グラスゴー

Hashtags #グラスゴー

グラスゴー語源et歴史

グラスゴー、/ ɡ L æ Z ɡ /また UK/ ɡ L ɑː Z ɡ ɡ L ɑː S ɡ / [7] [8] [9] 米国/ ɡ L æ S ɡ ɡ L æ S K / ; [7] [10][11] スコットランド GlescaまたはGlesga [ˈɡlezɡə] ; スコットランドゲール語グラスゴー [kl̪ˠas̪əxu] )の推定と都市633120の人口2019年には、ある最も人口の多い都市スコットランド第四最も人口の多い都市イギリス2011年のように()、などの人口によって第27回最大の都市であることヨーロッパ[12] 歴史的ラナークシャーの一部であったこの都市は、現在、スコットランドの32のカウンシルエリアの1つであるグラスゴーシティカウンシルエリアを形成しています。地方自治体はグラスゴー市議会です。グラスゴーは、国の中央低地クライド川沿いにあります。イギリスで5番目に訪問者の多い都市です。[13]

グラスゴーはクライド川の小さな農村集落から成長し、スコットランドで最大の港になり、イギリスではトン数で10番目に大きくなりました。中世の 司教区と勅許自治区から拡大し、その後15世紀にグラスゴー大学が設立され、18世紀にはスコットランド啓蒙の主要な中心地になりました。18世紀以降、この都市は、北アメリカおよび西インド諸島との大西洋奴隷貿易のイギリスの主要なハブの1つとしても成長しました。産業革命の始まりとともに、グラスゴーとその周辺地域の人口と経済は急速に拡大し、化学、繊維、工学の世界有数の中心地の1つになりました。最も顕著なのは、多くの革新的で有名な船舶を生産した造船および海洋工学業界です。グラスゴーは、ビクトリア朝時代とエドワード朝時代の多くで「大英帝国の第2の都市」であり、独立前のダブリンからマントルを奪いました。ダブリンは、ジョージ王朝時代に第2の都市として広く認識されていましたが、他の多くの都市がその称号を主張しています。グラスゴーのものではなく、彼らのものでした。[14] [15] [16] [17]

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、グラスゴーの人口は急速に増加し、1938年に1,127,825人のピークに達しました。[18] 1960年代の包括的な都市再開発プロジェクトにより、カンバーノールドなどの指定された新しい町に人々が大規模に移転しました。リヴィングストン、イーストキルブライド、および周辺の郊外、それに続く境界の変更。このプロセスにより、グラスゴー市議会エリアの人口は2019年に推定626,410人に減少し、2016年の時点で985,290人が定義されたグレーターグラスゴー隣接都市エリアに住んでいます。[3]より広い大都市圏には、180万人以上が住んでいます。スコットランドの人口の約33%に。市は、いずれかの最高密度の一つを有する地域4023 /キロで、スコットランドの2

グラスゴーは、2014年のコモンウェルスゲームズと2018年の最初の欧州選手権を主催しました。また、サッカー(特にセルティックとレンジャーズのオールドファームのライバル関係)、ラグビー、陸上競技、テニス、ゴルフ、水泳のスポーツ界でもよく知られています。今日、グラスゴーには多様な建築シーンがあり、訪問者を街に導く重要な要素の1つです。壮大なビクトリア朝の建物が広がる市内中心部から、国際金融サービス地区の多くのガラスと金属の建物、ファッショナブルな西端の金髪と赤の砂岩の曲がりくねったテラス、南側のポロックシールドを構成する印象的な邸宅まで。クライド川のほとりには、リバーサイド博物館、グラスゴー科学センター、SSEハイドロ、SECアルマジロなどの未来的な建物がたくさん点在しています。

グラスゴーという名前はブリソン語に由来し、最初の要素は「灰色-緑、灰色-青」を意味するglasであり、2番目の*cöü、「中空」(ウェールズの glas-cauを参照[19]は次の意味を与えます。 「緑のくぼみ」。[20]緑のくぼみは、グラスゴー大聖堂の東にある峡谷を指している可能性があります。名前は「親愛なる緑の場所」を意味する、または「親愛なる緑の場所」はゲール語からの翻訳であるとよく言われます[21]、この主張は誤りです。しかし、「親愛なる緑の場所」は、街を指す愛情のこもった方法のままです。

集落はおそらく以前のカンブリア語の名前、キャサレスを持っていました。現代の名前はゲール語時代(1116年)に初めてグラスグとして登場します。また、ことが記録されたストラスクライドの王、リダーチ・ハエルは、(また、聖マンゴーとして知られている)サンKentigernを歓迎し、Kentigernは地域で働いたいくつかの13年間は540程度司教として彼の奉献を調達し、で彼の教会を構築するMolendinarバーンどこグラスゴー大聖堂は今立って、多くの変換を行います。彼の周りに大きなコミュニティが発展し、グラスグとして知られるようになりました

起源と発展

グラスゴー周辺の地域は何千年にもわたってコミュニティをホストしており、クライド川は釣りに自然な場所を提供しています。ローマ人への手紙、後に構築されたエリア内の前哨とは、ローマ保護するブリタニアをから話すBrittonic(ケルト)Caledoniansを構築し、アントニヌスの長城。Balmuildyのようなローマの要塞の祭壇などの壁のアイテムは、今日のハンタリアン美術館で見つけることができます。

グラスゴー自体は、6世紀にキリスト教の宣教師 聖ムンゴによって設立されたと言われています。彼は現在のグラスゴー大聖堂が建つモレンディナーバーンに教会を設立し、その後数年でグラスゴーは宗教の中心地になりました。グラスゴーは次の世紀にわたって成長しました。グラスゴーフェアが伝え年1190に始まった[22]最初の橋グラスゴーのクライド川の上には、川を経由してオーバーメイン南北ルートを形成し、都市のBriggait領域にその名を与え、1285年の周りから記録されましたグラスゴー十字路。1451年にグラスゴー大学が設立され、1492年にグラスゴー大司教区になるために司教区が昇格したことで、町の宗教的および教育的地位が高まり、富が生まれました。その初期の貿易は農業、醸造、漁業であり、硬化した鮭とニシンはヨーロッパと地中海に輸出されていました。[23]

ヨーロッパのプロテスタント、以下の改革との励ましで勅許自治都市のコンベンション、14組み込まれた取引は、その設立以前の商人ギルドの町議会に権力と影響力を一致させるために1605年にトレードハウスとして連合工芸品商人の家での同じ年。[23]グラスゴーはその後、1611年に勅許自治区の地位に引き上げられた。グラスゴーの莫大な財産は、17世紀に砂糖、タバコ、綿とリネン、大西洋の製品で始まり、国際貿易、製造、発明からもたらされた。三角奴隷貿易。

ダニエル・デフォーは18世紀初頭にこの街を訪れ、彼の著書「大英帝国全土ツアー」で、グラスゴーは「ロンドンを除いて、イギリスで最も清潔で美しく、最も建てられた街」であると有名に述べました。当時の都市の人口は約12,000人でしたが、スコットランド啓蒙主義と産業革命によってもたらされた、経済と都市構造の大幅な拡大はまだ見られませんでした。

貿易港

1707年の合同法の後、スコットランドは新しい大英帝国の広大な市場へのさらなるアクセスを獲得し、グラスゴーは、特に砂糖、タバコ、綿、および製造品において、南北アメリカとの間の国際貿易のハブとして目立つようになりました。クライド湾のポートグラスゴーに、市内の川が浅すぎたため、市内のタバコロードが深海の港を作りました。[24] 18世紀後半までに、英国のたばこ貿易の半分以上がグラスゴーのクライド川に集中し、ピーク時には毎年47,000,000ポンド(21,000トン)以上のたばこが輸入されていた。[25]当時、グラスゴーは砂糖、タバコ、そして後に綿花の貿易に参加したため、商業的に重要でした。[26]

工業化

クライドでの配送、 アトキンソングリムショー、1881年

開口Monkland運河と流域へのリンクフォースとクライド運河におけるポートダンダス1795年には、広範囲に鉄鉱石と石炭鉱山へのアクセスが容易ラナークシャーを。クライド川をグラスゴーまで浚渫して深くするための大規模な河川工学プロジェクトの後、造船は、ロバートネイピア、ジョンエルダー、ジョージトムソン、サーウィリアムピアス、サーアルフレッドなどの産業家によって開拓された川の上流の主要産業になりました。ヤロウ。クライド川はまた、ジョン・アトキンソン・グリムショー、ジョン・ノックス、ジェームズ・ケイ、ミュアヘッド・ボーン卿、ロバート・イーディー、LSローリーなどの芸術家にとって重要なインスピレーションの源となり、スタンリーと同様に新しい産業時代と現代世界を喜んで描いています。ポートグラスゴーのスペンサー下流。

1919年 のジョージスクエアの戦い

グラスゴーの人口は1821年までにエジンバラの人口を上回りました。市民機関の発展には、世界で最初の自治体警察の1つである1800年のグラスゴー市警察が含まれていました。1878年のグラスゴー銀行の崩壊によって引き起こされた危機にもかかわらず、成長は続き、19世紀の終わりまでに、グラスゴー銀行は「帝国の第二の都市」として知られる都市の1つとなり、英国の半分以上のトン数を生み出していました。輸送の[27]そして世界のすべての機関車の4分の1。[28]造船、エンジニアリング、産業機械、橋梁建設、化学、爆発物、石炭および石油産業における卓越性に加えて、繊維、衣服製造、カーペット製造、皮革加工、家具の主要な中心地として発展しました。製造、陶器、食品、飲料、タバコの製造。印刷と出版。配送、銀行、保険、専門サービスが同時に拡大しました。[23]

グラスゴーは、ヨーロッパで最初に人口100万人に到達した都市の1つになりました。街の新しい取引と科学が全体から新しい住民を集め低地とスコットランドのハイランドから、アイルランド、英国の他の部分とから欧州大陸。[23]この期間中、街の最大の建築の傑作とのような最も野心的な土木プロジェクトの多くの建設Milngavie水処理工事、グラスゴー地下鉄、グラスゴー株式会社の路面電車、市議会、ミッチェル図書館やケルヴィングローブ美術館&博物館その富によって資金を供給されていました。市はまた、1888年、1901年、1911年にケルビングローブパークで一連の国際展示会を開催し、英国で最後の主要な国際展示会であるエンパイア展示会が1938年にベラハウストンパークで開催され、1,300万人の訪問者が訪れました。[29]

20世紀には、都市の衰退と更新の両方が見られました。後は第一次世界大戦の影響に苦しん市ポスト第一次世界大戦の不況以降から世界大恐慌、これはまた、ラジカル社会主義の台頭と「につながったレッドClydeside」運動。第二次世界大戦の勃発により、街は回復しました。都市ソー空爆によってドイツ空軍[30]中クライドバンクブリッツは、戦争中に、その後、1950年代を通じて続いた戦後のブームを通じて成長しました。1960年代までに、日本や西ドイツなどの国々での産業の成長は、市内の多くの産業のかつての卓越した地位を弱めました。この結果、グラスゴーは長期にわたる相対的な経済の衰退と急速な産業空洞化に突入し、高い失業率、都市の衰退、人口減少、福祉への依存、そして都市の住民の健康状態の悪化につながりました。グラスゴーコーポレーションが物議を醸しているブルースレポートを発表したとき、都市の再生に積極的な試みがありました。これは、都市の衰退を好転させることを目的とした包括的な一連のイニシアチブを示しました。この報告書は、1950年代半ばに始まり、1970年代後半まで続いた、再建と再生の取り組みの巨大で急進的なプログラムにつながりました。これには、市内の悪名高いスラム街の大規模な取り壊しと、郊外の大規模な住宅団地や高層ビルへの置き換えが含まれていました。[31]

第二次世界大戦中の Sauchiehall通り、1943年

市は道路インフラに多額の投資を行い、中央エリアを二分する幹線道路と高速道路の広範なシステムを備えていました。スコットランド事務所が、シリコングレンブームの間に新しい産業への対内投資を他の地域に転用し、カンバーノールド、グレンロセス、アーバインの新しい町を作ることによって、戦後のスコットランドにおけるグラスゴーの経済的および政治的影響力を故意に弱体化させようとしたという非難もあります。リビングストンとイーストキルブライドは、スコットランドの低地に分散し、都市の人口基盤を半減させました。[31] 1980年代後半までに、グラスゴーの経済的幸運は大幅に復活した。1983年に開始された「グラスゴーのマイルベター」キャンペーン、1983年のバレルコレクションと1985年のスコットランド展示会議センターの開設は、ビジネスサービスと金融のヨーロッパセンターとしてのグラスゴーの新しい役割を促進し、観光と対内投資の増加を促進しました。 。[32]後者は、市内のの遺産に支えされ続けグラスゴーガーデン・フェスティバル、1988年としての地位欧州文化首都を、1990年に[33] 、市内の経済を多様化する試みを協調します。[34]しかし、主要な観光イネーブラーとして機能するのは産業遺産です。[35]より広範な経済復興が続いており、大規模なクライドウォーターフロント再生を含む都心部の継続的な再生により、より裕福な人々がグラスゴーの中心部に戻って住むようになり、ジェントリフィケーションの申し立てが煽られています。[36] 2008年、この都市はロンリープラネットによって世界のトップ10の観光都市の1つとしてリストされました。[37]

グラスゴーの経済的ルネッサンスにもかかわらず、都市のイーストエンドは依然として社会的剥奪の焦点となっています。[38] 2007年に発表されたグラスゴー経済監査報告書は、都市の繁栄している地域と恵まれない地域の間のギャップが拡大していると述べました。[39] 2006年、グラスゴーの人口の47%は、スコットランドの分野の最も奪わ15%に住んでいた[39]ながら、社会正義のためのセンターは、「経済的に非アクティブ」であることを市の生産年齢住民の29.4%を報告しました。[38]英国の平均をわずかに下回っているが、グラスゴーは依然としてバーミンガム、リバプール、マンチェスターよりも高い雇用率を持っている。[39] 2008年、この都市は、世界で最も安全な都市のトップ50のマーサーインデックスで個人の安全のために43位にランクされました。[40]マーサーの報告書は特に生活の質に注目していたが、2011年までにグラスゴー内の特定の地域は(まだ)「二酸化窒素(NO2)と粒子状物質(PM10)のスコットランドの大気質目標レベルを満たしていない」。[41]

衛生

人口の増加に伴い、1806年にグラスゴー社が最初に水道を提供する計画を立てました。1812年に2番目の会社が設立され、1838年に2社が合併しましたが、給水水質に不満がありました。[42] Gorbals重力水当社は75,000人に一定の水の供給を与えた貯水池から取得した1846年に、クライド川の南に住んでいる住民に水、、、供給を開始[42]が、他はそれほど幸運ではなかった、といくつかの4000 1848/1849年にコレラの発生で亡くなりました。[43]これは、カトリーン湖の水位を上げ、重力によって26マイル(42 km)の水道橋に沿ってミルンゲイヴィの貯水池にきれいな水を運ぶプロジェクトを伴うグラスゴーコーポレーション水道の開発につながりました。その後、パイプで街に行きます。[44]このプロジェクトの費用は980,000ポンド[43]で、1859年にビクトリア女王によって開かれた[45]。

プロジェクトのエンジニアはジョンフレデリックベイトマンでしたが、ジェームズモリスゲイルはプロジェクトの都市セクションの常駐エンジニアになり、その後グラスゴー水委員会のチーフエンジニアになりました。彼は在職中に、2番目の水道橋やカトリーン湖の水位のさらなる上昇など、いくつかの改善を監督しました。[46]追加の物資は、1902年にアークレット湖から水を貯め、カトリーン湖に水を流すためのトンネルを作ることによって提供された。リザーバを作成するには、同様のスキームグレンFinglasは1903年に承認されましたが、延期された、そして1965年までに完了していない[43]に続いて2002年のグラスゴーの洪水、水性寄生虫のクリプトスポリジウムはMilngavieの貯水池で見つかった、とそうました新しいミルンゲイヴィ水処理施設が建設されました。2007年にエリザベス女王によって開かれ、2007年の公益事業業績賞を受賞しました。これは、予定より早く完了し、予算コストを1,000万ポンド下回っています。[47]

健康には、きれいな水と効果的な下水除去の両方が必要です。カレドニアン鉄道は1910年に作品がより良い方法を見つけるために実験を行った都市の下のトンネルにそれらを許可する契約の一環として、下水道の多くを再建し、下水処理工事は1894年にDalmarnochで開かれた、Dalmuir 1904年とShieldhall下水を処理し、1962年から1968年の間に400万ポンドの費用で完全に活性化されたスラッジプラントが建設されるまで、いくつかの実験用フィルターが建設されました。[48]処理されたスラッジは海に投棄され、グラスゴーコーポレーションは1904年から1998年の間に6隻のスラッジ船を所有し[49]、EU都市廃水処理指令がその慣行を終了した。[50] 2017年に下水道インフラが大幅に改善され、長さ3.1マイル(5.0 km)のトンネルが完成し、2,000万ガロン(90 Ml)の雨水貯留が実現しました。それは洪水のリスクと嵐の間に下水がクライドに溢れる可能性を減らします。[51] 2002年以来、きれいな水の供給と下水道はスコットランドの水に責任があります。[52]

紋章

紋章グラスゴー市のをに付与された勅許自治都市で、主リヨン10月25日1866年に[53] 、それが使用されていたグラスゴーの守護聖人の生活に関連したシンボルとエンブレムの数、マンゴーを組み込んその日付より前の公式シールに。エンブレムは、Mungo [54]によって実行されたと思われる奇跡を表しており、伝統的な韻に記載されています。

これが飛んだことのない鳥です
これが成長したことのない木です
これが鳴ったことのないベルです
これが泳いだことのない魚です

聖ムンゴはまた、という言葉を含む説教を説教したと言われています。その言葉の説教とあなたの名前の称賛によってグラスゴーを繁栄させましょう。これは「グラスゴーを繁栄させる」と略され、市のモットーとして採用されました。

