ベネディクト会

Hashtags #ベネディクト会

ベネディクト会歴史的発展etベネディクト会の誓いと人生

ベネディクト会は、正式にベネディクト会ラテン語オルドサンクティBenedictiと略記、OSBは)、ある修道 宗教的な秩序カトリック教会、次の聖ベネディクトの戒律。彼らは、彼らの宗教的習慣の色にちなんで、ブラック モンクと呼ばれることもあります。それらは、6 世紀の修道士であるヌルシアのベネディクトによって設立されました。彼は、聖ベネディクト規則の定式化を通じてベネディクト会の出家生活の基礎を築きました。

オーダーと呼ばれていますが、ベネディクト会は単一の階層の下で運営されていませんが、代わりに自律的な修道院のコレクションとして組織されています。彼らは、普遍的な管轄権を持つ優れた将軍母屋を持っていません。オーダーは、オーダーの共通の利益を代表するために 1893 年に設立された組織であるベネディクト連合によって国際的に代表されます。

ヌルシアの聖ベネディクト (c. 480–543)。サン マルコフィレンツェの修道院にあるフラ アンジェリコ(c. 1400–1455) による フレスコ画の詳細 。

ヌルシアの聖ベネディクトによって設立された、イタリアのスビアーコにある修道院c. 529年、彼が設立した12の修道院の最初のものでした。彼は後にモンテ カッシーノ修道院を設立しました。しかし、彼が秩序を確立しようとしたという証拠はなく、聖ベネディクト規則は各コミュニティの自治を前提としています。580 年頃、モンテ・カッシーノがロンバード人によって略奪されたとき、修道士たちはローマに逃亡し、これがベネディクト会の出家生活の知識の普及に重要な要因となったようです。[1]

アウグスティヌスとその 40 人の仲間が 595 年にイングランドの福音宣教に向けて宣教を開始したのは、ローマのセント アンドリュー修道院からでした。旅の途中のさまざまな停留所で、修道士は彼らの規則と生活様式に関する伝統、そしておそらく規則のいくつかのコピーも残しました。たとえば、375 年にオノラトゥスによって設立されたレラン修道院は、おそらく 596 年の聖アウグスティヌスとその仲間の訪問からベネディクト ルールの最初の知識を得ました[1]。

グレゴリーのツアーは、時と言うAinay修道院、6世紀、僧侶は「時間と場所の条件に適切なように見えたものは何でも取って、使用して、バジル、カッシア、セザール、およびその他の父親のルールに従っ」、およびそれを疑いもなくベネディクト・ルールが彼らに達したとき、自由はベネディクト・ルールと共に取られた。ガリアとスイスでは、コロンバヌスなどによって導入された、より厳しいアイルランドまたはケルトのルールを補完しました。多くの修道院では、最終的には以前のコードを完全に置き換えました。[1]

アニアーヌのベネディクト(747–821)。

しかし、9 世紀までに、ベネディクト会は西ヨーロッパ全体で僧侶生活の標準的な形式になりました。ただし、スコットランド、ウェールズ、アイルランドを除いて、ケルトの遵守がさらに 1 世紀か 2 世紀にわたって続いていました。[1]主にアニアーヌのベネディクトの作品を通じて、それはカロリング帝国全体の修道院の選択の規則になりました。[2]

修道院の写字室は、9 世紀から 12 世紀にかけて栄えました。神聖な聖書は、常にすべての修道院の経典の中心にありました。一般に、作家としてのスキルを持った僧侶たちは、これを唯一の活動的ではないにしても、彼らの首長にしました。9 世紀または 10 世紀の匿名の作家は、1 日 6 時間を筆記者の通常の仕事として語っています。[3]

中世には、貴族が修道院を設立することがよくありました。クリュニー修道院は、910 年にアキテーヌ公ギヨーム1 世によって設立されました。この修道院は、聖ベネディクトの規則を厳格に守ったことで有名でした。Cluny の修道院長は、任命された前任者を通じて、すべての娘の家の上位者でした。[2]

ベネディクト会の実践における最も初期の改革の 1 つは、カマルドリ会のコミュニティを設立したロムアルドによって 980 年に開始されたものです。

ベネディクト会修道院の生活様式の支配は、フランシスコ会とドミニコ会の台頭が見られた 12 世紀の終わりに向けて低下し始めました。[2]ベネディクト会は、特定の財団への忠誠を公言する「安定性」の 4 番目の誓いを立てました。場所にとらわれないため、メンディカントはますます「都市」環境に対応することができました。この衰退は、修道院の品物を監督し保護するために貴族によって任命された、平信徒である表彰式の修道院長を任命する慣行によってさらに悪化しました。しかし、多くの場合、これにより、修道院が支援することを意図していたコミュニティを犠牲にして、修道院の資産が流用されることになりました。

