SAG-AFTRAは、 Covid-19関連の経済的困難を経験しているメンバーのための会費救済プログラムを再び延長しました

組合は、パンデミックの初期の2020年3月に、最初にCovid-19会費の救済を提供し始めました。それでも、時間通りに支払うことができるメンバーは、「残余の処理や契約の交渉や執行など、組合の重要なサービスを中断することなく継続できるようにする」ことを奨励しています。

2022年5月の会費の延長を請求する期限は6月9日です。

承認された会員は、2022年5月の会費期間の良好な状態を維持するために、6月9日までに現在の5月の会費の半分を支払い、残りの半分を9月1日までに支払う必要があります。2022年5月の会費期間中、遅延料金は査定されず、組合は「この期間中、会員の就労資格に悪影響はない」と述べています。

SAG-AFTRAは、「組合員は、会費、査定、罰金、または管理費の未払いのために18か月間良好な状態になかった場合、自動的に終了する」と述べた。ただし、2022年5月の会費期間中、Covid-19会費救済延長プログラムでは、最低額を2回に分けて支払うことができ(6月9日と9月1日)、該当する場合は、2022年11月の会費期間まで終了を延期します。遅延料金が適用されます。分割払いは、それぞれ6月9日と9月12日までに受け取る必要があります。退職後の復職には、申請料と復職手数料を支払って、現在の全額の入会金を超えないようにする必要があります。」

次の選挙でSAG-AFTRA事務所に立候補することを検討している会員は、2022年5月の会費請求書の支払いを確実にすることにより、5月の会費期間の良好な要件を満たし、国家役員、全国委員会メンバー、または地方委員会メンバーとして選挙に指名される必要があります。組合が6月9日までに受領するか、6月9日までにCovid-19会費救済延長を申請し、その日までに最初の分割払いが受領されるようにします。

5月の会費の支払いが受領されず、会費救済延長の適時の要求が延長プログラムに準拠していない場合、公職に立候補する資格が影響を受けます。プログラムに従って会費を支払わなかった場合も、投票、指名、国民投票への参加のメンバーの能力に影響を及ぼします。