エルサレム

Hashtags #エルサレム

エルサレム内容et名前:歴史と語源
Extended-protected article
ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

エルサレム/ dʒ ə R U S əl ə M / ;ヘブライ語:יְרוּשָׁלַיִם Yerushalayimの;アラビア:القدسアルクドゥスまたはBaytアルMaqdisも綴らBaitul Muqaddas [10] [11] [注2])aは西アジアの都市、地中海と死海の間のエルサレム山脈の高原にあります。世界で最も古い都市の1つです、と考えられている神聖な三の大へのアブラハムの宗教-ユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教。イスラエルとパレスチナ自治政府はどちらもエルサレムを首都と主張しています。イスラエルはエルサレムに主要な政府機関を維持しており、パレスチナ国は最終的にエルサレムを権力の座として予見しているからです。ただし、どちらの主張も国際的に広く認識されていません。[注3] [12]

その長い歴史を通して、エルサレムは少なくとも2回破壊され、23回包囲され、44回捕獲され、再捕獲され、52回攻撃されました。[13]ダビデの町と呼ばれるエルサレムの部分は、遊牧民の羊飼いの野営地の形で、紀元前4千年紀に最初の定住の兆候を示しています。[14]カナン神話時代(紀元前14世紀)、エルサレムは古代エジプトのタブレットでウルサリムと名付けられました。これはおそらくカナン神話にちなんで「シャレムの街」を意味します。中にイスラエルエルサレムでの重要な建設活動は紀元前9世紀(鉄器時代II)に始まり、紀元前8世紀に都市はユダ王国の宗教と行政の中心地に発展しました。[15] 1538年、スレイマン1世の下でエルサレム周辺に城壁が最後に再建された。今日、これらの壁は旧市街を定義しています。旧市街は伝統的に4つの地区に分割されており、19世紀初頭からアルメニア、キリスト教、ユダヤ人、イスラム教徒の地区として知られています。[16]旧市街は世界遺産になりました1981年に、そして危険の世界遺産のリストにあります。[17] 1860年以来、エルサレムは旧市街の境界をはるかに超えて成長してきました。 2015年、エルサレムの人口は約85万人で、そのうち約20万人が世俗的なユダヤ人イスラエル人、35万人が超正統派ユダヤ人、30万人がパレスチナ人でした。[18] [注4] 2016年の人口は882,700人で、そのうちユダヤ人は536,600人(60.8%)、イスラム教徒は319,800人(36.2%)、キリスト教徒は15,800人(1.8%)、未分類は10,300人(1.2%)でした。[20]

聖書によれば、ダビデ 王はエブス人から都市を征服し、イスラエル王国の首都として確立し、息子のソロモン王は第一神殿の建設を依頼しました。[注5]現代の学者はユダヤ人から分岐していると主張カナンの別個monolatrousの開発を通して人々と文化- 、宗教エル/ヤハウェを中心-以降一神教[22] [23] [24]跨ぎ、これらの基礎のイベントは紀元前1千年紀の夜明けは、中央の象徴と仮定重要性のためにユダヤ人。[25] [26]聖霊の聖霊降臨祭עירהקודש、音訳された ' ir haqodesh)は、おそらく亡命後の時代にエルサレムに付けられた。[27] [28] [29]キリスト教におけるエルサレムの神聖さは、キリスト教徒が自らの権威として採用したセプトゥアギンタ[30]で保存されており、[31]そこでのイエスの磔刑に関する新約聖書の記述によって補強された。でイスラム教スンニ派、エルサレムは後に、サード最も神聖な都市であるメッカとメディナ。[32] [33] イスラムの伝統では、西暦610年に最初のキブラとなり、イスラム教徒の祈り(サラッ)の中心となり[34]、ムハンマドは10年後にそこで夜の旅をし、天国に昇り、そこで話しました。神よ、コーランによれば。 [35] [36]のみの面積持つにもかかわらず、その結果、0.9キロ2 3 / 8 平方マイル)、 [37]旧市街は、精液の多くのサイトに家である宗教的な重要性をそれらの間で、神殿の丘そのと嘆きの壁、岩のドームとアル・アクサ・モスク、と聖墳墓教会。旧市街の外には庭園の墓があります。

今日、エルサレムの地位は、イスラエルとパレスチナの紛争の中心的な問題の1つであり続けています。中に1948年のアラブ・イスラエル戦争、西エルサレムは領域のうちだった捕獲以降ながらイスラエルに併合東エルサレム旧市街を含む、捕獲されたと後で併合によってヨルダン。イスラエルは1967年の間、ヨルダンから東エルサレムをキャプチャし第三次中東戦争、その後併合一緒に追加の周囲の領土で、エルサレムにそれを。[注6]イスラエルの基本法の1つ、1980年のエルサレム法は、エルサレムを国の分割されていない首都と呼んでいます。イスラエル政府のすべての支店を含めて、エルサレムに位置していクネセト(イスラエル国会)の住宅首相(ベイトAGHION)と社長(ベイトHaNassi)、および最高裁判所。国際社会は違法ととして扱い、東エルサレムを併合などを拒否し、イスラエルによるパレスチナ自治区。[41] [42] [43] [44]

名前:歴史と語源

古代エジプトの情報源

呼ばれる都市Rušalimでexecrationテキストのエジプト中王国(C。紀元前19世紀)が広くですが、普遍的に、エルサレムと識別されません。[45] [46]エルサレムは、アブディ・ヘバ(西暦前1330年代)のアマルナ文書ではウルシャリムと呼ばれています。[47]

語源

「エルサレム」という名前は、「シャレム神の基礎(発見され、礎石を築くためのセム族のyry」)を意味するようにさまざまに語られています。[48] [49]したがって、シャレム神は青銅器時代の都市の最初の守護神でした。[50]

シャリムまたはシャレムは、カナン神話の夕暮れの神の名前であり、その名前は、ヘブライ語で「平和」を意味するのと同じルートSLMに基づいています(現代のアラビア語とヘブライ語のSalamまたはShalom)。[51] [52]このように、この名前は「平和の街」、[49] [53]「平和の住まい」、[54] [55]「平和の住居」(「安全に設立された」などの語彙にそれ自体を提供した。")、[56]交互に、一部のクリスチャン作家の「平和のビジョン」。[57]

末尾の-ayimは二重を示しているため、エルサレムという名前は、都市が最初は2つの丘にあったという事実を指しているという示唆につながります。[58] [59]

ヘブライ語の聖書とユダヤ人の情報源

YerushalemまたはYerushalayimの形式は、聖書のヨシュア記に最初に登場します。ミドラーシュによれば、この名前は、神によって結ばれた2つの名前、イレ(「住む場所」、アブラハムが息子を犠牲にする予定の場所に付けた名前)とシャレム(「平和の場所」)の組み合わせです。大祭司セムによって与えられた名前)。[60]

「エルサレム」の最も古い書面による言及

最も初期の超聖書の一つのヘブライ語エルサレムの書き込みは、6又は7世紀BCEに日付を記入された[61] [62]とで発見されたKhirbetベイトレイ近くベイトGuvrin 1961年碑文の状態に:「私はヤハウェあなたの午前神よ、私はユダの町を受け入れ、エルサレムを贖います」、[63] [64] [65]または他の学者が示唆するように、「ヤーウェは全地球の神です。ユダの山々は彼のものです。エルサレムの神」。[66] [67]パピルスに関する古い例は前世紀から知られています。[68]

聖書外の碑文では、-ayimの終わりの最も初期の既知の例が、紀元前1世紀にさかのぼる古代エルサレムの西約3kmの柱で発見されました。[68]

ダビデの町、シオン、エブス

聖書によれば、ギホンの泉の上の丘に青銅器時代に設立されたエルサレムの古代集落は、エブスと名付けられました。[69] [70])。[71](「シオンの要塞」と呼ばれるがmetsudatシオン)、それは次のようにデビッドにより改名されたダビデの町、[72]と古代でこの名前で知られていました。[73] [74]別名「シオン」は、当初は都市の別の部分を指していたが、後に都市全体を意味し、聖書のイスラエルの地を表すようになった。

ギリシャ語、ローマ語、ビザンチン語の名前

ギリシャ語とラテン語では都市の名前が音訳されたHierosolyma ;:(ギリシャ語でἹεροσόλυμαギリシャhieròsἱερός都市の名前が変更されたものの、神聖な、手段)アエリア・カピトリナの一部のためにローマの歴史の期間。

セーラム

アラム ジェネシスのApocryphonの死海(1QapGen午前22時13分)が、以前の「セーラム」(שלם)とエルサレム等しく、王国と言わメルキゼデクジェネシス14で[75] 、他の初期ヘブライ源[76]初期キリスト教の詩のレンダリング[77]のtargumim[78]しかし、近くでイスラエル北部でセーラムを入れシケム今、(Sichem)ナブルス、早期の神聖なヘブライ語の書き込みで、いくつかの重要性の都市が。[79]おそらく、創世記の黙示録の編集者は、当時サマリア人が所有していたシェケムの地域からメルキゼデクを分離したいと考えていました。[80]しかし、それはそうかもしれないが、後のラビの情報源はまた、主にメルキゼデクを後の寺院の伝統に結びつけるために、セーラムをエルサレムと同一視している。[81]

アラビア語の名前

アラビア語では、エルサレムは最も一般的にالقُدسとして知られており、al-Qudsとして音訳され、「聖なる」または「聖なる聖域」を意味します。[54] [55]公式イスラエル政府の政策義務付けているأورشليم、と音訳Ūršalīmヘブライ語と英語の名前の同族である、と一緒に都市のためのアラビア語名として使用することالقدسأُورُشَلِيمَ-القُدس[82]この街出身のパレスチナアラブの家族はしばしば「と呼ばれQudsi」または「Maqdisiパレスチナのイスラム教徒Jerusalemitesのようにこれらの用語を使用するかもしれないが、」住民の呼称。[83]

歴史

ユダヤ人のナショナリズム(シオニズム)とパレスチナのナショナリズムの両方における都市の中心的な位置を考えると、約5、000年の人が住んでいる歴史を要約するために必要な選択性は、しばしばイデオロギー的偏見や背景に影響されます。[84]イスラエル人またはユダヤ人の民族主義者は、土地に対するユダヤ人の先住民族、特にエルサレムが彼らの首都であるイスラエル人の起源と子孫、そして彼らの帰還への憧れに基づいて、都市への権利を主張している。[85] [86]対照的に、パレスチナの民族主義者は、現代のパレスチナ人に基づいて都市への権利を主張している'何世紀にもわたってこの地域に定住または住んできた多くの異なる人々からの長年の存在と降下。[87] [88]双方は、都市に対する相対的な主張を強化するために、都市の歴史が他方によって政治化されたと主張し[89] [90] [91]、これは異なる焦点によって裏付けられているさまざまな作家が、街の歴史のさまざまな出来事や時代を紹介しています。

エルサレムの歴史的時代の概要

Reunification of JerusalemOccupation of the West Bank and East Jerusalem by JordanBritish EmpireOttoman EmpireMamluk Sultanate (Cairo)Ayyubid EmpireKingdom of JerusalemAyyubid EmpireKingdom of JerusalemFatimid CaliphateSeljuq EmpireFatimid CaliphateIkhshididAbbasid CaliphateTulunidAbbasid CaliphateUmayyad CaliphateRashidun CaliphateByzantine EmpireSassanid EmpireByzantine EmpireRoman EmpireHasmonean KingdomSyrian WarsAchaemenid EmpireNeo-Babylonian EmpireLate Period of ancient EgyptNeo-Babylonian EmpireNeo-Assyrian EmpireKingdom of JudahUnited Monarchy of IsraelJebusiteEgyptian New KingdomCanaan

年齢

エルサレム本物

歴史家や考古学者にとって、エルサレムの時代を議論する際に考慮されるのは、ダビデの町として知られるエルサレムの南東の丘です。これは、古代エルサレムで恒久的な定住が始まったと考えられる最も広く受け入れられている場所であるためです。 。

シュアファット

実際、それぞれの記事が、歴史的および考古学的にエルサレムと同一視できない町である近くのシュアファットからの発見を扱っていたとき、エルサレムの時代を押し戻さなければならないと主張する紛らわしい報道見出しがありました。

後第三次中東戦争1967年、Shuafatは国際的に認められない動きで、エルサレム市区に組み込まれました。[92] [93]シュアファットは、エルサレムの最も古い歴史的地域、いわゆるダビデの町の北約6キロメートル、城壁に囲まれた旧市街の北約5キロメートルに位置している。今日のシュアファットは、青銅器時代を通して、西暦70年にエルサレムが破壊されるまで[94]、さらにはエルサレムの主要な第二神殿時代の北ネクロポリスの外でさえ、隣人エルサレムの入植地の外に置かれました。[95]シュアファットは、考古学的な用語で「エルサレムの近くにある」と公式に説明されています。[96]

シュアファットには断続的な入植の歴史があり、一部はエルサレム以外の時代からのものであり、銅器時代からの7、000年前の建築物の発見[97]、そして第二神殿時代(紀元前2〜1世紀、要塞化された農業集落)[98 ] [99] [100]と、ユダヤ・ローマ戦争の終結(66–70)からバルコクバの反乱(132–135)までの短い期間で、2〜4日に小規模に再居住された。何世紀にもわたってCE。[101]

先史時代

ダビデの町としても知られる南東の丘は、歴史的なエルサレムの最初の中核です。[102] [14]があり、ギホン春はセラミックスとフリントを残し、6000と7000の間に年前に水の近くでキャンプ放牧を集めたアーティファクト[14]の間、銅器時代、または銅年齢(C。4500から3500 BCE)。[102] [103]

古代

石構造の段にOphel /ダビデの町、エルサレムの最も古い部分

恒久的な家屋は数世紀後に南東の丘にのみ出現し、青銅器時代初期のIまたはIIの間に、紀元前3000年から2800年頃に小さな村が出現しました[14] [103][102]この最初の入植地をオーヘルの尾根と呼ぶ人もいる。[104]当時の都市の住民はカナン人であり、学者たちは、ヤハウェ中心の一神教の明確な信念体系の発展を通じてイスラエル人に進化したと信じている。[105] [106] [24]

Execrationテキスト(C。19世紀BCE)と呼ばれる都市を参照rwš3lmm、様々として転写Rušalimum / Urušalimum / ROSH、ラーメン[103] [107]とアマルナ文字(C。紀元前14世紀)が最も早くすることができます都市の言及。[108] [109]ナダブ・ナアマンは、王国の中心が紀元前18世紀頃にまでさかのぼるので、その要塞を主張している。[110]

青銅器時代後期、エルサレムはエジプトの血管都市国家の首都であり[111]、小さなエジプトの駐屯地があり、アブディ・ヘバ王などの任命者によって統治されていた、いくつかの郊外の村や牧歌的な地域を統治する控えめな集落でした[111] 。 112]は時セティI(R。1290年から1279年BCE)とラムセスII繁栄が増加するにつれて(R。1279年から1213年BCE)、主要な建設が行われました。[113]

古代イスラエル時代の考古学的遺跡には、ユダの王ヒゼキヤによって建設され、かつてはシロアム碑文として知られている古代ヘブライ語の碑文が含まれていた水道橋であるシロアムトンネルが含まれます。[114]いわゆるブロードウォール、これもヘゼキアによって紀元前8世紀に建てられた防御的な要塞。[115] SilwanのネクロポリスとSilwanのモノリス及びロイヤルスチュワードの墓歴史的で飾られた、ヘブライ語の碑文。[116]そしていわゆる古代の要塞の残骸であるイスラエルの塔は、大きくて頑丈な岩と彫刻された礎石から建てられました。[117]この時期にさかのぼる巨大な貯水池が、ロビンソンアーチの近くで2012年に発見されました。これは、ユダ王国時代に神殿の丘の西側に密集した地区が存在したことを示しています。[118]

ネブカドネザルの 新バビロニア帝国 がユダとエルサレムを征服し、ソロモンの神殿と都市に浪費したため、最初の神殿の期間は西暦前586年頃に終わりました。[119]

聖書の記述

カナンがエジプト帝国の一部を形成したこの時期は、聖書の記述ではヨシュア記の侵略に対応していますが[120]、ほとんどすべての学者は、ヨシュア記が初期イスラエルにとって歴史的価値をほとんど持たないことに同意しています。[121]

聖書では、エルサレムは、エブス人によって占領されているにもかかわらず、ベニヤミン族に割り当てられた領域内にあると定義されています[122]。ダビデは、これらを征服したと言われているJebusの包囲、そして彼からの資本移転ヘブロンその後、団結の首都となったエルサレムイスラエル王国、[123]とそのいくつかの宗教的な中心地の一つを。[124]選択はおそらく、エルサレムがイスラエルの部族システムの一部を形成しておらず、したがってその連合の中心として機能するのに適していたという事実によって決定された。[113]意見は、いわゆる大きな石造りの建造物と近くの階段状の石造りの建造物は、ダビデ王の宮殿と同一視されるか、後の時代にさかのぼります。[125] [126]

聖書のテキストに基づいた、ソロモンの神殿の時代遅れの(1910)再建

聖書によると、王ダビデは40年間在位[127]と彼の息子によって成功したソロモン、[128]に構築聖なる神殿のモリヤ山を。ソロモンの神殿(後に第一神殿として知られる)は、契約の箱の保管場所としてユダヤ教において極めて重要な役割を果たしました。[129]ソロモンの死後、イスラエル北部の10部族は、イスラエル北部の王、預言者、司祭、宗教に関連する伝統、首都、寺院とともに、統一君主制を破り、自国を形成した。南部の部族は、アーロニドの神権はエルサレムに残り、その都市はユダ王国の首都になりました。[130] [131]

アッシリア人 が紀元前722年にイスラエル王国を征服したとき、エルサレムは北王国からの大規模な難民の流入によって強化されました。

古典古代

紀元前538年、ペルシャの キュロス2世 は、バビロンのユダヤ人に、神殿を再建するためにユダに戻るように勧めました。[132]第二神殿の建設は、第一神殿が破壊されてから70年後の、ダレイオス大王の治世中の紀元前516年に完了しました。[133] [134]

西暦前485年の直後、エルサレムは近隣諸国の連立によって包囲され、征服され、大部分が破壊されました。[135]西暦前445年頃、ペルシャのアルタクセルクセス1世は、都市(壁を含む)の再建を許可する法令を発行しました。[136]エルサレムは、ユダの首都およびユダヤ人の崇拝の中心地としての役割を再開した。

エルサレムの第二神殿モデルのホーリーランドモデル。 1966年に最初に作成され、その後、考古学の知識の進歩に応じて更新されました。

エルサレムでは、第二神殿時代の多くのユダヤ人の墓が再発見されました。旧市街の北で発見された1つの例には、アラム語の碑文「Simon theTempleBuilder」で飾られた西暦1世紀の納骨堂の遺体が含まれています。[137]同じく旧市街の北に位置するアバの墓には、古ヘブライ文字が次のように書かれたアラマの碑文があります。抑圧され迫害されたアバは、エルサレムで生まれ、バビロニアに亡命し、ユドの息子であるマタティ(ア)を連れて来て(エルサレムに戻った)、私が証書で買った洞窟に彼を葬った。 。」[138]祭司ヘジルの墓キデロンの谷にあるこの場所は、記念碑的なドーリア式の柱とヘブライ語の碑文で装飾されており、第二神殿の司祭の埋葬地として識別されています。サンヘドリンの墳墓群、63ロックカット墓の地下複合体は、北部のエルサレム周辺の公園に位置していますSanhedria。これらの墓は、おそらくサンヘドリン[139] [140]のメンバーのために予約されており、古代ヘブライ語とアラム語の書物によって刻まれており、紀元前100年から西暦100年の日付です。

アレキサンダー大王がペルシャ帝国を征服したとき、エルサレムとユダヤはマケドニアの支配下に置かれ、最終的にプトレマイオス1世の下でプトレマイオス朝に陥りました。西暦前198年、プトレマイオス5世エピファネスは、アンティオコス3世の下でエルサレムとユダヤをセレウコス朝に失いました。セレウコスとしてエルサレムを書き直すための試みHellenizedの都市国家は成功したとの168 BCEに頭に来たのmaccabeanの反乱のマタティアとに対する彼の5人の息子アンティオコス4世エピファネス、そして彼らの設立 エルサレムを首都とする紀元前152年のハスモン朝の王国。

紀元前63年、ポンペイ大王はハスモン朝の王位争いに介入し、エルサレムを占領し、ユダヤに対する共和政ローマの影響力を拡大しました。[141]パルティア人による短い侵略の後、ライバルのハスモン朝の支配者を支持して、ユダヤは親ローマ軍と親パルティア軍の間の闘争の場面になり、最終的にヘロデという名前のエドム人の出現につながった。

西暦68年にユダヤ人の反逆者によって発行された硬貨。表側:「シェケル、イスラエル。3年目」。逆:古ヘブライ語のアルファベットで「聖なるエルサレム」

ローマが強くなるにつれて、それはヘロデをユダヤ人のクライアント王としてインストールしました。ヘロデ大王は、彼が知られているように、街の発展と美化に専念しました。彼は壁、塔、宮殿を建て、神殿の丘を拡張し、最大100トンの石のブロックで中庭を支えました。ヘロデの下では、神殿の丘の面積は2倍になりました。[128] [142] [143]まもなくヘロデの死の後、6 CEユダヤのように直接ローマの支配下に来たIudaea州、[144]を介してヘロデ朝がアグリッパII西暦96年まで、近隣地域のクライアント王であり続けました。エルサレムとその地域に対するローマの支配は、ローマの勝利で終わった最初のユダヤ・ローマ戦争で挑戦されました。第二神殿は西暦70年に破壊され、都市全体が戦争で破壊されました。現代のユダヤ人の歴史家ヨセフスは、この都市は「その基盤を破壊した人々によって徹底的に破壊されたため、かつては居住地であったほど訪問者を説得できるものは何も残っていなかった」と書いています。[145]バル・コクバの反乱の間、ローマの支配は再び異議を唱えられた、西暦132年に始まり、西暦135年にローマ人によって抑圧されました。最近の調査によると、ローマ人は反乱が勃発する前にアエリア・カピトリナを設立し、バル・コクバが都市を維持することに成功したという証拠は見つかりませんでした。[146]

ローマの包囲とエルサレムの破壊(David Roberts、1850)
ビザンチン時代のカルドを描いたエルサレムの壁画

バルコクバの反乱に続いて、ハドリアヌス皇帝はユダヤの名前を置き換えて、シリアパレスティナの新しい名前でイウデア州と近隣の州を統合しました。[147]都市の名前が変更されたアエリア・カピトリナ、[148]と典型的なローマの街のスタイルでそれを再構築します。ユダヤ人は、Tisha B'Avの休暇中、毎年1日を除いて、死の痛みのために街に入ることが禁止されていました。まとめると、これらの措置[149] [150] [151](ユダヤ人キリスト教徒にも影響を及ぼした)[152]は、本質的に都市を「世俗化」した。[153]禁止は7世紀まで維持されましたが[154]、キリスト教徒は間もなく免除されました。4世紀に、ローマ皇帝 コンスタンティヌス1世は、聖墳墓教会を含む市内のキリスト教の聖地の建設を命じました。ビザンチン時代の埋葬遺跡は専らキリスト教徒であり、ビザンチン時代のエルサレムの人口はおそらくキリスト教徒だけで構成されていたことを示唆しています。[155]

5世紀には、最近名前が変更されたコンスタンティノープルから統治されたローマ帝国の東部の続きが、都市の支配を維持しました。数十年の間に、エルサレムはビザンチンからペルシャの支配に移行し、その後ローマ-ビザンチンの支配に戻りました。以下のササン朝Khosrau IIシリア経由の初期の7世紀プッシュ、彼の将軍シャーバラズとシャヒンはエルサレム(攻撃ペルシャ:デジHoudkhのユダヤ人によって助け)Palaestinaプリマビザンチン帝国に逆らって上昇していました、。[156]

