中世のコミューン

Hashtags #中世のコミューン

中世のコミューン語源et起源

中世コミューンでのヨーロッパ 中世の町や都市の市民の間で(伝統的な自由の両方の物理防御力との)相互防衛の忠誠を誓っていました。これらは多くの形態を取り、組織と構成が大きく異なりました。

で唯一の防御塔 サン・ジミニャーノトスカーナ、コミューン内の派閥争いにクマの目撃者。

コミューンは11世紀後半から12世紀初頭に最初に記録され、その後広く普及した現象になりました。彼らはイタリア中北部でより大きな発展を遂げ、部分的な民主主義に基づいて都市国家になりました。同時にドイツでは、彼らは地元の貴族から独立した自由都市になりました。

英語とフランス語の単語「commune」(イタリア語comune)は、ラテン語のレコードにさまざまな形式で表示されます。彼らはから来る中世ラテン communia、の複数形コミューン(共通であることを、コミュニティ、状態)、から実質的な名詞communis(共通)。最終的に、インド・ヨーロッパ祖語の語根は* mey-(変更、交換)です。

暴力的な蜂起と転覆によって自治権が獲得されたとき、コミューンはしばしば陰謀(陰謀)と呼ばれていました(イタリア語cospirazione)。

10世紀、西ヨーロッパのいくつかの地域で、農業(三圃式農業)の進歩により生産性が向上し、競争が激化したため、農民は壁に囲まれた人口密集地に引き寄せられ始めました。で、中央北部イタリア、そして中プロヴァンスセプティマニア、古代ローマ都市のほとんどが生き残っ-さえしていた草が彼らの中で育った場合の通り、大部分の管理センターとしての教区や堂々遠くの地域の代表者や皇帝の権力のために。では低い国、いくつかの新しい町は長距離貿易、時に設立された[1]ステープル毛織物づくり産業でした。これらのアボボの町の場所は、多くの場合、伯爵、司教、または領土の修道院長の要塞化されたバラでした。このような町はラインラントにも設立されました。他の町は単に市場の村、地元の交流の中心地でした。

そのような町民は、無法な貴族や盗賊からの物理的保護を必要としていました。これは、共同体の壁の後ろに集まる動機の一部ですが、自由、自分たちの業務を遂行および規制する自由、司教、修道院長からの恣意的な課税や嫌がらせからの安全を確立するためにも努力しました、またはその管轄区域にこれらのあいまいで無視できる社会的部外者がいることを数えます。これは、市場を維持する権利などの基本を保証する憲章を取得するのに苦労した長いプロセスでした。そのような憲章はしばしば法外な料金で購入されたり、地方の権力によってではなく、権力を集中させるために町を同盟国として参加させることを望んでいた王や皇帝によって付与されました。[2]

城壁都市はpettiestレベルでの企業の干渉の価格で直接攻撃からの保護を提供しますが、町民は、街の壁を残した後、(ほとんど旅していない女性のための)彼は田舎でしばしば暴力と無法貴族のなすがままでした。中世ヨーロッパの多くは保護を提供する中央の権限を欠いていたため、各都市は市壁の内側と外側の両方で市民に独自の保護を提供する必要がありました。このように、町はコミューンを形成しました。これは、都市を自治法人に変えるための法的根拠でした。ほとんどの場合、コミューンの開発は都市の開発と関連していた。しかし、特にフランスとイギリスには、村人の共通の利益を守るために形成された田舎のコミューンがありました。彼らの中心にあるコミューンは、相互防衛の忠誠を誓った。コミューンが結成されると、参加者全員が集まり、式典で誓いを立て、トラブルの際にお互いを守り、市内の平和を維持することを約束しました。

