日本への移民

Hashtags #日本への移民

日本 の法務省によると、日本外国人居住者の数は第二次世界大戦後の期間に着実に増加しており、外国人居住者(不法移民短期間の外国人訪問者および90日未満の滞在を除く)日本)は2015年末時点で223万人を超えています。[1] 2015年の推定人口は1億2,711万人であり、[2]日本に居住する外国人人口は総人口の約1.75%に相当します。

2017年末現在の日本の外国人、国別。

地理的に離れた場所にあり、自主的に孤立しているため、移民、文化的同化、外国人の主流の日本社会への統合は比較的限られています。歴史家の小城由紀子は、1945年以前に歴史的に重要な3つの移民の波を特定しました。韓国の芸術家や知識人の8世紀の入植地。1600年代に少数の中国人家族に亡命が提供されました。第二次世界大戦中の韓国人と中国人の労働者の最大67万人の強制移民[3][4]

1945年以降、ドイツなどの先進工業国で奨励されているガストアルバイター移民とは異なり、日本は大部分が産業の労働力のニーズを満たすために地方の労働力の内部プールに依存することができました。しかし、1980年代後半の中小企業経営者の要求と人口動態の変化により、フィリピンやイランなどの多様な国からの暗黙のうちに受け入れられた不法移民の波が限られた期間発生しました。[5]

1980年代の生産オフショアリングにより、電子製品製造や車両組立などの労働集約型産業の日本企業は、輸入労働への依存を減らすことができました。1990年に、新しい政府の法律は、日系ブラジル人日系ペルーなどの日系の南アメリカに優先的な就労ビザ移民ステータスを提供しました。1998年までに、ペルーからの追加の小グループとともに、222,217人のブラジル国民が日本に居住者として登録されました。2009年、経済状況が悪化したため、日本政府がブラジルとペルーの移民に航空運賃3000ドル、扶養家族1人あたり2000ドルの給付金で帰国するよう奨励する新しいプログラムを導入したため、この傾向は逆転しました。[6]

2015年下半期現在、日本人の高齢化が進み、建設、ITサービス、ヘルスケアなどの主要セクターの人材が不足しているため、日本の政治家は、短期間の外国人労働者プールを拡大する必要性について再び議論しています。 -ターム研修生プログラム。[7]

永住者および中長期居住者(12ヶ月以上の在留ビザの付与)の移民統計に含まれる在日外国人には、以下の個人およびその登録扶養家族が含まれます。

  • 特別永住者のステータス
  • 永住権
  • 在留資格または在留資格に基づく在留資格(日本人の子孫)
  • 日本人の登録配偶者として国内に居住する個人
  • 期間限定の雇用ビザを付与された個人
  • 期間限定の学生ビザまたは学術研究ビザを付与された個人
  • 期間限定の技能実習プログラムビザを取得している個人
  • 登録された難民および庇護希望者

2013年に発行された政府報告書から、日本で永住権を付与された外国人居住者の割合は30%を超えました。永住権を付与された外国人居住者、日本人の配偶者、本籍地居住者(日本系)、在日韓国人を含めると、実質的に永住権を付与された外国人居住者数は60%を超えます。[8]

日本は他のG7諸国に比べて移民の数が少ないです。[9]これはギャラップのデータと一致しており、日本は潜在的な移民にとって非常に人気のない移民の目的地であり、日本への移住を希望する潜在的な移民の数は、米国への移住を希望する人の12分の1、3倍である。カナダへの移住を希望した人よりも少なく[10]、これは3か国間の移民流入の実際の相対的な違いにほぼ対応しています。[9]一部の日本の学者は、少なくとも熟練した移民に対する日本の移民法は他の先進国に比べて比較的寛大であり、移民の流入が少ない主な要因は、魅力のない移民の目的地であるためであると指摘しています。他の先進国と比較して。[11]これは、年間40,000人の海外労働者を引き付けるという目標にもかかわらず、応募者が3,000人未満の「特定の熟練労働者」に対する日本の就労ビザプログラムを見ると明らかです。[12]