で614のエルサレムの包囲、執拗の21日後に包囲戦、エルサレムを捕捉しました。ビザンチンの年代記によれば、サーサーン朝とユダヤ人は市内で数万人のキリスト教徒を虐殺し、その多くはマミーラプールで殺害され[157] [158]、聖墳墓教会を含む彼らの記念碑や教会を破壊した。このエピソードは、歴史家の間で多くの議論の対象となっています。[159]征服された都市は、ビザンチン帝国の皇帝ヘラクレイオスが629年に再征服するまで、約15年間ササニドの手にとどまっていた。[160]

市はカバーされたときに、エルサレムは、第二神殿時代の終わり大きさと人口のピークに達し、2平方キロメートル(3 / 4正方形のマイル)200,000の人口がありました。[150] [161]

初期のイスラム教徒の時代

聖地の1455年の絵画。エルサレムは西から見たものです。八角形の岩のドームはアルアクサの左側にあり、教会として示されています。聖墳墓教会は写真の左側にあります。

ビザンチンのエルサレムは、西暦638年にウマルイブンアルハッタブのアラブ軍によって征服されました。[162]最初のイスラム教徒の間では、それはマディナトベイトアルマクディス(「寺院の都市」)と呼ばれ、[163]神殿の丘に限定された名前でした。街の残りの部分は「...イリヤと呼ばれ、西暦70年の破壊後に街に付けられたローマの名前を反映しています:アエリアカピトリナ」。[164]後に神殿のアル・ハラム・アル・シャリフ、「高貴な聖域」として知られるようになり、その周辺の都市はベイト・アル・マクディス[165]として知られるようになり、その後もアル・クッド・アル・シャリフとして知られるようになりました。「聖なる、高貴な」。エルサレムのイスラム化は、イスラム教徒が毎日の衰弱を実行しながら都市に面するように指示された最初の年AH(623 CE)に始まり、イスラム教徒の宗教的伝統に従って、ムハンマドの夜の旅と天国への昇天が行われました。 13年後、祈りの方向はメッカに変わりました。[166] [167]西暦638年、イスラムカリフ制はその支配権をエルサレムにまで拡大した。[168]アラブの征服により、ユダヤ人は都市に戻ることが許された。[169] Rashidunカリフウマルアミール・ハッターブは、エルサレムのクリスチャン家長で協定を締結しましたソフロニオスは、エルサレムのキリスト教の聖地と人口がイスラム教徒の支配下で保護されることを彼に保証しました。[170]キリスト教徒とアラブ人の伝統は、キリスト教徒にとって最も神聖な場所の1つである聖墳墓教会で祈るようになったとき、イスラム教徒が教会の改宗を要求しないように、カリフのウマルが教会で祈ることを拒否したと記録している。モスク。[171]彼は教会の外で、聖墳墓教会の入り口の向かいにある、今日までウマルのモスク(オマール)が立っている場所で祈った。 Gaullic司教によるとアーカルフ679から688にエルサレムに住んでいた、ウマルのモスクは3000人の参拝を収容できる廃墟の上に構築された長方形の木製の構造でした。[172]

ウマル政権下のアラブ軍が西暦637年にベイトアルマクデスに行ったとき、彼らは「祈り/モスクの最も遠い場所」であるアルマスジッドアルアクサの場所を探しました。これはイスラム教によるとコーランとハディースで言及されていました。信念。現代のアラビア語とヘブライ語の情報筋によると、この場所はゴミでいっぱいで、アラブ人とユダヤ人が掃除したとのことです。[173]ウマイヤ朝カリフアブドルマリクは今として知られている神殿の丘、上神社の建設委託岩のドームを7世紀後半には、。[174] 10世紀の市内で最も著名なアラブ市民の2人は地理学者のアルムカッダスィーと医師のアルタミミ。アルムカッダスィーは、アブドゥルマリクがエルサレムの記念碑的な教会と壮大に競争するために神殿の丘に建物を建てたと書いています。[172]

次の400年にわたって、この地域のアラブ勢力が都市の支配を争ったため、エルサレムの卓越性は低下しました。[175]エルサレムは、1073年にセルジューク朝のトルコの司令官アツズによって捕らえられた。[176]アティスが殺害された後、セルジューク帝国の王子トゥトゥシュは、別のセルジューク帝国の司令官であるアルトゥク・ベイに都市を与えた。1091年におけるArtukの死後、彼の息子Sökmenとイルガジをするとき1098年に都市までに支配Fatimidsが街を奪還しました。

第1回十字軍、1099年のエルサレム攻略の中世のイラスト

エルサレムに集まるメシアニック・カライ派運動は、千年紀の変わり目に起こり、そこでカライ派奨学金の「黄金時代」に至りましたが、それは十字軍によってのみ終結しました。[177]

十字軍/アイユーブ朝

1099年、ファーティマ朝の統治者は、エルサレムが第1回十字軍の兵士に包囲される前に、先住民のキリスト教徒を追放しました。しっかりと守られた都市を暴行で奪った後、十字軍はそのイスラム教徒とユダヤ人の住民のほとんどを虐殺し、エルサレム王国の首都にしました。事実上空にされていた都市は、ギリシャ人、ブルガリア人、ハンガリー人、グルジア人、アルメニア人、シリア人、エジプト人、ネストリウス派、マロナイト派、ジャコバイト派の多彩な流入によって再植民地化されました生き残ったイスラム教徒とユダヤ人の帰還を阻止するための合性論者、コプト人など。北東地区には、トランスヨルダンからの東方キリスト教徒が再び住んでいました。[178]その結果、1099年までにエルサレムの人口は約3万人に戻った。[179] [検証に失敗しました]

1187年、都市は、ユダヤ人とイスラム教徒が都市に戻って定住することを許可したサラディンによって十字軍から奪われました。[180]降伏の条件の下で、一度身代金を払われると、60,000フランクが追放された。東方キリスト教徒の大衆は滞在することを許可された。[181]サラディンのアイユーブ朝の下で、家、市場、公衆浴場、巡礼者のホステルの建設、および宗教的寄付の設立に巨額の投資が始まった。しかし、13世紀のほとんどの間、エルサレムは都市の戦略的価値の低下とアイユーブ朝の闘争のために村の地位に衰退しました。[182]

1229年から1244年まで、エルサレムは平和十字軍の間で合意された1229年の条約の結果としてキリスト教の制御に戻った神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世とアル・カミル、アイユーブの スルタンのエジプト終了し、第6回十字軍を。[183] [184] [185] [186] [187]アイユーブ朝はイスラム教の聖地の支配権を保持しており、アラブの情報筋は、フレデリックがエルサレムの要塞を復元することを許可されていなかったことを示唆している。

1244年、エルサレムはホラズム・シャー朝の タタール人に略奪されました。タタール人は都市のキリスト教徒の人口を略奪し、ユダヤ人を追い出しました。[188]ホラズム・シャー朝のタタール人は、1247年にアイユーブ朝によって追い出された。

マムルーク時代

1260年[189]から1517年まで、エルサレムはマムルークによって統治されていました。より広い地域で、1300年頃まで、一方のマムルーク人と、もう一方の十字軍とモンゴル人の間で多くの衝突が発生しました。この地域はまた、多くの地震とペストに苦しんでいました。[190]

ナフマニデスが1267年に訪れたとき、彼は市内で2人のユダヤ人家族だけを見つけました。人口は2,000人で、そのうち300人はキリスト教徒でした。[191]

有名で旅慣れた辞書編集者 Fairuzabadi(1329–1414)は、エルサレムで10年間過ごしました。[192]

オスマン帝国時代(16〜19世紀)

1844ダゲレオタイプによってジョゼフ・フィリバート・ガーオー・デ・プレンジ(都市の最も初期の写真)
デビッドの城塞とオスマン帝国の壁
1893年のベンザカイシナゴーグ
エルサレムの庭の墓–19世紀にイギリスのプロテスタントによって設立された新しい聖地。

1517年、エルサレムとその周辺はオスマントルコに陥落しました。オスマントルコは1917年まで支配権を維持していました。[180]エルサレムは、スレイマン1世の下で、旧市街周辺の壮大な壁の再建を含め、繁栄した更新と平和の時代を享受しました。オスマン帝国の支配の大部分を通じて、エルサレムは、宗教的に重要な中心地であるとしても地方のままであり、ダマスカスとカイロの間の主要な交易路にまたがっていませんでした。[193]英語の参考書現代史またはすべての国の現状1744年に書かれた、「エルサレムは、その古代の壮大さから多くが落ちたものの、依然としてパレスチナの首都と見なされている」と述べています。[194]

オスマン帝国は多くの革新をもたらしました。さまざまな領事館が運営する近代的な郵便システムと、定期的な駅馬車と運送サービスは、市内の近代化の最初の兆候の1つでした。[195] 19世紀半ば、オスマン帝国はヤッファからエルサレムへの最初の舗装道路を建設し、1892年までに鉄道が市内に到着した。[195]

1831年にエジプトのムハンマド・アリがエルサレムを併合すると、外国の使節団と領事館が市内に足場を築き始めました。 1836年、イブラヒムパシャは、エルサレムのユダヤ人居住者に、フルバを含む4つの主要なシナゴーグの復元を許可しました。[196]全国の農民の反乱で、カシム・アル・アフマドはナブルスから部隊を率いてエルサレムを攻撃し、アブ・ゴーシュ一族の支援を受けて、1834年5月31日に都市に入った。エルサレムのキリスト教徒とユダヤ人は攻撃を受けた。イブラヒムのエジプト軍は翌月、エルサレムでカシムの軍隊を派遣した。[197]

オスマン帝国の支配は1840年に復活しましたが、多くのエジプトのイスラム教徒がエルサレムに残り、アルジェと北アフリカからのユダヤ人がますます多くの都市に定住し始めました。[196] 1840年代と1850年代に、国際勢力は、主にエルサレムの領事館代表を通じて行われた闘争である、地域の宗教的少数派に対する保護を拡大しようとして、パレスチナで綱引きを開始した。[198]プロイセン領事によると、1845年の人口は16,410人で、7,120人のユダヤ人、5,000人のイスラム教徒、3,390人のキリスト教徒、800人のトルコ人兵士、100人のヨーロッパ人がいた。[196]キリスト教の巡礼者の数はオスマン帝国の下で増加し、イースターの時期に都市の人口を倍増させた。[199]

1860年代に、巡礼者を収容し、市内の激しい過密状態と劣悪な衛生状態を緩和するために、旧市街の城壁の外に新しい地区が開発され始めました。ロシアの化合物とMishkenot Sha'ananimは1860年に設立された、[200]は含まれ多くの人が続いMahaneイスラエル(1868)、Nahalat Shiv'a(1869年)、ドイツのコロニー(1872)、ベイト・デイヴィッド(1873)、メーアー・シェアーリームを(1874)、Shimon HaZadiq(1876)、Beit Ya'aqov(1877)、Abu Tor(1880s)、American-Swedish Colony(1882)、Yemin Moshe(1891)、そして世紀の変わり目あたりのマミラ、ワディ・アル・ジョズ。 1867年、アメリカ人宣教師は、エルサレムの推定人口が15,000人を超え、4,000人から5,000人のユダヤ人と6,000人のイスラム教徒がいると報告しています。毎年5,000から6,000人のロシアのキリスト教巡礼者がいました。[201] 1872年、エルサレムはシリア・エヤレトから独立し、エルサレムのムタサリファテと呼ばれるイスタンブールの直接の権限の下で、特別な行政区域の中心となった。[202]

1860年のレバノン山での内戦とダマスカスの虐殺の結果として生じた多数のキリスト教孤児院は、同じ年に、創設者にちなんでシュネラー孤児院としてよく知られているドイツのプロテスタントシリア孤児院の開設につながりました。[203] 1880年代まで、エルサレムには正式なユダヤ人孤児院はなかった。家族は一般的にお互いの面倒を見ていたからである。 1881年、ディスキン孤児院はエルサレムに設立され、ロシアのポグロムによって孤児となったユダヤ人の子供たちが到着しました。 20世紀初頭にエルサレムで設立された他の孤児院は、シオンブルーメンタール孤児院(1900年)とイスラエル孤児院の少女たちの家でした。(1902)。[204]

英国委任統治領(1917–1948)

1945年5月8日、VEデーのエルサレム

1917年後、エルサレムの戦い、英国陸軍が率いる、一般エドマンド・アレンビーは、街を捕獲しました。[205] 1922年、ローザンヌ会議の国際連盟は、パレスチナ、隣接するトランスヨルダン、およびそれを超えたイラクの管理を英国に委託した。

イギリス人はオスマン帝国の支配に根ざした相反する要求に対処しなければなりませんでした。 1914年1月27日に、水、電気の供給、路面電車システムの建設に関する協定が、すべてオスマン帝国当局によって許可された譲歩の下で、エルサレム市とギリシャ市民のEuripidesMavromatisによって署名されました。譲歩は始まっておらず、戦争の終わりまでに、イギリスの占領軍は彼らの正当性を認めることを拒否した。 Mavromatisは、彼の譲歩は、政府が1921年にRutenbergに授与したAuja譲歩と重複しており、彼は彼の法的権利を奪われていたと主張した。 Mavromatisの譲歩は、以前の英国の廃止の試みにもかかわらず、事実上、エルサレムと他の地域をカバーしていました(例えば、ベツレヘム)聖墳墓教会から半径20 km(12マイル)以内。[206]

1922年から1948年にかけて、都市の総人口は52,000人から165,000人に増加し、ユダヤ人の3分の2とアラブ人(イスラム教徒とキリスト教徒)の3分の1を占めました。[207]アラブ人キリスト教徒とイスラム教徒、およびエルサレムで増加しているユダヤ人人口との関係は悪化し、その結果、不安が繰り返された。特にエルサレムでは、1920年と1929年にアラブの暴動が発生しました。イギリスの下では、市の西部と北部に新しい田園郊外が建設され[208] [209]、ヘブライ大学などの高等教育機関が設立されました。[210]

分割された都市:ヨルダンとイスラエルの支配(1948–1967)

英国委任統治領パレスチナの期限が切れる中、1947年の国連分割計画は、「エルサレム市に特別な国際レジームを創設し、それを国連の管理下にあるコーパス分離として構成する」ことを推奨しました。[211]国際レジーム(ベツレヘム市も含む)は10年間有効であり、その後、住民投票が行われ、住民が自分たちの市の将来の政権を​​決定することになった。[212]しかし、1948年の戦争が勃発し、イギリスがパレスチナから撤退し、イスラエルが独立を宣言したため、この計画は実行されなかった。[213]

アラブ国家とユダヤ人国家から分離された都市を想定した分割計画とは対照的に、イスラエルは、将来のアラブ国家に割り当てられたアラブ領土の主要部分とともに、後に西エルサレムとなる地域を支配しました。ヨルダン川西岸とともに東エルサレムを支配した。戦争は、市内のアラブ人とユダヤ人の人口の移動につながりました。5月28日にアラブ軍団がユダヤ人地区を占領したとき、旧市街のユダヤ人地区の1,500人の住民が追放され、数百人が捕虜になりました。[214] [215]カタモン、タルビーヤ、およびドイツ植民地のアラブ居住者彼らの家から追い出されました。活発な戦闘が終わった休戦の時までに、イスラエルはエルサレムの15のアラブの住宅地のうち12を支配していました。推定最低3万人が難民になりました。[216] [217]

イスラエルの警官がマンデルバウム門の近くでヨルダンの軍団兵に会う(1950年頃)

1948年の戦争がそうすることを、エルサレムの分裂が生じた旧城壁都市はのヨルダン側に完全に横たわっていたライン。 :東と西エルサレムの間には、人の土地は1948年11月にされて入ってきたモーシェ・ダヤン彼のヨルダンの相手と会って、エルサレムでイスラエル軍の司令官アブドゥラ・エル・テルエルサレムの中に廃屋にMusraraの周辺に位置し、それぞれをマーク位置:イスラエルの位置は赤、ヨルダンの位置は緑です。公式のものではなかったこの大まかな地図は、1949年の休戦協定の最終線となり、都市を分割してスコーパス山を去りました。東エルサレム内のイスラエルの飛び地として。[218]有刺線とコンクリートの壁が近くを通過し、市の中心部を走ったヤッファ門の西側に古い城壁の街、そして交差点をで設立されたマンデルバウム門の北に少し古い城壁都市。軍事小競り合いはしばしば停戦を脅かした。

イスラエル国家の樹立後、エルサレムはその首都として宣言されました。[219]ヨルダンは、1950年に東エルサレムを正式に併合し、ヨルダンの法律に従い、1953年にヨルダンの「第二の首都」と宣言した。[213] [220] [221]英国とパキスタンだけがそのような併合を正式に認めたが、それはエルサレムに関しては事実に基づいていた。[222]一部の学者は、パキスタンがヨルダンの併合を認めたという見方は疑わしいと主張している。[223] [224]

1965年、ヨルダンの支配下にあったときに東エルサレムの神殿の丘の上を飛んでいたヨルダンのフセイン国王

1948年以降、城壁に囲まれた旧市街全体が休戦線の東にあったため、ジョーダンはその中のすべての聖地を支配することができました。イスラム教の聖地は維持され、改修されたが[225]、休戦協定の条件に反して、ユダヤ人はユダヤ人の聖地へのアクセスを拒否され、その多くは破壊または冒涜された。ヨルダンはキリスト教の聖地への非常に限られたアクセスしか許可せず[226]、キリスト教徒の人口に制限が課され、多くの人々が都市を離れることになりました。旧市街にある58のシナゴーグのうち、半分は、Hurvaやティフェレットイスラエルシナゴーグ。 3、000年前の[227] オリーブ山ユダヤ人墓地が冒涜され、墓石が道路、トイレ、ヨルダン軍の要塞の建設に使用されました。ユダヤ人墓地の38,000の墓が破壊され、ユダヤ人はそこに埋葬されることを禁じられました。[228] [229]嘆きの壁は、関連付けられた独占的にイスラム教徒の聖地に形質転換したアル・ブラーク[230]イスラエル当局は、イスラム初期の人物の遺骨が含まれている西エルサレムのイスラム教徒マミラ墓地の墓を保護することを怠った[231]。1964年に駐車場と公共トイレの作成を容易にしました。[232]ヨルダンの占領中に、他の多くの歴史的で宗教的に重要な建物が取り壊され、近代的な構造に置き換えられました。[233]この期間中、岩のドームとアルアクサモスクは大規模な改修を受けました。[234]

1948年の戦争中、東エルサレムのユダヤ人居住者はヨルダンのアラブ軍団によって追放されました。ヨルダンは、戦争からのアラブのパレスチナ難民が、ハラト・アル・シャラフとして知られるようになった、空いたユダヤ人地区に定住することを許可しました。[235] 1966年、ヨルダン当局は、ユダヤ人地区を公共公園に変える計画の一環として、そのうちの500人をシュアの太った難民キャンプに移した。[236] [237]

イスラエルの支配(1967年–現在)

東エルサレムの地図(2010)

1967年、イスラエルの嘆願にもかかわらず、ジョーダンは、中に中立を保つこと第三次中東戦争、戦争の二日目に、イスラエル・開催西エルサレムを攻撃し、1967年5月30日にエジプトとの防衛協定を締結していたヨルダン、。神殿の丘でイスラエルとヨルダンの兵士が白兵戦を行った後、イスラエル国防軍は西岸全体とともに東エルサレムを占領しました。戦争が終わってから3週間後の1967年6月27日、エルサレムの再統一イスラエルは、エルサレム市に組み込む、28のパレスチナの村を構成いくつかの近くの西岸の領土と一緒に、街のキリスト教とイスラム教の聖地を含め、東エルサレムにその法と管轄権を拡張[238] [239]それは慎重に避けものの併合という用語を使用します。 7月10日、アバ・エバン外相は国連事務総長に次のように説明した。「投票の支持者が使用した「併合」という用語は正確ではない。[イスラエルが]講じた措置は、エルサレムの行政への統合に関連している。と地方自治体の地域であり、エルサレムの聖地を保護するための法的根拠としての役割を果たしました。」[240]イスラエルは、併合された地域でアラブ居住者の人口調査を実施しました。居住者には永住権とイスラエル市民権を申請するオプションが与えられました。 1967年以来、新しいユダヤ人の住宅地が東部セクターで急成長しましたが、新しいパレスチナ人の近隣は作成されていません。[241]

城壁に囲まれた旧市街内の聖地へのユダヤ人とキリスト教徒のアクセスが回復しました。イスラエルは左神殿の丘をイスラムの管轄下にワクフが、開かれた嘆きの壁をユダヤ人のアクセスを。モロッコ四半期嘆きの壁に隣接して配置された、排気し、取り壊された[242]壁を訪れる人のための広場のための方法を作るために。[243] 1968年4月18日、イスラエル財務省による収用命令により、ユダヤ人地区のサイズが2倍以上になり、アラブ人の居住者が追放され、ヨルダンによるヨルダンによる占領前のユダヤ人居住者が所有していた700以上の建物が押収された。市。[要出典]命令はこれらの地域を公用に指定しましたが、それらはユダヤ人だけを対象としていました。[244]政府は、追放されたアラブの各家族に200のヨルダンディナールを提供した。

第三次中東戦争後、エルサレムの人口は196%増加しました。ユダヤ人の人口は155%増加し、アラブ人の人口は314%増加しました。ユダヤ人人口の割合は、1967年の74%から1980年には72%、2000年には68%、2010年には64%に減少しました。[245]イスラエルの農業大臣アリエル・シャロンは、都市の東部にユダヤ人の近隣の輪を作ることを提案しました。エッジ。この計画は、東エルサレムをよりユダヤ人にし、ベツレヘムからラマッラに広がる都市のパレスチナブロックの一部になるのを防ぐことを目的としていました。 1977年10月2日、イスラエルの内閣計画を承認し、その後、7つの地区が市の東端に建設されました。彼らはリングネイバーフッドとして知られるようになりました。他のユダヤ人の近隣は東エルサレム内に建設され、イスラエルのユダヤ人もアラブの近隣に定住しました。[246] [247]

東エルサレムの併合は国際的な批判にさらされました。イスラエル外務省は、エルサレムの併合は国際法に違反したことに異議を唱え。[248] [249]エルサレムの最終的な地位は、平和のためのパレスチナ人とイスラエル人の交渉者の間の不和の最も重要な分野の1つでした。不和の領域には、パレスチナの旗がパレスチナの管理領域とイスラエルとパレスチナの領土境界の特異性を超えて掲げられるかどうかが含まれています。[250]

政治的地位

イスラエル国が創設される前は、エルサレムは委任統治領パレスチナの行政首都としての役割を果たしていました。[251]

1949年から1967年まで、西エルサレムはイスラエルの首都として機能しましたが、国連総会決議194がエルサレムを国際都市として想定していたため、国際的にはそのように認められませんでした。 1967年の第三次中東戦争の結果、エルサレム全体がイスラエルの支配下に置かれました。 1967年6月27日、レヴィ・エシュコル政府はイスラエルの法律と管轄権を東エルサレムに拡大しましたが、神殿の丘の管理はヨルダンの宗教基金省の下でヨルダンのワクフによって維持されることに同意しました。[252]

1988年、イスラエルは、安全上の理由から、アラブ研究協会の本拠地であるが、パレスチナ解放機構の本部でもあるオリエントハウスの閉鎖を命じました。建物は1992年にパレスチナのゲストハウスとしてリニューアルオープンしました。[253] [254]オスロ合意は、エルサレムの最終的な状態は交渉により決定されるであろうと述べたパレスチナ。協定は、最終的な和平合意まで、市内でのパレスチナ人の公式な存在を禁止しましたが、東エルサレムにパレスチナ人貿易事務所を開設することを規定しました。パレスチナ自治政府は、東エルサレムを将来のパレスチナ国家の首都と見なしています。[255] [256]大統領マフムード・アッバースは、パレスチナの首都として東エルサレムを含まないいかなる合意も受け入れられないと述べた。[257]イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相も同様に、エルサレムはイスラエルの分割されていない首都であり続けると述べた。街に近い、特にのために神殿の丘、アブディス、エルサレムのパレスチナ郊外は、イスラエルによるパレスチナ国家の将来の首都として提案されています。イスラエルは、エルサレム周辺の防犯壁にアブディスを組み込んでいません。パレスチナ自治政府は、町にパレスチナ立法評議会のための将来の国会議事堂を建設しました。そのエルサレム事務局はすべてアブディスにあります。[258]

