出生率

Hashtags #出生率

出生率政治においてet人口抑制

ある期間の粗出生率( CBR ) は、人口 1,000 人あたりの出生総数を期間の長さ(年) で割ったものです。[1]出生数は、通常、出生に関するユニバーサル登録システムから取得されます。国勢調査からの人口カウント、および専門的な人口統計手法による推定。[明確化が必要]出生率 (死亡率および移住率とともに) は、人口増加の計算に使用されます。推定平均人口は、年央人口と見なすことができます。[2] [3]

2017 年の粗出生率 (CBR) による国。

出生率同じ意味で使用される別の用語は、出生率です。[4]

場合粗死亡率は、粗出生率から減算され、結果は、自然増加率(RNI)。[5]これは人口の変化率に等しい (移住を除く)。[5]

総(粗)出生率(すべての出生数を含む)(通常は人口 1,000 人あたりの出生数として示されます)は、年齢別の出生率(各年齢における 1,000 人あたりの出生数、またはより通常は 1,000 人の女性の出生数)とは区別されます。グループ)。[6]「出産率」という用語が英語で最初に使用されたのは 1859 年である[7]。

2016 年の世界の平均出生率は、総人口 1,000 人あたり 18.5 人でした[9]死亡率は、1,000 人あたり 7.8 人でした。したがって、RNI は 1.6% でした。2012 年の世界の平均出生率は、世界銀行[10] によると 19.611 であり、CIA によると、総人口 1,000 人あたり 19.15 人であり[11]、2007 年の総人口 1,000 人あたりの出生率は 20.09人でした[12]。

2016 年の平均出生数 1,000 人あたり 18.6 人は、1 秒あたり約 4.3 人、つまり世界の 1 分あたり約 256 人に相当します。[9]

家族計画の欠如と子供幼児が多すぎることの悪影響を示すプラカード ( エチオピア)

出生率は、各国政府にとって懸念事項であり、政策の問題でもあります。一部の(イタリアマレーシアのものを含む) では、出生率を上げようとして、金銭的インセンティブや、新しい母親へのサポート サービスの提供を行っています。逆に、出生率を下げる政策を取っている国もあります (例えば、1978 年から 2015 年まで施行された中国の一人っ子政策)。粗出生率を上げる政策は出生主義支持政策として知られており、粗出生率を下げる政策は反出生主義政策として知られている。避妊とその入手可能性に関する情報の改善などの非強制的な措置は、イランバングラデシュなどの国で良い結果をもたらしています。

また、開発イニシアチブの最前線に女性を参加させることが出生率の低下につながるかどうかについても議論されています。一部の国では、政府の政策が女性の権利、セクシュアリティおよびリプロダクティブ ヘルスの改善による出生率の低下に重点を置いています。一般的に、高い出生率は、健康問題、低いに関連付けられている平均寿命、低生活水準、低い社会的地位の女性や低学歴のために。人口転換理論は、国が経済発展と社会変化を経験するにつれて、出生率を指標として人口増加が減少すると仮定しています。

1974 年にルーマニアのブカレスト開催された世界人口会議では、女性の問題がかなりの注目を集めました。家族プログラムが議論され、137 か国が世界人口行動計画を起草した。議論の一環として、多くの国が経口避妊薬コンドームなどの最新の避妊方法を受け入れ、中絶に反対しました. 人口問題や、女性を議論に参加させたいという要望が議論されました。リプロダクティブヘルスと自由、環境、持続可能な社会経済的発展を守るための女性の地位とイニシアチブの改善が必要であることが合意された.

1,000 人あたり 10 から 20 件の出生率は低く、1,000 人あたり 40 から 50 件の出生率は高いと見なされます。[13]両極端に関連する問題があります。高い出生率は、政府の福祉や家族プログラムにストレスを与える可能性があり、さらに重要なことに、将来の人口過剰を蓄える可能性がある. 出生率の高い国が直面するその他の問題には、増え続ける子供たちの教育、労働力となる子供たちのために雇用を創出すること、そして多くの人口が環境に与える影響への対処が含まれます。出生率が低いと、政府は適切な高齢者福祉システムを提供することを余儀なくされ、高齢者自身を養わなければならない家族にストレスを与える可能性があります。人口の高齢化をサポートするために、子供 (および生産年齢人口) が減少します。

20 世紀には、いくつかの権威主義的な政府が出生率を上げたり下げたりしようとしましたが、時には強力な介入も行われました。最も悪名高い出生主義政策の1つは、共産主義のルーマニアで1967年から1990年にかけて、共産主義者の指導者ニコラエ・チャウシェスクの時代に、中絶と避妊の非合法化、女性の定期的な妊娠検査、子供のいない人への課税を含む非常に積極的な出生主義政策を採用した.そして、子供のいない人々に対する法的差別。このポリシーは、映画やドキュメンタリー ( 4ヶ月、3週と2日子供たちの法令など) で描かれています。これらの政策は数年間一時的に出生率を上昇させたが、不法な中絶の使用の増加により減少した. [14] [15]チャウシェスクの方針が生じたため、違法な中絶への女性の9000以上の死亡で、[16]に入れて子供の多くルーマニアの孤児院にそれらを上げるに対処することができませんでした両親によって、ストリートチルドレン、1990年代に(多くの孤児院は閉鎖され、子供たちは路上で立ち往生した)、家や学校は過密状態だった。最終的に、この積極的な出生主義者の政策は、他の方法では生まれなかったであろう世代をもたらし、最終的にルーマニア革命を引き起こし、彼を打倒し、処刑しました. [17]