特別永住者

日本における外国人の居住者の公表統計は、在日と韓国人tokubetsu eijusha 特別永住354503(なビザを持つすべての国籍の358409の合計)があった人のを、。[13]

永住者

就労ビザなどの別のビザカテゴリーで、または日本人の配偶者としてすでに日本に長期滞在している外国人は、永住権を申請する資格があります。永住権の付与は入国管理局の裁量であり、滞在期間、自立生活の能力、納税の記録、公的観点からの日本への貢献の文書化など、多くの詳細な基準の充足に依存します。サービスまたは専門的な活動。[14]移民統合政策指数によると、永住権法は米国および英国のものよりも厳しくない。[15]

結婚による移民

国際結婚移民は、かつて日本への恒久的な移民の流れの25%を占めていたが、この傾向は2006年のピーク以来減少している。1980年代には、日本で中国、韓国からの女性に結婚を登録する日本人男性の数が増加した。とフィリピン。[16]

2006年に厚生労働省が発表したデータによると、44,701の結婚、つまり日本で登録されたすべての結婚の6.11%は外国人に対するものでした。2013年には、この数は21,488結婚、つまり日本で登録されているすべての結婚の3.25%に減少しました。[17] 2013年に日本で登録された21,488の国際結婚のうち、15,442または71.77%が外国人の花嫁を含む結婚であったのに対し、新郎が外国人であった6,046または28.23%でした。

海外で登録された結婚も移民配偶者の総数に寄与する可能性があるため、日本で登録された結婚統計だけでは、日本の国際結婚の数の包括的な全体像を示すことはできません。結婚すると、外国人の配偶者は、特定の基準が満たされた場合、ビザのステータスを永住者またはその他のビザカテゴリに変更することもできます。2012年の法務省のデータによると、日本のすべての外国人のうち、7.5%が日本人の配偶者としてビザ指定の下で日本に居住しています。[18]

期間限定の雇用または学生ビザの長期居住者

2014年12月末現在、日本には2,121,831人の外国人が居住しています。この数のうち、677,019(32%)は長期居住者と見なされていましたが、非永住者でした。12ヶ月以上の期間ビザを取得した人。期間限定の就労ビザまたは留学ビザを取得している日本の長期滞在者の大多数はアジア出身で、合計478,953人でした。このグループの最大の部分を占めるのは中国人で215,155人で、次にフィリピン人が115,857人、韓国人が65,711人でした。タイ、ベトナム、台湾の長期居住者は合計47,956人であり、他のアジア諸国からの居住者は合計34,274人でした。期間限定の技能実習ビザを取得している個人は、特定の年の長期居住者数のほぼ20万人を占めています。

日本は、1951年国連 難民条約1967年の議定書に署名しています。したがって、国は、庇護を求めて難民の法的定義に該当する人々を保護し、さらに、避難民を迫害に直面する場所に戻さないことを約束しました。

日本は歴史的に、海外での難民救済および第三国定住プログラムへの世界で最も寛大なドナーの1つでした。[19] 2014年には、UNHCRプログラムへの世界第2位の財政的貢献者でした。[20]日本の外交官緒方貞子は、1991年から2000年まで国連難民高等弁務官を務めた。

2015年12月の時点で、日本では13,831人の亡命申請が審査中です。[21] 2016年には、日本で10,000を超える難民申請が受理され、同じ年に28の亡命申請が承認された。[22] 2015年には、7,500人以上が難民の地位を申請し、27人の亡命申請が承認された。2014年には、5000を超える申請が行われ、11の申請が承認されました。[23]庇護申請の最近の低い承認率は、歴史的な傾向に従っている。1982年から2004年までの22年間で、合計330件の亡命申請が承認され、年間平均15件でした。[24]

