CineworldのCEOであるMookyGreidingerは本日、世界第2位の出展者が「スタジオパートナーと進化する劇場用ウィンドウの条件と構造について積極的に交渉している」と述べました。シネワールドが2020年の結果を報告した後、彼は収益の呼びかけについてコメントしました。これには、業界がCovidのパンデミックの影響を大きく受けたため、史上初の年間営業損失(22.6億ドル)が含まれます。

今週の初めに、CineworldがWarner Brosと複数年の合意に達したと報告しました。これにより、米国のCineworldのリーガルチェーンでのWBの2021年の劇場版およびHBOMaxの日付と日付のタイトルが劇場公開の時点で表示されます。その後、2022年から、ワーナーはリーガルとの45日間の劇場のみのウィンドウを約束しました。リーガルは4月2日から米国で再開を開始します。現在の政府のガイドラインに基づいて、シネワールドの英国のサイトは5月17日に運用を再開します(日付はもっと早くなる可能性があります)。

グレイディンガーは本日、ワーナーとの契約を「非常に重要な前進」と呼び、他のスタジオとの「対話は良好」であると述べました。彼は、シネワールドがユニバーサルと話していると述べた。「私たちはまだ契約を結んでいないが、それは私たちが彼らの映画を上映していないという意味ではない」。2020年のユニバーサルは、映画がPVODに移行する前に、米国のAMCとCinemarkとの17日間と31日間の期間を短縮しました。とりあえず、GreidingerはDeadlineに次のように語っています。彼らと一緒に経済的な解決策を見つける必要があります。」

ディズニーと、クルエラブラックウィドウを日付と日付の劇場/ディズニー+プレミアアクセスプランに移行するという決定に関して、デッドラインのアンソニーダレッサンドロが報告したように、展示パートナーに平手打ちと見なされていた、とグレイディンガーはデッドラインに語った。 「私たちはニュースを分析しています。ディズニーから彼らのオファーが何であるかを聞く必要があり、彼らと話をします。」

全体として、Greidingerは、次のように述べています。ほこりが少し落ち着くと、ウィンドウの問題の安定性も大幅に向上します。」

CEOは、中国や日本などの堅調な市場から出てきた興行収入を指摘し、「人々が映画館を見逃したこと、人々が戻りたい、外出したいことを示しています」と述べました。彼はさらに次のように付け加えました。「劇場の独占権がある程度維持されている限り、私たちはうまくいくでしょうし、人々は映画館で映画に出くわすでしょう。スタジオの場合、映画館で映画が成功すればするほど、補助市場、マーチャンダイジング、公園などで映画が成功し、人気が高まることは明らかです。」

グレイディンガー氏は、リーガルが4月に再開するという今週のニュースに対する反応は勇気づけられ、映画ファンは「非常に熱心」だと語った。再開すると、Cineworldは米国、英国、ポーランドで無制限のメンバーシッププログラムを再開します。彼によると、米国での取り込みは、閉鎖前に上昇していたという。

同社はまた、昨年短期間オープンし、映画ファンからの「驚くべき反応」を見たカリフォルニアのアーバインスペクトラムシネマで改善された体験を提供することを楽しみにしています。テネシー州とニューヨークのユニオンスクエアにはさらに更新された映画館があり、ヒューストンには新しいプロジェクトがあり、Greidingerは業界でトップの映画館の1つになると信じています。

彼は、「私たちの戦略が映画を見るのに最適な場所になることであると言うとき、それを意味します」と収益の呼びかけを締めくくりました。