1450年、グラスゴーの最初のロード・プロヴォストであるジョン・スチュワートは、市民が彼の魂のために祈るように、「聖マンゴの鐘」を作り、街中で通行できるように寄付金を残しました。新しい鐘は1641年に治安判事によって購入され、その鐘はグラスゴーグリーン近くの人民宮殿博物館にまだ展示されています。

サポーターは2つの鮭のベアリングリングで、紋章は聖ムンゴの半分の長さの図です。彼は司教のミトラと典礼服を着て、「祝福の行為」で手を挙げています。元の1866年の助成金は、紋章を舵の上に配置しましたが、これはその後の助成金で削除されました。現在のバージョン(1996年)では、盾と紋章の間に金の壁の王冠があります。取り乱した市壁に似たこの形の紋章は、市のステータスを持つ4つの地域評議会に許可されました。

武器は、1975年2月6日にグラスゴー市地区評議会によって、1996年3月25日に現在の地域評議会によって再入学されました。その都度行われた唯一の変更は、腕の上の紋章の種類でした。[55] [56]

地方自治体

グラスゴー市議会にあり、 ジョージ広場、1900年頃、グラスゴー市議会の本部や市の役所です。

グラスゴーコーポレーションは19世紀後半から地方自治体の社会主義運動の先駆者でしたが、1918年国民代表法以来、グラスゴーはますます左翼の思想と政治を国家レベルで支持してきました。市議会は、によって制御された労働党の衰退以来、30年以上にわたって進歩。スコットランドの地方自治体の選挙を使用し始めた2007年以来、単記移譲式投票ではなく、最初の-過去ポストシステムの優位労働党都市内では減少し始めました。2017年の英国地方選挙の結果、SNPは少数党政権を形成し、労働党の37年間の途切れることのない支配を終わらせることができました。

余波で1917年のロシア革命と1918年から1919年のドイツ革命、街の頻繁なストライキや過激派組織はで深刻なアラームを発生させたウェストミンスター1人ので、1919年1月における蜂起が求めるリベラル 首相、デビッド・ロイド・ジョージ万を展開します、街の通りの兵士と戦車。巨大なデモンストレーション街の中にジョージ広場は後に1月31日に暴力に終わった暴動行為を読みました。

造船所での産業活動は、「レッドクライドサイド」という形容詞を生み出しました。1930年代、グラスゴーは独立労働党の主要な拠点でした。20世紀の終わりに向かって、それは世論調査税との闘いの中心になりました。これは、英国の他の地域より1年前にスコットランドで導入され、スコットランドのもう1つの左翼政党であるスコットランド社会党の主要な拠点としても機能しました。グラスゴーで最も裕福な地域にあったSDPが議席を獲得した1982年のヒルヘッド補欠選挙以来、この都市には保守的な国会議員がいませんでした。ドナルド・リドル卿がいた1969年から1972年まで(進歩主義者として)支配党であったにもかかわらず、保守党の運命は21世紀まで衰退し続け、2012年にグラスゴー市議会の79人の評議員のうちの1人だけを獲得しました。最後の非労働党のプロヴォスト。

グラスゴーは、ロンドンの庶民院とエジンバラのホリールードにあるスコットランド議会の両方に代表されています。ウェストミンスターでは、7人の国会議員(MP)によって代表され、すべてが少なくとも5年に1回選出され、単純小選挙区制を使用して個々の選挙区を代表します。ホリールードでは、グラスゴーはスコットランド議会議員(MSP)の16人の議員によって代表され、そのうち9人は、4年に1回、単純小選挙区制を使用して個々の選挙区を代表するために選出され、7人は比例代表によって追加の地域議員として選出されます。表現。2016年のスコットランド議会選挙以来、グラスゴーはホリールードで9人のスコットランド国民党MSP、4人の労働党MSP、2人の保守党MSP、1人のスコットランド緑の党議員によって代表されています。欧州議会では、この都市はスコットランドの構成員の一部を形成し、ブレグジットの前に6人の欧州議会議員(MEP)を選出しました。

中央政府

グラスゴーは、権限委譲されたスコットランド議会と英国政府の2つの独立した中央政府の下でカバーおよび運営されているため、グラスゴー市議会が責任を負わないさまざまな問題を決定します。

スコットランド議会

スコットランド議会の選挙グラスゴー領域はグラスゴー市議会エリア、カバールーサーグレンのエリアサウス・ラナークシャーの小さな東の部分レンフルーシャイアを。議会の73人の最初の選挙区制議員のうち9人と、56人の追加議員のうち7人を選出します。どちらの種類のメンバーも、スコットランド議会議員(MSP)として知られています。選挙制度は、比例代表の形式を生み出すように設計されています。

単純小選挙区制は1999年に、当時のウェストミンスター(庶民院)の構成員の名前と境界線で作成されました。2005年、スコットランドを代表するウェストミンスター国会議員(MP)の数は59に削減され、新しい構成員が結成されましたが、既存のMSPの数はホリールードに保持されました。では2011年スコットランド議会選挙、グラスゴー領域の境界が再描画されました。

現在、グラスゴー選挙区の9つのスコットランド議会の構成員は次のとおりです。

  • グラスゴーアニーズランド
  • グラスゴーキャスカート
  • グラスゴーケルビン
  • グラスゴーメリーヒルとスプリングバーン
  • グラスゴーポロック
  • グラスゴープロヴァン
  • グラスゴーシャッテルストン
  • グラスゴーサウスサイド
  • ラザーグレン

で、2021年スコットランド議会選挙、これらの選挙の9つすべてを獲得したことにより、されたスコットランド国民党(SNP)候補。地域投票では、グラスゴー選挙区は4つの労働党MSP、2つの保守党MSP、1つの緑のMSPによって代表されています。

英国ウェストミンスター議会

2005年に英国の庶民院(ウェストミンスター)の構成員が改革され、スコットランドの国会議員(MP)の数が減った後、グラスゴーを代表する現在のウェストミンスターの構成員は次のとおりです。

  • グラスゴーセントラル
  • グラスゴーイースト
  • グラスゴーノース
  • グラスゴーノースイースト
  • グラスゴーノースウェスト
  • グラスゴーサウス
  • グラスゴーサウスウエスト

2014年のスコットランド独立住民投票に続き、グラスゴーの有権者の53.49%がスコットランド独立に賛成票を投じました。SNPはで都市内のすべての選挙に勝った2015年総選挙の座席におけるSNPへの労働からの記録的な39.3パーセントのスイングを含め、グラスゴー北東。[57]

で2017スナップ選挙、グラスゴーは6人のスコットランド国民党議員と1労働MPで表しました。前回の総選挙でSNPに労働からレコード39.3パーセントのスイングを持っていたグラスゴーの北の東の選挙は、によって取り戻したポール・スウィーニーの労働党狭くSNP MP座っ敗れ、アン・マクローリンを242票差で。

2019年のスナップ選挙以来、グラスゴーは7人のスコットランド国民党議員によって代表されています。グラスゴーノースイーストの選挙区は、スコットランド国民党のアンマクラフリンによって取り戻され、2015年の総選挙と同じようにきれいに一掃されました。

国民投票

では2014年スコットランド独立住民投票、グラスゴーのマージンで「はい」に選ば46.5パーセントに53.5パーセント。

でBrexitの投票、結果が選挙に有権者から変化しました。グラスゴーノースは最大の残り投票を記録し、78%がEUに留まることを選択しましたが、グラスゴーイーストではこの数字は56%に低下しました。[58]市は全体として、66.6%から33.3%までEUに留まることに投票した。[59]

投票率

グラスゴーの投票率は、英国の他の地域よりも低いことがよくあります。2014年の国民投票では、投票率は75%で、スコットランドで最低でした。[60]でBrexitの投票SNP MPものの、市の有権者が、EUの一部のままに投票にスコットランドの残りの部分に参加しながら、再び、56.2パーセントの低投票率を持っていたアンガス・ロバートソンは、伝統的な低投票率の歴史的な文脈でこれを置きますグラスゴーで。[61]

2015年の総選挙では、投票率が最も低い6つのスコットランドの選挙区がすべてグラスゴーにありました。[62]投票率は、2017年の選挙でさらに減少し、市の7議席のうち5議席が投票率の低下を報告した。[63]

グラスゴーは、スコットランド中西部のクライド川のほとりにあります。その2番目に重要な川はケルビンであり、その名前はケルビン男爵の称号を作成する際に使用されたため、最終的には温度のSI単位になりました。古い地図では、グラスゴーは1975年以前のラナークシャー郡のエリア内に表示されています。1975年から1996年まで、ストラスクライド地域に出現しました。最近の地図では、一般的にグラスゴーがスコットランドの32のカウンシルエリアの1つとして示されています。

空から見たグラスゴー市内中心部の西にあるクライド川

ロケーション

グラスゴーはスコットランドの中央地帯にあります。

気候

クイーンズパークからグラスゴーのサウスサイドとウエストエンドを北西に見下ろすパノラマ 。中央の左側にはフィニエストンのクライドアーク橋が見え、その 向こうにはグラスゴー大学の塔があり 、右側には キャンプシーフェルがあります。

モスクワと同様に北緯にかかわらず、グラスゴーの気候は海洋性気候に分類されます(ケッペン Cfb)。グラスゴー地域の3つの公式気象観測所(ペイズリー、アボットシンチ、ビショップトン)のデータをオンラインで入手できます。すべてが市の西、隣接するレンフルーシャーにあります。グラスゴーは西に位置し、大西洋に近いため、スコットランドの穏やかな地域の1つです。メキシコ湾流の温暖化の影響により、冬の気温は通常、英国から離れた同じ緯度のほとんどの場所よりも高くなります。ただし、これにより、西ヨーロッパ大陸に比べて季節が明確になりません。でペイズリー、年間降水量平均1245ミリメートル(49.0で)。グラスゴーは、英国で最も雨の多い都市として指定されており、年間平均170日間の雨が降ります。[64] [65]

冬は涼しくて曇りで、1月の平均気温は5.0°C(41.0°F)ですが、最低気温は氷点下になることもあります。2000年以降、グラスゴーでは、気温が氷点下をはるかに下回る、非常に寒く、雪が降り、厳しい冬がほとんどありませんでした。ただし、最も極端な例では、この地域の気温は約-12°C(10°F)です。降雪の蓄積はまれであり、短命です。春の数ヶ月(3月から5月)は通常穏やかで、しばしばとても快適です。グラスゴーの木々や植物の多くは今年のこの時期に開花し始め、公園や庭園は春の色でいっぱいです。

夏の間(6月から8月)、天気は日によってかなり異なり、比較的涼しくて雨が多いものから、晴れた日が奇妙な非常に暖かいものまでさまざまです。暖かい天候の長く乾燥した呪文は、一般的に非常に少ないです。雨のない曇りや湿度の高い状態が頻繁に発生します。一般的に、これらの月の間の気象パターンは非常に不安定で不安定であり、時折熱波が発生するだけです。最も暖かい月は通常7月で、平均最高気温は20°C(68°F)を超えます。夏の日は時折27°C(81°F)に達することがあり、30°C(86°F)を超えることはめったにありません。秋は一般的に涼しく、降水量が増えるにつれて穏やかになります。初秋には、天候が落ち着く時期があり、温暖な気温と晴れた日でも快適に過ごせます。

英国気象庁の公式データシリーズは1959年にさかのぼり、グラスゴーでは、イギリスのさらに南の地域やヨーロッパの東の地域とはまったく対照的に、暖かい夏はほんの少ししかなく、暑い夏はなかったことを示しています。データシリーズの記録で最も暖かい月は2006年7月で、平均最高気温は22.7°C(72.9°F)、最低気温は13.7°C(56.7°F)です。[66]この極端な出来事でさえ、大陸ヨーロッパの同様の類似点での通常の夏にのみ一致し、海事の影響を強調した。データシリーズが始まって以来、記録上最も寒い月は2010年12月で、イギリス諸島に影響を与える厳しい寒波の最中です。それでも、12月の最高気温は1.6°C(34.9°F)で氷点下を上回り、最低気温は-4.4°C(24.1°F)でした。[66]これにより、グラスゴーで最も寒い2010年の月は、大陸性気候の正常値を決定するために通常使用される-3°C(27°F)の等温線よりも穏やかなままであることが保証されました。

極端な気温は、1995年12月のアボットシンチでの-19.9°C(-4°F)から2018年6月のビショップトンでの[67] 31.9°C(89°F)の範囲でした。[68]

グレーターグラスゴーの人口密度マップ

1950年代、グラスゴー市地域の人口は1,089,000人でピークに達しました。グラスゴーは当時、世界で最も人口密度の高い都市の1つでした。1960年代以降、ゴーボールズなどの貧困に苦しむ都心部の開拓と、イーストキルブライドやカンバーノールドなどの「ニュータウン」への移転により、人口が減少しました。さらに、20世紀後半に市の境界が2回変更されたため、直接比較することは困難でした。

市街地は、市議会の境界を越えて周辺の郊外地域に拡大し続けており、ベッドタウンや村が含まれている場合、隣接するすべての郊外の約400平方マイル(1,040 km 2)を含みます。[72]二つの異なるグラスゴーの人口の定義があります。グラスゴーの市議会地区の地区失わルーサーとCambuslangをするサウス・ラナークシャー1996年に、そしてグレーターグラスゴー都市圏の都市の周りの大都市圏を含んでいる(ただし中2016人の定義[73]前述のルーサーとCambuslangはの同類と一緒に含まれていたペイズリー、クライドバンク、ニュートンMearns、BearsdenとSteppsいくつかのケースでは、ギャップは小さいが- -除外近く集落人口郵便番号のない連続して他のではなく含むBarrheadの、アースキンとKirkintillochの「プラス前の定義にグラスゴーと連続と考えられていたラナークシアの大きい包帯集落」という名前Coatbridgeの&エアドリー、ハミルトンとマザー&Wishawの、各々が別個の小さい地域の数を含みます)。[3]

18世紀と19世紀のグラスゴーの人口流入は、経済成長と内部で生み出された成長に関連しており、スコットランド国外からの都市への新規参入者の大多数はアイルランド、特にドニゴール、ファーマナ、タイロン、ロンドンデリーの北西部の郡から来ました。1881年の英国の国勢調査では、人口の83%がスコットランドで、13%がアイルランドで、3%がイギリスで、1%がその他の国で生まれました。1911年までに、この都市は移住によって人口を増やしていませんでした。1951年の英国の国勢調査における人口統計上の割合は、スコットランドで生まれた93%、アイルランドで3%、イングランドで3%、その他の地域で1%でした。[23] 20世紀初頭、多くのリトアニア難民が1950年代にグラスゴーとその最盛期に定住し始めた。グラスゴー地域には約10,000人がいました。[76]多くのイタリア語スコットランドはまた、グラスゴーでのような地方からの発信定住フロジノーネでラツィオとルッカの北西にあるトスカーナの多くは、もともと「として働いて、この時点でのHOKEYポーキー」男性。[77]

1960年代と1970年代には、多くのアジア人もグラスゴー、主にポロックシールズ地域に定住しました。これらの数は、パキスタン人30,000人、インド人15,000人、バングラデシュ人3,000人、そして中国人であり、その多くは市内のガーネットヒル地域に定住しました。[要出典] 2000年以来、英国政府はロンドン地域の社会住宅への圧力を緩和するために亡命希望者の解散政策を追求してきました。この都市には、約8,406(1.42%)のポーランド人も住んでいます。[80]

2001年の英国の国勢調査以降、人口減少は逆転しました。人口はしばらくの間静的でした。しかし、スコットランドの他の地域からの移民や海外からの移民により、人口は増加し始めています。市議会地域の人口は2011年に593,245人であり[82]、グラスゴーの職場への旅行には約230万人が住んでいます。[83]この地域は、仕事のためにグラスゴーに旅行する住民の10%以上で構成されており、境界が固定されていない地域と定義されています。[84]

2011年の国勢調査後のロンドンの人口密度は、1平方キロメートルあたり5,200人と記録され、グラスゴーでは1平方キロメートルあたり3,395人が登録されました。[85] [86] 1931年、人口密度は16,166 / sq mi(6,242 / km 2)であり、ヨーロッパで最も人口密度の高い都市の1つを縮小するために建設された郊外やニュータウンへの「クリアランス」を浮き彫りにしました。 。[87]

2005年、グラスゴーの平均余命は英国のどの都市よりも72。9年と最も短かった。[88] 2008年のグラスゴー・イースト補欠選挙では、これで多くのことが行われた。[89] 2008年には、世界保健機関(WHO)の男性の平均寿命は54年から変化していることが明らかになった健康格差に関するレポート、カールトン近くで82年にLenzie、東ダンバートンシャイア。[90] [91]

エリアと郊外

グラスゴーのエリア。拡大するにはクリックしてください。

市の中心部

クライドアークも「Squinty橋」としてローカルに知られています、

市内中心部は、西に南とニュートン・ストリートにSaltmarket、ハイストリートと城通り東へ、Broomielawと(クライド川沿い)クライド・ストリートに囲まれています。北の境界(東から西へ)は、カテドラルストリート、ノースハノーバーストリート、ドビーズローン、フェニックスロードに続きます。市内中心部はのエリアで構成されてGarnethill、Blythswoodヒル、およびマーチャントシティなどの部品Anderston、カルトン、CowcaddensとTownhead。

小売および劇場地区

ブキャナンストリートを地下鉄セントイーノック駅に向かっ て見下ろす

市内中心部は、クライド川の北岸にある通りのグリッドシステムに基づいています。街の中心は、グラスゴーの多くの公共の彫像のあるジョージスクエアと、グラスゴー市議会の本部である精巧なビクトリア朝のグラスゴー市会議所です。南と西には、アーガイルストリート、サウチホールストリート、ブキャナンストリートのショッピング地区があり、最後に高級小売店が増え、アーバニズムアカデミー「グレートストリートアワード」2008を受賞しました。[92]これらのストリート周辺のショップのコレクションは蓄積されています。 「スタイルマイル」として知られるようになります。[93]