ドイツとカナダでは庇護申請の約40%が承認されていますが、日本では平均0.2%です。[28]日本が公式の難民認定を与えることができなくなった場合、限られた数の申請者が人道的理由で滞在する許可を与えられた。[29] 2016年、97人の難民申請者がこれに基づいて滞在する許可を与えられた。日本の難民の地位に関する決定はしばしば遅く、国外追放命令の確認は広く公表されていません。以前に不合格だった申請者による庇護申請の再提出がしばしば発生します。[30]

庇護申請の法的抜け穴の閉鎖

2010年から2018年1月の間に、日本の庇護希望者の数の増加は、政府が管理する技能実習制度に関連する法的な抜け穴に部分的に起因していました。[31] 2015年には、主に発展途上国からの192,655人の職業訓練生が、日本で工場、建設現場、農場、食品加工、小売業で働いていた。総数は少ないものの、2010年の規則の変更に伴い、ネパール、トルコ、スリランカからの庇護希望者に後押しされて、庇護申請は4倍に急増しました。[32]伝えられるところによると、雇用主を変え、報告された雇用虐待と低賃金から逃れるために、職業訓練生の数が増えて正式な庇護申請を行った。[33]政府が支援する職業プログラムでは、研修生は1年または3年の契約に取り組むことができます。日本で難民の地位が認められる可能性は非常に低いですが、庇護申請者は難民の地位を申請してから6か月後に就職し、重要なことに、自分で雇用主を選択することが許可されました。

難民申請から6か月後に合法的な雇用を可能にする許可は、2018年1月に法務省によって中止されました。その後、難民申請システムの乱用の抑制を目的として、職場の検査と不法移民の強制送還活動が強化されました。[34]

法務省(MOJ)の推定によると、許可された滞在期間を超えて日本に不法滞在する外国人の数は、2015年1月1日時点で約60,000人に減少した。[35]不法移民の数は1993年5月に約30万人にピークを迎えた。 、しかし、国境管理のより厳格な施行、職場の監視、および日本での短期雇用機会への合法的なルートを探している人々のための政府が運営する外国人労働者プログラムの拡大の組み合わせにより、徐々に減少している。

外国人の入国地での国境管理には、個人識別文書の検査、指紋、写真の記録が含まれます。航空港と海港の両方のセキュリティは厳密に管理されています。その結果、MOJのデータによると、日本における不法移民の最大の出所は、一時訪問者ビザの90日を超えて不法滞在したことが判明した外国人です。

帰化

2015年には、9,469件の日本国籍申請が承認されました。日本の帰化と日本国籍の取得を申請する外国人居住者の数は、2008年に16,000人を超えましたが、2015年には12,442人に減少しました。申請の処理には最大18か月かかる場合があります。申請基準は意図的に高く設定されており、検査官は適格性と善行基準の解釈においてある程度の裁量を与えられています。[36]外国市民権を放棄するという要件を除けば、帰化基準は米国などの他の先進国と同様ですが、市民権テストはありません。[37] [38]米国の約90%と比較して、日本の帰化申請の約99%が承認されています。[39] [40]

申請数の減少の大部分は、日本生まれの韓国人が日本国籍を取得する数が急激に減少したことによるものです。歴史的に、日本国籍を取得している人々の大部分は、新しい移民ではなく、特別永住者でした。第二次世界大戦の終わりに日本に残った韓国人と台湾人の日本生まれの子孫。

民族性と国籍

概念minzoku 民族、「民族」)の日本で表されるように間に区別せない人種的、民族的、および国家のアイデンティティを。どこ国勢調査のイギリスは、例えば、分離民族や人種的背景、国籍からの[41]日本の国勢調査と統計局が2を区別しません。[42]