イングランド

イングリッシュ ベネディクト会衆は、19 のベネディクト会衆の中で最も古い会衆です。カンタベリーのアウグスティヌスと彼の修道士は、597 年にカンタベリーに到着してすぐに、最初の英国ベネディクト会修道院をカンタベリーに設立しました。他の財団もすぐに続きました。ウィルフリッド、ベネディクト・ビスコップ、ダンスタンの影響により、ベネディクト会のルールは驚くべき速さで広がり、北部ではイオナからのケルト人宣教師によって設立されたほとんどの修道院で採用されました。イングランドの司教管区の多くはベネディクト会によって設立され、統治されており、古い大聖堂の 9 つは、付属の小修道院の黒人修道士によって奉仕されていました。[1]修道院は、病院や弱者やホームレスの避難所としての役割を果たしました。修道士は、病人の苦しみを和らげるために、植物や鉱物の治癒特性を研究しました。[4]

ドイツは英国ベネディクト会によって伝道されました。ウィリブロルドとボニフェイスは、7 世紀と 8 世紀にそこで説教し、いくつかの修道院を設立しました。[1]

で英語改革、すべての修道院を溶解し、そして彼らの土地は彼らの強制、クラウンによって没収カトリック大陸に亡命に逃げるようにメンバーを。19 世紀に、彼らはイングランドに戻ることができ、その中には、解散後も生き残った数少ない偉大な修道院教会の 1 つであるヨークシャーのセルビー修道院がありました。

聖ベネディクトメダルの両面

聖ミルドレッドの小修道院は、上サネットの島、ケント、最初のキリスト教の娘で670年に設立修道院の敷地内に1027年に建設されたケントの王。現在、修道院にはベネディクト会の修道女のコミュニティがあります。最も有名な英国の 5 つの修道院は、ダウンサイドのセント グレゴリー大聖堂、通称ダウンサイド アビー、セント エドマンド修道院、キング アンドマーター、アッパー ウールハンプトンのドゥエ アビー、レディング、バークシャー、イーリングのイーリング修道院です。 、ウェスト ロンドン、ワース アビー。[5] [6] ヘンリー 8 世が狩猟用別邸として使用していたプリンクナッシュ アビーは、400 年後の 1928 年に正式にベネディクト会に返還されました。注文に戻りました。[7]

1802 年、ヨークシャーのアンプルフォースにあるセントローレンス修道院が設立されました。1955 年、アンプルフォースはミズーリ州セントルイスに小修道院である娘の家を建てました。これは 1973 年に独立し、1989 年にそれ自体がセントルイス修道院となりました[8]。 ]

2015 年の時点で、イングリッシュ コングリゲーションは 3 つの修道女の修道院と 10 の修道士の修道院で構成されています。会衆のメンバーは、イングランド、ウェールズ、アメリカ合衆国、ペルー、ジンバブエにいます。[9]

イングランドには、スビアコ カッシネーゼ会衆の家もあります: ファーンバラ、プリンクナッシュ、チルワース:ワイト島のソレスム会衆、クォーアー、セント セシリアズ、聖ベネディクトの支配に続く司教区の修道院:私たちのコミュニティグラストンベリーの貴婦人。

オックスフォード運動以来、英国国教会とプロテスタント教会では、ベネディクト会の出家生活もささやかながら盛んになっています。英国国教会のベネディクト会修道院長は、ローマのベネディクト会修道院長のゲストとして、サンタンセルモの修道院長の集まりに招待されました。[10]アングリカン コミュニオン全体には、2,400 人の独身宗教家 (男性 1,080 人、女性 1,320 人) がおり、その一部は聖ベネディクトの規則を採用しています。

1168年に地元のベネディクト会修道士たちは、反ユダヤ主義扇動血の中傷のグロスターのハロルドを後に死亡を説明するためのテンプレートとして。歴史家のジョー・ヒラビーによると、ハロルドのベネディクト派の血の中傷は極めて重要だった. 3 年以内に、最初の儀式殺人罪がフランスで行われました。」[11]

