ブダペストのプスカスアリーナで水曜日の夜にポルトガルと2対2で引き分けたフランスは、フランスで3年間の視聴者記録を樹立し、TF1地元の午後9時から平均1560万人の視聴者(58シェア)を記録しました。これは、2018年のワールドカップ決勝でTF1が19.3Mを獲得して以来、市場の1つのチャンネルの視聴者数の最大数です。また、M6で15.1Mの視聴者を獲得したLesBleusの6月15日のユーロ2020 オープナーを上回っています。

フランスはグループFのリーダーとしてラウンド16に向かい、次に6月28日にブカレストでスイスと対戦します。

一方、ドイツ対ハンガリーは、同じく2-2の同点となり、トーナメント中に初めてZDFで2500万人の視聴者を上回りました。平均2,574万人が、観客の71.4のシェアで、マンシャフトがマジャロックに面しているのを見ました。ドイツの前回のユーロ2020の試合は、サッカーを愛する国でそれぞれ2,000万点を超えました。しかし、土曜日の欧州チャンピオンのポルトガルに対する4-2の勝利は、75.7で聴衆のより高いパーセントを引き付けました。ARDは、6月29日にウェンブリーでドイツ対イングランドのディブを行います。

また昨日、スペインの6M強が、午後5時からテレシンコにチューニングしてセビリアでラロハのベストスロバキアを5-0で観戦しました。それは52.8株にとっては良かった。スペインは月曜日にコペンハーゲンでクロアチアと対戦します。

火曜日、ガレス・サウスゲートの側がチェコ共和国に対して1-0で勝利し、グループDでトップの座を獲得したため、 ITVはテレビとすべてのデバイスで1770万人の視聴者のピークを記録しました。その試合ではITVHubとSTVPlayer全体で530万のストリームがあり、グラスゴーでクロアチアがスコットランドに3-1で勝利しました。数字は、イングランド対スコットランドの金曜日の夜のITVの2,000万のピークに続くものです。