コミューン運動は10世紀に始まり、フォルリ(おそらく889)のような初期の運動がいくつかあり、当時ヨーロッパで最も都市化された人口を抱えていたイタリア北部で11世紀に勢いを増しました。その後、12世紀初頭にフランスドイツスペインなどに広がりました。イギリスの州はすでに非常に中央集権化されていたため、共同運動は主に小教区、職人、商人のギルドや修道院に現れました。神聖ローマ帝国が都市、騎士、農民共和国、司教領、および帝国の領主の大規模な領域の共同連合によって支配されていた間、州の公務は12世紀以降イギリスとフランスで拡大しました。東ヨーロッパでは、キエフ大公国の分裂により、ノヴゴロド共和国[3](1136-1478)やプスコフ共和国[4](1348-1510)のようなヴェーチェコミューンの形成が可能になりました。

フランスの都市共同体の4分の1は、1300年までに市長とエシェヴァン(フランス北部)または執政ジュラト(フランス南部)の管理下にあり、この数は、都市の壁建設の財政的需要により、次の2世紀で急速に増加しました。 。多くの人が集会の権利を与えられ、行政権はしばしば、選出された1人の役人、市長または最初の領事に集中し、諮問委員会がありました。選挙はしばしば裕福な地元の商人エリートに制限されていました。[5]

中世スペインでは、都市コミュニティは、コンセホアビエルトまたは不動産所有者の開かれた評議会を通じて自治していました。より大きな町は、町とその周辺の土地を1つのコミュニダードとして管理していたレジドール(町議会議員)とアルケード(法務官)に権限を委任しました。中世以降、派閥の対立を解決するために、役人の選択は選挙から仕分けに変更されました。[6]カンタブリアでは、ブルゴスが率いる船乗りの町が、ハンザ同盟に似た組織であるエルマンダッドデラスマリスマス(マーシュ兄弟)を結成した。1470sでサンタHermandadや聖同胞団は、形成された全ての市町村がに代表を送った軍事政権の一般的な保護貿易への法執行を調整するだろう。[7]

アダルベロンによれば、社会は、戦う者(貴族)、祈る者(聖職者)、働く者(農民)の3つの秩序で構成されていました。理論的には、これは精神的な仲間と世俗的な仲間の間のバランスであり、第三会は他の2人に労働力を提供しました。都市のコミューンはこの順序での休憩でした。教会と王はどちらもコミューンに対してさまざまな反応を示しました。一方で、彼らは安全と無法な貴族からの保護が皆の最善の利益であることに同意しました。コミューンの意図は、復讐の脅威を通して平和を維持することであり、教会は平和の最終結果に同情しました。

しかし、教会には、たとえば神の平和と真実の運動など、平和を強制する独自の方法がありました。いくつかのコミューンは、コミューンが使用した方法、目には目を、暴力が暴力を生むという方法が一般的に教会や王に受け入れられなかったという点で、中世社会の秩序を混乱させました。コミューンが中世の社会秩序を脅かすという考えがいくつかの中にありました。慣習により高貴な領主だけが戦うことを許され、表面上は商人の町民は戦士ではなく労働者でした。そのため、貴族や聖職者はコミューンを受け入れることもありましたが、受け入れないこともありました。コミューンが抑圧され、その結果として反抗的な都市の反乱が起こった最も有名な事例の1つは、1112年にフランスの町ラオンで発生しました。[8]

中世の田舎のコミューンの開発は、防御的なニーズからではなく、コモンズを管理するために協力する必要性から生じました。中央政府が弱い時代には、コミューンは通常、商業を可能にするためにその領土を通る道路の安全を確保するために形成されました(Landfrieden)。これらの中世のコミュニティの中で最も成功したものの1つは、ゴッタルド峠の北にある高山の谷にあるコミュニティでした。これは後に原初同盟の結成をもたらしました。スイスには多数の同盟が書かれていました。南軍に加わった新しいカントンごとに、新しい契約が書かれました。

