Disney +は、3月24日にデビューした市場で帯域幅使用率を25%削減しています。また、同社はフランスでの発売を4月7日まで延期すると発表しました。

ウォルト・ディズニー・カンパニーの直接販売および国際会長、ケビン・メイヤー声明の中で、欧州連合政府の要請に応えていると述べた。

ディズニーの決定は、Netflixによって発表された同様の取り組みに続くものです。その会社は木曜日に、コロナウイルスの封鎖によって引き起こされる通信ネットワークの負担を緩和するために、ヨーロッパのユーザーが今後30日間コンテンツのストリーミング品質を制限すると発表した。

「責任を持って行動するというディズニーの長年のコミットメントに沿って、ブロードバンドインフラストラクチャの円滑な機能を確保するために協力するという欧州委員会委員会のティエリーブルトンの要請に応えています」とメイヤーの声明は述べています。「Disney+に対する高い消費者需要を見越して、3月24日にDisney +を発売するすべての市場で、全体的な帯域幅使用率を少なくとも25%削減するための対策を積極的に開始しています

「今後数日で、インターネットの混雑を監視し、インターネットサービスプロバイダーと緊密に連携して、必要に応じてビットレートをさらに削減し、消費者の需要に圧倒されないようにします。Disney +の発売を楽しみにしており、これらの困難で困難な時代に家族に待望の休息を提供することを願っています。」

「フランスのファンには、Disney +サービスが提供されますが、フランス政府の要請により、2020年4月7日火曜日まで発売を延期することに同意しました。」

Netflixと同様に、現在、品質の制限はヨーロッパのユーザーにのみ適用されます。

欧州連合の内部市場およびサービス委員会のティエリー・ブルトンは、コロナウイルスへの対応が通信ネットワークにさらなる負担をかけるため、NetflixやYouTubeなどのストリーミングプラットフォームにインターネットのグリッドロックを防ぐための対策を講じるよう求めています。

水曜日に行われた電話で、彼はNetflixのCEOであるリードヘイスティングスに、需要のピーク時に標準画質のコンテンツのみをユーザーに提供するように促しました。現在、膨大な数の人々が自宅で仕事をしており、ビデオチャットやデジタルメッセージを使用して友人や家族と連絡を取り合っています。ユーザーがストリーミングプラットフォームに費やす時間を増やすにつれて、Breton氏は、ストリーマーが通信事業者を確保する上で果たす役割があると述べました。圧倒されませんでした。

「ストリーミングプラットフォーム、通信事業者、ユーザーは、ウイルス増殖との戦いでインターネットが円滑に機能するようにするための措置を講じる責任があります」と、Breton氏は電話後に発表された声明の中で述べています。