人間

Hashtags #人間

人間内容et語源と定義
Page semi-protected
ウィキペディアから、無料の百科事典
  (ホモサピエンスからリダイレクト)
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

人間ホモサピエンス)は霊長類の中で最も人口が多く普及している種であり、高度なツール、文化、言語の開発を可能にする二足歩行と大きく複雑な脳を特徴としています。人間は非常に社会的な存在であり、家族や親族ネットワークから政治国家まで、多くの協力的で競合するグループで構成される大規模で複雑な社会構造に住む傾向があります。 人間間の社会的相互作用は、多種多様な価値観、社会規範、および人間社会を支える儀式。好奇心と、環境を理解して影響を与え、現象を説明して操作したいという人間の欲求は、人類の科学、哲学、神話、宗教、およびその他の知識分野の発展を動機付けています。

人間は他から進化hominins数百万年前にアフリカで。一部の科学者は人間をホモ属のすべてのメンバーと同一視していますが、一般的な使用法では、一般的に唯一の現存するメンバーであるホモサピエンスを指します。H. sapiensは、約30万年前に出現し、ホモ・エレクトスから進化してアフリカから移動し、徐々に旧人類の地元の個体群に取って代わりました。初期の人間は、肥沃な三日月地帯や旧世界の他の地域に定住する前は、狩猟採集民でした。余剰食料へのアクセスは恒久的な形成につながった人間の居住地や栽培、動物の。人口がより大きく、より密集するにつれて、コミュニティ内およびコミュニティ間でガバナンスの形態が発達し、多くの文明が上下しました。人間は拡大を続けており、2020年には78億人が世界のほぼすべての地域を占めています。

遺伝子と環境は、目に見える特性、生理学、病気の感受性、精神的能力、体の大きさ、寿命における人間の生物学的変動に影響を与えます。人間は多くの特性(遺伝的素因や身体的特徴など)が異なりますが、2人の人間は平均して99%以上類似しており、最も遺伝的に多様な集団はアフリカ出身です。遺伝的変異の最大の程度は、男性と女性の間に存在します。平均して、男性は体力が高く、女性は一般的に体脂肪率が高くなります。女性は更年期を迎え、人生が終わる何十年も前に不妊になります。彼らはまたより長い寿命を持っています世界中のほぼすべての人口で。男性と女性のジェンダーの役割への分割は歴史的に異なり、支配的なジェンダー規範への挑戦は多くの社会で繰り返されてきました。

人間は雑食性で、多種多様な植物や動物の材料を消費することができ、ホモ・エレクトスの時代から火を使って食べ物を準備し調理してきました。彼らは食物なしで最大8週間、そして水なしで3〜4日間生き残ることができます。人間は一般的に昼行性であり、1日平均7〜9時間眠っています。出産は危険であり、合併症や死亡のリスクが高くなります。母親も父親も、出生時に無力な人間の子孫の世話をします。

人間は大きくて高度に発達した前頭前野を持っています。これは、より高い認知に関連する脳の領域です。彼らは知的な存在であり、エピソード記憶、柔軟な表情、自己認識、心の理論が可能です。人間の精神は、内省、私的な思考、想像力、意志、そして存在についての見解を形成することができます。これにより、理性と知識の将来の世代への伝達を通じて、大きな技術的進歩と複雑なツール開発が可能になりました。言語、芸術、貿易は人間の特徴を定義しています。長距離の交易路は、他の同様の種よりも人間に有利な文化的爆発と資源分布をもたらした可能性があります。

語源と定義

人間の科学的定義にはいくつかの意見の相違があります。一部の科学者はホモ属をわずか10万年前にさかのぼりますが、他の科学者は1,100万年前にさかのぼり、ネアンデルタール人、チンパンジー、ゴリラを含みます。ほとんどの人は、初期の人間が最初に現れたのは200万年から300万年前だと言います。[2]一般的な用法では、人間という言葉は一般的、現存する唯一の種あるホモサピエンスを指します。[3]

人間は古フランス語のhumainから、最終的にはラテン語のhūmānus、形容詞の形容動詞homō(人類の意味での「人」)からの中英語の 外来語です。[4]ネイティブの英語の用語manは、一般的に種(人類の同義語)および人間の男性を指すことができます。この後者の形式は現代英語ではあまり一般的ではありませんが、どちらかの性別の個人を指す場合もあります。[5]

種二項「ホモサピエンスは」によって鋳造されたカール・フォン・リンネ彼の18世紀の作品でシステマNaturae[6]一般名「ホモは」ラテン語から学んだ18世紀の派生であるホモのいずれかのセックスの人間を指し、。[7]種名「サピエンス」は「賢い」、「知性」、「知識がある」を意味します(ラテン語のサピエンスは単数形、複数形はサピエンテスです)。[8]

進化

ホモは進化およびその他から分岐hominins数百万年前にアフリカで。[9]テナガザル(Hylobatidae科)とオランウータン(Pongo属)は、人間、次にゴリラ、そして最後にチンパンジー(Pan)に至る系統から分裂した最初のグループでした。人間とチンパンジーの系統の分割日は、400万年から800万年前、中新世後期に設定されています。[10] [11]この分裂の間、第2染色体は他の2つの染色体の結合から形成され、他の類人猿の24に対して、人間には23対の染色体しか残されていません。[12]

属の最古の文書代表ホモがあるホモ・ハビリスからの周りの280万年前に進化し、Australopithicus[13] ホモ・エレクトスは、130万年から180万年前にアフリカを去った最初のヒト亜族でした。ホモ・サピエンスは、アフリカに残っていたホモ・エレクトス(ホモ・ エルガステルと呼ばれることもある)から約30万年前に出現しました。H. sapiensは大陸から移動し、H。erectusや他の旧人類の地元の個体群に徐々に取って代わりました。[14] [15] [16]

「アウトアフリカの」移行は、まず周り13万100,000年前に、少なくとも二つの波に第二(に起こった南散布7万50,000年前の周りを)。[17] [18] H. sapiensはすべての大陸とより大きな島々に植民地化し、125、000〜60、000年前にユーラシアに到着しました。[19] [20]約65、000年前にオーストラリア、[21]約15、000年前に南北アメリカ、300年から1280年の間にハワイ、イースター島、マダガスカル、ニュージーランドなどの離島。[22] [23]

人類の進化は単純な線形または分岐した進行ではなく、関連する種間の交配を伴いました。[24] [25] [26]ゲノム研究は、実質的に分岐した系統間のハイブリダイゼーションが人類の進化において一般的であることを示した。[27] DNAの証拠は、ネアンデルタール人起源のいくつかの遺伝子がすべての非アフリカ人集団の中に存在し、ネアンデルタール人およびデニソワ人などの他のヒト族が現在のヒトにゲノムの最大6%を寄与した可能性があることを示唆している。[24] [28] [29]

解剖学的適応

人類の進化は、人間とチンパンジーの最後の共通の祖先の間の分裂以来起こった多くの形態学的、発達的、生理学的、そして行動的変化によって特徴づけられます。これらの適応の中で最も重要なものは、二足歩行、脳のサイズの増加、性的二形の減少(ネオテニー)です。これらすべての変化の間の関係は、進行中の議論の対象です。[30]その他の重要な形態学的変化には、パワーと精密グリップの進化が含まれ、変化はホモ・エレクトスで最初に発生しました。[31]

二足歩行は、ヒト族の基本的な適応であり、すべての二足歩行のヒト族が共有する一連の骨格変化の背後にある主な原因と考えられています。最も初期の二足歩行のヒト族は、サヘラントロプス[32]またはオロリンのいずれかであると考えられており、アルディピテクス(完全な二足歩行)[33]はやや遅れて登場します。[n 1]ナックルウォーカー、ゴリラとチンパンジーはほぼ同時に分岐し、サヘラントロプスまたはオロリンのいずれかが、これらの動物と人間が最後に共有した祖先である可能性があります。[35]二足歩行の適応的価値についてはいくつかの理論があります。二足歩行は、食べ物に手を伸ばして運ぶために手を解放したため、移動中のエネルギーを節約したため、長距離のランニングや狩猟を可能にしたため、または直接さらされる表面を減らすことによって高体温を回避するための戦略として好まれた可能性があります太陽。[36] [37]

人間の種は、他の霊長類よりもはるかに大きな脳を発達させました。現代の人間では、チンパンジーやゴリラの脳の2倍以上の大きさで、通常1,330 cm 3(81 cu in)です。[38]のパターン大脳で開始H.のハビリス約600センチメートルで、3(37 Cu中)チンパンジーよりも僅かに大きな脳を有し、そしてを継続H.のエレクトス(800-1,100センチ3(49から67 Cu中) )。[39]人間の出生後の脳の成長のパターンは他の類人猿のそれとは異なり、長期間の社会的学習と言語習得を可能にします。人間の脳の構造と他の類人猿の構造の違いは、サイズの違いよりも重要かもしれません。[40] [41] [42] [43]時間の経過に伴う体積の増加は、脳内のさまざまな領域に不均等に影響を及ぼしています。側頭葉言語処理に関与し、そして前頭前皮質の複雑な意思決定と緩和社会的行動に関連は、不相応に増加しています。[38]脳化は、食事中の肉の重要性の高まり[44] [45]または料理の発達[46]と結びついていますそして、人間社会がより複雑になるにつれ、社会問題を解決する必要性が高まったことへの対応として、知性が高まることが提案されています。[47]

性的二形性の程度の低下は、主に他の類人猿種(テナガザルを除く)と比較して犬歯の雄の減少に見られます。人間のセクシュアリティに関連するもう1つの重要な生理学的変化は、隠れた発情の進化でした。人間は、女性が一年中断続的に出産する唯一の類人猿であり、体によって出産の特別な信号(発情期の生殖器の腫れなど)が生成されません。それにもかかわらず、男性は女性よりも約15%重いため、人間は体毛と皮下脂肪の分布、および全体的なサイズにある程度の性的二形性を保持しています。[48]

歴史

ミトコンドリア 集団遺伝学による初期の人の移動の世界地図(数は現在の数千年前であり、北極が中心にあります)。
農業の台頭と動物の家畜化は、安定した人間の居住地につながりました。

約12、000年前まで、すべての人間は狩猟採集民として暮らしていました。[49]ザ・新石器革命(の発明農業は)最初に行われた南西アジアの大部分を通って、スプレッド旧世界以下の千年を超えます。[50]メソアメリカ(約6、000年前)、[51]中国、[52] [53] パプアニューギニア、[54]、アフリカのサヘルおよび西サバンナ地域でも独立して発生した。[55] [56] [57]食糧余剰へのアクセスは、恒久的な人間の居住地の形成、動物の家畜化、そして歴史上初めて金属製の道具の使用につながりました。農業と座りがちな生活は、初期の文明の出現につながりました。[58] [59] [60]

都市革命がで開催された紀元前4千年紀の発展と都市国家、特にシュメールに位置都市メソポタミア。[61]紀元前3000年頃に、最も初期の既知の書き方である楔形文字が登場したのはこれらの都市でした。[62]この時期に発展した他の主要な文明は、古代エジプトとインダスバレー文明でした。[63]彼らは最終的に互いに取引し、車輪、すき、帆などの技術を発明した。[64] [65] [66] [67]天文学と数学も開発され、ギザの大ピラミッドが建てられました。[68] [69] [70]これらの文明の衰退を引き起こした可能性のある、約100年続く深刻な干ばつの証拠があり[71]、その後に新しい文明が出現した。バビロニア人は、他人ながら支配メソポタミアに来た[72]などの貧困ポイントの文化、Minoansと殷王朝、新たな分野で有名に上昇しました。[73] [74] [75]青銅器時代は突然崩壊した紀元前1200年頃、多くの文明が消滅し、暗黒時代が始まりました。[76] [77]この期間中、鉄は青銅に取って代わり始め、鉄器時代に至った。[78]

紀元前5世紀には、紀元前5世紀の歴史が学問として記録され始めたため、当時の生活をより明確に把握することができました。[79]紀元前8世紀から6世紀にかけて、ヨーロッパは古代ギリシャと古代ローマが栄えた古典古代の時代に入りました。[80] [81]この頃、他の文明も目立つようになった。マヤ文明は、都市を構築し、作成するために始めた、複雑なカレンダーを。[82] [83]アフリカでは、アクスム王国が衰退するクシュ王国を追い抜いた。インドと地中海の間の貿易を促進しました。[84]西アジアでは、アケメネス朝の中央集権的な統治システムが後の多くの帝国の前身となり[85]、インドのグプタ朝と中国の漢王朝はそれぞれの地域で黄金時代と言われています。[86] [87]

476年に西ローマ帝国が崩壊した後、ヨーロッパは中世に入りました。[88]中東では、イスラム教が著名な宗教となり、北アフリカに拡大した。[89]キリスト教は同様に大手、欧州で拡大したイングランド王国、フランス王国と神聖ローマ帝国を一連の宣言する神聖な戦争を制御取り戻すために聖地からのイスラム教徒を。[90]他の場所では、アステカとインカが南北アメリカとモンゴル帝国は13世紀と14世紀にユーラシア大陸の大部分を征服しました。[91] [92]この同じ期間に、アフリカのマリ帝国は、セネガンビアからコートジボワールに広がるアフリカ最大の帝国に成長した。[93]

全体を通して、近世(1500-1800)オスマン帝国は周りの土地を支配し地中海沿岸、[94]日本は、入力された江戸時代を、[95]清朝の中国でのバラ[96]とムガル帝国はインドの多くを支配しました。[97]ヨーロッパ受けたルネサンスは、15世紀に始まり、[98]と発見の時代は模索して始まったコロニー新たな地域の。[99]これにはアフリカ分割が含まれます(アフリカのヨーロッパの制御は以下の50年間で10%から約90までどこに行った)、[100]大英帝国がなるために拡大し、世界最大の帝国[101]とアメリカ大陸の植民地化。[102]この拡大は、大西洋奴隷貿易[103]とネイティブアメリカンの人々の大量虐殺につながりました。[104]この時期はまた、数学、力学、天文学、生理学の大きな進歩を伴う科学革命を示した。[105]

後半に近代的な期間(1800年〜現在)は見た技術と産業革命などの発見をもたらすイメージング技術、輸送との主要な技術革新のエネルギー開発を。[106]米国は、のいずれかにコロニーの小グループから行く、大きな変化を受けた世界的な超大国。[107]ナポレオン戦争は、1800年代初頭にヨーロッパ経由激怒[108]スペインはそのほとんどの失われた新世界のコロニーを[109]とヨーロッパ人が島に拡大を続け、オセアニア。[110]希薄な力の均衡のヨーロッパ諸国の中では、次の1914年に崩壊し大公フランツ・フェルディナンドの暗殺で、その結果、第一次世界大戦。[111] 1929年の大恐慌は大量失業を引き起こし、アドルフ・ヒトラーのドイツでの権力の座を促進した。[112] A第二次世界大戦含む、ほぼすべての世界の国々は、とき、1939年に勃発したヒトラーがポーランドに侵攻しました。[113] 1945年のその結論に続いて、冷戦の間ソ連と米国は、核軍拡競争や宇宙開発競争など、世界的な影響力をめぐる争いを見ました。[114] [115]現在の情報化時代では、世界はますますグローバル化され、相互接続されています。[116]

生息地と人口

東京、世界最大の都市圏では、と呼ばれる大量の人間の和解の一例である都市

初期の人間の居住地は、水への近さ、そしてライフスタイルに応じて、狩猟用の動物の餌食や作物の栽培や家畜の放牧のための耕作地など、生存に使用される他の天然資源に依存していました。[120]しかしながら、現代の人間は、技術、灌漑、都市計画、建設、森林伐採、砂漠化によって生息地を変える大きな能力を持っています。[121]ヒト決済はあり続ける脆弱に 自然災害、特に危険な場所に置かれ、建設の質が低い災害。[122]グループ化と意図的な生息地の変更は、保護の提供、快適さや物質的な富の蓄積、利用可能な食物の拡大、美学の向上、知識の増加、または資源の交換の強化を目的として行われることがよくあります。[123]

人間は、地球の極限環境の多くに対して狭い耐性を持っているにもかかわらず、最も適応性のある種の1つです。[124]発明を通じて、人間は、さまざまな温度、湿度、および高度に耐性を拡張することができました。[124]その結果、人間は、熱帯雨林、乾燥した砂漠、極寒の北極圏、ひどく汚染された都市など、世界のほぼすべての地域で見られる国際的な種です。他のほとんどの種は、適応性が限られているため、いくつかの地理的領域に限定されています。[125]ヒト集団しかし、人口密度は地域ごとに異なり、南極大陸や広大な海域のようにほぼ完全に無人の広い地域があるため、は地球の表面に均一に分布していません。[124] [126]ほとんどの人間(61%)はアジアに住んでいます。残りは南北アメリカ(14%)、アフリカ(14%)、ヨーロッパ(11%)、オセアニア(0.5%)に住んでいます。[127]

前世紀の間に、人間は南極大陸、深海、宇宙などの困難な環境を探索してきました。[128]これらの敵対的な環境内での人間の居住は制限的で費用がかかり、通常は期間が制限されており、科学的、軍事的、または産業的遠征に制限されています。[128]人間は簡単に月を訪れ、人工のロボット宇宙船を通して他の天体に彼らの存在を感じさせた。[129] [130] [131] 2000年以来、国際宇宙ステーションの人員配置を通じて、宇宙には継続的な人間の存在がありました。。[132]

紀元前1万年頃に農業が出現した当時の人口の推定値は100万から1500万の範囲でした。[133] [134]紀元4世紀には、東ローマ帝国と西ローマ帝国を合わせて約5,000万〜6,000万人が住んでいました。[135] 腺ペストの疫病最初の6世紀のADに記録されているが、で、50%の人口を減少黒死病はで75から200000000人が死亡ユーラシアと北アフリカのみ。[136]人口は、1800年に10億人に達したと考えられていた。その後、指数関数的に増加し、1930年に20億人、1960年に30億人、1975年に4人、1987年に5人、1999年に60億人に達した。[137] 2011年には70億人を超え、2020年には78億人の人間がいた。 [138] 2018年の地球上のすべての人間の炭素の合計バイオマスは6000万トンと推定され、家畜化されていないすべての哺乳類の約10倍である。 [139]

2018年には、42億人(55%)が都市部に住んでおり、1950年の7億5,100万人から増加しています。[140]最も都市化された地域は、北アメリカ(82%)、ラテンアメリカ(81%)、ヨーロッパ(74%)、オセアニア(68%)、アフリカとアジアは世界の34億の農村人口のほぼ90%を占めています。[140]都市に住む人間にとっての問題には、さまざまな形態の汚染や犯罪が含まれ[141]、特に都心部や郊外のスラム街で発生します。全体的な人口数と都市に居住する割合の両方が、今後数十年で大幅に増加すると予想されます。[142]人間は環境に劇的な影響を及ぼしました。彼らは頂点捕食者です、他の種に捕食されることはめったにありません。[143]人間の人口増加、工業化、土地開発、過剰消費、化石燃料の燃焼は、環境破壊と汚染を引き起こし、他の形態の生命の継続的な大量絶滅に大きく貢献しています。[144] [145]これらはグローバルに中心的な寄稿者である気候変動、[146]加速することができる完新消光を。[147] [144]

地球は、などから見た宇宙の惑星の人間の職業の範囲を示す、2016年に。明るい光は、最も人口密度の高い地域と、それらの地域を経済的に照らすことができる地域の両方を意味します。

生物学

女性と男性の人間の基本的な解剖学的特徴。これらのモデルでは、体毛と男性の顔の毛が削除され、頭髪がトリミングされています。女性モデルは、足の爪と指輪に赤いマニキュアを着ています。

