間もなくリリースされるShieldsGreenbiopicEmperorの制作会社であるSobiniFilmsは、映画がリリースされてから最初の1か月間、デジタル取引ごとに1ドルをNAACPに寄付すると発表しました。 ユニバーサルピクチャーズホームエンターテインメントを介して8月18日にデジタルリリースされる予定のこの映画は、奴隷制から脱出し、奴隷制度廃止運動の主要な戦いであるハーパーズフェリーの襲撃に加わったアメリカの自由戦闘機であるグリーンの感動的な旅に基づいています。南北戦争の始まりを刺激し、アメリカの歴史の流れを変えるのを助けました。NAACPハリウッドビューローのディレクターであるロビンハリソンは、次のように述べています。「NAACPは、真のアメリカの英雄のこの描写に触発されており、映画からの収益を、現代の人種差別や人種差別との戦いに使用する機会を与えてくれたことに感謝しています。」マーク・アミンは、ダヨ・オケニーをグリーン、ジェームズ・クロムウェル、キャット・グラハム、ナトゥーリ・ノートン、ミケルティ・ウィリアムソンとして主演する写真を監督しました。

***

Freestyle Digital Mediaは、 TheRealExorcistの北米配給権を取得しましそして、8月28日に一部の都市で劇場公開され、9月1日にDVD、デジタル、ケーブル、衛星プラットフォームを通じて公開されます。HSProductionsの映画は、日本の週末のボックスオフィスで5週間連続でナンバーワンの映画として使用されました。日本のテレビ番組「最高の一発〜時のアメリカ」の織田正京監督、映画スターの千眼美子、伊良湖、希島凛。東京を舞台に、人里離れたカフェ、エクストラで素晴らしいコーヒーを提供する若いウェイトレスのさゆりに続きます。世界で最も神秘的な街にひっそりと佇み、思いがけない場所にスピリチュアルなスポットがあります。エクストラも例外ではなく、さゆりも例外ではありません。顧客は、巧みに淹れたコーヒー以上のものを求めてカフェに来ることがわかりました。彼らはまた、彼女の精神的な力を使って彼女の相談を密かに求めてやって来ます。大川咲也加は、製作総指揮を務めた大川隆法の原作をもとに脚本を書いた。カオル・オタ、濱田勇作、富川美也、うてび陽一がプロデュース。

***

Straight Up Films The Education of Charlie Banks and Jane Got a Gun)は、若年成人と10代の若者のうつ病、不安、自殺の驚くべき増加に寄与する全身的な問題に光を当てる3部構成の短編映画シリーズを準備しています。それぞれの映画は、彼らの人間性と独自性を認識できないことが多いシステム内で意味と充実感を見つけるのに苦労しているさまざまなティーンエイジャーをフォローします。Matt Ogens(なぜ我々は戦うのか)StraightUpFilmsのKateCohenとMarisaPolvinoがプロデュースしているショーツを監督しています。ロサンゼルスで9月中旬に生産を開始する予定です。著者であり、最も注目されているTEDスピーカーのサーケンロビンソンは、教育改革の提唱者であるパムロイ、心理療法家で映画製作者のアレクサンダーフェセリー、トレバーデイビス、ケイトロビンソンとともに製作総指揮者を務めます。ショートシリーズは、有名な精神科医でベストセラー作家のヴィクトール・フランクルによって開発された、意味を中心とした人生へのアプローチの価値を強調することを目的としています。「映画製作者として」とコーエンとポルヴィーノは言いました。「若者の自殺と精神疾患の驚くべき割合を見て、私たちは緊急の行動の呼びかけを感じました。このシリーズを通じて、会話だけでなく、動きにも変化と火花を与えることができることを願っています。」Ogensは次のように付け加えました。「映画製作者としても人間としても、私はすぐにこれらの重要な話をするのを手伝うことを強いられたと感じました。これらの子供たちと私たちのコミュニティ全体にとって、賭け金はこれ以上高くなることはありません。私たちの意図は、人々が考え、感じ、行動するように刺激する、感情的な行動への呼びかけを伴う一連の映画を作成することです。」