『魔笛』がチューリッヒで世界初公開、主役のジャック・ウルフの最初の画像が公開ローランド・エメリッヒが製作総指揮を務める
モーツァルトのオペラ・クラシックをフローリアン・シーグルが現代的に再考した『魔笛』は、チューリッヒ映画祭で世界初演される。 (9 月 22 日から 10 月 2 日まで) 音楽をテーマにしたサウンド サイドバーの一部として。制作は、発表に合わせて、ロンドンからオーストリアのアルプスに歌の奨学金で送られる17歳の少年の主役であるShadow And BoneスターのJack Wolfeの最初の画像をリリースしました. このセクションのその他のハイライトには、ドラマTaurusのスイス初演が含まれます。マシン・ガン・ケリー主演。米国のラップスターは、もともとベルリンで世界初公開された映画のガラ上映に出席する予定です. サイドバーには、ケルンのバンド Can でスターダムにのし上がり、Wim Wenders の多くの映画の音楽を作曲した Irmin Schmidt のバイオ ドキュメントも含まれています。

バスク映画 17 本がサン セバスチャン & ジネミラ賞に贈られると発表 13
の長編映画と 4 本の短編映画が、第 70 回サン セバスチャン フェスティバルにバスク人として参加します . このフェスティバルでは、バスク映画に特化したジネミラ セクションも並行して開催されます。サンセバスチャンに向かうバスクのタイトルの完全なリストは、ここにあります. そして今年、サン・セバスティアンは、バスク映画の分野での功績を称えて人物や機関に贈られるジネミラ賞を、昨年亡くなった監督のチェマ・アレイザガに死後手渡す予定です。