解剖学と生理学

人類生理学のほとんどの側面は、動物生理学の対応する側面と密接に相同です。人体は、脚、胴体、腕、首、頭で構成されています。成人の人体は約100兆(10 14)個の細胞で構成されています。最も一般的に定義されたボディシステムヒトでは、神経、心血管、消化器、内分泌、免疫、外皮、リンパ管、筋骨格系、生殖、呼吸器、および泌尿器系。[148] [149]人間の歯の処方は次のとおりです。2.1.2.32.1.2.3。人間は他の霊長類よりも口蓋が比例して短く、歯がはるかに小さい。彼らは短く、比較的平らな犬歯を持っている唯一の霊長類です。人間は特徴的に歯が密集しており、失われた歯との隙間は通常、若い人ではすぐに閉じます。人間は徐々に自分の失っている第三大臼歯をいくつかの個体は、彼らが先天的に欠如持ちます、。[150]

人間はチンパンジーと痕跡の尾、虫垂、柔軟な肩関節、握る指、反対の親指を共有します。[151]二足歩行と脳の大きさは別として、人間は主にタンパク質の嗅覚、聴覚、消化 においてチンパンジーとは異なります。[152]人間は他の類人猿に匹敵する毛包の密度を持っていますが、それは主に軟毛であり、そのほとんどは非常に短くてしなやかで、実際には見えません。[153] [154]人間は約200万の汗腺を持っています体全体に広がり、チンパンジーよりもはるかに多く、汗腺が少なく、主に手のひらと足の裏にあります。[155]

成人男性の世界平均身長は約171cm(5 ft 7 in)であるのに対し、成人女性の世界平均身長は約159 cm(5 ft 3 in)であると推定されています。[156]身長の縮小は、一部の個人では中年に始まる可能性がありますが、非常に高齢の人に典型的な傾向があります。[157]歴史を通して、おそらくより良い栄養、ヘルスケア、および生活条件の結果として、人間の人口は普遍的に背が高くなっています。[158]平均質量成人のは女性と男性の77キロ(170ポンド)のための59キロ(130ポンド)です。[159] [160]他の多くの状態と同様に、体重と体型は遺伝的感受性と環境の両方の影響を受け、個人によって大きく異なります。[161] [162]

人間は他の動物よりもはるかに速く、より正確に投げることができます。[163]人間も動物界で最高の長距離走者の一人ですが、短距離では遅くなります。[164] [152]人間のより細い体毛とより生産的な汗腺は、長距離を走っている間の熱疲労を避けるのに役立ちます。[165]

遺伝学

男性(XY)と女性(XX)の両方の性染色体を含む、標準的なヒト核型のグラフ表示。

ほとんどの動物のように、人間は二倍体の 真核生物種です。各体細胞には23本の染色体が2セットあり、各セットは1人の親から受け取っています。配偶子には、2つの親セットの混合物である染色体のセットが1つだけあります。 23対の染色体の中には、22対の常染色体と1対の性染色体があります。他の哺乳類と同様に、人間はXY性決定システムを持っているため、女性は性染色体XXを持ち、男性はXYを持っています。[166] 遺伝子と環境目に見える特性、生理学、病気の感受性および精神的能力における人間の生物学的変動に影響を与えます。特定の形質に対する遺伝子と環境の正確な影響はよく理解されていません。[167] [168]

一卵性双生児でさえも遺伝的に同一の人間はいないが[169]、平均して2人の人間の遺伝的類似性は99.5%〜99.9%である。[170] [171]これにより、チンパンジーを含む他の類人猿よりも均質になります。[172] [173]他の種と比較したヒトDNAのこの小さな変動は、更新世後期(約10万年前)の個体群のボトルネックを示唆しており、ヒト個体群は少数の繁殖ペアに減少した。[174] [175]自然淘汰の力証拠に、ヒト集団を操作し続けていることのある領域ゲノム表示の方向選択過去15000年間インチ[176]

ヒトゲノムは、まず2001年に配列決定された[177]と2020年までのゲノムの千数百人は、配列決定されていました。[178] 2012年、国際HapMapプロジェクトは、11の集団からの1,184人のゲノムを比較し、160万の一塩基多型を特定しました。[179]アフリカの集団はまた、最も多くの私的遺伝的変異、または世界の他の場所では見られないものを抱えている。アフリカ以外の集団に見られる一般的な亜種の多くはアフリカ大陸にも見られますが、これらの地域、特にオセアニアと南北アメリカに固有の亜種はまだ多数あります。[180] 2010年の推定までに、人間は約22,000の遺伝子を持っています。[181]遺伝学者は、母親からのみ受け継がれるミトコンドリアDNAを比較することにより、遺伝マーカーがすべての現代人に見られる最後の女性の共通祖先、いわゆるミトコンドリアイブは約90、000〜200、000年生きていたに違いないと結論付けました。前。[182] [183] [184]

ライフサイクル

5週での10mmのヒト胚

ほとんどの人間の再生によって行われる内部受精を経て性交するだけでなく、を介して起こり得る生殖補助技術の手順。[185]平均妊娠期間は38週間ですが、通常の妊娠は最大37日変動する可能性があります。[186]ヒトの胚発生は、発生の最初の8週間をカバーします。 9週目の初めに、胚は胎児と呼ばれます。[187]医学的理由で子供が早く生まれる必要がある場合、人間は早期陣痛を誘発したり、帝王切開を行うことができます。[188]先進国では、乳児の体重は通常3〜4 kg(7〜9ポンド)、出生時の身長は47〜53 cm(19〜21インチ)です。[189] [190]しかしながら、低出生体重は発展途上国では一般的であり、これらの地域での高レベルの乳児死亡率の一因となっています。[191]

他の種と比較して、人間の出産は危険であり、合併症や死亡のリスクがはるかに高くなります。[192]胎児の頭のサイズは、他の霊長類よりも骨盤にぴったり合っています。[193]この理由は完全に理解されていない[N 4]が、24時間以上続くことが痛みを伴う労働に寄与する。[195]新しい医療技術の出現により、裕福な国では20世紀に労働が成功する可能性が大幅に高まった。対照的に、妊娠と自然分娩は、世界の発展途上地域で依然として危険な試練であり、妊産婦死亡率が高い先進国の約100倍です。[196]

親の世話が主に母親に制限されている他の霊長類とは対照的に、母親と父親の両方が人間の子孫の世話をします。[197] 出生時に無力である人間は、数年間成長を続け、通常15〜17歳で性的に成熟します。[198] [199] [200]人間の寿命は、3から12までのさまざまな段階に分けられています。一般的な段階には、乳児期、小児期、青年期、成人期、老年期が含まれます。[201]これらの段階の長さは文化や期間によって異なりますが、青年期の異常に急速な成長の急増に代表されます。[202]人間の女性は更年期を迎え、人生が終わる何十年も前に不妊になります。[203]更年期障害は、子供を老年期まで産み続けるのではなく、既存の子孫、ひいては子供(おばあさん仮説)により多くの時間と資源を投資できるようにすることで、女性の全体的な生殖の成功を高めることが提案されています。。[204] [205]

個人の寿命は、遺伝学とライフスタイルの選択という2つの主要な要因に依存します。[206]生物学的/遺伝的原因を含むさまざまな理由により、女性は男性よりも平均して約4年長生きします。[207] 2018年の時点で、女の子の出生時の世界平均余命は、男の子の70。4年と比較して、74。9年と推定されています。[208] [209]人間の平均余命には大きな地理的変動があり、主に経済発展と相関しています。たとえば、香港の平均余命は女の子が87.6歳、男の子が81.8歳ですが、中央アフリカ共和国では55.0歳です。女の子は50.6歳、男の子は50.6歳です。[210] [211]先進国は一般的に高齢化が進んでおり、年齢の中央値は約40歳です。で、発展途上国の中央値年齢は15〜20歳です。ヨーロッパ人の5人に1人は60歳以上ですが、アフリカ人の20人に1人だけが60歳以上です。[212]世界の百歳以上の人(100歳以上の人間の数は、2002年に21万人と国連によって推定された。[213]

ダイエット

インドネシアのバリ島に住む人間が食事を準備しています。

人間は雑食性であり、多種多様な植物や動物の材料を消費することができます。[214] [215]人間のグループは、純粋なビーガンから主に肉食性までの幅広い食事を採用しています。場合によっては、人間の食事制限は欠乏症につながる可能性があります。しかし、安定した人間のグループは、栄養的にバランスの取れた食料源を使用するために、遺伝的専門化と文化的慣習の両方を通じて多くの食事パターンに適応してきました。[216]人間の食生活は人間の文化に顕著に反映されており、食品科学の発展につながっています。[217]

約1万年前に農業が発展するまで、ホモサピエンスは狩猟採集法を唯一の食料収集手段として採用していました。[217]これには、静止した食料源(果物、穀物、塊茎、きのこ、昆虫の幼虫、水生軟体動物など)と野生の狩猟動物を組み合わせることが含まれ、消費するには狩猟と殺害が必要です。[218]ホモ・エレクトスの時代から、人間は火を使って料理を作ったり調理したりしていると提案されている。[219]約10万年前、人間開発、農業、[220] [221] [222]それは彼らの食事を大幅に変えました。この食生活の変化は、人間生物学も変えた可能性があります。酪農の普及により、新しく豊富な食料源が提供され、一部の成人の乳糖を消化する能力が進化しました。[223] [224]消費される食品の種類、およびそれらが準備される方法は、時間、場所、および文化によって大きく異なります。[225] [226]

一般に、人間は貯蔵された体脂肪にもよりますが、食物なしで最大8週間生き残ることができます。[227]水なしでの生存は、通常3日または4日に制限され、最大1週間です。[228] 2020年には、飢餓に直接的または間接的に関連する原因により、毎年900万人が死亡していると推定されています。[229] [230]小児期の栄養失調も一般的であり、世界的な疾病負荷の一因となっています。[231]しかしながら、世界的な食糧配給は均一ではなく、一部の人間集団の肥満は急速に増加しており、一部の開発者では健康上の合併症と死亡率の増加につながっています。発展途上国。世界中で10億人以上が肥満であり[232]、米国では35%の人が肥満であり、これが「肥満の流行」と呼ばれています。[233]肥満は、消費されるよりも多くのカロリーを消費することによって引き起こされるため、過度の体重増加は通常、エネルギー密度の高い食事によって引き起こされます。[232]

生物学的変異

ケニア出身のこれらのマサイ族の男性のように、暑い気候の人々はしばしば細く、腰が低く[234]、肌が黒くなります。
アレンの法則によれば、寒い気候の人々は、カナダのイヌイットの女性のように、背が低く、肌が薄く、ずんぐりしている傾向があります。

人間の種には生物学的変動があり、血液型、遺伝病、頭蓋の特徴、顔の特徴、臓器系、目の色、髪の色と質感、身長と体格、肌の色などの特徴は世界中で異なります。成人の一般的な身長は1.4〜1.9 m(4 ft 7in〜6 ft 3 in)ですが、これは性別、民族、家族の血統によって大きく異なります。[235] [236]体の大きさは遺伝子によって部分的に決定され、食事、運動、睡眠パターンなどの環境要因にも大きく影響されます。[237]

個体群がさまざまな外的要因に遺伝的に適応したという証拠があります。成人が乳糖を消化できるようにする遺伝子は、牛の家畜化の長い歴史があり、牛乳に依存している集団に高頻度で存在します。[238] マラリアへの耐性を高める可能性のある鎌状赤血球貧血は、マラリアが流行している集団で頻繁に見られます。[239] [240]長い間特定の気候に生息していた個体群は、それらの環境に有益な特定の表現型を発達させる傾向があります—寒冷地での低身長とずんぐりした体格、暑い地域では背が高く、腰が低く、高地では肺活量が高くなります。[241] [242]一部の個体群は、海に住むライフスタイルやバジャウでのフリーダイビングに有利なものなど、非常に特殊な環境条件への非常にユニークな適応を進化させてきました。[243]

人間の髪の毛の色は、赤から金髪、茶色から黒までさまざまで 、最も頻繁に見られます。[244]髪の色はメラニンの量に依存し、年齢が上がるにつれて濃度が低下し、白髪または白髪になります。肌の色は、最も暗い茶色から最も明るい桃まで、あるいは白皮症の場合はほぼ白または無色の範囲である可能性があります。[245]それは臨床的に変化する傾向があり、一般に特定の地理的領域の紫外線レベルと相関し、主に赤道周辺の皮膚が暗くなります。[246]皮膚の黒ずみは、紫外線からの保護として進化した可能性があります。[247]軽い肌の色素沈着は、日光を必要とするビタミンDの枯渇を防ぎます。[248]人間の皮膚には、紫外線への曝露に反応して暗くなる(黄褐色になる)能力もあります。[249] [250]

人間の地理的集団間の変動は比較的少なく、発生する変動のほとんどは個人レベルです。[245] [251] [252]人間の変化の多くは継続的であり、多くの場合、明確な境界点がありません。[253] [254] [255] [256]遺伝的データは、母集団がどのように定義されていても、同じ母集団の2人は、2つの異なる母集団の2人とほぼ同じくらい異なることを示しています。[257] [258] [259]アフリカ、オーストラリア、南アジアで見られる浅黒い肌の個体群は、互いに密接に関連していません。[260] [261]

セティ1世の壁画の後に未知の芸術家が描いたリビア、ヌビア、シリア、エジプト。

遺伝学的研究は、アフリカ大陸に自生する人間の集団が最も遺伝的に多様であり[262]、おそらく人間の移動中のボトルネックの結果として、アフリカからの移動距離とともに遺伝的多様性が減少することを示しました。[263] [264]これらの集団は、古風な集団との局所的な混合から新しい遺伝的入力を獲得し、アフリカで見られるよりもネアンデルタール人とデニソワ人からのはるかに大きな変動を持っています。[180]

遺伝的変異の最大の程度は、男性と女性の間に存在します。一方で、ヌクレオチドグローバル集団で同じ性別の人の遺伝的変異は、0.1%-0.5%以下であり、間の遺伝的差異の男性と女性が1%と2%の間です。男性は平均して女性より15%重く、15 cm(6インチ)背が高いです。[265] [266]平均して、男性は女性よりも上半身の強度が約40〜50%高く、下半身の強度が20〜30%高い。[267]一般的に、女性は男性よりも体脂肪率が高い。[268]女性は肌が薄い同じ人口の男性よりも; これは、妊娠中および授乳中の女性におけるビタミンDの必要性が高いことによって説明されています。[269]女性と男性の間には染色体の違いがあるため、一部のXおよびY染色体関連の状態および障害は、男性または女性のいずれかにのみ影響を及ぼします。[270]体重と音量を考慮した後、男性の声は通常、女性の声より1オクターブ深くなります。[271]女性は、世界中のほぼすべての人口でより長い寿命を持っています。[272]

心理学

人間の脳の描画、いくつかの重要な構造を示しています

人間の脳の焦点中枢神経系ヒトでは、制御末梢神経系を。呼吸や消化などの「より低い」、非自発的、または主に自律神経の活動を制御することに加えて、それは思考、推論、抽象化などの「より高い」次数の機能の軌跡でもあります。[273]これらの認知過程は精神を構成し、それらの行動の結果とともに、心理学の分野で研究されています。

人間は、他の霊長類よりも大きく、より発達した前頭前野を持っています。これは、より高い認知に関連する脳の領域です。[274]これにより、人間は他の既知の種よりも知性があると宣言するようになりました。[275]知性を客観的に定義することは困難であり、他の動物は感覚を適応させ、人間ができない領域で優れています。[276]

厳密にはユニークではありませんが、人間を他の動物と区別するいくつかの特徴があります。[277]エピソード記憶を持ち、「精神的な時間旅行」に従事できる動物は人間だけかもしれない。[278]他の社会的な動物と比較しても、人間は顔の表情に異常に高い柔軟性を持っています。[279]人間は、感情的な涙を泣くことが知られている唯一の動物です。[280]人間は、ミラーテストで自己認識できる数少ない動物の1つであり[281]、心の理論を持つ動物が人間だけであるかどうかについても議論があります。[282]

睡眠と夢

人間は一般的に昼行性です。平均的な睡眠要件は、大人の場合は1日あたり7〜9時間、子供は1日あたり9〜10時間です。高齢者は通常6〜7時間眠ります。睡眠不足は健康に悪影響を与える可能性がありますが、これよりも睡眠が少ないことは人間の間では一般的です。成人の睡眠を1日4時間に持続的に制限すると、記憶力の低下、倦怠感、攻撃性、身体的不快感など、生理機能や精神状態の変化と相関することが示されています。[283]

睡眠中、人間は夢を見ます。そこでは、感覚的な画像と音を体験します。夢は橋によって刺激され、主に睡眠のレム段階で起こります。[284]夢の長さは、数秒から最大30分までさまざまです。[285]人間は一晩に3から5の夢を持っており、中には最大7つの夢を持っている人もいます。[286]しかし、ほとんどの夢はすぐにまたはすぐに忘れられます。[287]レム段階で目覚めた場合、彼らは夢を覚えている可能性が高くなります。夢の中の出来事は、夢想家が自己認識している明晰夢を除いて、一般的に夢想家の制御の外にあります。[288]夢は時々創造的な考えを起こさせたり、インスピレーションの感覚を与えたりすることができます。[289]

意識と思考

人間の意識は、最も単純なものとして、「内的または外的存在の感覚または意識」です。[290]哲学者や科学者による何世紀にもわたる分析、定義、説明、討論にもかかわらず、意識は不可解で物議を醸すままであり[291]、「私たちの生活の中で最も身近で最も神秘的な側面」である。[292]このトピックに関して広く合意されている唯一の概念は、それが存在するという直感です。[293]意識として正確に研究され、説明される必要があるものについての意見は異なります。一部の哲学者は、意識を、経験そのものである現象的意識と、経験中のものの処理であるアクセス意識に分けます。[294]それは「精神」と同義である場合もあれば、その一面である場合もあります。歴史的に、それは内省、私的な思考、想像力と意志に関連付けられています。 [295]今では、ある種の経験、認知、感情、または知覚が含まれることがよくあります。それは「気づき」、「気づきの気づき」、または自己認識かもしれません。 [296]異なるレベルまたはがあるかもしれません意識の受注、 [297]または異なる種類の意識、または異なる機能を持つただ1つの種類。[298]

思考、経験、感覚を通して知識と理解を獲得するプロセスは、認知として知られています。[299]人間の脳は感覚を通して外界を知覚し、個々の人間は彼または彼女の経験に大きく影響され、存在と時間の経過の主観的な見方につながります。[300]思考の性質は、心理学および関連分野の中心です。認知心理学は、認知、精神過程の根底にある行動を研究します。[301]主に生涯にわたる人間の精神の発達に焦点を合わせ、発達心理学は、人々が世界の中でどのように認識し、理解し、行動するようになるのか、そしてこれらのプロセスが加齢とともにどのように変化するのかを理解しようとしています。[302] [303]これは、知的、認知的、神経的、社会的、または道徳的発達に焦点を当てることができます。心理学者は、人間の相対的な知能を評価し、人口間のその分布を研究するために、知能 テストと知能指数の概念を開発しました。[304]

モチベーションと感情

チャールズダーウィンの1872年の本「人と動物の感情の表現」からの悲しみのイラスト。

人間の動機はまだ完全には理解されていません。心理学的な観点から、マズローの欲求階層説は確立された理論であり、複雑さの昇順で特定の欲求を満たすプロセスとして定義することができます。[305]より一般的な哲学的観点から、人間の動機付けは、人間の能力の適用を必要とするさまざまな目標へのコミットメントまたは撤退として定義することができます。さらに、インセンティブと選好の間の認識されたリンクと同様に、インセンティブと選好は両方の要因です。意志も関係している可能性があり、その場合、意志力も要因です。理想的には、モチベーションと意欲の両方が、選択、努力、実現を確実にします最適な方法で目標を設定します。この機能は、子供時代に始まり、社会化と呼ばれるプロセスで生涯にわたって継続します。[306]

