語で「土地の真ん中、内陸」を意味し、medius(「真ん中」)、terra(「土地、地球」)、および-āneus(「の性質を持っている」)の複合語です。 。

ラテン語である翻訳借用ギリシャのμεσόγειοςmesógeiosから、「内陸」)、μέσοςmésos「途中で」、)とγήινοςgḗinosから「地球の」、)、γῆGE、「大地、土」 )。本来の意味は、「陸に囲まれた海」ではなく、「地球の真ん中の海」だったのかもしれません。[8] [9]

古代イランは、古典的なペルシャ語のテキストで呼ばれていた、「ローマの海」と呼んDaryāy-E ROM(دریایروم)からでよい中東ペルシャの形、Zrēh私HROM(𐭦𐭫𐭩𐭤𐭩𐭤𐭫𐭥𐭬)。[10]

カルタゴは、「シリアの海」と呼びました。古代シリアのテキスト、フェニキアの叙事詩、ヘブライ語の聖書では、主に「大海」、ハヤム・ハガドル(民数記、ヨシュア記、エゼキエル)、または単に「海」(列王記)として知られていました。しかし、それは大シリアの西海岸または聖地にあるため(したがって東向きの人の後ろにあるため)「ヒンダーシー」とも呼ばれ、「西海」と翻訳されることもあります。別の名前は、イスラエル人の近くの海岸の大部分に住む人々からの「ペリシテ人の海」(出エジプト記)でした。では現代ヘブライ語、それが呼ばれハヤムHaTikhon「中東の海」。[11]ではクラシックペルシャのテキストはDaryāy-E SAM(دریایشام)「西洋の海」や「シリアの海」と呼ばれていました。[12]

現代アラビア語、それはとして知られている[アルAbyaḍ]アルMutawassiṭアルバールالبحر[الأبيض]المتوسط「[ホワイト]ミドルシー」)。イスラムではと古いアラビア語文学、それはだったバハル・アル・ラム酒(I) بحرالرومまたはبحرالرومي })「ローマ人の海」や「ローマの海」。当初、その名前は東地中海のみを指していましたが、後に地中海全体に拡張されました。他のアラビア語の名前であったバハル・アル・SAM(I) بحرالشام)(「シリアの海」)とバハル・アル・マグリブبحرالمغرب)(「西の海」)。[13] [7]

でトルコ、それがあるAkdeniz「ホワイト海」; オスマン帝国では、ﺁقدكيز、これはエーゲ海のみを意味する場合があります。[14]以前のギリシャ、ビザンチン、またはイスラムの情報源では知られていないため、名前の由来は明確ではありません。黒海とは対照的かもしれません。[13] [11] [15]ペルシア語では、名前はBaḥr-iSafīdと翻訳され、後のオスマントルコ語でも使用されました。それはおそらく、口語的なギリシャ語のフレーズΆσπρηΘάλασσαΆspriThálassa、lit。「白海」)の起源です。[13]

Johann Knoblochは、古典古代では、レバントの文化は基本的なポイントを指すために色を使用したと主張しています:黒は北を指し(黒海の名前を説明)、黄色または青は東を指し、赤は南を指します(例:紅海) 、そして西に白。これは、ギリシャ説明するだろうΆspriタラッサ、ブルガリア Byaloより、トルコAkdeniz、そしてアラブの命名法は、上述したように、点灯を "白い海"。[16]

古代文明

古代のギリシャ(赤)とフェニキア(黄色)の 植民地c。紀元前6世紀
ローマ帝国AD 117における最も遠い範囲で

いくつかの古代文明は地中海沿岸に位置し、海への近さに大きく影響されました。それは、貿易、植民地化、戦争のためのルート、そして(釣りや他のシーフードの収集からの)食物を、時代を超えて多くのコミュニティに提供しました。[17]

気候、地質、海へのアクセスが共有されているため、地中海を中心とする文化は、ある程度の文化と歴史が絡み合っている傾向がありました。

古典古代で最も注目に値する地中海文明の2つは、ギリシャの 都市国家とフェニキア人であり、どちらも地中海の海岸線に広く植民地化されていました。その後、アウグストゥスがローマ帝国を設立したとき、ローマ人は地中海をマーレノストラム(「私たちの海」)と呼びました。次の400年間、ローマ帝国は地中海と、ジブラルタルからレバントまでのほぼすべての沿岸地域を完全に支配していました。

古代エジプトを征服したペルシャのダレイオス1世は、地中海と紅海を結ぶ運河を建設しました。ダリウスの運河は、2つの三段櫂船がオールを伸ばしてすれ違うのに十分な広さで、横断するのに4日を要しました。[18]

2019年、アクデニズ大学(UA)の水中研究センターの専門家の考古学チームは、トルコの地中海で3、600年前にさかのぼる難破船を明らかにしました。船内で見つかった1.5トンの銅インゴットを使用して、船の年齢を推定しました。アンタルヤの知事ムニールKaraloğlu」は、この貴重な発見を説明しギョベクリ・テペ水中の世界の」。戻って1600紀元前にさかのぼる難破船は、 『より古いことが確認されているUluburun難破1400 BCまで遡る』。[19 ] [20] [21] [22]

中世と帝国

西ローマ帝国は476 ADの周りに崩壊しました。ローマのパワーがで上に住んでいたとして、一時的に東は再び支配的だったビザンチン帝国の東半分から4世紀に形成さローマ帝国。7世紀に別の権力が生まれ、それとともにイスラム教が東から一掃されました。その最大の範囲で、アラブ帝国[これ?]地中海地域の75%を支配し[疑わしい ]、その東岸と南岸に永続的な足跡を残しました。

アラブの侵略は、東アジアの帝国との貿易ルートを破壊しながら、西と東ヨーロッパ間の貿易関係を破壊しました。しかし、これはカスピ海を越えた貿易を促進するという間接的な効果をもたらしました。エジプトからの穀物の輸出は、東の世界に向けてルート変更されました。絹や香辛料などの東アジア帝国の製品は、船乗りやユダヤ人商人によってエジプトからヴェネツィアやコンスタンティノープルなどの港に運ばれました。ヴァイキングの襲撃は、さらに西ヨーロッパの貿易を中断し、停止にそれをもたらしました。しかし、北欧人はノルウェーから白海への貿易を発展させ、スペインと地中海からの高級品の貿易も行いました。8世紀半ばのビザンチン人は、地中海の北東部周辺の地域の支配権を取り戻しました。9世紀のヴェネツィアの船は、アラブ人による嫌がらせに対抗するために武装し、ヴェネツィアにアジアの商品の貿易を集中させました。[23]

レパントの戦い、1571年には、ヨーロッパの勝利に終わった 神聖同盟オスマントルコに対する。

Fatimidsはとの貿易関係の維持、イタリアの都市国家のようなアマルフィとジェノヴァによると、十字軍の前にカイロ・ゲニザの文書。996日付の文書は、カイロに住むアマルフィアの商人について言及しています。別の手紙は、ジェノバ人がアレクサンドリアと取引したと述べています。カリフアルMustansirはAmalfian商人が内に常駐することができていたエルサレムラテン語の代わりに1060についてのホスピス。[24]

十字軍は、欧州との間の貿易の繁栄につながっウトラメール地域。[25]ジェノア、ベニカ、ピサは十字軍が支配する地域に植民地を作り、オリエントとの貿易を支配するようになった。これらの植民地はまた、彼らが東の世界と取引することを可能にしました。十字軍国家の崩壊と教皇によるイスラム教徒国家との貿易関係の禁止の試みは一時的に東洋との貿易を混乱させたが、それは続いた。[26]

しかし、12世紀のルネサンス後の中世後期に、より組織化され中央集権化された国家が形成され始めたため、ヨーロッパは復活し始めました。

アルジェの衝撃ヨーロッパの奴隷を解放するために最後通告のサポートで英蘭艦隊、1816年8月によって

アナトリアに拠点を置くオスマン帝国の勢力は成長を続け、1453年にコンスタンティノープルの征服でビザンチン帝国を消滅させました。オスマン帝国は16世紀に海の大部分を支配し、南フランス(1543〜1544)、アルジェリア、チュニジアに海軍基地を維持しました。有名なオスマン帝国の船長であるバルバロッサは、プレヴェザの海戦(1538)の勝利によるこの支配の象徴です。ジェルバ島の戦い(1560)は、地中海におけるオスマン帝国海軍支配の頂点を示しました。ヨーロッパの勢力の海軍力が高まるにつれ、レパントの海戦(1571)がオスマン帝国海軍の勢力を確認したとき、彼らはこの地域でオスマン帝国の拡大に直面しました。これは、主にガレー船間で戦われた最後の海戦でした。

バーバリー海賊の北西アフリカは、キリスト教の出荷と西地中海の海岸線に捕食しました。[27]ロバート・デイビスによれば、16世紀から19世紀にかけて、海賊は100万から125万人のヨーロッパ人を奴隷として捕らえた。[28]

海上輸送の発展は、地中海全体に影響を及ぼし始めました。かつて、西ヨーロッパと東の間のほとんどの貿易はこの地域を通過していましたが、1490年代以降、インド洋への航路の開発により、西ヨーロッパの大西洋の港からアジアのスパイスやその他の商品を輸入できるようになりました。[29] [30] [31]

海は戦略的に重要なままでした。ジブラルタルのイギリスの習得は、アフリカと南西アジアでの彼らの影響力を確実にしました。特にアブキールの海戦(1799年、ナイルの海戦)とトラファルガー(1805年)の後、イギリス軍は長い間地中海での支配を強化してきました。[32]戦争が含まれ、第一次世界大戦中、地中海での海軍戦争と第二次世界大戦の地中海の劇場を。

1868年にロックレスのスエズ運河が開通したことで、ヨーロッパとアジアの間の貿易の流れは根本的に変化しました。現在、最速のルートは、地中海を経由して東アフリカとアジアに向かっています。これは地中海諸国への選好につながり、中央および東ヨーロッパに直接接続しているトリエステのようなそれらの港は急速な経済成長を経験しました。20世紀には、第一次世界大戦と第二次世界大戦、そしてスエズ危機と冷戦により、貿易ルートがヨーロッパ北部の港にシフトし、ヨーロッパの統合、シルクロードの活性化によって再び南部の港に向けて変化しました。道路と自由な世界貿易。[33]