国際的な地位

国際社会は、旧市街全体を含む東エルサレムを占領されたパレスチナ領土の一部と見なしていますが、西エルサレムも東エルサレムも、イスラエルの領土またはパレスチナ国の一部として認識されていません。[259] [260] [261] [262] 1947年に国連総会で採択されたパレスチナ分割決議計画の下で、エルサレムは国連が管理するコーパスセパラタムになることが想定されていた。 1948年の戦争では、都市の西部はイスラエルの初期の州の軍隊によって占領され、東部はヨルダンによって占領されました。。国際社会は、エルサレムの法的地位が分割計画に由来すると主に考えており、それに応じて、エルサレムに対するイスラエルの主権を認めることを拒否しています。[263]

イスラエル統治下の地位

イスラエル最高裁判所

1967年の第三次中東戦争後、イスラエルは東エルサレムの管轄と行政を拡大し、新しい地方自治体の国境を確立しました。

2010年、イスラエルはエルサレムにイスラエルで最優先の地位を与える法律を承認しました。法律は都市全体の建設を優先し、住宅、インフラ、教育、雇用、ビジネス、観光、文化イベントをより手頃な価格にするために、住民に助成金と税制上の優遇措置を提供しました。モシェ・カハロン通信相は、この法案は「エルサレムは分裂しないという明確で明白な政治的メッセージ」を送り、「現在のイスラエル政府がイスラエルの主権に関する要求を受け入れることを期待しているパレスチナおよび国際社会内のすべての人々」と述べた。資本は誤解され、誤解を招く」。[264]

都市の地位、特にその聖地は、イスラエルとパレスチナの紛争の中心的な問題であり続けています。イスラエル政府は、東エルサレムでのユダヤ人の存在を拡大するために、旧市街のイスラム教徒地区での建設計画を承認しました[265]。一方、一部のイスラム指導者は、ユダヤ人はエルサレムと歴史的なつながりがないと主張し、 1年前の嘆きの壁は、モスクの一部として建設されました。[266] [267]パレスチナ人がの首都としてエルサレムを考えるパレスチナの国家、[268] 、市内の国境は、二国間協議の対象とされてきました。当時のイスラエル首相エフード・バラクによって集められた専門家のチーム2000年に、イスラエルは国の目的を達成できなかったため、都市を分割する必要があると結論付けました。[269]しかしながら、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は2014年に「エルサレムは決して分裂しない」と述べた。[270] 2013年6月に実施された世論調査では、イスラエルのユダヤ人の74%がエルサレムのどの部分でもパレスチナの首都の考えを拒否しているが、国民の72%はそれを分断された都市と見なしている。[271]2011年に東エルサレムのアラブ居住者を対象にパレスチナ世論調査センターと外交問題評議会のアメリカペクター中東世論調査が実施した世論調査では、東エルサレムのアラブ居住者の39%が、パレスチナ人を選んだ31%に対して、イスラエル市民権を好むことが明らかになりました市民権。世論調査によると、パレスチナ人の居住者の40%は、パレスチナ人の支配下に置かれる場合、近所を離れることを好みます。[272]

イスラエルの首都としてのエルサレム

イスラエル外務省ビル

1949年12月5日、イスラエルの初代首相であるダビドベングリオンは、エルサレムをイスラエルの「永遠の」「神聖な」首都として宣言し、8日後、戦争だけがイスラエルの指導者に「テルアビブの政府」、「イスラエル国にとって、永遠のエルサレムという唯一の首都が常に存在し、これからも存在する」、そして戦後、「クネセット」の条件を作り出すための努力が続けられていた。 。エルサレムに戻る。」[273]これは確かに行われ、1950年の初め以来、イスラエル政府のすべての支部—立法、司法、とエグゼクティブ—を除いてそこに住んでいますテルアビブのハキリヤにある国防省。[274] [275]ベングリオンの宣言とそれに続く1950年1月24日のクネセト投票の時点で[275]エルサレムはイスラエルとヨルダンの間で分割されたため、宣言は西エルサレムにのみ適用された。

1980年7月、イスラエルは基本法としてエルサレム法を可決しました。法律はエルサレムをイスラエルの「完全で統一された」首都と宣言しました。[276]エルサレム法は、エルサレムをイスラエルの首都として認めなかった国際社会によって非難された。国連安全保障理事会は1980年8月20日に決議478を可決し、エルサレム法は「国際法違反」であり、「無効であり、直ちに取り消されなければならない」と宣言しました。加盟国は、エルサレムから外交代表を撤回するよう求められました。[277]解像度、以前に(西)での大使館を持っていた24カ国の22以下のエルサレムは、多くの大使館が既に決議478前に住んテルアビブ、それらを移転コスタリカとエルサルバドルは、 2006年に続いて[278] 2があります。大使館、米国とグアテマラ-とエルサレムの市域内に配置された2つの領事館、および2つのラテンアメリカの状態は中大使館維持エルサレム地区の 町のMevaseretシオン(ボリビアとパラグアイが)。[279] [280]多くの領事館があります-一般エルサレムにあり、主にイスラエルまたはパレスチナ当局と協力しています。

1995年、米国議会はエルサレム大使館法を可決しました。この法律では、条件に応じて、大使館をテルアビブからエルサレムに移転することが義務付けられていました。[281] 2017年12月6日、 ドナルド・トランプ米大統領はエルサレムをイスラエルの首都として公式に認め、この問題に関する数十年にわたる米国の政策を覆し、アメリカ大使館をエルサレムに移す意向を発表した。[282] [283]この動きは多くの国から批判された。[284]米国の決定を非難する決議は、国連安全保障理事会の他の14名のメンバー全員によって支持されたが、2017年12月18日に米国によって拒否された[285]。そして、米国の決定を非難するその後の決議は、国連総会で可決されました。[286] [287] [288] [289] 2018年5月14日、米国は大使館の場所をエルサレムに正式に移転し、テルアビブの場所を領事館に変更しました。エルサレムがイスラエルの首都として国際的に認められていないため、イスラエル以外のメディアの中には、テルアビブをイスラエルの換喩として使用しているところもあります。[290] [291] [292] [293]

2017年4月、ロシア外務省は、将来のパレスチナ国家の首都としての東エルサレムの地位を含む国連承認の原則に照らして、西エルサレムをイスラエルの首都と見なすと発表しました。[294] [295] [296] 2018年12月15日、オーストラリアは西エルサレムをイスラエルの首都として公式に認めたが、テルアビブにある彼らの大使館は2つの州の決議が解決するまで留まると述べた。[297]

政府の境内と国立機関

GivatRamのKnessetビル

イスラエルの多くの国の機関が中に位置していますキルヤットHaMemshalaにGivatラムの一環として、エルサレムのキルヤットHaLeomのほとんどの政府機関や国家の文化施設を収容する大規模な地区を作成することを意図しているプロジェクト。いくつかの政府の建物はKiryatMenachemBeginにあります。市はに家であるイスラエル国会、[298]最高裁判所、[299]イスラエル銀行、イスラエル警察の全国本部の公式住居社長や総理大臣、内閣、そして以外のすべての省庁防衛省(中央テルアビブの中に位置していますHaKiryaの地区)と農業・農村開発省(に位置していますリション・レジオン広いテルアビブで、首都圏の近くに、ベイトダガン) 。

パレスチナの首都としてのエルサレム

1980年代と1990年代にPLOの本部として機能した東エルサレムのオリエントハウス。Sbarroレストランの自爆テロの2日後の2001年にイスラエルによって閉鎖されました。

パレスチナ自治政府は、に従って占領地として東エルサレムを見て、国連安全保障理事会決議242。パレスチナには、エルサレムを主張ハラムアル・シャリフの首都として、パレスチナの状態、[268]西エルサレム永久ステータス交渉を受けることPLO請求を。しかし、エルサレムを無防備都市にするなど、代替の解決策を検討する用意があると述べています。[300]

PLOの立場は、1967年以前の市の境界で定義されているように、東エルサレムはパレスチナの首都であり、西エルサレムはイスラエルの首都であり、各州は市のそれぞれの部分と独自の自治体に対して完全な主権を享受するというものです。 。共同開発評議会は、調整された開発を担当します。[301]

以下のようないくつかの州、ロシア[302]と中国は、[303]はその首都として東エルサレムでのパレスチナ国家を認識する。国連総会決議58/292は、パレスチナ人が東エルサレムを主権とする権利を持っていることを確認しました。[304]

市政

エルサレム市議会は、市長が率いる31人の選出されたメンバーで構成され、5年間の任期を務め、8人の議員を任命します。2003年にエルサレムの前市長ウリ・ルポリアンスキーが選出された。[305] 2008年11月の市選挙で、ニル・バルカが選出された。2018年11月、モシェライオンが市長に選出されました。[306]

市長とその代理人を除いて、市議会議員は給与を受け取っておらず、自主的に働いています。エルサレムで最も長く勤めた市長はテディ・コレックでした。テディ・コレックは28年間(6期連続で)在職していました。エルサレム市議会の会議のほとんどは非公開ですが、毎月、一般に公開されているセッションを開催しています。[305]市議会内では、宗教政党が特に強力な派閥を形成し、その議席の大部分を占めている。[307]エルサレム市の本部と市長室は、ジャッファロードのサフラスクエア(キカールサフラ)にあります。。大きな広場を囲む2つの近代的な建物と10の改装された歴史的建造物で構成される市庁舎は、1993年に、マンデート当局によって建てられた旧市庁舎の建物から移転したときにオープンしました。[308]市はエルサレム地区に分類され、エルサレムが地区の首都となっている。人口の37%がパレスチナ人ですが、2014年には税収の10%以下がパレスチナ人に割り当てられました。東エルサレムでは、土地の52%が開発から除外され、35%がユダヤ人入植地に指定され、13%がパレスチナ人用に指定されており、そのほとんどすべてがすでに建設されています。[241]

地理

オリーブ山からのアルアクサモスクと岩のドームを含む神殿の丘のパノラマ
エルサレムの宇宙飛行士の見解
オリーブ山の夕日の航空写真

エルサレムは、南部のスパーに位置して高原にあるユダヤ山脈などが、オリーブ山(東)とマウントScopusの(北東)を。旧市街の標高は約760m(2,490フィート)です。[309]エルサレム全体は、谷と乾いた川床(ワジ)に囲まれています。キドロン、Hinnom、およびTyropoeon谷はすぐ南エルサレム旧市街のエリアに交差します。[310]キドロンバレー旧市街の東に実行され、分離オリーブ山を市から。古いエルサレムの南側に沿って、ゲヘナまたは地獄の概念と聖書の終末論に関連する急な渓谷であるヒンノムの谷があります。[311] Tyropoeonバレーは近い北西に開始ダマスカス門、まで旧市街の中心を通って南南東走っシロアムのプール、および2つの丘に下部を分け、神殿の丘の東にあり、西側の残りの都市(ヨセフスによって記述された下部と上部の都市)。今日、この谷は何世紀にもわたって蓄積されたがれきによって隠されています。[310]聖書の時代、エルサレムはアーモンド、オリーブ、松の木の森に囲まれていました。何世紀にもわたる戦争と怠慢によって、これらの森林は破壊されました。このように、エルサレム地域の農民は、土壌を抑えるために斜面に沿って石の棚田を建設しました。これは、エルサレムの風景に今でも非常に多くの証拠があります。[要出典]

エルサレムでは、古代の水道、トンネル、プール、貯水槽の複雑なネットワークによって証明されているように、給水は常に大きな問題でした。[312]

エルサレムはテルアビブと地中海の東60キロメートル(37マイル)[313]にあります。街の反対側には、約35キロ(22マイル)[314]が離れて、ある死海、水の最低本体地球上。近隣の都市や町は、ベツレヘムとベイト・ジャラ南へ、アブ・ディスとマアレ・アドゥンミーム東へ、Mevaseretシオン西へ、そしてラマラとGiv'atゼエヴを北へ。[315] [316] [317]

エルサレムの森に近い街の西側にあるヘルツルの丘は、イスラエルの国立墓地として機能しています。

気候

エルサレムの旧市街の屋根に見える雪

この都市は、暑くて乾燥した夏と穏やかで雨の多い冬の、暑い夏の地中海性気候(ケッペン:Csa)が特徴です。風花は通常、冬に1〜2回発生しますが、都市では平均して3〜4年ごとに大雪が降り、一時的な積雪があります。

1月は一年で最も寒い月で、平均気温は9.1°C(48.4°F)です。 7月と8月は最も暑い月で、平均気温は24.2°C(75.6°F)で、夏の月は通常雨が降りません。平均年間降水量は約537mm(21インチ)で、10月から5月の間にほぼ完全に雨が降ります。[318]降雪はまれであり、大降雪はさらにまれです。[319] [320]エルサレムは2013年12月13日に30センチメートル(12インチ)以上の雪を受け取り、都市をほぼ麻痺させた。[319] [320]エルサレムの1日は、平均して9。3日照時間です。夏は海岸線と同じくらいの気温を平均し、地中海からの海の影響 特にエルサレムは、その東にそれほど遠くない暑い砂漠を灼熱するのと同じ緯度に位置していることを考えると、強いです。

エルサレムで記録された最高気温は1881年8月28日と30日の44.4°C(111.9°F)であり、記録された最低気温は1907年1月25日の-6.7°C(19.9°F)でした。

エルサレムの大気汚染のほとんどは、車両の通行によるものです。[321]エルサレムの多くのメインストリートは、そのような大量の交通に対応するために建設されておらず、交通渋滞とより多くの一酸化炭素が大気中に放出された。市内の産業汚染はまばらですが、イスラエルの地中海沿岸の工場からの排出物は東に移動し、市内に定着する可能性があります。[321] [322]

人口統計

人口動態の歴史

エルサレムの人口規模と構成は、5、000年の歴史の中で何度も変化しています。中世以来、エルサレムの旧市街は、ユダヤ人、イスラム教徒、キリスト教徒、およびアルメニア人の地区に分割されてきました。

以前の人口調査データは通常エルサレム地区などのより広い地域を対象としていたため、1905年以前のほとんどの人口データは、多くの場合、外国の旅行者や組織からの推定に基づいています。[328]これらの推定は、十字軍の終わり以来、イスラム教徒が19世紀半ばまでエルサレムで最大のグループを形成したことを示唆している。

1838年から1876年の間に、ユダヤ人とイスラム教徒のどちらがこの期間の最大のグループであったかについて矛盾する多くの推定値が存在し、1882年から1922年の間に、ユダヤ人が人口の絶対多数になった正確な時期について矛盾します。

現在の人口統計

エルサレムの旧市街の城壁の外、シオンの山の真向かいの丘の上に建てられた最初のユダヤ人地区、ミシュケノットシャアナニムのゲストハウス
シェイフヤラ、スコーパス山への道の主にアラブの近所
アルメニア地区でアルメニアにサインインする

2007年12月、エルサレムの人口は747,600〜63.7%で、ユダヤ人、33.1%がイスラム教徒、2%がキリスト教徒でした。[329] 2005年末の人口密度は、5,750.4 / km 2(14,893 /平方マイル)でした。[330] [331] 2000年に発表された研究によると、都市の人口に占めるユダヤ人の割合は減少していた。これは、イスラム教徒の出生率が高く、ユダヤ人の居住者が去ったことが原因でした。調査はまた旧市街の32,488人の約9パーセントがユダヤ人であることを発見しました。[332]ユダヤ人の人口のうち、20万人が国際法の下で違法と見なされている東エルサレムの集落に住んでいます。[333]

2005年には、2,850人の新しい移民がエルサレムに定住しました。主に米国、フランス、旧ソビエト連邦からの移民です。地域人口では、入居者数が入居者数を上回っている。 2005年には、16,000人がエルサレムを去り、10,000人だけが入居しました。[330]それにもかかわらず、特にハレディユダヤ人とアラブ人のコミュニティでは、出生率が高いため、エルサレムの人口は増え続けています。その結果、エルサレムの合計特殊出生率(4.02)は、テルアビブ(1.98)よりも高く、全国平均の2.90をはるかに上回っています。エルサレムの18万世帯の平均人数は3.8人です。[330]

2005年には、総人口は13,000人(1.8%)増加しました。これはイスラエルの全国平均と同様ですが、宗教的および民族的構成は変化しています。ユダヤ人の人口の31%は15歳未満の子供で構成されていますが、アラブの人口の数字は42%です。[330]これは、エルサレムのユダヤ人の割合が過去40年間で減少したという観察を裏付けるように思われる。 1967年には、ユダヤ人が人口の74%を占めていましたが、2006年の数字は9%減少しています。[334]考えられる要因は、住宅の高額、雇用機会の減少、都市の宗教的性格の高まりであるが、それに比例して、若いハレディムはより多くの数を残している。[要出典]世俗的なユダヤ人、または「信仰を軽く身に着けている」ユダヤ人の割合は減少しており、過去7年間(2012年)に約2万人が都市を去っています。彼らは現在、人口の31%を占めており、これは超正統派の人口の増加と同じ割合です。[335]多くの人々は、より安価な住宅とより世俗的なライフスタイルを求めて郊外や沿岸都市に移動します。[336] 2009年、市内のハレディムの割合は増加していた。 2009年の時点で、150,100人の学童のうち、59,900人または40%が国営の世俗および国立宗教学校に在籍しており、90,200人または60%が超正統派の学校に在籍しています。これは、ハレディ家の子供たちの数が多いことと相関しています。[337] [338]

一部のイスラエル人が開発し、宗教や政治的緊張の相対的な不足のためにエルサレムを避ける一方で、都市はのどの都市よりも多くの雇用機会を提供し、パレスチナ人を集めている西岸やガザ地区。パレスチナ当局は何年にもわたってアラブ人に彼らの主張を維持するために都市にとどまるように勧めてきました。[339] [340]パレスチナ人は、イスラエルがエルサレムの住民に提供する仕事、医療、社会保障、その他の利益、および生活の質へのアクセスに魅力を感じています。[341]イスラエルの市民権を持たないことを選択したエルサレムのアラブ居住者には、比較的簡単に検問所を通過し、イスラエル中を移動できるイスラエルの身分証明書が付与され、仕事を見つけやすくなります。居住者はまた、イスラエルが市民に提供する補助金付きの医療および社会保障給付を受ける権利があり、市選挙に投票する権利があります。エルサレムのアラブ人は子供たちをイスラエルが運営する学校に送ることができますが、すべての地域に学校や大学があるわけではありません。イスラエルの医師やハダッサ医療センターなどの高く評価されている病院が住民に提供されています。[342]

人口統計とユダヤ人とアラブ人の人口格差は、エルサレムをめぐる論争において主要な役割を果たしています。 1998年、エルサレム開発局は、ユダヤ人が多く住む地域を増やすために、都市の境界を西に拡大することを提案しました。[19]

過去数年の間に、ユダヤ人の出生率は着実に増加し、アラブ人の出生率は着実に減少しています。 2012年5月、ユダヤ人の出生率がアラブ人の出生率を追い抜いたことが報告されました。市の出生率は、ユダヤ人の家族あたり約4.2人の子供、アラブ人の家族あたり3.9人の子供です。[343] [344]さらに、ますます多くのユダヤ人移民がエルサレムに定住することを選んだ。過去数年間で、何千人ものパレスチナ人が、1967年の第三次中東戦争後に建設された東エルサレムの以前は完全にユダヤ人だった地域に移動しました。 2007年には、1300人のパレスチナ人は、以前、もっぱらユダヤ人の近所に住んでいたPisgatゼエヴとの人口の3%から構成されるネーヴヤァコヴを。の中に今日、パレスチナ人のフレンチヒル地区は全人口の6分の1を占めています。[345]

2008年末現在、東エルサレムの人口は456,300人で、エルサレムの住民の60%を占めています。これらのうち、195,500人(43%)がユダヤ人(エルサレムのユダヤ人人口の40%を占める)であり、260,800人(57%)がイスラム教徒(エルサレムのイスラム教徒の人口の98%を占める)でした。[346] 2008年、パレスチナ中央統計局は、最近完了した国勢調査によると、東エルサレムに住むパレスチナ人の数は208,000人であると報告した。[347]

エルサレムのユダヤ人は圧倒的に宗教的です。ユダヤ人居住者の21%だけが世俗的です。さらに、超正統派ユダヤ人は、市内の成人ユダヤ人人口の30%を占めています。世界中でめったに見られない現象では、働くユダヤ人の男性の割合47%が、働くユダヤ人の女性の割合50%を上回っています。[348] 2016年の中央統計局の報告によると、6,740人が去ったと記されている、若くて宗教的でない人々は去り続けている。 2018年にテルアビブへの高速鉄道輸送が開始され、現在建設中のニューエルサレムゲートウェイビジネス地区[349]は、ビジネス、観光を変え、できれば人口流出を逆転させることを目的としています。[350]

エルサレムの2011年の人口は804,400人で、そのうちユダヤ人は499,400人(62.1%)、イスラム教徒は281,100人(34.9%)、キリスト教徒は14,700人(1.8%)、9,000人(1.1%)は宗教別に分類されていません。[20]

2016年のエルサレムの人口は882,700人で、そのうちユダヤ人は536,600人(60.8%)、イスラム教徒は319,800人(36.2%)、キリスト教徒は15,800人(1.8%)、未分類は10,300人(1.2%)でした。[20]

よるPEACE NOWトランプは、2017年に米国の大統領になって以来、東エルサレムでイスラエルの入植地に構築するための承認を60%拡大している[351] 1991年以来、地域の住民の大部分を占めるパレスチナ人はわずか30%を受け取っています建物の許可の。[352]

都市計画の問題

エルサレムでユダヤ人の過半数を促進する努力の批評家は、政府の計画政策は人口統計学的考察によって動機付けられており、ユダヤ人の建設を促進しながらアラブの建設を制限しようとしていると述べています。[353]世界銀行の報告によると、1996年から2000年の間に記録された建物違反の数はユダヤ人地区で4.5倍多かったが、西エルサレムでは東エルサレムよりも4倍少ない解体命令が出された。エルサレムのアラブ人はユダヤ人よりも建設許可を受け取る可能性が低く、許可プロセスのユダヤ人違反者よりも「当局はパレスチナ人の違反者に対して行動を起こす可能性がはるかに高い」。[354]近年、民間のユダヤ人財団は、シロアムのアラブ地区60%にあるダビデの町考古学公園(旧市街に隣接)[355]や博物館など、紛争地でプロジェクトを開発する許可を政府から受けています。マミラ墓地(シオン広場に隣接)の許容範囲。[354] [356]

宗教的意義

  • 神殿の丘、ユダヤ教で最も神聖なサイト

  • アル=アクサー・モスクイスラム教徒は、ムハンマドが昇天と信じて、

  • 嘆きの壁も嘆きの壁とし、コテルとしてヘブライ語で知られ、

  • 聖墳墓教会、ほとんどのキリスト教徒は、イエスが死からよみがえられたと信じて、

エルサレムは約3000年間ユダヤ教、約2000年間キリスト教、そして約1400年間イスラム教に神聖でした。2000年のエルサレム統計年鑑には、市内の1204のシナゴーグ、158の教会、73のモスクが記載されています。[357]平和的な宗教的共存を維持するための努力にもかかわらず、神殿の丘などのいくつかの場所は、摩擦と論争の継続的な原因となっています。

エルサレムは、ダビデ王が紀元前10世紀に彼の首都であると宣言して以来、ユダヤ人にとって神聖な存在でした。[注5]エルサレムは、ソロモンの神殿と第二神殿の場所でした。[25]トーラー/ペンタチュークでは言及されていませんが、[358]聖書では632回言及されています。今日では、嘆きの壁、第二神殿を囲む壁の残骸は、第二のみ「にユダヤ人の聖地であるホリーズの聖なる神殿の丘自体に」。[359]世界中のシナゴーグは伝統的に、聖櫃がエルサレムに面しており[360]、エルサレム内のアークは至聖所に面している。[361]ミシュナで規定され、シュルハン・アルーフで成文化されているように、エルサレムと神殿の丘に向かって毎日の祈りが唱えられています。多くのユダヤ人は、祈りの方向を示すために家の壁に「ミズラック」の盾を掛けています。[361] [362]