チャウシェスクの出生主義政策とは対照的に、中国の一人っ子政策は1978年から2015年にかけて実施され、強制中絶などの虐待も含まれていた. [18]この政策はまた、国の不均衡な性比につながった性選択的中絶の一般的な慣行の責任があると考えられています. 厳格な家族の人数制限と息子の好みを考えると、女の子は両親から息子を持つ機会を奪うと考えられていたため、中国で望まれないようになりました。出産前の性決定技術の進歩と人工妊娠中絶により、一人っ子政策は次第に一人っ子政策に変わった。[19]

多くの国で、過去数十年にわたる出生率の着実な低下は、強制結婚や児童婚への取り組み、女性のための教育、社会経済的機会の増加など、女性の自由が大幅に向上したことに大きく起因しています。経済的、社会的、宗教的、教育的な観点からすべての女性は、自分自身の生殖の権利をよりコントロールできるようになるため、子供を減らすことを選択しています。成人するまで生きる子供が増えることは別として、女性はしばしば、単なる生殖の生活ではなく、教育や仕事に就き、自分の人生を生きることに意欲的です。[20]第三世界諸国の出生率は、家族計画クリニックの導入により低下した.

オーストラリアの人口統計学者ジャック・コールドウェルによると、世界で最も貧しい国の1つであるバングラデシュでは、女性が2人(またはそれ以上)の子供を産む可能性は1999年以前に比べて減少している. 世界銀行が 1994 年に行った調査によると、バングラデシュの女性は、外国の人口管理機関から提供されたコンドームや経口避妊薬などの避妊薬を熱心に取りました。この調査により、家族計画は実際にどこでも実施し、受け入れられることが証明されました。コールドウェルはまた、農業の改善により労働力の必要性が高まったと考えています。畑を耕す必要のない子供たちは余剰であり、教育が必要になるため、家族は小さくなり、女性は働くことができ、より大きな野望を持つことができます。[21]非強制的な家族計画政策の他の例は、エチオピア、タイ、インドネシアである。

ミャンマーは 2011 年まで、人々の生活のあらゆる側面を統制しようとする厳格な軍事政権によって統治されていました。将軍たちは、国の人口が倍になることを望んでいました。彼らの見解では、女性の仕事は国の労働力を強化するために赤ちゃんを産むことであり、家族計画は激しく反対されました。ビルマの女性はこの政策に反対し、オーストラリア国立大学のピーター・マクドナルドは、これが隣国タイから密輸された避妊薬の闇市場取引を引き起こしたと主張している. [22]

1990 年、イラクとイランの戦争が終わってから 5 年後、イランは世界史上最速で出生率の低下を記録しました。革命は、消費主義と西洋化に道を譲りました。テレビや車とともに、コンドームや経口避妊薬が登場しました。ある世代の女性は、イラクと戦うための兵士を生産することを期待されていましたが、次の世代の女性は、新しい贅沢を楽しむことを選択することができました。戦争中、イランの女性はそれぞれ平均約 8 人の子供を産んだが、これは強硬派のイスラム大統領マフムード・アフマディネジャードが復活を望んだ比率である。2010 年の時点で、イランの出生率は女性 1 人あたり 1.7 人です。一部の観察者は、これは、イスラムの価値観を持つ国家に対する、女性の自由という西洋の価値観の勝利であると主張しています。[23]

また、イスラム聖職者は、他のイスラム諸国の女性に対する影響力が弱くなっています。過去 30 年間で、トルコの女性 1 人あたりの出生率は 4.07 から 2.08 に低下しました。チュニジアでは女性 1 人あたりの子供の数が 4.82 から 2.14 に、モロッコでは 5.4 から 2.52 に減少しました。[24]

カトリック教徒が大部分を占めるラテンアメリカでも、出生率の低下という同じ傾向が見られます。ブラジルの女性は、25 年前と比べて半分の子供を産んでいます。つまり、女性 1 人あたり 1.7 人の子供です。バチカンは現在、他の強硬派カトリック諸国の女性に対する影響力を弱めています。メキシコ、エルサルバドル、エクアドル、ニカラグア、コロンビア、ベネズエラ、ペルーのすべてで、同じ時期に出生率が大幅に低下し、女性1人あたり6人以上から3人未満にまで減少しています。ブラジルの既婚女性の 40% は、出産後に不妊手術を受けることを選択していますが、これは、告白が 1 回しか必要ないためかもしれません。一部の観察者は、これは、カトリックの価値観を持つ国家に対する、女性の自由という西洋の価値観の勝利であると主張しています。[25]

CIA のThe World Factbookによると[26]出生率が最も高い国はニジェールで、女性 1 人あたり 6.49 人の子供が生まれ、最も出生率の低い国は台湾で、女性 1 人あたり 1.13 人の子供が生まれています。ただし、公式の記録がないにもかかわらず、聖座の出生率が主権国家の中で最も低いことは明らかな理由から推測できます。