感情は、思考、感情、行動反応、およびある程度の快楽または不快感にさまざまに関連する神経生理学的変化によってもたらされる神経系に関連する生物学的状態です[307] [308][309] [310]彼らはしばしば気分、気質、性格、気質、創造性、[311]そして動機と絡み合っています。感情は人間の行動と学習能力に大きな影響を及ぼします。[312]極端な感情や制御されていない感情に作用すると、社会的混乱や犯罪につながる可能性があり[313]、犯罪者の感情的知性は通常よりも低い可能性があることが研究で示されています。[314]

喜び、興味、満足などの楽しいと感じられる感情的な体験は、不安、悲しみ、怒り、絶望などの不快な体験とは対照的です。[315]幸福、または幸福の状態は、人間の感情的な状態です。幸福の定義は、一般的な哲学的トピックです。否定的なものを避けながら、肯定的な感情的な影響の感覚を経験することとしてそれを定義する人もいます。[316] [317]他の人はそれをの評価として見ています 生活の質などの生活満足度。[318]最近の研究によると、幸せになるには、人間が正当であると感じたときに否定的な感情を経験することが含まれる可能性があります。[319]

セクシュアリティと愛

親は子供に対して家族的な愛情を示すことができます。

人間の場合、セクシュアリティには、生物学的、エロティック、身体的、感情的、社会的、または精神的な感情や行動が含まれます。[320] [321]これは広義の用語であり、時間の経過とともに歴史的背景によって変化するため、正確な定義が欠けています。[321]セクシュアリティの生物学的および物理的側面は、主に人間の性的反応周期を含む人間の生殖機能に関係しています。[320] [321]セクシュアリティは、文化的、政治的、法的、哲学的、道徳的、倫理的にも影響を及ぼし、影響を受けます。、そして人生の宗教的側面。[320] [321]性的欲求、または性欲は、性行動の開始時に存在する基本的な精神状態です。研究によると、男性は女性よりもセックスを望んでおり、自慰行為を頻繁に行っています。[322]

人間は、連続尺度に沿って任意の場所に落ちることができる性的嗜好、[323]ほとんどの人間であるが異性愛者。[324] [325]ながら同性愛の行動が他の多くの動物で発生した、唯一の人間と国内の羊は、これまで同性関係のための排他的好みを示すことが見出されています。[324]ほとんどの証拠は非社会的、サポート性的指向の生物学的な原因を、[324]同性愛の非常に寛容である文化はそれのかなり高い料金を表示できませんよう。[325] [326]神経科学の研究そして、遺伝学は人間の性の他の側面は、生物学的にも影響を与えていることを示唆しています。[327]

愛は最も一般的に強い魅力や感情的な愛着の感覚を指します。それは非人格的(物への愛、理想的、または強い政治的または精神的つながり)または対人的(2人の人間間の愛)である可能性があります。[328]家族愛(家族への愛)、プラトニック愛(友人への愛)、ロマンチックな愛(性的情熱)、ゲストの愛(ホスピタリティ)など、さまざまな形の愛が説明されています。[329]恋愛は、依存症と同様の脳反応を誘発することが示されています。[330]恋をしているときは、ドーパミン、ノルエピネフリン、セロトニンその他の化学物質は脳の快楽の中心地を刺激し、心拍数の増加、食欲不振、睡眠の喪失、激しい興奮などの副作用を引き起こします。[331]

文化

人類の前例のない一連の知的スキルは、種の最終的な技術の進歩とそれに伴う生物圏の支配の重要な要因でした。[334]絶滅した類人猿を無視して、人間は一般化可能な情報を教えることが知られている唯一の動物であり、[335]複雑な概念を生成および伝達するために再帰的埋め込みを本質的に展開し、[336]有能なツール設計に必要な「民俗物理学」に従事します[337] ] [338]または野生で食べ物を調理します。[339]教育と学習は、すべての多様な人間社会の文化的および民族誌的アイデンティティを維持します。[340]主に人間に固有の他の特性と行動には、発火、[341] 音素構造化[342]、および音声学習が含まれます。[343]

人間の男性と女性の性役割への分割は、規範、慣行、服装、行動、権利、義務、特権、地位、および権力の対応する分割によって文化的に特徴づけられています。性別による文化の違いは、再生産労働の分割から自然に生じたとしばしば信じられてきました。女性が出産するという生物学的事実は、子供を育て、世話をするという彼らのさらなる文化的責任につながりました。[344]ジェンダーの役割は歴史的に異なり、支配的なジェンダー規範への挑戦が多くの社会で繰り返されてきた。[345]

言語

世界の主要な言語族

多くの種がコミュニケーションを取りますが、言語は人間に固有であり、人類の特徴であり、文化的普遍性です。[346]他の動物の限られたシステムとは異なり、人間の言語は開かれています。限られた数の記号を組み合わせることで、無限の意味を生み出すことができます。[347] [348]人間の言語はまた、現在または局所的に発生していないが、対話者の共有された想像力の中に存在するものや出来事を表すために言葉を使用して、置き換えの能力を持っています。[150]

言語は、モダリティに依存しないという点で他の形式のコミュニケーションとは異なります。同じ意味は、さまざまなメディアを通じて、音声で聴覚的に、手話や文章によって視覚的に、さらに点字などの触覚メディアを通じても伝えることができます。[349]言語は、人間間のコミュニケーション、および国、文化、民族グループを結びつけるアイデンティティの感覚の中心です。[350]現在、手話を含む約6000の異なる言語が使用されており、さらに何千もの言語が絶滅しています。[351]

美術

人間の芸術は、視覚、文学、舞台芸術など、さまざまな形をとることができます。視覚芸術は、絵画や彫刻から映画、インタラクションデザイン、建築まで多岐にわたります。[352]文学芸術には、散文、詩、演劇が含まれます。一方、舞台芸術は一般的に演劇、音楽、ダンスを含みます。[353] [354]人間は、ミュージックビデオなど、さまざまな形式を組み合わせることがよくあります。[355]芸術的な資質を持っていると説明されている他のエンティティには、食品加工、ビデオゲーム、および医学が含まれます。[356] [357] [358]娯楽を提供し、知識を伝達するだけでなく、芸術は政治目的にも使用されます。[359]

大洪水ののタブレットギルガメシュ叙事詩でアッカド

芸術は人間の特徴であり、創造性と言語の関係についての証拠があります。[360]芸術の最も初期の証拠は、現代人が進化する30万年前にホモ・エレクトスによって作られた貝殻の彫刻でした。[361] H. sapiensに起因する芸術は、少なくとも75、000年前に存在し、南アフリカの洞窟で宝飾品や素描が発見されました。[362] [363]人間が適応した理由についてはさまざまな仮説があります芸術に。これらには、問題をよりよく解決できるようにすること、他の人間を制御または影響を与える手段を提供すること、社会内での協力と貢献を奨励すること、または潜在的な配偶者を引き付ける機会を増やすことが含まれます。[364]論理と組み合わせた芸術を通して開発された想像力の使用は、初期の人間に進化の利点を与えたかもしれません。[360]

音楽活動に従事している人間の証拠は洞窟壁画よりも前のものであり、これまでのところ、音楽は事実上すべての人間の文化によって実践されてきました。[365]多種多様な音楽ジャンルと民族音楽が存在します。人間の音楽的能力は、複雑な社会的人間行動を含む他の能力に関連しています。[365]人間の脳は、リズムやビートと同期することで音楽に反応することが示されていますこれは、エントレインメントと呼ばれるプロセスです。[366]ダンスは、すべての文化に見られる人間の表現の一形態でもあり[367]、初期の人間のコミュニケーションを助ける方法として進化した可能性があります。[368]音楽を聴いたりダンスを観察したりすると、眼窩前頭皮質やその他の脳の快感を感知する領域が刺激されます。[369]

話すこととは異なり、読み書きは人間には自然に伝わらないので、教えなければなりません。[370]それでも文献は劇的な一連のシーンを描いいくつかの洞窟内の壁に3万歳の絵画で、単語や言語の発明以前に存在しています。[371]現存する最古の文学作品の1つは、ギルガメシュ叙事詩であり、約4、000年前に古代バビロニアのタブレットに最初に刻まれました。[372]単に知識を伝えるだけでなく、物語を通して想像上のフィクションの使用と共有は、コミュニケーションのための人間の能力を開発し、仲間を確保する可能性を高めるのに役立ったかもしれません。[373]ストーリーテリングは、聴衆に道徳的な教訓を提供し、協力を促す方法としても使用できます。[371]

ツールとテクノロジー

ブレスレット、斧の頭、ノミ、研磨工具など、新石器時代の工芸品の配列。

石器は少なくとも250万年前にプロトヒューマンによって使用されました。[374]ツールの使用と製造は、何よりも人間を定義する能力として提唱されており[375]、歴史的に重要な進化のステップと見なされてきました。[376]技術は約180万年前にはるかに洗練され、[375]約100万年前に火の制御された使用が始まった。[377] [378]車輪付き車両と車輪付き車両は、紀元前4千年紀のある時期にいくつかの地域で同時に登場しました。[65]より複雑なツールとテクノロジーの開発により、土地の耕作が可能になりましたそして動物はする飼いならさための開発に不可欠なことを証明、農業として知られている-what新石器革命。[379]

中国は、 紙、印刷機、火薬、コンパス、その他の重要な発明を開発しました。[380]製錬の継続的な改善により、銅、青銅、鉄、そして最終的には鋼の鍛造が可能になり、鉄道、超高層ビル、その他の多くの製品に使用されています。[381]これは、自動化された機械の発明が人間のライフスタイルに大きな変化をもたらした産業革命と一致した。[382]現代の技術は次のように見ることができます指数関数的に進歩し、[383] 20世紀の主要な革新を含む; 電気、ペニシリン、半導体、内燃機関、インターネット、窒素固定肥料、飛行機、コンピューター、自動車、ピル、核分裂、緑の革命、ラジオ、科学植物育種、ロケット、空調、テレビ、組立ライン。[384]

宗教とスピリチュアリティ

宗教は一般に、超自然的な、神聖な、または神聖な、そしてそのような信念に関連する実践、価値観、制度、儀式に関する信念体系として定義されています。一部の宗教には道徳的規範もあります。最初の宗教の進化と歴史は、最近活発な科学的調査の分野になりました。[385] [386] [387] [388]人間が最初に宗教的になった正確な時期は不明であるが、研究は中期旧石器時代周辺からの宗教的行動の信頼できる証拠を示している。時代(45-20万年前)。[389]それは、人間間の協力を強制し、奨励するのを助ける役割を果たすように進化したかもしれない。[390]

何が宗教を構成するかについての受け入れられた学術的定義はありません。[391]宗教は、地球の地理的、社会的、言語的多様性に合わせて、文化や個人の視点によって異なる多くの形態をとってきました。[391]宗教には、死後の世界への信念(一般に来世への信念を含む)、[392]生命の起源、[393]宇宙の性質(宗教的宇宙学)とその究極の運命(終末論)、および道徳的または不道徳とは何ですか。[394]これらの質問に対する答えの一般的な情報源は、神や単一の神などの超越的な神の存在への信念ですが、すべての宗教が有神論的であるとは限りません。[395] [396]

宗教の正確なレベルを測定するのは難しいかもしれませんが[397]、大多数の人間はある種の宗教的または精神的な信念を公言しています。[398] 2015年には、大多数がキリスト教徒であり、イスラム教徒、ヒンズー教徒、仏教徒がそれに続いた。[399] 2015年の時点で、約16%、つまり12億人弱の人間が無宗教であり、宗教的信念や宗教との同一性を持たない人々も含まれています。[400]

科学と哲学

人間に特有の側面は、ある世代から次の世代に知識を伝達し、この情報を継続的に構築して、ツール、科学法則、およびその他の進歩をさらに継承する能力を開発する能力です。[401]この蓄積された知識は、宇宙がどのように機能するかについての質問に答えたり、予測したりするためにテストすることができ、人間の優勢を前進させることに非常に成功しています。[402] アリストテレスは最初の科学者として説明されており[403]、ヘレニズム時代を通じて科学思想の台頭に先行していた。[404]科学における他の初期の進歩は、中国の漢王朝とイスラム黄金時代から来ました。。[405] [89]ルネサンスの終わり近くの科学革命は、現代科学の出現をもたらした。[406]

一連の出来事と影響は、科学と疑似科学を区別するために使用される観察と実験のプロセスである科学的方法の開発につながりました。[407]数学の理解は人間に特有のものですが、他の種の動物にはいくつかの数学的認知があります。[408]すべての科学は、形式科学(論理学と数学など)の3つの主要な分野に分けることができます。これらは、形式システム、応用科学に関係しています。(工学、医学など)実用化に焦点を当てたものと、経験的観察に基づいて自然科学(物理学、化学、生物学など)と社会科学(心理学など)に分けられる経験科学。、経済学、社会学)。[409]

哲学は、人間が自分自身と自分たちが住んでいる世界についての基本的な真実を理解しようとする研究分野です。[410]哲学的探究は、人間の知的歴史の発展における主要な特徴でした。[411]それは、決定的な科学的知識と独断的な宗教的教えの間の「無人地帯」として説明されてきました。[412]哲学は、宗教とは異なり、理性と証拠に依存していますが、科学によって提供される経験的観察と実験を必要としません。[413]哲学の主な分野には、形而上学、認識論、論理学、および価値論(倫理学を含む)が含まれます。と美学)。[414]

社会

人間はしばしば家族ベースの社会構造に住んでいます。

社会とは、人間同士の相互作用から生まれる組織や制度のシステムです。人間は非常に社会的な存在であり、大規模で複雑な社会集団に住む傾向があります。彼らは彼らの収入、富、権力、評判および他の要因に従って異なるグループに分けることができます。[415]社会階層の構造と社会的流動性の程度は、特に現代社会と伝統社会の間で異なります。[415]人間のグループは、家族の大きさから国までさまざまです。人間の社会組織の最初の形態は、狩猟採集民としてバンド社会に住む家族でした。[416]

親族関係

すべての人間社会は、親、子、その他の子孫の関係(血族)と結婚による関係(親和性)に基づいて、社会関係の種類を整理、認識、分類します。代父母や養子に適用される3番目のタイプもあります(架空)。これらの文化的に定義された関係は、親族関係と呼ばれます。多くの社会では、それは最も重要な社会組織の原則の1つであり、地位と相続を伝達する役割を果たしています。[417] すべての社会には近親相姦タブーのルールがあります、特定の種類の親族関係間の結婚は禁止されており、特定の親族関係との優先結婚の規則があるものもあります。[418]

民族性

人間の民族グループは、他のグループと区別する共有属性に基づいてグループとして一緒に識別する社会的なカテゴリです。これらは、居住地域内の伝統、祖先、言語、歴史、社会、文化、国、宗教、または社会的扱いの一般的なセットである可能性があります。[419] [420]民族性は、身体的特徴に基づく人種の概念とは別のものですが、どちらも社会的に構築されています。[421]特定の集団への民族性の割り当ては複雑です。一般的な民族指定内でも、さまざまなサブグループが存在する可能性があり、これらの民族グループの構成は、集団レベルと個人レベルの両方で時間とともに変化する可能性があるためです。[172]また、民族グループを構成するものについて一般的に受け入れられている定義はありません。[422]民族グループは、民族政治単位の社会的アイデンティティと連帯において強力な役割を果たすことができる。これは、19世紀と20世紀の政治組織の支配的な形態としての国民国家の台頭と密接に関連しています。[423] [424] [425]

政府と政治

国連本部、世界最大の政治団体の1を収容ニューヨーク、中

政治権力の初期の分布は、淡水、肥沃な土壌、およびさまざまな場所の温暖な気候の利用可能性によって決定されました。[426]農業人口がより大きく、より密集したコミュニティに集まるにつれて、これらの異なるグループ間の相互作用は増加した。これは、コミュニティ内およびコミュニティ間のガバナンスの発展につながりました。[427]コミュニティが大きくなるにつれて、政府のないすべての大規模な社会が機能するのに苦労しているため、何らかの形のガバナンスの必要性が高まった。[428]人間は、個人的な利点を提供すると見られる場合、以前は強力な政治的同盟を含め、さまざまな社会集団との関係を比較的簡単に変更する能力を進化させてきました。[429]この認知的柔軟性により、個々の人間は政治的イデオロギーを変えることができ、柔軟性が高い人は権威主義的および国家主義的な立場を支持する可能性が低くなります。[430]

政府は、統治する市民に影響を与える法律と政策を作成します。人類の歴史を通じて複数の形態の政府があり、それぞれが人口に対して多様な統制を行使する力と能力を獲得するためのさまざまな手段を持っています。[431] 2017年の時点で、すべての国の政府の半分以上が民主主義であり、13%が独裁政治であり、28%が両方の要素を含んでいます。[432]多くの国が国際的な政治的同盟を結成しており、最大のものは193の加盟国を持つ国連である。[433]

貿易と経済学

シルクロード(赤色)とスパイス貿易ルート(青)

商品やサービスの自発的な交換である貿易は、人間を他の動物と区別する特徴と見なされており、ホモサピエンスに他の類人猿よりも大きな利点を与えた慣行として引用されています。[434] [435]証拠によると、初期のH. sapiensは長距離の交易路を利用して商品やアイデアを交換し、狩猟がまばらだったときに文化的な爆発を引き起こし、追加の食料源を提供しましたが、そのような交易網は今のところ存在していませんでした。絶滅したネアンデルタール人。[436] [437]初期の貿易には、黒曜石のような道具を作るための材料が含まれていた可能性が高い。[438]最初の真に国際的な交易路は、ローマ時代から中世までの香辛料貿易の周りでした。[439]この時期に開発される他の重要な交易路には、シルクロード、香料の道、琥珀の道、茶馬古道、塩の道、サハラ交易路、錫の道が含まれます。[440]

初期の人間経済は、物々交換システムではなく贈答品に基づいている可能性が高かった。[441]初期のお金は商品で構成されていました。最も古いものは牛の形であり、最も広く使用されているのはタカラガイの殻です。[442]それ以来、お金は政府発行の硬貨、紙、電子マネーに進化しました。[442]経済学の人間研究は、社会が希少な資源をさまざまな人々にどのように分配するかを調べる社会科学です。[443]大規模な 人間間の富の分割における不平等; 最も裕福な8人の人間は、すべての人口の中で最も貧しい半分と同じ金銭的価値があります。[444]

競合

人間は他の霊長類に匹敵する割合で他の人間に暴力を振るうが、他のほとんどの哺乳類よりも高い割合である。[445]初期のH.sapiensの2%が殺害され、中世には12%に上昇し、その後現代では2%未満に低下すると予測されています。[446]一般に乳児を殺すほとんどの動物とは異なり、人間は他の成人の人間を非常に高い割合で殺します。[447]法制度があり、暴力に対する強い文化的態度が約0.01%である社会では、殺人の割合が人間の集団間で大きく異なります。[448]

組織化された紛争を通じて彼らの種の他のメンバーを一斉に殺そうとする人間の意欲は、長い間議論の対象となってきました。戦争は競争相手を排除する手段として進化し、常に人間の生来の特徴であるという考え方があります。もう1つは、戦争は比較的最近の現象であり、社会情勢の変化によって現れたことを示唆しています。[449]解決されていないが、現在の証拠は、好戦的な素因が約10、000年前に、そしてそれよりはるかに最近になって多くの場所で一般的になっただけであることを示唆している。[449]戦争は人間の生命に高い犠牲を払ってきた。20世紀には、戦争の結果として1億6700万人から1億8800万人が亡くなったと推定されています。[450]

も参照してください

  • 人間の本性
  • 人類の進化の化石のリスト

ノート

  1. ^ 最近の研究では、 Sahelanthropustchadensisは二足歩行ではない可能性があることが示唆されています。[34]
  2. ^ 世界の人口と人口密度の統計は、CIA WorldFactbookとUnitedNations World PopulationProspectsを使用するテンプレートから自動的に更新されます。[117] [118]
  3. ^ 2018年の時点で人口が1,000万人を超える都市。 [119]
  4. ^ 伝統的に、これは二足歩行と脳化に関係する相反する進化的圧力(産科のジレンマと呼ばれる)によって説明されてきましたが、最近の研究はそれよりも複雑かもしれないことを示唆しています。[193] [194]