キリスト教は、旧約聖書の歴史と、イエスの生涯におけるその重要性について、エルサレムを畏敬の念を抱いています。新約聖書によると、イエスは生まれてすぐにエルサレムに連れて行かれ[363]、その後、第二神殿を清められました。[364] Cenacleは、イエスのサイトであると考えられて最後の晩餐、上に配置され、シオンハウス、同じ建物の中にダビデ王の墓。[365] [366]エルサレムのもう一つの著名なキリスト教の場所は、はりつけの場所であるゴルゴタです。ヨハネの福音書それはエルサレムの外にあると説明されていますが[367]、最近の考古学的証拠は、ゴルゴタが旧市街の城壁から少し離れており、現在の都市の範囲内にあることを示唆しています。[368]聖墳墓教会が占める土地は、ゴルゴタの最有力候補の1つと見なされており、過去2000年間キリスト教の巡礼地となっています。[368] [369] [370]

神殿の丘の南の壁(ハーレムエシュシャリフ)

エルサレムはスンニ派イスラム教で3番目に聖なる都市です。[32]それは永久的に切り替えた前に約年について、カーバにメッカ、キブラ(方向祈りムスリムのための)がエルサレムでした。[371] [372]しかしながら、イスラム教におけるこの都市の永続的な場所は、主にムハンマドの昇天の夜(c。CE620)によるものです。イスラム教徒は、ムハンマドがメッカからエルサレムの神殿の丘に奇跡的に運ばれたと信じています。そこで彼は、以前のイスラム教の預言者に会うために天国に昇天しました。[373] [374] [375]クルアーンのスラト・アル・イスラの最初の節は、エルサレムの場所に関連して、ムハンマドの旅の目的地をアルアクサ(最も遠い)モスクとして記しています[376] [377]。ハディース、預言者ムハンマドの記録された言葉は、アルアクサモスクの位置としてエルサレムに名前を付けます。[378]アル・アクサ・モスクで述べた名前に由来し、コーランは、ウマイヤ朝カリフの下神殿の丘の上に建てられたアル・ワリドイスラム教徒は、ムハンマドが天に昇っ信じて、そこから場所を記念して。[379]

経済

イスラエル銀行

歴史的に、エルサレムの経済は、ヤッファとガザの主要な港から遠く離れた場所にあったため、宗教的な巡礼者によってほぼ独占的に支えられていました。[380]エルサレムの宗教的および文化的ランドマークは、今日でも外国人観光客の最大の魅力であり、観光客の大多数が西壁と旧市街を訪れています。[330] 2010年、エルサレムはアフリカと中東でトップのレジャー旅行都市に選ばれました。 East by Travel + Leisureマガジン。[381] 2013年、イスラエルへの350万人の観光客の75%がエルサレムを訪れました。[382]

石工マウンテンハイテクパーク

イスラエル国家の樹立以来、国民政府はエルサレム経済の主要なプレーヤーであり続けています。エルサレムを中心とする政府は、多数の雇用を生み出し、新しいビジネスイニシアチブや新興企業に補助金やインセンティブを提供しています。[380]テルアビブが増え、イスラエルの金融センターままであるが、ハイテク企業は、2006年に12,000の仕事を提供し、エルサレムに移動している[383]北のエルサレムのハーHotzvim工業団地とエルサレムテクノロジーパーク南エルサレムのが大きいの家ですインテル、シスコなどの国際的なハイテク企業の研究開発センター、Teva Pharmaceutical Industries、IBM、Mobileye、Johnson&Johnson、Medtronicなど。[384] 2015年4月、Time Magazineは、エルサレムを世界の5つの新興技術ハブの1つとして選び、「この都市は、バイオメディカル、クリーンテック、インターネット/モバイルスタートアップ、アクセラレーター、投資家、サポートサービスプロバイダーの繁栄の中心地になりました。 。」[385]

高級店で飾られたマミーラモールは、旧市街の城壁のすぐ外にあります。

平均よりも高い割合が教育に採用されています(17.9%対12.7%)。健康と福祉(12.6%対10.7%);コミュニティおよび社会福祉(6.4%対4.7%);ホテルやレストラン(6.1%対4.7%);および行政(8.2%対4.7%)。[386]英国委任統治領の間に、都市の独特の歴史的で美的な特徴を維持するために、すべての建物がエルサレムの石で建設されることを要求する法律が可決された。[209]まだ施行されているこの建築基準法を補完することは、重工業の落胆です。エルサレム;エルサレムの土地の約2.2%だけが「産業とインフラ」のためにゾーニングされています。比較すると、テルアビブの産業とインフラストラクチャー用にゾーニングされた土地の割合は2倍高く、ハイファでは7倍です。[330]エルサレム地区の労働力の8.5%のみが製造業で雇用されており、これは全国平均(15.8%)の半分です。

多くの統計が都市の経済成長を示していますが、1967年以来、東エルサレムは西エルサレムの開発に遅れをとっています。[380]それにもかかわらず、雇用者のいる世帯の割合は、ユダヤ人の世帯(66.8%)よりもアラブの世帯(76.1%)の方が高い。エルサレムの失業率(8.3%)は、全国平均(9.0%)をわずかに上回っていますが、民間労働力は15歳以上の全人口の半分未満であり、テルアビブ(58.0%)と比較して低くなっています。)およびハイファ(52.4%)。[330]エルサレムの家族の37%が2011年に貧困線以下で生活していたため、貧困は依然として都市の問題です。イスラエル市民権協会(ACRI)の報告によると、エルサレムのアラブ人の78%は、2006年の64%から、2012年には貧困状態で生活していました。悪化する教育制度であるIrAmimは、エルサレムにおけるパレスチナ人の法的地位を非難している。[387]

高層建築

エルサレムは伝統的に低層のスカイラインを持っていました。約18の高層ビルが、この問題に関する明確な方針がなかったダウンタウンエリアのさまざまな時期に建てられました。そのうちの1つ、エルサレムで最も高いビルであるホーリーランドタワー1は、国際基準で32階建ての超高層ビルです。建設が承認されたホーリーランドタワー2も同じ高さになります。[388] [389]

市の新しいマスタープランでは、エルサレムのダウンタウンの特定の指定されたエリアに高層ビルを含む多くの高層ビルが建てられます。計画では、タワーがジャッファロードとキングジョージストリートに並んでいます。キングジョージストリート沿いに提案されているタワーの1つであるミグダルメルカズハエクムは、65階建ての建物として計画されており、イスラエルで最も高い建物の1つになります。エルサレムコード橋と中央バスステーションの近くの街の入り口に、24階から33階までの12の塔が建設されます。この複合施設の一部には、オープンスクエアと、新しい駅にサービスを提供する地下鉄駅も含まれます。エルサレムとテルアビブ間の急行列車、および橋とトンネルで接続されます。高層ビルのうち11棟はオフィスビルまたはアパートビルで、1棟は2,000室のホテルになります。この複合施設はテルアビブから多くの企業を引き付け、市内の主要なビジネスハブになることが期待されています。さらに、市の裁判所と検察庁のための複合施設が建設され、中央シオニストアーカイブとイスラエル州立アーカイブのための新しい建物が建設されます。[390] [391] [392]街中に建てられた高層ビルには、公共スペース、ショップ、レストラン、娯楽施設が含まれると予想されており、これがエルサレムのダウンタウンの活性化につながる可能性があると推測されています。[393] [394]2015年8月、市議会は、ダニエル・リベスキンドとイガル・レヴィによって設計された344フィートのピラミッド型の超高層ビルの建設を承認しました。これは、リベスキンドによって拒否された以前の設計の代わりです。2019年までに着工する予定です。[395]

交通手段

エルサレムコード橋

エルサレムは高度に開発された通信インフラストラクチャによって提供されており、イスラエルの主要なロジスティクスハブとなっています。

エルサレムの中央バスステーション上にある、ヤッファの道は、イスラエルで最も忙しいバス停です。それによってサービスされるエゲッドバスバス協調世界で2番目に最大のバス会社である、[396]ダン働くブネイ・ブラクエゲッドバスと共に-Jerusalemルートを、および超大型はエルサレム間のルート働くModi'in Illitし、そしてModi'in-Maccabim-Re'ut。両社はエルサレム中央バスステーションから運営されています。東エルサレムのアラブ地区、およびエルサレムとヨルダン川西岸の場所の間のルートは、旧市街のダマスカス門の近くにある交通ハブである東エルサレム中央バスステーション。エルサレムライトレールは、第1レールラインは毎日、推定20万人を輸送することができるであろう、計画によると、2011年8月にサービスを開始した、と23は停止しています。ルートは、北のピスガットゼエフから旧市街と市内中心部を経由して山になります。南のヘルツル。

ジャッファロードのライトレールトラム

進行中の別の作業[397]は、テルアビブからエルサレムまでの新しい高速鉄道で、2018年に部分的に運行を開始し、2019年に完成する予定です。[398]その終点は新しい地下鉄駅(80 mまたは深さ262フィート)国際コンベンションセンターと中央バスステーションにサービスを提供し[399]、最終的にはマルハ駅まで拡張される予定です。イスラエル鉄道は、テルアビブからベイトシェメシュ経由でマルハ駅への列車サービスを運営しています。[400] [401]

Begin Expresswayは、エルサレムの主要な南北の道の1つです。市の西側を走り、北側で国道443号線と合流し、テルアビブに向かって続きます。ルート60は、東エルサレムと西エルサレムの間のグリーンライン近くの街の中心を通ります。市内周辺の35キロメートル(22マイル)の環状道路の一部で建設が進んでおり、郊外間のより高速な接続が促進されています。[402] [403]プロジェクトの東半分は数十年前に概念化されたが、提案された高速道路への反応はまだまちまちである。[402]

空港

エルサレムは、テルアビブへのルート上で、エルサレムの北西約50 km(30マイル)にあるベングリオン空港から運航されています。テルアビブ・エルサレム鉄道はからノンストップで走るエルサレム-イツハク・ナヴォン鉄道駅に空港近くで、2018年に運転を開始しました[404]

過去には、エルサレムは地元のエルサレム空港からもサービスを受けていました。アタロットは2000年に操業を停止しました。

教育

エルサレムヘブライ大学、マウントスコパスキャンパス
エルサレムのバイリンガルのユダヤ人とアラブ人の学校、Hand in Hand

大学

エルサレムには、ヘブライ語、アラビア語、英語のコースを提供するいくつかの一流大学があります。

1925年に設立されたエルサレムのヘブライ大学は、世界のトップ100校にランクされています。[405]総務会には、アルバート・アインシュタインやジークムント・フロイトなどの著名なユダヤ人知識人が含まれています。[210]大学はいくつかのノーベル賞受賞者を輩出した。ヘブライ大学に関連する最近の受賞者には、Avram Hershko、[406] David Gross、[407]およびDanielKahnemanが含まれます。[408]大学の主要な資産の1つは、500万冊以上の本を収容するユダヤ国立大学図書館です。[409]図書館は、大学が設立される30年以上前の1892年に開館し、ユダヤ人に関する本の世界最大のリポジトリの1つです。今日、それは大学の中央図書館であり、イスラエルの国立図書館でもあります。 [410]ヘブライ大学は、エルサレム、スコーパス山、ギヴァットラム、ハダッサアインケレム病院の医療キャンパスに3つのキャンパスを運営している。ヘブライ語アカデミーはGivatラムとでヘブライ大学に位置しているイスラエル科学・人文アカデミーの近くに位置大統領ハウス。

ヘブロンのイェシーバーでGivatモルデハイ近所

技術のエルサレムカレッジでは、コンバインがユダヤ人の研究プログラムでエンジニアリングおよびその他のハイテク産業でトレーニング、1969年に設立しました。[411]世俗学と宗教学を組み合わせた、小学校からエルサレムまでの多くの学校の1つです。Brisk、Chevron、Midrash Shmuel、Mirなど、最も有名なイェシーバーのいくつかを含む多数の宗教教育機関とイェシーバーが市内に拠点を置いており、ミールイェシーバーが最大であると主張しています。[412] 2003年から2004年の学年度中に、ヘブライ語学校には8,000人近くの12年生がいました。[330]しかし、学生の大部分にHarediユダヤ人のフレームワーク、第十二年生の唯一五五%がかかった入学試験(バグルート)とのみ三七%は大学院に適格としました。公立学校とは異なり、多くの超正統派の学校は、標準化されたテストを受けるために学生を準備していません。[330]より多くの大学生をエルサレムに引き付けるために、市はエルサレムのダウンタウンでアパートを借りる学生に金銭的インセンティブと住宅補助金の特別パッケージを提供し始めました。[413]

アルクドゥス大学は、アラブ人とパレスチナ人の旗艦大学として機能するために1984年に設立されました[414]要出典「エルサレムで唯一のアラブ大学」と自称。[415]ニューヨークバード大学とアルクドゥス大学は、もともとパレスチナ立法評議会とヤセルアラファトの事務所を収容するために建てられた建物に合同大学を開設することに合意した。大学は、教育学の修士号を取得しています。[416]アルクドゥス大学は、市の南東、190,000平方メートル(47エーカー)のアブディスキャンパスにあります。[414]

エルサレムの高等教育の他の機関がある音楽とダンスのエルサレムアカデミー[417]とベツァルエル美術デザイン学院、[418] [419]その建物ヘブライ大学のキャンパスに位置しています。

アラブの学校

エルサレムやイスラエルの他の地域にあるアラブ人のための学校は、イスラエルのユダヤ人学生を対象とした学校よりも質の低い教育を提供していると批判されています。[420]重度のアラブ東エルサレムの多くの学校が満員になり、過密の苦情が寄せられている一方で、エルサレム市は市内のアラブ地区に12以上の新しい学校を建設している。[421] Rasel - AmudとUmmLisonの学校は2008年に開校しました。[422] 2007年3月、イスラエル政府は、市内に8,000の新しい教室、アラブ部門に40%、28%を建設する5年間の計画を承認しました。ハレディセクターで。このプロジェクトには46億シェケルの予算が割り当てられました。[423] 2008年、ユダヤ人の英国の慈善家は、東エルサレムにアラブ人のための学校を建設するために300万ドルを寄付した。[422]アラブの高校生はバグルートの入学試験を受けるので、彼らのカリキュラムの多くは他のイスラエルの高校のカリキュラムと類似しており、特定のユダヤ人の科目が含まれています。[420]

文化

ブックの神社、で住宅死海文書、イスラエル博物館

エルサレムは主にその宗教的重要性で知られていますが、エルサレムには多くの芸術的および文化的な場所もあります。イスラエル博物館は、 100万人近い観光客年間、それらの観光客の約3分の1を魅了しています。[424] 8ヘクタール(20エーカー)の美術館複合施設は、特別展示とユダイカの豊富なコレクション、考古学的発見、イスラエルとヨーロッパの芸術を特徴とするいくつかの建物で構成されています。死海の巻物で20世紀半ばに発見され、クムラン洞窟死海の近くには、博物館の中に収容されているブックの神社。[425]変化する展示品を展示し、広範な美術教育プログラムを運営しているユースウィングには、年間10万人の子供たちが訪れます。博物館には、大きな屋外彫刻庭園と第二神殿の縮尺模型があります。[424] Tichoハウスダウンタウンエルサレムでは、絵画の収容アンナ・ティチョと彼女の夫のユダヤコレクション、1912年にこの建物内のエルサレムの最初のアイクリニックを開いた眼科医を[426]

エルサレム聖書動物園

イスラエル博物館の隣にある聖書は博物館ランズ近くで、イスラエルの考古学のための国立キャンパス含み、イスラエル考古学庁の事務所を。シオンの山に隣接して「バイブルヒル」と呼ばれる場所に世界聖書センターが建設される予定です。計画されているワールドカバラーセンターは、旧市街を見下ろす近くの遊歩道に配置されます。ロックフェラー博物館、東エルサレムにあるが、中東で最初の考古学博物館でした。 1938年に英国委任状の間に建てられました。[427] [428] 2006年、38 km(24マイル)のエルサレムトレイルエルサレムとその周辺の多くの文化的名所や国立公園に行くハイキングコースがオープンしました。エルサレム聖書動物園は、イスラエル人のために、イスラエルの人気観光名所として一貫してランク付けしました。[429] [430]

イスラエルの国立墓地が近く、市の西端に位置し、エルサレムの森にヘルツルの丘。ヘルツルの丘の西側の延長線は、イスラエルの主要なホロコースト博物館がある追悼の山です。ヤド・ヴァシェムの犠牲者へのイスラエルの国家記念ホロコーストは、ホロコースト関連情報の世界最大の図書館を収容します。[431]推定10万冊の本や記事が収められています。この複合施設には、ホロコーストで殺された個人や家族の個人的な話に焦点を当てた展示を通じて、ユダヤ人の虐殺を探求する最先端の博物館があります。亡くなったアーティストの作品を展示するアートギャラリーもあります。さらに、ヤドヴァシェムは、ナチスによって殺害された150万人のユダヤ人の子供たちを記念し、諸国民の中の正義の人々を称えています。[432]

イスラエル国立図書館

エルサレム交響楽団、1940年代に設立され、[433]は、世界中で登場しています。[433]国際コンベンションセンター(Binyanei HaUma都市住宅への入り口付近)イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団。エルサレムCinemateque、ジェラルド・ベハールセンターダウンタウンエルサレム(旧ベイトHa'Am)、エルサレム音楽センターでYeminモシェ、[434]とでターグ音楽センターアインケレムはまた、芸術を提示します。イスラエル・フェスティバル、1961年以来、国内外の歌手による屋内外のパフォーマンス、コンサート、演劇、ストリートシアターが毎年開催されており、エルサレムがこのイベントの主要な主催者となっています。タルビヤ地区のエルサレム劇場では、年間150以上のコンサートが開催されているほか、海外の演劇やダンスの会社や舞台芸術家も参加しています。[435]はカーン劇場に位置して、隊商宿古いエルサレムの駅の向かいには、市内で唯一であるレパートリーシアター。[436]駅自体は、Shav'ua Haseferの場所として、近年文化イベントの会場になっています。(毎年恒例の1週間のブックフェア)と野外音楽パフォーマンス。[437]エルサレム映画祭は、イスラエルおよび国際フィルムのスクリーニング、毎年開催されています。[438] 1974年にエルサレムシネマテックが設立された。 1981年にそれはヒンノムの谷と旧市街の近くのヘブロンロードの新しい建物に移されました。

エルサレムは2009年にアラブ文化の首都として宣言されました。[439]エルサレムにはパレスチナ国立劇場があり、パレスチナの芸術への関心を再燃させるために、文化の保存と革新に取り組んでいます。[440] 音楽のエドワード・サイード国立音楽院は、パレスチナ・ユース・オーケストラ後援[441]見学ペルシャ湾岸のアラブ諸国2009年におよび他の中東諸国を[442]イスラム博物館1923年に設立さ神殿の丘、上、家を小さなコールフラスコや珍しい原稿から巨大な大理石の柱まで、多くのイスラムの工芸品。[443]2004年に設立されたAl-Hoashは、パレスチナの芸術を保存するためのギャラリーです。[444]イスラエルはいくつかのアラブ文化活動を承認し、財政的に支援しているが、[要出典]アラブ文化の首都のイベントは、パレスチナ自治政府が後援しているため禁止された。[439] 2009年、エルサレムのベイト・アナン郊外で4日間の文化祭が開催され、15,000人以上が参加した[445]。

アートを通して共存の問題を探求するシーム博物館は、エルサレムの東と西を分ける道路にあります。[446]アブラハム基金とエルサレム異文化センター(JICC)は、ユダヤ人とパレスチナ人の共同文化プロジェクトを推進しています。中東音楽とダンスのためのエルサレムセンター[447]はアラブ人とユダヤ人に開かれており、芸術を通じたユダヤ人とアラブ人の対話に関するワークショップを提供しています。[448]ユダヤ・アラブ青年オーケストラは、ヨーロッパの古典音楽と中東音楽の両方を演奏します。[449] 2008年、CzesławDźwigajによる屋外彫刻であるTolerance Monumentが、ユダヤ人のArmonHaNetzivとアラブの間の丘に建てられました。エルサレムの平和への探求の象徴としてのジェブル・ムカベール。[450]

メディア

エルサレムはイスラエルの州放送センターです。イスラエル放送局の本社はエルサレムだけでなく、ためにテレビやラジオのスタジオに位置しており、イスラエルラジオ、チャンネル2、チャンネル10、およびのラジオスタジオの一部BBCのニュース。エルサレムポストとタイムズオブイスラエルもエルサレムに本部を置いています。地元の新聞には、コルHa'Irとエルサレムタイムズ。神のテレビ、国際的なキリスト教のテレビネットワークも市内に拠点を置いています。

スポーツ

テディスタジアム、マルハ
ペイスアリーナ

最も人気のある2つのスポーツは、サッカー(サッカー)とバスケットボールです。[451] ベイタルエルサレムフットボールクラブは、イスラエルで最もよく知られているクラブの1つです。ファンには、ゲームに頻繁に参加する政治家が含まれます。[452]エルサレムの他の主要なサッカーチームであり、ベイタルのトップライバルの1つは、ハポエルエルサレムFCです。一方、ベイタルはイスラエルステートカップチャンピオンを7回務めていますが、[453]ハポエルはカップで1回しか優勝していません。ベイタルはトップリーグで6回優勝していますが、ハポエルは成功していません。 Beitarより権威で再生Ligat HaAlハポエルが第二分割している間、リーガLeumit。 1992年のオープン以来、テディスタジアムは、エルサレムの主要なサッカースタジアムであり、収容人数は34,000人です。[454]最も人気のあるパレスチナサッカークラブは、ウェストバンクプレミアリーグでプレーするジャバルアルムカベール(1976年以来)です。クラブ出身マウントScopusのエルサレムの一部のアジアサッカー連盟、及びで再生ファイサル・フサイニー国際スタジアムでアル・ラム間で、西岸バリア。[455] [456]

バスケットボールでは、ハポエルエルサレムはトップディビジョンのトップチームの1つです。クラブは2015年にイスラエルのチャンピオンシップ、4回のステートカップ、2004年のULEBカップで優勝しています。[457]

エルサレムマラソン2011年に設立さは、3月の月にエルサレムで毎年開催された国際マラソンです。完全な42kmのレースは、クネセットで始まり、スコーパス山と旧市街のアルメニア地区を通過し、サッカーパークで終わります。2012年、エルサレムマラソンには、イスラエル以外の50か国からの1,500人を含む、15,000人のランナーが参加しました。[458] [459] [460] [461] [462]

人気の非競争的なスポーツイベントがあるエルサレム月の間に毎年開催され、仮庵の祭り祭り。

国際関係

エルサレムは
  • プラハ、チェコ共和国[463]
  • 綾部、日本[464]
  • アメリカ合衆国、ニューヨーク市(1993年以降)[465] [466]
パートナー都市
  • フランス、マルセイユ[要出典]

も参照してください

  • グレーターエルサレム
  • エルサレムの人々のリスト
  • エルサレムの場所のリスト
  • エルサレムに関する曲のリスト

ノート

  1. ^ パレスチナ国(パレスチナの基本法、タイトル1:第3条による)は、エルサレムを首都と見なしています。 [1]しかし、 PLOの交渉局(NAD)の文書では、(エルサレム全体ではなく)東エルサレムを将来の首都として、時には現在の首都として言及していることがよくあります。 「議論のみ」と記載されている2010年の文書の1つは、パレスチナには「東エルサレム...がパレスチナの首都となり、西エルサレムが首都となる」という未来の「ビジョン」があると述べています。イスラエルの」、 [2] [3]2013年の文書の1つは、「パレスチナの首都、東エルサレム」に言及しており、「占領下の東エルサレムは、将来のパレスチナ国家にとって自然の社会経済的および政治的中心地である」と述べています。 「パレスチナの政治的、行政的、精神的な中心」と「東エルサレムを含む1967年の国境をパレスチナが受け入れたことは痛ましい妥協である」。[4]
  2. ^ 他の言語:イスラエルの公式アラビア語:アラビア語: أورشليمالقدسローマ字:  Ûrshalîm-AlQuds(聖書と一般的な使用法のアラビア語の名前を組み合わせたもの);古代ギリシャ語: Ἱερουσαλήμ/Ἰεροσόλυμαローマ字:  Hierousalḗm/Hierosóluma ;アルメニア語:エルサレムローマ字表記: エルサレム
  3. ^ エルサレムはイスラエルの法律の下で首都です。大統領官邸、官邸、最高裁判所、議会(クネセト)があります。パレスチナ国(パレスチナ基本法、タイトル1:第3条による)は、エルサレムを首都と見なしています。 [1]国連とほとんどの国は、エルサレムをイスラエルの首都として認識しておらず、エルサレムの最終的な地位は、イスラエルとパレスチナ自治政府との間の将来の交渉を待っているという立場を取っています。ほとんどの国は、テルアビブとその郊外、またはメヴァセレトシオン などのエルサレムの郊外に大使館を置いています(CIAファクトブックと「イスラエルの地図」 (PDF)を参照) (319 KB)詳細については、エルサレムの状況を参照してください。
  4. ^ エルサレムの人口統計に関する統計は、1967年以前のイスラエルとヨルダンの自治体、および北東にあるいくつかの追加のパレスチナの村と近隣を含む、統一され拡張されたイスラエルの自治体を参照しています。パレスチナの村や地域のいくつかはに放棄されている西岸 デファクトの方法によってイスラエルの西岸障壁、 [19]が、その法的ステータスが元に戻されていません。
  5. ^ a b ダビデ王によるエルサレムの征服に関する情報の多くは聖書の記述から来ていますが、1993年の発掘調査により、現代の歴史家の中には彼らに信用を与え始めた人もいます。[21]
  6. ^ 西エルサレムはエルサレムの市区町村の約3分の1を占め、東エルサレムは約3分の2を占めています。東エルサレムの併合で、イスラエルはまた、ヨルダン川西岸の地域をエルサレム市の地域に組み入れました。これは、ヨルダン川の支配下にある東エルサレムの地域の10倍以上を占めていました。[38] [39] [40]

参考文献

  1. ^ a b 2003 Amended Basic Law. Basic Law of Palestine. Retrieved 9 December 2012.
  2. ^ "Jerusalem Non-Paper" (PDF). PLO-NAD. June 2010. Archived from the original (PDF) on 6 February 2012. Retrieved 25 July 2018.
  3. ^ "Statements and Speeches". nad-plo.org. p. 2. Archived from the original on 18 April 2016. Retrieved 25 November 2014. This paper is for discussion purposes only. Nothing is agreed until everything is agreed.

