日本の人口統計

Hashtags #日本の人口統計

日本の人口統計人口etCIAワールドファクトブックの人口動態統計

人口統計学の特徴を人口日本は含ま人口密度民族、教育レベル、住民の健康、経済的地位、宗教的な所属と人口に関する他の側面を。

1950年以降の日本の出生率と死亡率。1966年の減少は、日本の干支によって悪い兆候と見なされている「 丙午」の年であったため です。 [2]

歴史的な人口

統計局によると、2021年5月現在の日本の人口は外国人を含めて1億2,536万人です。2020年12月の日本人だけの人口は1億2,315万5千人でした。[1]

日本は2017年時点で世界で11番目に人口の多い国でした。総人口は5年前の国勢調査時から0.8%減少し、1945年の国勢調査以来初めて減少しました。[3]

日本は2010年以来、世界で最も平均余命の1つであるにもかかわらず、出生率の低下と最小限の移民による純人口減少を経験しており、2016年の時点で85。00年です。(2006年の時点で81.25でした)。[4]毎年10月の年間推定値を使用すると、人口は2008年に128,083,960でピークに達し、2020年12月までに2,373,960人減少しました。[5]

国立社会保障・人口問題研究所の2012年のデータに基づくと、日本の人口は今後数十年間で毎年約100万人減少し続け、2060年までに約7000万人、早期に4,200万人の人口を残すことになります。現在の予測が変わらなければ22世紀。[6]人口の40%以上が2060年に65歳以上になると予想されています。[7] 2019年、人口は13年連続で今年は515,000人減少し、1947年以来最大の減少となりました。過去最低の865.000人の出生を反映しています。2013年現在日本の人口の20パーセント以上が65歳以上でした。[8]

日本の世界人口ランキングは、1990年の7位から8位、1998年の9位、21世紀初頭の10位、2020年までに11位に低下しました。[9] [10] 2010年から2015年の間に、人口はほぼ百万縮小した。[11]

2009年現在の都道府県ごとの1平方キロメートルあたりの日本の 人口密度マップ
  0〜100
  101〜200
  201〜300
  301〜400
  401〜500
  500〜1000
  1000〜5514

国勢調査

日本は5年ごとに国勢調査情報を収集しており、国勢調査は内務省統計局が実施しています。最新の人口調査は、2015年10月1日現在の状況を反映しています。[12]

人口密度

世界開発指標によると、2014年現在の日本の人口密度は1平方キロメートルあたり336人(1平方マイルあたり874人)でした。人口密度で国のリストの35位にランクされ、フィリピンの真上(1 km 2あたり347 )とキュラソーの真下(1 km 2あたり359 )にランク付けされています。1955年から1989年の間に、6大都市の地価は15,000%上昇しました(年間+ 12%)。都市の地価は一般的に1980年から1987年にかけて40%上昇しました。6つの最大の都市では、土地の価格はその期間に2倍になりました。多くの家族にとって、この傾向は中心都市の住宅を手の届かないところに置きました。[13]

その結果、大都市、特に片道2時間の毎日の通勤が一般的である東京地域では、多くの労働者の通勤時間が長くなりました。[13] 1991年、バブル経済が崩壊し始めると、地価は急激に下落し始め、数年以内にピークを60%下回りました。[14] 2005年の国勢調査によると、10年にわたる地価の下落の後、住民は中心市街地(特に東京23区)に戻り始めた。日本の70%近くが森林に覆われているにもかかわらず[15]、多くの主要都市、特に東京と大阪の公園は、西ヨーロッパや北アメリカの主要都市よりも小さく、不足しています。2014年現在、東京の住民1人あたりの緑地は5.78平方メートルであり[16]、これはマドリッドの11.5平方メートルの約半分です。[17]

国や地方政府は、集落の分散化と生活の質の向上を目指して、交通網、社会福祉、産業、教育機関を開発することにより、地方都市や農村地域をより魅力的にすることにリソースを費やしています。それにもかかわらず、主要都市、特に東京、横浜、福岡、そして程度は少ないが京都、大阪、名古屋は、教育や仕事を求める若者にとって魅力的なままです。[13]

都市分布

地域(青の色合い)と 都道府県(赤:人口が最も多い、緑:少ない) による 人口の分布 [18]関東、 京阪神、 東海は、日本の総人口の約2/3を占める3大都市圏です。47都道府県のうち、13都道府県が赤、34都道府県が緑です。 日本の人口は2011年以降減少しています。大都市への国内移住により、2010年と比較して人口が増加したのは8都道府県のみでした。

日本は、国土の75%が山岳地帯であるため、平野部の都市部に人口が集中しており[19]、森林被覆率は68.5%である(他の先進国でこのような森林が多い)。カバー率はフィンランドとスウェーデンです)。[15] 2010年の国勢調査では、日本の総人口の90.7%が都市に住んでいることが示されています。[20]

日本は約5%のみと都市社会である労働力で働く農業。多くの農民は、近くの町や都市でアルバイトをして収入を補っています。都市人口の約8000万人が本州の太平洋岸に集中しています。[21]

メトロポリタン東京-横浜は35万人の人口で、世界で最も人口の多い都市です。日本は、世界中の都市の工業化社会が直面しているのと同じ問題に直面しています。それは、過密な都市と混雑した高速道路です。

日本の老化

日本の人口は他のどの国よりも早く高齢化しています。[22] 65歳以上の人口は24年間で約2倍になり、1970年の人口の7.1%から1994年には14.1%になりました。同じ増加には、イタリアで61年、スウェーデンで85年、フランスで115年かかりました。。[23] 2014年に、日本の人口の26%が65歳以上と推定された、[24]と厚生省がオーバー65Sは2060で、人口の40%を占めるようになると推定している[25]日本の年齢層の人口動態の変化は、日本の経済の将来と福祉国家の存続可能性についての懸念を引き起こしました。[26]

