ネーデルラントにおける都市権

Hashtags #ネーデルラントにおける都市権

都市の権利は、ネーデルラントの中世史の特徴です。リエージュの領主、通常公爵の町や村に付与または高貴族の類似したメンバーは、彼が特定の所有都市法を市権限のない場所は持っていませんでした。

では、ベルギールクセンブルグ、およびオランダ、町、しばしば誇らしげに、それはその歴史の中でいくつかの点で、市内の権利の完全なパッケージを入手した場合街自体を呼び出します。現在の人口は関係ないため、非常に小さな都市がいくつかあります。最小はオランダのスターフェルデンで、人口は 40 人です。ベルギーでは、デュルビュイが最小の都市ですが、ルクセンブルグの最小の都市はヴィアンデンです。

財政問題によって強制されたとき、封建的な家主は西暦 1000 年頃から入植地への販売特権を提供しました。これらの特権の総パッケージは都市の権利を含みます。

そのような販売は、権力の喪失と引き換えに、封建領主の(非経常的な)収入を増やしました。時間が経つにつれて、家主はますます多くの特権を売りました。これにより、ネーデルラントの郡と公爵領内の権力が貴族からブルジョアジーに移り、フランダースを皮切りに始めました。これらの都市のいくつかは、都市国家にまで発展しました。経済力と軍事力が都市に集中するようになり、裕福な商人や商人という非常に強力な階級が生まれました。[1]

特権

  • 市壁(居住地域の周囲に防御壁を設置する権利)
  • 市場権(市場を保有し、そこから収入を得る権利)
  • 保管権(特定の商品を保管し、独占的に取引する権利。多くの場合、少数の都市にのみ付与される)
  • Toll right (通行料を請求する権利)
  • Mint right (都市の硬貨を鋳造する権利)
  • 課税(税金を課す権利)
  • 計量 (公式の計量を整理する権利 - 貨物、家畜、農産物、建材、貿易品など)

自由

  • 個人の自由(市民は農村部の住民に比べて個人の自由の相対的な程度を持っていた:彼らは受けなかった[明確化が必要]リエージュ領主にしていた移動の自由を) -したがって、古いは「言ってStadslucht maakt vrij」( '市空気が自由になる」)。

ガバナンス

  • 自治(裕福な市民が地方政府の役人を選出することもある)
  • 司法および立法 (その境界内では、都市は高度な自治権を持つことができます)

都市の権利の付与 (アルファベット順)。

近代

以下のいくつかは、中世に最初に都市の権利を与えられたことに注意してください。

現在のオランダ王国で都市権を最初に受け取ったのは 956 年のデーフェンターでした。一部の都市はより古い権利を持っていると言えます。たとえば、ナイメーヘンはローマ帝国時代に都市の地位を与えられた可能性があります。別のケースは、ローマの居住地フォーラム・ハドリアニの場所に建てられ、西暦 151 年頃に市の地位を与えられたが、3 世紀後半に放棄されたフォールブルグです。. 中世の終わりには、シティ ステータスの付与数は劇的に減少しました。

商人や貿易業者の強い地位により、オランダは 16 世紀に最初の近代的な共和国になりました。

都市法の終わり

シティ・ステータスの制度は、国家政府の開発と中央集権化とともに徐々に終焉を迎えた。オランダでは、実際の都市の権利を受信するための最後の都市[明確化が必要](上に定義した)の間に1586でウィレムたオランダ共和国、唯一のBlokzijlのは(1672年に)都市権を獲得しました。1795 年のバタヴィア革命の後、地方自治体はフランスのモデルに倣って様式化され、都市の権利は法律によって廃止されました。1813 年以降は部分的に復元されましたが、都市は以前に持っていた権威を完全には取り戻しませんでした。立法と司法は国の一部になりました。1848 年の憲法と1851 年の市法により、市、町、村の法的特権の違いは永久に解消されました。

19 世紀初頭、いくつかの重要な町 (特にハーグ) が自らを市と呼びたがったとき、市の地位を与える慣習が一時的に復活しました。オランダの都市の状態の最後の補助金は、にしたDelfshaven 1825年にしかし、この期間中に付与された街の状況は、中世に授け特権とは全く異なっていた、単に象徴的でした。これは、ナポレオン時代にその地位を獲得したハーグやアッセンなどの都市にも当てはまります。

都市権の付与、年代順

  • 都市法
  • ネーデルラントの都市中心部の歴史
  • 英国のシティ・ステータス
  • スコットランドのバラ

  1. ^ HPH キャンプ、 De stadsrechten van graaf Willem II van Holland、 ISBN  978-90-6550-219-3
  2. ^ ヘーゲル 1891 年、p。243.
  3. ^ "stadsrechten.nl" . 2011-07-24のオリジナルからアーカイブ2011-02-19 を取得

  • カール・フォン・ヘーゲル(1891年)。Städte und gilden dergermanischen völker im mittelalter (ドイツ語)。Leipzig: Duncker & Humblot  [ de ] .

  • オランダの都市権(オランダ語)
  • Nederland の Repertorium v​​an de stadsrechten (オランダ語)