    Palestinian vision for Jerusalem
    ...
    Pursuant to our vision, East Jerusalem, as defined by its pre-1967 occupation municipal borders, shall be the capital of Palestine, and West Jerusalem shall be the capital of Israel, with each state enjoying full sovereignty over its respective part of the city.
  4. ^ "East Jerusalem today – Palestine's Capital: The 1967 border in Jerusalem and Israel's illegal policies on the ground" (PDF). PLO-Negotiations Affairs Department (NAD). August 2013. Archived from the original (PDF) on 4 March 2016. Retrieved 25 November 2014. ... Palestine's capital, East Jerusalem ... The Palestinian acceptance of the 1967 border, which includes East Jerusalem, is a painful compromise: ... Jerusalem has always been and remains the political, administrative and spiritual heart of Palestine. Occupied East Jerusalem is the natural socio-economic and political center for the future Palestinian state.
  5. ^ "Population in the Localities 2019" (XLS). Israel Central Bureau of Statistics. Retrieved 16 August 2020.
  6. ^ "Localities, Population and Density per Sq. Km., by Metropolitan Area and Selected Localities". Israel Central Bureau of Statistics. 6 September 2017. Retrieved 19 September 2017.
  7. ^ jerusalem.muni.il (PDF). 2017 http://en.jerusaleminstitute.org.il/.upload/jerusalem/Jeruslaem%20Facts%20and%20Trends%202018-%202.Population.pdf. Missing or empty |title= (help)[permanent dead link]
  8. ^ Israel Central Bureau of Statistics (15 June 2019). (PDF) https://www.cbs.gov.il/he/mediarelease/DocLib/2019/156/11_19_156b.pdf. Of these, 849,559 were Jews and others (62.1%) – 341,453 Arabs (37.9%). Missing or empty |title= (help)
  9. ^ Sub-national HDI. "Area Database". hdi.globaldatalab.org. Global Data Lab.
  10. ^ A-Z Guide to the Qur'an: A Must-have Reference to Understanding the Contents of the Islamic Holy Book by Mokhtar Stork (1999): "JERUSALEM: Referred to in Arabic as Baitul Muqaddas (The Holy House) or Baitul Maqdis (The House of the Sanctuary)".
  11. ^ Pan-Islamism in India & Bengal by Mohammad Shah (2002), p. 63: "... protector of Mecca, Medina and Baitul Muqaddas, the sacred places of pilgrimage of the Muslim world"
  12. ^ Smith, William (6 December 2017). "Donald Trump confirms US will recognise Jerusalem as capital of Israel". The Guardian. Retrieved 13 May 2017.
  13. ^ "Do We Divide the Holiest Holy City?". Moment Magazine. Archived from the original on 3 June 2008. Retrieved 5 March 2008. According to Eric H. Cline's tally in Jerusalem Besieged.
  14. ^ a b c d Greenberg, Raphael; Mizrachi, Yonathan (10 September 2013). "From Shiloah to Silwan – A Visitor's Guide". Emek Shaveh. Retrieved 25 July 2018.
  15. ^ Moore, Megan Bishop; Kelle, Brad E. (17 May 2011). Biblical History and Israel's Past: The Changing Study of the Bible and History. Wm. B. Eerdmans Publishing. ISBN 9780802862600 – via Google Books.
  16. ^ Ben-Arieh, Yehoshua (1984). Jerusalem in the 19th Century, The Old City. Yad Izhak Ben Zvi & St. Martin's Press. p. 14. ISBN 0-312-44187-8.
  17. ^ "Old City of Jerusalem and its Walls". UNESCO World Heritage Convention. Retrieved 11 September 2010.
  18. ^ Tom Teicholz (20 July 2015). "Mr. Jerusalem: Nir Hasson of Haaretz's 'The Jerusalem Blog'". Forbes Israel. Retrieved 4 August 2017.
  19. ^ a b Laub, Karin (2 December 2006). "Jerusalem Barrier Causes Major Upheaval". The Washington Post. Associated Press. Retrieved 10 March 2007.
  20. ^ a b c "Table III/9 – Population in Israel and in Jerusalem, by Religion, 1988 – 2016" (PDF). jerusaleminstitute.org.il. 2018. Archived from the original (PDF) on 10 May 2019. Retrieved 10 May 2019.
  21. ^ Pellegrino, Charles R. (1995). Return to Sodom & Gomorrah (Second revised ed.). Harper Paperbacks. p. 271. ISBN 0-380-72633-5. [see footnote]
  22. ^ Tubb, 1998. pg-13-14.
  23. ^ Mark Smith in "The Early History of God: Yahweh and Other Deities of Ancient Israel" states "Despite the long regnant model that the Canaanites and Israelites were people of fundamentally different culture, archaeological data now casts doubt on this view. The material culture of the region exhibits numerous common points between Israelites and Canaanites in the Iron I period (c. 1200 – 1000 BC). The record would suggest that the Israelite culture largely overlapped with and derived from Canaanite culture... In short, Israelite culture was largely Canaanite in nature. Given the information available, one cannot maintain a radical cultural separation between Canaanites and Israelites for the Iron I period." (pp. 6–7). Smith, Mark (2002) "The Early History of God: Yahweh and Other Deities of Ancient Israel" (Eerdman's)
  24. ^ a b Rendsberg, Gary (2008). "Israel without the Bible". In Frederick E. Greenspahn. The Hebrew Bible: New Insights and Scholarship. NYU Press, pp. 3–5
  25. ^ a b Since the 10th century BCE:
    • "Israel was first forged into a unified nation from Jerusalem some 3,000 years ago, when King David seized the crown and united the twelve tribes from this city... For a thousand years Jerusalem was the seat of Jewish sovereignty, the household site of kings, the location of its legislative councils and courts. In exile, the Jewish nation came to be identified with the city that had been the site of its ancient capital. Jews, wherever they were, prayed for its restoration." Roger Friedland, Richard D. Hecht. To Rule Jerusalem, University of California Press, 2000, p. 8. ISBN 0-520-22092-7
    • "The centrality of Jerusalem to Judaism is so strong that even secular Jews express their devotion and attachment to the city, and cannot conceive of a modern State of Israel without it.... For Jews Jerusalem is sacred simply because it exists... Though Jerusalem's sacred character goes back three millennia...". Leslie J. Hoppe. The Holy City: Jerusalem in the theology of the Old Testament, Liturgical Press, 2000, p. 6. ISBN 0-8146-5081-3
    • "Ever since King David made Jerusalem the capital of Israel 3,000 years ago, the city has played a central role in Jewish existence." Mitchell Geoffrey Bard, The Complete Idiot's Guide to the Middle East Conflict, Alpha Books, 2002, p. 330. ISBN 0-02-864410-7
    • "Jerusalem became the center of the Jewish people some 3,000 years ago" Moshe Maoz, Sari Nusseibeh, Jerusalem: Points of Friction – And Beyond, Brill Academic Publishers, 2000, p. 1. ISBN 90-411-8843-6
  26. ^ "Basic Facts you should know: Jerusalem". Anti-Defamation League. 2007. Archived from the original on 4 January 2013. Retrieved 28 March 2007. The Jewish people are inextricably bound to the city of Jerusalem. No other city has played such a dominant role in the history, politics, culture, religion, national life and consciousness of a people as has Jerusalem in the life of Jewry and Judaism. Since King David established the city as the capital of the Jewish state circa 1000 BCE, it has served as the symbol and most profound expression of the Jewish people's identity as a nation."
  27. ^ Reinoud Oosting, The Role of Zion/Jerusalem in Isaiah 40–55: A Corpus-Linguistic Approach, p. 117, at Google Books Brill 2012 pp. 117–118. Isaiah 48:2;51:1; Nehemiah 11:1,18; cf. Joel 4:17: Daniel 5:24. The Isaiah section where they occur belong to deutero-Isaiah.
  28. ^ Shalom M. Paul, Isaiah 40–66, p. 306, at Google Books Wm. B. Eerdmans Publishing, 2012 p. 306. The 'holiness' (qodesh) arises from the temple in its midst, the root q-d-š referring to a sanctuary. The concept is attested in Mesopotamian literature, and the epithet may serve to distinguish Babylon, the city of exiles, from the city of the Temple, to where they are enjoined to return.
  29. ^ Golb, Norman (1997). "Karen Armstrong's Jerusalem—One City, Three Faiths". The Bible and Interpretation. Archived from the original on 11 October 2013. Retrieved 10 July 2013. The available texts of antiquity indicate that the concept was created by one or more personalities among the Jewish spiritual leadership, and that this occurred no later than the 6th century B.C.
  30. ^ Isaiah 52:1 πόλις ἡ ἁγία.
  31. ^ Joseph T. Lienhard, The Bible, the Church, and Authority: The Canon of the Christian Bible in History and Theology, Liturgical Press, 1995 pp. 65–66:'The Septuagint is a Jewish translation and was also used in the synagogue. But at the end of the first century C.E. many Jews ceased to use the Septuagint because the early Christians had adopted it as their own translation, and it began to be considered a Christian translation.'
  32. ^ a b Third-holiest city in Islam:
    • Esposito, John L. (2002). What Everyone Needs to Know about Islam. Oxford University Press. p. 157. ISBN 0-19-515713-3. The Night Journey made Jerusalem the third holiest city in Islam
    • Brown, Leon Carl (2000). "Setting the Stage: Islam and Muslims". Religion and State: The Muslim Approach to Politics. Columbia University Press. p. 11. ISBN 0-231-12038-9. The third holiest city of Islam—Jerusalem—is also very much in the center...
    • Hoppe, Leslie J. (2000). The Holy City: Jerusalem in the Theology of the Old Testament. Michael Glazier Books. p. 14. ISBN 0-8146-5081-3. Jerusalem has always enjoyed a prominent place in Islam. Jerusalem is often referred to as the third holiest city in Islam...
  33. ^ Middle East peace plans by Willard A. Beling: "The Aqsa Mosque on the Temple Mount is the third holiest site in Sunni Islam after Mecca and Medina".
  34. ^ Lewis, Bernard; Holt, P. M.; Lambton, Ann, eds. (1986). Cambridge History of Islam. Cambridge University Press.
  35. ^ Quran 17:1–3
  36. ^ Buchanan, Allen (2004). States, Nations, and Borders: The Ethics of Making Boundaries. Cambridge University Press. ISBN 0-521-52575-6. Retrieved 9 June 2008.
  37. ^ Kollek, Teddy (1977). "Afterword". In John Phillips (ed.). A Will to Survive – Israel: the Faces of the Terror 1948-the Faces of Hope Today. Dial Press/James Wade. about 91 hectares (225 acres)
  38. ^ Walid Khalidi (1996) Islam, the West and Jerusalem. Center for Contemporary Arab Studies & Center for Muslim–Christian Understanding, Georgetown University, quotes the breakdown as follows: West Jerusalem in 1948: 16,261 dunums (14%); West Jerusalem added in 1967: 23,000 dunums (20%); East Jerusalem under Jordanian rule: 6,000 dunums (5%); West Bank area annexed and incorporated into East Jerusalem by Israel: 67,000 dunums (61%)
  39. ^ Aronson, Geoffrey (1995). "Settlement Monitor: Quarterly Update on Developments". Journal of Palestine Studies. University of California Press, Institute for Palestine Studies. 25 (1): 131–40. doi:10.2307/2538120. JSTOR 2538120. West Jerusalem: 35%; East Jerusalem under Jordanian rule: 4%; West Bank area annexed and incorporated into East Jerusalem by Israel: 59%
  40. ^ Benvenisti, Meron (1976). Jerusalem, the Torn City. Books on Demand. p. 113. ISBN 978-0-7837-2978-7. East Jerusalem under Jordanian rule: 6,000 dunums; West Bank area annexed and incorporated into East Jerusalem by Israel: 67,000
  41. ^ "Israel plans 1,300 East Jerusalem Jewish settler homes". BBC News. 9 November 2010. East Jerusalem is regarded as occupied Palestinian territory by the international community, but Israel says it is part of its territory.
  42. ^ "The status of Jerusalem" (PDF). The Question of Palestine & the United Nations. United Nations Department of Public Information. Archived from the original (PDF) on 8 August 2019. East Jerusalem has been considered, by both the General Assembly and the Security Council, as part of the occupied Palestinian territory.
  43. ^ "Israeli authorities back 600 new East Jerusalem homes". BBC News. 26 February 2010. Retrieved 18 September 2013.
  44. ^ "Resolution 298 September 25, 1971". United Nations. 25 September 1971. Archived from the original on 19 August 2013. Retrieved 25 July 2018. Recalling its resolutions... concerning measures and actions by Israel designed to change the status of the Israeli-occupied section of Jerusalem,...
  45. ^ David Noel Freedman; Allen C. Myers; Astrid B. Beck (2000). Eerdmans dictionary of the Bible. Wm. B. Eerdmans Publishing. pp. 694–695. ISBN 978-0-8028-2400-4. Retrieved 19 August 2010. Nadav Na'aman, Canaan in the 2nd Millennium B.C.E., Eisenbrauns, 2005 pp. 177ff. offers a dissenting opinion, arguing for the transcription Rôsh-ramen, etymologized to r'š (head) and rmm (be exalted), to mean 'the exalted Head', and not referring to Jerusalem.
  46. ^ G. Johannes Botterweck, Helmer Ringgren (eds.) Theological Dictionary of the Old Testament, (tr. David E. Green) William B. Eerdmann, Grand Rapids Michigan, Cambridge, UK 1990, Vol. VI, p. 348
  47. ^ "The El Amarna Letters from Canaan". TAU.ac.il. Retrieved 11 September 2010.
  48. ^ Meir Ben-Dov, Historical Atlas of Jerusalem, Continuum International Publishing Group, 2002, p. 23.
  49. ^ a b Binz, Stephen J. (2005). Jerusalem, the Holy City. Connecticut: Twenty-Third Publications. p. 2. ISBN 9781585953653. Retrieved 17 December 2011.
  50. ^ G. Johannes Bottereck, Helmer Ringgren, Heinz-Josef Fabry, (eds.) Theological Dictionary of the Old Testament, tr. David E. Green, vol. XV, pp. 48–49 William B. Eeerdmanns Co. Grand Rapids, Michigan/Cambridge UK 2006, pp. 45–6
  51. ^ Elon, Amos (1996). Jerusalem. HarperCollins Publishers Ltd. ISBN 0-00-637531-6. Archived from the original on 10 March 2003. Retrieved 26 April 2007. The epithet may have originated in the ancient name of Jerusalem—Salem (after the pagan deity of the city), which is etymologically connected in the Semitic languages with the words for peace (shalom in Hebrew, salam in Arabic).
  52. ^ Ringgren, H., Die Religionen des Alten Orients (Göttingen, 1979), 212.
  53. ^ Hastings, James (2004). A Dictionary of the Bible: Volume II: (Part II: I – Kinsman), Volume 2. Honolulu, Hawaii: Reprinted from 1898 edition by University Press of the Pacific. p. 584. ISBN 1-4102-1725-6. Retrieved 17 December 2011.
  54. ^ a b Bosworth, Clifford Edmund (2007). Historic cities of the Islamic world. The Netherlands: Koninklijke Brill NV. pp. 225–226. ISBN 978-90-04-15388-2. Retrieved 17 December 2011.
  55. ^ a b Denise DeGarmo (9 September 2011). "Abode of Peace?". Wandering Thoughts. Center for Conflict Studies. Archived from the original on 26 April 2012. Retrieved 17 December 2011.
  56. ^ Marten H. Wouldstra, The Book of Joshua, William B. Eerdmanns Co. Grand Rapids, Michigan (1981) 1995, p. 169 n.2
  57. ^ Bosworth, Francis Edward (1968). Millennium: a Latin reader, A. Oxford, United Kingdom: Oxford University Press. p. 183. ASIN B0000CO4LE. Retrieved 17 December 2011.
  58. ^ Wallace, Edwin Sherman (August 1977). Jerusalem the Holy. New York: Arno Press. p. 16. ISBN 0-405-10298-4. A similar view was held by those who give the Hebrew dual to the word
  59. ^ Smith, George Adam (1907). Jerusalem: The Topography, Economics and History from the Earliest Times to A.D. 70. Hodder and Stoughton. p. 251. ISBN 0-7905-2935-1. The termination -aim or -ayim used to be taken as the ordinary termination of the dual of nouns, and was explained as signifying the upper and lower cities (see here [1], p. 251, at Google Books)
  60. ^ Ginzberg, Louis (1909). The Legends of the Jews Volume I: The Akedah (Translated by Henrietta Szold) Philadelphia: Jewish Publication Society.
  61. ^ Writing, Literacy, and Textual Transmission: The Production of Literary by Jessica N. Whisenant p. 323
  62. ^ King Manasseh and Child Sacrifice: Biblical Distortions of Historical Realities by Francesca Stavrakopoulou p. 98
  63. ^ Oral World and Written Word: Ancient Israelite Literature by Susan Niditch p. 48
  64. ^ The Mountain of the Lord by Benyamin Mazar p. 60
  65. ^ Blessing and Curse in Syro-Palestinian Inscriptions by T. G Crawford p. 137
  66. ^ Joseph Naveh (2001). "Hebrew Graffiti from the First Temple Period". Israel Exploration Journal. 51 (2): 194–207.
  67. ^ Discovering the World of the Bible by LaMar C. Berrett p. 178
  68. ^ a b Yuval Baruch, Danit Levi & Ronny Reich (2020). "The Name Jerusalem in a Late Second Temple Period Jewish Inscription". Tel Aviv. 47 (1): 108–118. doi:10.1080/03344355.2020.1707452. S2CID 219879544.
  69. ^ Judges 19:10: יְב֔וּס הִ֖יא יְרוּשָׁלִָ֑ם: "Jebus, it [is] Jerusalem"
  70. ^ "Bible, King James Version". umich.edu. Retrieved 12 February 2016.
  71. ^ The Oxford encyclopedia of ancient Greece and Rome, Volume 1, p. 113, at Google Books, p. 113
  72. ^ 2 Samuel 5:7,9. cited Israel Finkelstein, Amihay Mazar, Brian B. Schmidt (eds), The Quest for the Historical Israel, Society of Biblical Literature, 2007 p. 127.
  73. ^ Bar-Kochva, Bezalel (2002). Judas Maccabeus: The Jewish Struggle Against the Seleucids. Cambridge: Cambridge University Press. p. 447. ISBN 0-521-01683-5.
  74. ^ Mazar, Eilat (2002). The Complete Guide to the Temple Mount Excavations. Jerusalem: Shoham Academic Research and Publication. p. 1. ISBN 965-90299-1-8.
  75. ^ Genesis 14:18
  76. ^ E.g., Jubilees 1:30, the Septuagint version of Jeremias 48:5 (as Συχὲμ) and possibly the Masoretic text of Genesis 33:18 (see KJV and the margin translation of the Revised Version).
  77. ^ E.g., the Vulgate and Peshitta versions. J.A. Emerton, "The site of Salem: the City of Melchizedek (Genesis xiv 18)," pp. 45–72 of Studies in the Pentateuch ed. by J.A. Emerton, vol. 41 of Supplements to Vetus Testamentum (Leiden: E.J. Brill, 1990) ("Emerton"), p. 45. See also John 3:23 where "Salim" or "Sylem" (Συχὲμ) is said to be near Ænon, thought to be in the valley of Mount Ebal, one of two mountains in the vicinity of Nablus.
  78. ^ Onklelos, Pseudo-Jonathan and Neofiti I. Emerton, p. 45.
  79. ^ Genesis 12:6–7 (where Abram built an altar), Genesis 33:18–20, Deuteronomy 11:29 & 28:11, Joshua 8:33, 1 Kings 12. Emerton, p. 63.
  80. ^ Paul Winter, "Note on Salem – Jerusalem", Novum Testamentum, vol. 2, pp. 151–152 (1957).
  81. ^ Raymond Hayward. "Melchizedek as Priest of the Jerusalem Temple in Talmud, Midrash, and Targum" (PDF). The Temple Studies Group. Retrieved 24 January 2015.
  82. ^ "The Official Website of Jerusalem". Municipality of Jerusalem. 19 September 2011. Archived from the original on 27 April 2007.
  83. ^ Sonbol, Amira (1996). Women, the Family, and Divorce Laws in Islamic History. p. 133.
  84. ^ "Israeli Archaeologists Discover 7,000-Year-Old Settlement". The New York Times. The New York Times Company. Associated Press. 17 February 2016. Archived from the original on 29 February 2016. Retrieved 25 July 2018.
  85. ^ "No city in the world, not even Athens or Rome, ever played as great a role in the life of a nation for so long a time, as Jerusalem has done in the life of the Jewish people." David Ben-Gurion, 1947
  86. ^ "For three thousand years, Jerusalem has been the center of Jewish hope and longing. No other city has played such a dominant role in the history, culture, religion and consciousness of a people as has Jerusalem in the life of Jewry and Judaism. Throughout centuries of exile, Jerusalem remained alive in the hearts of Jews everywhere as the focal point of Jewish history, the symbol of ancient glory, spiritual fulfillment and modern renewal. This heart and soul of the Jewish people engenders the thought that if you want one simple word to symbolize all of Jewish history, that word would be 'Jerusalem.'" Teddy Kollek (DC: Washington Institute For Near East Policy, 1990), pp. 19–20.
  87. ^ John Quigley (1 July 1998). The Palestine Yearbook of International Law, 1996–1997. Martinus Nijhoff Publishers. pp. 32–. ISBN 90-411-1009-7. Palestine's claim to Jerusalem is founded on the longtime status of the Palestinian Arabs as the majority population of Palestine. On that basis the Palestinians claim sovereignty over all of Palestine. including Jerusalem, both East and West. The Palestinians claim descent from the Canaanites, the earliest recorded inhabitants of Palestine. Although political control changed hands many times through history, this population, which was Arabized by the Arab conquest of the seventh century A.D., remained into the twentieth century.
  88. ^ "(With reference to Palestinians in Ottoman times) Although proud of their Arab heritage and ancestry, the Palestinians considered themselves to be descended not only from Arab conquerors of the seventh century but also from indigenous peoples who had lived in the country since time immemorial, including the ancient Hebrews and the Canaanites before them. Acutely aware of the distinctiveness of Palestinian history, the Palestinians saw themselves as the heirs of its rich associations." Walid Khalidi, 1984, Before Their Diaspora: A Photographic History of the Palestinians, 1876–1948. Institute for Palestine Studies
  89. ^ Bisharat, George (2010). "Maximizing Rights". In Susan M. Akram; Michael Dumper; Michael Lynk (eds.). International Law and the Israeli-Palestinian Conflict: A Rights-Based Approach to Middle East Peace. Routledge. p. 311. ISBN 978-1-136-85098-1. As we have noted previously the international legal status of Jerusalem is contested and Israel's designation of it as its capital has not been recognized by the international community. However its claims of sovereign rights to the city are stronger with respect to West Jerusalem than with respect to East Jerusalem.
  90. ^ Eric H. Cline. "How Jews and Arabs Use (and Misuse) the History of Jerusalem to Score Points". Retrieved 22 September 2010.
  91. ^ Eli E. Hertz. "One Nation's Capital Throughout History" (PDF). Retrieved 22 September 2010.
  92. ^ Isabel Kershner (5 June 2007). "Under a Divided City, Evidence of a Once United One". The New York Times. Retrieved 29 January 2008.
  93. ^ Noah Browning, 'In bleak Arab hinterland, hints of Jerusalem's partition,' Reuters 20 December 2013.
  94. ^ Negev, Avraham; Gibson, Shimon (2001). "Jerusalem". Archaeological Encyclopedia of the Holy Land. New York and London. pp. 260, 262, 264–265, 267. ISBN 0-8264-1316-1.
  95. ^ Rachel Hachlili, Jewish funerary customs, practices and rites in the Second Temple period (2005), p. 3
  96. ^ Israel Antiquities Authority (10 April 2007). "Remains of Jewish settlement revealed in the Shu'afat neighborhood of Jerusalem". Israel Ministry of Foreign Affairs website. Retrieved 28 July 2018.
  97. ^ Haaretz, Jerusalem Even Older Than Thought: Archaeologists Find 7,000-year-old Houses, 17 February 2016 [2]
  98. ^ Rainer Reisner, 'Synagogues in Jerusalem,' in Richard Bauckham The Book of Acts in its First Century Setting, Wm. B. Eerdmans Publishing, 1995 pp. 179–212 [192]
  99. ^ Lee I. Levine (2005). The Ancient Synagogue (2nd. ed.). Yale University Press. p. 72. The case for a synagogue or prayer hall at this site appears to have evaporated.
  100. ^ Anders Runesson; Donald D. Binder; Birger Olsson (2008). The ancient synagogue from its origins to 200 A.D. Leiden: Brill. pp. 75–76. ISBN 978-9004161160.
  101. ^ Yeger, David (22 January 2017). "Jerusalem, Shuʽfat (A): Final Report". Hadashot Arkheologiyot – Excavations and Surveys in Israel (HA-ESI). Jerusalem: Israel Antiquities Authority (IAA). 129. Retrieved 28 July 2018.
  102. ^ a b c Negev, Avraham; Gibson, Shimon (2001). "Jerusalem". Archaeological Encyclopedia of the Holy Land. New York and London. pp. 260–261. ISBN 0-8264-1316-1.
  103. ^ a b c Freedman, David Noel (1 January 2000). Eerdmans Dictionary of the Bible. William B. Eerdmans Publishing Company. pp. 694–695. ISBN 0-8028-2400-5. 1. Ceramic evidence indicates some occupation of Ophel as early as early as the Chalcolithic period. 2. Remains of a building witness to a permanent settlement on Ophel during the early centuries (ca. 3000–2800 B.C.E.) of the Early Bronze Age.
  104. ^ Jerome Murphy-O'Connor, Keys to Jerusalem: Collected Essays, Oxford University Press, 2012 p. 4.
  105. ^ Tubb, 1998. pp. 13–14
  106. ^ Mark Smith in "The Early History of God: Yahweh and Other Deities of Ancient Israel" states "Despite the long regnant model that the Canaanites and Israelites were people of fundamentally different culture, archaeological data now casts doubt on this view. The material culture of the region exhibits numerous common points between Israelites and Canaanites in the Iron I period (c. 1200–1000 BCE). The record would suggest that the Israelite culture largely overlapped with and derived from Canaanite culture... In short, Israelite culture was largely Canaanite in nature. Given the information available, one cannot maintain a radical cultural separation between Canaanites and Israelites for the Iron I period." (pp. 6–7). Smith, Mark (2002) "The Early History of God: Yahweh and Other Deities of Ancient Israel" (Eerdman's)
  107. ^ Nadav Na'aman, op.cit pp. 178–179.
  108. ^ Vaughn, Andrew G.; Ann E. Killebrew (1 August 2003). "Jerusalem at the Time of the United Monarchy". Jerusalem in Bible and Archaeology: the First Temple Period. Atlanta: Society of Biblical Literature. pp. 32–33. ISBN 1-58983-066-0.
  109. ^ Shalem, Yisrael (3 March 1997). "History of Jerusalem from its Beginning to David". Jerusalem: Life Throughout the Ages in a Holy City. Bar-Ilan University, Ingeborg Rennert Center for Jerusalem Studies. Retrieved 18 January 2007.
  110. ^ Nadav Naʼaman, Canaan in the 2nd Millennium B.C.E., p. 180.
  111. ^ Jane M. Cahill, 'Jerusalem at the time of the United Monarchy', in Andrew G. Vaughn, Ann E. Killebrew (eds.) Jerusalem in Bible and Archaeology: The First Temple Period, Society of Biblical Literature, 2003 p. 33.
  112. ^ Israel Finkelstein, Neil Asher Silberman, The Bible Unearthed: Archaeology's New Vision of Ancient Israel and the Origin of Sacred Texts, Simon and Schuster 2002 p. 239.
  113. ^ a b Jerome Murphy-O'Connor, Keys to Jerusalem: Collected Essays, Oxford University Press, 2012 pp. 5–6.
  114. ^ Robb Andrew Young, Hezekiah in History and Tradition, p. 49.
  115. ^ "The Broad Wall – Jerusalem Attractions, Israel". GoJerusalem.com. 3 December 2012. Retrieved 7 December 2012.
  116. ^ "Department of Archaeology – Silwan, Jerusalem: The Survey of the Iron Age Necropolis". TAU.ac.il. Retrieved 7 December 2012.
  117. ^ "The Israelite Tower". The Jewish Quarter. Archived from the original on 5 October 2012. Retrieved 7 December 2012.
  118. ^ Matti Friedman (6 September 2012). "Cistern dated to First Temple period found in Jerusalem". The Times of Israel.
  119. ^ Zank, Michael. "Capital of Judah I (930–722)". Boston University. Retrieved 22 January 2007.
  120. ^ K. L. Noll, Canaan and Israel in Antiquity: An Introduction, Continuum Publishing, 2002 p. 78.
  121. ^ Ann Killebrew, Biblical Peoples and Ethnicity: An Archaeological Study of Egyptians, Canaanites, and Early Israel, 1300–1100 B.C.E,, Society of Biblical Literature, 2005, p. 152
  122. ^ Joshua 18:28
  123. ^ Nadav Naʼaman Canaan in the 2nd Millennium B.C.E., p. 183.
  124. ^ Israel Finkelstein, Neil Asher Silberman, The Bible Unearthed, p. 238.
  125. ^ Erlanger, Steven (5 August 2005). "King David's Palace Is Found, Archaeologist Says". The New York Times. Retrieved 24 May 2007.
  126. ^ Israel Finkelstein, Amihay Mazar, Brian B. Schmidt, (eds.) The Quest for the Historical Israel, Society of Biblical Literature, 2007 pp. 104, 113, 125–128, 165, 174.
  127. ^ 1 Samuel 31:1–13:2 Samuel 5:4–5; Finkelstein, Silberman, op.cit. p. 20.
  128. ^ a b Michael, E.; Sharon O. Rusten; Philip Comfort; Walter A. Elwell (28 February 2005). The Complete Book of When and Where: in the Bible and Throughout History. Tyndale House Publishers, Inc. pp. 20–21, 67. ISBN 0-8423-5508-1.
  129. ^ Merling, David (26 August 1993). "Where is the Ark of the Covenant?". Andrews University. Archived from the original on 17 September 2006. Retrieved 22 January 2007.