国家のものと一緒に民族や人種の境界の定義は、日本を代表する多くの人々をリードとしてtan'itsu minzoku kokka 単一民族国家、「民族的に均質な国」)の血液と文化の明示的な純度で、。[43] 2005年、麻生太郎元首相は日本を「一つの人種、一つの文明、一つの言語、一つの文化」の国であると述べ[44]、2012年には石原慎太郎前知事 によってこの主張が繰り返された。[45]

統一された民俗の概念は、法的権限を保持します。1984年改正への日本の国籍法は、国籍作らジュースサングイニスを血ではなく、に結び付け、出生地。[要出典]日本国籍は排他的です。帰化した人は最初の国籍を放棄し、日本人で生まれたが2番目の市民権を持っている人は20歳までにどちらかを選択する必要があります。

移民に対する世論

全体として、世論調査では、移民に対する日本の世論は他のG7諸国と同様であることがわかりました。

1999年の世論調査の総説は、他の先進国よりも広く中立で否定的でない態度を示しています。1993年には、回答者の64%が、労働力不足に直面している企業が未熟練の外国人労働者を雇用できるようにすることを支持しました。[46]ギャラップによる2017年の世論調査は、30年後の同様の態度を示しており、日本は移民に対する国民の積極性の点で先進国の間で中途半端であり、フランス、ベルギー、イタリアに近いランクにあります。[47]ピュー研究所の世論調査では、日本の回答者はほとんどの国の回答者よりも移民に対して前向きな見方をしていることがわかった。[48]別のピュー研究所の世論調査では、調査対象の27か国のうち、日本人の回答者が移民の減少を支持する可能性が最も低く、移民の増加を支持する可能性が最も高いことがわかった。[49]朝日新聞による最近の2015年の世論調査では、読者の34%が、労働力の縮小と急速な高齢化に直面して日本の経済状態を維持するための移民の拡大に反対し、読者の51%が移民の増加を支持した。[50]しかしながら、その年の後半、2015年10月から12月の間に行われた1万人の日本人の大規模な世論調査は、外国人移民の増加に対するより多くの反対を発見した。[51] 2016年の世論調査に回答した朝日新聞の読者のほぼ半数は、移民は日本の文化を尊重し、日本の習慣に従うべきであると述べ、約4分の1は日本人が多様性を受け入れるべきであると述べた。[52]一方、移民を制限するための一般的な議論の1つは、治安の保護、福祉メカニズムの保護、文化的安定、または社会的信頼を含むセキュリティの保護に基づいています。[53] 2019年の日経調査では、回答者の69%が外国人の増加は「良い」と答えた。[54]