  • 日本の人口転換1888-2019

  • 1888年

  • 1920年(第1回国勢調査)

  • 1925年(第2回国勢調査)

  • 1930年(第3回国勢調査)

  • 1935年(第4回国勢調査)

  • 1940年(第5回国勢調査)

  • 1947年(第6回国勢調査)

  • 1950年(第7回国勢調査)

  • 1955年(第8回国勢調査)

  • 1960年(第9回国勢調査)

  • 1965年(第10回国勢調査)

  • 1970年(第11回国勢調査)

  • 1975年(第12回国勢調査)

  • 1980年(第13回国勢調査)

  • 1985年(第14回国勢調査)

  • 1990年(第15回国勢調査)

  • 1995年(第16回国勢調査)

  • 2000年(第17回国勢調査)

  • 2005年(第18回国勢調査)

  • 2010年(第19回国勢調査)

  • 2015年(第20回国勢調査)

  • 2019年の見積もり

  • 日本の生死(1946-2019)

  • 日本の粗出生率(1946-2019)

1980年と2007年の特定の国における未婚女性の出生率。 [27]図に見られるように、日本は他の工業国の結婚以外で生まれた子供たちの傾向に同程度に従わなかった。

人口

人口は47,062,743世帯で、都市部は78.7%でした(2000年7月)。高い人口密度; 総面積は1平方キロメートルあたり329.5人。居住可能な土地の場合、1平方キロメートルあたり1,523人。人口の50%以上が土地の2%に住んでいます。(1993年7月)。[13] 2009年の調査によると、人口と土地の密度の比率は徐々に増加し、現在は337km2あたり1億2700万人になっています。1993年7月および2000年7月の調査結果と比較すると、人口密度は、土地の2%に住む人口の50%から77%に大幅に増加しています。しかし、前回の人口記録から年月が経つにつれ、日本の人口は減少し、日本の将来への懸念が高まっています。2006年から2010年にかけての前回の測定以降、出生率の低下や男性と女性の比率など、さまざまな原因が考えられます。厚生労働省によると、人口は現在の状態から減少すると推定されています。 2060年までに1億2,571万人から8,674万人。[28]

性比

着物を着た日本人女性

(2006年推定)

出生時:1.05男性/女性
15歳未満:1.05男性/女性
15〜64歳:1.01男性/女性
65歳以上:0.73男性/女性
総人口:0.95男性/女性

(2020年推定)

出生時:1.06男性/女性
15歳未満:1.06男性/女性
15〜64歳:1.01男性/女性
65歳以上:0.78男性/女性
総人口:0.94男性/女性

HIV / AIDS

成人の有病率

0.1%未満(2018年推定)

HIV / AIDSと共に生きる人々

12,000(2003年推定)
9,600(2007年推定)
30,000(2017年推定)

死亡者(数

500(2003年推定)
200未満(2017年推定)

民族グループ

東京都 渋谷区の日本人

帰化した日本人と多民族の背景を持つ在来の日本人はすべて、日本の人口センサスでは日本人と見なされます。[29]

配偶者の有無

15歳以上:結婚したことがない男性61.8%、女性58.2%。 [疑わしい ]
16〜24歳:結婚したことがない男性31.8%、女性23.7%。 [疑わしい ]
25–29:結婚したことがない男性69.3%、女性54.0%。 [疑わしい ]
30〜34歳:結婚したことがない男性42.9%、女性26.6%(2000年7月)。 [疑わしい ]

1899年から現在までの日本の出生率、出生率、死亡率、合計特殊出生率。[30] [31] [32]

現在の自然人口増加

[36] [37]

  • 2020年1月の出生= Decrease 74,672
  • 2021年1月の出生= Decrease 63,742
  • 2020年1月の死亡= Positive decrease 132,622
  • 2021年1月の死亡= Negative increase 140,844
  • 2020年1月の自然成長= Increase -57,950
  • 2021年1月の自然成長= Decrease -77,102

合計特殊出生率

2018年の合計特殊出生率(TFR)による東アジアの地図。

2012年の日本の合計特殊出生率(TFR)は、女性1人あたり1.41人の子供と推定され、2001年から2005年の期間の1.32人からわずかに増加しました。2012年のTFRの最高値は沖縄で1.90、最低値は東京で1.09でした。2000〜05年の都道府県別TFRと今後の推計が発表された。[38]30ページ

平均寿命

出典:Our World InDataと国連。

1865〜 1949年

1950〜 2015年

出典:国連世界人口の見通し[40]

内部移行

1980年代には、毎年600万人から700万人が住居を移転しました。これらの動きの約50%は同じ都道府県内でした。その他は都道府県から都道府県への移転でした。20世紀の日本の経済発展の間、特に1950年代と1960年代の間、移住は、より良い仕事と教育を求めて地方からの人々がより大きな大都市圏に移動するにつれて、都市化によって特徴づけられました。地方の都道府県からの移住は1980年代後半も続いたが、それ以前の数十年よりもゆっくりと進んだ。[13]

1980年代、政府の政策は大都市、特に東京から離れた新しい都市開発を支援し、地方都市が若者をそこに住み、働くように誘致するのを支援しました。地方都市は、近隣地域の人々に親しみを与え、生活費を抑え、通勤時間を短縮し、一般に、大都市よりもリラックスしたライフスタイルを提供しました。若者は大学に通い仕事を探すために大都市に移動し続けましたが、地方都市(Uターンと呼ばれるパターン)または出身の都道府県(「Jターン」と呼ばれる)に戻る人もいました。または、初めて農村地域に移動したこともあります(「Iターン」)。[13] [41]

政府の統計によると、1980年代には、かなりの数の人々が最大の中心都市(東京と大阪)を離れ、大都市圏内の郊外に移動しました。1988年には50万人以上が東京を離れ、年間73,000人近くの移住により純損失を被りました。同年、大阪の純損失は約36,000件でした。[13]

