MTVは、2021年のビデオミュージックアワードの候補者リストを発表しました。ジャスティンビーバーは、アーティストオブザイヤーを含む7つのノミでフィールドをリードし、ミーガンジースタリオンの6つに続き、カーディBとのデュエットである「WAP」のビデオオブザイヤーの言及を含みます。

ビリー・アイリッシュ、防弾少年団、ドージャ・キャット、ドレイク、ギブオン、リル・ナズ・エックス、そして初めてのノミネート者であるオリビア・ロドリゴがそれぞれ5人のノミネートを受けています。

以下の候補者の完全なリストを参照してください。

「WAP」とともにビデオオブザイヤーを争うのは、DJ Khaled ft。Drakeの「Popstar」、Doja Catft。SZAの「KissMeMore」、EdSheeranの「BadHabits」、Lil Nas Xの「Montero(Call Me Byあなたの名前)」とウィークエンドの「あなたの涙を救え」。

ビーバーとミーガンジースタリオンは、ドージャキャット、オリビアロドリゴ、テイラースウィフトに対してアーティストオブザイヤーを目指しています。

ブルース・ギルマーとデン・オブ・シーブスの共同創設者であるジェシー・イグニャトビッチが製作総指揮者を務め、バーブ・ビアコウスキーが共同EPを務めています。ムーンマントロフィーショーは、9月12日日曜日午後8時、ニューヨーク市のバークレイズセンターで開催されます。CW、CMT、Comedy Central、Logo、MTV2、Nickelodeon、Paramount Network、Pop、TV Land、VH1で同時放送されます。

これが2021VMAのノミネートの完全なリストであり、その後にアーティスト別のノミネートのリストが続きます。

今年のビデオ 

CardiBft。MeganTheeStallion –“ WAP” –アトランティックレコード

DJ Khaled ft。Drake–“ POPSTAR”(ジャスティン・ビーバー主演)– OVO / We The Best / Epic Records

Doja Catft。SZA–“ Kiss Me More” – Kemosabe Records / RCA Records

エド・シーラン–「悪い習慣」–アトランティック・レコード

Lil Nas X –「MONTERO(あなたの名前で呼んでください)」–コロムビアレコード

The Weeknd –“ Save Your Tears” – XO / Republic Records

今年のアーティスト 

アリアナグランデ–リパブリックレコード

ドージャキャット–ケモサベレコード/RCAレコード

ジャスティンビーバー–デフジャム

ミーガンジースタリオン–300エンターテインメント

オリビア・ロドリゴ–ゲフィン・レコード

テイラースウィフト–リパブリックレコード

今年の歌 

24kGoldnft。ianndior–「ムード」– RECORDSLLC/コロムビアレコード

ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パーク、シルク・ソニック–「ドアを開けたままにする」–アフターマス・エンターテインメント/アトランティック・レコード