  • 日系人-日本からの歴史的および現在の移住傾向に関する情報。

  1. ^ 村井修介(2016年3月11日)。「日本は過去最高の外国人居住者を見る:法務省」。ジャパンタイムズ。取得した28年8月2016
  2. ^ 日本統計局のホームページから、国勢調査および月次人口推計へのリンクを参照してください。
  3. ^ 「日本の大量虐殺と大量殺戮の統計」。取得した15年2月2016
  4. ^ Brody、Betsy(2002)。日本の扉を開く、移民、民族性、グローバリゼーション。ニューヨーク:ラウトレッジ。p。31. ISBN 978-0-415-93192-2
  5. ^ Brody、Betsy(2002)。日本の扉を開く、移民、民族性、グローバリゼーション。ニューヨーク:ラウトレッジ。p。34. ISBN 978-0-415-93192-2
  6. ^ 田淵博子(2009-04-23)、「日本は外国人労働者に帰国するために支払う」、ニューヨークタイムズ、2009年8月18日検索
  7. ^ 関口東子(2015年4月14日)。「外国人に 『インターンシップ』を提供することによる日本スカート移民論争」。ウォールストリートジャーナル。取得した2年9月2016
  8. ^ 児玉隆(2015年5月29日)。「日本の移民問題」 (PDF)ダイワ。大和総研。p。9 。取得した2年9月2016
  9. ^ a b 「OECDによるインタラクティブチャート」。OECDデータ2020年3月16日取得
  10. ^ 「世界中の潜在的な移民の数は7億人を超えています」。Gallup.com。2017-06-08 2020年3月16日取得
  11. ^ 大石奈々(2012)。「移民政策の限界:日本における高度な技能を持った移民の挑戦」。アメリカの行動科学者。56(8):1080–1100。
  12. ^ 「日本は 『助けが欲しかった』と叫ぶが、その呼びかけに耳を傾ける外国人はほとんどいない」。日経アジアレビュー2020年3月17日取得
  13. ^ 「統計表目政府統計の総合出」 [統計表の総合カウンターに政府統計が掲載されています]。2015-04-24 。2015年1226日取得
  14. ^ 「永住権」。入国管理局。取得した28年9月2016
  15. ^ 「永住権| MIPEX2015」。www.mipex.eu 2020年3月17日取得
  16. ^ International Migration Outlook2012。OECD出版。2012.p。190. ISBN 978-92-64-17723-9
  17. ^ 「日本の国際結婚の概観」。日本財団。日本.com。2015年2月19日。取得した26年9月2016
  18. ^ 「来人登録者統計法務省」。日本:法務省。2012年2月22日。2012年4月19日のオリジナルからアーカイブ。2014年3月10日取得
  19. ^ バーク、ローランド(2010年9月28日)。「日本はビルマ難民を歓迎します」。BBCニュースオンライン。取得した26年8月2016
  20. ^ マッカリー、ジャスティン(2015年9月9日)。「日本は、イシスとの戦いを支援するために2億ドルを寄付したにもかかわらず、シリア難民をまだ受け入れていません」。ガーディアン。取得した26年8月2016
  21. ^ タウンゼント、ミーガン(2016年8月15日)。「就労が禁止されているにもかかわらず、日本の道路を建設している庇護希望者に会う」。インデペンデント。取得した26年8月2016
  22. ^ a b 「日本は1万人以上の申請者のうち28人に難民認定を与えています」。毎日。共同通信。2017年2月11日 2017年2月10日のオリジナルからアーカイブ。2017年2月12日取得
  23. ^ 山岸千恵(2015年10月19日)。「抜け穴を探しています」。NHKワールド。取得した26年8月2016
  24. ^ エリントン、ルシアン(2009)。日本。サンタバーバラ:ABCクリオ。p。333. ISBN 978-1-59884-163-3
  25. ^ 「法務省:追務年課難民割り当て者数等決定(速報値)」。法務省、日本。2017年2月14日取得
  26. ^ 「日本は2017年に約2万件の申請から20人の亡命希望者を受け入れた」。ジャパントゥデイ。2018年2月18日取得
  27. ^ 「日本の庇護希望者数は8年ぶりに減少する」。ジャパントゥデイ。2019年3月29日にオリジナルからアーカイブされました。2019年3月3日取得
  28. ^ ウィングフィールドヘイズ、ルパート(2016年6月8日)。「日本で亡命を求める」「刑務所にいるように」」。BBCニュースオンライン。取得した26年8月2016
  29. ^ 「エントリなし」。エコノミスト。2015年3月14日。取得した26年8月2016
