独占:マニラを拠点とするTBA Studiosは、アカデミー賞の最高の国際長編部門に日本が提出した、受賞歴のあるドラマPlan 75のフィリピンでの劇場公開権を取得しました。

日本語の映画はフィリピンと強いつながりがあります。キャストにはフィリピン人女優のステファニー・アリアンが出演し、アメリカとフィリピンの会社Fuseeがプロデューサーの 1 人であり、ウィルフレド C. マナラン、ジョージ サマーロック、アリシア カトゥーベイ ワットがプロデューサーとして名を連ね、フィリピンのダルヨン スタジオのアレンバーグ アンが参加しています。共同プロデューサーとして。

この映画は、日本のLoaded Films、ハピネット ファントム スタジオ、Dongyu Club と、フランスのアーバン ファクトリー、Fusee、Ang によって制作されました。アーバン セールスは、共同制作地域以外での国際販売を行っています。Fusee はフィリピンの権利を保持した。

評価の高い短編映画監督の早川千絵が脚本と監督を務めたこの映画は、今年のカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門でプレミア上映され、カメラ ドール スペシャル メンションを受賞しました。

10年アンソロジー映画の日本版の早川のセグメントに基づいて、プラン75は、日本政府が超高齢社会を改善するために高齢者の自発的な安楽死を奨励するプログラムを開始する近い将来に設定されています.

ベテラン女優の倍賞千恵子さんと磯村勇人さんが出演。アリアンは、病気の娘を家で支えるために海外で働く介護者を演じます。

「 Plan 75がついにフィリピンの聴衆に届くという待望のニュースを聞いてうれしく思います. フィリピンのキャスト、プロデューサーの皆様、そしてこの映画を信じて支えてくださっている方々に心から感謝しています」と早川は語った。

「この美しい映画をフィリピンに届けることができて本当に光栄です。静かで控えめな映画ですが、多くの人に届くことを願っている大きな心に訴えるメッセージが込められています」と、TBA スタジオの社長兼 COO である Daphne O. Chiu 氏は述べています。

TBA Studios は、この買収は、多様な映画をフィリピンの視聴者に届けるための進行中の戦略の一環であると述べました。同社の最近のリリースには、Everything Everywhere All At OnceとドキュメンタリーFanny: The Right To Rockが含まれており、今年後半にはカンヌ パルム ドール受賞者の Triangle Of Sadnessをリリースする予定です。