21世紀と移民

2013年、マルタの大統領は、ボートが転覆した後に溺死した多数の移民のために、地中海を「墓地」と表現しました。[34] 欧州議会議長のマルティン・シュルツは2014年に、欧州の移民政策は「地中海を墓地に変えた」と述べ、政策の直接の結果としてこの地域で溺死した難民の数に言及した。[35]アゼルバイジャンの当局者は、海を「人々が死ぬ埋葬地...」と表現した。[36]

2013年のランペドゥーサ移民の難破に続いて、イタリア政府は、移民を救出し、移民の人身売買業者を逮捕するための軍事および人道的任務である「我らが海作戦」を承認することにより、地中海のパトロールのための国家システムを強化することを決定しました。2015年には、100万人以上の移民が地中海を越えてヨーロッパに渡りました。[37]

イタリアは特にヨーロッパの移民危機の影響を受けました。2013年以来、70万人以上の移民がイタリアに上陸し[38]、主にサハラ以南のアフリカ人です。[39]

地中海を示す衛星画像。 ジブラルタル海峡は、画像の左下(北西)四半期に表示されます。その左側はヨーロッパの イベリア半島、 右側は アフリカの マグレブです。
ダーダネルス海峡の 海峡での トルコ。北(上)側の一部を形成する ヨーロッパ( ゲリボル半島に トラキアの領域)。南(下)側にある アナトリアで アジア。

地中海は接続します:

  • 大西洋によるジブラルタル海峡(で知られているホメロス『としての著作ヘラクレスの柱西』)
  • マルマラ海と黒海の海峡によって、ダーダネルス海峡とボスポラス海峡東部でそれぞれ、

163キロ(101マイル)長い人工スエズ運河南東には、地中海に接続紅海の水位が本質的に同じであるため、船ロックなし。[11] [40]

地中海の最西端はアルボラン海からジブラルタル海峡への移行点にあり、最東端はトルコ南東部のイスケンデルン湾の海岸にあります。地中海の最北端はイタリア北部のモンファルコーネ近くのトリエステ湾の海岸にあり、最南端はリビアの町エルアゲイラ近くのシドラ湾の海岸にあります。

地中海の大きな島には次のものがあります。

  • キプロス、クレタ島、ユービア、ロードス、レスボス島、キオス、ケファロニア、コルフ島、リムノス島、サモス島、ナクソス、およびアンドロス島での東地中海
  • シチリア島、ツレス、クルク、ブラチ、フヴァル、パグ、コルチュラ、およびマルタ中央地中海で
  • サルデーニャ、コルシカ島、バレアレス諸島:西地中海のイビサ島、マヨルカ島、メノルカ島

アルパインアークまた、地中海地域に大きな気象の影響を有し、周辺における西に地中海に触れるニース。

典型的な地中海性気候は、暑くて乾燥した夏と穏やかで雨の多い冬があります。この地域の作物には、オリーブ、ブドウ、オレンジ、みかん、イナゴマメ、コルクなどがあります。

限界海

地中海には12の周辺海が含まれています:[41] [42] [43]

  • 海のリスト
  • カテゴリ:地中海の限界海
  • カテゴリ:地中海湾
  • カテゴリ:地中海の海峡
  • カテゴリ:地中海の水路

注1:国際水路機関は、この地域を西部盆地の一般的な地中海と定義しています。Sea of​​Sardiniaというラベルは認識されません。[44]

注2:トラキアの海とMyrtoan海がある海の一部であるエーゲ海。

注3:黒海はその一部とはみなされません。

エクステント

チャナッカレ1915橋の上 ダーダネルス海峡ヨーロッパとアジアを結ぶ海峡では、となります 世界最長の吊り橋。 [45]

国際水路機関は、次のように地中海の限界を定義する:[44]から延伸ジブラルタル海峡の入り口に西でダーダネルスとスエズ運河東に、地中海はヨーロッパの海岸によって制限されます、アフリカ、アジアであり、2つの深い盆地に分かれています。

  • 西部盆地:
    • 西オン:の四肢結ぶ線ケープトラファルガー(スペイン)とケープSpartel(アフリカ)
    • 北東部:イタリアの西海岸。でメッシーナ海峡、ケープペロロ、島の東極端ケープ太平洋(15°42'E)の北極端な接合線シチリア。シチリア島の北海岸
    • 東:シチリア島の西のポイントであるリリベオ岬を結ぶ線( 北緯37度47分東経 12度22分 / 北緯37.783度東経12.367度 / 37.783; 12.367)、アドベンチャーバンク経由でケープボン(チュニジア)まで
  • 東部盆地:
    • 西側:西部盆地の北東と東の境界
    • 結ぶ線:北東オンクムケール(26°11'E)とケープ・ヘレス、ダーダネルス海峡に西側入り口を
    • 南東:スエズ運河への入り口
    • 東部:レバノン、シリア、イスラエルの海岸

沿岸国

オープンな自然地球データからの地中海の地図、2020年

次の国には、地中海に海岸線があります。

  • 北岸(西から東へ):スペイン、フランス、モナコ、イタリア、スロベニア、クロアチア、ボスニアとヘルツェゴビナ、モンテネグロ、アルバニア、ギリシャ、トルコ。
  • 東海岸(北から南へ):トルコ、シリア、レバノン、イスラエル、パレスチナ、エジプト。
  • 南岸(西から東へ):モロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプト。
  • 島国:マルタ、キプロス。

他のいくつかの地域も地中海に接しています(西から東へ):

  • 英国の海外領土のジブラルタル
  • セウタとメリリャのスペインの自治都市と近くの島々
  • ソブリンベースエリアキプロスに
  • パレスチナのガザ地区
地中海最大の都市、 アレクサンドリア
バルセロナ、地中海で2番目に大きい大都市圏(アレクサンドリアに次ぐ )、地中海連合の本部
地中海を背景にした アテネの アクロポリス
聖書のヨナがクジラに飲み込まれる前に出航した 古代のヤッファ港 (現在は テルアビブ-ヤフォ) [46]
カターニア、シチリア島、 エトナ山を背景に
トルコの3番目の大都市イズミル( イスタンブールと アンカラに続く )

排他的経済水域

地中海の排他的経済水域:[42] [47]

海岸線の長さ

海岸線の長さは46000キロについてです。[48] [49] [50]

沿岸都市

地中海に隣接する人口が20万人を超える主要都市(市町村)には、次のものがあります。

細分化

ジブラルタルから見たアフリカ(左、地平線上)とヨーロッパ(右)

国際水路機関(IHO)は、それぞれ独自の名称で(西から東へ)より小さい水域の数に地中海を分割:[44]

  • ジブラルタル海峡
  • スペインとモロッコの間のアルボラン海
  • スペイン本土とそのバレアレス諸島の間のバレアス海
  • コルシカ島とリグーリア海の間のリグリア海(イタリア)
  • サルデーニャ、イタリア半島、シチリア島に囲まれたティレニア海
  • イタリア、アルバニア、ギリシャの間のイオニア海
  • イタリア、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、アルバニアの間のアドリア海
  • ギリシャとトルコの間のエーゲ海

他の海

ポジターノ、 ティレニア海

その名前が古代から、または現在で一般的に使用されている他のいくつかの海:

  • サルデーニャ島の海の間、サルデーニャ島とバレアレス諸島の一部として、バレアレス海
  • シチリア島の海の間シチリア島とチュニジア
  • リビアとクレタ島の間のリビア海
  • でエーゲ海、
    • トラキアの海の北に
    • キクラデス諸島とペロポネソス半島の間のミルトア海
    • 海クレタ島のクレタ島の北
    • コス島とキオス島の間のイカリアー海
  • トルコとキプロスの間のキリシア海
  • 地中海の東端にあるレバンティン海

これらの小さな海の多くは、地元の神話や民間伝承に登場し、そのような協会からその名前が付けられています。

その他の機能

ベイルート中央地区の塔から の セントジョージ湾と雪をかぶった サニン山の眺め
エスタックから見たマルセイユ港
アルバニアのサランダは、中央地中海のイオニア海の外洋湾に立っています 。

海に加えて、多くの湾と海峡が認識されています。

  • セントジョージ湾ベイルート、レバノン
  • ラスイブンハニで岬ラタキア、シリア
  • シリア北部のラスアルバシット岬。
  • MINETエル・ベイダ(「ホワイト・ハーバー」)古代の近くにベイウガリット、シリア
  • ジブラルタル海峡は、地中海に大西洋を接続してから、スペインを分離モロッコ
  • アルヘシラス湾の南端、イベリア半島
  • コリント湾、イオニア海との間に囲まれた海コリント運河
  • Pagasetic湾の湾ボロスによって形成され、テルマイコス湾の南、山ピリオン 半島
  • コリントス運河とミルトア海の間のサロニコス湾、アテネ湾
  • マケドニアのギリシャ北部地域にあるテルマイコス湾、テッサロニキ湾
  • クヴァルネル湾、クロアチア
  • アルメリアの湾、スペインの南東
  • リオン湾、フランスの南
  • バレンシア湾、東のスペイン
  • メッシーナ海峡の間、シチリアとカラブリア半島
  • ジェノヴァ湾、イタリア北西部
  • ヴェネツィア湾、北東イタリア
  • トリエステ湾、北東イタリア
  • ターラント湾、南イタリア
  • エウフェミア湾近くの国際空港で、南イタリア、
  • サレルノ湾、南西部イタリア
  • ガエタ湾、南西部イタリア
  • スクイッラーチェ湾、南イタリア
  • オトラント海峡イタリアとの間で、アルバニア
  • ハイファの湾、北のイスラエル
  • シドラ湾の間に、トリポリ(リビア西部)とキレナイカ(東部リビア)
  • シチリア海峡の間、シチリア島とチュニジア
  • コルシカ島とイタリアの間のコルシカ海峡
  • ボニファシオ海峡の間、サルデーニャ島とコルシカ島
  • イスケンデルン湾の間、イスケンデルンとアダナ(トルコ)
  • アンタルヤ湾アンタルヤの西と東の海岸の間に、(トルコ)
  • コトル湾南西で、モンテネグロと南東クロアチア
  • シチリア島とマルタの間のマルタ海峡
  • マルタ島とゴゾの間のゴゾ海峡

地域別の最大の10の島

地中海の2つの最大の島: シチリア島と サルデーニャ島( イタリア)

気候

ケッペンの気候区分による、地中海周辺地域の気候帯の地図

地中海沿岸の多くは、暑い夏の地中海性気候を楽しんでいます。しかし、その南東海岸のほとんどは暑い砂漠気候であり、スペインの東(地中海)海岸の多くは寒い半乾燥気候です。まれですが、熱帯低気圧が地中海で時折形成されます。通常は9月から11月です。