  30. ^ ハーディング、ロビン(2017年2月13日)。「日本は2016年に28人の難民を受け入れた」。フィナンシャルタイムズ。2017年2月14日取得
  31. ^ 山岸千恵(2015年10月19日)。「抜け穴を探しています」。NHKワールド。取得した26年8月2016
  32. ^ ウィルソン、トーマス(2015年7月28日)。「スバルの秘密:周縁化された外国人労働者が日本の輸出ブームに力を与えている」。ロイター。取得した27年8月2016
  33. ^ 岩本健太郎(2016年8月18日)。「外国人研修生プログラムで横行する虐待、厚生労働省が発見」。日経アジアレビュー。取得した26年8月2016
  34. ^ マグダレナ大隅(2018年2月27日)。「日本は、不法に働いている庇護希望者に対する最初の取り締まりで341を切り上げた」。ジャパンタイムズ。2018年2月28日取得
  35. ^ 「出入国管理基本計画(第5版)」 (PDF)入国管理局。日本法務省。取得した29年8月2016
  36. ^ 「インスペクターノック」。エコノミスト。2016年8月20日。検索された10月8日に2016
  37. ^ 「国籍法」。www.moj.go.jp 2020年3月16日取得
  38. ^ 「米国市民権の申請方法| USAGov」。www.usa.gov 2020年3月16日取得
  39. ^ 伊藤正美(2011-12-27)。「日本国籍を取得するための多くの角度」。ジャパンタイムズオンライン。ISSN  0447から5763まで2020年3月16日取得
  40. ^ 「米国市民になった人の数は、2018年度に5年ぶりの高水準に達しました」。ワシントンポスト。2019-06-04にオリジナルからアーカイブされました2020年3月16日取得
  41. ^ 「民族別のイギリスの人口」。イギリスの国勢調査2001。国家統計局。2001-04-01。2010年1月7日にオリジナルからアーカイブされました。2009年9月10日取得
  42. ^ 「法務省」。Moj.go.jp 。2014年3月10取得
  43. ^ ダワー、ジョンW.(2012)。忘れる方法、覚える方法。ニュープレス。pp。48–64。ISBN 978-1595586186
  44. ^ 「麻生は日本は 『一民族』の国だと言っている」。ジャパンタイムズ。2005年10月18日。
  45. ^ 石原慎太郎は日本で最も危険な男ですか?日本:ジャパンタイムズ、2012年11月には、取得した2013年5月21日に
  46. ^ サイモン、リタJ。; リンチ、ジェームズP.(1999)。「移民と移民政策に対する世論の比較評価」。国際移行レビュー33(2):455–467。土井:10.1177 / 019791839903300207。JSTOR  2547704。
  47. ^ 「新しいインデックスは、移民にとって最も受け入れられていない国を示しています」20181025日取得
  48. ^ 「世界中で、より多くの移民が負担よりも強みであると言う」。ピュー研究所のグローバルな態度プロジェクト。2019-03-14 2020年3月16日取得
  49. ^ 「世界中の多くの人々が、自国への出入りの両方で、より多くの移住に反対しています」。ピュー研究所2020年3月16日取得
  50. ^ 「日本人の51%が移民を支持しており、2010年の調査の2倍-朝日新聞によるAJW」。Ajw.asahi.com 。2015年9月6日取得
  51. ^ Facchini、G。; マルガリット、Y。; 中田秀樹 (2016)、移民に対する国民の反対に対抗する:情報キャンペーンの影響(PDF)、p。19、私たちの調査結果は、未処理のサンプルの中で、人口の29%だけが移民レベルの増加を支持したことを示しています。これは、日本政府が現在追求している制限的な移民政策スタンスと一致しています。
  52. ^ 「朝日読者は外国人は同化すべきだと言っているが、日本はもっと頑張らなければならない」。朝日新聞。2016年2月17日。取得した6年3月2016
  53. ^ ロシェル、ヨハン(2018)。「日本を移民から守る?移民政策における安全保障に基づく正当化への倫理的挑戦」。現代日本30(2):164–188。土井:10.1080 /18692729.2018.1478938。
  54. ^ 「日本人の約70%が、より多くの外国人が「良い」と言っています:調査」。日経アジアレビュー2020年3月17日取得

この記事を聞く17
Spoken Wikipedia icon
このオーディオファイルは、2017年12月1日付けのこの記事の改訂版から作成されました。  (2017-12-01、およびその後の編集は反映されません。
  • 高度なスキルを持つ外国人専門家のためのポイントベースの優遇移民治療
  • 入国管理局
  • Immi-moj.go.jp
  • 日本の永住権:完全なハウツーガイド