BTS –「ダイナマイト」– BIGHIT MUSIC

CardiBft。MeganTheeStallion –“ WAP” –アトランティックレコード

デュアリパ–「レヴィテイティング」–ワーナーレコード

Olivia Rodrigo –「ドライバーライセンス」– Geffen Records

Facebookが発表したBESTNEWARTIST 

24kGoldn – RECORDSLLC/コロムビアレコード

Giveon – EpicRecords/それほど速くない

キッドラロイ–コロムビアレコード

オリビア・ロドリゴ–ゲフィン・レコード

ポロG–コロムビアレコード

Saweetie –ワーナーレコード

今年のプッシュパフォーマンス

2020年9月:Wallows –「あなたはまだ退屈していますか?」–コロムビアレコード

2020年10月:Ashnikko –“ Daisy” – Warner Records

2020年11月:SAINt JHN –「ゴージャス」– Godd Complexx / HITCO

2020年12月:24kGoldn –「Coco」– RECORDS LLC / Columbia Records

2021年1月:JCスチュワート–「ブレイクマイハート」–エレクトラミュージックグループ

2021年2月:Latto –「SexLies」– RCA Records

2021年3月1日:マディソンビアー–「セルフィ​​ッシュ」–エピックレコード/歌う大声で

2021年4月:キッド・ラロイ–「WITHOUTYOU」–コロムビアレコード

2021年5月:Olivia Rodrigo –「ドライバーライセンス」– Geffen Records

2021年6月:ガールインレッド「セロトニン」–ワールドインレッド/ AWAL

2021年7月1日:Fousheé–「私のスライム」– RCA Records

2021年8月:jxdn –「ThinkAbout Me」– DTA Records / Elektra Music Group

最高のコラボレーション

24kGoldnft。ianndior–「ムード」– RECORDSLLC/コロムビアレコード

CardiBft。MeganTheeStallion –“ WAP” –アトランティックレコード

Doja Catft。SZA–“ Kiss Me More” – Kemosabe Records / RCA Records

Drakeft。LilDurk–「LaughNow CryLater」– OVO / Republic Records

Justin Bieberft。DanielCaesar、Giveon –“ Peaches” – Def Jam

MileyCyrusft。DuaLipa–「囚人」–RCAレコード

最高のポップ

アリアナグランデ–「ポジション」–リパブリックレコード

ビリー・アイリッシュ–「だから私は」– Darkroom / Interscope Records

BTS –「バター」– BIGHIT MUSIC

ハリー・スタイルズ–「親切に人々を治療する」–コロムビア・レコード

Justin Bieberft。DanielCaesar、Giveon –“ Peaches” – Def Jam

Olivia Rodrigo –「good4u」– Geffen Records

ショーンメンデス–「ワンダー」–アイランドレコード

テイラー・スウィフト–「柳」–リパブリックレコード

最高のヒップホップ

CardiBft。MeganTheeStallion –“ WAP” –アトランティックレコード

Drakeft。LilDurk–「LaughNow CryLater」– OVO / Republic Records

LilBabyft。MeganTheeStallion –“ On Me(remix)” –品質管理/モータウン

Moneybagg Yo –“ Said Sum” – N-Less Entertainment / Interscope Records

ポロG–「RAPSTAR」–コロムビアレコード

Travis Scottft。YoungThug&MIA –“ FRANCHISE” – Cactus Jack / Epic Records

BEST ROCK

エヴァネッセンス–「UseMyVoice」– BMG

フー・ファイターズ–“ Shame Shame” – Roswell Records / RCA Records

ジョンメイヤー–「ラストトレインホーム」–コロムビアレコード

キラーズ–「マイオウンソウルズワーニング」–アイランド

キングスオブレオン–「バンディット」–RCAレコード

レニー・クラヴィッツ–「レイズ・ヴァイブレーション」– Roxie Records / BMG

最高の代替案

ブリーチャーズ–「これを傷つけるのをやめなさい」–RCAレコード

Glass Animals –「HeatWaves」– Republic Records

イマジンドラゴンズ–「フォローユー」– KIDinaKORNER / Interscope Records

Machine Gun Kellyft。blackbear–「私の元の親友」– Bad Boy / Interscope Records

21人のパイロット–「恥ずかしがり屋」–ラーメンによる燃料

WILLOWft。TravisBarker–「transparentsoul」– MSFTSMusic / Roc Nation

最高のラテン語

Bad Bunny x Jhay Cortez –“Dákiti” –オーチャード

Billie Eilish&ROSALÍA–“ Lo Vas A Olvidar” – Darkroom / Interscope Records

ブラック・アイド・ピーズとシャキーラ–“ GIRL LIKE ME” – Epic Records

J. Balvin、Dua Lipa、Bad Bunny、Tainy –「UNDIA(ONE DAY)」– Universal Music Latino / NEON16

Karol G –「Bichota」–ユニバーサルミュージックラティーノ

マルーマ–「Hawái」–ソニーミュージックUSラテン

BEST R&B

ビヨンセ、ブルーアイビー、SAINt JHN、WizKid –「ブラウンスキンガール」–パークウッドエンターテインメント/コロムビアレコード

ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パーク、シルク・ソニック–「ドアを開けたままにする」–アフターマス・エンターテインメント/アトランティック・レコード