  130. ^ Richard A. Freund, Digging Through the Bible: Modern Archaeology and the Ancient Bible, p. 9, at Google Books, Rowman & Littlefield, 2009, p. 9.
  131. ^ Zank, Michael. "Capital of Judah (930–586)". Boston University. Retrieved 22 January 2007.
  132. ^ "Ezra 1:1–4; 6:1–5". Biblegateway.com. Retrieved 11 September 2010.[better source needed]
  133. ^ Sicker, Martin (30 January 2001). Between Rome and Jerusalem: 300 Years of Roman-Judaean Relations. Praeger Publishers. p. 2. ISBN 0-275-97140-6.
  134. ^ Zank, Michael. "Center of the Persian Satrapy of Judah (539–323)". Boston University. Retrieved 22 January 2007.
  135. ^ Julian Morgenstern (1938). "A Chapter in the History of the High-Priesthood (Concluded)". The American Journal of Semitic Languages and Literatures. The University of Chicago Press. 55 (October 1938) (4): 360–377. JSTOR 3088118. there is a great mass of evidence scattered throughout biblical literature that at some time very soon after the accession of Xerxes to the Persian throne in 485 B.C. Jerusalem was besieged and captured by a coalition of hostile neighboring states, Edom, Moab, Ammon, Tyre, and Philistia. Its walls were torn down, its buildings razed, the Temple itself burned and destroyed, at least in part, and the great mass of the people scattered...
  136. ^ "Nehemiah 1:3; 2:1–8". Biblegateway.com. Retrieved 11 September 2010.[better source needed]
  137. ^ Ossuary bearing an Aramaic inscription reading, "Simon, builder of the Temple"
  138. ^ "Archaeological Sites in Israel-Jerusalem- Burial Sites and Tombs of the Second Temple Period". GxMSDev. Archived from the original on 31 July 2016.
  139. ^ Golden Jerusalem By Menashe Har-El. Retrieved 18 September 2013.
  140. ^ Hannah M. Cotton; Leah Di Segni; Werner Eck; Benjamin Isaac; Alla Kushnir-Stein; Haggai Misgav; Jonathan Price; Israel Roll; Ada Yardeni, eds. (23 December 2010). Jerusalem, Part 1: 1–704. Walter de Gruyter. p. 79. Retrieved 18 September 2013.
  141. ^ Schiffman, Lawrence H. (1991). From Text to Tradition: A History of Second Temple and Rabbinic Judaism. Ktav Publishing House. pp. 60–79. ISBN 0-88125-371-5.
  142. ^ Har-el, Menashe (1977). This Is Jerusalem. Canaan Publishing House. pp. 68–95. ISBN 0-86628-002-2.
  143. ^ Zank, Michael. "The Temple Mount". Boston University. Retrieved 22 January 2007.
  144. ^ Crossan, John Dominic (26 February 1993). The Historical Jesus: the life of a Mediterranean Jewish peasant (Reprinted ed.). San Francisco: HarperCollins. p. 92. ISBN 0-06-061629-6. from 4 BCE until 6 CE, when Rome, after exiling [Herod Archelaus] to Gaul, assumed direct prefectural control of his territories
  145. ^ Josephus, Jewish War, 7:1:1
  146. ^ Berenbaum, Michael; Skolnik, Fred, eds. (2007). "Bar Kokhba". Encyclopaedia Judaica. Quoting from Gibson, Shimon. Encyclopaedia Hebraica (2 ed.). 3 (2 ed.). Thomson Gale. p. 162. ISBN 978-0-02-865931-2.
  147. ^ Elizabeth Speller, Following Hadrian: A Second-Century Journey Through the Roman Empire, p. 218, at Google Books, Oxford University Press, 2004, p. 218
  148. ^ Lehmann, Clayton Miles. "Palestine: People and Places". The On-line Encyclopedia of the Roman Provinces. The University of South Dakota. Archived from the original on 10 March 2008. Retrieved 18 April 2007.
  149. ^ Peter Schäfer (2003). The Bar Kokhba war reconsidered: new perspectives on the second Jewish revolt against Rome. Mohr Siebeck. pp. 36–. ISBN 978-3-16-148076-8. Retrieved 4 December 2011.
  150. ^ a b Lehmann, Clayton Miles (22 February 2007). "Palestine: History". The On-line Encyclopedia of the Roman Provinces. The University of South Dakota. Archived from the original on 10 March 2008. Retrieved 18 April 2007.
  151. ^ Cohen, Shaye J. D. (1996). "Judaism to Mishnah: 135–220 C.E". In Hershel Shanks (ed.). Christianity and Rabbinic Judaism: A Parallel History of their Origins and Early Development. Washington, DC: Biblical Archaeology Society. p. 196.
  152. ^ Emily Jane Hunt, Christianity in the second century: the case of Tatian, p. 7, at Google Books, Psychology Press, 2003, p. 7
  153. ^ E. Mary Smallwood The Jews under Roman rule: from Pompey to Diocletian : a study in political relations, p. 460, at Google Books BRILL, 1981, p. 460.
  154. ^ Zank, Michael. "Byzantian Jerusalem". Boston University. Retrieved 1 February 2007.
  155. ^ Gideon Avni, The Byzantine-Islamic Transition in Palestine: An Archaeological Approach, p. 144, at Google Books, Oxford University Press 2014 p. 144.
  156. ^ Conybeare, Frederick C. (1910). The Capture of Jerusalem by the Persians in 614 AD. English Historical Review 25. pp. 502–517.
  157. ^ Hidden Treasures in Jerusalem Archived 6 January 2017 at the Wayback Machine, the Jerusalem Tourism Authority
  158. ^ Jerusalem blessed, Jerusalem cursed: Jews, Christians, and Muslims in the Holy City from David's time to our own. By Thomas A. Idinopulos, I.R. Dee, 1991, p. 152
  159. ^ Horowitz, Elliot. "Modern Historians and the Persian Conquest of Jerusalem in 614". Jewish Social Studies. Archived from the original on 26 May 2008. Retrieved 20 January 2011.
  160. ^ Rodney Aist, The Christian Topography of Early Islamic Jerusalem, Brepols Publishers, 2009 p. 56: 'Persian control of Jerusalem lasted from 614 to 629'.
  161. ^ Har-el, Menashe (1977). This Is Jerusalem. Canaan Publishing House. pp. 68–95. ISBN 0-86628-002-2.
  162. ^ Dan Bahat (1996). The Illustrated Atlas of Jerusalem. p. 71.
  163. ^ Ben-Dov, M. Historical Atlas of Jerusalem. Translated by David Louvish. New York: Continuum, 2002, p. 171
  164. ^ Linquist, J.M., The Temple of Jerusalem, Praeger, London, 2008, p. 184
  165. ^ Grabar, Oleg. The Shape of the Holy: Early Islamic Jerusalem. With Contributions by Mohammad al-Asad, Abeer Audeh, Said Nuseibeh. Princeton: Princeton University Press, 1996, p. 112
  166. ^ In the Lands of the Prophet, Time-Life, p. 29
  167. ^ William Montgomery Watt (7 February 1974). Muhammad: prophet and statesman. Oxford University Press. pp. 112–113. ISBN 978-0-19-881078-0. Retrieved 29 December 2011.
  168. ^ Jerusalem: Illustrated History Atlas Martin Gilbert, Macmillan Publishing, New York, 1978, p. 7
  169. ^ Gil, Moshe (February 1997). A History of Palestine, 634–1099. Cambridge University Press. pp. 70–71. ISBN 0-521-59984-9.
  170. ^ Runciman, Steven (1951). A History of the Crusades:The First Crusade and the Foundation of the Kingdom of Jerusalem. 1. Penguin Books. 3–4. ISBN 0-521-34770-X.
  171. ^ Steven Runciman, A History of the Crusades, (3 vols. 1951–1954, Cambridge University Press), Penguin Books, 1965 vol. 1, pp. 3–4, citing Eutychius, Michael the Syrian and Elias of Nisibin. The many sources conserving the story are summarized in Hugues Vincent, F. M. Abel, Jérusalem Nouvelle, 1914 tome 2, pp. 930–932,
  172. ^ a b Shalem, Yisrael. "The Early Arab Period – 638–1099". Ingeborg Rennert Center for Jerusalem Studies, Bar-Ilan University. Retrieved 20 July 2008.
  173. ^ Rivka Gonen, Contested holiness: Jewish, Muslim, and Christian perspectives on the Temple Mount in Jerusalem, Ktav Publishing House, 2003, p. 85; The History of al-Tabari, vol. XII, Albany: State University of New York Press 2007, pp. 194–195.
  174. ^ Hoppe, Leslie J. (August 2000). The Holy City: Jerusalem in the Theology of the Old Testament. Michael Glazier Books. p. 15. ISBN 0-8146-5081-3.
  175. ^ Zank, Michael. "Abbasid Period and Fatimid Rule (750–1099)". Boston University. Retrieved 1 February 2007.
  176. ^ Islam encyclopaedia (in Turkish) Vol. 26 pp. 323–327
  177. ^ David E. Sklare, 'Yūsuf al-Bașīr:Theological Aspects of his Halakhic Works,' in Daniel Frank (ed.) The Jews of Medieval Islam: Community, Society & Identity, E. J. Brill, 1995, pp. 249–270. p. 249. They were known as avelei șion (Mourners of Zion) or Shoshanim (Lilies(among the thorns))
  178. ^ Adrian J. Boas, Jerusalem in the Time of the Crusades, Routledge 2001, pp. 14, 35.
  179. ^ Hull, Michael D. (June 1999). "First Crusade: Siege of Jerusalem". Military History. Archived from the original on 30 September 2007. Retrieved 18 May 2007.
  180. ^ a b "Main Events in the History of Jerusalem". Jerusalem: The Endless Crusade. The CenturyOne Foundation. 2003. Retrieved 2 February 2007.
  181. ^ Adrian J. Boas, Jerusalem in the Time of the Crusades, Routledge 2001, pp. 16, 19
  182. ^ Abu-Lughod, Janet L.; Dumper, Michael (2007). Cities of the Middle East and North Africa: A Historical Encyclopedia. ABC-CLIO. p. 209. ISBN 978-1-57607-919-5. Retrieved 22 July 2009.
  183. ^ Larry H. Addington (1990). The Patterns of War Through the Eighteenth Century. Midland book. Indiana University Press. p. 59. ISBN 9780253205513. Retrieved 30 May 2014. in the Sixth Crusade, Frederick II ...concluded a treaty with the Saracens in 1229 that placed Jerusalem under Christian control but allowed Muslim and Christian alike freedom of access to the religious shrines of the city. ... Within fifteen years of Frederick's departure from the Holy Land, the Khwarisimian Turks, successors to the Seljuks, rampaged through Syria and Palestine, capturing Jerusalem in 1244. (Jerusalem would not be ruled again by Christians until the British occupied it in December 1917, during World War I).
  184. ^ Denys Pringle (2007). The Churches of the Crusader Kingdom of Jerusalem: Volume 3, The City of Jerusalem: A Corpus. The Churches of the Crusader Kingdom of Jerusalem. Cambridge University Press. p. 5. ISBN 9780521390385. Retrieved 30 May 2014. During the period of Christian control of Jerusalem between 1229 and 1244 ...
  185. ^ Annabel Jane Wharton (2006). Selling Jerusalem: Relics, Replicas, Theme Parks. University of Chicago Press. p. 106. ISBN 9780226894225. Retrieved 30 May 2014. (footnote 19): It is perhaps worth noting that the same sultan, al-Malik al-Kamil, was later involved in the negotiations with Emperor Frederick II that briefly reestablished Latin control in Jerusalem between 1229 and 1244.
  186. ^ Hossein Askari (2013). Conflicts in the Persian Gulf: Origins and Evolution. Palgrave Macmillan. p. 52. ISBN 9781137358387. Retrieved 30 May 2014. Later, during the years 1099 through 1187 AD and 1229 through 1244 AD, Christian Crusaders occupied Jerusalem ...
  187. ^ Moshe Ma'oz, ed. (2009). The Meeting of Civilizations: Muslim, Christian, and Jewish. Sussex Academic Press. p. 3. ISBN 9781845193959. Retrieved 30 May 2014. (Introduction by Moshe Ma'oz) ... When the Christian Crusaders occupied Jerusalem (AD 1099–1187, 1229–1244) ...
  188. ^ Jerusalem: Illustrated History Atlas Martin Gilbert, Macmillan Publishing, New York, 1978, p. 25.
  189. ^ Grove Encyclopedia of Islamic Art & Architecture: Three-Volume Set. Oxford University Press. 14 May 2009. p. 348. ISBN 9780195309911. Retrieved 30 May 2014. After 1260 Jerusalem was incorporated into the domains of the Mamluk Sultans of Egypt and Syria.
  190. ^ Michael Avi-Yonah, A History of Israel and the Holy Land, A&C Black, 2003 p. 279.
  191. ^ Hunt Janin, Four Paths to Jerusalem: Jewish, Christian, Muslim, and Secular Pilgrimages, 1000 BCE to 2001 CE, McFarland, 2002 p. 120.
  192. ^ "Firuzabadi's al-Qamus al-Muhit", in The Khalili Collections
  193. ^ Amnon Cohen. "Economic Life in Ottoman Jerusalem"; Cambridge University Press, 1989
  194. ^ Salmon, Thomas (1744). Modern history or the present state of all nations. p. 461. Retrieved 28 January 2011.
  195. ^ a b "The Ottoman Period (1517–1917 CE)". Hebrew University. 2002. Archived from the original on 31 December 2009. Retrieved 24 July 2018.
  196. ^ a b c Jerusalem: Illustrated History Atlas Martin Gilbert, Macmillan Publishing, New York, 1978, p. 37
  197. ^ 1834 Palestinian Arab Revolt
    • Joel Beinin (2001) Workers and peasants in the modern Middle East Cambridge University Press, ISBN 0-521-62903-9, p. 33
    • Beshara, Doumani. (1995). Rediscovering Palestine: Egyptian rule, 1831–1840 University of California Press.
  198. ^ Encyclopaedia Judaica, Jerusalem, Keter, 1978, Volume 9, "State of Israel (Historical Survey)", pp. 304–306
  199. ^ Jerusalem: Illustrated History Atlas Martin Gilbert, Macmillan Publishing, New York, 1978, p. 35
  200. ^ Eylon, Lili (April 1999). "Jerusalem: Architecture in the Late Ottoman Period". Focus on Israel. Israel Ministry of Foreign Affairs. Archived from the original on 15 April 2007. Retrieved 20 April 2007.
  201. ^ Ellen Clare Miller, Eastern Sketches – notes of scenery, schools and tent life in Syria and Palestine. Edinburgh: William Oliphant and Company. 1871. p. 126: 'It is difficult to obtain a correct estimate of the number of inhabitants of Jerusalem...'
  202. ^ Jankowski, James P. (1997). Rethinking Nationalism in the Arab Middle East. Columbia University Press. p. 174. ISBN 0231106955.
  203. ^ Fruma Zachs (2019). "Children in war time: the first pupils of the Syrian (Schneller) orphanage in Jerusalem 1860–1863". Middle Eastern Studies. 55 (6): 958–973. doi:10.1080/00263206.2019.1616546. S2CID 202281138. Retrieved 21 September 2020.
  204. ^ Jaffe, Eliezer David (1983). Israelis in Institutions: Studies in child placement, practice, and policy. Taylor & Francis. p. 3. ISBN 0-677-05960-4.
  205. ^ Fromkin, David (1 September 2001). A Peace to End All Peace: The Fall of the Ottoman Empire and the Creation of the Modern Middle East (2nd reprinted ed.). Owl Books e. pp. 312–313. ISBN 0-8050-6884-8.
  206. ^ Shamir, Ronen (2013) Current Flow: The Electrification of Palestine. Stanford: Stanford University Press.
  207. ^ "Chart of the population of Jerusalem". Focusonjerusalem.com. Retrieved 11 September 2010.
  208. ^ Tamari, Salim (1999). "Jerusalem 1948: The Phantom City". Jerusalem Quarterly File (3). Archived from the original (Reprint) on 9 September 2006. Retrieved 2 February 2007.
  209. ^ a b Eisenstadt, David (26 August 2002). "The British Mandate". Jerusalem: Life Throughout the Ages in a Holy City. Bar-Ilan University Ingeborg Rennert Center for Jerusalem Studies. Retrieved 10 February 2007.
  210. ^ a b "History". The Hebrew University of Jerusalem. Retrieved 18 March 2007.
  211. ^ "Considerations Affecting Certain of the Provisions of the General Assembly Resolution on the 'Future Government of Palestine': The City of Jerusalem". The United Nations. 22 January 1948. Archived from the original on 26 January 2008. Retrieved 3 February 2007.
  212. ^ "U.N. Resolution 181 (II). (29 Nov 1947) Future government of Palestine". Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 6 September 2015.
  213. ^ a b Lapidoth, Ruth (30 June 1998). "Jerusalem: Legal and Political Background". Israel Ministry of Foreign Affairs. Archived from the original on 2 April 2013. Retrieved 22 July 2008.
  214. ^ Benny Morris, 1948 (2008), pp. 218–219.
  215. ^ Mordechai Weingarten
  216. ^ Cattan, Henry (1981) Jerusalem. Croom Helm. ISBN 0-7099-0412-6. p. 51. Number of Arab districts under Jewish control.
  217. ^ Asali, K. J. (1989) Jerusalem in History. Scorpion Publishing. ISBN 0-905906-70-5. p. 259. Estimate of number of refugees. (Michael C. Hudson)
  218. ^ "No Man's Land". Jposttravel.com. Archived from the original on 24 November 2010. Retrieved 11 September 2010.
  219. ^ Klein, Menachem (2002). "Chapter 5: Rule and Role in Jerusalem". In Breger, Marshall J.; Ahimeir, Ora (eds.). Jerusalem: A City and Its Future. Jerusalem Institute for Israel Studies, Syracuse University Press. p. 145. ISBN 0-8156-2912-5. Retrieved 14 October 2012. On 5 December 1948, Prime Minister Ben-Gurion claimed Jerusalem as part of Israel and eight days later the Israeli Knesset declared it the capital of Israel.
  220. ^ "Legal Status in Palestine". Birzeit University Institute of Law. Archived from the original on 3 November 2007. Retrieved 22 July 2008.
  221. ^ Michael Dumper, The Politics of Jerusalem Since 1967, Columbia University Press, 1997: Israeli West Jerusalem was made the capital of the State of Israel (p. 21); 'in 1953 the Hashemites granted East Jerusalem the status of amana (trusteeship) and made it the "second capital" of Jordan.' (p. 33)
  222. ^ Announcement in the UK House of Commons of the recognition of the State of Israel and also of the annexation of the West Bank by the State of Jordan. Commons Debates (Hansard) 5th series, Vol. 474, pp. 1137–1141. 27 April 1950. scan (PDF)
  223. ^ S. R. Silverburg, Pakistan and the West Bank: A research note, Middle Eastern Studies, 19:2 (1983) 261–263.
  224. ^ P. R. Kumaraswamy (March 2000). "Beyond the Veil: Israel-Pakistan Relations" (PDF). Tel Aviv, Israel: Jaffee Center for Strategic Studies, Tel Aviv University. Archived from the original (PDF) on 28 June 2007. Retrieved 22 July 2009. Cite journal requires |journal= (help)
  225. ^ Yitzhak Reiter (2008). Jerusalem and its role in Islamic solidarity. Palgrave Macmillan. p. 136. ISBN 978-0-230-60782-8. Retrieved 24 May 2011. According to Jordanian government sources, Jordan has spent about a billion dollars since 1954 on al-Aqsa renovations and maintenance.
  226. ^ Martin Gilbert, "Jerusalem: A Tale of One City", The New Republic, 14 November 1994
  227. ^ "Mount of Olives, Jerusalem". mountofolives.co.il. Archived from the original on 12 February 2010.
  228. ^ Oren, M. Six Days of War, ISBN 0-345-46192-4, p. 307
  229. ^ Mark A. Tessler (1994). A History of the Israeli-Palestinian Conflict. Indiana University Press. p. 329. ISBN 0253208734. Retrieved 17 May 2015. ancient jewish cemetery.
  230. ^ Simone Ricca (2007). Reinventing Jerusalem: Israel's reconstruction of the Jewish Quarter after 1967. I.B.Tauris. p. 22. ISBN 978-1-84511-387-2. Retrieved 3 June 2011.
  231. ^ Alisa Rubin Peled, Debating Islam in the Jewish State: The Development of Policy Toward Islamic, SUNY Press, 2012 p. 91
  232. ^ Al-Kuwayt, Jāmiʻat; Al-Filasṭīnīyah, Muʼassasat al-Dirāsāt (1978). "Institute for Palestine Studies and Kuwait University". Journal of Palestine Studies. Washington, DC: Institute For Palestine Studies. 7 (25–28): 194.
  233. ^ "Letter From The Permanent Representative of Israel to the United Nations Addressed to the Secretary-General". United Nations. Archived from the original on 15 May 2011. Retrieved 11 September 2010.
  234. ^ Greg Noakes (September–October 1994). "Dispute Over Jerusalem Holy Places Disrupts Arab Camp". Washington Report on Middle East Affairs. Retrieved 20 July 2008.
  235. ^ John M. Oesterreicher; Anne Sinai (1974). Jerusalem. John Day. p. 26. ISBN 978-0-381-98266-9.
  236. ^ Doson, Nandita and Sabbah, Abdul Wahad (editors) Stories from our Mothers (2010). ISBN 978-0-9556136-3-0. pp. 18–19.
  237. ^ Shepherd, Naomi (1988). "The View from the Citadel". Teddy Kollek, Mayor of Jerusalem. New York City: Harper & Row Publishers. p. 20. ISBN 0-06-039084-0.
  238. ^ "13 Law and Administration Ordinance – Amendment No". Mfa.gov.il. Retrieved 2 June 2011.
  239. ^ Abraham Rabinovich, For Jerusalem: 49 years later true unity remains elusive, in Jerusalem Post, 11 June 2016 [3]
  240. ^ Jerusalem Syndrome – The Palestinian–Israeli Battle for the Holy City, p. 53, at Google Books, pp. 53–54. Mosheh ʻAmirav, Sussex University Press, 2009
  241. ^ a b Nathan Thrall, 'Rage in Jerusalem,' London Review of Books Vol. 36 No. 23 4 December 2014, pp. 19–21.
  242. ^ Rashid Khalidi, "The Future of Arab Jerusalem" British Journal of Middle Eastern Studies, Vol. 19, No. 2 (1992), pp. 133–143
  243. ^ "Jerusalem's Holy Places and the Peace Process". The Washington Institute for Near East Policy. 1988. Retrieved 20 July 2008.
  244. ^ Michael Dumper, The Politics of Sacred Space: The Old City of Jerusalem in the Middle East Conflict, Lynne Rienner Publishers, 2002 pp. 42–43
  245. ^ Yelinek, Aviel; Chosen, Maya; Korach, Michal; Assaf-Shapira, Yair. "Jerusalem – Facts and Trends 2012". Jerusalem Institute for Policy Research. Retrieved 24 November 2019.
  246. ^ Sharon, Gilad: Sharon: The Life of a Leader (2011)
  247. ^ Bowen, Jeremy (15 July 2010). "House-by-house struggle for East Jerusalem". BBC. Retrieved 11 September 2010.
  248. ^ Jerusalem – Legal and Political Background – Professor Ruth Lapidoth. Israeli Foreign Ministry website, 30 June 1998
  249. ^ The Status of Jerusalem – Israeli Foreign Ministry website, 14 March 1999
  250. ^ "Abu Mazen's speechat the meeting of the PLO's Palestinian Central Council". UNISPAL. 9 September 2000. Archived from the original on 26 October 2011. Retrieved 25 July 2018.
  251. ^ Jerusalem as administrative capital of the British Mandate:
    • Orfali, Jacob G. (March 1995). Everywhere You Go, People Are the Same. Ronin Publishing. p. 25. ISBN 0-914171-75-5. In the year 1923, [Jerusalem] became the capital of the British Mandate in Palestine
    • Oren-Nordheim, Michael; Ruth Kark (September 2001). Ruth Kark. Wayne State University Press. p. 36. ISBN 0-8143-2909-8. Archived from the original on 16 December 2007. Retrieved 17 April 2007. The three decades of British rule in Palestine (1917/18–1948) were a highly significant phase in the development, with indelible effects on the urban planning and development of the capital – Jerusalem. is a professor in the Department of Geography at the Hebrew University of Jerusalem.
    • Dumper, Michael (15 April 1996). The Politics of Jerusalem Since 1967. Columbia University Press. p. 59. ISBN 0-231-10640-8. the city that was to become the administrative capital of Mandate Palestine...
  252. ^ Dore Gold. "Jerusalem in International Diplomacy". Retrieved 20 July 2008.
  253. ^ "The New Orient House: A History of Palestinian Hospitality". jerusalemites.org. Archived from the original on 17 December 2010. Retrieved 9 September 2011.
  254. ^ Klein, Menachem (March 2001). "The PLO and the Palestinian Identity of East Jerusalem". Jerusalem: The Future of a Contested City. New York University Press. p. 189. ISBN 0-8147-4754-X.
  255. ^ Segal, Jerome M. (Fall 1997). "Negotiating Jerusalem". The University of Maryland School of Public Policy. Archived from the original on 14 May 2006. Retrieved 25 February 2007.
  256. ^ Møller, Bjørn (November 2002). "A Cooperative Structure for Israeli–Palestinian Relations". Working Paper No. 1. Centre for European Policy Studies. Archived from the original on 6 January 2004. Retrieved 16 April 2007. Cite journal requires |journal= (help)
  257. ^ "No agreement without a Palestinian capital in Jerusalem: Mahmoud Abbas". The Times of India. 10 June 2010. Archived from the original on 11 August 2011. Retrieved 9 September 2011.
  258. ^ Bard, Mitchell G. Will Israel Survive?
  259. ^ The Controversial Sovereignty over the City of Jerusalem (22 June 2015, The National Catholic Reporter) Archived 21 November 2018 at the Wayback Machine "No U.S. president has ever officially acknowledged Israeli sovereignty over any part of Jerusalem (...) The refusal to recognize Jerusalem as Israeli territory is a near universal policy among Western nations."
  260. ^ Jerusalem: Opposition to mooted Trump Israel announcement grows"Israeli sovereignty over Jerusalem has never been recognised internationally"
  261. ^ Whither Jerusalem (Lapidot) page 17: "Israeli control in west Jerusalem since 1948 was illegal and most states have not recognized its sovereignty there"
  262. ^ The Jerusalem Law states that "Jerusalem, complete and united, is the capital of Israel" and the city serves as the seat of the government, home to the President's residence, government offices, supreme court, and parliament. United Nations Security Council Resolution 478 (20 August 1980; 14–0, U.S. abstaining) declared the Jerusalem Law "null and void" and called on member states to withdraw their diplomatic missions from Jerusalem (see Kellerman 1993, p. 140). See Status of Jerusalem for more information.
  263. ^ "UN General Assembly Resolution 181 recommended the creation of an international zonea, or corpus separatum, in Jerusalem to be administered by the UN for a 10-year period, after which there would be referendum to determine its future. This approach applies equally to West and East Jerusalem and is not affected by the occupation of East jerusalem in 1967. To a large extent it is this approach that still guides the diplomatic behaviour of states and thus has greater force in international law" (Susan M. Akram, Michael Dumper, Michael Lynk, Iain Scobbie (eds.), International Law and the Israeli-Palestinian Conflict: A Rights-Based Approach to Middle East Peace, Routledge, 2010 p.119. )
  264. ^ Tzippe Barrow (25 October 2010). "Bill to Grant Jerusalem Priority Status – Inside Israel – CBN News – Christian News 24–7". CBN.com. Retrieved 28 February 2014.
  265. ^ "Jewish Inroads in Muslim Quarter: Settlers' Project to Alter Skyline of Jerusalem's Old City" The Washington Post Foreign Service, 11 February 2007; p. A01
  266. ^ Seid, Mike (25 October 2007). "Western Wall was never part of temple". The Jerusalem Post. Retrieved 9 December 2012.
  267. ^ "Camp David: An Exchange". The New York Review of Books. 20 September 2001. Archived from the original on 30 September 2009. Retrieved 7 December 2012.
  268. ^ a b In the Palestine Liberation Organization's Palestinian Declaration of Independence of 1988, Jerusalem is stated to be the capital of the State of Palestine. In 1997, the Palestinian Legislative Council passed the Palestinian Basic Law (ratified by Chairman Yasser Arafat in 2002), designating the city as such. Article 3: "Jerusalem is the capital of Palestine."
    See 2003 Amended Basic Law. Retrieved 2 June 2013; Arafat Signs Law Making Jerusalem Palestinian Capital, People's Daily, published 6 October 2002; Arafat names Jerusalem as capital, BBC News, published 6 October 2002.
  269. ^ Moshe Amirav (2009). Jerusalem Syndrome: The Palestinian-Israeli Battle for the Holy City. Sussex Academic Press. pp. 28–29. ISBN 9781845193478. Retrieved 3 June 2014.
  270. ^ Lazaroff, Tovah (28 May 2014). "Netanyahu: 'Jerusalem is the heart of the nation. We'll never divide our heart.'". The Jerusalem Post.
  271. ^ Poll: 72% of Jewish Israelis view J'lem as divided, Jerusalem Post 5 June 2013
  272. ^ "Poll: Jerusalem Arabs prefer Israel". Ynetnews. 20 June 1995. Retrieved 7 December 2012.
  273. ^ Ben-Gurion, David (5 December 1949). "Statements of the Prime Minister David Ben-Gurion Regarding Moving the Capital of Israel to Jerusalem". The Knesset. Retrieved 2 April 2007.
  274. ^ "Jerusalem and Berlin Embassy Relocation Act of 1998". The Library of Congress. 25 June 1998. Archived from the original on 3 September 2015. Retrieved 12 February 2007.
  275. ^ a b "Knesset Proclaims Jerusalem As Israel's Capital; Mapam and Herut Abstain from Voting". 25 January 1950.
  276. ^ "Basic Law: Jerusalem, Capital of Israel". Israel Ministry of Foreign Affairs. 30 July 1980. Archived from the original on 8 February 2007. Retrieved 2 April 2007.
  277. ^ "Resolution 478 (1980)" (PDF). United Nations. 1980. Archived from the original (PDF) on 5 February 2009. Retrieved 30 July 2008.
  278. ^ Mosheh ʻAmirav, Jerusalem Syndrome: The Palestinian-Israeli Battle for the Holy City, Sussex University Press, 2009 p. 27: 'In the summer of 2006, these two countries also announced the adoption of a new policy whereby they would no longer recognize Israel's sovereignty in Jerusalem, and transferred their embassies out of the city'.
  279. ^ "Embassies and Consulates in Israel". Israel Science and Technology Homepage. Retrieved 5 August 2017.
  280. ^ "Guatemala embassy in Israel opens in Jerusalem". Middle East Monitor. 3 May 2018. Retrieved 12 May 2018.
  281. ^ "Jerusalem Embassy Act of 1995". U.S. Government Printing Office. 8 November 1995. Retrieved 15 February 2007.
  282. ^ "President Donald J. Trump's Proclamation on Jerusalem as the Capital of the State of Israel". White House. 6 December 2017. Archived from the original on 6 December 2017. Retrieved 6 December 2017.