イギリスの修道院図書館

聖ベネディクトの第 48 規則は、兄弟たちのために広範かつ習慣的な「聖なる読書」を規定しています。[12]この時期、僧侶は主に 3 つのタイプの読書を行った。僧侶は、プライベートな時間に個人的に読書をしたり、礼拝や食事の時間に公に読書をしたりしました。規則に記載されているこれらの 3 つに加えて、僧侶は診療所でも本を読みます。修道院は教育の中心地として繁栄しており、修道士と修道女は、ヌルシアの聖ベネディクトの法律に従って学び、祈るように積極的に奨励されていました。この法律の一部は、理解に関するガイドラインを提供しています。セクション38は、「これらの兄弟の食事は通常、読書を伴うべきであり、大声で言われている間、彼らは黙って食事をし、飲むべきであると述べています. 場合によってはいくらか極端ではありますが、そのような長いテキストをコピーするのに必要な規律を彼らが得るためには、おそらくそれが必要でした。9 世紀または 10 世紀の匿名の作家は、1 日 6 時間が書記の通常の仕事であると語っています。たとえば、聖書の写しは、通常、完了するまでに最大 15 か月かかります。[13]

しかし、ベネディクトの修道士は世俗的な所有物を禁じられていたため、共同使用のために修道院の図書館で聖典の保存と収集が必要でした。[14]便宜上、修道院内の書籍を、すなわち、いくつかの異なる場所に収容された聖具室合唱及び他の典礼書籍の書籍を含有し、レクトリー例えば説教などの公共の読み取りのための本を収容、及び聖人の生活、そして最大の本のコレクションを収め、通常は回廊にあった図書館。

イギリスの修道院図書館の最初の記録はカンタベリーにある. カンタベリーのアウグスティヌスの英語の使命を支援するために、ローマ法王グレゴリウスは彼に、グレゴリオ聖書を 2 巻、アウグスティヌスの詩篇、福音書2 部、2 つの殉教、福音書と書簡の博覧会を含む 9 冊の本を与えました。そして詩篇。[15] : 23–25 タルソスのテオドールは、70 年以上後にギリシャ語の本をカンタベリーに持ち込み、ギリシア語を学ぶ学校を設立しました。[15] : 26

フランス

修道院は、フランス革命中に一掃されたカトリック教会の施設の中にありました。修道院は、19 世紀に再びブルボン王政の下で形成されることを許可されました。その世紀の後半、第三フランス共和国の下で、宗教教育を禁止する法律が制定されました。当初の意図は、世俗的な学校を許可することでした。したがって、1880 年と 1882 年に、ベネディクト教の僧侶は事実上追放されました。これは 1901 年まで完成しませんでした。[16] [17] [18] [19]

ドイツ

サンブレーズ修道院で黒い森のバーデン・ヴュルテンベルク州は、第十世紀の後半を中心に設立されていると考えられています。他の家はどちらかにより改質され、または聖Blasienの、のprioriesとして設立されました:ムリ修道院(1082)、Ochsenhausen修道院(1093)、ゲトヴァイヒ修道院(1094)、シュタインアムライン(1123年前)修道院とプラム修道院(1132)。それはまたの大修道院に有意な影響だったAlpirsbachの(1099)、Ettenheimmのünster(1124)とSulzburg(約1125)、およびWeitenau(今の一部のpriories Steinen、約1100)、Bürgel(1130年前)とSitzenkirch (約 1130)。

スイス

天使の聖母の修道院は1120 年に設立されました。

アメリカ

アメリカに最初に住んだベネディクト人は、ピエール・ジョセフ・ディディエでした。彼は 1790 年にパリから米国に来て、亡くなるまでオハイオ州とセントルイス地域で奉仕しました。最初に設立された実際のベネディクト会修道院は、ペンシルベニア州ラトローブにある聖ビンセント・アルカビーでした。1832 年に、アメリカでドイツ人移民に奉仕しようとしたドイツ人修道士ボニフェイス ウィマーによって設立されました。1856 年、ウィマーはミネソタ州のセント ジョンズ修道院の基礎を築き始めました。1876年、聖ヴィンセント・アーカビーのヘルマン・ウルフ神父がノースカロライナ州にベルモント・アビーを設立。[20] 1887 年に亡くなるまでに、ウィマーはベネディクト会の修道士をカンザス、ニュージャージー、ノースカロライナ、ジョージア、フロリダ、アラバマ、イリノイ、コロラドに派遣していた[20][21]

ヴィマーはまた、バイエルン州アイヒシュテットにある聖ウォルバーグ修道院からベネディクト人の姉妹をアメリカに送るように頼んだ。1852 年、ベネディクタ リープ姉妹と他の 2 人の姉妹がペンシルベニア州セント メアリーズを設立しました。すぐに彼らは姉妹をミシガン、ニュージャージー、ミネソタに送りました。[21]