1950 年代 (出生率が 1000 人あたり 36 人だったとき) と比較すると、2011 年の時点で、世界の出生率は 1000 人あたり 16 人減少しています。[27]

2017 年の時点で、ニジェールの 1000 人あたりの出生数は 49.443 人です。[28]日本は出生率が世界で最も低い国の 1 つであり、1000 人に 8 人です。[29]日本には1億2600万人[30]、ニジェールには2100万人[31]、両国とも2016年に約100万人の赤ん坊が生まれた[31]

サハラ以南のアフリカ

サハラ以南のアフリカ地域は、世界で最も出生率が高い地域です。2016 年の時点で、ニジェール、マリ、ウガンダ、ザンビア、ブルンジは世界で最も出生率が高い国です。[32]これらの国は非常に貧しいため、これは出生率と所得のパラドックスの一部であり、非常に多くの子供を持つ家族にとっては直感に反するように見えるかもしれません。収入と出生率の逆の関係は、影響力のあるトーマス・マルサスが示唆したように、より多くの手段があればより多くの子孫を生み出すことができるという考えによって、人口統計学的「パラドックス」と呼ばれてきました。[33]

アフガニスタン

アフガニスタンの出生率は世界で 11 番目に高く、アフリカ以外の国の中で最も高い出生率です (2016 年現在)。[32]アフガニスタンの急速な人口増加は、人口の安定を妨げ、母子健康に影響を与えることによって問題と見なされています。[34] [35]大家族の理由には、伝統、宗教、女性の地位の低さ、数人の息子を持つことへの文化的欲求が含まれる. [34] [36]

オーストラリア

歴史的に、オーストラリアの出生率は比較的低く、1960 年には女性 1 人あたりの出生数が 3.14 人に達した[37]。その後、2000 年半ばまで減少が続いた。低下。2004 年、当時のハワード政権は、出産休暇の代わりに、すべての新生児の両親に非手段テストの「出産手当金」を導入しました。「ベイビー ボーナス」として知られる支払いは、子供 1 人あたり 3000 豪ドルでした。これは 13 回の分割払いで支払われた A$5000 に上昇しました。[38]

オーストラリアの失業率が 28 年ぶりの低水準の 5.2% だったとき、当時のピーター・コステロ財務長官は、さらに下げる機会があると述べました。オーストラリアの経済見通しは良好で、コステロは人口を増やすには今が良い時期であるとの見方を示しました.彼の有名な引用は、すべての家族に3人の子供を持つべきである.「1人は母親、1人は父親、もう1人は国のために」. [39]オーストラリアの出生率は、2010 年に女性 1 人あたり 1.95 人のピークに達し、30 年ぶりの高さである[37]が、それでも再出産率を下回った[37]

ビジネス情報会社 IBISWorld の Phil Ruthven 氏は、出生率の急上昇は金銭的なインセンティブよりもタイミングによるものだったと考えています。ジェネレーションXは現在25歳から45歳でした。多くの女性がキャリアのために妊娠を数年間延期しているため、多くの女性が年月が迫り、体内時計が刻々と変化していると感じました。[40]

2014 年 3 月 1 日、出産手当金は家族税給付 A に置き換えられました。その頃までに、出産手当金はオーストラリアに遺産を残していました。[38]

2016 年、オーストラリアの出生率はわずかに低下し、女性 1 人あたり 1.91 人になりました。[37]

フランス

フランスは、出生率の継続的な低下の後、1980 年代後半に見られた低水準からの出生率の上昇に成功しています。[41] 1994 年の合計特殊出生率は 1.66 と低かったが、おそらく 1990 年代半ばの政府の積極的な家族政策のために、合計特殊出生率は増加し、2008 年から 2015 年まで平均 2.0 を維持した. [41]

フランスは、出生率を回復させるための 2 つの主要な措置に基づいた強力なインセンティブ政策に乗り出しました。家族手当 ( les 割り当て家族) と所得税の家族係数 ( le quotient familial ) です。[42]第二次世界大戦の終結以来、フランスの初期の家族政策は、子供たちが複数の子供の家族をサポートすることを要求する家族の伝統に基づいていました。所得税の免除。[42]これは、3 人の子供がいる家族が、子供のいない世帯と同じ生活水準を享受できるようにすることを目的としています。[42]

特に、フランスの所得税システムは、子供のいる家族が子供のいない独身の成人よりも大きな減税を受けるように構成されています。[43]この所得税賦課システムは、所得税の家族係数として知られています。[43]家族性要因の特徴は、子供の多い世帯は、同じ生活水準であっても、より多くの免税措置を受けることができることである。[43]

1970 年代以降、機会の平等を確保するために、片親家庭や貧困家庭の子供たちなど、弱い立場にある家庭を支援することに重点が置かれてきました。[44]さらに、多くの女性が労働市場に参加し始めたため、政府は育児休業および保育施設に対する財政支援の政策を導入した。[44] 1994 年、政府は、家族の幸福と女性の労働参加を促進するために、選択の自由を確保し、正式な失業を減らすために、2 人の子供を持つ女性のための親教育手当 ( l'allocation parentale d'éducation ) を拡大した。[44]

もあります:

  • 乳児保育手当、家族手当、多子世帯家族手当、多要素家族年金制度。[45]
  • 国民健康保険の国民健康保険の100%として、妊娠6ヶ月以降にかかった医療費、入院費、医療費を全額負担する医療保険制度、妊娠中の法定休暇制度。[45]

ドイツ

ドイツの出生率は1000 人あたり 8.3 人で、イギリスやフランス (人口が少ない) よりも低いです。[46]

アイルランド

2011 年 7 月のヨーロッパでは、アイルランドの出生率は 1000 人あたり 16.5 人でした (2 番目の国である英国よりも 3.5 パーセント高い)。[47]

日本

日本の歴史人口 (1920 ~ 2010 年) と予測人口 (2011 ~ 2060 年)。

2016 年の時点で、日本は世界で 3 番目に原油出生率が低く (つまり、人口の年齢分布を考慮に入れていません)、サンピエール島とミクロン島とモナコだけが原油出生率の低い国です。[32]日本は高齢者が多いが若者が少ないという不均衡な人口を抱えており、大きな変化がない限り、これは将来さらに極端になると予測されている. 1980年から2010年にかけて、未婚率は22%から30%近くに増加し、2035年までには4人に1人が結婚しない妊娠可能年に結婚する。[48]日本の社会学者である山田昌弘は、両親と同居している 20 代後半から 30 代の未婚の成人を意味する「パラサイト シングル」という用語を作り出しました。[49]

台湾

2011 年 8 月、台湾政府は出生率を高めるための取り組みを実施したにもかかわらず、前年の出生率が低下したと発表した。[50]

イギリス

2011 年 7 月、英国国家統計局(ONS) は、2010 年の英国の出生数が 2.4% 増加したことを発表しました。[51]これは、40 年間で英国で最高の出生率です。[51]しかし、出生数と出生率の英国の記録年は1920年のままである(ONSが「約4000万人」の人口に対して957,000以上の出生を報告したとき)。[52]

アメリカ

2011 年 3 月に発表された米国連邦政府のデータによると、出生数は 2007 年から 2009 年にかけて 4% 減少しました (1970 年代以降の 2 年間で米国で最大の減少)。[53] 2011 年 6 月に米国国立衛生統計センターが発表したデータによると、出生数は 3 年連続で減少し、2011 年までには 2007 年のピークを 7% 下回っていた[54] [55]専門家は、この減少は不利な経済状況の反映。[56]出生率と経済状況の関係は、米国の出生率が1930 年代の大恐慌のときと同等のレベルにまで低下したという事実に由来しています。[57] 2011 年 10 月にピュー リサーチ センターが発表したレポートに基づいた出生率に関する州レベルの調査では、出生率の低下と経済的困窮との強い相関関係が指摘されています。2008 年、ノースダコタは全米で最も低い失業率 (3.1%) であり、出生率の上昇 (0.7%) を示した唯一の州でした。他のすべての州は、変わらないか、衰退した。

研究センターの研究では、経済的困難と出生率の低下との間に、人種や民族による相関関係があるという証拠も見つかった。ヒスパニック系 (特に不況の影響を受けている) は、特に白人 (経済的困難が少なく、出生率の低下が少ない) と比較して、最大の出生率の低下を経験しています。2008 年から 2009 年にかけて、出生率はヒスパニック系女性で 5.9%、アフリカ系アメリカ人女性で 2.4%、白人女性で 1.6% 減少しました。ヒスパニックの比較的大きな出生率の低下は、雇用と富の面でのヒスパニックの比較的大きな経済的低下を反映しています。国立衛生統計センターと米国国勢調査局のデータを使用した統計によると、2007 年から 2008 年にかけて、ヒスパニックの雇用率は 1.6 パーセント ポイント低下したのに対し、白人は 0.7 ポイント低下しました。失業率も同様のパターンを示しており、ヒスパニックの失業率は 2007 年から 2008 年にかけて 2.0 ポイント増加したが、白人は 0.9 ポイント増加した。ピュー・ヒスパニック・センターの最近の報告によると、ヒスパニックは不景気の始まり以来、資産の面で最大の損失者であり、ヒスパニックの世帯は2005年から2009年にかけて資産の中央値の66%を失った.これと比較して、黒人の世帯は53人を失った.資産の中央値と白人世帯の % は、わずか 16% しか失いませんでした。[58]

他の要因 (女性の労働参加、避妊技術、公共政策など) により、経済変化がどれだけ出生率に影響を与えるかを判断することは困難です。調査によると、経済不況時の出生率の低下の多くは、出産の延期によるものであり、子供の数を減らす (または持たない) という決定ではありません。人々は、経済状況が改善したときに、子供を産むという彼らの計画に「追いつく」ことを計画しています。若い女性は、妊娠可能な年数が長いため、経済的要因により、年配の女性よりも妊娠を延期する可能性が高くなります。[59]

2011 年 7 月、米国国立衛生研究所は、思春期の出生率が低下し続けていると発表しました。[60] 2013 年、米国の 10 代の出生率は米国史上最低レベルでした。[61]米国の 10 代の出生率は 1991 年から 2012 年にかけて減少した (2005 年から 2007 年の増加を除いて)。[61] 10 代の出生率のこの安定した低下のもう 1 つの異常は、2008 年から 2009 年の間に 15 ~ 19 歳の出生率が 6% 減少したことです。[61]減少にもかかわらず、米国の 10 代の出生率は依然として残っています。他の先進国よりも高い。[61]人種の違いが10代の出生率と妊娠率に影響を与える: アメリカインディアン/アラスカ先住民、ヒスパニック系、および非ヒスパニック系黒人の10代の妊娠率は、非ヒスパニック系白人の10代の出生率の2倍以上である. [62]