参考文献

  1. ^ Groves CP(2005)。 Wilson DE、Reeder DM(編)。世界の哺乳類種:分類学的および地理的参照(第3版)。ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局。ISBN 0-801-88221-4。OCLC  62265494。
  2. ^ バラスC. 「どの種を「人間として分類すべきかわからないwww.bbc.com 2021年3月31日取得
  3. ^ 「人間の定義」www.merriam-webster.com 2021年3月31日取得
  4. ^ OED、 sv「人間」。
  5. ^ 「男」メリアム・ウェブスター辞書2017年9月22日にオリジナルからアーカイブされました2017年9月14日取得定義2:特定のカテゴリーに属する男性(出生、居住、メンバーシップ、または職業など)-通常は組み合わせて使用​​されます
  6. ^ Spamer EE(1999年1月29日)。「汝自身を知れ:責任ある科学とホモ・サピエンス・リンネのレクトタイプ、1758年」。自然科学アカデミーの議事録149(1):109–14。JSTOR 4065043 
  7. ^ Porkorny(1959) sv "g'hðem" pp。414–16; 「ホモ」Dictionary.com Unabridged(v1.1)。Random House、Inc. 2008年9月23日。「ホモ」Dictionary.com2008年9月27日にオリジナルからアーカイブされました。
  8. ^ ホモサピエンス語源」オンライン語源辞書2015年7月25日にオリジナルからアーカイブされました検索された25年7月2015
  9. ^ Tattersall I、Schwartz J(2009)。 「ホモ属の進化」。地球惑星科学の年次レビュー37(1):67–92。Bibcode2009AREPS..37 ... 67T土井10.1146 /annurev.earth.031208.100202
  10. ^ Goodman M、Tagle DA、Fitch DH、Bailey W、Czelusniak J、KoopBFなど。 (1990年3月)。 「DNAレベルでの霊長類の進化と類人猿の分類」。分子進化ジャーナル30(3):260–6。Bibcode1990JMolE..30..260G土井10.1007 / BF02099995PMID 2109087S2CID 2112935  
  11. ^ Ruvolo M(1997年3月)。「類人猿の分子系統学:複数の独立したDNA配列データセットからの推論」モレキュラーバイオロジーアンドエボリューション14(3):248–65。土井10.1093 /oxfordjournals.molbev.a025761PMID 9066793 
  12. ^ MacAndrewA。「ヒト2番染色体は2つの祖先染色体の融合です」進化のページ2011年8月9日にオリジナルからアーカイブされまし2006年5月18日取得
  13. ^ Ghosh P(2015年3月4日)。エチオピアで発見された最初の人間」」BBCニュース2015年3月4日にオリジナルからアーカイブされました。
  14. ^ 「アフリカの再訪」。科学(今週の科学)。308(5724):921。2005年5月13日。doi10.1126 /science.308.5724.921gISSN 0036から8075までS2CID 220100436  
  15. ^ ストリンガーC(2003年6月)。「人類の進化:エチオピアから」。自然423(6941):692から3、695 Bibcode2003Natur.423..692S土井10.1038 / 423692aPMID 12802315S2CID 26693109  
  16. ^ Johanson D(2001年5月)。「現代人の起源:多地域かアフリカ以外か?」actionbioscienceワシントンDC:米国生体科学研究所取得した23年11月2009年
  17. ^ Posth C、Renaud G、Mittnik A、Drucker DG、Rougier H、CupillardCなど。 (2016年3月)。 「更新世のミトコンドリアゲノムは、ヨーロッパにおける非アフリカ人の単一の主要な分散と晩氷期の人口回転を示唆している」。カレントバイオロジー26(6):827–33。土井10.1016 /j.cub.2016.01.037hdl2440/114930PMID 26853362S2CID 140098861  
  18. ^ Karmin M、Saag L、Vicente M、Wilson Sayres MA、JärveM、TalasUGなど。 (2015年4月)。「Y染色体の多様性の最近のボトルネックは、文化の世界的な変化と一致しています」ゲノム研究25(4):459–66。土井10.1101 /gr.186684.114PMC 4381518PMID 25770088  
  19. ^ Armitage SJ、Jasim SA、Marks AE、Parker AG、Usik VI、Uerpmann HP(2011年1月)。「「アフリカからの」南部ルート:現代人のアラビアへの早期拡大の証拠」科学331(6016):453–6。Bibcode2011Sci ... 331..453A土井10.1126 /science.11​​99113PMID 21273486S2CID 202966242011年4月27日にオリジナルからアーカイブされました2011年5月1日取得  
  20. ^ リンコンP(2011年1月27日)。「人間」はずっと早くアフリカを去ったBBCニュース2012年8月9日にオリジナルからアーカイブされまし
  21. ^ Clarkson C、Jacobs Z、Marwick B、Fullagar R、Wallis L、Smith M、他 (2017年7月)。「65、000年前までのオーストラリア北部の人間による占領」。自然547(7663):306–310。Bibcode2017Natur.547..306C土井10.1038 / nature22968hdl2440/107043PMID 28726833S2CID 205257212  
  22. ^ Lowe DJ (2008). "Polynesian settlement of New Zealand and the impacts of volcanism on early Maori society: an update" (PDF). University of Waikato. Archived (PDF) from the original on 22 May 2010. Retrieved 29 April 2010.
  23. ^ Appenzeller T (May 2012). "Human migrations: Eastern odyssey". Nature. 485 (7396): 24–6. Bibcode:2012Natur.485...24A. doi:10.1038/485024a. PMID 22552074.
  24. ^ a b Reich D, Green RE, Kircher M, Krause J, Patterson N, Durand EY, et al. (December 2010). "Genetic history of an archaic hominin group from Denisova Cave in Siberia". Nature. 468 (7327): 1053–60. Bibcode:2010Natur.468.1053R. doi:10.1038/nature09710. hdl:10230/25596. PMC 4306417. PMID 21179161.
  25. ^ Hammer MF (May 2013). "Human Hybrids" (PDF). Scientific American. 308 (5): 66–71. doi:10.1038/scientificamerican0513-66. PMID 23627222. Archived from the original (PDF) on 24 August 2018.
  26. ^ Yong E (July 2011). "Mosaic humans, the hybrid species". New Scientist. 211 (2823): 34–38. Bibcode:2011NewSc.211...34Y. doi:10.1016/S0262-4079(11)61839-3.
  27. ^ Ackermann RR, Mackay A, Arnold ML (October 2015). "The Hybrid Origin of "Modern" Humans". Evolutionary Biology. 43 (1): 1–11. doi:10.1007/s11692-015-9348-1. S2CID 14329491.
  28. ^ Noonan JP (May 2010). "Neanderthal genomics and the evolution of modern humans". Genome Research. 20 (5): 547–53. doi:10.1101/gr.076000.108. PMC 2860157. PMID 20439435.
  29. ^ Abi-Rached L, Jobin MJ, Kulkarni S, McWhinnie A, Dalva K, Gragert L, et al. (October 2011). "The shaping of modern human immune systems by multiregional admixture with archaic humans". Science. 334 (6052): 89–94. Bibcode:2011Sci...334...89A. doi:10.1126/science.1209202. PMC 3677943. PMID 21868630.
  30. ^ Boyd R, Silk JB (2003). How Humans Evolved. New York City: Norton. ISBN 978-0-393-97854-4.
  31. ^ Brues AM, Snow CC (1965). Biennial Review of Anthropology 1965. 4. pp. 1–39. ISBN 978-0-8047-1746-5. Archived from the original on 16 April 2016.
  32. ^ Brunet M, Guy F, Pilbeam D, Mackaye HT, Likius A, Ahounta D, et al. (July 2002). "A new hominid from the Upper Miocene of Chad, Central Africa". Nature. 418 (6894): 145–51. Bibcode:2002Natur.418..145B. doi:10.1038/nature00879. PMID 12110880. S2CID 1316969.
  33. ^ White TD, Lovejoy CO, Asfaw B, Carlson JP, Suwa G (April 2015). "Neither chimpanzee nor human, Ardipithecus reveals the surprising ancestry of both". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 112 (16): 4877–84. Bibcode:2015PNAS..112.4877W. doi:10.1073/pnas.1403659111. PMC 4413341. PMID 25901308.
  34. ^ Macchiarelli R, Bergeret-Medina A, Marchi D, Wood B (December 2020). "Nature and relationships of Sahelanthropus tchadensis". Journal of Human Evolution. 149: 102898. doi:10.1016/j.jhevol.2020.102898. PMID 33142154.
  35. ^ Su D (2013). "The Earliest Hominins: Sahelanthropus, Orrorin, and Ardipithecus". Nature Education Knowledge. 4 (4). Retrieved 7 February 2021.
  36. ^ Sexton L (August 2007). "Going Bipedal". Archaeology. Retrieved 7 February 2021.
  37. ^ Ruxton GD, Wilkinson DM (December 2011). "Avoidance of overheating and selection for both hair loss and bipedality in hominins". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 108 (52): 20965–9. Bibcode:2011PNAS..10820965R. doi:10.1073/pnas.1113915108. PMC 3248486. PMID 22160694.
  38. ^ a b Schoenemann PT (2006). "Evolution of the Size and Functional Areas of the Human Brain". Annual Review of Anthropology. 35: 379–406. doi:10.1146/annurev.anthro.35.081705.123210.
  39. ^ Johnson P, Bjelland S. "H. neanderthalensis is a widely known but poorly understood hominid ancestor". Archaeologyinfo.com. Archived from the original on 8 September 2015. Retrieved 24 May 2014.
  40. ^ Park MS, Nguyen AD, Aryan HE, U HS, Levy ML, Semendeferi K (March 2007). "Evolution of the human brain: changing brain size and the fossil record". Neurosurgery. 60 (3): 555–62, discussion 562. doi:10.1227/01.NEU.0000249284.54137.32. PMID 17327801. S2CID 19610624.
  41. ^ Bruner E (December 2007). "Cranial shape and size variation in human evolution: structural and functional perspectives". Child's Nervous System. 23 (12): 1357–65. doi:10.1007/s00381-007-0434-2. PMID 17680251. S2CID 16163137.
  42. ^ Potts R (2012). "Evolution and Environmental Change in Early Human Prehistory". Annual Review of Anthropology. 41: 151–67. doi:10.1146/annurev-anthro-092611-145754.
  43. ^ Leonard WR, Snodgrass JJ, Robertson ML (2007). "Effects of brain evolution on human nutrition and metabolism". Annual Review of Nutrition. 27: 311–27. doi:10.1146/annurev.nutr.27.061406.093659. PMID 17439362.
  44. ^ McBroom P (14 June 1999). "Meat-eating was essential for human evolution, says UC Berkeley anthropologist specializing in diet". Berkeley.edu. Archived from the original on 30 January 2012. Retrieved 31 January 2012.
  45. ^ Mann N (1 September 2007). "Meat in the human diet: an anthropological perspective". Thefreelibrary.com. Archived from the original on 11 September 2012. Retrieved 31 January 2012.
  46. ^ Organ C, Nunn CL, Machanda Z, Wrangham RW (August 2011). "Phylogenetic rate shifts in feeding time during the evolution of Homo". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 108 (35): 14555–9. Bibcode:2011PNAS..10814555O. doi:10.1073/pnas.1107806108. PMC 3167533. PMID 21873223.
  47. ^ Dunbar RI (1998). "The Social Brain Hypothesis" (PDF). Evolutionary Anthropology. 6 (5): 178–190. doi:10.1002/(SICI)1520-6505(1998)6:5<178::AID-EVAN5>3.0.CO;2-8. Archived from the original (PDF) on 12 April 2016. Retrieved 8 June 2016.
  48. ^ Plavcan JM (March 2012). "Size Dimorphism, Canine Dimorphism, and Male-Male Competition in Primates: Where Do Humans Fit In?". Human Nature. 23 (1): 45–67. doi:10.1007/s12110-012-9130-3. PMID 22388772. S2CID 29425505.
  49. ^ Garcea, Elena (4 July 2013). Hunter-Gatherers of the Nile Valley and the Sahara Before 12,000 Years Ago. Oxford University Press. doi:10.1093/oxfordhb/9780199569885.013.0029.
  50. ^ Colledge, Sue (2013). Origins and Spread of Domestic Animals in Southwest Asia and Europe. James Conolly, Keith Dobney, Katie Manning, Stephen Shennan. Walnut Creek: Left Coast Press. pp. 13–17. ISBN 978-1-61132-324-5. OCLC 855969933.
  51. ^ Scanes CG (January 2018). "The Neolithic Revolution, Animal Domestication, and Early Forms of Animal Agriculture". In Scanes CG, Toukhsati SR (eds.). Animals and Human Society. pp. 103–131. doi:10.1016/B978-0-12-805247-1.00006-X. ISBN 9780128052471.
  52. ^ He K, Lu H, Zhang J, Wang C, Huan X (7 June 2017). "Prehistoric evolution of the dualistic structure mixed rice and millet farming in China". The Holocene. 27 (12): 1885–1898. Bibcode:2017Holoc..27.1885H. doi:10.1177/0959683617708455. S2CID 133660098.
  53. ^ Lu H, Zhang J, Liu KB, Wu N, Li Y, Zhou K, et al. (May 2009). "Earliest domestication of common millet (Panicum miliaceum) in East Asia extended to 10,000 years ago". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 106 (18): 7367–72. Bibcode:2009PNAS..106.7367L. doi:10.1073/pnas.0900158106. PMC 2678631. PMID 19383791.
  54. ^ Denham TP, Haberle SG, Lentfer C, Fullagar R, Field J, Therin M, et al. (July 2003). "Origins of agriculture at Kuk Swamp in the highlands of New Guinea". Science. 301 (5630): 189–93. doi:10.1126/science.1085255. PMID 12817084. S2CID 10644185.
  55. ^ Scarcelli N, Cubry P, Akakpo R, Thuillet AC, Obidiegwu J, Baco MN, et al. (May 2019). "Yam genomics supports West Africa as a major cradle of crop domestication". Science Advances. 5 (5): eaaw1947. doi:10.1126/sciadv.aaw1947. PMC 6527260. PMID 31114806.
  56. ^ Winchell F (October 2017). "Evidence for Sorghum Domestication in Fourth Millennium BC Eastern Sudan: Spikelet Morphology from Ceramic Impressions of the Butana Group" (PDF). Current Anthropology. 58 (5): 673–683. doi:10.1086/693898. S2CID 149402650.
  57. ^ Manning K (February 2011). "4500-Year old domesticated pearl millet (Pennisetum glaucum) from the Tilemsi Valley, Mali: new insights into an alternative cereal domestication pathway". Journal of Archaeological Science. 38 (2): 312–322. doi:10.1016/j.jas.2010.09.007.
  58. ^ Noble TF, Strauss B, Osheim D, Neuschel K, Accamp E (2013). Cengage Advantage Books: Western Civilization: Beyond Boundaries. ISBN 978-1-285-66153-7. Retrieved 11 July 2015.
  59. ^ Spielvogel J (1 January 2014). Western Civilization: Volume A: To 1500. Cenpage Learning. ISBN 978-1-285-98299-1. Archived from the original on 5 September 2015. Retrieved 11 July 2015.
  60. ^ Thornton B (2002). Greek Ways: How the Greeks Created Western Civilization. San Francisco, CA: Encounter Books. pp. 1–14. ISBN 978-1-893554-57-3.
  61. ^ Garfinkle SJ, veditors Bang PF, Scheidel W (1 February 2013). Bang PF, Scheidel W (eds.). "Ancient Near Eastern City-States". The Oxford Handbook of the State in the Ancient Near East and Mediterranean. doi:10.1093/oxfordhb/9780195188318.001.0001. ISBN 9780195188318. Retrieved 16 April 2021.
  62. ^ Woods C (28 February 2020). "The Emergence of Cuneiform Writing". In Hasselbach-Andee R (ed.). A Companion to Ancient Near Eastern Languages (1st ed.). Wiley. pp. 27–46. doi:10.1002/9781119193814.ch2. ISBN 978-1-119-19329-6.
  63. ^ Robinson A (October 2015). "Ancient civilization: Cracking the Indus script". Nature. 526 (7574): 499–501. doi:10.1038/526499a. PMID 26490603. S2CID 4458743.
  64. ^ Crawford H (2013). "Trade in the Sumerian world". The Sumerian World. Routledge. pp. 447–61. ISBN 978-1-136-21911-5.
  65. ^ a b Bodnár M (2018). "Prehistoric innovations: Wheels and wheeled vehicles". Acta Archaeologica Academiae Scientiarum Hungaricae. 69 (2): 271–298. doi:10.1556/072.2018.69.2.3. ISSN 0001-5210.
  66. ^ Pryor FL (1985). "The Invention of the Plow". Comparative Studies in Society and History. 27 (4): 727–743. doi:10.1017/S0010417500011749. ISSN 0010-4175. JSTOR 178600.
  67. ^ Carter R (2012). "19". In Potts DT (ed.). A companion to the archaeology of the ancient Near East. Ch 19 Watercraft. Chichester, West Sussex: Wiley-Blackwell. pp. 347–354. ISBN 978-1-4051-8988-0. Archived from the original on 28 April 2015. Retrieved 8 February 2014.
  68. ^ Pedersen O (1993). "Science Before the Greeks". Early physics and astronomy: A historical introduction. CUP Archive. p. 1. ISBN 978-0-521-40340-5.
  69. ^ Robson E (2008). Mathematics in ancient Iraq: A social history. Princeton University Press. pp. xxi.
  70. ^ Edwards JF (2003). "Building the Great Pyramid: Probable Construction Methods Employed at Giza". Technology and Culture. 44 (2): 340–354. doi:10.1353/tech.2003.0063. ISSN 0040-165X. JSTOR 25148110. S2CID 109998651.
  71. ^ Voosen P (August 2018). "New geological age comes under fire". Science. 361 (6402): 537–538. doi:10.1126/science.361.6402.537. PMID 30093579.
  72. ^ Saggs HW (2000). Babylonians. Univ of California Press. p. 7. ISBN 978-0-520-20222-1.
  73. ^ Sassaman KE (1 December 2005). "Poverty Point as Structure, Event, Process". Journal of Archaeological Method and Theory. 12 (4): 335–364. doi:10.1007/s10816-005-8460-4. ISSN 1573-7764. S2CID 53393440.
  74. ^ Lazaridis I, Mittnik A, Patterson N, Mallick S, Rohland N, Pfrengle S, et al. (August 2017). "Genetic origins of the Minoans and Mycenaeans". Nature. 548 (7666): 214–218. doi:10.1038/nature23310. PMC 5565772. PMID 28783727.
  75. ^ Keightley DN (1999). "The Shang: China's first historical dynasty". In Loewe M, Shaughnessy EL (eds.). The Cambridge History of Ancient China: From the Origins of Civilization to 221 BC. Cambridge University Press. pp. 232–291. ISBN 978-0-521-47030-8.
  76. ^ Kaniewski D, Guiot J, van Campo E (2015). "Drought and societal collapse 3200 years ago in the Eastern Mediterranean: a review". WIREs Climate Change. 6 (4): 369–382. doi:10.1002/wcc.345.
  77. ^ Drake BL (1 June 2012). "The influence of climatic change on the Late Bronze Age Collapse and the Greek Dark Ages". Journal of Archaeological Science. 39 (6): 1862–1870. doi:10.1016/j.jas.2012.01.029.
  78. ^ Wells PS (2011). "The Iron Age". In Milisauskas S (ed.). European Prehistory: A Survey. Interdisciplinary Contributions to Archaeology. New York, NY: Springer. pp. 405–460. doi:10.1007/978-1-4419-6633-9_11. ISBN 978-1-4419-6633-9.
  79. ^ Hughes-Warrington M (2018). "Sense and non-sense in Ancient Greek histories". History as Wonder: Beginning with Historiography. United Kingdom: Taylor & Francis. ISBN 978-0-429-76315-1.
  80. ^ Beard M (2 October 2015). "Why ancient Rome matters to the modern world". The Guardian. Retrieved 17 April 2021.
  81. ^ Vidergar AB (11 June 2015). "Stanford scholar debunks long-held beliefs about economic growth in ancient Greece". Stanford University. Retrieved 17 April 2021.
  82. ^ Inomata T, Triadan D, Vázquez López VA, Fernandez-Diaz JC, Omori T, Méndez Bauer MB, et al. (June 2020). "Monumental architecture at Aguada Fénix and the rise of Maya civilization". Nature. 582 (7813): 530–533. doi:10.1038/s41586-020-2343-4. PMID 32494009. S2CID 219281856.
  83. ^ Milbrath S (March 2017). "The Role of Solar Observations in Developing the Preclassic Maya Calendar". Latin American Antiquity. 28 (1): 88–104. doi:10.1017/laq.2016.4. ISSN 1045-6635. S2CID 164417025.
  84. ^ Benoist A, Charbonnier J, Gajda I (2016). "Investigating the eastern edge of the kingdom of Aksum: architecture and pottery from Wakarida". Proceedings of the Seminar for Arabian Studies. 46: 25–40. ISSN 0308-8421. JSTOR 45163415.
  85. ^ Farazmand A (1 January 1998). "Administration of the Persian achaemenid world-state empire: implications for modern public administration". International Journal of Public Administration. 21 (1): 25–86. doi:10.1080/01900699808525297. ISSN 0190-0692.
  86. ^ Ingalls DH (1976). "Kālidāsa and the Attitudes of the Golden Age". Journal of the American Oriental Society. 96 (1): 15–26. doi:10.2307/599886. ISSN 0003-0279. JSTOR 599886.
  87. ^ Xie J (2020). "Pillars of Heaven: The Symbolic Function of Column and Bracket Sets in the Han Dynasty". Architectural History. 63: 1–36. doi:10.1017/arh.2020.1. ISSN 0066-622X. S2CID 229716130.
  88. ^ Marx W, Haunschild R, Bornmann L (2018). "Climate and the Decline and Fall of the Western Roman Empire: A Bibliometric View on an Interdisciplinary Approach to Answer a Most Classic Historical Question". Climate. 6 (4): 90. doi:10.3390/cli6040090.