総人口が減少しているため、国内移住の結果、人口が増加しているのは8都道府県のみです。これらは、沖縄県(2.9%)、東京(2.7%)、愛知県(1.0%)、埼玉県(1.0%)、神奈川県(0.9%)、福岡(0.6%)、滋賀県(0.2%)、及び千葉県(0.1%) 。[42]

移民

約663,300人の日本人が海外に住んでおり、そのうち約75,000人が永住権を持っていました。これは1975年の6倍以上です。1990年には20万人以上の日本人が長期間の研究、研究、または仕事のために海外に行きました。政府や民間企業が国際化を強調するにつれて、より多くの個人が直接影響を受け、日本の歴史的な孤立性が減少しています。1980年代後半までに、これらの問題、特に学校での帰国子女のいじめは、日本と海外の日本のコミュニティの両方で大きな公の問題になりました。[13]

2015年に日本人の人口が多い都市は次のとおりです。

  • アメリカ合衆国、ロサンゼルス:68,689
  • バンコク、タイ:48,700
  • 上海、中国:46,115
  • ニューヨーク、アメリカ合衆国:44,636
  • シンガポール:36,963
  • ロンドン、イギリス:36,721
  • オーストラリア、シドニー:30,448
  • カナダ、バンクーバー:26,999
  • 香港:26,869
  • アメリカ合衆国、サンフランシスコ:18,777
  • カナダ、トロント:13,410

注:上記のデータは、海外に住む日本人の数を示しています。これは外務省によって発行され、2015年に関連しています。[43]

移民

日本の入国管理センターによると[29]、日本への外国人居住者の数は着実に増加しており、外国人居住者の数(少数の不法移民と90日未満の外国人などの短期滞在者を除く)日本では)、[44]は2008年に220万人を超えました。[29]

2010年の日本の外国人数は2,134,151人でした。これには209,373人のフィリピン人が含まれ、その多くは日本人と結婚しており、ある程度の日本人の祖先を持っています[45] 210,032ブラジル人、大多数はある程度の日本人の祖先を持っています[45] 687,156人の中国人と565,989人の韓国人。中国人、フィリピン人、韓国人、ブラジル人は、日本の外国人居住者の約69.5%を占めています。[46] 2019年の日本の外国人数は2,382,822人でした[47]。

人口の高齢化に伴う日本の労働力の減少という現在の問題は、最近、外国人労働者を日本に引き付ける必要性をもたらしています。2015年に実施された改革により、「高度なスキルを持つ外国人専門家」のビザ要件が緩和され、滞在期間が無制限の新しいタイプの在留資格が作成されます。

帰化の数は2008年に16,000でピークに達し、データが利用可能な直近の1年で9,000を超えるまで減少しました。[48]減少の大部分は、日本生まれの韓国人が日本国籍を取得する数が急激に減少したことによるものである。歴史的に、日本国籍を取得する人々の大部分は外国生まれの移民ではなく、1947年に日本に対するアメリカの占領政策の一環として日本帝国で市民権を失った韓国人と台湾人の日本生まれの子孫でした。

日本の統計当局は、民族に関する情報を収集せず、国籍のみを収集します。その結果、在来の日本人と帰化した日本人の両方が1つのグループに数えられます。[29]日本社会は、言語的、民族的、文化的に均質です。[49] [50]それは98.1%の日本人で構成されています。[51]公式統計はほぼ同質性を示しているが、ある分析は人口を「多民族」と説明しているが、非公式統計は依然として少数民族が他の多くの国と比較して小さいことを示している。[52] [確認のために見積もりが必要]外国人居住者が増えていますが、彼らは日本人ではなく、ほとんどの場合、数か月または数年の間日本に一時的に住んでいます。[要出典]

2015年、安倍晋三首相の下の日本政府は、現在の人口減少にもかかわらず、移民を制限する政策は変わらないと発表した。[53] [54]長期的には、労働力不足に対処するための技術を改善すると同時に、日本の出生率を現在の1.4から1.8に引き上げ、最終的に人口を約1億人に安定させる計画である。[55] [56]

大和民族の日本社会は言語的に 均質であり、韓国人(90万人)、中国人/台湾人(65万人)、フィリピン人(306,000人は日本人フィリピン人、日本人とフィリピン人の子供)の人口は少ない。[57] ブラジル人(30万人、その多くは民族的に日本人)、ならびにラテンアメリカ人と日本人の両方の子孫のペルー人とアルゼンチン人。日本には、アイヌや琉球など、一般的に日本語を話す先住民族の少数民族がいます。

日本の市民権は血統主義に授与され、日本語を話す単言語の少数派は、法的に許可されているものの、出生地で市民権を取得せずに永住権の下で何世代にもわたって日本に居住することがよくあります。これは、日本の法律では成年以降の二重国籍が認められていないため、帰化した日本人は20歳に達したときに他国の市民権を放棄しなければならないためです。日本人であり、彼らが国籍を持っている国を訪れたことがないかもしれません)この他の市民権を放棄したくないです。[要出典]

また、日本国籍を取得する人は、ひらがな、カタカナ、漢字の日本語の文字セットを使用して名前を付ける必要があります。欧米のアルファベット、韓国語のアルファベット、アラビア文字などを使用した名前は、正式な名前として使用できません。ほぼすべての漢字が日本政府によって有効であると認識されているため、通常、漢字は法的に許容されます。カタカナを使用した非日本人名の音訳(例えばスミス 「スミス「スミス」のために」)も法的に許容されています。