主要ショッピングエリアはブキャナンストリート、ブキャナンギャラリー、ブキャナンストリートをリンクし、ソキホールストリート、含まセントイーノックセンターアーガイルストリートをリンクし、セントイノック広場アップ市場で)、プリンセススクエア具体的には、テッド・ベイカーなどのお店を備え、ラドリーとカートガイガー。[94]ジョナサン・グレイザー監督の2013年の映画 『アンダー・ザ・スキン』のロケ地として、ブキャナン・ギャラリーズやその他の市内中心部の場所が選ばれました。[95]グラスゴーのシーンは隠しカメラで撮影されたが、スターのスカーレット・ヨハンソンが町のあちこちで発見された。[96]イングラムストリートのイタリアンセンターもデザイナーブランドを専門としています。グラスゴーの小売ポートフォリオは、ロンドン中心部に次ぐ英国で2番目に大きく、最も経済的に重要な小売セクターを形成しています。[97] [98]

市内中心部には、グラスゴーの主要な文化施設のほとんどがあります。グラスゴーロイヤルコンサートホール、グラスゴー市庁舎、シアターロイヤル(スコティッシュオペラとスコティッシュバレエの本拠地)、パビリオンシアター、キングズシアター、グラスゴーフィルムシアター、トロンシアター、Gallery of Modern Art(GoMA)、Mitchell Library and Theatre、Center for Contemporary Arts、McLellan Galleries、Lighthouse Museum ofArchitecture 。世界で最も高い映画館である18スクリーンのシネワールドはレンフルーストリートにあります。市内中心部には、グラスゴーの高等教育機関の4に家である:ストラスクライド大学、スコットランドのロイヤル・コンセルヴァトワール、グラスゴー美術学校とグラスゴーカレドニアン大学、英国で最大の大学にグラスゴー大学の市大聖堂ストリートインチ

マーチャントシティ

Tolbooth Steepleはグラスゴー十字路を支配し 、マーチャントシティの東側を示してい ます。

東にはマーチャントシティの商業および住宅地区があります。マーチャントシティは、18世紀から19世紀初頭にかけて、かつては裕福な都市の商人、特に多くの街路の名前の由来となったタバコの領主の住宅街でした。産業革命とそれが街にもたらし富はグラスゴーの中心部の西方の拡大の結果、オリジナルの中世の中心部には、残されました。交差点に位置するグラスゴークロス、ハイストリート、Gallowgate、TrongateとSaltmarketはその象徴市の元中心地であったメルカットクロス。グラスゴー十字路には、トルブース時計塔があります。1926年に火事で破壊された元の市庁舎の残りすべて。ハイストリートを北に向かってロッテンロウとタウンヘッドに向かって移動すると、15世紀のグラスゴー大聖堂とプロバンド領主館があります。19世紀半ばから後半にかけて産業汚染レベルが高まったため、この地域は住民の支持を失いました。[99]

1980年代後半以降、マーチャントシティは豪華な市内中心部のアパートと倉庫の改築で活性化されました。この再生は、ますます多くのカフェやレストランをサポートしてきました。[100]この地域には、多くの高級ブティックスタイルのショップやグラスゴーで最も高級な店もいくつかあります。[101]

マーチャントシティは、キングストリート、ソルトマーケット、トロンゲートを拠点とするグラスゴーの成長する「文化地区」の中心であり、毎年恒例のマーチャントシティフェスティバルの中心です。この地域はアートギャラリーの巨大な成長を支えてきました。その起源は1980年代後半に、空いている製造スペースや小売スペースでの運営に必要な安い家賃を支払うことができるアーティスト主導の組織を引き付けたときに見つかります。[102]「文化地区は」独立した芸術団体によって利用されたとして、マーチャント市の芸術と文化の可能性とグラスゴーの市議会、[102]とTrongate 103の最近の開発、家ギャラリー、ワークショップ、アーティストのスタジオや制作スペースは、両方の間の継続的なパートナーシップの主要な結果と見なされます。[103]この地域には、トロンシアター、オールドフルーツマーケット、トレードホール、セントアンドリュースインザスクエア、マーチャントスクエア、シティホールなど、数多くの劇場やコンサート会場もあります。[104]

国際金融サービス地区

クライド川沿い の 国際金融サービス地区

市内中心部の西端、ブライスウッドヒルとアンダーストンのエリアを占めるグラスゴーの金融地区は、正式には国際金融サービス地区(IFSD)として知られていますが、現代のマスコミでは「平方キロメートル」または「クライドのウォール街」。[105] 1980年代後半以降、多くの近代的なオフィスブロックの建設と高層ビルの開発により、IFSDが英国最大の金融地区の1つになる道が開かれました。グラスゴーは、確立された金融サービスセンターとしての評判と、包括的なサポートサービスを組み合わせて、新しいビジネスを引き付け、成長させ続けています。

含む-英国で10最大の損害保険会社のうち、8はグラスゴーのベースやヘッドオフィスを持つダイレクトライン、Esure、AXAおよびノーリッジ連合。主要な銀行セクター企業も、サービスの一部をグラスゴーの商業用不動産に移しました–決議、JPモルガンチェース、バークレイズウェルス、テスコパーソナルファイナンス、モルガンスタンレー、ロイズバンキンググループ、クライズデールバンク、BNPパリバ、HSBC、サンタンデール、ロイヤルバンクオブスコットランド。防衛省は、いくつかの部門としていClydeport、グラスゴー証券取引所、学生ローン会社、スコットランド政府エンタープライズ、運輸・生涯学習課、BTグループ、スコットランドのフレンドリー。Scottish QualificationsAuthorityとScottishEnterpriseも、この地区に本社を置いています。Royal Dutch Shellには、IFSDにある6つの世界規模の共有ビジネスセンターの1つもあります。ヒルトンには、この地域に拠点を置く本社があります。

ウエストエンド

ケルビングローブ美術館と美術館はグラスゴーの最高の美術館と美術館であり、ヨーロッパで最高の市民芸術コレクションの1つを収容しています。

グラスゴーのウエストエンドは、最初にブリスウッドスクエアとガーネットヒルとその周辺で成長し、次にウッドランズヒルとグレートウエスタンロードにまで拡大しました。それはの奥地にカフェ、ティールーム、バー、ブティック、高級ホテル、クラブ、レストランでエレガントなタウンハウスや連立の地区であるケルビングローブ公園、グラスゴー大学、グラスゴー植物園とスコットランドエキシビション&コンファレンスセンター、特に焦点を当てましたアーガイル・ストリート(の面積の大通りにFinnieston)、グレートウェスタンロードとByres道。この地域は観光客や学生に人気があります。

ウエストエンドの住宅地が含まHillhead、Dowanhill、ケルビングローブ、Kelvinside、Hyndland、Broomhill、Scotstoun、Jordanhill、KelvindaleとAnnieslandと、増加程度で、Partickを。この名前は、チャリングクロスの西にある地域を指すためにもますます使用されています。ウエストエンドはケルビン川によって二分されています。ケルビン川は北のキャンプシーフェルから流れ、ヨークヒル埠頭のクライド川と合流しています。

ジョージギルバートスコット卿のグラスゴー大学本館(イギリスで2番目に大きいゴシックリバイバルビル)の尖塔は主要なランドマークであり、ギルモアヒルの上に座って何マイルも離れたところから見ることができます。大学自体は英語圏で4番目に古い大学です。市内の学生人口の多くはウエストエンドに拠点を置いており、文化的な活気を増しています。

この地域には、ケルビングローブ美術館と美術館、ハンタリアン美術館と美術館、ケルビンホール美術館と研究施設、店舗、コミュニティスポーツもあります。ケルビンホールに隣接していたのは運輸博物館で、ケルビン川がクライド川に流れ込むグラスゴー港のかつてのドックランドサイトの新しい場所に移転した後、2010年に再開しました。新しい建物は、ザハハディッドによって設計されて建てられました。ウエストエンド・フェスティバル、グラスゴーの最大の祭りの一つは、毎年6月に開催されます。

グラスゴーは、英国最大の展示会および会議センターであるSECCの本拠地です。[106] [107] [108] 2013年9月30日、フォスターアンドパートナーズによる旧クイーンズドックのSECC施設の大規模な拡張が正式にオープンしました–13,000席のハイドロアリーナ。

東端

グラスゴーグリーンの人民宮殿博物館

イーストエンドは、市内中心部のグラスゴー十字路から北および南ラナークシャーとの境界まで伸びています。それはに家であるグラスゴーBarrowland市場俗に「バラス」として知られ、[109] Barrowlandボールルーム、グラスゴーグリーン、そしてセルティック・パークの家セルティックFC。元の砂岩の長屋の多くはこの地区に残っています。イーストエンドはかつて主要な産業の中心地であり、ウィリアムアロルサー、ジェームステンプルトン、ウィリアムビアードモアアンドカンパニーの本拠地でした。地元の著名な雇用主は、テナントのラガーの本拠地であるウェルパーク醸造所であり続けています。

グラスゴー共同墓地ガーデン墓地を見下ろす丘の上に商人の家によって作成された大聖堂の62メートル(203フィート)の高銅像に上り坂風景を通じて1831ルート曲線のジョン・ノックスサミットで。ガロウゲートには18世紀後半の長屋が2つあります。1771年と1780年にさかのぼり、どちらもよく復元されています。シャーロットストリートの建設はデビッドデールによって資金提供されました。デビッドデールの以前の規模は、現在スコットランドナショナルトラストによって運営されている残りの1軒の家で測ることができます。シャーロットストリートに沿ってさらに、いくつかの注目すべきモダンなギレスピー、キッド&コイアの建物があります。かつては学校でしたが、オフィスになりました。これらの建物の周囲には、1999年に英国の建築とデザインの都市としての都市の年のプロジェクトの一部である「未来の家」として考案された一連の革新的な住宅開発があります。[110]

グラスゴー十字路の東には、スコットランドで最も古い改革後の教会であるセントアンドリュースインザスクエアがあります。1739年から1757年に建てられ、市内の裕福なタバコ商人の教会にふさわしい長老派教会の壮大さが見られます。また、スコットランドで最も古い聖公会教会である、より控えめな聖公会の セントアンドリューズバイザグリーンも近くにあります。米国聖公会のセントアンドリュースは、宗教改革後初めてオルガンを所有した教会であるため、「ウィスリンカーク」としても知られていました。

グラスゴーグリーン の ドールトンファウンテン

グラスゴーグリーンを見下ろすのは、テンプルトンオンザグリーンのファサードで、ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿を想起させることを目的とした鮮やかな多色のレンガ造りが特徴です。[111]

広大なトールクロスパークは、もともと地元の製鉄所の所有者であるジェームズダンロップの邸宅から開発されました。彼の大きな男爵邸は1848年にデビッドブライスによって建てられました。デビッドブライスは後に1980年代まで市の子供博物館を収容していました。今日、邸宅は保護された団地です。

ケルビンホールの現代的な代替品である新しいスコティッシュナショナルインドアスポーツアリーナは、ダルマーノックにあります。このエリアは、新しい屋内スポーツアリーナに隣接する、2014年コモンウェルスゲームズの選手村の場所でした。

イーストエンドの健康的な生活センター(EEHLCは)地域コミュニティのニーズを満たすために宝くじ資金調達や市の助成金とCrownpoint道路で2005年半ばに設立されました。現在グラスゴークラブクラウンポイントスポーツコンプレックスと呼ばれているこのセンターは、スポーツ施設、健康アドバイス、ストレス管理、レジャー、職業クラスなどのサービスを提供しています。[112]イーストエンドの北には、アレクサンドラパークとM8とM80高速道路の間の主要なインターチェンジを見下ろすプロヴァンガスワークスの2つの大きなガスタンクがあります。[113] [114] [115]

南側

パシフィックキーはグラスゴーの南側にあり、都市の最大の企業や雇用主の本拠地です。

グラスゴーのサウスサイドはクライドの南に広がっています。隣接する都市部のようなグレーターグラスゴーで最も豊かな郊外の町の一部、含まニュートンMearns、クラークストン、およびGiffnock、中にそれらのすべては東レンフルーシャイア、などThorntonhallでサウス・ラナークシャーを。ニューランズとダンブレックは、市の境界内にある価値の高い住宅街の例です。砂岩の連立、という例を高濃度含む多くの分野がある戦場、Govanhill、マウント・フロリダとShawlandsが。ポロックシールズの大きな郊外は、高価な別荘が並ぶ起伏のある並木道のある静かな西部と、密集した長屋や小さなお店のあるにぎやかな東部の両方で構成されています。南側には、Toryglen、Pollok、Castlemilk、Ardenなどのさまざまなサイズの戦後の住宅団地もいくつか含まれています。町Cambuslangとルーサーは、 1975年から1996年までグラスゴー地区の都市に含まれていますが、中に今あるし、サウス・ラナークシャーの協議会エリア。[116] [117] [118]

主に住宅地ですが、この地域には、チャールズレニーマッキントッシュのスコットランドストリートスクールミュージアムやハウスフォーアートラバーなど、いくつかの注目すべき公共の建物があります。バレルコレクションでポロックカントリーパーク。アレクサンダー "ギリシャ"トムソンのホルムウッド邸の別荘。ナショナル・フットボール・スタジアムハムデン・パークでのマウント・フロリダ(の家クイーンズパークFC)とアイブロックス・スタジアム(ホームのレンジャーズFC)。

クライド川の南岸、SECCの向かいにあるパシフィックキーのかつてのドックランドサイトは、グラスゴー科学センターとBBCスコットランドおよびSTVグループ(STVの所有者)の本部であり、新しい目的で構築されたデジタルメディアです。キャンパス。

さらに、地元の人々にパシフィックキーのスクインティブリッジとして知られているクライドアークや、トレードス​​トンとスプリングフィールドキーのその他の橋など、クライド川に架かるいくつかの新しい橋が建設されました。

サウスサイドも含めた多くの公共の公園、含まれるリンパーク、クイーンズパーク、およびBellahouston公園だけでなく、直接国境を接する、Roukenグレンパークが近隣にGiffnockをでチャンピオンシップコースを含む、いくつかのゴルフクラブ、Haggs城。サウスサイドには、2008年にヨーロッパのベストパークの称賛を授与された大きなポロックカントリーパークもあります。[119]ポロックパークはグラスゴー最大の公園であり、2000年代初頭まで市の境界にある唯一のカントリーパークでした。2000年代初頭、ダムズトゥダーンリーカントリーパークが指定されましたが、公園の半分はイーストレンフルーシャーにあります。最近指定されたばかりですが、公園の施設は現在かなり不足しています。

ガバンは、街の南西部にある地区であり、かつてのバラです。クライド川の南岸、パーティックの向かいにあります。1864年から1912年に拡大するグラスゴー市に組み込まれるまで、行政的に独立した警察官でした。ガバンは、国際的な評判のエンジニアリングおよび造船センターとしての遺産を持ち、川沿いに2つのBAE Systems SurfaceShips造船所の1つがあります。クライドと精密エンジニアリング会社、タレスオプトロニクス。また、国内最大級の病院であるクイーンエリザベス大学病院とグラスゴー地下鉄システムのメンテナンスデポもあります。より広いガバンエリアには、イブロックス、セスノック、キニングパーク、キングストンの各地区が含まれます。

ノースグラスゴー

フォースアンドクライド運河から見た ルチル教会

ノースグラスゴーの豊かな郊外に向けた市中心部の北から外に延びるBearsden、MilngavieとBishopbriggsで東ダンバートンシャイアとクライドバンクで西ダンバートンシャイア。この地域には、市内で最も貧しい住宅地もいくつか含まれています。ポッシルパークはそのような地区の1つであり、失業率と薬物乱用のレベルは引き続き全国平均を上回っています。ポッシルパークやハミルトンヒルなどの地域の住宅の多くは、近年荒廃した状態に陥っています。[要出典]

これにより、グラスゴー北部の貧しい住宅ストックの多くが大規模に再開発され、変化したRuchillなどの多くの地域がより広く再生されました。多くの荒廃した長屋は現在、改装されているか、近代的な住宅団地に取って代わられています。グラスゴー北部の住宅ストックの多くは賃貸住宅であり、高層高層ビルの割合が高く、NGホームズおよびグラスゴー住宅協会として取引されているノースグラスゴー住宅協会によって管理されています。

Maryhillは、手入れの行き届いた伝統的な砂岩の長屋で構成されています。歴史的には労働者階級のエリアですが、街の高級なウエストエンドとの国境は、メリーヒルパークやノースケルビンサイドなどの裕福なエリアを含む、街の北部の他の地域と比較して比較的裕福であることを意味します。メアリーヒルは、1909年以来パーティックシッスルFCの本拠地であるファーヒルスタジアムの場所でもあります。ジュニアチームのメアリーヒルFCも、グラスゴー北部のこの地域にあります。

フォースとクライド運河は、市内のこの部分を通過し、1つの段階では、地域経済の重要な部分を形成しました。重工業の衰退後、長年汚染され、ほとんど使用されていませんでしたが、ポートダンダスのアートキャンパスを含め、運河を再生して航行のために再開する最近の取り組みにより、運河は活性化されました。

サイトヒルはスコットランド最大の亡命希望者コミュニティの本拠地でしたが、この地域は現在、ユースオリンピックの入札の一環として再生されています。[120]

グラスゴーの経済生活の大部分はかつてスプリングバーンにあり、サラセン鋳造所、チャールズテナントなどの企業のエンジニアリング作業、機関車のワークショップで多くのグラスゴー人が雇用されていました。確かに、グラスゴーはこのタイプの製造を支配し、世界のすべての機関車の25%がこの地域で一度に製造されました。ノースブリティッシュロコモティブカンパニーの本社がありました。今日、グラスゴー工場の一部は鉄道の保守施設として使用され続けており、スプリングバーンの業界に残されているものはすべてあります。2019年に閉鎖が提案されています。[121]

裕福なたばこ商人スティーブンミッチェルによって設立された ミッチェル図書館は、現在、ヨーロッパで最大の公立図書館の1つです。

街には、カーリングからオペラやバレエ、サッカーから芸術鑑賞まで、幅広い文化活動のための多くの設備があります。また、交通機関、宗教、現代美術を専門とする美術館など、さまざまな美術館があります。グラスゴーが欧州文化首都に指定された1990年に、市内の文化的名所の多くが祝われました。[122]