海温

6月の主な表面流

ほぼ内陸国であることが地中海の状態に影響を及ぼします。たとえば、大西洋とのつながりが狭いため、潮の干満は非常に限られています。地中海はその深い青色によって特徴づけられ、すぐに認識されます。

蒸発は、地中海の降水量と河川流出を大幅に上回ります。これは、流域内の水循環の中心であるという事実です。[64]蒸発はその東半分で特に高く、水位が低下し、塩分が東に向かって増加する。[65]流域の平均塩分が38であるPSU 5メートルの深さで。[66]地中海の最深部の水の温度は、13.2°C(55.8°F)です。[66]

大西洋からの正味の水の流入は約です。7万立方メートル/秒又は2.2 × 10 12  m個3 /(7.8 × 10 13 立方フィート/)。[67]この大西洋の水がなければ、地中海の海面は年間約1mの割合で低下するでしょう。[68]

大循環

地中海の水循環は、大西洋からジブラルタル海峡を通って流入する地表水(および黒海からボスポラス海峡を通って地中海に流入する低塩分水)に起因する可能性があります。涼しくて比較的低塩分の地中海の水は、北アフリカの海岸に沿って東に循環します。地表水の一部はシチリア海峡を通過しませんが、地中海を出る前にコルシカ島に向かって逸脱します。地中海沿岸東部に流入する地表水は、リビアとイスラエルの海岸に沿って循環しています。レバント海に到達すると、最初の大西洋の状態から暖かくなり塩分が増加した地表水は、今では密度が高くなり、沈んでレバント中間水(LIW)を形成します。地中海の深さ50〜600 mのどこかで見つかった水のほとんどは、LIWから発生しています。[69] LIWはトルコの海岸に沿って形成され、ギリシャと南イタリアの海岸に沿って西に循環します。LIWは、シチリア海峡を西に通過する唯一の海域です。シチリア海峡の後、LIWの水域はイタリア、フランス、スペインの海岸に沿って循環し、その後ジブラルタル海峡の深さを通って地中海を出ます。地中海の深層水は、3つの主要な地域から発生します。東地中海の深層水の大部分が発生するアドリア海、エーゲ海、およびリオン湾です。地中海の深層水形成は、ボラのような強烈な冷風によって引き起こされる強い冬の対流によって引き起こされます。新しい深層水が形成されると、古い水は重なっている中間水と混ざり合い、最終的に地中海を出ます。地中海での水の滞留時間は約100年であり、地中海は特に気候変動に敏感です。[70]

水循環に影響を与えるその他のイベント

半閉鎖性の盆地である地中海は、短期間の水循環に影響を与える可能性のある一時的な出来事を経験します。1990年代半ば、特に寒い冬の条件の後、エーゲ海は地中海東岸の深層水形成の主要な地域になりました。地中海東部の深海の起源におけるこの一時的な切り替えは、東地中海トランジェント(EMT)と呼ばれ、地中海の水循環に大きな影響を及ぼしました。[71] [72] [73]

地中海循環に影響を与える一時的なイベントの別の例は、ギリシャ沿岸沖のイオニア海北部で観測された高気圧性環 流である北イオニア環流の周期的な逆転です。この環流の高気圧性から低気圧性の回転への移行は、それに燃料を供給する水の起源を変えます。循環が高気圧性(最も一般的)である場合、環流の水はアドリア海から発生します。循環がサイクロンの場合、水はレバンティン海から発生します。これらの水は異なる物理的および化学的特性を持っており、北イオニア環流の周期的な反転(バイモーダル振動システムまたはBiOSと呼ばれる)は、アドリア海とレバンティン地域周辺の地中海循環と生物地球化学を変化させます。[74]

気候変動

水の滞留時間が短いため、地中海は気候変動の影響のホットスポットと見なされています。[75]深海の温度は1959年から1989年の間に0.12°C(0.22°F)上昇しました。[76]気候予測によると、地中海はより暖かくなる可能性があります。この地域での降水量の減少は、より多くの蒸発につながり、最終的には地中海の塩分を増加させる可能性があります。[75] [77]気温と塩分の変化のために、地中海は21世紀の終わりまでにさらに成層化する可能性があり、水循環と生物地球化学に顕著な影響を及ぼします。

その大きな生物多様性にもかかわらず、地中海のクロロフィルと栄養素の濃度は非常に低く、世界で最も貧栄養の海域の1つとなっています。地中海は一般にLNLC(低栄養、低クロロフィル)地域と呼ばれています。地中海は、栄養分が少なく、動植物の成長が困難な砂漠の定義に当てはまります。

地中海では、栄養素濃度、クロロフィル濃度、および一次生産性に急激な勾配があります。流域の西部の栄養塩濃度は、東部流域の濃度の約2倍です。アルボラン海は、近くにジブラルタル海峡、毎日有する一次生産約0.25グラムのC(炭素のグラム)Mの-2-1東部流域0.16 G C Mの平均の毎日の生産有する一方-2- 1[78]このため、地中海の東部は「超オリゴ栄養」と呼ばれています。地中海の生産地域は少なく、小さいです。溶存栄養素の主要な供給源である河口に近い沿岸地域では、高い(つまり、 1立方メートルあたり0.5グラムを超えるクロロフィル)生産性が発生します。リオン湾は、それが使用することができ、表面水に栄養をもたらし、高い垂直混合の領域であるため、比較的高い生産性を有する植物プランクトンクロロフィル生成するためにAを[79]

地中海の一次生産性はまた、激しい季節変動によって特徴づけられます。冬には、強風と盆地の降水が垂直方向の混合を引き起こし、深海から水面に栄養分を運び、そこで植物プランクトンがバイオマスに変換することができます。[80]しかしながら、冬には、光が一次生産性の制限要因となる可能性があります。3月から4月の間に、春は春の開花が起こるための光強度と表面の栄養素濃度の間の理想的なトレードオフを提供します。夏には、気温が高くなると地表水の温暖化につながります。結果として生じる密度の違いは、表面の水を残りの水柱から事実上隔離し、栄養素の交換は制限されます。結果として、一次生産性は6月から10月の間非常に低くなります。[81] [79]

海洋学の探検では、地中海の生物地球化学の特徴が明らかになりました。クロロフィルの生成のほとんどは地表ではなく、深さ80〜200メートルの地下水で発生します。[82]地中海のもう一つの重要な特徴は、その高い窒素対リン比(N:P)です。レッドフィールドは、世界のほとんどの海の平均N:P比が約16であることを示しました。ただし、地中海の平均N:Pは24〜29であり、これは広範囲にわたるリンの制限を意味します。[説明が必要] [83] [84] [85] [86]

生産性が低いため、地中海のプランクトン群集は、ピコフィトプランクトンやバクテリアなどの小さな生物によって支配されています。[87] [88]

オミシュの近くにある、 vruljaと呼ばれる 潜水艦の カルスト泉。さもなければ穏やかな海面のいくつかの波打ちを通して観察された。

地中海の地史は複雑です。海洋地殻に覆われた海盆は、かつては古代テチス海の構造上の残骸であると考えられていました。現在では、ネオテチスと呼ばれる構造的に若い盆地であることが知られており、三畳紀後期とジュラ紀初期にアフリカプレートとユーラシアプレートが収束して最初に形成されました。通常は乾燥した気候では内陸に近い水域であるため、地中海は集中的な蒸発と蒸発岩の沈殿にさらされます。メッシニアン塩分危機は600万人程度年前(マイア)地中海が内陸になったときに開始し、その後、本質的に干上がっ。盆地の底には、100万立方キロメートルを超える塩の堆積物が蓄積されています。場所によっては、厚さが3キロメートルを超えています。[89] [90]

科学者たちは、海が最後に約530万年前(mya)にザンクリアン洪水によって2年以内に埋められたと推定しています。大西洋から、現在ジブラルタル海峡と呼ばれている新たに破られたゲートウェイを通って、アマゾン川の現在の流れよりも約3桁(1000倍)大きい推定速度で水が注がれました。[91]

地中海の平均水深は1,500m(4,900フィート)で、記録されている最深部はイオニア海のカリプソ深海で5,267 m(17,280フィート)です。海岸線は46,000km(29,000マイル)伸びています。シチリア島とチュニジアの海岸の間の浅い潜水艦の尾根(シチリア海峡)は、海を2つの主要なサブリージョンに分割します。西地中海の面積は約850,000 km 2(330,000 mi 2)です。そして、東地中海、万人の約1.65キロの2(64万マイル2)。沿岸地域には海底のカルスト泉またはvruljaがあり、これらは加圧された地下水を地表下から水中に放出します。排出水は通常新鮮で、時には熱的かもしれません。[92] [93]

テクトニクスと古環境分析

地中海沿岸と海のシステムは、古代アフリカ・アラビア大陸がユーラシア大陸と衝突することによって確立されました。アフリカ-アラビアが北に向かって漂流したとき、それは以前に2つの超大陸ローラシアとゴンドワナを分離していた古代のテチス海の上で閉じました。途中でその時間程度で、ジュラ紀の期間(およそ1.7億年前[疑わしい])と呼ばはるかに小さい海流域、Neotethysはテチス海はその西側(アラビア)最後に閉じ前に、すぐに形成されました。幅広い衝突の列は、アルプス造山運動として知られる造山運動のエピソードで、スペインのピレネー山脈からイランのザグロス山脈までの非常に長い山系を押し上げました。ネオテチス海は、漸新世と中新世の時代(34から5.33 mya)に発生した衝突(および関連する折り畳みと沈み込み)のエピソードの間に大きくなりました。アニメーションを参照してください:アフリカ-ユーラシアと衝突するアラビア。したがって、地中海盆地は、いくつかの延伸から成る地殻におけるプレート沈み込み地中海東部の基礎です。沈み込みのさまざまなゾーンには、イオニア海の東とエーゲ海の南にある最も高い海嶺が含まれています。中央インド洋海嶺は、これらの間を越え南東東地中海の走る[必要な明確化]のアフリカとアラビア半島にインド洋。

メッシニアン塩分危機

ザンクリアン洪水前のメッシニアン塩分危機
"> メディアを再生する
アニメーション:メッシニアン塩分危機

中生代と新生代の間に、アフリカの北西の角がイベリアに収束するにつれて、それはイベリア南部とアフリカ北西部を横切ってベティック-リフ山脈を持ち上げました。そこで、山岳内のベティック盆地とリフ盆地の開発により、大西洋と地中海の間に2つのほぼ平行な海洋ゲートウェイが作成されました。吹替えBeticとRifian廊下、彼らは徐々に中期および後期中新世の間、閉鎖さ:おそらく数回。[94]中新世後期、ベティック回廊の閉鎖は、地中海がほぼ完全に干上がったときに、いわゆる「メッシニアン塩分危機」(MSC)を引き起こした。MSCの開始は、最近天文学的に5.96 myaと推定され、約5.3myaまで約63万年間持続しました。[95]右のアニメーション:メッシニアン塩分危機を参照。