  89. ^ a b Renima A, Tiliouine H, Estes RJ (2016). "The Islamic Golden Age: A Story of the Triumph of the Islamic Civilization". In Tiliouine H, Estes RJ (eds.). The State of Social Progress of Islamic Societies: Social, Economic, Political, and Ideological Challenges. International Handbooks of Quality-of-Life. Cham: Springer International Publishing. pp. 25–52. doi:10.1007/978-3-319-24774-8_2. ISBN 978-3-319-24774-8.
  90. ^ Asbridge T (2012). "Introduction: The world of the crusades". The Crusades: The War for the Holy Land. Simon and Schuster. ISBN 978-1849837705.
  91. ^ Conrad G, Demarest AA (1984). Religion and Empire: The Dynamics of Aztec and Inca Expansionism. Cambridge University Press. p. 2. ISBN 0521318963.
  92. ^ May T (2013). The Mongol Conquests in World History. Reaktion Books. p. 7. ISBN 978-1-86189-971-2.
  93. ^ Canós-Donnay, Sirio (25 February 2019), "The Empire of Mali", Oxford Research Encyclopedia of African History, Oxford University Press, doi:10.1093/acrefore/9780190277734.013.266, ISBN 978-0-19-027773-4, retrieved 7 May 2021
  94. ^ Brady T, Oberman T, Tracy JD, eds. (1 January 1994). "Ottomans and Europe". Handbook of European History 1400-1600: Late Middle Ages, Renaissance and Reformation. Brill. pp. 589–635. doi:10.1163/9789004391659_019. ISBN 978-90-04-39165-9. Retrieved 17 April 2021.
  95. ^ Goree, Robert (19 November 2020), "The Culture of Travel in Edo-Period Japan", Oxford Research Encyclopedia of Asian History, Oxford University Press, doi:10.1093/acrefore/9780190277727.013.72, ISBN 978-0-19-027772-7, retrieved 7 May 2021
  96. ^ Mosca, Matthew W. (2010). "CHINA'S LAST EMPIRE: The Great Qing". Pacific Affairs. 83.
  97. ^ Suyanta, Sri; Ikhlas, Silfia (19 July 2016). "Islamic Education at Mughal Kingdom in India (1526-1857)". Al-Ta Lim Journal. 23 (2): 128–138. doi:10.15548/jt.v23i2.228. ISSN 2355-7893.
  98. ^ Kirkpatrick R (2002). The European Renaissance, 1400-1600. Harlow, England. p. 1. ISBN 978-1-317-88646-4. OCLC 893909816.
  99. ^ Arnold D (2002). The Age of Discovery, 1400-1600 (Second ed.). London. pp. xi. ISBN 978-1-136-47968-7. OCLC 859536800.
  100. ^ David S (2011). "British History in depth: Slavery and the 'Scramble for Africa'". www.bbc.co.uk. Retrieved 5 May 2021.
  101. ^ Palan R (14 January 2010). "International Financial Centers: The British-Empire, City-States and Commercially Oriented Politics". Theoretical Inquiries in Law. 11 (1). doi:10.2202/1565-3404.1239. ISSN 1565-3404. S2CID 56216309.
  102. ^ Dixon EJ (January 2001). "Human colonization of the Americas: timing, technology and process". Quaternary Science Reviews. 20 (1–3): 277–299. doi:10.1016/S0277-3791(00)00116-5.
  103. ^ Lovejoy, Paul E. (1989). "The Impact of the Atlantic Slave Trade on Africa: A Review of the Literature". The Journal of African History. 30 (3): 365–394. doi:10.1017/S0021853700024439. ISSN 0021-8537. JSTOR 182914.
  104. ^ Cave, Alfred A. (2008), Stone, Dan (ed.), "Genocide in the Americas", The Historiography of Genocide, London: Palgrave Macmillan UK, pp. 273–295, doi:10.1057/9780230297784_11, ISBN 978-0-230-29778-4, retrieved 7 May 2021
  105. ^ Delisle, Richard G. (September 2014). "Can a revolution hide another one? Charles Darwin and the Scientific Revolution". Endeavour. 38 (3–4): 157–158. doi:10.1016/j.endeavour.2014.10.001. PMID 25457642.
  106. ^ "Greatest Engineering Achievements of the 20th Century". National Academy of Engineering. Archived from the original on 6 April 2015. Retrieved 7 April 2015.
  107. ^ Herring, George C. (2008). From colony to superpower : U.S. foreign relations since 1776. New York: Oxford University Press. p. 1. ISBN 978-0-19-972343-0. OCLC 299054528.
  108. ^ O’Rourke, Kevin H (March 2006). "The worldwide economic impact of the French Revolutionary and Napoleonic Wars, 1793–1815". Journal of Global History. 1 (1): 123–149. doi:10.1017/S1740022806000076. ISSN 1740-0228.
  109. ^ Zimmerman, A. F. (November 1931). "Spain and Its Colonies, 1808-1820". The Hispanic American Historical Review. 11 (4): 439–463. doi:10.2307/2506251. JSTOR 2506251.
  110. ^ Raudzens, George (2004). "The Australian Frontier Wars, 1788-1838 (review)". The Journal of Military History. 68 (3): 957–959. doi:10.1353/jmh.2004.0138. ISSN 1543-7795. S2CID 162259092.
  111. ^ Clark, Christopher M. (2012). "Polarization of Europe, 1887-1907". The sleepwalkers : how Europe went to war in 1914. London: Allen Lane. ISBN 978-0-7139-9942-6. OCLC 794136314.
  112. ^ Stephen N. Broadberry; Mark Harrison (2020). The economics of the Second World War seventy-five years on. London. ISBN 978-1-912179-31-2. OCLC 1190698714.
  113. ^ Nolan, Cathal J. (13 November 2011), "World War II: German invasion of Poland (September 1-October 5, 1939)", in Martel, Gordon (ed.), The Encyclopedia of War, Oxford, UK: Blackwell Publishing Ltd, pp. wbeow705, doi:10.1002/9781444338232.wbeow705, ISBN 978-1-4051-9037-4, retrieved 9 May 2021
  114. ^ McDougall, Walter A. (May 1985). "Sputnik, the space race, and the Cold War". Bulletin of the Atomic Scientists. 41 (5): 20–25. doi:10.1080/00963402.1985.11455962. ISSN 0096-3402.
  115. ^ Plous, S. (May 1993). "The Nuclear Arms Race: Prisoner's Dilemma or Perceptual Dilemma?". Journal of Peace Research. 30 (2): 163–179. doi:10.1177/0022343393030002004. ISSN 0022-3433. S2CID 5482851.
  116. ^ Sachs, Jeffrey D. (April 2017). "Globalization—In the Name of Which Freedom?". Humanistic Management Journal. 1 (2): 237–252. doi:10.1007/s41463-017-0019-5. ISSN 2366-603X. S2CID 133030709.
  117. ^ "World". The World Factbook. CIA. 17 May 2016. Retrieved 2 October 2016.
  118. ^ "World Population Prospects: The 2017 Revision" (PDF). United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division. 2017. p. 2&17.
  119. ^ "The World's Cities in 2018" (PDF). United Nations.
  120. ^ Rector RK (2016). The Early River Valley Civilizations (First ed.). New York, NY. p. 10. ISBN 978-1-4994-6329-3. OCLC 953735302.
  121. ^ "How People Modify the Environment" (PDF). Westerville City School District. Retrieved 13 March 2019.
  122. ^ "Natural disasters and the urban poor" (PDF). World Bank. October 2003. Archived (PDF) from the original on 9 August 2017.
  123. ^ Habitat UN (2013). The state of the world's cities 2012 / prosperity of cities. [London]: Routledge. pp. x. ISBN 978-1-135-01559-6. OCLC 889953315.
  124. ^ a b c Piantadosi CA (2003). The biology of human survival : life and death in extreme environments. Oxford: Oxford University Press. pp. 2–3. ISBN 978-0-19-974807-5. OCLC 70215878.
  125. ^ O'Neil D. "Human Biological Adaptability; Overview". Palomar College. Archived from the original on 6 March 2013. Retrieved 6 January 2013.
  126. ^ "Population distribution and density". BBC. Archived from the original on 23 June 2017. Retrieved 26 June 2017.
  127. ^ Bunn SE, Arthington AH (October 2002). "Basic principles and ecological consequences of altered flow regimes for aquatic biodiversity". Environmental Management. 30 (4): 492–507. doi:10.1007/s00267-002-2737-0. hdl:10072/6758. PMID 12481916. S2CID 25834286.
  128. ^ a b Heim BE (1990–1991). "Exploring the Last Frontiers for Mineral Resources: A Comparison of International Law Regarding the Deep Seabed, Outer Space, and Antarctica". Vanderbilt Journal of Transnational Law. 23: 819.
  129. ^ "Mission to Mars: Mars Science Laboratory Curiosity Rover". Jet Propulsion Laboratory. Archived from the original on 18 August 2015. Retrieved 26 August 2015.
  130. ^ "Touchdown! Rosetta's Philae probe lands on comet". European Space Agency. 12 November 2014. Archived from the original on 22 August 2015. Retrieved 26 August 2015.
  131. ^ "NEAR-Shoemaker". NASA. Archived from the original on 26 August 2015. Retrieved 26 August 2015.
  132. ^ Kraft R (11 December 2010). "JSC celebrates ten years of continuous human presence aboard the International Space Station". JSC Features. Johnson Space Center. Archived from the original on 16 February 2012. Retrieved 13 February 2012.
  133. ^ Tellier LN (2009). Urban world history: an economic and geographical perspective. p. 26. ISBN 978-2-7605-1588-8.
  134. ^ Thomlinson R (1975). Demographic problems; controversy over population control (2nd ed.). Ecino, California: Dickenson Pub. Co. ISBN 978-0-8221-0166-6.
  135. ^ Harl KW (1998). "Population estimates of the Roman Empire". Tulane.edu. Archived from the original on 7 May 2016. Retrieved 8 December 2012.
  136. ^ Zietz BP, Dunkelberg H (February 2004). "The history of the plague and the research on the causative agent Yersinia pestis". International Journal of Hygiene and Environmental Health. 207 (2): 165–78. doi:10.1078/1438-4639-00259. PMC 7128933. PMID 15031959.
  137. ^ "World's population reaches six billion". BBC News. 5 August 1999. Archived from the original on 15 April 2008. Retrieved 5 February 2008.
  138. ^ "World Population: 2020 Overview | YaleGlobal Online". yaleglobal.yale.edu. Retrieved 18 April 2021.
  139. ^ Bar-On YM, Phillips R, Milo R (June 2018). "The biomass distribution on Earth". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 115 (25): 6506–6511. doi:10.1073/pnas.1711842115. PMC 6016768. PMID 29784790.
  140. ^ a b "68% of the world population projected to live in urban areas by 2050, says UN". United Nations Department of Economic and Social Affairs (DESA). 16 May 2018. Retrieved 18 April 2021.
  141. ^ Duhart DT (October 2000). Urban, Suburban, and Rural Victimization, 1993–98 (PDF). U.S. Department of Justice, Bureau of Justice Statistics. Retrieved 1 October 2006.
  142. ^ "World Urbanization Prospects, the 2011 Revision". Population Division, United Nations. Archived from the original on 9 July 2013. Retrieved 4 July 2013.
  143. ^ Roopnarine PD (March 2014). "Humans are apex predators". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 111 (9): E796. doi:10.1073/pnas.1323645111. PMC 3948303. PMID 24497513.
  144. ^ a b Stokstad E (5 May 2019). "Landmark analysis documents the alarming global decline of nature". Science. AAAS. Retrieved 9 May 2021. For the first time at a global scale, the report has ranked the causes of damage. Topping the list, changes in land use—principally agriculture—that have destroyed habitat. Second, hunting and other kinds of exploitation. These are followed by climate change, pollution, and invasive species, which are being spread by trade and other activities. Climate change will likely overtake the other threats in the next decades, the authors note. Driving these threats are the growing human population, which has doubled since 1970 to 7.6 billion, and consumption. (Per capita of use of materials is up 15% over the past 5 decades.)
  145. ^ Pimm S, Raven P, Peterson A, Sekercioglu CH, Ehrlich PR (July 2006). "Human impacts on the rates of recent, present, and future bird extinctions". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 103 (29): 10941–6. Bibcode:2006PNAS..10310941P. doi:10.1073/pnas.0604181103. PMC 1544153. PMID 16829570.* Barnosky AD, Koch PL, Feranec RS, Wing SL, Shabel AB (October 2004). "Assessing the causes of late Pleistocene extinctions on the continents". Science. 306 (5693): 70–5. Bibcode:2004Sci...306...70B. CiteSeerX 10.1.1.574.332. doi:10.1126/science.1101476. PMID 15459379. S2CID 36156087.
  146. ^ "Climate Change 2001: Working Group I: The Scientific Basis". grida.no/. Archived from the original on 1 June 2007. Retrieved 30 May 2007.
  147. ^ Lewis OT (January 2006). "Climate change, species-area curves and the extinction crisis". Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences. 361 (1465): 163–71. doi:10.1098/rstb.2005.1712. PMC 1831839. PMID 16553315.
  148. ^ Roza G (2007). Inside the human body : using scientific and exponential notation. New York: Rosen Pub. Group's PowerKids Press. p. 21. ISBN 978-1-4042-3362-1.
  149. ^ "Human Anatomy". Inner Body. Archived from the original on 5 January 2013. Retrieved 6 January 2013.
  150. ^ a b Collins D (1976). The Human Revolution: From Ape to Artist. p. 208.
  151. ^ Marks JM (2001). Human Biodiversity: Genes, Race, and History. Transaction Publishers. p. 16. ISBN 978-0-202-36656-2.
  152. ^ a b O'Neil D. "Humans". Primates. Palomar College. Archived from the original on 11 January 2013. Retrieved 6 January 2013.
  153. ^ "How to be Human: The reason we are so scarily hairy". New Scientist. 2017. Retrieved 29 April 2020.
  154. ^ Sandel AA (September 2013). "Brief communication: Hair density and body mass in mammals and the evolution of human hairlessness". American Journal of Physical Anthropology. 152 (1): 145–50. doi:10.1002/ajpa.22333. hdl:2027.42/99654. PMID 23900811.
  155. ^ Kirchweger G. "The Biology of Skin Color: Black and White". Evolution: Library. PBS. Archived from the original on 16 February 2013. Retrieved 6 January 2013.
  156. ^ Roser M, Appel C, Ritchie H (8 October 2013). "Human Height". Our World in Data.
  157. ^ "Senior Citizens Do Shrink – Just One of the Body Changes of Aging". News. Senior Journal. Archived from the original on 19 February 2013. Retrieved 6 January 2013.
  158. ^ Bogin B, Rios L (September 2003). "Rapid morphological change in living humans: implications for modern human origins". Comparative Biochemistry and Physiology. Part A, Molecular & Integrative Physiology. 136 (1): 71–84. doi:10.1016/S1095-6433(02)00294-5. PMID 14527631.
  159. ^ "Human weight". Articleworld.org. Archived from the original on 8 December 2011. Retrieved 10 December 2011.
  160. ^ Schlessingerman A (2003). "Mass Of An Adult". The Physics Factbook: An Encyclopedia of Scientific Essays. Archived from the original on 1 January 2018. Retrieved 31 December 2017.
  161. ^ Kushner R (2007). Treatment of the Obese Patient (Contemporary Endocrinology). Totowa, NJ: Humana Press. p. 158. ISBN 978-1-59745-400-1. Retrieved 5 April 2009.
  162. ^ Adams JP, Murphy PG (July 2000). "Obesity in anaesthesia and intensive care". British Journal of Anaesthesia. 85 (1): 91–108. doi:10.1093/bja/85.1.91. PMID 10927998.
  163. ^ Lombardo MP, Deaner RO (March 2018). "Born to Throw: The Ecological Causes that Shaped the Evolution of Throwing In Humans". The Quarterly Review of Biology. 93 (1): 1–16. doi:10.1086/696721. ISSN 0033-5770. S2CID 90757192.
  164. ^ Parker-Pope T (27 October 2009). "The Human Body Is Built for Distance". The New York Times. Archived from the original on 5 November 2015.
  165. ^ John B. "What is the role of sweating glands in balancing body temperature when running a marathon?". Livestrong.com. Archived from the original on 31 January 2013. Retrieved 6 January 2013.
  166. ^ Therman E (1980). Human Chromosomes: Structure, Behavior, Effects. Springer US. pp. 112–24. doi:10.1007/978-1-4684-0107-3. ISBN 978-1-4684-0109-7. S2CID 36686283.
  167. ^ Edwards JH, Dent T, Kahn J (June 1966). "Monozygotic twins of different sex". Journal of Medical Genetics. 3 (2): 117–23. doi:10.1136/jmg.3.2.117. PMC 1012913. PMID 6007033.
  168. ^ Machin GA (January 1996). "Some causes of genotypic and phenotypic discordance in monozygotic twin pairs". American Journal of Medical Genetics. 61 (3): 216–28. doi:10.1002/(SICI)1096-8628(19960122)61:3<216::AID-AJMG5>3.0.CO;2-S. PMID 8741866.
  169. ^ Jonsson H, Magnusdottir E, Eggertsson HP, Stefansson OA, Arnadottir GA, Eiriksson O, et al. (January 2021). "Differences between germline genomes of monozygotic twins". Nature Genetics. 53 (1): 27–34. doi:10.1038/s41588-020-00755-1. PMID 33414551. S2CID 230986741.
  170. ^ "Genetic – Understanding Human Genetic Variation". Human Genetic Variation. National Institute of Health (NIH). Archived from the original on 25 August 2013. Retrieved 13 December 2013. Between any two humans, the amount of genetic variation—biochemical individuality—is about 0.1%.
  171. ^ Levy S, Sutton G, Ng PC, Feuk L, Halpern AL, Walenz BP, et al. (September 2007). "The diploid genome sequence of an individual human". PLOS Biology. 5 (10): e254. doi:10.1371/journal.pbio.0050254. PMC 1964779. PMID 17803354.
  172. ^ a b Race, Ethnicity, and Genetics Working Group (October 2005). "The use of racial, ethnic, and ancestral categories in human genetics research". American Journal of Human Genetics. 77 (4): 519–32. doi:10.1086/491747. PMC 1275602. PMID 16175499.
  173. ^ "Chimps show much greater genetic diversity than humans". Media. University of Oxford. Archived from the original on 18 December 2013. Retrieved 13 December 2013.
  174. ^ Harpending HC, Batzer MA, Gurven M, Jorde LB, Rogers AR, Sherry ST (February 1998). "Genetic traces of ancient demography". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 95 (4): 1961–7. Bibcode:1998PNAS...95.1961H. doi:10.1073/pnas.95.4.1961. PMC 19224. PMID 9465125.
  175. ^ Jorde LB, Rogers AR, Bamshad M, Watkins WS, Krakowiak P, Sung S, et al. (April 1997). "Microsatellite diversity and the demographic history of modern humans". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 94 (7): 3100–3. Bibcode:1997PNAS...94.3100J. doi:10.1073/pnas.94.7.3100. PMC 20328. PMID 9096352.
  176. ^ Wade N (7 March 2007). "Still Evolving, Human Genes Tell New Story". The New York Times. Archived from the original on 14 January 2012. Retrieved 13 February 2012.
  177. ^ Pennisi E (February 2001). "The human genome". Science. 291 (5507): 1177–80. doi:10.1126/science.291.5507.1177. PMID 11233420. S2CID 38355565.
