Uberの元CEO兼共同創設者であるTravisKalanickは、ライドシェアリングサービスの株式の29%を売却し、この取引から推定14億ドルを実現する予定です。彼はUberの推定10%を所有しており、同社の株式を売却したことは一度もないと伝えられています。

また、Uberの株式を販売しているのは、ベンチャーキャピタル会社であるBenchmarkであり、約9億ドル相当の持ち株の15%を移動していると報じられています。報告によると、カラニックとベンチマークの両方がユーバーボードの座席を保持します。

両方の株式の購入者は、日本のコングロマリットであるソフトバンクが主導する投資コンソーシアムであり、最近、100億ドルのUber株を購入することに合意しました。

カラニックは、会社でのセクハラの申し立て、規制当局からの情報の隠蔽事件、運転手と乗客の情報を盗んだハッキング攻撃の開示の失敗に続いて、昨年Uberを辞任した後、低迷しています。

カラニックは以前、エンターテインメントテクノロジーのファイル共有サービスであるScourとRedSwooshを運営していました。