スイスのEidgenossenschaftの他に、チロル郡にも同様の田舎の高山コミューンがありましたが、これらはハプスブルク家によって破壊されました。他のそのような地方のコミューンは、グラウビュンデン、フランスアルプス(ブリアンソン)、ピレネー山脈、フランス北部(ルマール)、ドイツ北部(フリジアとディットマールシェン)、そしてスウェーデンとノルウェーで開発されました。Walserの植民地化も関連しています。

南ヨーロッパの中世のコミューンの中にはイタリアの先例の影響を受けたものもありますが、多くの北のコミューン(そしてゴッタルド峠の北にあるスイスのコミューンでさえ)はイタリアのコミューンとは独立して同時に発展した可能性があります。これらの中世の田舎のコミューンのうち、帝国法を達成したのはほんのわずかであり、王または皇帝のみに服従していたでしょう。ほとんどの人は、多かれ少なかれ遠いリエージュの対象のままでした。[9]

イタリア北部では11世紀に、新しい政治的および社会的構造が出現しました。この時、いくつかの中世のコミューンは都市国家の形に発展しました。このことから生まれた市民文化urbs。コミューンが発生したほとんどの場所(フランス、イギリス、フランダースなど)では、コミューンが出現したときに君主国家に吸収されました。ややユニークで、イタリア北部と中央部にあるものは、独立した強力な都市国家になります。

これらのコミューンによる封建的大君主からの離脱は、12世紀後半から13世紀にかけて、教皇と神聖ローマ皇帝の間の叙任論争の最中に起こりました。ミラノは神聖ローマ皇帝に対してロンバードの都市を率いてそれらを打ち負かし、独立を獲得しました(レニャーノの戦い、1176年とパルマの戦い、1248年)。一方、ヴェネツィア共和国、ピサ、ジェノヴァは、地中海で海軍帝国を征服することができました(1204年、ヴェネツィアは第4回十字軍でビザンチン帝国の8分の3を征服しました)。パルマ、フェラーラ、ヴェローナ、パドヴァ、ルッカ、シエナ、マントヴァなどの都市は、隣人を犠牲にして安定した状態を作り出すことができ、そのいくつかは現代まで続いた。で南イタリア次いで、王国、自律コミューンは、稀だったサッサリサルデーニャ島では、一例です。[要出典]

で神聖ローマ帝国、皇帝は1手のランド王子が、また一方で都市やコミューン:常に他の強力なプレイヤーと顔闘争しなければなりませんでした。したがって、皇帝は常に彼らの立場と帝国君主制の立場を強化するために政治的(必ずしも軍事的ではない)戦いを戦った。では1356年のゴールデン・ブル、皇帝チャールズIVは、いかなる非合法conjurationes、confederationes、および、conspirationesを特に意味の町のリーグも湧いていた農村共同リーグ。その後、ほとんどの都市同盟は解散し、時には強制的に解散し、再建された場合、その政治的影響力は大幅に減少しました。それにもかかわらず、これらのコミューンのいくつか(フランクフルト、ニュルンベルク、ハンブルクなど)は何世紀にもわたってドイツで生き残ることができ、神聖ローマ皇帝にとってほぼ独立した都市国家の家臣になりました(帝国自由都市を参照)。

アナキストのピョートル・クロポトキンは、中世のコミューンとそのギルドシステムで表現された相互扶助と相互防衛の要素は、現代の共産主義と社会主義に見られる集団的自己防衛の同じ感情であると主張した。[10]