1854 年までに、スイスの修道士が到着し、インディアナ州にセント マインラッド修道院を設立し始め、すぐにアーカンソー州とルイジアナ州に広がりました。すぐにスイスの姉妹が続きました。[21]

現在、アメリカには 100 を超えるベネディクトの家があります。ほとんどのベネディクト会家は、アメリカ人カシネ人、スイス人アメリカ人、聖スコラスティカ、聖ベネディクト会の 4 つの大きな会衆のうちの 1 つに属しています。会衆は、ほとんどの場合、同じ系統を共有する修道院で構成されています。たとえば、アメリカとカシネの会衆には、ボニフェイス ウィマーの子孫である 22 の修道院が含まれていました。[22]

米国 ニュージャージー州モリスタウンの聖土曜日に ベネディクト会の 修道士が晩課を 歌う

共同体の感覚は、当初から秩序の決定的な特徴でした。[23]聖ベネディクトの規則の第 58 章のセクション 17 では、ベネディクト会の共同体に受け入れられる厳粛な約束の候補者は、安定の約束 (つまり、同じ共同体に留まる)、会話のモラム(慣用句のラテン語) を行う必要があると述べています。「マナーの転換」を示唆するフレーズ。以下を参照) およびコミュニティの上司への服従。[24]この厳粛なコミットメントは「ベネディクト誓い」と呼ぶことする傾向があり、ベネディクト先行詞と等価である福音勧告に受信するための候補者公言宗教的な順序。

過去 50 年間の多くの研究が、「会話モラム」の翻訳と解釈に捧げられてきました。古い翻訳「人生の転換」は、一般的に「[生活の]修道道への転換」などの句に置き換えられました。これは、ウルガタがピリピ人への3章の「市民権」または「故郷」の翻訳としての会話の使用に由来しています。 20. 一部の学者は、この規則の誓いの公式は、「その規則と修道院長に従い、修道士としてこの地に住むこと」と訳すのが最も適切であると主張しています。

ベネディクトの修道院長と女子修道院長は、修道院の完全な管轄権を持ち、したがって、居住者である修道士または修道女に対する絶対的な権限を持っています。この権限には、義務の割り当て、読まれる可能性のある本と読まれない可能性のある本の決定、出家の規制、修道会からの強制的な隔離という意味での処罰と破門の権限が含まれます。

密集した共同時間割 –ホラリウム – は、神から与えられた時間を無駄にせず、祈り、仕事、食事、霊的読書、睡眠など、神への奉仕に使用することを目的としています。

ベネディクト会は沈黙の誓いを立てませんが、厳格な沈黙時間が設定されており、その他の場合には、実際に可能な限り沈黙が維持されます。社交的な会話は、共同のレクリエーションの時間に限定される傾向があります。しかし、そのような詳細は、ベネディクト会家の日常の他の多くの詳細と同様に、聖ベネディクトの規則が上司の裁量に任せているように、その「慣習」に定められています。「慣習」は、特定のベネディクトの家によって採用された規則であり、地域の条件に規則を適応させます。[25]

ローマ カトリック教会では、1983 年の教会法の規範によると、ベネディクト会修道院は「宗教機関」であり、したがって、そのメンバーは奉献生活のメンバーです。教会法 588 §1 では、ベネディクト会の修道士は「聖職者でも平信徒でもない」と説明されていますが、叙階することはできます。

いくつかの修道院は、修道院生活を送ったり、学校や教区を運営したりする上で、より積極的なミニストリーを採用しています。他の人は、より瞑想に焦点を当て、回廊の境界内での祈りと作業に重点を置いています。

ベネディクト会ルールが含まれている儀式精製、[26]とに触発Nursia用のベネディクト治療を実施するための奨励入浴。ベネディクト会の修道士は、スパの開発と促進において役割を果たしました。[27]

ベネディクト会の出家生活は、その個々のコミュニティが「総長」や「上級総長」の宗教的秩序の一部ではないという点で、他の西洋の宗教的秩序とは根本的に異なります。各ベネディクトの家は独立しており、修道院長によって統治されています。

現代では、自治会派のさまざまなグループ (国家、改革派など) が緩やかに会衆を形成しています (たとえば、カシネーゼ、イングリッシュ、ソレム、スビアコ、カマルドリーゼ、シルベストリンなど)。これらは、1893 年 7 月 12 日のローマ教皇レオ 13 世の使徒的要約「Summum semper」を通じて誕生したベネディクト連合に代表されます。[28]この組織は、ベネディクト コミュニティ間の対話とベネディクト間の関係を促進します。コミュニティやその他の宗教団体、そして教会全体。Abbot Primate は、ローマのサンタンセルモ修道院に住んでいます。[29]