市の主要な市立図書館であるミッチェル図書館は、ヨーロッパで最大の公立図書館の1つに成長し、現在、約130万冊の本、豊富な新聞のコレクション、数千の写真や地図を所蔵しています。[123]学術図書館のうち、グラスゴー大学図書館は15世紀に始まり、ヨーロッパで最も古くて最大の図書館の1つであり、国際的な地位のユニークで独特なコレクションを備えています。[124]

スコットランドの国立芸術団体のほとんどはグラスゴーに拠点を置いており、スコティッシュオペラ、スコティッシュバレエ、スコットランド国立劇場、ロイヤルスコティッシュ国立管弦楽団、BBCスコティッシュ交響楽団、スコティッシュユースシアターなどがあります。

グラスゴーには独自の「桂冠詩人」があります。これは1999年にエドウィンモーガン[125]のために作成され、2005年[126]から2011年までリズロックヘッドが占領し、スコットランドのマカールの地位に就きました。[127]ジム・キャルースは、2014年のコモンウェルスゲームズの遺産の一部として、2014年にグラスゴーの桂冠詩人の地位に任命された。[128]

2013年、PETAはグラスゴーを英国で最もビーガンに優しい都市であると宣言しました。[129]

レクリエーション

グラスゴーには、キングズシアター、シアターロイヤル、シチズンズシアターなど、さまざまな劇場があり、多くの美術館やアートギャラリーがあります。最大かつ最も有名なのは、ケルビングローブ美術館と美術館、ハンタリアン美術館と美術館です。現代美術館(ゴマ)とバレルコレクション。グラスゴーの美術館やギャラリーのほとんどは公有であり、自由に入ることができます。

1988年のグラスゴーガーデンフェスティバル、1999年の英国建築都市、1990年の欧州文化首都、 1995年から1999年の欧州文化首都、2003年の欧州スポーツ首都など、この都市は長年にわたって多くの展示会を主催してきました。グラスゴーも主催しています。国立MOD無未満12回1895年以来、[130]

さらに、古くて大規模なエディンバラフェスティバル(エジンバラのすべての主要なフェスティバルが8月の最後の3週間に開催される)とは異なり、グラスゴーのフェスティバルはカレンダーを埋め尽くします。フェスティバルには、グラスゴー国際コメディーフェスティバル、グラスゴーインターナショナルビジュアルアートフェスティバル、グラスゴーインターナショナルジャズフェスティバル、ケルトコネクションズ、グラスゴーフェア、グラスゴーフィルムフェスティバル、ウエストエンドフェスティバル、マーチャントシティフェスティバル、グラスゴー、ワールドパイプバンドチャンピオンシップが含まれます。

音楽シーン

SSEハイドロアリーナは、世界で二番目に忙しいアリーナ会場である [131]

都市はのものを含む多数のオーケストラ、アンサンブルやバンドに家であるスコティッシュ・オペラ、スコティッシュバレエ、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、BBCスコティッシュ交響楽団に関連し、スコットランドのロイヤル・コンセルヴァトワール、スコットランドのナショナル・ユース・オーケストラとの大学。すべてのタイプの合唱団が十分にサポートされています。グラスゴーには多くのライブ音楽会場、パブ、クラブがあります。市内のより有名な会場には、グラスゴーロイヤルコンサートホール、ハイドロ、SECC、グラスゴーキャットハウス、アートスクール、キングタットのワウワウハット(オアシスが発見され、グラスゴーのレコード界の大御所アランマッギーによって署名された場所)、クイーンマーガレットユニオン(カートコバーンの足跡が金庫に閉じ込められている)、バローランド、ライブ音楽会場に改造されたボールルーム、スコットランド最大のナイトクラブであるガレージ。より最近の中規模の会場には、ABC 2018年6月15日の美術学校の火災で破壊され、及びO 2アカデミー、行為の類似の範囲に遊びホストを。ステレオ、13th Note、Nice N Sleazyなど、地元のミュージシャンやツアーミュージシャンを多数迎える小さな会場やバーも多数あります。SLTNミュージックパブオブザイヤー賞の最新の受賞者は、2011年11月に授与されたBar Blocでした。[132] 2010年、グラスゴーはPRS forMusicによって英国で4番目の「最も音楽的な」都市に選ばれました。[133]グラスゴーは、ロンドン以外の曲のタイトルでも「英国で最も言及されている都市」であり、PRSが音楽のために作成したチャートによると、195の言及を受けた最も近いライバルのエジンバラを119で上回っています[134]。

グラスゴーロイヤルコンサートホールの入り口の眺め

1980年代以降、The Blue Nile、Gun、Simple Minds、Del Amitri、Texas、Hipsway、Love&Money、Idlewild、Deacon Blue、Orange Juice、Lloyd Cole and the Commotions、Teenage Fanclub、Belle andSebastianなどのバンドの成功、カメラオブスキュラ、フランツ・フェルディナンド、モグワイ、トラヴィス、とプライマル・スクリームが大幅に促し、グラスゴーの音楽シーンのプロフィールを後押ししたタイム誌のにグラスゴーを例えるためにデトロイトの1960年代にモータウンの全盛期。[135]最近の[いつ?]の成功には、ザ・フラテリス、チャーチズ、ラスティー、グラスヴェガスとツイン大西洋を。グラスゴー市は、創造都市ネットワークの一部として、2008年8月20日にユネスコ音楽都市に任命されました。

グラスゴーのコンテンポラリーダンスミュージックシーンは、先頭に立ってきたスラム、そして彼らのレコードレーベルソマ・レコーディングス、[136]その圧力クラブナイトは、世界各地からDJやクラバーを誘致して、以前に開催されたアーチが、のためにその場の閉鎖を、次の安全でないレベルの薬物使用の主張はサブクラブに移されました。

MOBOアワードが開催されたSECC 2014年11月9日、1995年の発売以来、イベントのホストにグラスゴー最初のアウト・オブ・ロンドンの街作り、2009年9月30日に、グラスゴーは、ホストされた2014年MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードでSSEハイドロ、2003年以来スコットランドがエジンバラでショーを主催したのは2回目であり、イギリスが2011年以来北アイルランドのベルファストでショーを主催したのは全体で5回目です。このイベントはニッキー・ミナージュが主催し、アリアナ・グランデ、エンリケ・イグレシアス、エド・シーラン、U2、スラッシュのパフォーマンスが披露されました。

メディア

グラスゴーは、 パシフィックキーにあるBBCスコットランドの本社の本拠地です。
STVの本社はグラスゴーにあります

グラスゴーについて、またはグラスゴーで何百本もの映画が作られています。[137]

BBCスコットランドとSTVは、どちらもグラスゴーに本社を置いています。グラスゴーで撮影されたテレビ番組には、Rab C. NesbittTaggartTutti FruttiHigh TimesRiver CityCity LightsChewin'the FatStill GameLovesickなどがあります。ごく最近、長期にわたるシリーズのクエスチョンタイムと夕方のクイズプログラムであるエッグヘッズは、その生産拠点を市内に移しました。ほとんどの国営宝くじのゲーム番組もグラスゴーで撮影されています。子供向けのゲーム番組Copycatsがそこで撮影され、アイルランド/英国のプログラムMrs. Brown'sBoysBBCScotlandで撮影されています。

スコットランドの新聞は、イブニングタイムズヘラルドサンデーヘラルドサンデーメールデイリーレコードなど、市内のさまざまな新聞を発行しています。トリニティミラーとニュースインターナショナルのタイトルのスコットランド版が市内で印刷されています。STV Groupは、グラスゴーを拠点とするメディアコングロマリットであり、テレビと出版広告に関心を持っています。STV Groupは、スコットランドのITVフランチャイズ(スコットランド中部とグランピアン)の両方を所有および運営しており、どちらもSTVのブランドです。グラスゴーには、2014年6月に開始された独自のテレビチャンネルSTV Glasgowもあり、グラスゴーのSTV本部で撮影されたグラスゴー独自の番組の一部も紹介されています。ショーには、リバーサイドショースコティッシュキッチンシティサファリフットボールショーライブアットファイブが含まれます。STVグラスゴーはSTVエジンバラと合併して2017年4月にSTV2を形成し、最終的に2018年6月に閉鎖されました。

グラスゴーにはさまざまなラジオ局もあります。スコットランドの全国ラジオ放送局であるBBCRadio Scotlandは、同じくストーノウェーに本拠を置くゲール語の姉妹局と並んで、BBCのグラスゴー本部にあります。バウアーラジオはグラスゴーの主要な商用ラジオ局であるクライド1とクライド2を所有しており、230万人以上のリスナーに届けることができます。[138] 2004年、STV Group plc(当時はSMG plcとして知られていました)は、Scottish Radio Holdingsの27.8%の株式を放送グループEMAPに9,050万ポンドで売却しました。グラスゴーから放送している他の局には、105.2 Smooth Radio、Real Radio、96.3 Rock Radioがあり、これらはすべてGMGRadioが所有しています。グローバルラジオのセントラルスコットランドラジオ局キャピタルFMスコットランドも、グラスゴーのスタジオから放送されています。この都市には、ケルト音楽ラジオ、サブシティラジオ、ラジオマグネティック、サニーゴーバンラジオ、AWAZ FM、インサイトラジオなどの強力なコミュニティラジオセクターがあります。

宗教

グラスゴーのプロテスタント/カトリックの所属(2011年国勢調査)
スコットランド教会
カトリックローマン

グラスゴーは宗教の多様性に富んだ都市です。スコットランドの教会とローマ・カトリック教会は、市内の二大教派です。スコットランド教会のグラスゴー長老会には147の会衆があります(そのうち104は市の境界内にあり、他の43は隣接する地域にあります)。[139]市の境界内には、グラスゴーのローマカトリック大司教区の65の小教区[140]とマザーウェルの主教区の4つの小教区があります。[141]都市は4つのクリスチャンあり大聖堂:グラスゴー大聖堂、スコットランドの教会のを。ローマカトリック教会の聖アンドリュー大聖堂。聖マリア大聖堂の、スコットランド聖公会、および聖ルカ大聖堂の、ギリシャ正教会。バプテスト教会と救世軍はよく表されています。

グラスゴー大聖堂は、聖ムンゴが彼の教会を建設し、グラスゴーを設立した場所を示しています 。

プロテスタント教会は、バプテスト教会、聖公会教会、メソジスト教会、長老派教会など、数が最も多い教会です。2001年の国勢調査によると、人口の32%がスコットランドのプロテスタント教会をフォローし、29%がローマカトリック教会をフォローしています(キリスト教徒全体で65%)。[142]街のローマカトリックの人口の多くは、アイルランドの祖先の人口です。2つの宗派とそれぞれのコミュニティの間の区分は、ベルファストのように領土的に分離されていませんが、北アイルランドと同様の性質で、グラスゴーの宗派主義において主要な役割を果たしています。[143] [144]

聖書のユニテリアンは、地理的に「南」、[145]「中央」[146]、「ケルビン」と呼ばれる3つのキリスト教教会によって表されます。[147]

シーク教徒のコミュニティは4で提供していますGurdwaras。二つはウエストエンド(に位置している中央GurdwaraシンSabhaでサンディフォードとグル・ナーナクシーク教寺院でKelvinbridgeに)とのサウスサイドエリアに2 Pollokshields(教祖Granth SahibのGurdwaraスリグル・テ・バハダGurdwara)。2013年、スコットランド初の専用グルドワラが大規模な開会式で開会しました。380万ポンドの費用で建てられ、1500人の崇拝者を収容できます。[148]中央グルドワラは現在、市内に新しい建物を建設中です。スコットランドには約10,000人のシーク教徒がおり、その大多数はグラスゴーに住んでいます。[149]

ゴーバルズ地区のグラスゴーセントラルモスクはスコットランドで最大のモスクであり、市内の他の12のモスクと並んで、33,000人と推定される市内のイスラム教徒の人口に対応しています。[150]

グラスゴーにはヒンドゥー教のマンディールもあります。

グラスゴーには、市内中心部にあるロマネスクリバイバルのガーネットヒルシナゴーグを含む7つのシナゴーグがあります。グラスゴーは現在、ロンドン、マンチェスター、リーズ、ゲーツヘッド、ブライトン、ボーンマスに次ぐイギリスで7番目に多いユダヤ人人口を抱えていますが、かつてはロンドンに次ぐユダヤ人人口であり、ゴーバルだけで2万人と推定されています。[151]

1993年、グラスゴーに聖マンゴー宗教生活芸術博物館がオープンしました。世界の主要な宗教的信仰をすべて調べることができる唯一の公立博物館であると考えられています。[152] [153]

言語

Glaswegianさもなければとして知られている、グラスゴーパターは、ローカル多様であるスコットランド。

グラスゴー訛りは方言であり、代替発音以上のものです。言葉はまた、例えば、「離れ」のように「残して」を意味することができ、コンテキストに応じて、その意味を変える離れA'm、命令はのように迷惑であることを停止するために離れてのWiあなたがたのように「認知症」、または「酔っを」か、彼は離れますwiitジンジャーは、炭酸飲料の用語であり、歴史的にジンジャービールを指します(ボトルoジンジャーIPA:  [əˈboʔləˈdʒɪndʒər])。それから、その意味が標準英語のそれと明白な関係がない単語があります:クーポンは「チケットクーポンをパンチする」を介して「顔」を意味します。ずつきは、この用語はめったにGlaswegiansで使用されていないものの、「グラスゴーのキス」としてイギリス諸島の多くの部分で知られている「Malkie」を言う人、例えば、「Malkieがたah'll」または「上heid /ナットスティックれますあなたがた」。

歴史的に、Glaswegianのスピーカーから、それらの発信元を参照する場合がありますスコットランド高地及び西諸島ようteuchters[154] 、彼らはとGlaswegiansを参照して往復運動させるだろうがkeelies(埋め立てたいかがわしい街の住人、古いスコットランド語と地元の人に受け入れられました)。[155]最近では、グラスゴー人を表すためにウィージーという言葉がより広く使われるようになりました。[156] [157]

長時間実行されるテレビドラマタガートと喜劇が空にChewin'脂肪ラブC.ネスビットそれでもゲームリミーのショー親愛なるグリーンプレースGlaswegian描写パトワをしながら、ケビン橋、フランキーボイル、クレイグ・ファーガソンとビリー・コノリーが行われてきました世界に知られているグラスゴーのユーモア。現在、ウルドゥー語/ヒンディー語は、パキスタンとインドの民族出身の都市の人々の間でも広く話されています。グラスゴーは、スコットランドのゲール語がハイランド諸島以外で使用されている主要な場所です。2011年には、3歳以上の5,878人の住民がゲール語を話しました。これは人口の1.0%に相当します。スコットランドの25の最大の都市と町のうち、ゲール語を話す人の割合が高いのは、ハイランドの非公式の首都であるインバネスだけです。[158]でグレーターグラスゴーの面積は8899ゲール語、スピーカーや人口の0.8%でした。[159]ゲール語のテレビ局BBCアルバとゲール語のラジオ局BBCRadionanGàidhealはどちらもグラスゴーにスタジオを持っており、ハイランド諸島と島嶼国の外にある唯一の場所です。[160]

建築

時計回りに、左上から: ピープルズパレスは、グラスゴーの市内中心部にある19世紀の建築物の例です。人民宮殿はカテゴリーA指定建造物です。 SECアルマジロは、 1997年に開かれ、国内外の都市を表現するために頻繁に画像として使用されている象徴的なグラスゴー構造を、と考えられます。 グラスゴー科学センターと グラスゴータワーで 太平洋岸壁の都市の面積、再生の取り組みの一環として、市内のモダンなデザインの例。クライド川のほとりなど、グラスゴーを通じて新しい高層マンションが建設 され、1960年代に建設された老朽化したグラスゴーのタワーブロックに取って代わりました 。

中世のグラスゴーはほとんど残っていません。この時期の2つの主要なランドマークは、15世紀のプロバンド領主館と13世紀の聖マンゴ大聖堂ですが、市内中心部の東側にある元の中世の街路計画(多くの街路名とともに)はほとんどそのまま残っています。また、15世紀にカスカート城の建設が始まり、C.1450が完成し、あらゆる方向からの景観が印象的でした。これは、この城にあったスコットランドのメアリー女王は、おそらくで彼女の敗北の前に夜を過ごしたLangsideの戦い城は、安全上の理由のために1980年に取り壊された月1568インチ 今日見られる中心市街地の大部分は19世紀にさかのぼります。その結果、グラスゴーの印象的な遺産があるビクトリア朝の建築を:グラスゴー市議会。グラスゴー大学の本館、ジョージ・ギルバート・スコット卿によって設計されました。ジョン・W・シンプソン卿によって設計されたケルビングローブ美術館と博物館は、注目に値する例です。

この街はグラスゴー芸術大学によって設計された建築で有名であり、そのスタイルの最も注目すべき指数はチャールズレニーマッキントッシュです。マッキントッシュは、アーツアンドクラフツムーブメントの建築家兼デザイナーであり、英国のアールヌーボーの主要な指数であり、グラスゴー芸術大学、ウィローティールーム、スコットランドストリートスクールミュージアムなど、数多くの有名なグラスゴーの建物を設計しました。同じくマッキントッシュによって設計されたグラスゴーの隠された宝石は、有名な芸術家によって建てられた唯一の教会であるクイーンズクロス教会です。[161]

街の外観に永続的な影響を与えてきたもう1人の建築家は、ホルムウッド邸の別荘などの注目すべき例を挙げたアレクサンダートムソンです。同様に、ジョンジェイムズバーネット卿は、生涯にわたる建築への奉仕に対してRIBAのロイヤルゴールドメダルを授与しました。建物は「帝国の第二の都市」の住民の富と自信を反映しています。グラスゴーは、産業革命から発展した貿易と産業から莫大な富を生み出しました。造船所、海洋エンジニアリング、製鋼、および重工業すべての都市の成長に貢献しました。