最初のドローダウン[説明が必要]と再氾濫の後、MSCの期間中、海のドローダウンと再氾濫のエピソードがさらに続きました(総数が議論されています)。大西洋が最後に流域を再洪水させたとき、それは中新世の終わり(5.33 mya)にジブラルタル海峡を作り、ザンクリアン洪水を引き起こしたときに終わりました。いくつかの研究は、乾燥-氾濫-乾燥サイクルが数回繰り返された可能性があることを示唆しており、これは大量の塩の堆積のいくつかのイベントを説明する可能性があります。[96] [97]しかしながら、最近の研究は、繰り返しの乾燥と再氾濫は地球力学的観点からはありそうもないことを示しています。[98] [99]

動植物の乾燥と交換

現在の大西洋の玄関口であるジブラルタル海峡は、ザンクリアン洪水を経由して鮮新世初期に始まりました。前述のように、以前は2つのゲートウェイがありました。スペイン南部を横切るベティック回廊とモロッコ北部を横切るリフィアン回廊です。ベティックは約6myaを閉鎖し、メッシニアン塩分危機(MSC)を引き起こしました。リフィアンまたはおそらく両方のゲートウェイは、トートニアンの初期の時代に閉鎖され、MSCのずっと前に、はるかに長く続く「トートニアン塩分危機」(11.6から7.2 mya)を引き起こしました。両方の「危機」により、アフリカ本土とヨーロッパの間に幅広いつながりが生まれ、2つの大陸間で動植物、特に霊長類を含む大型哺乳類の移動が可能になりました。Vallesian危機は気候の激変次トートニアン時間の間、ヨーロッパでの哺乳動物種の典型的な絶滅との交換を指示し、陸上新種の移行:[100]アニメーションを参照してください。右に、メッシニアン塩分危機(および哺乳類の移行を)。

地中海沿岸のほぼ完全な囲い込みにより、海洋ゲートウェイが海水循環と海と盆地の環境進化を支配することが可能になりました。循環パターンは、気候、深浅測量、水の化学的性質と温度など、相互作用し、蒸発岩の降水を誘発する可能性のある他のいくつかの要因の影響も受けます。蒸発岩の堆積物は、中新世中期の近くのカルパチアの前深部、隣接する紅海盆地(中新世後期)、および地中海沿岸全体(MSCおよびメッシニアン時代)に早く蓄積しました。多くの珪藻土が蒸発岩堆積物の下に見られ、それらの[浄化が必要]形成の間の関係を示唆しています。

今日、地表海水の蒸発(出力)は、降水量と沿岸排水システムによる淡水の供給(入力)よりも多く、地中海の塩分濃度は大西洋の塩分濃度よりもはるかに高くなっています。水は大西洋から流入する水の下に沈み、ジブラルタル海峡を横切る2層の流れを引き起こします。つまり、大西洋からの塩分が少ない冷たい海洋水の流入表面流によって相殺された、暖かい塩分地中海水の流出海底流です。 。1920年代、ヘルマンセルゲルは、流入電流を使用して大量の水力発電エネルギーを供給することにより、海峡を越えて水力発電ダム(アトラントローパプロジェクト)を建設することを提案しました。基礎となるエネルギーグリッドは、ヨーロッパと、少なくともアフリカのマグレブ地域との間の政治連合を支援することも目的としていました(後の影響についてはユーラフリカを、計画されたグリッドにいくつかの類似点がある後のプロジェクトについてはデザーテックと比較してください)。[101]

「地中海性気候」への移行

中新世の終わりはまた、地中海性盆地の気候の変化を示しました。その期間の化石の証拠は、より大きな盆地が湿潤亜熱帯気候であり、夏には照葉樹林を支える降雨があったことを明らかにしています。「地中海性気候」への移行は、夏の降雨量が減少したため、主に過去300万年(鮮新世後期)に発生しました。亜熱帯の照葉樹林は後退しました。そして、イベリア半島と北アフリカの大西洋岸沖のマカロネシア島にとどまっているときでさえ、現在の地中海の植生は、針葉樹と硬葉樹林、そして乾燥した夏の水分損失を防ぐ小さくて硬いワックス状の葉を持つ低木によって支配されて進化しました。これらの森林や低木地の多くは、何千年にもわたる人間の居住によって認識できないほどに改変されています。かつては樹木が茂った地域であった場所には、現在、比較的無傷の自然地域はほとんどありません。

緯度と内陸国の位置のために、地中海は特に天文学的に誘発された気候変動に敏感であり、それはその堆積記録に十分に文書化されています。地中海は乾燥期にサハラからの風成塵の堆積にさらされるのに対し、河川の砕屑物の流入は湿潤期に優勢であるため、地中海の海洋腐泥含有シーケンスは高解像度の気候情報を提供します。これらのデータは、地球の歴史の最後の9 Maについて天文学的に較正された時間スケールを再構築する際に使用され、過去の地磁気逆転の時間を制約するのに役立ちます。[102]さらに、これらの古気候記録の並外れた精度により、過去の地球の軌道変動に関する知識が向上しました。

広大な多方向とは異なり、海流、オープン中の海洋それぞれの内の海洋ゾーン。地中海の生物多様性は、微妙であるが強いロックされた海流の性質のために安定したものであり、最小の巨視的なタイプの火山生物でさえも好影響を及ぼします。地中海と海水温の安定した海洋生態系は、深海での生活に栄養を与える環境を提供し、外部の深海要因から排除されたバランスの取れた水界生態系を保証します。地中海には17,000を超える海洋種が存在し、沿岸地域、大陸棚では一般的に海洋生物多様性が高く、深さとともに減少すると推定されています。[103]

中海の乾燥の結果としてメッシニアン塩分危機、[104]地中海の海洋生物相は、大西洋から主に誘導されます。北大西洋は地中海よりもかなり寒く、栄養分が豊富であり、地中海の海洋生物は、盆地が再浸水してから500万年の間、そのさまざまな条件に適応しなければなりませんでした。

アルボラン海は、地中海と大西洋種の混合物を含む2軒の海の間の遷移領域です。アルボラン海は最大の人口があるバンドウイルカ、西地中海での最後の人口に家であるネズミイルカ、地中海での、およびのための最も重要な餌場であるアカウミガメウミガメヨーロッパインチ アルボラン海には、イワシやメカジキなどの重要な商業漁業もあります。地中海はシールが僧ギリシャのエーゲ海に住んでいます。2003年、世界自然保護基金は、イルカ、カメ、およびとげのあるスクワットロブスターなどの他の海洋動物の個体群を危険にさらす、広範囲にわたるドリフトネットフィッシングについて懸念を表明しました。

おそらく長期のPCB曝露のために、シャチが絶滅した1980年代まで、地中海にはシャチの生息数がありました。シャチの浮浪者の目撃例はまだ毎年あります。[105]

4、000年の間、人間の活動は地中海ヨーロッパのほとんどの部分を変え、「風景の人間化」は現在の地中海性気候の出現と重なりました。[106]後の文明によって破壊された、古代の地球上の地中海の楽園の単純で環境決定論的な概念のイメージは、少なくとも18世紀にまでさかのぼり、考古学および歴史界で何世紀にもわたって流行していた。歴史的文書、貿易関係の分析、氾濫原の堆積物、花粉、樹木リング、さらに考古学的分析と人口調査など、さまざまな方法に基づいて、アルフレッドトーマスグローブとオリバーラッカムは「地中海の自然」に関する研究を行っています。 「ヨーロッパ」は、人間の誤った管理によって次第に劣化し、砂漠化した「失われたエデン」としての地中海ヨーロッパのこの共通の知恵に挑戦します。[106]信念は、近世の啓蒙主義の芸術家、詩人、科学者によって理想化された古典の想像上の過去まで測定する最近の風景の失敗からより多く生じます。[106]

熱核爆弾海に落ちたオフ回復 パロマレス、アルメリア、1966

先史時代から現在までの南ヨーロッパの気候、植生、景観の歴史的進化ははるかに複雑であり、さまざまな変化を遂げました。たとえば、森林破壊のいくつかは、ローマ時代以前にすでに起こっていました。ローマ時代には、ラティフンディウムなどの大企業が森林や農業を効果的に管理していましたが、最大の過疎化の影響は帝国の終焉とともにもたらされました。何人か[誰?]大規模な森林破壊が現代で起こったと仮定します—後の使用パターンも、例えばイタリア南部と北部でかなり異なっていました。また、気候は通常不安定であり、さまざまな古代および現代の「小氷期」[107]の証拠があり、植物の覆いはさまざまな極端に適応し、さまざまな人間の活動パターンに耐性を示しました。[106]

したがって、人間の活動は気候変動の原因ではありませんでしたが、それに従いました。[106]地中海ヨーロッパに典型的な幅広い生態系の多様性は、主に人間の行動に基づいており、人間の使用パターンと密接に関連しています。[106]多様性の範囲[必要な説明]は、長年にわたる非常に多様な地元の農業の広範な交換と相互作用、激しい輸送と貿易関係、および集落、牧草地、その他の土地利用との相互作用によって強化されました。しかし、第二次世界大戦後、地域全体の農村人口が伝統的な自給自足経済を放棄したため、「1950年代の症候群」[108]に沿って、人為的な最大の変化が起こりました。グローブとラッカムは、地元の人々が伝統的な農業のパターンを残して、代わりに風景、硬化剤になったことを示唆している[明確化が必要]を観光するために。これは、より均一で、大規模な地層になった[何の?][106]地中海の景観に対する現在の重要な脅威の中には、沿岸地域の過剰開発、山の放棄、そして前述のように、伝統的な農業の職業の減少による多様性の喪失があります。[106]

自然災害

イタリアのストロンボリ火山

この地域には、人間の活動や土地利用パターンと密接に関連しているさまざまな地質学的危険があります。とりわけ、東地中海では、紀元前17世紀または16世紀にさかのぼるセラ噴火が大津波を引き起こし、一部の専門家は、近くのクレタ島のミノア文明を壊滅させたと仮定しました。アトランティスの伝説に影響を与えた大惨事。[109] ベスビオ山はヨーロッパ本土で唯一の活火山であり、エトナ山とストロンボリは隣接する島々にあります。ナポリの西にあるフレグレイ平野カルデラを含むベスビオ周辺の地域は非常に活発であり[110]、噴火イベントが数十年以内に発生する可能性のある世界で最も人口密度の高い火山地域を構成しています。[111]