1313 年、ベルナルド トロメイはオリベット山の聖母の勲章を制定しました。コミュニティは聖ベネディクトの規則を採用し、1344 年に正規の承認を受けました。Olivtans はベネディクト連合の一部です。

聖ベネディクトの規則は、シスターシアンやトラピストなどのベネディクト会の伝統の改革として始まった多くの宗教団体でも使用されています。これらのグループは別々の会衆であり、ベネディクト連合のメンバーではありません。

ベネディクト会は伝統的にカトリック教徒ですが、聖公会、東方正教会、[30] [31]およびルーテル教会の中で聖ベネディクト会の規則に従うコミュニティもあります。[32]

聖ボニファティウス(c. 680–750)、 教皇グレゴリウス 1 世(c. 540–604、教皇 590–604)、 エグモントのアダルベルト(8 世紀)、司祭 Jeroen van Noordwijk、現在 Jan Joostsz van Hillegom による 1529 年の絵画フランス・ハルス美術館に展示されている
ザルツブルクのルパートの後期ゴシック彫刻 (c. 660–710)
13 世紀の装飾写本に登場するクレルヴォーのベルナール(1090 年 - 1153 年)
カロリング原稿、C。840年、 ラバヌス・マウルス(左)、アルクイン(中央)に支えられて 、マインツのオトガーに作品を発表
マシュー パリスの自画像 (c.1200–59)
中世のステンドグラスの窓にあるシュジェール修道院長(c.1081–1135)
ドン・ペリニヨン

聖人と祝福された人々

  • ローマ法王グレゴリウス 1 世(c. 540–604, r. 590–604)
  • カンタベリーのアウグスティヌス(d. 604)
  • 聖ボニファス(c. 680–755)
  • 聖ウィリブロルド(C。658から739)
  • ザルツブルクのルパート(c. 660–710)
  • カイザーヴェルトのスーツベルト(d. 713)
  • 聖シュトルム(c. 705–79)
  • アンスガー(801–65)
  • ヴォルフガング・オブ・レーゲンスブルク(934–994)
  • プラハのアダルベルト(c. 956–97)
  • Csanád の Gerard (c. 980–1046) [1]
  • ローマ法王グレゴリウス 7 世(c. 1020–85, r. 1073–85)
  • 教皇ヴィクトル 3 世(c. 1026–87, r. 1086–87)
  • 教皇ケレスティヌス 5 世(1215–96、r. 1294)
  • ローマ法王ウルバヌス5世(1310-70、r。1362-70)
  • 聖バロウ(1585-1641)
  • 教皇ピウス 7 世(1742–1823, r. 1800–23); 神のしもべ

僧侶

法王

  • 教皇シルウェステル2世(c. 946–1003, r. 999–1003)
  • 教皇パスカリス2 世(d. 1118, r. 1099–1118)
  • 教皇ゲラシウス 2 世(d. 1119、r. 1118–19)
  • 教皇クレメンス 6 世(1291–1352、r. 1342–52)
  • 教皇グレゴリウス16世(1765–1846, r. 1831–46) [1]

修道院と会衆の創設者と著名な改革者

  • アーコンウォルド(C。630から93)
  • ベネディクト・ビスコップ(c. 628–90)
  • リュードウィヌス(c. 665–713)
  • アニアーヌのベネディクト(747–821)
  • ダンスタン(909–88)
  • クルーニーのベルノ(c. 850–927)
  • クリュニーのオド(c. 878–942)
  • クルーニーのマジョラス(c. 906–94)
  • クルーニーのオディロ(c. 962 – c. 1048)
  • ウォルター・オブ・ポントワーズ(c. 1030 – c. 1099)
  • ベルナール・ド・クルーニー(d. 1109)
  • ピーター・ザ・ヴェネラブル(c. 1092–1156)
  • ロムアルド(c. 956–c. 1026)
  • モレームのロベルト(c. 1028–1111)
  • アルベリックのアルベリック(d. 1109)
  • スティーブン・ハーディング(d. 1134)
  • クレルヴォーのベルナール(1090–1153)
  • ヒルサウのヴィルヘルム (c. 1030–91)
  • ジョン・グアルバート (995–1073)
  • オバジンのステファン(1084–1154)
  • アーブリッセルのロバート(c. 1045–1116)
  • モンテベルギーヌのウィリアム(1085–1142)
  • ニコラス・ジュスティアーニ(fl.1153-1179)
  • シルベスター・ゴゾリーニ(1177–1267)
  • ベルナルド・トロメイ(1272–1348)
  • ローラン・ベナール(1573–1620)
  • プロスパー ゲランジェ(1805–1875)
  • Jean-Baptiste Muard (1809–1854)
  • Boniface Wimmer (1809–1887)
  • Maurus Wolter (1825–1890)
  • Martin Marty (1834–1896)[1]
  • Andreas Amrhein (1844–1927)
  • Lambert Beauduin (1873–1960)
  • Anscar Vonier (1875-1938) Supervised the reconstruction of Buckfast Abbey
  • Margit Slachta (or Schlachta, 1884–1974)