市内で最も印象的な建物の多くは赤または金髪の砂岩で建てられましたが、産業時代には、1956年に大気浄化法が導入されるまで、煤や汚染物質の黒い層が炉から消えていました。これらの建物のうち、清掃され、元の外観に復元されています。[要出典]市内には、建築上および歴史上重要な1,800以上の指定建造物があり、1,471ヘクタール以上に広がる23の保護地域があります。そのような地域には、中央地域、デニスタウン、ウエストエンド、ポロックシールズ(英国で最初に計画された主要な庭園郊外)、ニューランズ、カーマンノックの村が含まれます。[162]

グラスゴーの近代的な建物にはグラスゴーロイヤルコンサートホールがあり、クライドのほとりに沿ってグラスゴーサイエンスセンター、ハイドロ、スコットランド展示会議センターがあります。クライドオーディトリアムはノーマンフォスター卿によって設計され、通称で知られています。 「アルマジロ」。2006年、ザハハディッドは新しい運輸博物館を設計するためのコンテストで優勝しました。[163]ハディッドの博物館は2011年にウォーターフロントにオープンし、場所の変更を反映し、クライドに由来するグラスゴーの豊かな産業遺産を祝うためにリバーサイド博物館に改名されました。[164]

グラスゴーの印象的な歴史的および現代的な建築の伝統は、1999年に英国の建築とデザインの都市に指定されたときに祝われ[165]、リバプールとエジンバラで称賛を勝ち取りました。[166]

RMSクイーンエリザベス2は、グラスゴーのクライド川のジョンブラウン造船所に 建設されました。
RMSクイーンメリー号は主にグラスゴーの発電所造船業の兆候と見なされています

グラスゴーはスコットランドで最大の経済を持ち[167]、スコットランド中西部の大都市圏の中心にあります。グラスゴーはまた、英国のどの都市よりも1人当たりGDPが3番目に高い(ロンドンとエジンバラに次ぐ)。[168] [更新が必要]市自体は12,000以上の企業で410,000以上の仕事を支えています。2000年から2005年の間に市内で153,000人以上の雇用が創出されました。これは32%の成長率です。[169]グラスゴーの年間経済成長率4.4%は、現在ロンドンに次ぐものです。2005年には、17,000を超える新しい雇用が創出され、2006年には、市内への民間部門の投資が42億ポンドに達し、1年間で22%増加しました。[170]グレーターグラスゴー地域の住民の55%が毎日市内に通勤しています。造船やその他の重工業などの主要な輸出志向の製造業は、徐々に重要性がより多様な形態の経済活動に取って代わられましたが、Aggreko、Weir Group、Clyde Blowers、Howdenなどの主要な製造会社は引き続き市内に本社を置いています。、Linn Products、Firebrand Games、William Grant&Sons、Whyte and Mackay、The Edrington Group、British Polar Engines、AlbionMotors。[171]

グラスゴーはかつて英国で製造業にとって最も重要な都市の1つであり、都市の富を大量に生み出しました。最も著名な産業は、クライド川を拠点とする造船業です。[172]グラスゴーはその経済成長の多くを造船業に負っていたが、それは今日でもファーガソンマリンとBAEシステムズマリタイム-ネイバルシップスの2つの造船所の形で続いているが、この都市はタバコ貿易にルーツを持っており、ジョングラスフォードなどの人物によって開拓された、タバコの取引から「中世の眠りから立ち上がった」。[173]この都市は、1960年代に衰退する前に、19世紀に成長したノースブリティッシュロコモティブカンパニーなどの企業が主導する機関車建設産業でも有名でした。

スコットランド最大の産業と雇用主の本拠地であるグラスゴーの市内中心部の眺め

製造業は衰退しましたが、グラスゴーの経済は、金融およびビジネスサービス、通信、バイオサイエンス、クリエイティブ産業、ヘルスケア、高等教育、小売、観光などの第三次産業の著しい相対的成長を見てきました。[174]グラスゴーは現在、スコットランドで2番目に人気のある外国人観光地であり(英国では5番目)[175]、スコットランド最大の小売センターを提供しています。

1998年から2001年の間に、市の金融サービス部門は30%の割合で成長し、歴史的にスコットランドの金融部門の中心であったエジンバラでかなりの利益を上げました。[176] [177]グラスゴーは現在、ヨーロッパで最大の16の金融センターの1つであり[178]、市内に重要な事業または本社を設立する優良金融セクター企業の数が増えています。[179]

1990年代と21世紀の最初の10年間で、グラスゴーに拠点を置くコールセンターの数が大幅に増加しました。2007年には、スコットランドのコールセンターの全従業員の3分の1にあたる約20,000人が、グラスゴーのコールセンターに雇用されました。[180]この成長と、卒業生を臨時労働者として採用するための採用機関の高い利用は、TUCや他の組合機関による長時間、低賃金、雇用保障の欠如などの搾取的慣行の告発につながった。[181]近年、いくつかのコールセンターはこの批判を是正するための措置を講じている。[要出典]

市の主要な製造業には、以下に関与する企業が含まれます。造船、エンジニアリング、建設、醸造と蒸留、印刷と出版、化学薬品と繊維、およびオプトエレクトロニクス、ソフトウェア開発、バイオテクノロジーなどの新しい成長分野。[182]グラスゴーは、スコットランドのシリコングレンハイテクセクターの西部を形成し、RHAテクノロジーズなどの家電企業が本社を置いています。

公共交通機関

グラスゴー中央駅は、ウェストコースト本線の北端です 。

グラスゴーには大規模な都市交通システムがあり、そのほとんどはStrathclyde Partnership for Transport(SPT)によって管理されています。

グラスゴークイーンストリート駅は、エジンバラと スコットランド高地への鉄道サービスの主要な接続です 。

市内には多くのバスサービスがあります。以来、バス規制緩和ほぼすべてのSPTパートファンドいくつかのサービスが、民間事業者によって提供されています。市内の主要なバス事業者は、First Glasgow、McGill's Bus Services、Stagecoach West Scotland、GlasgowCitybusです。市内の主要バスターミナルはブキャナンバスステーションです。

グラスゴーは、ロンドン以外の英国で最も広範な都市鉄道ネットワークを持っており、鉄道サービスはスコットランド西部の大部分に移動しています。ほとんどの路線はイギリス国鉄の下で電化されていました。地元のグラスゴー列車を含むスコットランド内を走るすべての列車は、スコットランド政府によって決定されたフランチャイズを所有するアベリオスコットレールによって運営されています。中央駅とクイーンストリート駅は、2つの主要な鉄道ターミナルです。グラスゴー中央は642キロ(399マイル)長いの末端であるウェスト・コースト本線[183]からロンドンユーストンとしてだけでなく、TransPennineエクスプレスマンチェスターからサービスクロスカントリーバーミンガム、ブリストル、プリマス、イギリスの様々な他の目的地からのサービス。グラスゴーセントラルは、グラスゴー、エアシャイア、インバークライドの南側にある郊外サービスの終点でもあり、ダルミュアからマザーウェルへのクロスシティリンクもあります。スコットランド内の他のほとんどのサービス(エジンバラへの幹線、およびアバディーン、ダンディー、インバネス、西高地へのサービス)は、クイーンストリート駅から運行しています。

ブキャナンバスステーションはグラスゴー内の主要なバスターミナルです

市の郊外のネットワークは現在、クライド川によって分割されており、それらをリンクするためにCrossrailGlasgowイニシアチブが提案されています。現在、スコットランド政府からの資金提供を待っています。市内は4つの直接鉄道リンクでエジンバラに接続されています。郊外の鉄道網に加えて、SPTはグラスゴー地下鉄を運営しています。地下鉄は英国で唯一の完全な地下鉄システムであり、ロンドン地下鉄とブダペストメトロに次ぐ世界で3番目に古い地下鉄として一般に認識されています。[184]鉄道駅と地下鉄駅の両方に、多くのパークアンドライド施設があります。

クライド川のほとりに沿ったより広い再生の一環として、クライドファストリンクと呼ばれるバス高速輸送システムがグラスゴー市内中心部からクイーンエリザベス大学病院まで運行されています。[185]

運送

グローバルな船舶管理は、グラスゴーの海事およびロジスティクス会社によって、10万人以上の船員を雇用している顧客企業で実施されています。これは、何十年にもわたる海事スキルと、英国のそのような卒業生の約3分の1を卒業するグラスゴー市立大学海事キャンパスでの世界中のデッキオフィサーと海洋エンジニアのトレーニングと教育を反映しています。[186]

クライドポートが運営するグラスゴー内の主な運用ドックは、ブレーヘッド近くのキングジョージVドックです。コンテナ化の到来以来、ハンターストンターミナルなどの他のほとんどの施設は、クライド湾の深海にあり、年間約750万トンの貨物を処理しています。グラスゴーからのより長い遠方の商業海上輸送は、ヘブリディーズ海を通過することにより、地中海やバルト海の港を含む多くのヨーロッパの目的地に定期的に発生します。[187]

クライド川のマリーナや町では、レジャーと観光のセーリングが重要です。これには、世界で最後に操業している外輪船であるPSウェイバリー号が含まれます。[188]

道路

M8キングストン橋の上にクライドを交差し、スコットランドで最もにぎやかである 高速道路。

主要なM8高速道路は市内中心部を通過し、M77、M74、M73、およびM80高速道路に接続します。これらはすべて、市内の境界内を通過します。A82は、グラスゴーを接続アーガイルと西部の高原。M74は、直接南に向けて走るカーライル。

市内の他の戦略道路には、イーストエンド再生ルートがあります。イーストエンド再生ルートは、イーストエンドのエリアへのアクセスを容易にし、M8と延長されたM74を接続します。

空港

市内には、市内中心部から45分以内に3つの国際空港があり、中央に水上飛行機のターミナルがあります。2つはグラスゴーに捧げられ、3つ目はエジンバラの西側に位置するためグラスゴーに比較的近いエジンバラインターナショナルです。これらの空港は、レンフリューシャーのグラスゴー空港(GLA)(市内中心部の西8マイル(10 km))、エディンバラ空港(EDI)のエアシャイアのグラスゴープレストウィック空港(PIK)(南西30マイル(50 km))です。クライド川のグラスゴー科学センターのそば、エジンバラとグラスゴー水上飛行機ターミナルで東に34マイル(50 km)。市内には、国内および民間の小規模な空港もいくつかあります。クライド川のほとりのストブクロス埠頭にヘリポート、グラスゴーシティヘリポートがあります。

すべての国際空港は公共交通機関で簡単にアクセスでき、GLAとEDIは主要バス駅からバス路線で直接接続されており、グラスゴー中央駅からPIKに直接鉄道で接続されています。グラスゴー国際空港への直接鉄道リンクを提供する一連の提案は、2009年のグラスゴー空港鉄道リンクを皮切りに失敗に終わった。[189] 2019年の時点で、地方自治体は接続を含む「グラスゴーメトロ」の計画を承認した。国際空港へ。[190]

ハインドランドの典型的な赤い砂岩グラスゴーの長屋

グラスゴーはその長屋で知られています; 赤と金髪の砂岩の建物は、街の最も有名な特徴のいくつかです。[191]これらは、19世紀および20世紀のグラスゴーで最も人気のある住宅形態であり、今日でもグラスゴーで最も一般的な住宅形態である。長屋は一般的に幅広い社会的タイプによって購入され、広い部屋、高い天井、オリジナルの時代の特徴のために好まれています。[192]グラスゴーのハインドランド地域は、英国で最初の長屋保護地域になり[193]、6つの寝室を持ついくつかの長屋が含まれています。

英国の多くの都市と同様、グラスゴーにある高層住宅の建設目撃タワーブロックを大型に伴い、1960年代に溢れ財産などの分野では、都市の周辺にポロック、Nitshill、Castlemilk、Easterhouse、ミルトンとDrumchapel。[194]これらは、もともと周辺の田園地帯、高地、およびイギリスの他の地域、特にアイルランドから移住した労働者が地元の労働需要を満たすために建てられた、腐敗した都心部の長屋を置き換えるために建てられた。[195]当時の大規模な需要は新しい建物のペースを上回り、多くの元々は立派な長屋がしばしば過密で不衛生になりました。[196]多くはゴーボールズのような悪名高いスラム街に退化した。

ヒルズボロロードの近くにある20世紀のスタイルの家

この住宅事情を改善するための努力は、19世紀後半の都市改善トラストで最も成功し、トロンゲート、ハイストリート、グラスゴー十字路などの旧市街地域のスラム街を一掃しました。[197]ブルース・レポートによって動機付けられたようなその後の都市再生イニシアチブは、スラムの長屋の包括的な取り壊し、都市の周辺の新しい町の開発、および高層ビルの建設を伴いました。

現在、長屋の解体政策は、近視眼的で無駄が多く、ほとんど成功していないと考えられています。[198]グラスゴーの最悪の長屋の多くは、1970年代と1980年代に望ましい宿泊施設に改装され[198]、解体政策は「普遍的に賞賛された建築」スタイルの多くの素晴らしい例を破壊したと考えられています。[192]グラスゴー住宅協会は、 2003年3月7日に市議会から住宅ストックの所有権を取って、高層アパートの明確かつDEMOLISH多くの£96百万クリアランスと解体のプログラムを開始しました。[199]

クイーンエリザベス大学病院はヨーロッパ最大の病院キャンパスです

医療は主にNHSスコットランドによって提供され、NHSグレーターグラスゴーとクライドによって直接管理されています。

とを含め、主要な病院、事故&緊急規定は、以下のとおりです。西部診療所、Gartnavel総合病院、グラスゴー王立診療所と歯科病院の都市センターでは、Stobhill病院北とでビクトリア診療所やクイーン・エリザベス大学病院南で側。Gartnavel RoyalHospitalとThePrioryは、グラスゴーを拠点とする2つの主要な精神病院です。

クイーン・エリザベス大学病院(QEUH)キャンパスにある1677-ベッドの急性期病院でGovanグラスゴーの南西に。旧南部総合病院跡地に建設され、2015年4月末に開院。新築1,109床の成人病院、256床の小児病院、2つの主要なA&E部門(1つは成人用、旧病院から残された建物に加えて、子供用のもの。QEUHは、スコットランド西部の地域主要外傷センター[200]であり、ヨーロッパ最大の病院キャンパスでもあります。[201]

NHSが提供する緊急電話サービスもあり、時間外センターを通じて一般開業医に24時間アクセスできます。救急医療サービスは、スコットランドの救急車サービスによって提供され、セントアンドリュース救急車協会などの任意団体によってサポートされています。市内の主要病院とグラスゴー大学医学部の間では、強力な教育の伝統が維持されています。

すべての薬局は、軽度の病気のアドバイス、緊急ホルモン避妊、公衆衛生のアドバイスを含む幅広いサービスを提供しており、一部の薬局は酸素と注射針の交換を提供しています。

市の西端のナフィールドと南側のロスホールには私立の診療所と病院があります。

グラスゴー大学は、英語圏では、世界のトップ100大学間の第四最古の大学です。

グラスゴーは高等学術研究の主要な中心地であり、市内中心部から10マイル(16 km)以内に次の大学があります。

  • グラスゴー大学[202]
  • ストラスクライド大学[203]
  • グラスゴーカレドニアン大学[204]
  • スコットランド西部大学[205]
  • グラスゴー芸術大学[206]
  • スコットランド王立スコットランド音楽院[207]
  • シティオブグラスゴーカレッジ[186]
  • グラスゴークライドカレッジ[208]
  • グラスゴーケルビンカレッジ[209]
  • ウェストカレッジスコットランド[210]

2011年、グラスゴーには18〜74歳の53,470人のフルタイムの学生が学期中にこの都市に居住しました。これはスコットランドの他のどの都市よりも多く、ロンドン以外の英国で5番目に大きい都市です。[211]で自宅の存在から離れて住んでいる人の大半Shawlands、Dennistoun、街のウエストエンド。[212]

市議会は、29の中等学校、149の小学校、3つの専門学校を運営しています。スコットランドのダンススクール、グラスゴースポーツスクール、グラスゴーゲールスクール(SgoilGhàidhligGhlaschu)は、スコットランドでゲールだけで教える唯一の中等学校です。野外教育施設は、ヘレンズバーグ近くのブレアバーダックセンターにある市議会によって提供されています。ジョーダンヒルスクールはスコットランド政府によって直接運営されています。グラスゴーには、1124年に設立されたグラスゴー高校やスコットランドで最も古い学校など、多くの独立した学校もあります。ハッチェソンズグラマースクールは、1639年に設立され、英国で最も古い学校機関の1つです。そして、のような他のCraigholme学校(2020年閉鎖)、グラスゴーアカデミー、Kelvinsideアカデミーと聖Aloysius専門学校。

フットボール

グラスゴーには 、スコットランド代表サッカーチームの本拠地であるハムデンパークがあります。

世界初の国際的なサッカーの試合はで1872年に開催されたスコットランドクリケットクラブの西のハミルトンクレセントの接地Partickの街のエリア。スコットランドとイングランドの試合は0–0で終了しました。

グラスゴーは、同じシーズンにヨーロッパの決勝戦で2つのサッカーチームを持った最初の都市でした(1985年にリバプール、1986年、2014年、2016年、2018年にマドリード、1994年にミラノ、2019年にロンドンが参加して以来):1967年に[213]、セルティックはヨーロッパカップ決勝に出場し、ライバルのレンジャーズはカップウィナーズカップ決勝に出場しました。レンジャーズは、1961年にヨーロッパの決勝戦に到達した、英国からの最初のサッカークラブでした。彼らはまた、世界の他のどのサッカークラブ(現在55)よりも多くの国内トップクラスのリーグタイトルを獲得しています。セルティックの管理の下で、欧州チャンピオンズカップを獲得する最初の非ラテン系のクラブだったジョック・ステインで1967年前、マンチェスター・ユナイテッド翌年。セルティックはまた、1970年に別のヨーロッパカップ決勝に進み、フェイエノールトに敗れ、2003年にUEFAカップの決勝に進み、ポルトガルのポルトに3対2で敗れた魅惑的な試合に敗れました。レンジャーズも2008年に同じ大会の決勝に進み、ロシアのゼニトサンクトペテルブルクに敗れました。

スコットランドの国立サッカースタジアムであるハンプデンパークは、サッカーの試合への参加でヨーロッパの記録を保持しています。149,547 [214]は、英国の主要なスタジアムが全席に入る前の1937年にスコットランドがイングランドを3対1で破ったのを見ました。ハムデンパークは、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦を3回開催し、最近では2002年に開催し、2007年にUEFAカップ決勝戦を開催しました。セルティックパーク(60,411席)はグラスゴーの東端にあり、アイブロックススタジアム(50,817席)は南側にあります。

Glasgow has four professional football clubs, who all play in the SPFL: Celtic, Rangers, Partick Thistle, and Queen's Park (after their move from amateur status in November 2019). Prior to this, Glasgow had two other professional teams: Clyde (since moved to Cumbernauld) and Third Lanark (liquidated in 1967), plus four others active in the league in the 19th century: Thistle, Cowlairs, Northern and Linthouse. There are a number of West of Scotland Football League clubs within the city as well, such as Pollok, Maryhill, Benburb, Ashfield, Glasgow Perthshire F.C., Shettleston, and Petershill, plus numerous amateur teams.