  • ロンバルディア同盟
  • ハンザ同盟
  • イタリアの都市国家
  • シニョリーア
  • 帝国自由都市

  1. ^ そのような例は、アンリ・ピレンヌ(中世の都市:その起源と貿易の復活(1927)、モハメッドとシャルルマーニュ(1937))に彼がおそらく[独自の研究?]あまりにも広く適用されています。
  2. ^ Cantor、Norman F.(1994-06-03)。中世の文明。ハーパーコリンズ。p。231. ISBN 9780060925536
  3. ^ ルーキン、パベルV.(2017)。「ノヴゴロド:独立時の貿易、政治、精神」。ではBlockmans、ヴィム。クロム、ミハイル; Wubs-Mrozewicz、Justyna(編)。ヨーロッパ周辺の海事貿易のラウトレッジハンドブック1300〜1600:商業ネットワークと都市の自律性。ルーチン履歴ハンドブック。ロンドン:テイラーアンドフランシス。p。305. ISBN 97813152785682018417日取得[...]西ヨーロッパの同時代人は、ノヴゴロドの政治システムの特殊性に精通しており、それを都市のコミューン、コミュニティとして認識し、彼らが自分たちに適用したのと同じ用語で説明しました(ブルグント人または北ドイツ人)都市コミュニティ。
  4. ^ Voivin、Alexei; クロム、ミハイル(2017)。「14世紀と15世紀のプスコフの街:バルト海の貿易と制度の成長」。ではBlockmans、ヴィム。クロム、ミハイル; Wubs-Mrozewicz、Justyna(編)。ヨーロッパ周辺の海事貿易のラウトレッジハンドブック1300〜1600:商業ネットワークと都市の自律性。ルーチン履歴ハンドブック。ロンドン:テイラーアンドフランシス。p。319. ISBN 97813152785682018417日取得プスコフとノヴゴロドの商人、およびリヴォニアの都市からの彼らのパートナーは、彼らの兄弟の行為に責任がある宣誓した兄弟の地元のコミューンを形成しました。[...]プスコフには、コミューンになるためのいくつかの他の前提条件(中央同盟国の真空、教区組織など)がありましたが、貿易関係もその共同体構造を支持した可能性があります。
  5. ^ グレアムスモール(2009)。中世後期フランス。マクミラン国際高等教育。pp。185–192。ISBN 1137102152
  6. ^ ヘンリー・ケイメン(2005)。スペイン、1469-1714:紛争の社会(図解版)。ピアソン/ロングマン。pp。24–26。ISBN 0582784646
  7. ^ ヘンリー・ケイメン(2005)。スペイン、1469-1714:紛争の社会(図解版)。ピアソン/ロングマン。頁。14、19 ISBN 0582784646
  8. ^ フランク・バーロウ、イングランドの連邦王国1042-1216(1988年第4版)、p。261。
  9. ^ イム・ホーフ、ウルリッヒ・イム・ホーフ(2007)。Geschichte derSchweiz。コールハンマー・フェアラーグ。ISBN 978-3-17-019912-5
  10. ^ ピョートル・クロポトキン(1902)相互援助:進化の要因。

  • カンター、ノーマンE. 1993年。中世の文明(ニューヨーク:ハーパーコリンズ)
  • ジョーンズ、フィリップ。1997年。イタリアの都市国家:コミューンからシニョーリアまで。(オックスフォード:オックスフォード大学出版局)
  • ランシング、キャロル、1992年。フィレンツェのマグネイト:中世のコミューンの血統と派閥。(プリンストン:プリンストン大学出版局)
  • セラ、ピエトロ、「ブゲルのコミューンの法令(ビエッラ)」 1904年。ピエモンテのコミューンの14世紀の法令(ラテン語と英語の翻訳)は、コミューンの性質を鮮明に詳細に表現し、中世社会と中世の作品を表現しています。人。
  • タバコ、ジョバンニ、1989年。中世イタリアにおける権力闘争:政治的支配の構造、400-1400、翻訳者、ロザリンド・ブラウン・ジェンセン(ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局)
  • ウェイリー、ドナルド、1969年など。イタリアの都市-共和国(第3版ニューヨーク:ロングマン、1988年)。
  • グエルフ大学、「都市の過去:IV。中世の都市」参考文献。

  • ブリタニカ百科事典1911年:「中世のコミューン」
  • (イタリア語) Itinerari medievali:risorse per lo studio del Medioevo