タイムズ紙によると、 BBCニュース部門のトップジャーナリストは、いじめや嫌がらせに対する企業の取り締まりで「職場での尊重」トレーニングコースに参加する必要があります。

プレゼンターとシニアプロデューサーは、BBCスタッフにLGBTの同僚やさまざまなバックグラウンドを持つ人々をよりよく知ってもらうことを目的とした社内コースに参加する必要があります。これらはすべて、職場文化を改善するための全体的な改善の一環です。

タイムズは、ベテランの司会者ジミー・サヴィルの数十年にわたる虐待のスキャンダルの後に放送局が徹底的な調査を行った2013年以来、BBCでのいじめと嫌がらせの508件の正式な事件を報告しています。

最近では、いじめの懸念が提起された場合に何らかの措置が取られるというBBCの従業員の信頼が欠如しています。タイムズは、今年のスタッフ調査の結果が、スタッフの最大40%が彼らの懸念に対処することに同意しなかったことを示したと報告しています。

BBCのスポークスマンは、次のように述べています。「BBCは近代的で包括的な組織であり、このようなトレーニングコースは何年にもわたって実施されてきました。」