ベスビオ山自体は、爆発的な(プリニー式)噴火の傾向があるため、非常に危険であると見なされています。[112]ポンペイとヘルクラネウムのローマの都市の埋葬と破壊につながった、西暦79年の噴火で最もよく知られています。

加盟国と地方当局の豊富な経験[明確化が必要]は、[何の交換]つながりました。] NGO、州、地方自治体当局および民間人の協力を得て、国際レベルで。[113]ザ・ギリシャ・トルコ地震の外交は、に対応するために設立された1999年ザ・欧州連合連帯基金(EUSF)でイズミールとアテネの地震後の地域の伝統的なライバルとの関係改善につながる自然災害の非常に肯定的な例であります主要な自然災害とヨーロッパ全土の被災地へのヨーロッパの連帯を表明します。[114] EUでの資金提供要求の最大額は森林火災に関連しており、洪水と地震がそれに続く。森林火災は、人為的であろうと自然的であろうと、地中海地域では頻繁で危険な危険です。[113] 津波はまた、この地域ではしばしば過小評価されている危険です。たとえば、1908年のメッシーナ地震と津波は、シチリア島とカラブリア州で123,000人以上の命を奪い、現代ヨーロッパで最も致命的な自然災害の1つでした。

侵入種

ヒョウモンオトメエイを通して東地中海を保菌種の一つである スエズ運河進行中の一部として Lessepsianマイグレーション。

1869年にスエズ運河が開通したことで、地中海と紅海の間に最初の塩水通路ができました。紅海は東地中海よりも高いため、運河は紅海の水を地中海に注ぐ潮汐海峡として機能します。ビター湖の湖の塩分濃度は徐々に紅海のそれと等しくよう運河の一部を形成するには、何十年もの間、地中海に紅海種の移動を阻止したことをハイパー生理食塩水の自然湖ですが、、、バリア移動への移行が削除され、紅海からの動植物が東地中海に植民地化し始めました。紅海は一般に大西洋よりも塩分が多く栄養素が少ないため、紅海種は塩分が多く栄養素が少ない東地中海の大西洋種よりも有利です。したがって、紅海の種は地中海の生物相に侵入し、その逆はありません。この現象は、レセップス移動(フランスのエンジニアであるフェルディナンドデレセップスの後)またはエリスリアン(「赤」)の侵入として知られています。1960年代にナイル川を渡るアスワンハイダムが建設されたことで、ナイル川から東地中海への淡水と栄養豊富なシルトの流入が減少し、そこでは紅海のような状態になり、侵入種の影響が悪化しました。

侵入種は地中海の生態系の主要な構成要素になり、地中海の生態系に深刻な影響を及ぼし、多くの地元および固有の地中海の種を危険にさらしています。エキゾチックな種のいくつかのグループを最初に見ると、地中海で発生する非固有の十脚類の70%以上とエキゾチックな魚の約63%がインド太平洋起源であり、[115] スエズを通じて地中海に導入されたことが示されています。運河。これにより、運河は外来種が地中海に到着する最初の経路になります。いくつかのレセップス種の影響は、主に地中海のレバンティン盆地でかなりのものであることが証明されており、そこでは在来種に取って代わり、見慣れた光景になっています。

よると、自然の保全のための国際連合の定義だけでなく、生物多様性条約(CBD)とラムサール条約の用語、彼らは地中海に(非先住民)非ネイティブあるとして、彼らは外来種は、であり、彼らはインド太平洋地域である通常の分布域の外側。これらの種が地中海で個体群を確立することに成功すると、在来種と競争し、在来種に取って代わり始めます。これらは変化の要因であり、在来生物多様性への脅威であるため、「エイリアン侵入種」です。CBDの文脈では、「導入」とは、その自然の範囲(過去または現在)外の外来種の、間接的または直接的な人間の代理による動きを指します。人工(人工)運河であるスエズ運河は、人間の代理店です。したがって、レセップス移民は「導入された」種です(間接的で意図的ではありません)。どんな言葉を選んだとしても、それらはこの海に固有のものではないため、地中海固有の生物多様性に対する脅威を表しています。近年、エジプト政府が運河を深くし、広げる意図を発表したことで、海洋生物学者は、そのような行為が紅海の種の地中海への侵入を悪化させ、さらに多くの種が通過することを恐れている。運河。[116]

新しい熱帯大西洋種の到着

ここ数十年で、熱帯大西洋からの外来種の到着が目立つようになりました。これが、地球温暖化によって引き起こされた水の温暖化傾向のために、現在ジブラルタル海峡を通って地中海に入るこれらの種の自然地域の拡大を反映しているかどうか。または海上交通の延長。または単に、より徹底的な科学的調査の結果であるが、それでも未解決の問題である。「レセップス」運動ほど激しくはありませんが、このプロセスは科学的に興味深い可能性があり、したがって[非セクイター]は監視レベルの向上を保証する可能性があります。[要出典]

海面上昇

2100年までに、気候変動の影響の結果として、地中海の全体的なレベルは3〜61 cm(1.2〜24.0インチ)に上昇する可能性があります。[117]これは、地中海全体の人口に悪影響を与える可能性があります。

  • 海面上昇はマルタの一部を水没させます。海面上昇はまた、マルタの地下水供給における塩水レベルの上昇を意味し、飲料水の利用可能性を低下させます。[118]
  • 海面が30cm(12インチ)上昇すると、ナイルデルタの200平方キロメートル(77平方マイル)が浸水し、50万人以上のエジプト人が避難します。[119]
  • キプロスの湿地もまた、気温と海面の上昇によって破壊される危険にさらされています。[120]

沿岸の生態系も海面上昇、特にバルト海、地中海、黒海などの閉鎖された海によって脅かされているようです。これらの海には小さく、主に東西の移動回廊しかなく、これらの地域の生物の北向きの移動を制限する可能性があります。[121]次の世紀(2100)の海面上昇は30 cm(12インチ)から100 cm(39インチ)の間である可能性があり、深海でのわずか0.05〜0.1°Cの温度変化で大きな変化を引き起こすのに十分です。種の豊富さと機能の多様性において。[122]

汚染

この地域の汚染は、近年非常に高くなっています。[いつ?]国連環境計画はの6.5億トン(7.2億ショートトン)と推定している下水の129000トン(142,000ショートトン)、鉱物油、鉛の水銀の、6万トン(66,000ショートトン)、3800トン(4200ショートトン)と毎年36,000トン(40,000ショートトン)のリン酸塩が地中海に投棄されています。[123]バルセロナ条約の目的に「地中海に汚染を削減し、地域における海洋環境を保護し、改善し、それによって、その持続的な発展に貢献します」。[124]多くの海洋生物は、海の汚染のためにほとんど一掃されています。そのうちの1つは、世界で最も絶滅の危機に瀕している海洋哺乳類の1つと考えられているチチュウカイモンクアザラシです。[125]

地中海も海洋ゴミに悩まされています。スペイン、フランス、イタリアの海岸周辺でトロール網を使用した海底の1994年の研究では、特に高い平均破片濃度が報告されました。キロあたり1,935項目の平均2。プラスチックの破片が76%を占め、そのうち94%がビニール袋でした。[126]

運送

貨物船がメッシーナ海峡に向かってクルーズ

世界で最も忙しい航路のいくつかは、地中海にあります。特に、アジアとアフリカからの海のシルクロードは、スエズ運河を通って地中海に直接通じており、ピレウス、トリエステ、ジェノア、マルセイユ、バルセロナの深海の港に通じています。毎年100トン以上の約22万隻の商船が地中海を横断していると推定されています。これは世界の総商船の約3分の1です。これらの船は危険な貨物を運ぶことが多く、紛失すると海洋環境に深刻な被害をもたらす可能性があります。

化学タンクの洗浄液や油性廃棄物の排出も、海洋汚染の重要な原因となっています。地中海は世界の水面の0.7%を占めていますが、世界の海洋油汚染の17%を占めています。毎年10万トン(98,000ロングトン)から150,000トン(150,000ロングトン)の原油が海運活動から故意に海に放出されていると推定されています。

トリエステ港

地中海では年間約3億7000万トン(3億6000万ロングトン)の石油が輸送され(世界全体の20%以上)、毎日約250〜300隻の石油タンカーが海を渡っています。重要な目的地は、ドイツの石油需要の40%(バイエルン州とバーデン・ヴュルテンベルク州の100%)、オーストリアの90%、チェコの50%をカバーする、高山横断パイプラインの出発点であるトリエステ港です。共和国。[127]偶発的な油流出は頻繁に発生し、年間平均10回の流出があります。大規模な油流出は、地中海のどの地域でもいつでも発生する可能性があります。[122]

Mediterranean Sea is located in Mediterranean
Valencia
バレンシア
Barcelona
バルセロナ
Genoa
ジェノヴァ
Ambarlı
Ambarlı
Piraeus
ピレウス
Fos
Fos
Marsaxlokk
Marsaxlokk
La Spezia
La Spezia
Algeciras
Algeciras
Gioia Tauro
Gioia Tauro
Tanger-Med
Tanger-Med
Leghorn
Leghorn
Evyap
Evyap
Mersin
Mersin
Haifa
Haifa
Ashdod
Ashdod
Beirut
Beirut
Gemlik
Gemlik
Nemrut Bay
Nemrut Bay
Largest ports of the Mediterranean area per total vessel traffic as of 2016. [128]

Tourism

Kemer Beach in Antalya on the Turkish Riviera (Turquoise Coast). In 2019, Turkey ranked sixth in the world in terms of the number of international tourist arrivals, with 51.2 million foreign tourists visiting the country. [129]

The coast of the Mediterranean has been used for tourism since ancient times, as the Roman villa buildings on the Amalfi Coast or in Barcola show. From the end of the 19th century, in particular, the beaches became places of longing for many Europeans and travelers. From then on, and especially after World War II, mass tourism to the Mediterranean began with all its advantages and disadvantages. While initially the journey was by train and later by bus or car, today the plane is increasingly used.[130]

Tourism is today one of the most important sources of income for many Mediterranean countries, despite the man-made geopolitical conflicts[clarification needed] in the region. The countries have tried to extinguish rising man-made chaotic zones[clarification needed] that might affect the region's economies and societies in neighboring coastal countries, and shipping routes. Naval and rescue components in the Mediterranean Sea are considered to be among the best[citation needed] due to the rapid cooperation between various naval fleets. Unlike the vast open oceans, the sea's closed position facilitates effective naval and rescue missions[citation needed], considered the safest[citation needed] and regardless of[clarification needed] any man-made or natural disaster.