  283. ^ "Trump Declares Jerusalem as Israel's Capital". News.com.au. 7 December 2017. Retrieved 7 December 2017.
  284. ^ Arabs, Europe, U.N. reject Trump's recognition of Jerusalem as Israeli capital, Mark Heinrich, Reuters
  285. ^ US forced to veto UN resolution condemning Trump's decision on Jerusalem, The Daily Telegraph
  286. ^ "UN rejects Trump's Jerusalem declaration". BBC News. 21 December 2017.
  287. ^ "UN General Assembly rejects Trump's Jerusalem move". Al Jazeera.
  288. ^ Gladstone, Rick (21 December 2017). "Defying Trump, U.N. General Assembly Condemns U.S. Decree on Jerusalem". The New York Times.
  289. ^ "United Nations Official Document". United Nations.
  290. ^ Tapsfield, James (18 February 2010). "Israel must co-operate over fake passports, says David Miliband". The Independent. UK. Retrieved 11 September 2010.
  291. ^ "Dubai Hamas killing pledge by UK foreign secretary". BBC News. 18 February 2010. Retrieved 11 September 2010.
  292. ^ "Editorial A bloody new year in Gaza". The Japan Times. 4 January 2009. Retrieved 11 September 2010.
  293. ^ Times Online Style Guide – J "Jerusalem must not be used as a metonym or variant for Israel. It is not internationally recognised as the Israeli capital, and its status is one of the central controversies in the Middle East."
  294. ^ "Jpost Exclusive: Moscow surprisingly says west Jerusalem is Israel's capital – Israel News". The Jerusalem Post. 6 April 2017. Retrieved 23 September 2017.
  295. ^ "Russia could acknowledge West Jerusalem as Israeli Capital". PNN.
  296. ^ Foreign Ministry statement regarding Palestinian-Israeli settlement (6 April 2017)"We reaffirm our commitment to the UN-approved principles for a Palestinian-Israeli settlement, which include the status of East Jerusalem as the capital of the future Palestinian state. At the same time, we must state that in this context we view West Jerusalem as the capital of Israel."
  297. ^ "Australia recognizes west Jerusalem as the capital of Israel". CBS News.
  298. ^ "English gateway to the Knesset website". Retrieved 18 May 2007.
  299. ^ "The State of Israel: The Judicial Authority". Retrieved 18 May 2007.
  300. ^ "Jerusalem". PLO-Negotiations Affairs Department (NAD). Archived from the original on 18 April 2016. Retrieved 20 May 2013.
  301. ^ "Palestine's Capital: The 1967 border in Jerusalem and Israel's illegal policies on the ground" (PDF). East Jerusalem today. PLO-Negotiations Affairs Department (NAD). August 2013. p. 5. Archived from the original (PDF) on 25 August 2013. Retrieved 5 February 2016.
  302. ^ Medvedev reaffirms Soviet recognition of Palestine (Ynet News, 18 January 2011) "Russian president says Moscow has not changed its position since 1988 when it 'recognized independent Palestinian state with its capital in east Jerusalem'"
  303. ^ China supports Palestinian UN bid (Xinhua, 8 September 2011) "China recognizes Palestine as a country with east Jerusalem as its capital and possessing full sovereignty and independence, in accordance with borders agreed upon in 1967, according to Jiang"
  304. ^ "Resolution 58/292. Status of the Occupied Palestinian Territory, including East Jerusalem". United Nations. 17 May 2004. Archived from the original on 6 August 2012.
  305. ^ a b Cidor, Peggy (15 March 2007). "Corridors of Power: A tale of two councils". The Jerusalem Post. Archived from the original on 16 July 2011. Retrieved 28 March 2007.
  306. ^ Schneider, Tal (14 November 2018). "Moshe Lion elected Jerusalem Mayor in dramatic finish". Globes. Archived from the original on 16 December 2018. Retrieved 15 December 2018.
  307. ^ Coker, Margaret (11 November 2006). "Jerusalem Becomes A Battleground Over Gay Rights Vs. Religious Beliefs". Cox Newspapers. Archived from the original on 23 December 2007. Retrieved 28 March 2007.
  308. ^ "Safra Square – City Hall". The Municipality of Jerusalem. Archived from the original on 31 October 2002. Retrieved 24 April 2007.
  309. ^ Cabrera, Enrique; Jorge García-Serra (31 December 1998). Drought Management Planning in Water Supply Systems. Springer. p. 304. ISBN 0-7923-5294-7. The Old City of Jerusalem (760 m) in the central hills
  310. ^ a b Bergsohn, Sam (15 May 2006). "Geography". Cornell University. Archived from the original on 14 July 2007. Retrieved 9 February 2007.
  311. ^ Walvoord, John; Zachary J. Hayes; Clark H. Pinnock; William Crockett; Stanley N. Gundry (7 January 1996). "The Metaphorical View". Four Views on Hell. Zondervan. p. 58. ISBN 0-310-21268-5.
  312. ^ Masterman, E. W. G. (February 1902). "The Water Supply of Jerusalem, Ancient and Modern". The Biblical World. University of Chicago Press. 19 (2): 87–112. doi:10.1086/472951. JSTOR 3137039.
  313. ^ Rosen-Zvi, Issachar (June 2004). Taking Space Seriously: Law, Space and Society in Contemporary Israel. Ashgate Publishing. p. 37. ISBN 0-7546-2351-3. Thus, for instance, the distance between the four large metropolitan regions are—39 miles
  314. ^ Federman, Josef (18 August 2004). "Debate flares anew over Dead Sea Scrolls". AP via NBC News. Retrieved 9 February 2007.
  315. ^ "Introduction". The Tell es-Safi/Gath Archaeological Expedition. Bar Ilan University. Archived from the original on 5 April 2005. Retrieved 24 April 2007. (Image located here Archived copy at the Library of Congress (31 July 2008).)
  316. ^ "Map of Israel". Eye on Israel. Archived from the original on 27 April 2007. Retrieved 25 April 2007. (See map 9 for Jerusalem)
  317. ^ ""One more Obstacle to Peace" – A new Israeli Neighborhood on the lands of Jerusalem city". The Applied Research Institute – Jerusalem. 10 March 2007. Archived from the original on 31 January 2008. Retrieved 24 April 2007.)
  318. ^ "Mean Daily Sunshine on each month for Jerusalem, Israel". The Weather Channel. Archived from the original on 14 November 2007. Retrieved 7 February 2007.
  319. ^ a b Lappin, Yaakov (13 December 2013). "Roads to Jerusalem closed as huge storm batters Israel". The Jerusalem Post.
  320. ^ a b Samenow, Jason (13 December 2013). "Biblical snowstorm: Rare flakes in Cairo, Jerusalem paralyzed by over a foot". The Washington Post.
  321. ^ a b Ma'oz, Moshe; Sari Nusseibeh (March 2000). Jerusalem: Points of Friction-And Beyond. Brill Academic Publishers. pp. 44–6. ISBN 90-411-8843-6.
  322. ^ Rory Kess (16 September 2007). "Worst ozone pollution in Beit Shemesh, Gush Etzion". The Jerusalem Post. Archived from the original on 24 June 2011. Retrieved 23 October 2007.
  323. ^ "Long Term Climate Information for Israel". August 2016. Archived from the original on 14 September 2010.(in Hebrew)
  324. ^ "Record Data in Israel". Archived from the original on 24 January 2010.(in Hebrew)
  325. ^ "Temperature average". Israel Meteorological Service. Archived from the original on 18 June 2013. Retrieved 8 December 2011.(in Hebrew)
  326. ^ "Precipitation average". Archived from the original on 25 September 2011. Retrieved 12 July 2011.(in Hebrew)
  327. ^ "Jerusalem Climate Normals 1961–1990". National Oceanic and Atmospheric Administration. Retrieved 26 April 2017.
  328. ^ Usiel Oskar Schmelz, in Ottoman Palestine, 1800–1914: studies in economic and social history, Gad G. Gilbar, Brill Archive, 1990 [4] at Google Books
  329. ^ "Table 3. – Population (1) of Localities Numbering Above 2,000 Residents and Other Rural Population on 31/12/2008" (PDF). Israel Central Bureau of Statistics. Retrieved 26 October 2009.
  330. ^ a b c d e f g h i "Press Release: Jerusalem Day" (PDF). Central Bureau of Statistics. 24 May 2006. Archived from the original (PDF) on 14 June 2007. Retrieved 10 March 2007.
  331. ^ "Population and Density per km2 in Localities Numbering Above 5,000 Residents on 31 XII 2005" (PDF). Israel Central Bureau of Statistics. 2006. Archived from the original (PDF) on 5 March 2007. Retrieved 11 April 2007.
  332. ^ "Arab population growth outpaces Jews in Jerusalem". CNN. Reuters. 26 September 2000. Retrieved 25 July 2018.
  333. ^ "Israel approves new East Jerusalem settlement homes". BBC News. 30 October 2013. Retrieved 12 February 2016.
  334. ^ Sela, Neta. "Jerusalem: More tourists, fewer Jews". Ynetnews. Retrieved 10 March 2007.
  335. ^ Karl Vick, The Ultra-Holy City, at Time Magazine, 13 August 2012.
  336. ^ Hockstader, Lee. "Jewish Drop in Jerusalem Worries Israel". The Washington Post. Cornell University. Archived from the original on 9 September 2006. Retrieved 10 March 2007.
  337. ^ "Most Jerusalemites Attend Hareidi-Religious Schools". Arutz Sheva. 21 May 2009. Retrieved 21 March 2019.
  338. ^ Shragai, Nadav (20 May 2009). "Most of Jerusalem's non-Jewish children live below poverty line". Haaretz. Retrieved 21 March 2019.
  339. ^ Richard Boudreaux. "Clashing values alter a city's face". Los Angeles Times. Retrieved 22 July 2009.
  340. ^ Greg Myre (13 May 2007). "Israeli Riddle: Love Jerusalem, Hate Living There". The New York Times. Retrieved 22 July 2009.
  341. ^ Ken Ellingwood (4 June 2007). "Change cast in concrete". Los Angeles Times. Retrieved 22 July 2009.
  342. ^ Ken Ellingwood (4 June 2007). "Change cast in concrete". Los Angeles Times. Retrieved 22 July 2009.
  343. ^ Peggy Cidor (17 May 2012). "Jerusalem 2012 – the state of things". The Jerusalem Post. Retrieved 7 December 2012.
  344. ^ "Jewish Birthrate Up, Arab Rate Down in Jerusalem – Inside Israel". Arutz Sheva. 20 May 2012. Retrieved 7 December 2012.
  345. ^ Hubbard, Ben. "Holy city twist: Arabs moving into Jewish areas". Cjp.org. Archived from the original on 30 July 2013. Retrieved 7 December 2012.
  346. ^ Chosen, Maya; Korach, Michal. "Jerusalem: Facts and Trends 2006–2010". Jerusalem Institute for Policy Research. Retrieved 24 November 2019.
  347. ^ "Palestinians grow by a million in decade". The Jerusalem Post/AP. 9 February 2008. Retrieved 18 October 2010.
  348. ^ Medzini, Ronen (5 October 2010). "Jerusalem: Only 21% of Jews secular". Ynetnews. Retrieved 21 March 2019.
  349. ^ Meir, Noam. (27 October 2016) "New Jerusalem Gateway Business District Project Begins Development". Jewish Business News website Retrieved 12 February 2017.
  350. ^ Eisenbud, Daniel K. (12 February 2017). "Young, secular exodus spurring Jerusalem population loss". The Jerusalem Post. Retrieved 12 February 2017.
  351. ^ "New data shows Israeli settlement surge in east Jerusalem". Associated Press. 12 September 2019. Retrieved 13 September 2019.
  352. ^ "New data shows Israeli settlement surge in east Jerusalem". Ynetnews. 12 September 2019. Retrieved 24 May 2020.
  353. ^ Allison Hodgkins, "The Judaization of Jerusalem – Israeli Policies Since 1967"; PASSIA publication No. 101, December 1996, (English, p. 88)
  354. ^ a b "Movement and Access Restrictions in the West Bank: Uncertainty and Inefficiency"; World Bank Technical Team, 9 May 2007
  355. ^ Rapoport, Meron (20 January 2005). "Land lords". Haaretz. Archived from the original on 20 December 2008.
  356. ^ Esther Zandberg."The architectural conspiracy of silence"; Haaretz, 24 February 2007
  357. ^ Guinn, David E. (2 October 2006). Protecting Jerusalem's Holy Sites: A Strategy for Negotiating a Sacred Peace (1st ed.). Cambridge University Press. p. 142. ISBN 0-521-86662-6.
  358. ^ "Parshat Re'eh: No Jerusalem in Torah – Israel Opinion, Ynetnews". Ynetnews. 20 June 1995. Retrieved 17 October 2011.
  359. ^ "What is the Western Wall?". The Kotel. Archived from the original on 2 February 2007. Retrieved 6 March 2007.
  360. ^ Goldberg, Monique Susskind. "Synagogues". Ask the Rabbi. Schechter Institute of Jewish Studies. Archived from the original on 31 January 2008. Retrieved 10 March 2007.
  361. ^ a b Segal, Benjamin J. (1987). Returning: The Land of Israel as Focus in Jewish History. Jerusalem, Israel: Department of Education and Culture of the World Zionist Organization. p. 124. Archived from the original on 23 December 2005. Retrieved 10 March 2007.
  362. ^ The Jewish injunction to pray toward Jerusalem comes in the Orach Chayim section of Shulchan Aruch (94:1) – "When one rises to pray anywhere in the Diaspora, he should face towards the Land of Israel, directing himself also toward Jerusalem, the Temple, and the Holy of Holies."
  363. ^ From the King James Version of the Bible: "And when the days of her purification according to the law of Moses were accomplished, they brought [Jesus] to Jerusalem, to present him to the Lord;" (Luke 2:22)
  364. ^ From the King James Version of the Bible: "And they come to Jerusalem: and Jesus went into the temple, and began to cast out them that sold and bought in the temple, and overthrew the tables of the moneychangers, and the seats of them that sold doves;" (Mark 11:15)
  365. ^ Boas, Adrian J. (12 October 2001). "Physical Remains of Crusader Jerusalem". Jerusalem in the Time of the Crusades. Routledge. p. 112. ISBN 0-415-23000-4. The interesting, if not reliable illustrations of the church on the round maps of Jerusalem show two distinct buildings on Mount Zion: the church of St Mary and the Cenacle (Chapel of the Last Supper) appear as separate buildings.
  366. ^ Endo, Shusaku (1999). Richard A. Schuchert (ed.). A Life of Jesus. Paulist Press. p. 116. ISBN 0-8091-2319-3.
  367. ^ From the King James Version of the Bible: "This title then read many of the Jews: for the place where Jesus was crucified was nigh to the city: and it was written in Hebrew, and Greek, and Latin." (John 19:20)
  368. ^ a b Stump, Keith W. (1993). "Where Was Golgotha?". Worldwide Church of God. Archived from the original on 2 April 2007. Retrieved 11 March 2007.
  369. ^ Ray, Stephen K. (October 2002). St. John's Gospel: A Bible Study Guide and Commentary for Individuals and Groups. San Francisco, CA: Ignatius Press. p. 340. ISBN 0-89870-821-4.
  370. ^ O'Reilly, Sean; James O'Reilly (30 November 2000). PilgrFile: Adventures of the Spirit (1st ed.). Travelers' Tales. p. 14. ISBN 1-885211-56-2. The general consensus is that the Church of the Holy Sepulchre marks the hill called Golgotha, and that the site of the Crucifixion and the last five Stations of the Cross are located under its large black domes.
  371. ^ Cordesman, Anthony H. (30 October 2005). "The Final Settlement Issues: Asymmetric Values & Asymmetric Warfare". The Israeli-Palestinian War: Escalating to Nowhere. Praeger Security International. p. 62. ISBN 0-275-98758-2.
  372. ^ Quran 2:142
  373. ^ Peters, Francis E. (20 October 2003). "Muhammad the Prophet of God". The Monotheists: The Peoples of God. Princeton University Press. pp. 95–6. ISBN 0-691-11460-9.
  374. ^ "Sahih Bukhari". Compendium of Muslim Texts. University of Southern California. Archived from the original on 27 November 2008. Retrieved 9 September 2011. (from an English translation of Sahih Bukhari, Volume IX, Book 93, Number 608)
  375. ^ Sahih al-Bukhari, 9:93:608
  376. ^ From Abdullah Yusuf Ali's English translation of the Qur'an: "Glory to (Allah) Who did take His servant for a Journey by night from the Sacred Mosque to the farthest Mosque, whose precincts We did bless,- in order that We might show him some of Our Signs: for He is the One Who heareth and seeth (all things)." (17:1)
  377. ^ Quran 17:1
  378. ^ "Merits of the Helpers in Madinah (Ansaar) – Hadith Sahih Bukhari". Haditsbukharionline.blogspot.ca. Retrieved 7 December 2012.
  379. ^ "Me'raj – The Night Ascension". Al-islam.org. Retrieved 7 December 2012.
  380. ^ a b c Dumper, Michael (15 April 1996). The Politics of Jerusalem Since 1967. Columbia University Press. pp. 207–10. ISBN 0-231-10640-8.
  381. ^ "World's Best Awards 2010 – Africa and the Middle East". Archived from the original on 12 July 2010. Retrieved 11 July 2010.
  382. ^ Yiffa Yaakov (10 January 2014). "2013 'record year' for tourism, government says". The Times of Israel.
  383. ^ Gil Zohar (28 June 2007). "Bet your bottom dollar?". The Jerusalem Post. Archived from the original on 24 June 2011. Retrieved 10 July 2007.
  384. ^ "Har Hotzvim Industrial Park". Har Hotzvim Industrial Park. Archived from the original on 27 April 2007. Retrieved 13 March 2007.
  385. ^ 5 Emerging Tech Hubs From Around The World Time, 28 April 2015
  386. ^ "Employed Persons, by Industry, District and Sub-District of Residence, 2005" (PDF). Israeli Central Bureau of Statistics. Archived from the original (PDF) on 14 June 2007. Retrieved 11 April 2007.
  387. ^ Hasson, Nir (20 May 2012). "Report: 78% of East Jerusalem Palestinians live in poverty". Haaretz. Retrieved 23 May 2012.
  388. ^ "Jerusalem's tallest buildings – Top 20 | Statistics". Emporis. Retrieved 7 December 2012.
  389. ^ "Holyland Tower 2 | Buildings". Jerusalem /: Emporis. Retrieved 7 December 2012.
  390. ^ Hasson, Nir (2 April 2008). "Jerusalem skyline to undergo massive transformation with 12 new skyscrapers Israel News | Haaretz Daily Newspaper". Haaretz. Retrieved 7 December 2012.
  391. ^ Dvir, Noam (7 March 2011). "Jerusalem reaches for the heavens – Israel News | Haaretz Daily Newspaper". Haaretz. Retrieved 7 December 2012.
  392. ^ Lidman, Melanie (14 August 2012). "Interior Ministry approves 12 skyscrapers for J'lem". The Jerusalem Post. Retrieved 7 December 2012.
  393. ^ "A revitalized downtown Jerusalem – with skyscrapers". Israelity. 7 March 2011. Archived from the original on 12 May 2012. Retrieved 7 December 2012.
  394. ^ "Migdal Merkaz HaYekum | Buildings". Jerusalem /: Emporis. Retrieved 12 March 2013.
  395. ^ "The "Pyramid" Will Be the Newest Addition to Jerusalem's Skyline". Slate. 3 August 2015.
  396. ^ Solomon, Shoshanna (1 November 2001). "Facets of the Israeli Economy – Transportation". Israel Ministry of Foreign Affairs. Retrieved 14 March 2007.
  397. ^ Afra, Orit (8 February 2007). "Panacea or pain?". The Jerusalem Post. Archived from the original on 16 April 2009. Retrieved 17 March 2007.
  398. ^ Lev, Tzvi (26 April 2018). "Jerusalem-Tel Aviv train opening delayed until 2019". Israel National News. Retrieved 10 May 2019.
  399. ^ "Life in Jerusalem – Transportation". Rothberg International Station – Hebrew University of Jerusalem. Archived from the original on 12 September 2007. Retrieved 14 March 2007.
  400. ^ "Jerusalem – Malha". Israel Railways. Archived from the original on 6 October 2007. Retrieved 14 March 2007.
  401. ^ "Passenger Lines Map". Israel Railways. Archived from the original on 6 October 2007. Retrieved 14 March 2007.
  402. ^ a b Burstein, Nathan (19 January 2006). "Running rings around us". The Jerusalem Post. Archived from the original on 24 June 2011. Retrieved 17 March 2007.
  403. ^ Gil Zohar. "Their way or the highway?". The Jerusalem Post. Archived from the original on 24 June 2011. Retrieved 11 June 2007.
  404. ^ "Jerusalem's new high-speed train starts regular trips to Ben Gurion Airport". The Times of Israel. 25 August 2018. Retrieved 1 June 2019.
  405. ^ "Times Higher Education". Times Higher Education. 9 October 2008. Archived from the original on 14 April 2011. Retrieved 5 May 2009.
  406. ^ Hershko, Avram. "Avram Hershko". The Nobel Foundation. Retrieved 18 March 2007.
  407. ^ Gross, David. "David J. Gross". The Nobel Foundation. Retrieved 18 March 2007.
  408. ^ Kahneman, Daniel. "Daniel Kahneman". The Nobel Foundation. Retrieved 18 March 2007.
  409. ^ "About the Library: Main Collections". Jewish National and University Library. Archived from the original on 29 April 2007. Retrieved 27 March 2007.
  410. ^ "About the Library: History and Aims". Jewish National and University Library. Archived from the original on 21 April 2007. Retrieved 27 March 2007.
  411. ^ "About JCT". Jerusalem College of Technology. Archived from the original on 1 February 2008. Retrieved 25 March 2007.
  412. ^ Wohlgelernter, Elli (28 December 2000). "The village of Mir, where Torah once flowed". Jewish Agency for Israel. Archived from the original on 2 February 2008. Retrieved 26 March 2007.
  413. ^ Jonathan Lis (4 May 2005). "The best medicine for Jerusalem". Retrieved 22 July 2009.
  414. ^ a b "Science & Technology". al-Quds University. Archived from the original on 28 September 2007. Retrieved 19 March 2007.
  415. ^ "Urgent Appeal". al-Quds University. Archived from the original on 17 March 2007. Retrieved 27 March 2007.
  416. ^ Bard College and Al-Quds University to Open Joint Campus The Chronicle of Higher Education, February 2008, by Matthew Kalman
  417. ^ "Official site". Jerusalem Academy of Music and Dance. Archived from the original on 4 May 2010. Retrieved 24 July 2018.
  418. ^ "Official site". Bezalel Academy of Art and Design (in Hebrew). Archived from the original on 12 May 2016. Retrieved 24 July 2018.
  419. ^ "Welcome to the Bezalel Academy of Art and Design Jerusalem". Archived from the original on 22 October 2007. Retrieved 24 July 2018.
  420. ^ a b "Summary". Second Class Discrimination Against Palestinian Arab Children in Israel's Schools. Human Rights Watch. September 2001. Retrieved 27 March 2007.
  421. ^ Lefkovits, Etgar (10 September 2008). "Bridging the gap". The Jerusalem Post. Archived from the original on 16 September 2011. Retrieved 24 July 2018.
  422. ^ a b Lis, Jonathan (21 April 2008). "Mayor to raise funds for E. J'lem Arabs to block Hamas". Haaretz. Retrieved 9 September 2011.
  423. ^ Or Kashti (18 March 2007). "8,000 new classrooms to be built in Arab, ultra-Orthodox schools". Archived from the original on 7 June 2008. Retrieved 22 July 2009.
  424. ^ a b "About the Museum". The Israel Museum, Jerusalem. Archived from the original on 6 February 2007. Retrieved 27 February 2007.
  425. ^ "Shrine of the Book". The Israel Museum, Jerusalem. Archived from the original on 28 February 2007. Retrieved 27 February 2007.
  426. ^ "Ticho House". The Israel Museum, Jerusalem. Archived from the original on 5 February 2007. Retrieved 28 February 2007.
  427. ^ "The Rockefeller Archaeological Museum". The Israel Museum, Jerusalem. Archived from the original on 4 March 2007. Retrieved 28 February 2007.
  428. ^ "The Rockefeller Archaeological Museum: About the Museum: The Permanent Exhibition". The Israel Museum, Jerusalem. Archived from the original on 11 December 2007. Retrieved 28 February 2007.
  429. ^ Rosenblum, Irit. "Haareez Biblical Zoo favorite tourist site in 2006". Haaretz. Israel. Retrieved 11 September 2010.
  430. ^ Lis, Jonathan. "Jerusalem Zoo is Israel's number one tourist attraction". Haaretz. Israel. Retrieved 9 September 2011.
  431. ^ "Yad Vashem". The Holocaust Martyrs' and Heroes' Remembrance Authority. Retrieved 28 February 2007.
  432. ^ "About Yad Vashem". The Holocaust Martyrs' and Heroes' Remembrance Authority. Archived from the original on 17 February 2007. Retrieved 28 February 2007.
  433. ^ a b "History". Jerusalem Orchestra. Archived from the original on 28 September 2007. Retrieved 4 March 2007.
  434. ^ "Jerusalem Music Center". Archived from the original on 17 March 2007. Retrieved 18 May 2007.
  435. ^ "The Jerusalem Centre for the Performing Arts". Jerusalem Theater. Archived from the original on 2 February 2007. Retrieved 4 March 2007.
  436. ^ "About Us". The Khan Theatre. 2004. Archived from the original on 11 August 2010. Retrieved 9 September 2011.
  437. ^ "Summer Nights Festival 2008". Jerusalem Foundation. Archived from the original on 20 December 2008. Retrieved 20 July 2008.
  438. ^ "About The Festival". Jerusalem Film Festival. Retrieved 20 July 2008.
  439. ^ a b "Israel bans Palestinian cultural events – Israel News, Ynetnews". Ynetnews. 20 June 1995. Retrieved 22 January 2010.
  440. ^ "History". Palestinian National Theatre. Archived from the original on 29 September 2007. Retrieved 4 March 2007.
  441. ^ "Palestine Youth Orchestra". Ncm.birzeit.edu. Archived from the original on 27 September 2011. Retrieved 17 October 2011.
  442. ^ Joel Epstein, "Teaching in Palestine", The Strad June 2009, p. 42.
  443. ^ "List of Palestinian Cultural & Archeological Sites". Jerusalem Media & Communication Centre. Archived from the original on 25 January 2008. Retrieved 20 July 2008.
  444. ^ "About Alhoash". Palestinian ART Court. Archived from the original on 3 July 2008. Retrieved 20 July 2008.
  445. ^ "Promoting Palestinian culture presents challenge to occupation and celebrates heritage". Alquds2009.org. Archived from the original on 21 July 2011. Retrieved 11 September 2010.
  446. ^ "The Museum". Museum on the Seam. Archived from the original on 29 April 2009. Retrieved 9 September 2011.
  447. ^ "Jerusalem Center for Middle Eastern Music and Dance". Jerusalemfoundation.org. Archived from the original on 1 October 2011. Retrieved 17 October 2011.
  448. ^ ""Speaking Art" Conference: Jewish-Arab Dialogue Through the Arts at the Jerusalem Intercultural Center". Jicc.org.il. Archived from the original on 5 November 2011. Retrieved 17 October 2011.
  449. ^ "The Jewish-Arab Youth Orchestra". Jerusalemfoundation.org. Archived from the original on 26 July 2011. Retrieved 11 September 2010.
  450. ^ Kershner, Isabel (17 October 2008). "Symbol of Peace Stands at Divide Between Troubled Jerusalem's East and West". The New York Times. Retrieved 18 October 2008.
  451. ^ Torstrick, Rebecca L. (30 June 2004). Culture and Customs of Israel. Greenwood Press. p. 141. ISBN 0-313-32091-8. The two most popular spectator sports in Israel are football and basketball.
  452. ^ Griver, Simon (October 1997). "Betar Jerusalem: A Local Sports Legend Exports Talent to Europe's Top Leagues". Israel Magazine via the Israel Ministry of Foreign Affairs. Archived from the original on 2 April 2013. Retrieved 7 March 2007.
  453. ^ "בית"ר ירושלים האתר הרשמי – דף הבית". Bjerusalem.co.il. Archived from the original on 23 August 2007. Retrieved 11 September 2010.
  454. ^ "חברת אריאל – אירועים בירושלים". אריאל.
  455. ^ "Palestinian Football Association, Jabal Al-Mokaber". Pfa.ps. Archived from the original on 2 May 2011. Retrieved 17 October 2011.
  456. ^ Football and the wall: The divided soccer community of Jerusalem, by James Montague, CNN 17 September 2010
  457. ^ "Home" (in Hebrew). Hapoel Migdal Jerusalem. Archived from the original on 2 January 2008. Retrieved 7 March 2007. (The listing of championship wins are located at the bottom after the completion of the Flash intro.)
  458. ^ Baskin, Rebecca (20 January 2010). "First Jerusalem marathon to be held in 2011". The Jerusalem Post. Retrieved 2 February 2013.
  459. ^ Davidovich, Joshua (16 March 2012). "Kenyan slogs out Jerusalem marathon win through soggy weather". The Times of Israel. Associated Press. Retrieved 2 February 2013.
  460. ^ Ward, Harold (16 March 2012). "Thousands brave rain, wind for Jerusalem marathon". Agence France-Presse. Archived from the original on 5 March 2014. Retrieved 2 February 2013.
  461. ^ Pazornik, Amanda (27 January 2011). "Jerusalem hills won't faze local marathon runners". Jweekly. Retrieved 2 February 2013.
  462. ^ "Interactive course map". Municipality of Jerusalem. Archived from the original on 27 April 2007. Retrieved 2 February 2013.
  463. ^ "Partnerská města HMP" [Prague – Twin Cities HMP]. Portál "Zahraniční vztahy" [Portal "Foreign Affairs"] (in Czech). 18 July 2013. Archived from the original on 25 June 2013. Retrieved 5 August 2013.
  464. ^ "International Exchange: List of Sister Cities / Kyoto prefecture Multilingual Site". Pref.kyoto.jp. Retrieved 18 September 2013.
  465. ^ "Online Directory: Israel, Middle East". Sister Cities International. Archived from the original on 17 January 2008. Retrieved 5 April 2007.
  466. ^ "NYC's Partner Cities". The City of New York. Archived from the original on 14 August 2013. Retrieved 16 December 2012.