The history of football in the city, as well as the status of the Old Firm, attracts many visitors to football matches in the city throughout the season. The Scottish Football Association, the national governing body, and the Scottish Football Museum are based in Glasgow, as are the Scottish Professional Football League, Scottish Junior Football Association and Scottish Amateur Football Association. The Glasgow Cup was a once popular tournament, which was competed for by Rangers, Celtic, Clyde, Partick Thistle and Queen's Park. The competition is now played for by the youth sides of the five teams.

Glasgow is also home to six women's football teams. Currently, Glasgow City are the champions of the Scottish Women's Premier League.[215] Other local teams include Glasgow Girls and the women's sections of the men's clubs: Celtic and Rangers play in the top division.

Rugby union

Glasgow has a professional rugby union club, the Glasgow Warriors, which plays in the European Rugby Champions Cup and Pro14 alongside teams from Scotland, Ireland, Wales and Italy. The Warriors current home is Scotstoun Stadium and has been since 2012, previously they played at Firhill Stadium. They have won the Melrose 7s in both 2014 and 2015 and were also crowned champions of the Pro12 at the end of the 2014/15 season after beating Irish side Munster in Belfast.

In the Scottish League, Glasgow Hawks RFC was formed in 1997 by the merger of two of Glasgow's oldest clubs: Glasgow Academicals and Glasgow High Kelvinside (GHK). Despite the merger, the second division teams of Glasgow Academicals and Glasgow High Kelvinside re-entered the Scottish rugby league in 1998.

South of Glasgow, in East Renfrewshire, in the suburb of Giffnock, is based another of Glasgow area's most prominent clubs Glasgow Hutchesons Aloysians RFC (GHA). GHA was formed in 2002 with the merger of two of Glasgow's leading clubs at the time, Glasgow Southern RFC and Hutchesons Aloysians RFC.

Cartha Queen's Park play at Dumbreck, within the city.

Glasgow was also home to one of the oldest rugby clubs in Scotland,[220] West of Scotland F.C., which was formed in 1865, and was a founding member of the Scottish Rugby Union. The club was originally based in Partick at Hamilton Crescent but is now based outside the city, at Burnbrae, Milngavie in East Dunbartonshire.

Rugby league

The Easterhouse Panthers based in the East End of Glasgow are a rugby league team who play in the Rugby League Conference Scotland Division. Scotstoun Stadium has also hosted many rugby league tournaments/events.

Ice hockey

The City of Glasgow has a number of ice rinks, and a temporary one is set up in George Square in the Christmas period.

From 1966 to 1986, the Glasgow Dynamos played at Crossmyloof Ice Rink.[221] Since October 2010 a team called the Glasgow Clan based in the nearby Braehead Arena in Renfrewshire has played in the professional Elite Ice Hockey League alongside three other Scottish teams, the Fife Flyers, Dundee Stars and the Edinburgh Capitals. This is the first time that a top level ice hockey team has represented Glasgow.

Swimming

The Arlington Baths Club was founded in 1870. It is situated in the Woodlands area of the city and is still in use today. It is believed the club's first Baths Master William Wilson invented water polo at the club. The Arlington inspired other Swimming Clubs and the Western Baths, which opened in 1876, is also still in existence in nearby Hillhead. Most of Glasgow's Victorian and Edwardian Municipal Pools have been closed or demolished, with the city council investing in large new leisure centres such as Tollcross, Springburn, Gorbals, Scotstoun and Bellahouston. A community group is however hoping to re-open Govanhill Baths, on the city's southside.

Basketball

Glasgow hosts Scotland's only professional basketball team, the Glasgow Rocks, who compete in the British Basketball League. Previously based in Renfrewshire's Braehead Arena and the 1,200 seater Kelvin Hall, the team has been based at the Emirates Arena since the 2012/13 season.

Other sports

Emirates Arena in Glasgow, one of the designated stadiums constructed for the 2014 Commonwealth Games

Major international sporting arenas include the Kelvin Hall and Scotstoun Sports Centre. In 2003 the National Academy for Badminton was completed in Scotstoun. In 2003, Glasgow was also given the title of European Capital of Sport.[222]

Glasgow is also host to many cricket clubs including Clydesdale Cricket Club who have been title winners for the Scottish Cup many times. This club also acted as a neutral venue for a One Day International match between India and Pakistan in 2007, but due to bad weather it was called off.

Smaller sporting facilities include an abundance of outdoor playing fields, as well as golf clubs such as Haggs Castle and artificial ski slopes. Between 1998 and 2004, the Scottish Claymores American football team played some or all of their home games each season at Hampden Park and the venue also hosted World Bowl XI.

Glasgow Green and the Gorbals are home to a number of rowing clubs, some with open membership the rest belonging to universities or schools. Historically, rowing races on the River Clyde here attracted huge crowds of spectators to watch regattas in the late 19th century and early 20th century;[223] before football caught the public imagination. Two of Glasgow's rowing clubs separately claim that it was their members who were among the founders of Rangers Football Club.[224]

Motorcycle speedway racing was first introduced to Glasgow in 1928 and is currently staged at Saracen Park in the North of the city. The home club, Glasgow Tigers, compete in the British Premier League, the second tier of motorcycle speedway in Britain.

Glasgow is also one of five places in Scotland that hosts the final of the Scottish Cup of Shinty, better known as the Camanachd Cup. This is usually held at Old Anniesland. Once home to numerous Shinty clubs, there is now only one senior club in Glasgow, Glasgow Mid-Argyll, as well as two university sides from University of Strathclyde and University of Glasgow.

Glasgow bid to host the 2018 Summer Youth Olympics but lost to Buenos Aires in the 4 July 2013 vote.[225]

Glasgow will host the 2018 European Sports Championships along with Berlin (pre-existing hosts of the 2018 European Athletics Championships).

2014 Commonwealth Games

On 9 November 2007, Glasgow was selected to be the host city of the 2014 Commonwealth Games. The games were held at a number of existing and newly constructed sporting venues across the city, including a refurbished Hampden Park, Kelvingrove Park, Kelvin Hall, and the SSE Hydro at the SECC. The opening ceremony was held at Celtic Park. 2014 was the third time the Games have been held in Scotland.[226][227]

The aftermath of the 2007 Glasgow Airport attack, the first terrorist attack to take place in Scotland since the bombing of Pan Am Flight 103 over Lockerbie in 1988
  • 5 April 1902 – 1902 Ibrox disaster – 25 spectators died and more than 500 were injured when a new wooden stand at the Ibrox Park stadium collapsed during an England–Scotland match.[228]
  • 1960s/1970s – Many perished at three major blazes: the Cheapside Street whisky bond fire in Cheapside Street, Anderston (1960, 19 killed);[229] the James Watt Street fire (1968, 22 killed);[230] and the Kilbirnie Street fire (1972, seven killed).[231]
  • 2 January 1971 – 1971 Ibrox disaster – 66 people were killed in a crush, as supporters attempted to vacate the stadium.
  • 11 May 2004 – Stockline Plastics factory explosion – The ICL Plastics factory (commonly referred to as Stockline Plastics factory), in the Woodside district of Glasgow, exploded. Nine people were killed, including two company directors, and 33 injured – 15 seriously. The four-storey building was largely destroyed.
  • 30 June 2007 – 2007 Glasgow International Airport attack – Two jihadist terrorists—Bilal Abdullah and Kafeel Ahmed—deliberately drove a Jeep Cherokee SUV loaded with propane cylinders into the glass doors of a crowded terminal at Glasgow International Airport in an attempted suicide attack. A concrete security pillar blocked the car from entering the terminal. The two perpetrators were both apprehended; Ahmed died of burn wounds sustained in the attack, while Abdullah was convicted in Woolwich Crown Court of conspiracy to murder through terrorism and was sentenced to at least 32 years' imprisonment.[232][233] The perpetrators were also linked to a failed car bombing in London the previous day. Ahmed's brother Sabeel Ahmed pleaded guilty to failing to disclose information about an act of terrorism and was deported.[233]
  • 29 November 2013 – 2013 Glasgow helicopter crash – A Eurocopter EC135-T2+ police helicopter (operated by Bond Air Services for Police Scotland) crashed on top of The Clutha Vaults Bar in Glasgow City Centre, killing all aboard the helicopter (the pilot and two crew members) and seven people in the pub. The cause of the crash was fuel starvation due to pilot error.[234][235]
  • 23 May 2014 – Glasgow School of Art blaze – A fire tore through the historic and world-renowned Glasgow School of Art Mackintosh building, that was designed by Charles Rennie Mackintosh. Around a tenth of the structure and 30% of its contents were destroyed, including the prized Mackintosh Library. There were no deaths but a few were treated for minor smoke inhalation. The Scottish Fire and Rescue were praised for their quick response and plan to effectively tackle the fire. It was later found after a fire investigation that gases inside a projector had overheated and ignited.
  • 22 December 2014 – 2014 Glasgow bin lorry crash – Six people were killed and many were seriously injured when a bin lorry careened out of control and collided with pedestrians, vehicles, and buildings, on Queen Street, Glasgow, before crashing into the Millennium Hotel. The subsequent fatal accident inquiry established that the driver had suffered a "neurocardiogenic syncope" (fainting) episode that caused him to lose control of his vehicle.[236][237]
  • 29 December 2014 – first Ebola virus case in Scotland – Pauline Cafferkey, a nurse returning to Glasgow from Kerry Town treatment centre, Sierra Leone, West Africa where she had been a volunteer caring for patients infected with the Ebola virus was taken into isolation after testing positive for the virus. She was not diagnosed before leaving Sierra Leone.
  • 15 June 2018 – A fire once again broke out in the partially restored Glasgow School of Art, causing extensive damage. The School was widely criticised for failing to install an effective modern sprinkler system in a timely manner. Emergency services received the first call at 11:19 pm BST, and 120 firefighters and 20 fire engines were dispatched to the fire. No casualties were reported. The cause of the fire is as yet unknown.

There is an area on Planet Mars which NASA has named Glasgow, after Scotland's largest city. The Mars rover Curiosity, which landed on the planet in August 2012, has drilled at the site.[238] [239].[240]

Glasgow is twinned with various cities.[241]

  • Nuremberg, Germany (since 1985)
  • Rostov-on-Don, Russia (since 1986)
  • Dalian, China (since 1997)
  • Havana, Cuba (since 2002)
  • Turin, Italy (since 2003)[242]
  • Marseille, France (since 2006)
  • Lahore, Pakistan (since 2006)[243]
  • Bethlehem, Palestine (since 2007)[244][245]
  • Pittsburgh, USA (since 2020)[246][247]

Partnerships

The city is also in a partnership with:

  • Oulu, Finland[248]
  • Berlin, Germany[249]
  • Santiago, Chile

  1. ^ Weather station is located 7 miles (11 km) from the Glasgow city centre.
  2. ^ Weather station is located 7 miles (11 km) from the Glasgow city centre.