クリスブラウンとヤングサグ–「ゴークレイジー」–クリスブラウンエンターテインメント/RCAレコード

Giveon –“ HEARTBREAK ANNIVERSARY” – Epic Records / Not So Fast

HERft。ChrisBrown–「ComeThrough」–MBKエンターテインメント/RCAレコード

SZA –「GoodDays」– Top Dawg Entertainment / RCA Records

最高のK-POP

(G)I-DLE –「DUMDiDUMDi」–リパブリックレコード

BLACKPINKとSelenaGomez–「IceCream」– YG Entertainment / Interscope Records

BTS –「バター」– BIGHIT MUSIC Monsta X –「ギャンブラー」–スターシップエンターテインメント

SEVENTEEN –「愛する準備ができている」– Pledis Entertainment

TWICE –「アルコールフリー」–JYPエンターテインメントカンパニー

良いビデオ 

ビリー・アイリッシュ–「あなたの力」– Darkroom / Interscope Records

デミ・ロヴァート–「悪魔と踊る」–島

HER –“ Fight For You” –MBKエンターテインメント/RCAレコード

ケインブラウン–「ワールドワイドビューティフル」–ソニーミュージックナッシュビル/RCAレコード

Lil Nas X –「MONTERO(あなたの名前で呼んでください)」–コロムビアレコード

Pharrell Williamsft。JAY-Z–「起業家」–コロムビアレコード

最良の方向

ビリー・アイリッシュ–「あなたの力」–ダークルーム/インタースコープ・レコード–監督:ビリー・アイリッシュ

DJ Khaled ft。Drake–「POPSTAR(ジャスティンビーバー主演)」– OVO / We The Best / Epic Records –監督:Julien Christian Lutz、別名ディレクターX

Lil Nas X –「MONTERO(Call Me By Your Name)」–コロムビアレコード–監督:LilNasXとTanuMuino

テイラー・スウィフト–「ウィロー」–リパブリック・レコード–監督:テイラー・スウィフト

Travis Scottft。YoungThug&MIA –“ Franchise” – Cactus Jack / Epic Records –監督:Travis Scott

タイラー・ザ・クリエイター–“ LUMBERJACK” –コロムビア・レコード–監督:ウルフ・ヘイリー

最高のシネマトグラフィ

ビヨンセ、ブルーアイビー、SAINt JHN、WizKid –「ブラウンスキンガール」–パークウッドエンターテインメント/コロムビアレコード–撮影監督:Benoit Soler、Malik H. Sayeed、MOHAMMAED ATTA AHMED、Santiago Gonzalez、Ryan Helfant

ビリー・アイリッシュ–「だから私は」–ダークルーム/インタースコープ・レコード–シネマトグラフィー:ロブ・ウィット

Foo Fighters –“ Shame Shame” – Roswell Records / RCA Records –シネマトグラフィー:Santiago Gonzalez

JustinBieberft。ChanceTheRapper –“ Holy” – RBMG / Def Jam – Cinematography by:Elias Talbot

レディー・ガガ–“ 911” –インタースコープ・レコード–シネマトグラフィー:ジェフ・クローネンウェス

ロード–「ソーラーパワー」– LAVA /リパブリックレコード–シネマトグラフィー:Andrew Stroud

ベストアートディレクション

ビヨンセ、シャッタウェール、メジャーレイザー–「すでに」–パークウッドエンターテインメント/コロムビアレコード–アートディレクション:スーザンリンス、ジェラルドサントス