Tourism is a source of income for small coastal communities, including islands, independent of urban centers. However, tourism has also played major role in the degradation of the coastal and marine environment. Rapid development has been encouraged by Mediterranean governments to support the large numbers of tourists visiting the region; but this has caused serious disturbance to marine habitats by erosion and pollution in many places along the Mediterranean coasts.

Tourism often concentrates in areas of high natural wealth[clarification needed], causing a serious threat to the habitats of endangered species such as sea turtles and monk seals. Reductions in natural wealth may reduce the incentive for tourists to visit.[122]

Overfishing

Fish stock levels in the Mediterranean Sea are alarmingly low. The European Environment Agency says that more than 65% of all fish stocks in the region are outside safe biological limits and the United Nations Food and Agriculture Organisation, that some of the most important fisheries—such as albacore and bluefin tuna, hake, marlin, swordfish, red mullet and sea bream—are threatened.[date missing]

There are clear indications that catch size and quality have declined, often dramatically, and in many areas larger and longer-lived species have disappeared entirely from commercial catches.

Large open water fish like tuna have been a shared fisheries resource for thousands of years but the stocks are now dangerously low. In 1999, Greenpeace published a report revealing that the amount of bluefin tuna in the Mediterranean had decreased by over 80% in the previous 20 years and government scientists warn that without immediate action the stock will collapse.

  • Beach of Hammamet, Tunisia

  • The beach of la Courtade in the Îles d'Hyères, France

  • Sardinia's south coast, Italy

  • Pretty Bay, Malta

  • Panoramic view of Piran, Slovenia

  • Panoramic view of Cavtat, Croatia

  • View of Neum, Bosnia and Herzegovina

  • A view of Sveti Stefan, Montenegro

  • Ksamil Islands, Albania

  • Navagio, Greece

  • Marmaris, Turquoise Coast, Turkey

  • Paphos, Cyprus

  • Burj Islam Beach, Latakia, Syria

  • A view of Raouché off the coast of Beirut, Lebanon

  • A view of Haifa, Israel

  • Coast of Alexandria, view From Bibliotheca Alexandrina, Egypt

  • Old city of Ibiza Town, Spain

  • Les Aiguades near Béjaïa, Algeria

  • El Jebha, a port town in Morocco

  • Europa Point, Gibraltar

  • Panoramic view of La Condamine, Monaco

  • Sunset at the Deir al-Balah beach, Gaza Strip

  • Aegean dispute
  • Atlantropa
  • Babelmed, the site of the Mediterranean cultures
  • Cyprus dispute – ongoing dispute between Greek Cypriots and Turkish Cypriots
  • Cyprus–Turkey maritime zones dispute – ongoing political dispute in the Mediterranean
  • Eastern Mediterranean – Countries that are geographically located to the east of the Mediterranean Sea
  • Euro-Mediterranean Parliamentary Assembly
  • Exclusive economic zone of Greece
  • Familial Mediterranean fever
  • History of the Mediterranean region – Historical development of the Mediterranean
  • Holy League (1571)
  • Libya–Turkey maritime deal
  • List of islands in the Mediterranean – Wikipedia list article
  • List of Mediterranean countries
  • Mediterranean diet – Diet inspired by 1960s eating habits of Greece, Italy, and Spain
  • Mediterranean forests, woodlands, and scrub – Habitat defined by the World Wide Fund for Nature
  • Mediterranean Games
  • Mediterranean race – Outdated grouping of human beings
  • Mediterranean sea (oceanography) – Mostly enclosed sea with limited exchange with outer oceans
  • Piri Reis – Turkish admiral and cartographer – Early cartographer of the Mediterranean
  • Qattara Depression Project
  • Seto Inland Sea – Japanese inland sea – also known as the Japanese Mediterranean Sea
  • Tyrrhenian Basin
  • Union for the Mediterranean – Intergovernmental organization