養育費を厳格に実施している州は、未婚の父親からの支払いが緩い州と比較して、未婚の出生数が最大20%少ないことが研究者らによって発見された. さらに、結果によると、米国の50州すべてが、上から5番目にランク付けされている州と少なくとも同等の執行努力を行っていた場合、それは非w出出生の20パーセントの減少につながったでしょう. . [63]

米国の現在の出生率が記録された中で最も低いため、米国の人口増加は歴史的な低水準にあります。[64]現代の米国の出生率の低さは、不況が原因である可能性があり、その結果、家族が子供を持つことを延期し、米国に来る移民が減少した. エコノミストによると、現在の米国の出生率は、米国の人口規模を維持するのに十分高くはありません。[65] [66]

人間開発指数マップ。暗い方が高いです。HDI が高い国は、通常、出生率が低くなります。これは、出生率と所得のパラドックスとして知られてい ます。

人口の出生率に影響を与える、複雑な方法で相互作用する多くの要因があります。先進国の出生率は、発展途上国よりも低くなっています(収入と出生率を参照)。親の子供の数は、次の世代の各人が最終的に持つ子供の数と強い相関関係があります。[67]出生率の増加に一般的に関連する要因には、宗教、[68]子供を持つ意思[69]、および母親のサポートが含まれます。[70]出生率の低下に一般的に関連する要因には、富、教育、[71] [72] [73] 女性の労働参加、[74] 都市居住、[75] 知能、女性の年齢の上昇、女性の権利、家族計画サービスへのアクセスが含まれます。そして(程度は低いが)男性の年齢の増加。ただし、これらの要因の多くは普遍的ではなく、地域や社会階級によって異なります。たとえば、世界レベルでは、宗教は出生率の増加と相関していますが、欧米ではそれほどそうではありません。スカンジナビア諸国とフランスは、EU の中で最も宗教的でない国ですが、TFR が最も高く、ポルトガルやギリシャについてはその逆です。 、キプロス、ポーランド、スペイン。(欧州連合における宗教を参照)。[76]

リプロダクティブ・ヘルスは、西はガボンの東のタンザニア連合共和国から中央アフリカにまたがることを地域-未処理の感染が不妊の問題につながる可能としても、「不妊ベルト」に見られるように、出生率に影響を与えることができます、そして他のアフリカ地域よりも出生率が低いです。[77] [78]

子供の親権に関する法律は、出生から子供の親権が 18 歳で終了するまでの子供に対する父親の親権に影響を与え、出生率に影響を与える可能性があります。養育費を厳格に実施している米国の州は、未婚の父親からの支払いが緩い州に比べて、未婚の出生数が最大20%少ないことが分かった。さらに、結果によると、米国の50州すべてが、上から5番目にランク付けされている州と少なくとも同等の執行努力を行っていた場合、それは非w出出生の20パーセントの減少につながったでしょう. . [63]

  • 死亡率
  • 人口抑制
  • 高齢化
  • 人口減少
  • 人口増加
  • 合計特殊出生率
ケーススタディ
  • ヨーロッパの高齢化
  • 日本の老化
  • ロシアの人口危機
リスト
  • 主権国と属領の出生率別リスト
  • 出生率別の主権国と属領のリスト