Scholars, historians, and spiritual writers

  • Jonas of Bobbio (600-659)
  • Bede (673–735)
  • Aldhelm (c. 639–709)
  • Alcuin (d. 804)
  • Rabanus Maurus (c. 780–856)
  • Paschasius Radbertus (785–865)
  • Ratramnus (d. 866)
  • Walafrid Strabo (c. 808–49)
  • Notker Labeo (c. 950–1022)
  • Guido of Arezzo (991–1050)
  • Hermann of Reichenau (1013–54)
  • Paul the Deacon (c. 720–99)
  • Hincmar (806–82)
  • Saint Maurus of Pécs (c. 1000–c. 1075)
  • Peter Damian (c. 1007–72)
  • Lanfranc (c 1005–89)
  • Anselm of Canterbury (c 1033–1109)
  • Eadmer (c 1060–c1126)
  • Florence of Worcester (d. 1118)
  • Symeon of Durham (d. 1130)
  • Jocelyn de Brakelond (d. 1211)
  • Matthew Paris (c. 1200–59)
  • William of Malmesbury (c. 1095–c. 1143)
  • Gervase of Canterbury (c. 1141–c. 1210)
  • Roger of Wendover (d. 1236)
  • Peter the Deacon (d. 1140)
  • Adam Easton (d. 1397)
  • Honoré Bonet (c. 1340–c1410)
  • John Lydgate (c. 1370–c. 1451)
  • John Whethamstede (d. 1465)
  • Johannes Trithemius (1462–1516)
  • Louis de Blois (1506–66)
  • Benedict van Haeften (1588–1648)
  • Augustine Baker (1575–1641)
  • Jean Mabillon (1632-1707)
  • Mariano Armellino (1657–1737)
  • Antoine Augustin Calmet (1672–1757)
  • Magnoald Ziegelbauer (1689–1750)
  • Marquard Herrgott (1694–1762)
  • Luigi Tosti (1811–97)
  • Jean Baptiste François Pitra (1812–89)
  • Oswald William Moosmuller (1842-1901)
  • Suitbert Bäumer (1845–94)
  • Francis Aidan Gasquet (1846–1929)
  • Fernand Cabrol (1855–1937)
  • Germain Morin (1861–1946)
  • John Chapman (1865–1933)
  • Cuthbert Butler (1858–1934)[1]

Maurists

  • Nicolas-Hugues Ménard (1585–1644)
  • Luc d'Achery (1609–85)
  • Antoine-Joseph Mège (1625–91)
  • Thierry Ruinart (1657–1709)
  • François Lamy (1636–1711)
  • Pierre Coustant (1654–1721)
  • Edmond Martène (1654–1739)
  • Ursin Durand (1682–1771)
  • Bernard de Montfaucon (1655–1741)
  • René-Prosper Tassin (1697–1777)[1]

Bishops and martyrs

  • Saint Ernest (d. 1148)
  • Laurence of Canterbury (d. 619)
  • Mellitus (d. 624)
  • Justus (d. 627)
  • Paulinus of York (d. 644)
  • Leudwinus (c. 665–713)
  • Oda of Canterbury (d. 958)
  • Bertin (c. 615–c. 709)
  • Wilfrid (c. 633–c. 709)
  • Cuthbert (c. 634–87)
  • John of Beverley (d. 721)
  • Swithun (d. 862)
  • Æthelwold of Winchester (d. 984)
  • Edmund Rich (1175–1240)
  • Abbot Suger (c. 1081–1151)
  • John Beche (d. 1539)
  • Richard Whiting (d. 1539)
  • Hugh Cook Faringdon (d. 1539)
  • Sigebert Buckley (c. 1520–c. 1610)
  • John Roberts (1577-1610)
  • Gabriel Gifford (1554–1629)
  • Alban Roe (1583-1642)
  • Philip Michael Ellis (1652–1726)
  • Charles Walmesley (1722–97)
  • William Placid Morris (1794–1872)
  • John Polding (1794–1877)
  • William Bernard Ullathorne (1806–89)
  • Roger Vaughan (1834–83)
  • Guglielmo Sanfelice d'Acquavilla (1834–1897)[1]
  • Joseph Pothier (1835–1923)
  • John Cuthbert Hedley (1837–1915)
  • Domenico Serafini (1852–1918)
  • Placidus Nkalanga (1918 - 2015)[33]