しかし、一部の自然化した外国人は、日本人になることは彼らが日本人の名前を持っていることを意味し、彼らは彼らの外国人の名前を放棄するべきであると感じ、一部の外国人居住者はこれを望まない-ほとんどの特別永住者の韓国人と中国人はすでに日本語を使用している名前。それにもかかわらず、毎年約1万人の在日コリアンが帰化しています。人口の約98.6%が日本人であり、99%が第一言語として日本語を話します。過去、そしてある程度は現在の非民族日本人も、日本列島に少数住んでいます。[52]

ライフスタイル

日本人は高い生活水準を享受しており、人口の90%近くが中産階級の一部であると考えています。[13]しかし、幸福と人生の満足度に関する多くの研究では、日本人は、先進国のほとんどと比較して、平均して比較的低いレベルの人生の満足度と幸福を見つける傾向があります。過去半世紀にわたってわずかに低下していなくても、レベルは一貫しています。[58] [59] [60] [61]日本人は、経済的満足度が比較的不足していると調査されている。[62]

2009年の日本の10万人当たりの自殺率は男性29.2人、女性10.5人でした。[63] 2010年には、32,000人の日本人が自殺した。これは2010年の1日平均88人の日本人の自殺に相当する。[64]

少数民族に対する差別

3つの日本人の少数民族グループを特定することができます。最大のものは、部落としても知られる、ひさべつ部落または「差別されたコミュニティ」です。肉屋、革細工人、葬儀屋、特定の芸能人など、前近代の追放された遺伝的職業グループのこれらの子孫は、インドのダリットの日本の類似物と見なされる可能性があります。これらの職業グループに対する差別は、仏教徒による殺害の禁止と神道の汚染の概念、および政府による社会統制の試みのために歴史的に生じた。[13]

中は江戸時代、そのような人々は、特別に住むように要求された被差別部落と、人口の残りのように拘束された奢侈禁止令社会階級の継承に基づきます。明治政府は1871年にこれらの判別のコミュニティに適用されるが、新しい法律は、元のけ者とその子孫が直面する社会的差別にほとんど影響を及ぼさなかった最も軽蔑的な名前を廃止しました。しかし、法律は、特定の職業に対する経済的独占を排除しました。[13]部落は、社会的のけ者として扱われると多数カーストといくつかのカジュアルな相互作用が知覚された継続的なタブーを第二次世界大戦後の時代まで。

それらの数の推定値は200万から400万(全国人口の約2%から3%)の範囲です。これらの差別されたコミュニティのメンバーは、他の日本人と物理的に区別できませんが、都市のゲットーや農村地域の伝統的な特別な集落に住んでいることが多く、家族の家の場所、職業、方言、またはマニエリスムからメンバーシップを推測できます。部落を探し出すために設計された家族の背景のチェックは、結婚の取り決めや求職の一環として一般的に行われていましたが[13]、1985年以来大阪では違法となっています。

過去と現在の差別は、日本人の大多数よりも久別部落の学歴と社会経済的地位を低下させてきました。「解放」から統合の奨励に至るまでの目的を持った運動は、この状況を変えようとしましたが[13]、ある程度の成功を収めました。部落歴史研究所の灘本昌久は、1998年現在、部落民の60〜80%が非部落民と結婚していると推定している。[65]

琉球人

日本人の中で最大の少数民族の1つは琉球民族です。[66]琉球語の使用は絶滅しつつあるが、それらは主にいくつかの異なる琉球語の使用とは区別されている。琉球の人々と言語は、沖縄県にある琉球諸島に端を発しています。

アイヌ

1904年の日本のアイヌグループ

日本人の中で3番目に大きいマイノリティグループは、言語が孤立したアイヌです。歴史的に、アイヌは、奈良時代(AD 710–94)まで本州北部の大部分を占めていた先住民の狩猟採集人口でした。日本の入植地が拡大するにつれて、アイヌは北に押しやられ[13]、徳川幕府によって、アイヌは北海道の島に押し込まれた。[67]

原始的な周極星文化の名残として特徴付けられ、1990年に2万人未満のアイヌ語は人種的に異なると見なされたため、完全に日本人ではありませんでした。病気と少子化は過去2世紀にわたってその数を大幅に減少させ、結婚はほぼ完全に混合した人口をもたらしました。[13]

アイヌ語はもはや日常的に使用されていませんが、後世に口頭で伝えられる叙事詩、歌、物語に保存されています。独特のリズミカルな音楽や踊り、そしていくつかのアイヌの祭りや工芸品が保存されていますが、主に観光を利用するためです。[13]

ハーフ

ハーフは、異人種間で民族的に日本人の半分の人々に使用される用語です。2013年に日本で生まれた100万人の子供のうち、2.2%が1人以上の外国人の親を持っていました。[70]厚生労働省によると、今日日本で生まれた赤ちゃんの49人に1人は、外国人の親が1人いる家族に生まれています。[68]日本のほとんどの結婚は、中国、フィリピン、韓国を含む他のアジア諸国の日本人男性と女性の間で行われている。[69]東南アジアもまた、特にフィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイで、半日本人の祖先を持つ人々のかなりの人口を持っています。

1940年代、異人種間の日本人の子供たち(アイノコ)、特にアメラジアンの子供たちは、日本での否定的な扱いによる貧困、不純物の認識、差別などの社会問題に直面しました。[70] 21世紀には、ハーフに対する差別は、彼らのアイデンティティ、行動、外見が典型的な日本人とどれほど異なるかに基づいて発生します。

日本の5大国からの登録外国人数の推移 [更新が必要]
日本の主要な外国人の年齢と性別の分布。

2005年の日本には1,555,505人の外国人居住者がおり、これは日本人人口の1.22%に相当します。[71]まで43万へ、そこからそのうち外国軍の人員、SCAP(ポスト・占領、在日米軍)と40,000 BCOF即時戦後年には、日本の外国人統計に含まれて任意の時点でされていません。[72]日本の外国人居住者のほとんどは、ブラジルまたは他のアジア諸国、特に中国、韓国、フィリピン、ベトナム、ネパールから来ています。[73] [74] 106,000人の西洋人が日本に永住している。[75]