  1. ^ "世界の出生率 – 人口統計" . Indexmundi.com 。取得した17年10月2011
  2. ^ 「データ - 人口および人口統計学的指標」。econ.worldbank.org。アーカイブされたオリジナルの2017年2月27日に。2017 年2 月 26 日に取得
  3. ^ 「出生率」を参照。ワシントン大学の経済地理学用語集
  4. ^ 「出生率 – 無料のオンライン辞書、シソーラス、百科事典による出生率の定義」 . Thefreedictionary.com 。取得した17年10月2011
  5. ^ a b 「出生率、原油(1,000人あたり) | データ | 表」 . Data.worldbank.org 。取得した17年10月2011
  6. ^ 「出生率: からの定義」 . Answers.com 。取得した17年10月2011
  7. ^ 「出生率 – 無料の Merriam-Webster Dictionary からの定義など」 . Merriam-webster.com 。取得した17年10月2011
  8. ^ 「UNdata: 粗出生率(人口1,000人あたり)」 . うんデータ。国連。2019 年 6 月 17 日。2020年 1 月 29 日に取得
  9. ^ a b 「CIA World Factbook. (「人と社会」で検索)」 . 2016.
  10. ^ 「出生率、原油(1,000人あたり) | データ」 . Data.worldbank.org 。2017 年3 月 11 日に取得
  11. ^ スタッフ (2012)。「フィールド一覧 :: 出生率」 . 中央情報局 - 世界ファクトブック。アメリカ中央情報局。2007 年 12 月 11 日のオリジナルよりアーカイブ。検索された4年6月2012
  12. ^ スタッフ (2007 年 12 月 6 日)。「フィールドリスト - 出生率」。中央情報局 - 世界ファクトブック。アメリカ中央情報局。2007 年 12 月 11 日のオリジナルよりアーカイブ。2012 年11 月 1 日検索
  13. ^ 「出産率と出生率」 . 子供の傾向。2015年3月24日。2016年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。検索された17 5月2016
  14. ^ 「最も出生率の低いヨーロッパ大陸 | 人間の生殖に関する最新情報 | オックスフォード・アカデミック」 . Humupd.oxfordjournals.org。2011 年 4 月 5 日のオリジナルよりアーカイブ。2017 年3 月 11 日に取得
  15. ^ ミハイ・ホルガ1; ケイトリン・ガーツ。マルコム・ポッツ 「ルーマニアの女性が出産を管理しようと奮闘した驚くべき話 | 家族計画と生殖医療のジャーナル」 . Jfprhc.bmj.com . 2017 年3 月 11 日に取得
  16. ^ クリグマン、ゲイル。「政治人口学: チャウシェスクのルーマニアにおける中絶の禁止」. ギンズバーグ、フェイ D.; ラップ、レイナ、編。新しい世界秩序を考える: 生殖のグローバルな政治。カリフォルニア州バークレー: カリフォルニア大学出版、1995:234-255。一意の識別子: AIDSLINE KIE/49442。
  17. ^ Levitt & Dubner、Steven & Stephen (2005)。フレアコノミクス。80 ストランド、ロンドン WC2R ORL イングランド: ペンギン グループ。p. 107. ISBN 9780141019017.CS1 メイント: 場所 (リンク)
  18. ^ 「中国の強制中絶写真が怒りの火付け役 - BBCニュース」 . Bbc.com 。2017 年3 月 11 日に取得
  19. ^ Bulte, E., Heerink, N., & Zhang, X. (2011)。「中国の一人っ子政策と『行方不明の女性の謎』: 少数民族と男性に偏った性比」. Oxford Bulletin of Economics and Statistics73 (1): 0305–9049。DOI:10.1111 / j.1468-0084.2010.00601.x。S2CID  145107264。CS1 maint: 複数の名前: 著者リスト ( link )
  20. ^ ピアース、フレッド (2010)。人々は震えます。61-63 Uxbridge Road, London W5 5SA: Eden Project Books。pp. P131。ISBN 9781905811342.CS1 メイント: 場所 (リンク)
  21. ^ ピアース、フレッド (2010)。人々は震えます。61-63 Uxbridge Road, London W5 5SA: Eden Project Books。pp. P133–136。ISBN 9781905811342.CS1 メイント: 場所 (リンク)
  22. ^ ピアース、フレッド (2010)。人々は震えます。61-63 Uxbridge Road, London W5 5SA: Eden Project Books。pp. P136。ISBN 9781905811342.CS1 メイント: 場所 (リンク)
  23. ^ ピアース、フレッド (2010)。人々は震えます。61-63 Uxbridge Road, London W5 5SA: Eden Project Books。pp. P137–139。ISBN 9781905811342.CS1 メイント: 場所 (リンク)
  24. ^ スタッフ (2016 年 10 月 22 日)。「ワールドメーター」。www.worldmeters.info 。取得した22年10月2016
  25. ^ ピアース、フレッド (2010)。人々は震えます。61-62 Uxbridge Road, London W5 5SA: Eden Project Books。pp. P140。ISBN 9781905811342.CS1 メイント: 場所 (リンク)
  26. ^ 「ザ・ワールド・ファクトブック – 中央情報局」。www.cia.gov 。2018 年12 月 14 日に取得
  27. ^ 「粗野な出生率 – 世界とその主要地域、1950年から2050年」 . uneca.org アーカイブされたオリジナルの2011年8月16日に。取得した17年10月2011
  28. ^ 「出生率、原油(1,000人あたり) | データ」 . Data.worldbank.org 。2017 年3 月 11 日に取得
  29. ^ 「出生率、原油(1,000人あたり) | データ」 . Data.worldbank.org 。2017 年3 月 11 日に取得
  30. ^ 「2016年の日本の人口ピラミッド」 . Populationpyramid.netです。2017 年3 月 11 日に取得