Further reading

  • Cheshin, Amir S.; Bill Hutman and Avi Melamed (1999). Separate and Unequal: the Inside Story of Israeli Rule in East Jerusalem Harvard University Press ISBN 978-0-674-80136-3
  • Cline, Eric (2004) Jerusalem Besieged: From Ancient Canaan to Modern Israel. Ann Arbor: University of Michigan Press ISBN 0-472-11313-5.
  • Collins, Larry, and La Pierre, Dominique (1988). O Jerusalem!. New York: Simon & Schuster ISBN 0-671-66241-4
  • Gold, Dore (2007) The Fight for Jerusalem: Radical Islam, The West, and the Future of the Holy City. International Publishing Company J-M, Ltd. ISBN 978-1-59698-029-7
  • Köchler, Hans (1981) The Legal Aspects of the Palestine Problem with Special Regard to the Question of Jerusalem Vienna: Braumüller ISBN 3-7003-0278-9
  • The Holy Cities: Jerusalem produced by Danae Film Production, distributed by HDH Communications; 2006
  • Wasserstein, Bernard (2002) Divided Jerusalem: The Struggle for the Holy City New Haven and London: Yale University Press. ISBN 0-300-09730-1
  • "Keys to Jerusalem: A Brief Overview", The Royal Islamic Strategic Studies Center, Amman, Jordan, 2010.
  • Sebag Montefiore, Simon (2011) Jerusalem: The Biography, London: Weidenfeld and Nicolson, ISBN 978-0-297-85265-0
  • Young, Robb A (2012) Hezekiah in History and Tradition Brill Global Oriental Hotei Publishing, Netherlands

External links

  • Official website of the Jerusalem Municipality
  • Jerusalem at the Encyclopædia Britannica
  • What makes Jerusalem so holy? BBC
  • The Status of Jerusalem. United Nations document related to the dispute over the city
  • English translation of the Jerusalem Law, the Israeli law making Jerusalem the capital of Israel
  • Jerusalem Virtual Library, joint project by Al-Quds University and the Hebrew University of Jerusalem
  • Official website of the Hebrew University of Jerusalem, the city's foremost institution of higher education
  • Official website of Al-Quds University, the only Palestinian university in Jerusalem
  • Geographic data related to Jerusalem at OpenStreetMap
  • Jerusalem at Curlie