今日、日本に長期滞在している朝鮮人の多くは、在日コリアの子孫と家族的なつながりを保っています[76]。彼らは自発的に移住したか、在日コリアの日本占領中に強制的に移住させられました。このグループ内では、韓国と日本の間の正規化条約(1965年6月22日)の条件の下で付与された特別永住者のステータスを保持している人がいます。[77]多くの場合、特別居住者は、日本で生まれ、日本語を話すにもかかわらず、特別居住者の申請者にほとんど自動的に市民権を付与することを利用しないことを選択しました。[78]

1947年以降、日本政府は、軍事占領期間中に名目上日本国籍を付与されていた韓国国民の本国送還を開始しました。日本国との平和条約が発効したとき、1952年4月28日から多くの朝鮮民族が日本国籍を失い、それによって福祉助成金、あらゆる種類の政府の仕事をする権利、または日本の学校に通う権利が失われました。[72]翌年、政府は赤十字の助けを借りて、主に南部州から来た韓国人住民を北朝鮮の「故郷」に「本国送還」する計画を考案した。[79] 1959年から1984年の間に93,430人がこのルートを使用した。6,737人は日本人または中国人の扶養家族でした。これらの出発のほとんど– 78,276 –は1962年以前に発生しました。[80]

2016年の市民権別外国生まれ人口
出典:統計局 [81]

特別な在留資格を持たないすべての外国人(第二次世界大戦前に在留資格を持っている人)は、法律により政府に登録し、外国人登録カードを携帯することが義務付けられています。1980年代初頭から、市民的不服従運動により、5年ごとの登録に伴う指紋認証の拒否が奨励されました。[13]

指紋採取の反対者は、指紋採取された日本人は犯罪者だけだったので、それは差別的であると主張した。裁判所は指紋認証を支持しましたが、登録が更新されるたびに指紋認証が行われるように法律が変更されました[13]。これは1989年の法改正まで、16歳から6か月ごとに通常必要でした。指紋認証を拒否すると、再入国許可が拒否され、移動の自由が奪われました。

以下の外国人居住者のうち、2014年に始まったニューウェーブは学生または研修生として日本にやって来ます。これらの外国人は学生ビザまたは研修生ビザで登録されており、学生の在留資格が与えられます。これらの新しい外国人のほとんどはこのビザの下にあります。これらの留学生と研修生のほとんどすべてが3〜4年(1有効期間)後に母国に帰国し、ビザを延長する学生はほとんどいません。ベトナム人が最大の増加を示していますが、ビルマ人、カンボジア人、フィリピン人、中国人も増加しています。

日本人男性のアジア移民の妻も、国内の外国生まれの人口に貢献しています。多くの若い独身の日本人男性農家は、農業生活を送る日本人女性の関心が低いため、主にフィリピン、スリランカ、タイ、中国、韓国から外国人の妻を選んでいます。[82]移民の妻は、日本人男性との取り決めによる結婚の結果として、しばしば国際結婚斡旋業者として旅行する。[83]さらに、国の都市部の日本人男性も外国人アジア人女性と結婚し始めた。

2015年現在の外国人居住者

2014年から2015年にかけて110,358人の外国人居住者が増加しました。ベトナム人がこれらの新しい外国人居住者の最大の割合を占めましたが、ネパール人、フィリピン人、中国人、台湾人も数が多いです。これらの国々を合わせると、2014年から2015年までのすべての新規居住者の91,126、つまり82.6%を占めます。ただし、これらの移民の大多数は、研修生を修了するために入国したため、最大5年間しか日本に留まりません。プログラム。プログラムを完了すると、母国に戻る必要があります。[91]

全国人口統計によると、2014年12月現在、日本には2,121,831人の外国人が居住しており、そのうち677,019人が長期滞在者である。長期居住者の大多数はアジア出身で、合計478,953人でした。中国人が215,155人で最も多く、フィリピン人が115,857人、韓国人が65,711人で続いています。タイ、ベトナム、台湾の長期居住者は合計47,956人であり、他のアジア諸国からの居住者は合計34,274人でした。韓国語の数字は含まれていない在日と韓国人をtokubetsu eijusha(「特別永住者」)(例えばビザを持つすべての国籍の358409の合計)354503があった人のビザ、。永住者の総数は、生活費が高いため、過去5年間で減少しました。[87]

2018年現在の外国人居住者

2018年の日本での外国人居住者数は222万人でした。これは史上最高であり、人口の1.76%です。2018年、純移民は6年連続で165,000人増加しました。外国人居住者の半数以上(115万人)は20代と30代です。2018年の外国人労働者数は146万人で、29.7%が製造業である。389,000人はベトナムから、316,000人は中国からです。[92]

2019年4月1日、日本の改正移民法が制定されました。この改訂は、外国人労働者の権利を明確にし、よりよく保護します。日本は外国人のブルーカラー労働者を正式に受け入れています。これは、経済の特定のセクターにおける労働力不足を減らすのに役立ちます。改革により外国人労働者の地位が正社員に変わり、永住権を取得できるようになりました。改革はと呼ばれる新しい在留資格含まtokuteiジーノ特定技能「指定されたスキルを」。資格を得るには、言語とスキルのテスト(日本語能力試験のレベルN4以上)に合格する必要があります。古い「技術研修生プログラム」では、外国人従業員は雇用主と結びついていました。これは、搾取の多くのケースを引き起こしました。この改正により、外国人労働者は雇用主を離れて変更する自由が増しました。[93]