  178. ^ Rotimi CN, Adeyemo AA (February 2021). "From one human genome to a complex tapestry of ancestry". Nature. 590 (7845): 220–221. doi:10.1038/d41586-021-00237-2. PMID 33568827.
  179. ^ Altshuler DM, Gibbs RA, Peltonen L, Altshuler DM, Gibbs RA, Peltonen L, et al. (September 2010). "Integrating common and rare genetic variation in diverse human populations". Nature. 467 (7311): 52–8. doi:10.1038/nature09298. PMC 3173859. PMID 20811451.
  180. ^ a b Bergström A, McCarthy SA, Hui R, Almarri MA, Ayub Q, Danecek P, et al. (March 2020). "Insights into human genetic variation and population history from 929 diverse genomes". Science. 367 (6484): eaay5012. doi:10.1126/science.aay5012. PMC 7115999. PMID 32193295. "Populations in central and southern Africa, the Americas, and Oceania each harbor tens to hundreds of thousands of private, common genetic variants. Most of these variants arose as new mutations rather than through archaic introgression, except in Oceanian populations, where many private variants derive from Denisovan admixture."
  181. ^ Pertea M, Salzberg SL (2010). "Between a chicken and a grape: estimating the number of human genes". Genome Biology. 11 (5): 206. doi:10.1186/gb-2010-11-5-206. PMC 2898077. PMID 20441615.
  182. ^ Cann RL, Stoneking M, Wilson AC (1987). "Mitochondrial DNA and human evolution". Nature. 325 (6099): 31–6. Bibcode:1987Natur.325...31C. doi:10.1038/325031a0. PMID 3025745. S2CID 4285418.
  183. ^ Soares P, Ermini L, Thomson N, Mormina M, Rito T, Röhl A, et al. (June 2009). "Correcting for purifying selection: an improved human mitochondrial molecular clock". American Journal of Human Genetics. 84 (6): 740–59. doi:10.1016/j.ajhg.2009.05.001. PMC 2694979. PMID 19500773. Lay summary – University of Leeds.
  184. ^ Poznik GD, Henn BM, Yee MC, Sliwerska E, Euskirchen GM, Lin AA, et al. (August 2013). "Sequencing Y chromosomes resolves discrepancy in time to common ancestor of males versus females". Science. 341 (6145): 562–5. Bibcode:2013Sci...341..562P. doi:10.1126/science.1237619. PMC 4032117. PMID 23908239.
  185. ^ Shehan CL (2016). The Wiley Blackwell Encyclopedia of Family Studies, 4 Volume Set. John Wiley & Sons. p. 406. ISBN 978-0-470-65845-1. Archived from the original on 10 September 2017.
  186. ^ Jukic AM, Baird DD, Weinberg CR, McConnaughey DR, Wilcox AJ (October 2013). "Length of human pregnancy and contributors to its natural variation". Human Reproduction. 28 (10): 2848–55. doi:10.1093/humrep/det297. PMC 3777570. PMID 23922246.
  187. ^ Klossner NJ (2005). Introductory Maternity Nursing. p. 103. ISBN 978-0-7817-6237-3. The fetal stage is from the beginning of the 9th week after fertilization and continues until birth
  188. ^ World Health Organization (November 2014). "Preterm birth Fact sheet N°363". who.int. Archived from the original on 7 March 2015. Retrieved 6 March 2015.
  189. ^ Kiserud T, Benachi A, Hecher K, Perez RG, Carvalho J, Piaggio G, Platt LD (February 2018). "The World Health Organization fetal growth charts: concept, findings, interpretation, and application". American Journal of Obstetrics and Gynecology. 218 (2S): S619–S629. doi:10.1016/j.ajog.2017.12.010. PMID 29422204. S2CID 46810955.
  190. ^ "What is the average baby length? Growth chart by month". www.medicalnewstoday.com. 18 March 2019. Retrieved 18 April 2021.
  191. ^ Khor GL (December 2003). "Update on the prevalence of malnutrition among children in Asia". Nepal Medical College Journal. 5 (2): 113–22. PMID 15024783.
  192. ^ Rosenberg KR (1992). "The evolution of modern human childbirth". American Journal of Physical Anthropology. 35 (S15): 89–124. doi:10.1002/ajpa.1330350605. ISSN 1096-8644.
  193. ^ a b Pavličev M, Romero R, Mitteroecker P (January 2020). "Evolution of the human pelvis and obstructed labor: new explanations of an old obstetrical dilemma". American Journal of Obstetrics and Gynecology. 222 (1): 3–16. doi:10.1016/j.ajog.2019.06.043. PMID 31251927.
  194. ^ Barras C (22 December 2016). "The real reasons why childbirth is so painful and dangerous". BBC.
  195. ^ Kantrowitz B (2 July 2007). "What Kills One Woman Every Minute of Every Day?". Newsweek. Archived from the original on 28 June 2007. A woman dies in childbirth every minute, most often due to uncontrolled bleeding and infection, with the world's poorest women most vulnerable. The lifetime risk is 1 in 16 in sub-Saharan Africa, compared to 1 in 2,800 in developed countries.
  196. ^ Rush D (July 2000). "Nutrition and maternal mortality in the developing world". The American Journal of Clinical Nutrition. 72 (1 Suppl): 212S–240S. doi:10.1093/ajcn/72.1.212S. PMID 10871588.
  197. ^ Laland KN, Brown G (2011). Sense and Nonsense: Evolutionary Perspectives on Human Behaviour. Oxford University Press. p. 7. ISBN 978-0-19-958696-7.
  198. ^ Kail RV, Cavanaugh JC (2010). Human Development: A Lifespan View (5th ed.). Cengage Learning. p. 296. ISBN 978-0-495-60037-4.
  199. ^ Schuiling KD, Likis FE (2016). Women's Gynecologic Health. Jones & Bartlett Learning. p. 22. ISBN 978-1-284-12501-6. The changes that occur during puberty usually happen in an ordered sequence, beginning with thelarche (breast development) at around age 10 or 11, followed by adrenarche (growth of pubic hair due to androgen stimulation), peak height velocity, and finally menarche (the onset of menses), which usually occurs around age 12 or 13.
  200. ^ Phillips DC (2014). Encyclopedia of Educational Theory and Philosophy. Sage Publications. pp. 18–19. ISBN 978-1-4833-6475-9. On average, the onset of puberty is about 18 months earlier for girls (usually starting around the age of 10 or 11 and lasting until they are 15 to 17) than for boys (who usually begin puberty at about the age of 11 to 12 and complete it by the age of 16 to 17, on average).
  201. ^ Mintz S (1993). "Life stages". Encyclopedia of American Social History. 3: 7–33.
  202. ^ Soliman A, De Sanctis V, Elalaily R, Bedair S (November 2014). "Advances in pubertal growth and factors influencing it: Can we increase pubertal growth?". Indian Journal of Endocrinology and Metabolism. 18 (Suppl 1): S53-62. doi:10.4103/2230-8210.145075. PMC 4266869. PMID 25538878.
  203. ^ Walker ML, Herndon JG (September 2008). "Menopause in nonhuman primates?". Biology of Reproduction. 79 (3): 398–406. doi:10.1095/biolreprod.108.068536. PMC 2553520. PMID 18495681.
  204. ^ Diamond J (1997). Why is Sex Fun? The Evolution of Human Sexuality. New York City: Basic Books. pp. 167–70. ISBN 978-0-465-03127-6.
  205. ^ Peccei JS (2001). "Menopause: Adaptation or epiphenomenon?". Evolutionary Anthropology. 10 (2): 43–57. doi:10.1002/evan.1013. S2CID 1665503.
  206. ^ Marziali C (7 December 2010). "Reaching Toward the Fountain of Youth". USC Trojan Family Magazine. Archived from the original on 13 December 2010. Retrieved 7 December 2010.
  207. ^ Kalben BB (2002). "Why Men Die Younger: Causes of Mortality Differences by Sex". Society of Actuaries. Archived from the original on 1 July 2013.
  208. ^ "Life expectancy at birth, female (years)". World Bank. 2018. Retrieved 13 October 2020.
  209. ^ "Life expectancy at birth, male (years)". World Bank. 2018. Retrieved 13 October 2020.
  210. ^ Conceição P, et al. (2019). Human Development Report (PDF). United Nations Development Programme. ISBN 978-92-1-126439-5.
  211. ^ "Human Development Report 2019" (PDF). United Nations Development Programme.
  212. ^ "The World Factbook". U.S. Central Intelligence Agency. Archived from the original on 12 September 2009. Retrieved 2 April 2005.
  213. ^ "U.N. Statistics on Population Ageing". United Nations. 28 February 2002. Archived from the original on 8 December 2005. Retrieved 2 April 2005.
  214. ^ Haenel H (1989). "Phylogenesis and nutrition". Die Nahrung. 33 (9): 867–87. PMID 2697806.
  215. ^ Cordain L (2007). "Implications of Plio-pleistocene diets for modern humans". In Ungar PS (ed.). Evolution of the human diet: the known, the unknown and the unknowable. pp. 264–65. "Since the evolutionary split between hominins and pongids approximately 7 million years ago, the available evidence shows that all species of hominins ate an omnivorous diet composed of minimally processed, wild-plant, and animal foods.
  216. ^ American Dietetic Association (June 2003). "Position of the American Dietetic Association and Dietitians of Canada: Vegetarian diets". Journal of the American Dietetic Association. 103 (6): 748–65. doi:10.1053/jada.2003.50142. PMID 12778049.
  217. ^ a b Crittenden AN, Schnorr SL (2017). "Current views on hunter-gatherer nutrition and the evolution of the human diet". American Journal of Physical Anthropology. 162 (S63): 84–109. doi:10.1002/ajpa.23148. PMID 28105723.
  218. ^ Cordain L, Eaton SB, Sebastian A, Mann N, Lindeberg S, Watkins BA, et al. (February 2005). "Origins and evolution of the Western diet: health implications for the 21st century". The American Journal of Clinical Nutrition. 81 (2): 341–54. doi:10.1093/ajcn.81.2.341. PMID 15699220.
  219. ^ Ulijaszek SJ (November 2002). "Human eating behaviour in an evolutionary ecological context". The Proceedings of the Nutrition Society. 61 (4): 517–26. doi:10.1079/PNS2002180. PMID 12691181.
  220. ^ Harrington SP (July–August 1997). "Earliest Agriculture in the New World". Archaeology Newsbriefs. 50 (4). Archived from the original on 3 June 2010.
  221. ^ Balter M (13 February 2007). "Double Cropping the Earliest Agriculture". ScienceNOW Daily News. American Association for the Advancement of Science. Archived from the original on 16 February 2007.
  222. ^ Morelle R (2 June 2006). "Ancient fig clue to first farming". BBC News. Archived from the original on 2 June 2006. Retrieved 19 February 2007.
  223. ^ Krebs JR (September 2009). "The gourmet ape: evolution and human food preferences". The American Journal of Clinical Nutrition. 90 (3): 707S–711S. doi:10.3945/ajcn.2009.27462B. PMID 19656837.
  224. ^ Holden C, Mace R (October 1997). "Phylogenetic analysis of the evolution of lactose digestion in adults". Human Biology. 69 (5): 605–28. PMID 9299882.
  225. ^ Gibbons A. "The Evolution of Diet". National Geographic. Retrieved 18 April 2021.
  226. ^ Ritchie H, Roser M (20 August 2017). "Diet Compositions". Our World in Data.
  227. ^ Lieberson AD (2004). "How Long Can a Person Survive without Food?". Scientific American. Retrieved 18 April 2021.
  228. ^ Spector D (9 March 2018). "Here's how many days a person can survive without water". Business Insider Australia. Retrieved 18 April 2021.
  229. ^ Holmes J. "Losing 25,000 to Hunger Every Day". United Nations. Retrieved 18 April 2021.
  230. ^ Mai HJ (2020). "U.N. Warns Number Of People Starving To Death Could Double Amid Pandemic". NPR.org. Retrieved 18 April 2021.
  231. ^ Murray CJ, Lopez AD (May 1997). "Global mortality, disability, and the contribution of risk factors: Global Burden of Disease Study". Lancet. 349 (9063): 1436–42. doi:10.1016/S0140-6736(96)07495-8. PMID 9164317. S2CID 2569153.
  232. ^ a b Haslam DW, James WP (October 2005). "Obesity". Lancet. 366 (9492): 1197–209. doi:10.1016/S0140-6736(05)67483-1. PMID 16198769. S2CID 208791491.
  233. ^ Catenacci VA, Hill JO, Wyatt HR (September 2009). "The obesity epidemic". Clinics in Chest Medicine. 30 (3): 415–44, vii. doi:10.1016/j.ccm.2009.05.001. PMID 19700042.
  234. ^ "Human Responses to Extreme Climates". CK-12 Foundation. 19 November 2018. Retrieved 18 March 2021.
  235. ^ de Beer H (March 2004). "Observations on the history of Dutch physical stature from the late-Middle Ages to the present". Economics and Human Biology. 2 (1): 45–55. doi:10.1016/j.ehb.2003.11.001. PMID 15463992.
  236. ^ O'Neil D. "Adapting to Climate Extremes". Human Biological Adaptability. Palomar College. Archived from the original on 6 January 2013. Retrieved 6 January 2013.
  237. ^ Rask-Andersen M, Karlsson T, Ek WE, Johansson Å (September 2017). "Gene-environment interaction study for BMI reveals interactions between genetic factors and physical activity, alcohol consumption and socioeconomic status". PLOS Genetics. 13 (9): e1006977. doi:10.1371/journal.pgen.1006977. PMC 5600404. PMID 28873402.
  238. ^ Beja-Pereira A, Luikart G, England PR, Bradley DG, Jann OC, Bertorelle G, et al. (December 2003). "Gene-culture coevolution between cattle milk protein genes and human lactase genes". Nature Genetics. 35 (4): 311–3. doi:10.1038/ng1263. PMID 14634648. S2CID 20415396.
  239. ^ Hedrick PW (October 2011). "Population genetics of malaria resistance in humans". Heredity. 107 (4): 283–304. doi:10.1038/hdy.2011.16. PMC 3182497. PMID 21427751.
  240. ^ Weatherall DJ (May 2008). "Genetic variation and susceptibility to infection: the red cell and malaria". British Journal of Haematology. 141 (3): 276–86. doi:10.1111/j.1365-2141.2008.07085.x. PMID 18410566. S2CID 28191911.
  241. ^ Shelomi M, Zeuss D (5 April 2017). "Bergmann's and Allen's Rules in Native European and Mediterranean Phasmatodea". Frontiers in Ecology and Evolution. 5. doi:10.3389/fevo.2017.00025. ISSN 2296-701X. S2CID 34882477.
  242. ^ Panesar NS (September 2008). "Why are the high altitude inhabitants like the Tibetans shorter and lighter?". Medical Hypotheses. 71 (3): 453–6. doi:10.1016/j.mehy.2008.04.005. PMID 18495367.
  243. ^ Ilardo MA, Moltke I, Korneliussen TS, Cheng J, Stern AJ, Racimo F, et al. (April 2018). "Physiological and Genetic Adaptations to Diving in Sea Nomads". Cell. 173 (3): 569–580.e15. doi:10.1016/j.cell.2018.03.054. PMID 29677510.
  244. ^ Rogers AR, Iltis D, Wooding S (2004). "Genetic variation at the MC1R locus and the time since loss of human body hair". Current Anthropology. 45 (1): 105–08. doi:10.1086/381006.
  245. ^ a b Roberts D (2011). Fatal Invention. London, New York: The New Press.
  246. ^ Nina J (2004). "The evolution of human skin and skin color". Annual Review of Anthropology. 33: 585–623. doi:10.1146/annurev.anthro.33.070203.143955.
  247. ^ Jablonski NG, Chaplin G (May 2010). "Colloquium paper: human skin pigmentation as an adaptation to UV radiation". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 107 (Supplement_2): 8962–8. doi:10.1073/pnas.0914628107. PMC 3024016. PMID 20445093.
  248. ^ Jablonski NG, Chaplin G (July 2000). "The evolution of human skin coloration" (PDF). Journal of Human Evolution. 39 (1): 57–106. doi:10.1006/jhev.2000.0403. PMID 10896812. Archived from the original (PDF) on 14 January 2012.
  249. ^ Harding RM, Healy E, Ray AJ, Ellis NS, Flanagan N, Todd C, et al. (April 2000). "Evidence for variable selective pressures at MC1R". American Journal of Human Genetics. 66 (4): 1351–61. doi:10.1086/302863. PMC 1288200. PMID 10733465.
  250. ^ Robin A (1991). Biological Perspectives on Human Pigmentation. Cambridge: Cambridge University Press.
  251. ^ "The Science Behind the Human Genome Project". Human Genome Project. US Department of Energy. Archived from the original on 2 January 2013. Retrieved 6 January 2013. Almost all (99.9%) nucleotide bases are exactly the same in all people.
  252. ^ O'Neil D. "Ethnicity and Race: Overview". Palomar College. Archived from the original on 6 January 2013. Retrieved 6 January 2013.
  253. ^ Keita SO, Kittles RA, Royal CD, Bonney GE, Furbert-Harris P, Dunston GM, Rotimi CN (November 2004). "Conceptualizing human variation". Nature Genetics. 36 (11 Suppl): S17-20. doi:10.1038/ng1455. PMID 15507998.
  254. ^ O'Neil D. "Models of Classification". Modern Human Variation. Palomar College. Archived from the original on 6 January 2013. Retrieved 6 January 2013.
  255. ^ Jablonski N (2004). "The evolution of human skin and skin color". Annual Review of Anthropology. 33: 585–623. doi:10.1146/annurev.anthro.33.070203.143955.
  256. ^ Palmié S (May 2007). "Genomics, divination, 'racecraft'". American Ethnologist. 34 (2): 205–22. doi:10.1525/ae.2007.34.2.205.
  257. ^ "Genetic – Understanding Human Genetic Variation". Human Genetic Variation. National Institute of Health (NIH). Archived from the original on 25 August 2013. Retrieved 13 December 2013. In fact, research results consistently demonstrate that about 85 percent of all human genetic variation exists within human populations, whereas about only 15 percent of variation exists between populations.
  258. ^ Goodman A. "Interview with Alan Goodman". Race Power of and Illusion. PBS. Archived from the original on 29 October 2012. Retrieved 6 January 2013.
  259. ^ Marks J (2010). "Ten facts about human variation". In Muehlenbein M (ed.). Human Evolutionary Biology (PDF). New York: Cambridge University Press. Archived from the original (PDF) on 15 April 2012. Retrieved 5 September 2013.
  260. ^ Nina J (2004). "The evolution of human skin and skin color". Annual Review of Anthropology. 33: 585–623. doi:10.1146/annurev.anthro.33.070203.143955. genetic evidence [demonstrate] that strong levels of natural selection acted about 1.2 mya to produce darkly pigmented skin in early members of the genus Homo
  261. ^ O'Neil D. "Overview". Modern Human Variation. Palomar College. Archived from the original on 5 November 2012. Retrieved 6 January 2013.
  262. ^ Jorde LB, Watkins WS, Bamshad MJ, Dixon ME, Ricker CE, Seielstad MT, Batzer MA (March 2000). "The distribution of human genetic diversity: a comparison of mitochondrial, autosomal, and Y-chromosome data". American Journal of Human Genetics. 66 (3): 979–88. doi:10.1086/302825. PMC 1288178. PMID 10712212.
