Stowe Story Labsは本日、ライタールームとフィーチャーキャンパスの両方のオンラインプログラムの申し込みを受け付けていることを発表しました。ライターズルームは、1時間のエピソードプログラムのためのライティングプログラムです。SinnerDerekSimondsとStoweStorylabsの共同創設者であるDavidPopeが執筆プログラムを主導します。同じく教皇が率いるフィーチャーキャンパスは、脚本家を率いて新しい長編映画の脚本を開発します。

作家室の参加者が期待できることプログラムは2つのフェーズに分けられます。パートIは4週間で、クリエイター/ショーランナー/脚本家のデレク・シモンズがヒットショーの最初のシーズンであるTheSinnerを紹介する毎週のセッションがあります。Simondsは、成功するショーを構築するための基本を探求し、これらのテクニックを新しい作品に適用する方法の概要を説明します。4つのセッションでは、パイロットの作成、シーズン中のキャラクターアークの作成、視聴者の関心を維持するストーリーラインの作成方法、ピッチングプロセスと番組の販売方法について説明します。 

デビッド教皇は作家室のフェーズIIをリードします。パイロットエピソードの概要と執筆、シリーズバイブルのワークショップ、プロジェクト全体の開発など、初期の作業に基づいてライターを作成します。プログラムのパートIIは、プレゼンテーション、1対1の会議、グループワーク、作家の部屋での体験、ピアツーピアのフィードバックセッションを組み合わせたものです。

「StoweStoryLabsと協力し、テレビのストーリーテリングのプロセスを深く掘り下げるという彼らの使命をサポートすることは喜ばしいことです」と、脚本家/ショーランナーのDerekSimondsは述べています。「このワークショップは、パイロットの構想からシーズン全体のストーリー展開まで、実行可能なショーを作成するプロセス全体を学ぶ、めったにない没入型の機会です。StoweStoryLabsのユニークな新進作家の名簿と私ができることを共有できることに興奮しています。」 

フィーチャーキャンパスの作家が期待できることストウストーリーラボのデビッドポープが率いるフィーチャーキャンパスは、新しい長編映画の脚本を書きたい作家に適しています。作家は、短編小説、小説、演劇などの他の媒体で短編映画やプロジェクトを書いた経験があるか、以前に脚本を書いたことがあり、現在は新しいプロジェクトを書くことで経験的にプロセスを開発しようとしています。 

「ストーリーは世界を形作り、世界は形作る必要があります」と、ストウストーリーラボの共同創設者であり、これらのプログラムの共同ファシリテーターであるデビッドポープは述べています。「FeatureCampusとWritersRoomはどちらも、協力的で協調的な環境と厳格なプロジェクト中心のアプローチを組み合わせることで、視聴者と業界を選別するための新しい視点を提示しようとしています。このプロセスに役立つことは常に私の喜びです」と彼は言いました。

ライタールームまたはフィーチャーキャンパスに申し込む

ライタールームとフィーチャーキャンパスの両方の申請は、ローリングベースで審査されます。プログラムは12人以下の作家のために設計されています。プログラムが完全に登録されると、申し込みプロセスは終了します。遅くとも、申し込みの締め切りは2022年8月12日です。ローリングセレクションの性質上、参加を希望する作家は早めに申し込みを行うことをお勧めします。いずれかのプログラムに参加するための料金は$2,650米ドルです。ライタールームへの参加に関心のあるライターはこちらからお申し込みいただけます。機能キャンパスを通じて機能プロジェクトを開発したい場合は、こちらからお申し込みいただけます

「私たちは、フィーチャーキャンパスとライターズルームのスクリーンライティングプログラムを継続できることに興奮しています。Stowe StoryLabsのディレクター兼創設者であるDavidRocchioは、次のように述べています。