  31. ^ 「2016 年のニジェールの人口ピラミッド」。Populationpyramid.netです。2017 年3 月 11 日に取得
  32. ^ a b c 「ザ・ワールド・ファクトブック – 中央情報局」。Cia.gov 。2017 年3 月 11 日に取得
  33. ^ マルサス、トマス・ロバート (1826)、人口の原理に関するエッセイ(6 版)、ロンドン: ジョン・マレー、2013 年 8 月 28 日にオリジナルからアーカイブ
  34. ^ a b 「アフガニスタン: 人口増加が安定化のチャンスを脅かす」 . EurasiaNet.org。2011 年 8 月 9 日。2017 年3 月 11 日に取得
  35. ^ 「IRIN | 高い出生率で母親、幼児を殺す - UNFPA 専門家」 . Irinnews.org。2008 年 7 月 14 日。2017 年3 月 11 日に取得
  36. ^ 「アフガニスタン: 文化だけでなく宗教にも励まされる大家族 | Women News Network / WNN Global」 . Womennewsnetwork.net 。2017 年3 月 11 日に取得
  37. ^ a b c 「オーストラリアの人口 (ライブ)」 . Worldometers.info。2016 年 10 月 23 日。取得した23年10月2016
  38. ^ a b 「ベイビーボーナス世代」。McCrindle ブログ。2013年5月15日。2016年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。取得した23年10月2016
  39. ^ McKew、Maxine (2004 年 12 月 9 日)。「経済は人口増加を育む:コステロ」 . ABCテレビ。abc.net.au。オーストラリア放送委員会。アーカイブされたオリジナルの2016年10月23日に。取得した23年10月2016
  40. ^ ホール、アシュリー (2007 年 6 月 27 日)。「コストテロはベビーブームの功績を認めている」 . ABCラジオ。オーストラリア放送委員会。取得した23年10月2016
  41. ^ a b 이(Yi), 平最即時(Moun Souk) (2016年冬). " 프 랑 스 의 저 출 산 문 제 해 소 요 인 (フランスの少子化に解決要因)"。한<0xEA><0xEA><0xB5><0xEC><0xEC><0xEC><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED> . 16 (1): 558。土井: 10.5392/jkca.2016.16.01.558
  42. ^ a b c 이(Yi), 平最即時(Moun Souk) (2016年冬). 「弘化入国審査エントリー クラス スミレノミ ミステリー ミズーリ ミズーリョン」. 한<0xEA><0xEA><0xB5><0xEC><0xEC><0xEC><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED> . 16 (1): 561。
  43. ^ a b c 이(Yi), 平最即時(Moun Souk) (2016年冬). 「弘化入国審査エントリー クラス スミレノミ ミステリー ミズーリ ミズーリョン」. 한<0xEA><0xEA><0xB5><0xEC><0xEC><0xEC><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED> . 16 (1): 562。
  44. ^ a b c 이(Yi), 平最即時(Moun Souk) (2016年冬). 「弘化入国審査エントリー クラス スミレノミ ミステリー ミズーリ ミズーリョン」. 한<0xEA><0xEA><0xB5><0xEC><0xEC><0xEC><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED> . 16 (1): 563。
  45. ^ a b 이(Yi), 平最即時(Moun Souk) (2016年冬). 「弘化入国審査エントリー クラス スミレノミ ミステリー ミズーリ ミズーリョン」. 한<0xEA><0xEA><0xB5><0xEC><0xEC><0xEC><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED><0xED> . 16 (1): 564。
  46. ^ McGreevy、Ronan (2011 年 8 月 9 日)。「ドイツは、キンダーサプライズに直面している」 . アイリッシュ・タイムズ。2011 年 11 月 24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019 年3 月 23 日に取得
  47. ^ デイリー、スーザン (2011 年 7 月 29 日)。「アイルランドは、EU で最も高い出生率と最も低い死亡率の 1 つです。」Thejournal.ie。取得した17年10月2011
  48. ^ 吉田玲二 (2015 年 12 月 31 日). 「日本の人口ジレンマ、一言でいうと一人暮らし」 . ジャパンタイムズ。取り出さ年1月14 2016
  49. ^ ワイズマン、ポール (2004 年 6 月 2 日)。西脇直子(編)。「セックスしないでください - 私たちは日本人です」 . usatoday.com . ガネット(株)(株)のRetrieved 11年3月2017年
  50. ^ スイ、シンディ (2011 年 8 月 15 日)。「BBCニュース – 台湾の出生率は対策にもかかわらず急落」 . BBC . 取得した17年10月2011
  51. ^ a b プレス協会(2011 年 7 月 13 日)。「出生率が 40 年ぶりの高水準に達する中、助産師を増員する」 . ガーディアン。英国: Guardian News & Media Limited 。取得した17年10月2011
  52. ^ ブラストランド、マイケル (2012 年 2 月 2 日)。「ゴーフィギュア:本当のベビーブームはいつ?」. BBC ニュース マガジン。BBC . 取り出さ年4月5 2012
  53. ^ ローン、シャリ (2011 年 3 月 31 日)。「米国の出生率 | 米国の出生率: 出生率の低下は過去 30 年間で最大 – ロサンゼルス タイムズ」 . Articles.latimes.com 。取得した17年10月2011
  54. ^ ビル・マクブライド (2011 年 8 月 12 日)。「アメリカの出生率は3年連続で低下」 . Businessinsider.com 。取得した17年10月2011
