エピメテウス

Hashtags #エピメテウス

エピメテウス神話et現代文化では

ギリシャ神話エピメテウス/ ɛ P ɪメートルθ I ə S / ;ギリシャ語: Ἐπιμηθεύς「後知恵」を意味するかもしれない、文字通り「afterthinkerは」)の兄だったプロメテウス」は文字通り、伝統的に「先見の明」と解釈します( fore-thinker」)、「人類の代表として行動した」タイタンのペア(Kerenyi 1951、p 207)。彼らはイアペトゥスの息子であり、[1]他の文脈ではアトラスの父である. プロメテウスが巧妙で賢いとされているのに対し、エピメテウスは愚かであると描かれています。

パンドラはエピメテウスに壺を差し出す。

プラトンプロタゴラス(320d–322a)での古い神話の使用によると、双子のタイタンは、新しく作成された動物に特性を分配することを委任されました。エピメテウスは、すべての動物にポジティブな特性を与える責任がありましたが、人間にポジティブな特性を与える時が来たとき、先見の明に欠けていた彼は、何も残っていないことに気づきました。[2]プロメテウスは、人類の属性は文明化する芸術と火であると判断し、アテナヘパイストスから盗んだ. プロメテウスは後に彼の罪で裁判にかけられました。プラトンの対話の文脈では、「思考が生産に従う存在であるエピメテウスは、無思慮な身体とその無思慮な動きよりも思考が遅れるという物質主義の意味で自然を表しています。」[3]

物語を 2 度関連させたヘシオドス( Theogony、527ff; Works and Days 57ff) によると、エピメテウスは神々からパンドラの贈り物を受け取った人物でした。彼らの結婚は推測されるかもしれませんが (後の著者によって)、どちらのテキストでも明確にはされていません。後の神話では、エピメテウスとパンドラの娘はピュラーで、プロメテウスの子孫であるデウカリオンと結婚しました。大洪水を生き延びたのは、2 人だけです。[4]いくつかの説明では、エピメテウスにはもう 1 人の娘メタメレイアがいた。その名前は「起こったことの後悔」を意味する。[5]エピメテウスの妻は、オケアノスの娘であるエフィラと呼ばれてたという。[6]

カール・ユングは、彼の影響力のある著書『心理的タイプ』の第X章「タイプの一般的な説明」で、エピメテウスのイメージを(カール・シュピッテラーのエピメテウスを直接参照して)使用して、精神機能の誤った適用に言及しています。全体的、健康的、創造的な使用に。[7]

カール・シュミットは、著書『Ex captivitate salus』の中で、自分自身をキリスト教徒のエピメテウスと呼んでいます。[8]

Ivan Illichは、Deschooling Society のをエピメテウス再生に捧げます。

エピメテウスは、ベルナール・スティグラーの哲学において、特に技術形成と人類形成の関係に関する彼の理解において重要な役割を果たしています。スティグラーによると、マルティン・ハイデガーの哲学においてエピメテウスが完全に忘れられていることは重要です。[さらに説明が必要]

Les Amis は、著書『Commemorating Epimetheus』(2009 年)で、Epimetheus の価値を復活させています。誰による?]彼は、分かち合い、気遣い、出会い、住むこと、愛するという点で現象学的に説明されている、お互いに依存しているという私たちの知識を世界にもたらしたとされています。

エピメテウスは、日本のライトノベル「カンピオーネ!」でも、先見の明のない者が神と戦うという理由から、神殺しの父として言及されています。

  1. ^ ヘシオドス神統記の511ff。
  2. ^ レオ・シュトラウス自然権と歴史、p。117.
  3. ^ レオ・シュトラウス、自然権と歴史、p。117.
  4. ^ Ovid , Metamorphoses , Book I, line 390.
  5. ^ ジョン・ツェツェス。チリアド、6.50行913-916
  6. ^ ユーメラス fr. 1 ファウラー(ファウラー 2013, p. 13)
  7. ^ ユング、カール (1921)。「X.タイプの一般的な説明」。心理的タイプ。2017 年6 月 9 日に取得
  8. ^ 「Indagini su Epimeteo tra Illich, Konrad Weiss e Carl Schmitt」 (PDF) . イル・コヴィル。2008 年。取得した22年2月2013

  • Kerenyi、Karl、1951。ギリシャ人の神々、pp 209ff。
  • グレイブス、ロバート、(1955) 1960、ギリシャ神話39.a–j
  • エイミス、レス、2009 年。エピメテウスを記念して。