エド・シーラン–「悪い習慣」–アトランティック・レコード–アートディレクション:アリソン・ドミニッツ

レディー・ガガ–“ 911” –インタースコープ・レコード–アートディレクション:トム・フォーデン、ピーター・アンドラス

Lil Nas X –「MONTERO(Call Me By Your Name)」–コロムビアレコード–アートディレクション:John Richoux

Saweetieft。DojaCat–「ベストフレンド」–ワーナーレコード–アートディレクション:Art Haynes

テイラー・スウィフト–「ウィロー」–リパブリックレコード–アートディレクション:イーサントブマン、レジーナフェルナンデス

最高の視覚効果

ベラポーチ–「BuildA Bitch」–ワーナーレコード–視覚効果:Andrew Donoho、Denhov Visuals、Denis Strahhov、Rein Jakobson、Vahur Kuusk、Tatjana Pavlik、Yekaterina Vetrova

コールドプレイ–「ハイパワー」–アトランティックレコード–視覚効果:数学

Doja Cat&The Weeknd –“ You Right” – Kemosabe Records / RCA Records – Visual Effects by:La Pac、Anthony Lestremau、Julien Missaire、Petr Shkolniy、Alexi Bailla、Micha Sher、Antoine Hache、Mikros MPC、Nicolas Huget、Guillaume Ho Tsong Fang、Benjamin Lenfant、Stephane Pivron、MPC Bangalore、Chanakya Chander、Raju Ganesh、David Rouxel

ガラス動物–「タンジェリン」–リパブリックレコード–視覚効果:Ronan Fourreau

Lil Nas X –「MONTERO(あなたの名前で呼んでください)」–コロムビアレコード–視覚効果:数学

P!NK –「これまでに知っていることすべて」– RCAレコード–視覚効果:Dave Meyers、Freenjoy Inc

最高の振り付け

アリアナ・グランデ–“ 34 + 35” –リパブリック・レコード–振付:ブライアン・ニコルソン&スコット・ニコルソン

BTS –「バター」– BIGHIT MUSIC –振付:SON SUNG DEUK with BHM PERFORMANCE DIRECTING TEAM

エド・シーラン–「悪い習慣」–アトランティック・レコード–振付:ナトリシア・バーナード

フー・ファイターズ–“ Shame Shame” – Roswell Records / RCA Records –振付:Nina McNeely

ハリー・スタイルズ–「親切に人々を治療する」–コロムビア・レコード–振付:ポール・ロバーツ

Marshmello&Halsey –“ Be Kind” – Astralwerks / Capitol Records –振付:Dani Vitale

最高の編集

ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パーク、シルク・ソニック–「ドアを開けたままにする」–アフターマス・エンターテインメント/アトランティック・レコード–編集者:トロイ・シャルボネ

防弾少年団–「バター」– BIGHIT MUSIC –編集者:LumpensのYong Seok Choi

ドレイク–「次は何か」– OVO /リパブリックレコード–編集者:ノアケンダル

ハリー・スタイルズ–「親切に人々を治療する」–コロムビア・レコード–編集者:クラウディア・ウォス

Justin Bieberft。DanielCaesar、Giveon –“ Peaches” – Def Jam –編集者:Mark Mayr、Vinnie Hobbs

MileyCyrusft。DuaLipa–「囚人」–RCAレコード

アーティストによるノミネートのリスト 

ジャスティンビーバー–7つのノミネート

年間最優秀ビデオ:「POPSTAR」(ジャスティンビーバー主演)

アーティストオブザイヤー

ベストポップ:「ピーチ」

最高のコラボレーション:「ピーチ」

ベストディレクション:「POPSTAR」(ジャスティンビーバー主演)