短期雇用契約を結んでいる外国人居住者

日本の外国人居住者のかなりの数が、日本政府が管理するプログラムの下で短期契約ベースで雇用されています。よく知られているプログラムは次のとおりです。

  • JETプログラム5000、外国の大学までの採用は、日本の学校で母国語の教師として、地元政府機関の国際サポートスタッフとして卒業します。
  • 技能実習計画の建設、造船、製造、農業、小売業や食品加工など、様々な業界200,000主に肉体労働者の過剰に使用します。

現在の人口動態の傾向に照らして、日本は、ますます高齢化する人口の福祉費の対応する減少なしに、税収の減少を経験する可能性があります。[94]人員不足が拡大していることを考えると、移民労働者は、熟練度の低い肉体労働の仕事を引き受ける重要な役割を果たし続けています。発展途上国からの文書化された短期契約労働を使用したブルーカラー雇用の最近の成長も、居住外国人人口の増加に貢献しています。[95] 1993年に最初に設立された政府が管理する技能実習制度は、2015年に19万人を超える短期契約労働者を提供した。しかし、これらの労働者の多くはしばしば低賃金で働き、かなりの量の労働を引き受ける必要があると主張されている。労働力不足を補うための残業。研修生として、労働基準法と最低賃金法は、悪意のある雇用者によって時々無視されてきました。[96]日本政府はこの問題の調査を開始し、作業プログラムの監視の職業訓練の側面を強化することを目指してきた。

戸籍

外国人住民は別に外国人登録システムにのみ記録した小関(戸籍)と住民票(住民登録)新規登録システムはそれ以来、2012年7月に制定されたまで、日本国民が登録されたシステムで、すべての住民がによって記録されています住民票制度の市役所[97]小関外国人が以前移民ステータス及びローカル外国人登録システムを組み合わせた入国管理事務所によって投与別個在留管理システムに記録されている間、システムは、日本人続きます。[98]

日本に入国する際の外国人の指紋

2007年11月20日の時点で、日本に入るすべての外国人は到着時に生体認証(写真と指紋)を登録する必要があります。これには、日本にビザで居住している人と永住者が含まれますが、特別永住者の許可を得ている人、外交官、16歳未満の人は含まれません。[99] [100]

  • 2006年入国管理局、法務省入国管理局(日本)、2006年。
  • 出入国管理局の発事審査(出入国管理2007)、法務省入国管理局、2007年9月21日。

明治神宮での 神前結婚

神道と仏教は日本の2つの主要な宗教です。それらは1000年以上の間共存してきました。しかし、ほとんどの日本人は一般に、自分たちを1つの宗教の信奉者として排他的に特定するのではなく、さまざまな要素をシンクレティズム的に取り入れています。[101]鎖国が1635年から1853年に実施される前のヨーロッパの宣教活動の結果として、キリスト教徒の人口は早くも1500年代にまでさかのぼる、小さなキリスト教徒やその他の少数派もいます。

  • 日本の民族問題
  • 日本の高齢者
  • 日本人
  • 日本の老化
  • 日本の自殺
  • 少子化が進んでいる長野県下條村
  • 10年までの人口で日本最大の都市