Citations

  1. ^ "Dictionaries of the Scots Language:: SND :: glesca".
  2. ^ Cameron, by Lucinda; 00:00, 7 Apr 2010Updated13:09 (6 April 2010). "Plan launched to increase Gaelic use in Glasgow". dailyrecord.CS1 maint: numeric names: authors list (link)
  3. ^ a b c d e "Mid-2016 Population Estimates for Settlements and Localities in Scotland". National Records of Scotland. 12 March 2018. Retrieved 30 December 2020.
  4. ^ "Population Estimates for UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland, Mid-2019". Office for National Statistics. 6 May 2020. Retrieved 6 May 2020.
  5. ^ (Between 1175–78, exact date unknown) Lambert, Tim. "A brief history of Glasgow". localhistories.org. Archived from the original on 12 May 2017. Retrieved 9 May 2017.
  6. ^ "Population on 1 January by age groups and sex - functional urban areas". Eurostat. Archived from the original on 20 December 2020. Retrieved 31 December 2020.
  7. ^ a b "Glasgow". Collins English Dictionary. HarperCollins. Archived from the original on 30 July 2019. Retrieved 30 July 2019.
  8. ^ "Glasgow". Lexico UK Dictionary. Oxford University Press. Retrieved 30 July 2019.
  9. ^ Jones, Daniel (2003) [1917], Peter Roach; James Hartmann; Jane Setter (eds.), English Pronouncing Dictionary, Cambridge: Cambridge University Press, ISBN 978-3-12-539683-8
  10. ^ "Glasgow". The American Heritage Dictionary of the English Language (5th ed.). Boston: Houghton Mifflin Harcourt. Retrieved 30 July 2019.
  11. ^ "Glasgow". Merriam-Webster Dictionary. Retrieved 30 July 2019.
  12. ^ https://www.statista.com/statistics/1101883/largest-european-cities/
  13. ^ "Top 20 Most Popular Cities in the UK for International Visitors". Archived from the original on 9 July 2019. Retrieved 9 July 2019.
  14. ^ "Victorian Glasgow". BBC History. Archived from the original on 14 May 2011. Retrieved 14 September 2010.
  15. ^ "About Glasgow: The Second City of the Empire — the 19th century". Glasgow City Council. Archived from the original on 2 April 2007. Retrieved 9 July 2007.
  16. ^ Fraser, W, H. "Second City of The Empire: 1830s to 1914". University of Glasgow. Archived from the original on 5 January 2008. Retrieved 7 January 2008.
  17. ^ McIlvanney, W. "Glasgow – city of reality". Scotland – the official online gateway. Archived from the original on 4 December 2007. Retrieved 7 January 2008.
  18. ^ "Factsheet 4: Population" (PDF). Glasgow City Council. Archived from the original (PDF) on 3 July 2007. Retrieved 9 July 2007.
  19. ^ James, Alan. "A Guide to the Place-Name Evidence" (PDF). SPNS – The Brittonic Language in the Old North. Archived from the original (PDF) on 7 March 2019. Retrieved 13 October 2019.
  20. ^ "Glaschu". Glaschu. Archived from the original on 1 August 2020. Retrieved 30 April 2020.
  21. ^ "Our Dear Green Place". glasgow.gov.uk. Glasgow City Council. 2018.
  22. ^ Lindsay, Sir John (1921). The City of Glasgow : its origin, growth and development ; with maps and plates. Edinburgh: Royal Scottish Geographical Society. p. 26. Retrieved 3 December 2017.
  23. ^ a b c d e The City of Glasgow – The Third Statistical Account of Scotland, published 1958
  24. ^ Abolition of the Slave Trade Archived 3 January 2012 at the Wayback Machine. Learning and Teaching Scotland Online. Retrieved 26 September 2007
  25. ^ Donnachie, Ian (2004). "The Glasgow Story: Industry and Technology — Food, Drink and Tobacco". The Glasgow Story. Archived from the original on 6 December 2008. Retrieved 29 July 2008.
  26. ^ Harris, Nathaniel (2000). Heritage of Scotland, pg. 70. Checkmark Books, London. ISBN 0816041369.
  27. ^ Fraser, W. Hamish (2004). "Second City of The Empire: 1830s to 1914". The Glasgow Story. Archived from the original on 17 May 2008. Retrieved 9 July 2008.
  28. ^ "Industrial decline – the 20th Century". Glasgow City Council. 28 March 2007. Archived from the original on 17 May 2008. Retrieved 9 July 2008.
  29. ^ Glasgow's Great Exhibitions by Perilla Kinchin and others, published 1988
  30. ^ "Archived copy". Archived from the original on 15 August 2016. Retrieved 6 January 2020.CS1 maint: archived copy as title (link)
  31. ^ a b Staples, John (5 September 2002). "Secret plot to strip Glasgow of influence". The Scotsman. UK. Archived from the original on 19 January 2005. Retrieved 11 December 2007.
  32. ^ Alderson, Reevel (23 June 2008). "Why Glasgow was 'miles better'". BBC News. Retrieved 30 July 2008.
  33. ^ https://uneecc.org/european-capitals-of-culture/history/
  34. ^ "Interim Evaluation of the Cities Growth Fund: A Report to the Scottish Executive — Appendix 4: Glasgow". Scottish Government. March 2007. Archived from the original on 2 March 2012. Retrieved 26 June 2008.
  35. ^ Butler, Richard; Curran, Ross; O'Gorman, Kevin D. (1 September 2013). "Pro-Poor Tourism in a First World Urban Setting: Case Study of Glasgow Govan". International Journal of Tourism Research. 15 (5): 443–457. doi:10.1002/jtr.1888. ISSN 1522-1970.
  36. ^ McIntyre, Zhan (2006). "Housing regeneration in Glasgow: Gentrification and upward neighbourhood trajectories in a post-industrial city" (PDF). eSharp. Archived (PDF) from the original on 10 September 2008. Retrieved 10 July 2008.
  37. ^ Carrell, Severin (15 October 2008). "Lonely Planet guide rates Glasgow as one of the world's top 10 cities". The Guardian. London. Archived from the original on 19 January 2014. Retrieved 15 October 2008.
  38. ^ a b "Breakthrough Glasgow" (PDF). The Centre for Social Justice. 1 February 2008. Retrieved 8 February 2008.
  39. ^ a b c "Glasgow Economic Audit 2007—Summary Report" (PDF). Glasgow Economic Forum. 2007. Archived from the original (PDF) on 25 June 2008. Retrieved 10 July 2008.
  40. ^ "Quality of living global city rankings – Mercer survey". Archived from the original on 18 March 2009. Retrieved 10 July 2008.
  41. ^ "Air quality | The Glasgow Indicators Project". Understandingglasgow.com. Archived from the original on 5 February 2013. Retrieved 25 March 2012.
  42. ^ a b Binnie 1981, p. 190.
  43. ^ a b c "Loch Katrine and aqueducts". Engineering Timelines. Archived from the original on 25 August 2018. Retrieved 27 August 2018.
  44. ^ Binnie 1981, pp. 191–192.
  45. ^ Cross-Rudkin & Chrimes 2008, p. 62.
  46. ^ Cross-Rudkin & Chrimes 2008, p. 325.
  47. ^ "Queen opens Milngavie water treatment works in Scotland". Water Briefing. 8 August 2008.
  48. ^ "Dalmarnock Sewage Treatment Works". Engineering Timelines. Archived from the original on 26 August 2018. Retrieved 27 August 2018.
  49. ^ "History of the Glasgow Sludge Fleet". Archived from the original on 25 August 2018. Retrieved 27 August 2018.
  50. ^ Lobina & Terhorst 2005, p. 30.
  51. ^ "Shieldhall Tunnel now operational as Scotland's biggest sewer". BBC. 30 July 2018. Archived from the original on 26 August 2018. Retrieved 27 August 2018.
  52. ^ "The History of Water". Scottish Water. Archived from the original on 29 August 2018. Retrieved 27 August 2018.
  53. ^ Urquhart, R.M. (1973) Scottish Burgh and County Heraldry. London. Heraldry Today. ISBN 978-0-900455-24-7.
  54. ^ Glasgow Young Scot, 20 Trongate (3 November 2015). "The City Crest". Archived from the original on 23 September 2018. Retrieved 23 September 2018.
  55. ^ Urquhart, R.M. (1979). Scottish Civic Heraldry. London. Heraldry Today. ISBN 978-0-900455-26-1.
  56. ^ Urquhart, R.M. (2001) [1979]. Scottish Civic Heraldry (2nd ed.). Swindon: School Library Association. ISBN 978-0-900649-23-3.
  57. ^ "Election 2015: SNP wins 56 of 59 seats in Scots landslide". BBC News. 8 May 2015. Archived from the original on 21 May 2015. Retrieved 21 June 2018.
  58. ^ "EU referendum: Here is how Glasgow voted". The Evening Times. 28 June 2016. Archived from the original on 29 August 2017. Retrieved 28 August 2017.
  59. ^ European Referendum 2016 Glasgow Results Archived 1 December 2017 at the Wayback Machine (retrieved 29 November 2017)
  60. ^ Who won? How Glasgow voted in Scotland's independence referendum – results map and charts Archived 13 August 2017 at the Wayback Machine at cityam.com (retrieved 12 August 2017)
  61. ^ EU referendum: Glasgow votes Remain by two to one Archived 12 August 2017 at the Wayback Machine at The Scotsman website (retrieved 12 August 2017)
  62. ^ Voter Turnout by constituency, 2015 General Election Archived 6 August 2017 at the Wayback Machine at ukpolitical.info (retrieved 12 August 2017)
  63. ^ 'Poor weather' and 'spike' in number of elections cause voter turnout in Glasgow to decrease Archived 12 August 2017 at the Wayback Machine at Glasgowlive.co.uk (retrieved 12 August 2017)
  64. ^ Russell, Jennifer (9 April 2018). "Glasgow named as Britain's rainiest city". glasgowlive.
  65. ^ "Britain's rainiest cities revealed – and it's good news for Londoners". The Independent. 18 October 2014. Archived from the original on 5 June 2019. Retrieved 5 June 2019.
  66. ^ a b "Climate Station Data for Paisley". Met Office. Archived from the original on 2 January 2016. Retrieved 28 October 2015.
  67. ^ "December 1995 minimum". Archived from the original on 12 June 2012. Retrieved 31 October 2011.
  68. ^ "Synop report summary". www.ogimet.com.
  69. ^ "Paisley 1981–2010 averages". Station, District and regional averages 1981-2010. Met Office. Retrieved 4 November 2012.
  70. ^ "KNMI: Climate Extremes 1959-". KNMI. Retrieved 31 October 2011.
  71. ^ "Averages for Abbotsinch". MetOffice.
  72. ^ United Kingdom: Agglomerations, CityPopulation.de
  73. ^ United Kingdom: Countries and Major Urban Areas, CityPopulation.de
  74. ^ "Mid-2005 Population Estimates Scotland – Table 9 Land area and population density, by administrative area: 30 June 2005". General Register Office for Scotland. Archived from the original (Microsoft Excel) on 27 September 2007. Retrieved 9 July 2007.
  75. ^ scrol.gov.uk/. "2001 Census". Archived from the original on 27 September 2007. Retrieved 9 July 2007.
  76. ^ "Lithuanians in Glasgow". The Guardian. London. 23 January 2006. Retrieved 9 July 2007.
  77. ^ Gray, Alastair; Moffat, William (1989) [1985]. "Departures and Arrivals". A History of Scotland (Rev ed.). Oxford: Oxford University Press. p. 39. ISBN 978-0-19-917063-0. Retrieved 9 July 2007.
  78. ^ "Factsheet 4 – population" (PDF). Glasgow City Council. Archived from the original (PDF) on 3 July 2007. and "Glasgow Population and Size". glasgowguide.co.uk. Archived from the original on 5 October 1999. Retrieved 13 May 2017.
  79. ^ unknown
  80. ^ a b "2011 Population census data" (PDF). crer.org.uk. Archived from the original (PDF) on 3 April 2017.
  81. ^ "Briefing paper 2011 census". Glasgow City Council. 17 October 2013. Archived from the original on 24 September 2015. Retrieved 22 January 2014.
  82. ^ "Statistical Bulletin" (PDF). National Records of Scotland. 17 December 2012. Archived from the original (PDF) on 17 October 2013. Retrieved 17 October 2013.
  83. ^ "Minister backs SPT on White Paper". Interchange Issue 7. Strathclyde Partnership for Transport. September 2004. Archived from the original on 13 June 2007. Retrieved 9 July 2007.
  84. ^ "Review of Scotland's Cities – Transport within the City and the City-Region". Scottish Executive. Archived from the original on 12 October 2008. Retrieved 12 December 2007.
  85. ^ "News: Census 2011: Population estimates for Scotland". The National Archives of Scotland. The National Records of Scotland. 17 December 2012. Archived from the original on 18 October 2013. Retrieved 17 October 2013.
  86. ^ Rogers, Simon (16 July 2012). "2011 census results: how many people live in your local authority?". The Guardian. Archived from the original on 19 October 2013. Retrieved 17 October 2013.
  87. ^ "Glasgow: Population & Density 1891–2001". Demographia. Wendell Cox Consultancy. Archived from the original on 23 November 2010. Retrieved 12 December 2007.
  88. ^ "Life expectancy gap "widening"". BBC News. 29 April 2005. Archived from the original on 18 June 2006. Retrieved 28 August 2008.
  89. ^ Walker, Carole (25 July 2008). "How serious is defeat for Brown?". BBC News. Retrieved 28 August 2008.
  90. ^ "Social factors key to ill health". BBC News. 28 August 2008. Archived from the original on 30 August 2008. Retrieved 28 August 2008.
  91. ^ "GP explains life expectancy gap". BBC News. 28 August 2008. Archived from the original on 31 August 2008. Retrieved 28 August 2008.
  92. ^ The Academy of Urbanism : Awards https://web.archive.org/web/20080119212642/http://www.academyofurbanism.org.uk/awards.htm. Retrieved 28 May 2008
  93. ^ Glasgow, People Make. "The Ultimate Guide to Shopping in Glasgow | People Make Glasgow | People Make Glasgow". peoplemakeglasgow.com. Archived from the original on 13 March 2016. Retrieved 13 March 2016.
  94. ^ "Shopping | Princes Square | Glasgow". www.princessquare.co.uk. Archived from the original on 14 March 2016. Retrieved 13 March 2016.
  95. ^ "Filming Locations for Under The Skin (2013), around Scotland". The Worldwide Guide to Movie Locations. Archived from the original on 10 February 2019. Retrieved 1 December 2019.
  96. ^ Christine (26 October 2011). "Scarlett Johansson begins filming 'Under The Skin' in Glasgow". On Location Vacations. Archived from the original on 27 December 2011. Retrieved 1 December 2019.
  97. ^ "Retail Ranking from Experian" (PDF). Business-strategies.co.uk. Archived from the original (PDF) on 26 March 2009. Retrieved 12 September 2009.
  98. ^ "Top of the Shops – Gerald Eve Publishes Prime Retail". Prnewswire.co.uk. 5 November 2004. Archived from the original on 8 December 2011. Retrieved 12 September 2009.
  99. ^ "Glasgow's Merchant City: Historical Development". Merchant City Initiative. 2008. Archived from the original on 13 May 2008. Retrieved 29 July 2008.
  100. ^ "Merchant City Glasgow: Restaurants and Cafés". Merchant City Glasgow – Merchant City Initiative. 2008. Archived from the original on 16 June 2008. Retrieved 30 July 2008.
  101. ^ "Merchant City Glasgow: Shops". Merchant City Glasgow – Merchant City Initiative. 2008. Archived from the original on 16 June 2008. Retrieved 30 July 2008.
  102. ^ a b "Merchant City Glasgow: Galleries and Art". Merchant City Glasgow – Merchant City Initiative. 2008. Archived from the original on 16 June 2008. Retrieved 30 July 2008.
  103. ^ "Trongate 103". 2008. Archived from the original on 1 November 2008. Retrieved 30 July 2008.
  104. ^ "Merchant City Glasgow: Venues and Theatres". Merchant City Glasgow – Merchant City Initiative. 2008. Archived from the original on 16 June 2008. Retrieved 30 July 2008.
  105. ^ "Let Glasgow flourish". Scotland: the official online gateway. Archived from the original on 13 May 2008. Retrieved 29 July 2008.
  106. ^ "Glasgow Conferences Venues UK". Conferences-uk.org.uk. 17 July 1995. Archived from the original on 11 January 2009. Retrieved 12 September 2009.
  107. ^ "The home of the Scottish Exhibition + Conference Centre". SECC. Archived from the original on 7 September 2009. Retrieved 12 September 2009.
  108. ^ "Scottish Exhibition and Conference Centre". Archived from the original on 13 May 2011.
  109. ^ "The Official Glasgow Barrowland Ballroom Site". Glasgow Barrowland. Archived from the original on 15 April 2009. Retrieved 5 May 2009.
  110. ^ Glasgow Architecture (1999). "Homes for the Future, 1999". Glasgow Architecture. Archived from the original on 4 June 2009. Retrieved 12 September 2009.
  111. ^ "Templeton's Carpet Factory, Glasgow". princes-regeneration.org. Archived from the original on 19 October 2007. Retrieved 20 June 2008.
  112. ^ "East End Healthy Living Centre Homepage". Eehlc.org.uk. 17 October 2013. Archived from the original on 5 May 2014. Retrieved 5 May 2014.
  113. ^ Rebecca Gray (21 November 2012). "What now for city's Provan gas towers?". Evening Times. Archived from the original on 4 November 2018. Retrieved 4 November 2018.
  114. ^ Hannah Rodger (10 October 2017). "Glasgow's skyline could be changing as future of historic Provan gasworks up for debate". Evening Times. Archived from the original on 4 November 2018. Retrieved 4 November 2018.
  115. ^ Alison Campsie (21 May 2018). "Row over historic protection for "eyesore" gasworks". The Scotsman. Archived from the original on 4 November 2018. Retrieved 4 November 2018.
  116. ^ "New Local Government areas". Hansard. 22 October 1973. Archived from the original on 4 November 2018. Retrieved 4 November 2018.
  117. ^ Irene Maver. "Modern Times: 1950s to The Present Day > Neighbourhoods". The Glasgow Story. Archived from the original on 29 October 2015. Retrieved 4 November 2018.
  118. ^ "Scotland's Landscape: City of Glasgow". BBC. Archived from the original on 17 March 2017. Retrieved 4 November 2018.
  119. ^ "Pollok Park Britain's Best Park". Glasgow City Council. Archived from the original on 15 June 2008. Retrieved 20 June 2008.
  120. ^ Nicoll, Vivienne. "Starting gun sounds for regeneration of Sighthill". eveningtimes.co.uk. Archived from the original on 26 August 2014. Retrieved 26 August 2014.
  121. ^ 180 jobs under threat at Glasgow rail services firm Archived 17 December 2018 at the Wayback Machine BBC News 12 December 2018
  122. ^ Williams, Craig (10 January 2020). "Looking back at Glasgow's year as European Capital of Culture 30 years on". GlasgowLive. Retrieved 10 December 2020.
  123. ^ www.glasgow.gov.uk. 17 November 2015 https://web.archive.org/web/20100914110213/http://www.glasgow.gov.uk/en/Residents/Library_Services/The_Mitchell/historymitchell.htm. Archived from the original on 14 September 2010. Missing or empty |title= (help)
  124. ^ The University of Glasgow Library: Friendly Shelves, published in 2016 ISBN 9780993518508 [1] Archived 9 October 2016 at the Wayback Machine
  125. ^ Hancox, John. "Glasgow's first poet laureate". Avenue. Archived from the original on 7 October 2006. Retrieved 9 July 2007.
  126. ^ "Liz Lochhead". The British Council. Archived from the original on 2 November 2012. Retrieved 18 February 2015.
  127. ^ "Liz Lochhead appointed as makar, Scotland's national poet". The Guardian. Archived from the original on 18 February 2015. Retrieved 18 February 2015.
  128. ^ "Lord Provost announces appointment of new Poet Laureate for Glasgow". Herald Scotland. Retrieved 18 February 2015.
  129. ^ McQueen, Craig (14 August 2013). "Glasgow awarded unlikely title of Britain's most vegan friendly city by animal activists". Daily Record. Archived from the original on 11 May 2014. Retrieved 5 May 2014.
  130. ^ List of Mod's places Archived 15 January 2013 at the Wayback Machine for each year on Sabhal Mòr Ostaig website
  131. ^ https://www.glasgowlive.co.uk/news/glasgow-news/glasgows-sse-hydro-named-worlds-17445199
  132. ^ "SLTN Awards". 10 November 2011. Archived from the original on 25 April 2012. Retrieved 13 November 2011.
  133. ^ Smith, Richard. "Bristol named Britain's most musical city". Daily Mirror. Archived from the original on 5 June 2011. Retrieved 25 August 2011.
  134. ^ "Glasgow 'most mentioned UK city' in song titles". BBC News. Archived from the original on 18 July 2018. Retrieved 21 June 2018.
  135. ^ Seenan, Gerard (4 September 2004). "Rock bands inspire Belle epoque for Glasgow scene". The Guardian. London. Archived from the original on 17 October 2007. Retrieved 9 July 2007.
  136. ^ "InTheMix.com.au". InTheMix.com.au. 28 May 2002. Archived from the original on 9 January 2009. Retrieved 12 September 2009.
  137. ^ "Glasgow at the Moving Image Archive". Moving Image Archive. National Library of Scotland. Archived from the original on 18 March 2018. Retrieved 17 March 2018.
  138. ^ "Scottish Radio Statistics". Allmediascotland.com. Archived from the original on 9 January 2009. Retrieved 12 September 2009.
  139. ^ Church of Scotland Yearbook 2008–09, ISBN 978-0-86153-384-8
  140. ^ "Parishes". www.rcag.org.uk. Archived from the original on 29 May 2016. Retrieved 7 October 2016.
  141. ^ "Diocese of Motherwell". Diocese of Motherwell. Archived from the original on 22 October 2016. Retrieved 7 October 2016.
  142. ^ Scottish Government, St Andrew's House (14 November 2005). "Faith Communities and Local Government in Glasgow". Archived from the original on 3 June 2018. Retrieved 24 May 2018.
  143. ^ McVeigh, Tracy (6 March 2011). "Divisions in Glasgow go well beyond football". the Guardian. Archived from the original on 8 July 2018. Retrieved 19 June 2018.
  144. ^ McKenna, Kevin (26 January 2014). "Anti-Irish hatred has no place in modern Scotland – Kevin McKenna". the Guardian. Archived from the original on 8 July 2018. Retrieved 19 June 2018.
  145. ^ "Glasgow South Christadelphian Ecclesia Archived 29 April 2011 at the Wayback Machine" on searchforhope.org
  146. ^ "Glasgow Central Christadelphian Ecclesia Archived 29 April 2011 at the Wayback Machine" on searchforhope.org
  147. ^ "Location Archived 30 April 2011 at the Wayback Machine" on http://www.glasgowkelvin.org.uk Archived 4 September 2010 at the Wayback Machine
  148. ^ "Glasgow Gurdwara: £3.8m Sikh temple prepares to open its doors". BBC. 26 April 2013. Archived from the original on 29 April 2014. Retrieved 5 May 2014.
  149. ^ "Faith Communities and Local Government in Glasgow". The Scottish Government. Archived from the original on 30 April 2011. Retrieved 12 September 2009.
  150. ^ "MCB Muslim Population". Mcb.org.uk. Archived from the original on 1 March 2009. Retrieved 12 September 2009.
  151. ^ "Glasgow Jewish Community". JewishGen.org. Archived from the original on 23 September 2016. Retrieved 12 September 2016.
  152. ^ "St Mungo Museum of Religious Life and Art". Seeglasgow.com. Archived from the original on 29 January 2009. Retrieved 12 September 2009.
  153. ^ "St. Mungo Museum". Clyde-valley.com. Archived from the original on 5 August 2009. Retrieved 12 September 2009.
  154. ^ Teuchter Archived 25 May 2019 at the Wayback Machine, Dictionary of the Scots Language
  155. ^ Keelie Archived 27 June 2019 at the Wayback Machine, Dictionary of the Scots Language
  156. ^ McCall, Ian (2012). Going going gone: An abc of disappearing artefacts, customs, ideas and practices. Cross Border Consultants. p. 54. ISBN 978-1-300-16736-5.
  157. ^ Weegie Archived 18 July 2018 at the Wayback Machine, Dictionary of the Scots Language
  158. ^ 2011 Scotland Census Archived 4 June 2014 at the Wayback Machine, Locality Table QS211SC.
  159. ^ 2011 Scotland Census Archived 4 June 2014 at the Wayback Machine, Settlement Table QS211SC.
  160. ^ "Inside the BBC Archived 3 August 2014 at the Wayback Machine", British Broadcasting Corporation, 21 November 2011, viewed 9 June 2014.
  161. ^ Watch video of the church Archived 5 June 2009 at the Wayback Machine and Interview with Stuart Robertson, Charles Rennie Mackintosh Society Director
  162. ^ Glasgow City Council Planning Department reports
  163. ^ "Museum of Transport Glasgow". Glasgow Architecture. Archived from the original on 22 December 2007. Retrieved 8 August 2011.
  164. ^ "Riverside Museum: Scotland's museum of transport and travel". Retrieved 8 August 2011.[dead link]
  165. ^ "Glasgow: Scotland with style — City of Reinvention By Nancy McLardie". Seeglasgow.com. Archived from the original on 13 January 2010. Retrieved 12 September 2009.
  166. ^ "Glasgow City Council: Regeneration — into the new Millennium". Glasgow.gov.uk. 28 March 2007. Archived from the original on 26 May 2009. Retrieved 12 September 2009.
  167. ^ "Glasgow remains biggest city economy". 21 December 2017. Archived from the original on 3 October 2018. Retrieved 30 May 2019 – via www.bbc.com.
  168. ^ MacDonnell, Hamish (3 March 2005). "Edinburgh UK's second most prosperous city". The Scotsman. UK. Archived from the original on 2 May 2013. Retrieved 28 May 2012.
  169. ^ Seenan, Gerrard (17 September 2005). "Jobs boom on Clyde reverses decline". The Guardian. UK. Retrieved 12 December 2007.
  170. ^ "Let Glasgow Flourish". Scotland.org. April 2007. Archived from the original on 28 September 2007. Retrieved 9 July 2007.
  171. ^ "Glasgow and Surrounding Areas". Scotland Online Gateway. Archived from the original on 20 July 2007. Retrieved 9 July 2007.
  172. ^ "The Second City". Glasgow.gov.uk. 18 January 2008. Archived from the original on 16 June 2011. Retrieved 25 August 2011.
  173. ^ "16th and 17th Centuries". Glasgow.gov.uk. 28 March 2007. Archived from the original on 28 July 2011. Retrieved 25 August 2011.
  174. ^ http://research.seeglasgow.com/media/117140/glasgow-tourism-and-events-insights.pdf[permanent dead link]
  175. ^ "Inbound tourism performance". VisitBritain. Archived from the original on 9 December 2014. Retrieved 4 December 2014.
  176. ^ "Glasgow's financial services economy". International Financial Services District Glasgow. Archived from the original on 8 January 2008. Retrieved 9 July 2007.
  177. ^ "Edinburgh's Ranking". Archived from the original on 11 October 2007. Retrieved 9 July 2007.
  178. ^ "The Global Financial Centres Index – Sept 2008" (PDF). City of London Corporation. Archived from the original (PDF) on 5 February 2009. Retrieved 28 December 2008.
  179. ^ "Financial services jobs for Glasgow". The Scottish Government. Archived from the original on 18 July 2008. Retrieved 28 December 2008.
  180. ^ BBC Scotland "Call centres 'enjoying boom time'". BBC. 10 January 2007. Archived from the original on 23 February 2007. Retrieved 12 September 2009.
  181. ^ Hilpern, Kate (20 May 2001). "Slavery abolished in call centres". London: The Independent Newspaper. Archived from the original on 13 May 2011. Retrieved 20 May 2001.
  182. ^ "Growth Sectors in Scotland | Scotland is Now". Scotland. Archived from the original on 6 November 2018. Retrieved 1 November 2018.
  183. ^ "West Coast Main Line Pendolino Tilting Trains, United Kingdom". Railway-technology.com. Archived from the original on 27 August 2011. Retrieved 25 August 2011.
  184. ^ SPT (16 April 1980). "SPT Subway". Archived from the original on 29 December 2007. Retrieved 12 September 2009.
  185. ^ "Fastlink – SPT – Corporate Information – Strathclyde Partnership for Transport". www.spt.co.uk. Archived from the original on 5 September 2017. Retrieved 13 September 2017.
  186. ^ a b "Archived copy". Archived from the original on 16 October 2018. Retrieved 3 November 2018.CS1 maint: archived copy as title (link)
  187. ^ C. Michael Hogan (2011). "Sea of the Hebrides" Archived 24 May 2013 at the Wayback Machine. Eds. P. Saundry & C. J. Cleveland. Encyclopedia of Earth. National Council for Science and the Environment. Washington, D.C.
  188. ^ "Waverley Excursions". www.waverleyexcursions.co.uk. Archived from the original on 5 June 2019. Retrieved 5 June 2019.
  189. ^ "Ministers scrap airport rail plan". BBC News. 17 September 2009. Archived from the original on 28 July 2017. Retrieved 7 December 2014.
  190. ^ "Glasgow Airport Metro system gets council leader approval" (Press release). 6 January 2020. Retrieved 29 January 2020.
  191. ^ "Victorian Achievement: Victorian Glasgow". BBC. Archived from the original on 14 May 2011. Retrieved 30 March 2008.
  192. ^ a b McLean, Jack (13 August 2000). "Tenement living is the life and always has been". Sunday Herald. Retrieved 24 July 2009.[dead link]
  193. ^ "Hyndland Local History". Hyndl.demon.co.uk. Archived from the original on 19 August 2011. Retrieved 10 March 2016.
  194. ^ "Drivers for high rise living". Archived from the original on 11 March 2012.
  195. ^ Brendan O'Grady (2004). Exiles and Islanders: The Irish Settlers of Prince Edward Island. McGill-Queen's Press – MQUP. p. 144. ISBN 978-0-7735-2768-3.
  196. ^ Worksall, Frank The Tenement – a way of life. W & R Chambers Ltd Edinburgh 1972 ISBN 0-550-20352-4
  197. ^ MacInnes, Ranald. "The Glasgow Story: Buildings and Cityscape — Public Housing". Archived from the original on 12 November 2007. Retrieved 24 July 2009.
  198. ^ a b "Springburn Virtual Museum: Demolition of tenements in Gourlay Street, 1975". Glasgow Digital Library. Archived from the original on 1 January 2009. Retrieved 12 September 2009.
  199. ^ "Glasgow announces a revolution in house-building". Glasgow.gov.uk. Archived from the original on 5 January 2009. Retrieved 12 September 2009.
  200. ^ "HIS : Queen Elizabeth University Hospital". healthcareimprovementscotland.org. Archived from the original on 4 March 2016. Retrieved 22 March 2016.
  201. ^ McConnell, Ian (30 October 2012). "Scotshield wins hospital fire system contract". The Herald. Archived from the original on 16 July 2015. Retrieved 19 July 2015.
  202. ^ "University of Glasgow". www.gla.ac.uk. Archived from the original on 3 November 2018. Retrieved 4 November 2018.
  203. ^ "University of Strathclyde, Glasgow: A Multi-Award-Winning UK University". www.strath.ac.uk. Archived from the original on 4 November 2018. Retrieved 4 November 2018.
  204. ^ [email protected] "Welcome to GCU: the University for the Common Good". GCU. Archived from the original on 19 October 2018. Retrieved 4 November 2018.
  205. ^ "University of the West of Scotland". - UWS – University of the West of Scotland. 31 January 2017. Archived from the original on 3 June 2019. Retrieved 5 June 2019.
  206. ^ "The Glasgow School of Art". www.gsa.ac.uk. Archived from the original on 2 March 2011. Retrieved 29 May 2018.
  207. ^ "The Royal Conservatoire of Scotland – like nowhere else". Royal Conservatoire of Scotland. Archived from the original on 26 September 2018. Retrieved 4 November 2018.
  208. ^ "Study in Glasgow – Glasgow Clyde College". www.glasgowclyde.ac.uk. Archived from the original on 4 November 2018. Retrieved 4 November 2018.
  209. ^ "Welcome to Glasgow Kelvin College, the newest of Glasgow Colleges". Archived from the original on 4 November 2018. Retrieved 4 November 2018.
  210. ^ "Welcome to West College Scotland". www.westcollegescotland.ac.uk. Archived from the original on 1 June 2019. Retrieved 5 June 2019.
  211. ^ "2011 Census: KS501UK Qualifications and students, local authorities in the United Kingdom (Excel sheet 293Kb)". 2011 Census, Key Statistics and Quick Statistics for local authorities in the United Kingdom – Part 2. Office for National Statistics. 4 December 2013. Archived from the original on 7 April 2014. Retrieved 29 March 2014.
  212. ^ "Glasgow Geographic profile". Scottish Enterprise. Archived from the original on 27 May 2007. Retrieved 9 July 2007.
  213. ^ Ken Gallagher (1 July 1967). "Europe Belongs To Us". Charlie Buchan's Football Monthly. Retrieved 30 September 2018 – via Soccer Attic.[permanent dead link]
  214. ^ "Hampden Stadium". Glasgow Photo Library. Archived from the original on 14 August 2007. Retrieved 9 July 2007.
  215. ^ "Glasgow City Ladies Football Club". Glasgowcityladiesfc.co.uk. Archived from the original on 16 May 2014. Retrieved 5 May 2014.
  216. ^ "Celtic Football Club". Scottish Professional Football League. Archived from the original on 8 January 2014. Retrieved 11 November 2013.
  217. ^ "Rangers Football Club". Scottish Professional Football League. Archived from the original on 20 December 2014. Retrieved 11 November 2013.
  218. ^ "Partick Thistle Football Club". Scottish Professional Football League. Archived from the original on 2 April 2015. Retrieved 11 November 2013.
  219. ^ "Queen's Park Football Club". Scottish Professional Football League. Archived from the original on 2 April 2015. Retrieved 11 November 2013.
  220. ^ "Club History". westofscotlandfc.co.uk. Archived from the original on 2 April 2015.
  221. ^ "Glasgow Dynamos Remembered". Glasgowdynamos.tripod.com. Archived from the original on 10 March 2014. Retrieved 5 May 2014.
  222. ^ "European Capital of Sports Association". Aces-europa.eu. Archived from the original on 10 April 2012. Retrieved 25 August 2011.
  223. ^ "Rules as at 28 March 2004" (PDF). Archived from the original (PDF) on 6 October 2011. Retrieved 25 August 2011.
  224. ^ Rangers FC fanzine Archived 11 May 2011 at the Wayback Machine, Founders plaque unveiled.
  225. ^ "Buenos Aires elected as Host City for 2018 Youth Olympic Games". International Olympic Committee. Archived from the original on 11 July 2015. Retrieved 5 May 2014.
  226. ^ Glasgow 2014, Commonwealth Games Candidate Archived 8 November 2014 at the Wayback Machine www.glasgow2014.com
  227. ^ "National Indoor Sports Arena". Robert McAlpine. 2011. Archived from the original on 26 July 2011. Retrieved 22 June 2011.
  228. ^ Paul Brown, Savage Enthusiasm: A History of Football Fans (Goal Post, 2017), pp. 90–93.
  229. ^ Scotland's History: Glasgow's Cheapside Street Fire, 28th March 1960 Archived 2 April 2019 at the Wayback Machine, BBC News.
  230. ^ Reevel Alderson, James Watt Street blaze: How 22 died in Glasgow 50 years ago Archived 26 April 2019 at the Wayback Machine, BBC Scotland (18 November 2018).
  231. ^ Kilbirnie Street fire deaths marked in 40th anniversary service Archived 27 August 2014 at the Wayback Machine, BBC News (25 August 2012).
  232. ^ Steven Brocklehurst, The day terror came to Glasgow Airport Archived 11 September 2019 at the Wayback Machine, BBC Scotland (30 June 2017).
  233. ^ a b UK bomb plot doctor jailed for 32 years, CNN (17 December 2008).
  234. ^ "Aircraft Accident Report No: 3/2015" (PDF). The Air Accidents Investigation Branch. 23 October 2015. Archived (PDF) from the original on 25 July 2019. Retrieved 2 December 2019.
  235. ^ Clutha crash: Inquiry says pilot 'took a chance' to ignore fuel warnings Archived 17 November 2019 at the Wayback Machine, BBC News (30 October 2019).
  236. ^ Glasgow bin lorry crash inquiry: What does the report tell us? Archived 27 March 2017 at the Wayback Machine, BBC News (7 December 2015).
  237. ^ Fatal Accident Inquiry: Glasgow bin lorry crash, Glasgow Sheriff Court, summary of [2015] FAI 31.
  238. ^ Aitchison, Jack. "There's now an area on Mars named after Glasgow - NASA confirm". Glasgow Times. Retrieved 9 May 2021.
  239. ^ Glencross, Nina (30 May 2016). "The best places in Glasgow to see Mars". GlasgowLive.
  240. ^ "Nasa rover Curiosity visits 'Scotland' on Mars". 11 January 2018 – via www.bbc.com.
  241. ^ "Glasgow City Council – Twin Cities – Glasgow City Council". Glasgow.gov.uk. 25 October 2013. Archived from the original on 2 April 2015. Retrieved 25 October 2013.
  242. ^ Pessotto, Lorenzo. "International Affairs – Twinnings and Agreements". International Affairs Service in cooperation with Servizio Telematico Pubblico. City of Torino. Archived from the original on 18 June 2013. Retrieved 6 August 2013.
  243. ^ "Glasgow 'twinned' with Lahore". 29 November 2006. Archived from the original on 29 November 2006. Retrieved 12 September 2009.
  244. ^ Leask, David (24 February 2007). "Holy row after Glasgow twins with Bethlehem". Herald (Glasgow). Archived from the original on 14 December 2014. Retrieved 1 November 2014.
  245. ^ "Bethlehem Municipality". bethlehem-city.org. Archived from the original on 24 July 2010. Retrieved 10 October 2009.
  246. ^ "City of Pittsburgh Signs Partnership/Sister Cities Agreement with City of Glasgow". 12 November 2020. Retrieved 12 September 2020.
  247. ^ "Pittsburgh signs sister cities agreement with Glasgow". 12 November 2020. Retrieved 14 September 2020.
  248. ^ "Partneri- ja kummikaupungit (Partnership and twinning cities)". Oulun kaupunki (City of Oulu) (in Finnish). Archived from the original on 28 September 2013. Retrieved 27 July 2013.
  249. ^ "Glasgow forms partnership with Berlin, Pittsburgh and Santiago to tackle climate crisis ahead of COP26". Retrieved 9 November 2020.