Twentieth century

Cardinal Schuster.
  • Lambert Beauduin (1873–1960)
  • Bl. Alfredo Schuster (1880–1954)
  • Bede Griffiths (1906–1993)
  • Paul Augustin Mayer (1911–2010)
  • Hans Hermann Groër (1919–2003)
  • Basil Hume (1923–1999)
  • Rembert Weakland (1927–)
  • Daniel M. Buechlein (1938-2018)
  • Jerome Hanus (1940-)
  • Anselm Grün (1945–)
  • Knut Ansgar Nelson (1906-1990)

Nuns

Abbot of Montserrat
  • Scholastica (c. 480–547)
  • Æthelthryth (c. 636–79)
  • Hilda of Whitby (c. 614–80)
  • Werburh (d. 699)
  • Mildrith (d. early 7th century)
  • Saint Walpurga (c. 710–79)
  • Wulfthryth of Wilton (c. 937–1000)
  • Saint Edith of Wilton (c. 961–984)
  • Hildegard of Bingen (1098–1179)
  • Gertrude the Great (1256–c. 1302)[1]
  • Joan Chittister (1936-)
  • Noella Marcellino (1951-)
  • Teresa Forcades (1966–)

Oblates

Bonifatius Becker

Benedictine Oblates endeavor to embrace the spirit of the Benedictine vow in their own life in the world.[34] Oblates are affiliated with a particular monastery.

  • Emperor Henry II (972–1024)
  • Frances of Rome (1384–1440)
  • Joris-Karl Huysmans (1848–1907)[1]
  • Jacques Maritain (1882–1973)
  • Romano Guardini (1885–1968)
  • Dorothy Day (1897–1980)
  • Walker Percy (1916–1990)
  • Kathleen Norris (1947– )

  • Dom Pierre Pérignon
  • Benedictine Confederation
  • Catholic religious order
  • Cistercians
  • French Romanesque architecture
  • Sisters of Social Service
  • Trappists