  55. ^ ビル・マクブライド (2011 年 8 月 12 日)。「アメリカの出生率は3年連続で低下」 . Businessinsider.com 。取得した17年10月2011
  56. ^ 「経済的混乱が出産に打撃を与える」 . USAトゥデイ。2011 年 8 月 11 日。取得した17年10月2011
  57. ^ 「出生率低下は経済のせい」 . wzzm13.com。2011年8月12日。2013年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。取得した17年10月2011
  58. ^ リビングストン、グレッチェン。「不景気では出生数が少ない」 . ピュー研究所。2017年 3 月 29 日に取得
  59. ^ 「不景気では出生数が減少 | ピュー研究所」 . Pewsocialtrends.org 。2017 年3 月 11 日に取得
  60. ^ 「思春期の出生率の低下を示す連邦レポート、2011 年 7 月 7 日ニュース リリース – 国立衛生研究所 (NIH)」 . Nih.gov 2011 年 7 月 7 日。取得した17年10月2011
  61. ^ a b c d 「十代の妊娠について」 . Cdc.gov 。検索された5月12 2015
  62. ^ 「CDC データと統計 | 特集: 2009 年に再び減少した 10 代の出生率」 . Cdc.gov 2011 年 7 月 1 日。取得した17年10月2011
  63. ^ a b "uwnews.org | 養育費に関する厳しい法律により、独身男性が父親になるのを妨げる可能性がある、研究結果 | ワシントン大学のニュースと情報" . 2007 年 5 月 5 日のオリジナルよりアーカイブ。2017 年3 月 11 日に取得
  64. ^ 「赤ちゃんの胸像: 米国の出生数が記録的な低さ」 . CNN. 2014 年 9 月 6 日。
  65. ^ 「歴史的低水準に近い人口増加」 . ワシントン・ポスト。2014 年 4 月 19 日。
  66. ^ 「米国の出生率は人口の安定を維持するのに十分高くない」 . ハフィントンポスト。2014 年 4 月 19 日。
  67. ^ マーフィー、マイケル (2013)。「先進国における出産における世代間継続の国境を越えたパターン」 . 生物人口学と社会生物学59 (2): 101-126。土井: 10.1080/19485565.2013.833779。ISSN  1948-5565。PMC  4160295。PMID  24215254。
  68. ^ ヘイフォード、SR; モーガン、SP (2008)。「米国の宗教と出産: 出産の意図の役割」 . 社会的勢力86 (3): 1163–1188。土井: 10.1353/sof.0.0000 . PMC  2723861。PMID  19672317。
  69. ^ ラーズ・ドマーマス; ジェーン・クロバス; Trude Lappegård (2014)。「出生意向の時間枠による出産の違い。ノルウェーの調査および登録データを使用した研究」 . 研究プロジェクトの一部 家族のダイナミクス、出産の選択と家族の方針 (FAMDYN)
  70. ^ シャフニット、SB。サー、R. (2014)。「富は、高所得国の親族と女性の出生率との関係を変化させる」 . 行動生態学25 (4): 834–842。doi : 10.1093/beheco/aru059 . ISSN  1045-2249。
  71. ^ Rai, Piyush Kant; パレク、サルラ。ジョシ、ヘムラタ(2013)。「rk Class Estimator を使用した共線データの回帰分析: インドの合計特殊出生率 (TFR) に影響を与える社会経済および人口統計学的要因」 (PDF)データ サイエンスのジャーナル11 .
  72. ^ プラダン、エリナ (2015 年 11 月 24 日)。「女性の教育と出産: データを詳しく見る」 . 健康への投資。2019 年3 月 10 日に取得
  73. ^ ルッツ、ヴォルフガング; ゴウジョン、アン。エンダール、ケベデ (2019 年 2 月 19 日)。「アフリカの出生率低下の停滞は、女性教育の混乱に一部起因している」 . 米国科学アカデミー紀要116 (8): 2891–2896。土井: 10.1073/pnas.1717288116。ISSN  0027-8424。PMC  6386713。PMID  30718411。
  74. ^ ブルーム、デビッド; キャニング、デビッド; フィンク、ギュンター; フィンレイ、ジョセリン (2009)。「出生率、女性の労働参加率、人口ボーナス」 . 経済成長ジャーナル14 (2): 79–101。土井: 10.1007/s10887-009-9039-9
  75. ^ 佐藤康博 (2006 年 7 月 30 日)、「経済地理学、出生率、および移住」 (PDF)、『Journal of Urban Economics』、2016 年 2 月 6 日のオリジナル (PDF)からアーカイブ、2008 年3 月 31 日に検索
  76. ^ 「ユーロスタット - テーブル、グラフ、マップ インターフェース (TGM) テーブル」。Ec.europa.eu。2016 年 8 月 11 日。2017 年3 月 11 日に取得
  77. ^ 「WHO - マザー・オア・ナッシング: 不妊の苦しみ」 . www.who.int
  78. ^ コレット、M; レニエ、J; フロスト、E; ガス、R; イベール、F; ルクレール、A; ロス・マイヤー、C; イワノフ、B; メヘウス、A (1988)。「中央アフリカの不妊: 感染が原因」. Int J Gynaecol Obstet26(3):423-8。DOI:10.1016 / 0020から7292(88)90340から2を。PMID  2900173。S2CID  19947881。

  • 国連の世界人口見通し: 2008 年改訂人口データベース
  • オードリー、クラーク (1985)。地理、人間と物理のロングマン辞書。ニューヨーク:ロングマン。
  • ダグラス、イアン; リチャード・ハゲット(2007)。地理のコンパニオン百科事典。ニューヨーク: ラウトレッジ。
  • ノーウッド、キャロレット (2009)。「人口開発イニシアチブにおける女性の統合を再考する」. 実際の開発19 (7): 906–911。土井: 10.1080/09614520903122352。S2CID  162368226。
  • IndexMundiによる世界の出生率
  • http://www.childtrends.org/?indicators=fertility-and-birth-rates アーカイブで2016年5月26日ウェイバックマシン

関連するメディア出生率ウィキメディア・コモンズで

  • CIA World Factbook 出生率のランク別リスト