Bibliography

  • Binnie, G. M. (1981). Early Victorian Water Engineers. Thomas Telford. ISBN 978-0-7277-0128-2.
  • Butt, John, and George Gordon, eds. Strathclyde: Changing Horizons (1985)
  • Cochrane, Hugh (1951). Glasgow: The first 800 Years.
  • Cowan, J. "From Glasgow's Treasure Chest" (1951)
  • Crawford, Robert (2013). On Glasgow and Edinburgh. Harvard U.P. ISBN 978-0-674-07059-2.
  • Cross-Rudkin, Peter; Chrimes, Mike (2008). A Biographical Dictionary of Civil Engineers in Great Britain and Ireland: Vol 2: 1830 to 1890. Thomas Telford. ISBN 978-0-7277-3504-1.
  • Cunnison, J. and JBS Gilfillan, The City of Glasgow, The Third Statistical Account of Scotland (1958)
  • Daiches, David. Glasgow (1982), scholarly history
  • Doak, A M and Young, A M. "Glasgow at a Glance" (1983)
  • Gibb, Andrew. Glasgow: The Making of a City (1983)
  • Gomme, A H and Walker, D. "Architecture of Glasgow" (1987)
  • Horsey, M. "Tenements & Towers: Glasgow Working-Class Housing 1890–1990" (1990)
  • Hume, John. "Industrial Archaeology of Glasgow" (1974)
  • Lobina, Emanuele; Terhorst, Philipp (29 January 2005). D19: WaterTime case study – Edinburgh, UK. Watertime EU Research Project.
  • Maver, Irene. Glasgow (2000)
  • Malcolm, Sandra. "Old Glasgow and The Clyde: From the Archives of T. and R. Annan" (2005)
  • McKean, Charles. "Central Glasgow: An Illustrated Architectural Guide" (1993)
  • Oakley, Charles. The Second City (1975)
  • Small, G P. "Greater Glasgow: An Illustrated Architectural Guide" (2008)
  • Urquhart, Gordon R. "Along Great Western Road: An Illustrated History of Glasgow's West End" (2000)
  • Williamson, Elizabeth et al. Glasgow (The Buildings of Scotland) (1999)
  • Worsdall, Frank. "The Tenement: A Way of Life" (1979)
  • Worsdall, Frank. "The City That Disappeared: Glasgow's Demolished Architecture" (1981)
  • Worsdall, Frank. "The Victorian City: Selection of Glasgow's Architecture" (1988)

  • "Glasgow" . Encyclopædia Britannica. 12 (11th ed.). 1911.
  • Glasgow districts map and other Glasgow maps
  • Glasgow at Curlie
  • Glasgow City Council
  • Interactive Attractions Map of Central Glasgow
  • TheGlasgowStory
  • National Library of Scotland: Scottish Screen Archive (archive films relating to Glasgow)