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Alston, Cyprian (1907). "Benedictine Order" . In Herbermann, Charles (ed.). Catholic Encyclopedia. 2. New York: Robert Appleton Company.
  2. ^ a b c "The Benedictines: An Introduction by Abbot Primate Jerome Theisen OSB. Liturgical Press".
  3. ^ Huddleston, Gilbert Roger (1912). "Scriptorium" . In Herbermann, Charles (ed.). Catholic Encyclopedia. 13. New York: Robert Appleton Company.
  4. ^ Dom Bruno Hicks OSB (2009). "The Benedictines". Archived from the original on 5 November 2017. Retrieved 15 February 2015.
  5. ^ Colin Battell, OSB (2 December 2006). "Spirituality on the beach". The Tablet. pp. 18–19. The late Cardinal Basil Hume was Abbot of Ampleforth Abbey before being appointed Archbishop of Westminster.
  6. ^ Martin, Christopher (2007). A Glimpse of Heaven: Catholic Churches in England and Wales. London: English Heritage. Examines the abbeys rebuilt after 1850 (by benefactors among the Catholic aristocracy and recusant squirearchy), mainly Benedictine but including a Cistercian Abbey at Mount St. Bernard (by Pugin) and a Carthusian Charterhouse in Sussex. There is a review of book by Richard Lethbridge "Monuments to Catholic confidence," The Tablet 10 February 2007, 27.
  7. ^ Mian Ridge (12 November 2005). "Prinknash monks downsize". The Tablet. p. 34.
  8. ^ "History", Saint Louis Abbey
  9. ^ "History - The English Benedictine Congregation". benedictines.org.uk. Archived from the original on 11 February 2015. Retrieved 11 February 2015.
  10. ^ Rees, Daniel (2000). "Anglican Monasticism". In Johnston, William (ed.). Encyclopedia of Monasticism. New York: Fitzroy Dearborn Publisher. p. 29. ISBN 1-57958-090-4.
  11. ^ Hillaby, Joe (1994–1996). "The ritual-child-murder accusation: its dissemination and Harold of Gloucester". Jewish Historical Studies. 34: 69–109. JSTOR 29779954.
  12. ^ Kaur, Nirmal (2005). History of Education. Mittal Publications. p. 44. ISBN 81-7099-984-7.
  13. ^ Huddleston, Gilbert (February 2015). "Scriptorium". The Catholic Encyclopedia. 13.
  14. ^ Wormald, Francis; Wright, C.E. (1958). The English Library before 1700. London: The Athlone Press. p. 15 – via University of London.
  15. ^ a b Savage, Ernest (1912). Old English Libraries. London: Methuen & Co. Ltd.
  16. ^ "Historique I". st-benoit-du-lac.com. Retrieved 29 November 2008.
  17. ^ Chadwick, Owen (1998). A History of the Popes, 1830-1914. Clarendon Press. pp. 495–. ISBN 978-0-19-826922-9.
  18. ^ Wootton and Fishbourne. Ryde.shalfleet.net (4 August 2013). Retrieved on 7 September 2013.
  19. ^ RGM 2005 OCSO. Citeaux.net (28 February 1947). Retrieved on 7 September 2013.
  20. ^ ""History of Belmont Abbey", Belmont Abbey, North Carolina". Archived from the original on 16 April 2018. Retrieved 4 November 2017.
  21. ^ a b c St Benedict (1981). RB 1980: the rule of St. Benedict in Latin and English with notes. Translated by Fry, Timothy. Collegeville, Minnesota: The Liturgical Press. pp. 136–141. ISBN 0-8146-1211-3. OL 4255653M.
  22. ^ "The Benedictine Congregations and Federations of North America in the Benedictine Confederation". www.osb.org. Archived from the original on 3 September 2017. Retrieved 24 November 2015.
  23. ^ "The Defining Features of the Benedictine Order". Durham World Heritage Site.
  24. ^ "The Order of Saint Benedict", St. John's Abbey
  25. ^ "Customary: Mount Michael Abbey" (PDF). 1 September 2013. Archived from the original (PDF) on 23 March 2016. Retrieved 15 October 2015.
  26. ^ Hembry, Phyllis (1990). The English Spa, 1560-1815: A Social History. Fairleigh Dickinson Univ Press. ISBN 9780838633915.
  27. ^ Bradley, Ian (2012). Water: A Spiritual History. Bloomsbury Publishing. ISBN 9781441167675.
  28. ^ "The Benedictine Confederation". OSB.org. Retrieved 24 October 2018.
  29. ^ The Benedictine Monks, UK
  30. ^ Simpson, Fr. Benedict (2016). "Directory of Parishes". The Western Rite Communities of the Russian Orthodox Church Outside Russia. Retrieved 26 August 2019.
  31. ^ "Holy Monasteries of Our Lady and Saint Laurence Antiochian Orthodox Christian Archdiocese of North America, Western Rite Vicariate". The Benedictine Fellowship of Saint Laurence. Archived from the original on 4 April 2018. Retrieved 10 March 2018.
  32. ^ "Who we are…". Saint Augustine's House. 2018. Retrieved 26 August 2019.
  33. ^ Hangablog (9 June 2011). "Hanga News".
  34. ^ "928: Secular institutes". Catechism of the Catholic Church - Part 1 Section 2 Chapter 3 Article 9 Paragraph 4. Retrieved 26 August 2019.

  • Dom Columba Marmion, Christ the Ideal of the Monk – Spiritual Conferences on the Monastic and Religious Life (Engl. edition London 1926, trsl. from the French by a nun of Tyburn Convent).
  • Mariano Dell'Omo, Storia del monachesimo occidentale dal medioevo all'età contemporanea. Il carisma di san Benedetto tra VI e XX secolo. Jaca Book, Milano 2011. ISBN 978-88-16-30493-2
  • "Abbey: Benedictine" . Encyclopædia Britannica. 1 (11th ed.). 1911. pp. 12–14.

  • Official website
  • Confoederatio Benedictina Ordinis Sancti Benedicti, the Benedictine Confederation of Congregations
  • Links of the Congregations
  • Saint Vincent Archabbey
  • Boniface WIMMER
  • The Alliance for International Monasticism
  • Benedictines - Abbey of Dendermonde in ODIS - Online Database for Intermediary Structures
  • Benedictine rule for nuns in Middle English, Manuscript, ca. 1320, at The Library of Congress