  1. ^ B 「人口が月報2020年12月見積り」。www.stat.go.jp。統計局。6月20日、2019年からのアーカイブの元2019年6月6日に。2019年7月18日取得
  2. ^ クライド・ハバーマン(1987-01-15)。「日本の干支:'66は非常に奇妙な年でした」。ニューヨークタイムズ。2015年1021日取得
  3. ^ 「日本の人口は1920年以来初めて2015年に減少します2016年10月26日取得
  4. ^ 「ワールドファクトブック—セントラルインテリジェンスエージェンシー」。Cia.gov 2017年4月17日取得
  5. ^ 日本統計局の月次人口推計。
  6. ^ 「日本の人口統計e2012」。国立社会保障・人口問題研究所。2012年1月。取り出さ年1月4 2015
  7. ^ 「日本の人口は2060年までに3分の1減少する。BBCニュース。2012年1月30日。
  8. ^ 「日本の人口は2013年に記録的な244,000人減少しました」。2014年1月2日。
  9. ^ 国連経済社会局人口課(2015年)。世界人口の見通し:2015年の改訂、主要な調査結果および事前表 (PDF)(レポート)。p。23。
  10. ^ https://www.prb.org/world-population-2015/&usg=AOvVaw0xnHFwqbWicTrd7ozF_x2e
  11. ^ リチャードスマート。「日本の人口は1920年代以来初めて減少します–国勢調査|世界のニュース」。ガーディアン2017年4月17日取得
  12. ^ 2015年国勢調査は、2015年10月1日午前0時の時点で実施されました
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r  この記事では、内蔵され 、パブリックドメインの材料をから米国議会図書館国の研究のウェブサイトhttps://archive.org/stream/japancountrystud00dola/japancountrystud00dola_djvu.txt。
  14. ^ クルーグマン、ポール(2009)。うつ病経済学の復活と2008年の危機。WWノートンカンパニーリミテッド。ISBN 978-0-393-07101-6
  15. ^ a b 「森林面積(土地面積の%)」。世界銀行。2015年10月14取得
  16. ^ 「公園の現況」。東京都建設局建設局。2015年10月14取得
  17. ^ 「マドリッドナウ」。Now Institute –都市の調査、計画、推測。2015年10月14取得
  18. ^ 総務省統計局現在の人口推計の年次調整2010– 2015
  19. ^ 「地形分類」 (PDF)。国土地理院。2015年10月14取得
  20. ^ 「人口22年国勢調査届報告書人口の地域分布」 (PDF)。総務省統計局。2015年10月14取得
  21. ^ 「日本–ニュースの場所|米国議会図書館」。www.loc.gov 2017年1月30日取得
  22. ^ 「日本の人口統計:信じられないほど縮小している国」。エコノミスト。2014年3月25日。取り出さ年1月14 2016
  23. ^ 「日本の統計ハンドブック」。総務省。2015 。取り出さ年1月14 2016
  24. ^ a b c d 「統計局ホームページ/ JAPAN統計年鑑2016–第2章人口と世帯」。Stat.go.jp 2017年4月17日取得
  25. ^ 「日本の人口は2060年までに3分の1に減少する。ガーディアン。2014年1月30日。取り出さ年1月14 2016
  26. ^ 橋本龍太郎(帰属)。高齢化社会への対策に関する一般原則。外務省。2011年3月5日取得。
  27. ^ 「米国における非婚姻出産のパターンの変化」。CDC /国立衛生統計センター。2009年5月13日。2011年9月24日取得
  28. ^ 若槻陽子とジェームズ・グリフィス。「日本の子どもの数は過去最低にまで減少しました」。CNN
  29. ^ a b c d 「クリスマス20年末現在外国人登録者統計登録(在日外国人居住者数)」。Moj.go.jp 。2011年11月9日取得
  30. ^ BRミッチェル。国際歴史統計:アフリカ。アジアおよびオセアニア1750–2000。
  31. ^ 「国連統計部–人口統計および社会統計」。Unstats.un.org 2017年4月17日取得
  32. ^ [1] ウェイバックマシンで2012-02-21にアーカイブ
  33. ^ Max Roser(2014)、「出生率」、Our World In Data、Gapminder Foundation
  34. ^ 「ジャパントゥデイ」。ジャパントゥデイ2017年4月17日取得
  35. ^ 「日本の女性の平均余命は86。41歳で世界最長です」。デイリーニュース。ニューヨーク。2013-07-25。
  36. ^ 「統計ダッシュボードデータ検索」。政府統計のポータルサイト。2020年11月10日取得
  37. ^ 「人口動態統計」。
  38. ^ 「アーカイブされたコピー」 (PDF)。2012年4月20日にオリジナル (PDF)からアーカイブされました。2012年3月9日取得CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク)
  39. ^ 「平均余命」。私たちの世界のデータ2018828日取得
  40. ^ 「世界人口の見通し–人口課–国連」2017716日取得
  41. ^ (日本語) 「Uターン」「Jターン」「Iターン」とは?地方への転職の摂取・デミックス クリエイティブビレッジ、 2017/03/08
  42. ^ 総務省統計局。「統計局探索/統計統計2018-第2章人口・買い物」。www.stat.go.jp(日本語)2018615日取得
  43. ^ 「(海外の日本人に関する統計年次報告書」。2018年4月8日閲覧
  44. ^ 「アーカイブされたコピー」。2012年3月17日にオリジナルからアーカイブされました。取得した2014年6月17日をCS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク)
  45. ^ a b 「来人登録者統計法務省」 [2011年外国人登録統計]。日本:法務省。2012年2月22日。2012年4月19日のオリジナルからアーカイブ。2012年6月20日取得
  46. ^ 「アーカイブされたコピー」。2011年6月5日にオリジナルからアーカイブされました。取得した2014年6月17日をCS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク)
  47. ^ 「2016年に日本に住む238万人の外国人居住者を記録する」。2017年3月17日–ジャパンタイムズオンライン経由。
  48. ^ 「法務省」。Moj.go.jp 2017年4月17日取得
  49. ^ 「『多文化日本』は夢のようなものです」。ジャパンタイムズ。2007年3月27日。2011年4月14日のオリジナルからアーカイブ。2011年1月16日取得
  50. ^ 小谷敦(2010)。 日本文化論のキンキ[日本の文化理論の魅力]。幻天生真子新聞。ISBN 978-4-344-98166-9
  51. ^ 「CIAファクトブック:日本」。Cia.gov 。2019年8月27日取得
  52. ^ a b John Lie、Multiethnic Japan(マサチューセッツ州ケンブリッジ:ハーバード大学出版局、2001年) ISBN  0-674-01358-1
  53. ^ マッカリー、ジャスティン(2015-09-30)。「日本はシリア難民を受け入れる前に自分たちの面倒を見る必要があると言っている」。ガーディアン。2015年1226日取得
  54. ^ ロバーツ、マーカス(2015-10-28)。「ドイツと日本:異なる移民パス上」。MercatorNet 。2015年1226日取得
  55. ^ 「日本の人口は6年連続で減少しているが、外国人居住者は減少を遅らせている」。ジャパンタイムズ。2017-04-15 2018107日取得
  56. ^ 「日本の人口統計—ワークハブの未来」。futureofworkhub