  1. ^ Pinet, Paul R. (2008). Invitation to Oceanography. Paleoceanography. 30. Jones & Barlett Learning. p. 220. ISBN 978-0-7637-5993-3.
  2. ^ "Mediterranean Sea". Encyclopædia Britannica. Retrieved 23 October 2015.
  3. ^ "Microsoft Word – ext_abstr_East_sea_workshop_TLM.doc" (PDF). Retrieved 23 April 2010.
  4. ^ "Researchers predict Mediterranean Sea level rise – Headlines – Research – European Commission". Europa. 19 March 2009. Retrieved 23 April 2010.
  5. ^ Golvin, Jean-Claude (1991). L'Égypte restituée, Tome 3. Paris: Éditions Errance. p. 273. ISBN 2-87772-148-5.
  6. ^ Geoffrey Rickman, "The creation of Mare Nostrum: 300 BC – 500 AD", in David Abulafia, ed., The Mediterranean in History, ISBN 1-60606-057-0, 2011, p. 133.
  7. ^ a b Vaso Seirinidou, "The Mediterranean" in Diana Mishkova, Balázs Trencsényi, European Regions and Boundaries: A Conceptual History, series European Conceptual History 3, ISBN 1-78533-585-5, 2017, p. 80
  8. ^ "entry μεσόγαιος". Liddell & Scott. Archived from the original on 2 December 2009.
  9. ^ Oxford English Dictionary, 3rd ed, 2001, s.v.
  10. ^ Dehkhoda, Ali Akbar. ""دریای روم" entry". Parsi Wiki.
  11. ^ a b c Vella, Andrew P. (1985). "Mediterranean Malta" (PDF). Hyphen. 4 (5): 469–472. Archived from the original (PDF) on 29 March 2017.
  12. ^ Dehkhoda, Ali Akabar. ""دریای شام" entry". Parsi Wiki.
  13. ^ a b c "Baḥr al-Rūm" in Encyclopedia of Islam, 2nd ed
  14. ^ Diran Kélékian, Dictionnaire Turc-Français, Constantinople, 1911
  15. ^ Özhan Öztürk claims that in Old Turkish ak also means "west" and that Akdeniz hence means "West Sea" and that Karadeniz (Black Sea) means "North Sea". Özhan Öztürk. Pontus: Antik Çağ'dan Günümüze Karadeniz'in Etnik ve Siyasi Tarihi Genesis Yayınları. Ankara. 2011. pp. 5–9. Archived from the original on 15 September 2012.
  16. ^ Johann Knoblock. Sprache und Religion, Vol. 1 (Carl Winter Universitätsverlag, 1979), 18; cf. Schmitt, Rüdiger (1989). "Black Sea". Black – Encyclopaedia Iranica. Encyclopaedia Iranica, Vol. IV, Fasc. 3. pp. 310–313.
  17. ^ David Abulafia (2011). The Great Sea: A Human History of the Mediterranean. Oxford University Press.
  18. ^ Rappoport, S. (Doctor of Philosophy, Basel). History of Egypt (undated, early 20th century), Volume 12, Part B, Chapter V: "The Waterways of Egypt", pp. 248–257 (online). London: The Grolier Society.
  19. ^ Davidson, Tom (11 April 2019). "Archaeologists discover 3,600-year-old shipwreck that sunk in a storm". mirror. Retrieved 5 May 2019.
  20. ^ "Turkish archaeologists discover world's 'oldest' Bronze Age shipwreck off Antalya coast". DailySabah. 8 April 2019. Retrieved 5 May 2019.
  21. ^ "Turkey: 3,600-year-old shipwreck found in Mediterranean". www.aa.com.tr. Retrieved 5 May 2019.
  22. ^ Whelan, Ed. "Bronze Age Ship Found in the Mediterranean is World's Oldest Shipwreck!". www.ancient-origins.net. Retrieved 5 May 2019.
  23. ^ Couper, Alastair (2015). The Geography of Sea Transport. pp. 33–37. ISBN 978-1-317-35150-4.
  24. ^ Balard, Michel (2003). Bull, Marcus Graham; Edbury, Peter; Phillips, Jonathan (eds.). The Experience of Crusading, Volume 2 – Defining the Crusader Kingdom. Cambridge University Press. pp. 23–35. ISBN 978-0-521-78151-0.
  25. ^ Housley, Norman (2006). Contesting the Crusades. Blackwell Publishing. pp. 152–54. ISBN 978-1-4051-1189-8.
  26. ^ Brundage, James (2004). Medieval Italy: An Encyclopedia. Routledge. p. 273. ISBN 978-1-135-94880-1.
  27. ^ Robert Davis (5 December 2003). Christian Slaves, Muslim Masters: White Slavery in the Mediterranean, the Barbary Coast and Italy, 1500–1800. Palgrave Macmillan. ISBN 978-0-333-71966-4. Retrieved 17 January 2013.
  28. ^ "British Slaves on the Barbary Coast". Bbc.co.uk. Retrieved 17 January 2013.
  29. ^ C.I. Gable – Constantinople Falls to the Ottoman Turks - Boglewood Timeline – 1998 – Retrieved 3 September 2011.
  30. ^ "History of the Ottoman Empire, an Islamic Nation where Jews Lived" – Sephardic Studies and Culture – Retrieved 3 September 2011.
  31. ^ Robert Guisepi – The Ottomans: From Frontier Warriors To Empire Builders Archived 11 March 2015 at the Wayback Machine – 1992 – History World International – Retrieved 3 September 2011.
  32. ^ See: Brian Lavery "Nelson's Navy: The Ships, Men, and Organization, 1793–1815" (2013).
  33. ^ Mary Pelletier "A brief history of the Suez Canal" In: Apollo 3 July 2018; Harry de Wilt: Is One Belt, One Road a China crisis for North Sea main ports? in World Cargo News, 17. December 2019; Marcus Hernig: Die Renaissance der Seidenstraße (2018), pp 112; Hans Reis "Der Suezkanal – die wichtigste von Menschen geschaffene Wasserstrasse wurde vor 150 Jahren gebaut und war oft umkämpft" In: Neue Zürcher Zeitung 17 November 2019; Bernhard Simon: Can The New Silk Road Compete With The Maritime Silk Road? in The Maritime Executive, 1 January 2020.
  34. ^ "Migrant deaths prompt calls for EU action". Al Jazeera – English. 13 October 2013. Retrieved 12 December 2014.
  35. ^ "Schulz: EU migrant policy 'turned Mediterranean into graveyard'". EUobserver. 24 October 2013. Retrieved 12 December 2014.
  36. ^ "Novruz Mammadov: The Mediterranean become a burial ground".
  37. ^ "Over one million sea arrivals reach Europe in 2015". UNHCR – The UN Refugee Agency. 30 December 2015.
  38. ^ "What will Italy's new government mean for migrants?". The Local. 21 May 2018.
  39. ^ "African migrants fear for future as Italy struggles with surge in arrivals". Reuters. 18 July 2017.
  40. ^ Harald Krachler "Alois Negrelli, der Suezkanalplaner" In: Wiener Zeitung 18 January 1999.
  41. ^ "The Mediterranean Marine and Coastal Environment | UNEPMAP QSR". www.medqsr.org. Retrieved 15 September 2020.
  42. ^ a b "Sea Around Us | Fisheries, Ecosystems and Biodiversity". www.seaaroundus.org. Retrieved 15 September 2020.
  43. ^ June 2010, Remy Melina 04. "The World's Biggest Oceans and Seas". livescience.com. Retrieved 15 September 2020.
  44. ^ a b c "Limits of Oceans and Seas, 3rd edition" (PDF). International Hydrographic Organization. 1953. Archived from the original (PDF) on 8 October 2011. Retrieved 28 December 2020.
  45. ^ "Groundbreaking ceremony for bridge over Dardanelles to take place on March 18". Hürriyet Daily News. 17 March 2017. Retrieved 19 March 2017.
  46. ^ Jonah 1:3 - "But Jonah rose up to flee unto Tarshish from the presence of the LORD, and went down to Joppa; and he found a ship going to Tarshish: so he paid the fare thereof, and went down into it, to go with them unto Tarshish [...]."
  47. ^ http://www.seaaroundus.org/data/#/eez/793?chart=catch-chart&dimension=taxon&measure=tonnage&limit=10
  48. ^ "Mediterranean Sea | Facts, History, Islands, & Countries". Encyclopedia Britannica. Retrieved 15 September 2020.
  49. ^ https://wwf.panda.org/knowledge_hub/where_we_work/mediterranean/
  50. ^ "The Mediterranean coast". www.fao.org. Retrieved 15 September 2020.
  51. ^ Weather2Travel.com. "Malaga Climate: Monthly Weather Averages – Costa del Sol".
  52. ^ Weather2Travel.com. "Barcelona Climate: Monthly Weather Averages – Spain".
  53. ^ Weather2Travel.com. "Marseille Climate: Monthly Weather Averages – France".
  54. ^ Weather2Travel.com. "Naples Climate: Monthly Weather Averages – Neapolitan Riviera".
  55. ^ Weather2Travel.com. "Valletta Climate: Monthly Weather Averages – Malta – Malta".
  56. ^ Weather2Travel.com. "Venice Climate: Monthly Weather Averages – Venetian Riviera".
  57. ^ Weather2Travel.com. "Athens Climate: Monthly Weather Averages – Greece – Greece".
  58. ^ Weather2Travel.com. "Iraklion Climate: Monthly Weather Averages – Crete – Crete".
  59. ^ Weather2Travel.com. "Antalya: Monthly Weather Averages - Antalya Coast - Turkey".
  60. ^ Weather2Travel.com. "Limassol Climate: Monthly Weather Averages – Cyprus".
  61. ^ Seatemperature.org. "Mercin (alternate names - Mersin, Mersina, Mersine): Monthly Weather Averages - Turkey".
  62. ^ Weather2Travel.com. "Tel Aviv Climate: Monthly Weather Averages – Israel".
  63. ^ Seatemperature.org. "Alexandria Climate: Monthly Weather Averages – Egypt".
  64. ^ Pinet, Paul R. (1996), Invitation to Oceanography (3rd ed.), St Paul, Minnesota: West Publishing Co., p. 202, ISBN 978-0-314-06339-7
  65. ^ Pinet 1996, p. 206.
  66. ^ a b Emeis, Kay-Christian; Struck, Ulrich; Schulz, Hans-Martin; Rosenberg, Reinhild; Bernasconi, Stefano; Erlenkeuser, Helmut; Sakamoto, Tatsuhiko; Martinez-Ruiz, Francisca (2000). "Temperature and salinity variations of Mediterranean Sea surface waters over the last 16,000 years from records of planktonic stable oxygen isotopes and alkenone unsaturation ratios". Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology. 158 (3–4): 259–280. Bibcode:2000PPP...158..259E. CiteSeerX 10.1.1.378.4964. doi:10.1016/s0031-0182(00)00053-5.
  67. ^ Ludwig Ellenberg: Die Meerenge von Gibraltar – Küstenmorphologie zwischen Mittelmeer und Atlantik. In: Geographica Helvetica. Vol. 36, No. 3, 1981, pp. 109–120, doi:10.5194/gh-36-109-1981
  68. ^ Robert Hofrichter (ed.): Das Mittelmeer: Geschichte und Zukunft eines ökologisch sensiblen Raums, p. 530
  69. ^ Millot, Claude; Taupier-Letage, Isabelle (2005). "Circulation in the Mediterranean Sea" (PDF). The Mediterranean Sea. Handbook of Environmental Chemistry. 5K. pp. 29–66. doi:10.1007/b107143. ISBN 978-3-540-25018-0.
  70. ^ Millot, C. (1989). "La Circulation Générale En Méditerranée Occidentale : Aperçu De Nos Connaissances Et Projets D'études" [General Circulation in the Western Mediterranean: Overview of Our Knowledge and Study Projects]. Annales de Géographie (in French). 98 (549): 497–515. doi:10.3406/geo.1989.20925. JSTOR 23452851.
  71. ^ Gasparini, G.P.; Ortona, A.; Budillon, G.; Astraldi, M.; Sansone, E. (June 2005). "The effect of the Eastern Mediterranean Transient on the hydrographic characteristics in the Strait of Sicily and in the Tyrrhenian Sea". Deep Sea Research Part I: Oceanographic Research Papers. 52 (6): 915–935. Bibcode:2005DSRI...52..915G. doi:10.1016/j.dsr.2005.01.001.
  72. ^ Lascaratos, Alex; Roether, Wolfgang; Nittis, Kostas; Klein, Birgit (August 1999). "Recent changes in deep water formation and spreading in the eastern Mediterranean Sea: a review". Progress in Oceanography. 44 (1–3): 5–36. Bibcode:1999PrOce..44....5L. doi:10.1016/S0079-6611(99)00019-1.
  73. ^ Theocharis, Alexander; Nittis, Kostas; Kontoyiannis, Harilaos; Papageorgiou, Emanuel; Balopoulos, Efstathios (1 June 1999). "Climatic changes in the Aegean Sea influence the eastern Mediterranean thermohaline circulation (1986–1997)". Geophysical Research Letters. 26 (11): 1617–1620. Bibcode:1999GeoRL..26.1617T. doi:10.1029/1999GL900320.
  74. ^ Civitarese, G., Gacic, M., Lipizer, M., and Borzelli, G. L. E. (2010). On the impact of the Bimodal Oscillating System (BiOS) on the biogeochemistry and biology of the Adriatic and Ionian Seas (Eastern Mediterranean). Biogeosciences, 7(12) : 3987–3997. WOS :000285574100006.
  75. ^ a b Giorgi, F. (2006). Climate change hot-spots. Geophysical Research Letters, 33(8) :L08707. 15
  76. ^ Béthoux, J. P., Gentili, B., Raunet, J., and Tailliez, D. (1990). Warming trend in the western Mediterranean deep water. Nature, 347(6294) : 660–662.