最優秀撮影賞:「聖なる」

最高の編集:「ピーチ」

ミーガンジースタリオン–6つのノミネート 

今年のビデオ:「WAP」

アーティストオブザイヤー

年間最優秀曲:「WAP」

最高のコラボレーション:「WAP」

最高のヒップホップ:「WAP」

ベストヒップホップ:「OnMe(TheRemix)」

ビリーアイリッシュ–5つのノミネート

ベストポップ:「だから私は」

最高のラテン語:「LoVasAOlvida」

Video For Good:「あなたの力」

ベストディレクション:「あなたの力」

最優秀撮影賞:「だから私は」

BTS –5つのノミネート 

年間最優秀曲:「ダイナマイト」

ベストポップ:「バター」

最高のK-POP:「バター」

最高の振り付け:「バター」

最高の編集:「バター」

ドージャキャット–5つのノミネート 

今年のビデオ:「KissMeMore」

アーティストオブザイヤー

最高のコラボレーション:「KissMeMore」

ベストアートディレクション:「ベストフレンド」

最高の視覚効果:「親友」

ドレイク–5つのノミネート

年間最優秀ビデオ–「POPSTAR」(ジャスティンビーバー主演)

最高のコラボレーション–「LaughNowCryLater」

最高のヒップホップ:「笑って後で泣く」

ベストディレクション:「POPSTAR(ジャスティンビーバー主演)」

最高の編集:「次は何か」

Giveon –5つのノミネート 

最優秀新人アーティスト

最高のコラボレーション:「ピーチ」

ベストポップ:「ピーチ」

ベストR&B:「ハートブレイクアニバーサリー」

最高の編集:「ピーチ」

Lil Nas X –5つのノミネート 

今年のビデオ:「MONTERO(あなたの名前で呼んでください)」

Video For Good:「MONTERO(あなたの名前で呼んでください)」

ベストディレクション:「MONTERO(あなたの名前で呼んでください)」

ベストアートディレクション:「モンテロ(あなたの名前で呼んでください)」

最高の視覚効果:「MONTERO(あなたの名前で呼んでください)」

オリビア・ロドリゴ–5つのノミネート 

アーティストオブザイヤー

年間最優秀曲:「運転免許証」

最優秀新人アーティストプッシュ

今年のパフォーマンス:「運転免許証」

ベストポップ:「良い4u」

24kGoldn –4つのノミネート 

年間最優秀曲:「ムード」

最優秀新人アーティスト:「ムード」

今年のプッシュパフォーマンス:「ココ」

最高のコラボレーション:「ムード」

Cardi B –4つのノミネート

今年のビデオ:「WAP」

年間最優秀曲:「WAP」

最高のコラボレーション:「WAP」

最高のヒップホップ:「WAP」

デュアリパ–4つのノミネート 

年間最優秀曲:「レヴィテイティング」

最高のコラボレーション:「囚人」

最高のラテン語:Una Dia

最高の編集:「囚人」

テイラースウィフト–4つのノミネート 

アーティストオブザイヤー

ベストポップ:「柳」

ベストディレクション:「柳」

ベストアートディレクション:「柳」

Anderson .Paak –3つのノミネート 

年間最優秀曲:「ドアを開けたままにする」

最高のR&B:「ドアを開けたままにする」

最高の編集:「ドアを開けたままにする」

アリアナグランデ–3つのノミネート

アーティストオブザイヤー

ベストポップ:「ポジション」

最高の振り付け:「34+35」

ビヨンセ–3つのノミネート 

ベストR&B:「ブラウンスキンガール」

最優秀撮影賞:「BROWNSKINGIRL」

ベストアートディレクション:「すでに」

ブルーノマーズ–3つのノミネート 

年間最優秀曲:「ドアを開けたままにする」

最高のR&B:「ドアを開けたままにする」

最高の編集:「ドアを開けたままにする」

エド・シーラン–3つのノミネート 

今年のビデオ:「悪い習慣」

ベストアートディレクション:「悪い習慣」

最高の振り付け:「悪い習慣」

フーファイターズ–3つのノミネート 

ベストロック:「ShameShame」

最高の振り付け:「恥の恥」

最優秀撮影賞:「恥辱」

SZA –3つのノミネート 

今年のビデオ:「KissMeMore」

最高のコラボレーション:「KissMeMore」

ベストR&B:「グッドデイズ」