  263. ^ "New Research Proves Single Origin Of Humans In Africa". Science Daily. 19 July 2007. Archived from the original on 4 November 2011. Retrieved 5 September 2011.
  264. ^ Manica A, Amos W, Balloux F, Hanihara T (July 2007). "The effect of ancient population bottlenecks on human phenotypic variation". Nature. 448 (7151): 346–8. Bibcode:2007Natur.448..346M. doi:10.1038/nature05951. PMC 1978547. PMID 17637668.
  265. ^ Gustafsson A, Lindenfors P (October 2004). "Human size evolution: no evolutionary allometric relationship between male and female stature". Journal of Human Evolution. 47 (4): 253–66. doi:10.1016/j.jhevol.2004.07.004. PMID 15454336.
  266. ^ Ogden CL, Fryar CD, Carroll MD, Flegal KM (October 2004). "Mean body weight, height, and body mass index, United States 1960-2002" (PDF). Advance Data (347): 1–17. PMID 15544194. Archived from the original (PDF) on 23 February 2011.
  267. ^ Miller AE, MacDougall JD, Tarnopolsky MA, Sale DG (1993). "Gender differences in strength and muscle fiber characteristics". European Journal of Applied Physiology and Occupational Physiology. 66 (3): 254–62. doi:10.1007/BF00235103. hdl:11375/22586. PMID 8477683. S2CID 206772211.
  268. ^ Bredella MA (2017), Mauvais-Jarvis F (ed.), "Sex Differences in Body Composition", Sex and Gender Factors Affecting Metabolic Homeostasis, Diabetes and Obesity, Advances in Experimental Medicine and Biology, Cham: Springer International Publishing, 1043, pp. 9–27, doi:10.1007/978-3-319-70178-3_2, ISBN 978-3-319-70177-6, PMID 29224088
  269. ^ Rahrovan S, Fanian F, Mehryan P, Humbert P, Firooz A (September 2018). "Male versus female skin: What dermatologists and cosmeticians should know". International Journal of Women's Dermatology. 4 (3): 122–130. doi:10.1016/j.ijwd.2018.03.002. PMC 6116811. PMID 30175213.
  270. ^ Easter C. "Sex Linked". National Human Genome Research Institute. Retrieved 18 April 2021.
  271. ^ Puts DA, Gaulin SJ, Verdolini K (July 2006). "Dominance and the evolution of sexual dimorphism in human voice pitch". Evolution and Human Behavior. 27 (4): 283–96. doi:10.1016/j.evolhumbehav.2005.11.003.
  272. ^ "Gender, women, and health". Reports from WHO 2002–2005. Archived from the original on 25 June 2013.
  273. ^ "3-D Brain Anatomy". The Secret Life of the Brain. Public Broadcasting Service. Archived from the original on 5 September 2017. Retrieved 3 April 2005.
  274. ^ Stern P (22 June 2018). "The human prefrontal cortex is special". Science. 360 (6395): 1311–1312. Bibcode:2018Sci...360S1311S. doi:10.1126/science.360.6395.1311-g. ISSN 0036-8075.
  275. ^ Erickson R (22 September 2014). "Are Humans the Most Intelligent Species?". Journal of Intelligence. 2 (3): 119–121. doi:10.3390/jintelligence2030119. ISSN 2079-3200.
  276. ^ "Humans not smarter than animals, just different, experts say". phys.org. Retrieved 24 October 2020.
  277. ^ Robson D. "We've got human intelligence all wrong". www.bbc.com. Retrieved 24 October 2020.
  278. ^ Owen J (26 February 2015). "Many Animals—Including Your Dog—May Have Horrible Short-Term Memories". National Geographic News. Retrieved 6 September 2020.
  279. ^ Schmidt KL, Cohn JF (2001). "Human facial expressions as adaptations: Evolutionary questions in facial expression research". American Journal of Physical Anthropology. 116 (S33): 3–24. doi:10.1002/ajpa.20001. PMC 2238342. PMID 11786989.
  280. ^ Moisse K (5 January 2011). "Tears in Her Eyes: A Turnoff for Guys?". ABC News (American). Retrieved 22 April 2020.
  281. ^ Deleniv S (2018). "The 'me' illusion: How your brain conjures up your sense of self". New Scientist. Retrieved 22 April 2020.
  282. ^ Beck J (2019). "Can We Really Know What Animals Are Thinking?". Snopes. Retrieved 22 April 2020.
  283. ^ Grandner MA, Patel NP, Gehrman PR, Perlis ML, Pack AI (August 2010). "Problems associated with short sleep: bridging the gap between laboratory and epidemiological studies". Sleep Medicine Reviews. 14 (4): 239–47. doi:10.1016/j.smrv.2009.08.001. PMC 2888649. PMID 19896872.
  284. ^ Ann L (27 January 2005). "HowStuffWorks "Dreams: Stages of Sleep"". Science.howstuffworks.com. Archived from the original on 15 May 2012. Retrieved 11 August 2012.
  285. ^ Hobson JA (November 2009). "REM sleep and dreaming: towards a theory of protoconsciousness". Nature Reviews. Neuroscience. 10 (11): 803–13. doi:10.1038/nrn2716. PMID 19794431. S2CID 205505278.
  286. ^ Empson J (2002). Sleep and dreaming (3rd ed.). New York: Palgrave/St. Martin's Press.
  287. ^ Cherry K (2015). "10 Facts About Dreams: What Researchers Have Discovered About Dreams". About Education: Psychology. About.com. Archived from the original on 2 February 2016.
  288. ^ Lite J (29 July 2010). "How Can You Control Your Dreams?". Scientific America. Archived from the original on 2 February 2015.
  289. ^ Domhoff W (2002). The scientific study of dreams. APA Press.
  290. ^ "Consciousness". Merriam-Webster. Retrieved 4 June 2012.
  291. ^ van Gulick R (2004). "Consciousness". Stanford Encyclopedia of Philosophy. Metaphysics Research Lab, Stanford University.
  292. ^ Schneider S, Velmans M (2008). "Introduction". In Velmans M, Schneider S (eds.). The Blackwell Companion to Consciousness. Wiley. ISBN 978-0-470-75145-9.
  293. ^ Searle J (2005). "Consciousness". In Honderich T (ed.). The Oxford companion to philosophy. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-926479-7.
  294. ^ Block N (June 1995). "On a confusion about a function of consciousness". Behavioral and Brain Sciences. 18 (2): 227–47. doi:10.1017/S0140525X00038474.
  295. ^ Jaynes J (2000) [1976]. The Origin of Consciousness in the Breakdown of the Bicameral Mind (PDF). Houghton Mifflin. ISBN 0-618-05707-2.
  296. ^ Rochat P (December 2003). "Five levels of self-awareness as they unfold early in life". Consciousness and Cognition. 12 (4): 717–31. doi:10.1016/s1053-8100(03)00081-3. PMID 14656513. S2CID 10241157.
  297. ^ Carruthers P (15 August 2011). "Higher-Order Theories of Consciousness". Stanford Encyclopedia of Philosophy. Retrieved 31 August 2014.
  298. ^ Antony MV (2001). "Is consciousness ambiguous?". Journal of Consciousness Studies. 8: 19–44.
  299. ^ "Cognition". Lexico. Oxford University Press and Dictionary.com. Retrieved 6 May 2020.
  300. ^ Glattfelder JB (2019). "The Consciousness of Reality". In Glattfelder JB (ed.). Information—Consciousness—Reality: How a New Understanding of the Universe Can Help Answer Age-Old Questions of Existence. The Frontiers Collection. Cham: Springer International Publishing. pp. 515–595. doi:10.1007/978-3-030-03633-1_14. ISBN 978-3-030-03633-1.
  301. ^ "American Psychological Association (2013). Glossary of psychological terms". Apa.org. Retrieved 13 August 2014.
  302. ^ "Developmental Psychology Studies Human Development Across the Lifespan". www.apa.org. Archived from the original on 9 July 2014. Retrieved 28 August 2017.
  303. ^ Burman E (2017). Deconstructing Developmental Psychology. New York, NY: Routledge. ISBN 978-1-138-84695-1.
  304. ^ Intelligence test at the Encyclopædia Britannica
  305. ^ McLeod S (20 March 2020). "Maslow's Hierarchy of Needs". Simplypsychology.org. Simply Scholar Limited. Retrieved 4 April 2020. Maslow's hierarchy of needs is a motivational theory in psychology comprising a five-tier model of human needs, often depicted as hierarchical levels within a pyramid. Needs lower down in the hierarchy must be satisfied before individuals can attend to needs higher up.
  306. ^ Heckhausen J, Heckhausen H (28 March 2018). Motivation and Action. Introduction and Overview: Springer, Cham. p. 1. doi:10.1007/978-3-319-65094-4_1. ISBN 978-3-319-65093-7.
  307. ^ Damasio AR (May 1998). "Emotion in the perspective of an integrated nervous system". Brain Research. Brain Research Reviews. 26 (2–3): 83–6. doi:10.1016/s0165-0173(97)00064-7. PMID 9651488. S2CID 8504450.
  308. ^ Ekman P, Davidson RJ (1994). The Nature of emotion : fundamental questions. New York: Oxford University Press. pp. 291–93. ISBN 978-0-19-508944-8. Emotional processing, but not emotions, can occur unconsciously.
  309. ^ Cabanac M (2002). "What is emotion?". Behavioural Processes. 60 (2): 69–83. doi:10.1016/S0376-6357(02)00078-5. PMID 12426062. S2CID 24365776. Emotion is any mental experience with high intensity and high hedonic content (pleasure/displeasure)
  310. ^ Scirst DL (2011). Psychology Second Edition. New York, NY: Worth Publishers. p. 310. ISBN 978-1-4292-3719-2.
  311. ^ Averill JR (April 1999). "Individual differences in emotional creativity: structure and correlates". Journal of Personality. 67 (2): 331–71. doi:10.1111/1467-6494.00058. PMID 10202807.
  312. ^ Tyng CM, Amin HU, Saad MN, Malik AS (2017). "The Influences of Emotion on Learning and Memory". Frontiers in Psychology. 8: 1454. doi:10.3389/fpsyg.2017.01454. PMC 5573739. PMID 28883804.
  313. ^ Van Gelder JL (November 2016). "Emotions in Criminal Decision Making". In Wright R (ed.). Oxford Bibliographies in Criminology. Oxford University Press.
  314. ^ Sharma N, Prakash O, Sengar KS, Chaudhury S, Singh AR (2015). "The relation between emotional intelligence and criminal behavior: A study among convicted criminals". Industrial Psychiatry Journal. 24 (1): 54–8. doi:10.4103/0972-6748.160934. PMC 4525433. PMID 26257484.
  315. ^ Fredrickson BL (March 2001). "The role of positive emotions in positive psychology. The broaden-and-build theory of positive emotions". The American Psychologist. 56 (3): 218–26. doi:10.1037/0003-066X.56.3.218. PMC 3122271. PMID 11315248.
  316. ^ Haybron DM (August 2013). "The proper pursuit of happiness". Res Philosophica. 90 (3): 387–411. doi:10.11612/resphil.2013.90.3.5.
  317. ^ Haybron DM (13 April 2014). "Happiness and Its Discontents". The Opinion Pages. The New York Times. I would suggest that when we talk about happiness, we are actually referring, much of the time, to a complex emotional phenomenon. Call it emotional well-being. Happiness as emotional well-being concerns your emotions and moods, more broadly your emotional condition as a whole. To be happy is to inhabit a favorable emotional state.... On this view, we can think of happiness, loosely, as the opposite of anxiety and depression. Being in good spirits, quick to laugh and slow to anger, at peace and untroubled, confident and comfortable in your own skin, engaged, energetic and full of life.
  318. ^ Graham MC (2014). Facts of Life: ten issues of contentment. Outskirts Press. pp. 6–10. ISBN 978-1-4787-2259-5.
  319. ^ "Secret to happiness may include more unpleasant emotions: Research contradicts idea that people should always seek pleasure to be happy". ScienceDaily. American Psychological Association. 14 August 2017. Retrieved 25 October 2020.
  320. ^ a b c Greenberg JS, Bruess CE, Oswalt SB (2016). Exploring the Dimensions of Human Sexuality. Jones & Bartlett Publishers. pp. 4–10. ISBN 978-1-284-08154-1. Retrieved 21 June 2017. Human sexuality is a part of your total personality. It involves the interrelationship of biological, psychological, and sociocultural dimensions. [...] It is the total of our physical, emotional, and spiritual responses, thoughts, and feelings.
  321. ^ a b c d Bolin A, Whelehan P (2009). Human Sexuality: Biological, Psychological, and Cultural Perspectives. Taylor & Francis. pp. 32–42. ISBN 978-0-7890-2671-2.
  322. ^ Younis I, Abdel-Rahman SH (2013). "Sex difference in libido". Human Andrology. 3 (4): 85–89. doi:10.1097/01.XHA.0000432482.01760.b0. S2CID 147235090.
  323. ^ "Sexual orientation, homosexuality and bisexuality". American Psychological Association. Archived from the original on 8 August 2013. Retrieved 10 August 2013.
  324. ^ a b c Bailey JM, Vasey PL, Diamond LM, Breedlove SM, Vilain E, Epprecht M (September 2016). "Sexual Orientation, Controversy, and Science". Psychological Science in the Public Interest. 17 (2): 45–101. doi:10.1177/1529100616637616. PMID 27113562.
  325. ^ a b LeVay S (2017). Gay, Straight, and the Reason Why: The Science of Sexual Orientation. Oxford University Press. pp. 8, 19. ISBN 978-0-19-975296-6.
  326. ^ Balthazart J (2012). The Biology of Homosexuality. Oxford University Press. pp. 13–14. ISBN 978-0-19-983882-0.
  327. ^ Buss DM (2003). The Evolution of Desire: Strategies of Human Mating (Revised ed.). New York City: Basic Books. ISBN 978-0-465-00802-5.
  328. ^ Fromm E (2000). The art of loving. New York: Harper Perennial. ISBN 978-0-06-095828-2.
  329. ^ A, Gct (14 February 2020). "The 8 Ancient Greek Words For Love". Greek City Times. Retrieved 25 October 2020.
  330. ^ Wang C, Song S, d'Oleire Uquillas F, Zilverstand A, Song H, Chen H, Zou Z (December 2020). "Altered brain network organization in romantic love as measured with resting-state fMRI and graph theory". Brain Imaging and Behavior. 14 (6): 2771–2784. doi:10.1007/s11682-019-00226-0. PMID 31898089. S2CID 209528407.
  331. ^ "Love, Actually: The science behind lust, attraction, and companionship". Science in the News. 14 February 2017. Retrieved 25 October 2020.
  332. ^ "Statistical Summaries". Ethnologue. Archived from the original on 4 April 2012. Retrieved 10 December 2011.
  333. ^ "CIA – The World Factbook". Cia.gov. Retrieved 10 December 2011.
  334. ^ Ord T (2020). The Precipice: Existential Risk and the Future of Humanity. New York: Hachette Books. ISBN 978-0-316-48489-3. Homo sapiens and our close relatives may have some unique physical attributes, such as our dextrous hands, upright walking and resonant voices. However, these on their own cannot explain our success. They went together with our intelligence...
  335. ^ Goldman JG (2012). "Pay attention… time for lessons at animal school". bbc.com. Retrieved 22 April 2020.
  336. ^ Winkler M, Mueller JL, Friederici AD, Männel C (November 2018). "Infant cognition includes the potentially human-unique ability to encode embedding". Science Advances. 4 (11): eaar8334. Bibcode:2018SciA....4.8334W. doi:10.1126/sciadv.aar8334. PMC 6248967. PMID 30474053.
  337. ^ Johnson-Frey SH (July 2003). "What's so special about human tool use?". Neuron. 39 (2): 201–4. doi:10.1016/S0896-6273(03)00424-0. PMID 12873378. S2CID 18437970.
  338. ^ Emery NJ, Clayton NS (February 2009). "Tool use and physical cognition in birds and mammals". Current Opinion in Neurobiology. 19 (1): 27–33. doi:10.1016/j.conb.2009.02.003. PMID 19328675. S2CID 18277620. In short, the evidence to date that animals have an understanding of folk physics is at best mixed.
  339. ^ Lemonick MD (3 June 2015). "Chimps Can't Cook, But Maybe They'd Like To". National Geographic News. Retrieved 22 April 2020.
  340. ^ Vakhitova T, Gadelshina L (2 June 2015). "The Role and Importance of the Study of Economic Subjects in the Implementation of the Educational Potential of Education". Procedia - Social and Behavioral Sciences. The Proceedings of 6th World Conference on educational Sciences. 191: 2565–2567. doi:10.1016/j.sbspro.2015.04.690. ISSN 1877-0428.
  341. ^ McKie R (9 October 2018). "The Book of Humans by Adam Rutherford review – a pithy homage to our species". The Guardian. Retrieved 22 April 2020.
  342. ^ Nicholls H (29 June 2015). "Babblers speak to the origin of language". The Guardian. Retrieved 22 April 2020.
  343. ^ Dasgupta S (2015). "Can any animals talk and use language like humans?". bbc.com. Retrieved 22 April 2020. Most animals are not vocal learners.
  344. ^ Ridgeway CL (2001). International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences. ISBN 978-0-08-043076-8.
  345. ^ Weingarten E (20 January 2015). "The Past, Present and Future of Gender Norms". Time. Retrieved 24 October 2020.
  346. ^ Scott-Phillips TC, Blythe RA (18 September 2013). "Why is language unique to humans?". Royal Society. Retrieved 24 October 2020.
  347. ^ Pagel M (July 2017). "Q&A: What is human language, when did it evolve and why should we care?". BMC Biology. 15 (1): 64. doi:10.1186/s12915-017-0405-3. PMC 5525259. PMID 28738867.
  348. ^ Fitch WT (4 December 2010). "Language evolution: How to hear words long silenced". New Scientist. 208 (2789): ii–iii. Bibcode:2010NewSc.208D...2F. doi:10.1016/S0262-4079(10)62961-2. ISSN 0262-4079.
  349. ^ Lian A (2016). "The Modality-Independent Capacity of Language: A Milestone of Evolution". In Lian A (ed.). Language Evolution and Developmental Impairments. London: Palgrave Macmillan UK. pp. 229–255. doi:10.1057/978-1-137-58746-6_7. ISBN 978-1-137-58746-6.
  350. ^ "Culture | United Nations For Indigenous Peoples". www.un.org. Retrieved 24 October 2020.
  351. ^ Comrie B, Polinsky M, Matthews S (1996). The Atlas of Languages: The Origin and Development of Languages Throughout the World. New York City: Facts on File. pp. 13–15. ISBN 978-0-8160-3388-1.
  352. ^ Mavrody, Sergey (2013). Visual Art Forms: Traditional to Digital. Sergey's HTML5 & CSS3. ISBN 978-0-9833867-5-9.
  353. ^ "Types of Literary Arts and Their Understanding – bookfestivalscotland.com". Bookfestival Scotland. 2020. Retrieved 5 May 2021.
  354. ^ "Bachelor of Performing Arts" (PDF). University of Otago.
  355. ^ Brown, Steven (24 October 2018). "Toward a Unification of the Arts". Frontiers in Psychology. 9: 1938. doi:10.3389/fpsyg.2018.01938. ISSN 1664-1078. PMC 6207603. PMID 30405470.