  77. ^ Adloff, F., Somot, S., Sevault, F., Jordà, G., Aznar, R., Déqué, M., Herrmann, M., Marcos, M., Dubois, C., Padorno, E., Alvarez-Fanjul, E., and Gomis, D. (2015). Mediterranean Sea response to climate change in an ensemble of twenty first century scenarios. Climate Dynamics, 45(9–10) : 2775–2802
  78. ^ Uitz, J., Stramski, D., Gentili, B., D’Ortenzio, F., and Claustre, H. (2012). Estimates of phytoplankton class-specific and total primary production in the Mediterranean Sea from satellite ocean color observations: primary production in the Mediterranean. Global Biogeochemical Cycles, 26(2)
  79. ^ a b Bosc, E., Bricaud, A., and Antoine, D. (2004). Seasonal and interannual variability in algal biomass and primary production in the Mediterranean Sea, as derived from 4 years of SeaWiFS observations : MEDITERRANEAN SEA BIOMASS AND PRODUCTION. Global Biogeochemical Cycles, 18(1).
  80. ^ Lebeaupin Brossier, C., Béranger, K., Deltel, C., and Drobinski, P. (2011). The Mediterranean response to different space–time resolution atmospheric forcings using perpetual mode sensitivity simulations. Ocean Modelling, 36(1–2) : 1–25
  81. ^ d’Ortenzio, F. and Ribera d’Alcalà, M. (2009). On the trophic regimes of the Mediterranean Sea: a satellite analysis. Biogeosciences, 6(2) : 139–148
  82. ^ Moutin, T., Van Wambeke, F., and Prieur, L. (2012). Introduction to the Biogeochemistry from the Oligo- trophic to the Ultraoligotrophic Mediterranean (BOUM) experiment. Biogeosciences, 9(10) : 3817–3825.
  83. ^ Berland, B., Bonin, D., and Maestrini, S. (1980). Azote ou phosphore ? Considérations sur le paradoxe nutritionnel de la mer méditerranée. Oceanologica Acta, 3(1) : 135–141
  84. ^ Béthoux, J. P., Morin, P., Madec, C., and Gentili, B. (1992). Phosphorus and nitrogen behaviour in the Mediterranean Sea. Deep Sea Research Part A. Oceanographic Research Papers, 39(9) : 1641–1654.
  85. ^ Kress, N. and Herut, B. (2001). Spatial and seasonal evolution of dissolved oxygen and nutrients in the Southern Levantine Basin (Eastern Mediterranean Sea) : chemical characterization of the water masses and inferences on the N : P ratios. Deep Sea Research Part I : Oceanographic Research Papers, 48(11) : 2347–2372
  86. ^ Krom, M. D., Thingstad, T. F., Brenner, S., Carbo, P., Drakopoulos, P., Fileman, T. W., Flaten, G. A. F., Groom, S., Herut, B., Kitidis, V., Kress, N., Law, C. S., Liddicoat, M. I., Mantoura, R. F. C., Pasternak, A., Pitta, P., Polychronaki, T., Psarra, S., Rassoulzadegan, F., Skjoldal, E. F., Spyres, G., Tanaka, T., Tselepides, A., Wassmann, P., Wexels Riser, C., Woodward, E. M. S., Zodiatis, G., and Zohary, T. (2005). Summary and overview of the CYCLOPS P addition Lagrangian experiment in the Eastern Mediterranean. Deep Sea Research Part II : Topical Studies in Oceanography, 52(22–23) : 3090–3108.
  87. ^ Sammartino, M., Di Cicco, A., Marullo, S., and Santoleri, R. (2015). Spatio-temporal variability of micro-, nano- and pico-phytoplankton in the Mediterranean Sea from satellite ocean colour data of SeaWiFS. Ocean Sciences, 11(5) : 759–778
  88. ^ Uitz, J., Stramski, D., Gentili, B., D’Ortenzio, F., and Claustre, H. (2012). Estimates of phytoplankton class-specific and total primary production in the Mediterranean Sea from satellite ocean color obser- vations : primary production in the mediterranean. Global Biogeochemical Cycles, 26(2)
  89. ^ Ryan, William B. F. (2009). "Decoding the Mediterranean salinity crisis". Sedimentology. 56 (1): 95–136. Bibcode:2009Sedim..56...95R. doi:10.1111/j.1365-3091.2008.01031.x.
  90. ^ William Ryan (2008). "Modeling the magnitude and timing of evaporative drawdown during the Messinian salinity crisis" (PDF). Stratigraphy. 5 (3–4): 229. Archived from the original (PDF) on 4 March 2016. Retrieved 5 November 2014.
  91. ^ Garcia-Castellanos, D.; Estrada, F.; Jiménez-Munt, I.; Gorini, C.; Fernàndez, M.; Vergés, J.; De Vicente, R. (2009). "Catastrophic flood of the Mediterranean after the Messinian salinity crisis". Nature. 462 (7274): 778–781. Bibcode:2009Natur.462..778G. doi:10.1038/nature08555. PMID 20010684. S2CID 205218854.
  92. ^ Elmer LaMoreaux, Philip (2001). "Geologic/Hydrogeologic Setting and Classification of Springs". Springs and Bottled Waters of the World: Ancient History, Source, Occurrence, Quality and Use. Springer. p. 57. ISBN 978-3-540-61841-6.
  93. ^ Žumer, Jože (2004). "Odkritje podmorskih termalnih izvirov" [Discovery of submarine thermal springs] (PDF). Geografski Obzornik (in Slovenian). 51 (2): 11–17. ISSN 0016-7274. (in Slovene)
  94. ^ de la Vara, Alba; Topper, Robin P.M.; Meijer, Paul Th.; Kouwenhoven, Tanja J. (2015). "Water exchange through the Betic and Rifian corridors prior to the Messinian Salinity Crisis: A model study". Paleoceanography. 30 (5): 548–557. Bibcode:2015PalOc..30..548V. doi:10.1002/2014PA002719. hdl:1874/326590.
  95. ^ Krijgsman, W.; Fortuinb, A.R.; Hilgenc, F.J.; Sierrod, F.J. (2001). "Astrochronology for the Messinian Sorbas basin (SE Spain) and orbital (precessional) forcing for evaporite cyclicity" (PDF). Sedimentary Geology. 140 (1): 43–60. Bibcode:2001SedG..140...43K. doi:10.1016/S0037-0738(00)00171-8. hdl:1874/1632.
  96. ^ Gargani J., Rigollet C. (2007). "Mediterranean Sea level variations during the Messinian Salinity Crisis". Geophysical Research Letters. 34 (L10405): L10405. Bibcode:2007GeoRL..3410405G. doi:10.1029/2007GL029885. S2CID 128771539.
  97. ^ Gargani J.; Moretti I.; Letouzey J. (2008). "Evaporite accumulation during the Messinian Salinity Crisis : The Suez Rift Case" (PDF). Geophysical Research Letters. 35 (2): L02401. Bibcode:2008GeoRL..35.2401G. doi:10.1029/2007gl032494.
  98. ^ Govers, Rob (February 2009). "Choking the Mediterranean to dehydration: The Messinian salinity crisis". Geology. 37 (2): 167–170. Bibcode:2009Geo....37..167G. doi:10.1130/G25141A.1. S2CID 34247931.
  99. ^ Garcia-Castellanos, D.; Villaseñor, A. (15 December 2011). "Messinian salinity crisis regulated by competing tectonics and erosion at the Gibraltar arc". Nature. 480 (7377): 359–363. Bibcode:2011Natur.480..359G. doi:10.1038/nature10651. PMID 22170684. S2CID 205227033.
  100. ^ Agusti, J; Moya-Sola, S (1990). Mammal extinctions in the Vallesian (Upper Miocene). Lecture Notes in Earth Sciences. 30. pp. 425–432. doi:10.1007/BFb0011163. ISBN 978-3-540-52605-6. ISSN 1613-2580. (Abstract)
  101. ^ Politische Geographien Europas: Annäherungen an ein umstrittenes Konstrukt, Anke Strüver, LIT Verlag Münster, 2005, p. 43
  102. ^ FJ, Hilgen. Astronomical calibration of Gauss to Matuyama sapropels in the Mediterranean and implication for the Geomagnetic Polarity Time Scale, 104 (1991) 226–244 Earth and Planetary Science Letters, 1991. "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 24 July 2011. Retrieved 4 December 2009.CS1 maint: archived copy as title (link)
  103. ^ Coll, Marta, et al., "The biodiversity of the Mediterranean Sea: estimates, patterns, and threats." PLOS ONE 5.8, 2010.
  104. ^ Hsu K.J., "When the Mediterranean Dried Up" Scientific American, Vol. 227, December 1972, p. 32
  105. ^ Carrington, Damian. "UK's last resident killer whales 'doomed to extinction'", The Guardian, London, 14 January 2016. Retrieved 17 February 2019.
  106. ^ a b c d e f g h The Nature of Mediterranean Europe: An Ecological History, by Alfred Thomas Grove, Oliver Rackham, Yale University Press, 2003, review at Yale university press Nature of Mediterranean Europe: An Ecological History (review) Brian M. Fagan, Journal of Interdisciplinary History, Volume 32, Number 3, Winter 2002, pp. 454–455 |
  107. ^ Little Ice Ages: Ancient and Modern, Jean M. Grove, Taylor & Francis, 2004
  108. ^ Christian Pfister (editor), Das 1950er Syndrom: Der Weg in die Konsumgesellschaft, Berne 1995
  109. ^ The wave that destroyed Atlantis Harvey Lilley, BBC News Online, 20 April 2007. Retrieved 21 April 2007.
  110. ^ Antonio Denti, "Super volcano", global danger, lurks near Pompeii, Reuters, 3 August 2012.
  111. ^ Isaia, Roberto; Paola Marianelli; Alessandro Sbrana (2009). "Caldera unrest prior to intense volcanism in Campi Flegrei (Italy) at 4.0 ka B.P.: Implications for caldera dynamics and future eruptive scenarios". Geophysical Research Letters. 36 (L21303): L21303. Bibcode:2009GeoRL..3621303I. doi:10.1029/2009GL040513.
  112. ^ McGuire, Bill (16 October 2003). "In the shadow of the volcano". guardian.co.uk. Guardian News and Media Limited. Retrieved 8 May 2010.
  113. ^ a b "Alle kennisdossiers van het Instituut Fysieke Veiligheid" (PDF).
  114. ^ "Press corner". European Commission - European Commission. Retrieved 15 September 2020.
  115. ^ "IUCN Guidelines for the Prevention of Biodiversity Loss Caused by Alien Invasive Species" (PDF). International Union for Conservation of Nature. 2000. Archived from the original (PDF) on 15 January 2009. Retrieved 11 August 2009.
  116. ^ Galil, B.S. and Zenetos, A. (2002). A sea change: exotics in the eastern Mediterranean Sea, in: Leppäkoski, E. et al. (2002). Invasive aquatic species of Europe: distribution, impacts and management. pp. 325–336.
  117. ^ "Mediterranean Sea Level Could Rise By Over Two Feet, Global Models Predict". Science Daily. 3 March 2009.
  118. ^ "Briny future for vulnerable Malta". BBC News. 4 April 2007.
  119. ^ "Egypt fertile Nile Delta falls prey to climate change". 28 January 2010. Archived from the original on 9 February 2011.
  120. ^ "Cyprus wetlands in danger of being destroyed by climate change". cyprus-mail.com. 8 November 2019.
  121. ^ Nicholls, R.J.; Klein, R.J.T. (2005). Climate change and coastal management on Europe's coast, in: Vermaat, J.E. et al. (Ed.) (2005). Managing European coasts: past, present and future. pp. 199–226.
  122. ^ a b c "Other threats in the Mediterranean | Greenpeace International". Greenpeace. Archived from the original on 16 April 2010. Retrieved 23 April 2010.
  123. ^ "Pollution in the Mediterranean Sea. Environmental issues". Explorecrete.com. Retrieved 23 April 2010.
  124. ^ "EUROPA". Europa. Archived from the original on 9 April 2009. Retrieved 23 April 2010.
  125. ^ "Mediterranean Monk Seal Fact Files: Overview". Monachus-guardian.org. 5 May 1978. Retrieved 23 April 2010.
  126. ^ "Marine Litter: An Analytical Overview" (PDF). United Nations Environment Programme. 2005. Retrieved 1 August 2008.
  127. ^ Thomas Fromm "Pipeline durch die Alpen: Alles im Fluss" In: Süddeutsche Zeitung, 26 December 2019.
  128. ^ Arvis, Jean-François; Vesin, Vincent; Carruthers, Robin; Ducruet, César; de Langen, Peter (2019). Maritime Networks, Port Efficiency, and Hinterland Connectivity in the Mediterranean. International Development in Focus (PDF). Washington, DC: World Bank. p. 41. doi:10.1596/978-1-4648-1274-3. hdl:10398/08c83467-00f6-4f56-9833-1beda9f7734f. ISBN 978-1-4648-1274-3.
  129. ^ UNWTO Tourism Highlights: 2019 Edition | World Tourism Organization. 2019. doi:10.18111/9789284421152. ISBN 978-92-844-2115-2.
  130. ^ Rüdiger Hachtmann "Tourismus-Geschichte." (2007); Attilio Brilli "Quando viaggiare era un'arte. Il romanzo del grand tour." (1995).

  • Mediterranean Sea Microorganisms: 180+ images of Foraminifera
  • Eastern Mediterranean Sea Long Term Ecological Research Station