丙午馬 丙午またはビンウー(中国語)は、干支の43番目の組み合わせです。そのような年に生まれた女の子は成長して夫を殺すという迷信のために[1] 、日本の出生数は急激に減少する傾向があります。[2]

「ひのえうま生まれの女性は気質が強く、夫の命を縮める」という迷信があります。八百屋お七が日野馬で生まれたため、江戸時代初期の「日野馬の年は火事が多い」という迷信が女性の結婚の迷信に変わったと言われています。[3] [4]

江戸時代には、すべての人の年齢が年を数えていました[5]。八百屋お七が漢文訓読6年(1666)に日野馬で生まれた場合、天奈3年(1683)に発砲しました。18歳と計算されていますが、井原西鶴などの伝記では16歳です[6]  。[7]しかし、浄瑠璃作家紀海音 [ ja ]は、浄瑠璃「八百屋お七」のひのえうまに生まれ、その影響を受けたため、長太郎兵衛らの「江戸村崎十二郎」。八百屋お七が炎鵬晃4年(1676)に11年間「紀海音集」で過ごしたことが漢文訓読6年(1666)の基礎となった。

キカイオンは演劇界に強い影響を与え、文庫の近世琴作門州の物語は、現代では否定されてきましたが、長い間実話と見なされてきました。[8]

この迷信は明治時代以降も続いており、1906年(明治39)には、出生数が前年比約4%減少した。生まれた男の子の出生登録は、前の年と次の年の間で時々ずれていたと言われています。[9]

1924年頃、1906年に生まれた女性が結婚適齢期であったとき、プロポーズが打ち切られた女性の迷信と自殺の報告を否定する一連の話があり、C生まれの女性の迷信が女性の結婚に影響を与えたことを示唆しています。[a] 1907年に出版された彼の小説「ゆびんぞう」の中で、夏目漱石は主人公をだましている邪悪な女性である藤尾を「藤尾はC-go」と表現しています。。[10]


1950年以降の日本の出生率と死亡率。1966年の減少は、「ひのえうま」の年であったためです。[1]