  356. ^ by, Posted (21 October 2019). "Culinary arts - How cooking can be an art". Northern Contemporary Art. Retrieved 5 May 2021.
  357. ^ Smuts, Aaron (1 January 2005). "Are Video Games Art?". Contemporary Aesthetics (Journal Archive). 3 (1).
  358. ^ Cameron, Ian A.; Pimlott, Nicholas (2015). "Art of medicine". Canadian Family Physician. 61 (9): 739–740. ISSN 0008-350X. PMC 4569099. PMID 26371092.
  359. ^ Bird, Gemma (7 June 2019). "Rethinking the role of the arts in politics: lessons from the Négritude movement". International Journal of Cultural Policy. 25 (4): 458–470. doi:10.1080/10286632.2017.1311328. ISSN 1028-6632. S2CID 151443044.
  360. ^ a b Morriss-Kay GM (February 2010). "The evolution of human artistic creativity". Journal of Anatomy. 216 (2): 158–76. doi:10.1111/j.1469-7580.2009.01160.x. PMC 2815939. PMID 19900185.
  361. ^ Joordens JC, d'Errico F, Wesselingh FP, Munro S, de Vos J, Wallinga J, et al. (February 2015). "Homo erectus at Trinil on Java used shells for tool production and engraving". Nature. 518 (7538): 228–31. Bibcode:2015Natur.518..228J. doi:10.1038/nature13962. PMID 25470048. S2CID 4461751.
  362. ^ St Fleur N (12 September 2018). "Oldest Known Drawing by Human Hands Discovered in South African Cave". The New York Times. Retrieved 20 September 2018.
  363. ^ Radford T (16 April 2004). "World's oldest jewellery found in cave". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 23 September 2020.
  364. ^ Dissanayake E (2008). "The Arts after Darwin: Does Art have an Origin and Adaptive Function?". In Zijlmans K, van Damme W (eds.). World Art Studies: Exploring Concepts and Approaches. Amsterdam: Valiz. pp. 241–263.
  365. ^ a b Morley I (2014). "A multi-disciplinary approach to the origins of music: perspectives from anthropology, archaeology, cognition and behaviour". Journal of Anthropological Sciences = Rivista di Antropologia. 92 (92): 147–77. doi:10.4436/JASS.92008. PMID 25020016.
  366. ^ Trost W, Frühholz S, Schön D, Labbé C, Pichon S, Grandjean D, Vuilleumier P (December 2014). "Getting the beat: entrainment of brain activity by musical rhythm and pleasantness". NeuroImage. 103: 55–64. doi:10.1016/j.neuroimage.2014.09.009. PMID 25224999. S2CID 4727529.
  367. ^ Karpati FJ, Giacosa C, Foster NE, Penhune VB, Hyde KL (March 2015). "Dance and the brain: a review". Annals of the New York Academy of Sciences. 1337 (1): 140–6. Bibcode:2015NYASA1337..140K. doi:10.1111/nyas.12632. PMID 25773628. S2CID 206224849.
  368. ^ Chow D (22 March 2010). "Why Do Humans Dance?". livescience.com. Retrieved 21 September 2020.
  369. ^ Krakauer J (26 September 2008). "Why do we like to dance--And move to the beat?". Scientific American. Retrieved 21 September 2020.
  370. ^ Prior KS (21 June 2013). "How Reading Makes Us More Human". The Atlantic. Retrieved 23 September 2020.
  371. ^ a b Puchner M. "How stories have shaped the world". www.bbc.com. Retrieved 23 September 2020.
  372. ^ Dalley S (2000). Myths from Mesopotamia: Creation, the Flood, Gilgamesh, and Others (revised ed.). Oxford University Press. p. 41. ISBN 978-0-19-283589-5.
  373. ^ Hernadi P (2001). "Literature and Evolution". SubStance. 30 (1/2): 55–71. doi:10.2307/3685504. ISSN 0049-2426. JSTOR 3685504.
  374. ^ Clark JD, de Heinzelin J, Schick KD, Hart WK, White TD, WoldeGabriel G, et al. (June 1994). "African Homo erectus: old radiometric ages and young Oldowan assemblages in the Middle Awash Valley, Ethiopia". Science. 264 (5167): 1907–10. Bibcode:1994Sci...264.1907C. doi:10.1126/science.8009220. PMID 8009220.
  375. ^ a b Choi CQ (11 November 2009). "Human Evolution: The Origin of Tool Use". livescience.com. Retrieved 9 October 2020.
  376. ^ Orban GA, Caruana F (2014). "The neural basis of human tool use". Frontiers in Psychology. 5: 310. doi:10.3389/fpsyg.2014.00310. PMC 3988392. PMID 24782809.
  377. ^ Berna F, Goldberg P, Horwitz LK, Brink J, Holt S, Bamford M, Chazan M (May 2012). "Microstratigraphic evidence of in situ fire in the Acheulean strata of Wonderwerk Cave, Northern Cape province, South Africa". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 109 (20): E1215-20. doi:10.1073/pnas.1117620109. PMC 3356665. PMID 22474385.
  378. ^ Gowlett JA (June 2016). "The discovery of fire by humans: a long and convoluted process". Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences. 371 (1696): 20150164. doi:10.1098/rstb.2015.0164. PMC 4874402. PMID 27216521.
  379. ^ Damiano J (2018). "Neolithic Era Tools: Inventing a New Age". MagellanTV. Retrieved 9 October 2020.
  380. ^ Deng Y, Wang P (2011). Ancient Chinese inventions. Cambridge, UK: Cambridge University Press. pp. 13–14. ISBN 978-0-521-18692-6. OCLC 671710733.
  381. ^ Schifman J (9 July 2018). "The Entire History of Steel". Popular Mechanics. Retrieved 5 May 2021.
  382. ^ National Geographic Society (9 January 2020). "Industrial Revolution and Technology". National Geographic Society. Retrieved 9 October 2020.
  383. ^ Roser M, Ritchie H (11 May 2013). "Technological Progress". Our World in Data.
  384. ^ Fallows J (23 October 2013). "The 50 Greatest Breakthroughs Since the Wheel". The Atlantic. Retrieved 5 May 2021.
  385. ^ "Evolutionary Religious Studies: A New Field of Scientific Inquiry". Archived from the original on 17 August 2009.
  386. ^ Boyer P (October 2008). "Being human: Religion: bound to believe?". Nature. 455 (7216): 1038–9. Bibcode:2008Natur.455.1038B. doi:10.1038/4551038a. PMID 18948934. S2CID 205040781.
  387. ^ Emmons RA, Paloutzian RF (2003). "The psychology of religion". Annual Review of Psychology. 54 (1): 377–402. doi:10.1146/annurev.psych.54.101601.145024. PMID 12171998.
  388. ^ King BJ (29 March 2016). "Chimpanzees: Spiritual But Not Religious?". The Atlantic. Retrieved 8 October 2020.
  389. ^ Culotta E (November 2009). "Origins. On the origin of religion". Science. 326 (5954): 784–7. Bibcode:2009Sci...326..784C. doi:10.1126/science.326_784. PMID 19892955.
  390. ^ Atkinson QD, Bourrat P (2011). "Beliefs about God, the afterlife and morality support the role of supernatural policing in human cooperation". Evolution and Human Behavior. 32 (1): 41–49. doi:10.1016/j.evolhumbehav.2010.07.008. ISSN 1090-5138.
  391. ^ a b Idinopulos TA (1998). "What Is Religion?". CrossCurrents. 48 (3): 366–380. ISSN 0011-1953. JSTOR 24460821.
  392. ^ Walker GC (1 August 2000). "Secular Eschatology: Beliefs about Afterlife". OMEGA - Journal of Death and Dying. 41 (1): 5–22. doi:10.2190/Q21C-5VED-GYW6-W091. ISSN 0030-2228. S2CID 145686249.
  393. ^ Bautista JS, Herrera VE, Miranda RC (2017). "Scientific and Religious Beliefs about the Origin of Life and Life after Death: Validation of a Scale". Universal Journal of Educational Research. 5 (6): 995–1007. doi:10.13189/ujer.2017.050612. ISSN 2332-3205.
  394. ^ McKay R, Whitehouse H (March 2015). "Religion and morality". Psychological Bulletin. 141 (2): 447–73. doi:10.1037/a0038455. PMC 4345965. PMID 25528346.
  395. ^ "Summary of Religions and Beliefs". www.bolton.ac.uk. Retrieved 8 October 2020.
  396. ^ Ball P (2015). "Complex societies evolved without belief in all-powerful deity". Nature News. doi:10.1038/nature.2015.17040. S2CID 183474917.
  397. ^ Hall DE, Meador KG, Koenig HG (June 2008). "Measuring religiousness in health research: review and critique". Journal of Religion and Health (Submitted manuscript). 47 (2): 134–63. doi:10.1007/s10943-008-9165-2. PMID 19105008. S2CID 25349208.
  398. ^ Sherwood H (27 August 2018). "Religion: why faith is becoming more and more popular". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 8 October 2020.
  399. ^ Hackett C, McClendon D (2017). "Christians remain world's largest religious group, but they are declining in Europe". Pew Research Center. Retrieved 8 October 2020.
  400. ^ "The Changing Global Religious Landscape". Pew Research Center's Religion & Public Life Project. 5 April 2017. Retrieved 8 October 2020.
  401. ^ Di Christina M. "A Very Human Story: Why Our Species Is Special". Scientific American. Retrieved 27 September 2020.
  402. ^ Andersen H, Hepburn B (2020). "Scientific Method". In Zalta EN (ed.). The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Winter 2020 ed.). Metaphysics Research Lab, Stanford University. Retrieved 8 October 2020.
  403. ^ Lo Presti R (2014). "History of science: The first scientist". Nature. 512 (7514): 250–251. doi:10.1038/512250a. ISSN 1476-4687. S2CID 4394696.
  404. ^ Russo L (2004). The forgotten revolution : how science was born in 300 BC and why it had to be reborn. Berlin. p. 1. ISBN 978-3-642-18904-3. OCLC 883392276.
  405. ^ Needham J, Wang L (1954). Science and civilisation in China. Cambridge [England]. p. 111. ISBN 0-521-05799-X. OCLC 779676.
  406. ^ Henry J (2008). "Renaissance and Revolution". The scientific revolution and the origins of modern science (3 ed.). Houndsmills, Basingstoke, Hampshire: Palgrave Macmillan. ISBN 978-1-137-07904-6. OCLC 615209781.
  407. ^ Hansson SO (2017). Zalta EN (ed.). "Science and Pseudo-Science". Stanford Encyclopedia of Philosophy. Metaphysics Research Lab, Stanford University. Archived from the original on 11 June 2017. Retrieved 3 July 2017.
  408. ^ Olmstead MC, Kuhlmeier VA (2015). Comparative Cognition. Cambridge University Press. pp. 209–10. ISBN 978-1-107-01116-8.
  409. ^ "Branches of Science" (PDF). University of Chicago. Archived from the original (PDF) on 23 April 2017. Retrieved 26 June 2017.
  410. ^ "What is Philosophy?". Department of Philosophy. Florida State University. Retrieved 8 October 2020.
  411. ^ "Philosophy". Definition, Systems, Fields, Schools, & Biographies. Encyclopedia Britannica. Retrieved 8 October 2020.
  412. ^ Kaufmann F, Russell B (1947). "A History of Western Philosophy and its Connection with Political and Social Circumstances from the Earliest Times to the Present Day". Philosophy and Phenomenological Research. 7 (3): 461. doi:10.2307/2102800. JSTOR 2102800.
  413. ^ Messerly JG (25 March 2016). "What is the Difference Between Philosophy, Science, and Religion?". ieet.org. Retrieved 8 August 2020.
  414. ^ Hassan NR, Mingers J, Stahl B (4 May 2018). "Philosophy and information systems: where are we and where should we go?". European Journal of Information Systems. 27 (3): 263–277. doi:10.1080/0960085X.2018.1470776. ISSN 0960-085X. S2CID 64796132.
  415. ^ a b Schizzerotto A. "Social Stratification" (PDF). University of Trento. Archived from the original (PDF) on 20 March 2018. Retrieved 3 July 2017.
  416. ^ Fukuyama F (2012). The origins of political order : from prehuman times to the French Revolution. Farrar, Straus and Giroux. p. 53. ISBN 978-0-374-53322-9. OCLC 1082411117.
  417. ^ "The Nature of Kinship: Overview". www2.palomar.edu. Retrieved 24 October 2020.
  418. ^ Itao K, Kaneko K (February 2020). "Evolution of kinship structures driven by marriage tie and competition". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 117 (5): 2378–2384. doi:10.1073/pnas.1917716117. PMC 7007516. PMID 31964846.
  419. ^ Chandra K (2012). Constructivist theories of ethnic politics. Oxford University Press. pp. 69–70. ISBN 978-0-19-989315-7. OCLC 829678440.
  420. ^ People J, Bailey G (2010). Humanity: An Introduction to Cultural Anthropology (9th ed.). Wadsworth Cengage learning. p. 389. In essence, an ethnic group is a named social category of people based on perceptions of shared social experience or one's ancestors' experiences. Members of the ethnic group see themselves as sharing cultural traditions and history that distinguish them from other groups. Ethnic group identity has a strong psychological or emotional component that divides the people of the world into opposing categories of “us” and “them.” In contrast to social stratification, which divides and unifies people along a series of horizontal axes based on socioeconomic factors, ethnic identities divide and unify people along a series of vertical axes. Thus, ethnic groups, at least theoretically, cut across socioeconomic class differences, drawing members from all strata of the population.
  421. ^ Blackmore E (22 February 2019). "Race and ethnicity: How are they different?". Culture. Retrieved 24 October 2020.
  422. ^ Chandra K (2006). "What is Ethnic Identity and Does It Matter?". Annual Review of Political Science. 9 (1): 397–424. doi:10.1146/annurev.polisci.9.062404.170715. ISSN 1094-2939.
  423. ^ Smith AD (1999). Myths and Memories of the Nation. Oxford University Press. pp. 4–7.
  424. ^ Banton M (2007). "Max Weber on 'ethnic communities': a critique". Nations and Nationalism. 13 (1): 19–35. doi:10.1111/j.1469-8129.2007.00271.x.
  425. ^ Delanty G, Kumar K (2006). The SAGE Handbook of Nations and Nationalism. London: SAGE. p. 171. ISBN 978-1-4129-0101-7.
  426. ^ Holslag J. A political history of the world: three thousand years of war and peace. pp. 24–25. ISBN 978-0-241-38466-4. OCLC 1080190517.
  427. ^ Christian D (2004). Maps of Time. University of California Press. ISBN 978-0-520-24476-4.
  428. ^ Nuwer R. "Why governments are broken – and how to fix them". www.bbc.com. Retrieved 24 October 2020.
  429. ^ Cronk L, Leech BL (20 September 2017). "How Did Humans Get So Good at Politics?". SAPIENS. Retrieved 24 October 2020.
  430. ^ Zmigrod L, Rentfrow PJ, Robbins TW (May 2018). "Cognitive underpinnings of nationalistic ideology in the context of Brexit". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 115 (19): E4532–E4540. doi:10.1073/pnas.1708960115. PMC 5948950. PMID 29674447. S2CID 4993139.
  431. ^ Melina R (14 February 2011). "What Are the Different Types of Governments?". livescience.com. Retrieved 24 October 2020.
  432. ^ DeSilver D. "Despite global concerns about democracy, more than half of countries are democratic". Pew Research Center. Retrieved 24 October 2020.
  433. ^ National Geographic Society (23 December 2012). "international organization". National Geographic Society. Retrieved 24 October 2020.
  434. ^ Sanchez D (28 August 2017). "Trade Is What Makes Us Human | Dan Sanchez". fee.org. Retrieved 9 October 2020.
  435. ^ Horan RD, Bulte E, Shogren JF (1 September 2005). "How trade saved humanity from biological exclusion: an economic theory of Neanderthal extinction". Journal of Economic Behavior & Organization. 58 (1): 1–29. doi:10.1016/j.jebo.2004.03.009. ISSN 0167-2681.
  436. ^ Gibbons J (11 August 2015). "Why did Neanderthals go extinct?". Smithsonian Insider. Retrieved 11 October 2020.
  437. ^ University of Wyoming (24 March 2005). "Did Use of Free Trade Cause Neanderthal Extinction?". www.newswise.com. Retrieved 11 October 2020.
  438. ^ Polianskaya A (15 March 2018). "Humans may have been trading with each for as long as 300,000 years". inews.co.uk. Retrieved 11 October 2020.
  439. ^ Henriques M. "How spices changed the ancient world". www.bbc.com. Retrieved 11 October 2020.
  440. ^ Cock-Starkey C (20 September 2016). "8 Trade Routes That Shaped World History". www.mentalfloss.com. Retrieved 11 October 2020.
  441. ^ Strauss IE (26 February 2016). "The Myth of the Barter Economy". The Atlantic. Retrieved 11 October 2020.
  442. ^ a b "The History of Money". www.pbs.org. Retrieved 11 October 2020.
  443. ^ "Why do we need economists and the study of economics?". Federal Reserve Bank of San Francisco. Retrieved 23 October 2020.
  444. ^ Sheskin M. "The inequality delusion: Why we've got the wealth gap all wrong". New Scientist. Retrieved 24 October 2020.
  445. ^ Yong, Ed (28 September 2016). "Humans: Unusually Murderous Mammals, Typically Murderous Primates". The Atlantic. Retrieved 7 May 2021.
  446. ^ Gómez, José María; Verdú, Miguel; González-Megías, Adela; Méndez, Marcos (October 2016). "The phylogenetic roots of human lethal violence". Nature. 538 (7624): 233–237. doi:10.1038/nature19758. ISSN 0028-0836. PMID 27680701. S2CID 4454927.
  447. ^ Wrangham, Richard W. (9 January 2018). "Two types of aggression in human evolution". Proceedings of the National Academy of Sciences. 115 (2): 245–253. doi:10.1073/pnas.1713611115. ISSN 0027-8424. PMC 5777045. PMID 29279379.
  448. ^ Pagel, Mark (2016). "Lethal violence deep in the human lineage". Nature. 538 (7624): 180–181. doi:10.1038/nature19474. ISSN 1476-4687. PMID 27680700. S2CID 4459560.
  449. ^ a b Ferguson RB (1 September 2018). "War Is Not Part of Human Nature". Scientific American.
  450. ^ Ferguson N (September–October 2006). "The Next War of the World". Foreign Affairs.

Further reading

  • Freeman S, Herron JC (2007). Evolutionary analysis (4th ed.). Upper Saddle River, NJ: Pearson Prentice Hall. pp. 757–61. ISBN 978-0-13-227584-2.
  • Reich D (2018). Who We Are And How We Got Here – Ancient DNA and the New Science of the Human Past. Pantheon Books. ISBN 978-1-101-87032-7.

External links

  • Archaeology Info
  • Human genome on Ensembl
  • "Homo sapiens Linnaeus, 1758" at the Encyclopedia of Life
  • Human Timeline (Interactive) – Smithsonian, National Museum of Natural History (August 2016).
  • Homo sapiens – The Smithsonian Institution's Human Origins Program
  • Evolutionary Timeline of Home Sapiens − Smithsonian (February 2021)
  • Timeline of the Human Condition.