  57. ^ 「大使館は日本のフィリピン人グループの助けを借ります」。日本。2011年3月12日。 引用ジャーナルには|journal=(ヘルプ)が必要です
  58. ^ 「アーカイブされたコピー」。アーカイブされたオリジナルの2008年1月4日に。2007年11月29日取得CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク)
  59. ^ 「国」 (PDF)Worlddatabaseofhappiness.eur.nl 2017年4月17日取得
  60. ^ 「ライフスタイルで比較した国>生活満足度。国際統計」。Nationmaster.com 2017年4月17日取得
  61. ^ 「アーカイブされたコピー」。2007年12月6日にオリジナルからアーカイブされました。2007年12月7取得CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク)
  62. ^ 「ライフスタイルで比較した国>経済的満足度。国際統計」。Nationmaster.com 2017年4月17日取得
  63. ^ メンタルヘルス、WHO
  64. ^ 「自殺は日本経済に320億ドルかかる」。2010年9月7日–www.bbc.co.uk経由。
  65. ^ 「京都伊勢:灘本正久」。Nancho.net 2017年4月17日取得
  66. ^ 人種と民族の人口統計の国際ハンドブック。Saenz、Rogelio 、、 Embrick、David G。、、 Rodriguez、Néstor。ドルドレヒト。2015年6月3日。ISBN 9789048188918。OCLC  910845577。CS1 maint:その他(リンク)
  67. ^ 高倉真一郎(1960)。北日本のアイヌ:征服と文化変容の研究。独立広場:アメリカ哲学協会。pp。24–25。
  68. ^ 「映画について|はふ」。hafufilm.com 。2016年914日取得
  69. ^ 「日本で「ハーフ」であること:混血の人々は嘲笑、拒絶に直面している」20175月1取得
  70. ^ 小坂、クリスティ(2009-01-27)。「ハーフ、バイ、ダブル?1つの家族の悩み」。ジャパンタイムズ。2011年11月20日取得
  71. ^ 「アーカイブされたコピー」。アーカイブされたオリジナルの2008年1月7日に。2008年1月19日取得CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク)
  72. ^ a b Morris-Suzuki、Tessa; ボーダーラインジャパン:戦後の外国人とフロンティアコントロール。ケンブリッジ2010; ISBN  978-0-521-86460-2、Ch。1:「国境政治」Ch。8:「ノーリターンのポイント」
  73. ^ 村井修介(2016年3月11日)。「日本は過去最高の外国人居住者を目にしている:法務省」 –ジャパンタイムズオンライン経由。
  74. ^ 「日本の外国人人口は史上最高に上昇」。nippon.com。2016年3月29日。
  75. ^ https://web.archive.org/web/20180327132827/http://www.moj.go.jp/content/001254624.pdf
  76. ^ 「衆議院議事録第023回国会法務委員会第3号」。Kokkai.ndl.go.jp 2017年4月17日取得
  77. ^ Morris-Suzuki(2010)、p。230
  78. ^ 「在日コリアン:過去と現在」。ハン2017年4月17日取得
  79. ^ ICRCによって仲介された、カルカッタで署名された協定。モリス鈴木(2010)、p。208
  80. ^ 詳細:モリス-スズキ、テッサ; 北朝鮮への脱出:日本の冷戦からの影; メリーランド州ランハム、2006年; ISBN  978-0-7425-5441-2
  81. ^ 2007年12月25日にアーカイブされた日本統計局 、ウェイバックマシンで、2007年12月8日にアクセス
  82. ^ 杉本良夫(2010年6月22日)。日本社会入門。ケンブリッジ大学出版局。ISBN 9781139489478 –Googleブックス経由。
  83. ^ ユスフ、シャヒド; ウー、Weiping; エベネット、サイモンJ.(2017年9月16日)。グローバリゼーションの時代におけるローカルダイナミクス:開発のための21世紀の触媒。世界銀行の出版物。ISBN 9780195215977 –Googleブックス経由。
  84. ^ 「統計表の政府統計の総合出GL08020103」。E-stat.go.jp 201912月1取得
  85. ^ 「在留外国人統計(旧登録外国人統計)2017年6月|統計からデータベース|統計データの統計外」。www.e-stat.go.jp(日本語)2018年2月10日取得
  86. ^ 「統計表の政府統計の総合出GL08020103」。E-stat.go.jp 2017年4月17日取得
  87. ^ a b 「統計表目政府統計の総合出」 [統計表の総合カウンターに政府統計が掲載されています]。2015-04-24 。2015年1226日取得
  88. ^ 国立統計センター。「統計表の政府統計の総合出GL08020103」。E-stat.go.jp 2017年4月17日取得
  89. ^ bはC 台湾を除きます
  90. ^ ソビエト連邦
  91. ^ 「第1表国籍・地域別在留資格(在留目的)別在留外国人」。E-stat.go.jp 2017年4月17日取得
  92. ^ 「外国人の才能がギャップを埋めるにつれて、日本の移民は過去最高を記録しました」。日経アジアレビュー。2019年7月1日にオリジナルからアーカイブされました。2019年7月2日取得
  93. ^ 「日本の地域の賃貸シーンを刺激するための新しい移民規則—それらが機能する場合」。東京を考え直す。2019年7月2日にオリジナルからアーカイブされました。2019年7月2日取得
  94. ^ 「日本の人口動態の変化の影響」。nbr.org 。2016年1月19日取得
  95. ^ 「日本の外国人労働者の回復力のある需要」。migrationpolicy.org 。2016年1月19日取得
  96. ^ 「日本の移民政策:相反する圧力への対応」。migrationpolicy.org 。2016年1月19日取得
  97. ^ 「新しい居住管理システムの開始」。2012年3月。
  98. ^ 「日本在住の外国人の皆様へ2012年7月9日(月)より、新たな居住管理制度を開始します!」。www.immi-moj.go.jp。2017年10月1日にオリジナルからアーカイブされました。2017年10月11日取得
  99. ^ クリス・ホッグ・ジャパンが外国人の小切手をアップ、 BBCニュース、2007年11月20日。
  100. ^ 入国管理局は、2007年11月20日に新しい入国手続きを導入しました。、法務省入国管理局(日本)。
  101. ^ Edwin O. Reischauer The Japanese Today:Change and Continuity; マサチューセッツ州ケンブリッジ:ハーバード大学出版局のBelknap Press(1988)、pg。215。
  • 国連世界人口の見通し(2004年改訂)。データは2005年のものです。

  • 2010年国勢調査
  • 日本駐在員
  • 日本の人口減少によって引き起こされたジレンマ、現代日本の研究の電子ジャーナルにおけるジュリアン・チャップルによるディスカッションペーパー、2004年10月18日。
  • 北朝鮮博物館への脱出(1959年から1984年の間に日本から北朝鮮に移住した93,340人の物語を記念して)
  • 別の津波警報:日本の高齢者の世話、ますます高齢化する人口に対する日本の将来はどのように見えるか、そしてこの人口転換が日本だけに限定されているかどうかについて簡単に説明します。
  • 森田桐郎、サスキア・サッセン。「日本の新しい不法移民、1980年から1992年。」International Migration Review、Vol。28、No。1(Spring、1994)、pp。153–163