長年の業界弁護士兼ビジネスエグゼクティブであるマイケル・アイズナーは、膵臓癌で亡くなりました、とデッドラインは確認しました。アイズナーはカロルコの商務弁護士を務めた後、ICM、次にWMAの商務部門に異動しました。アイズナーは合併後もWMEにとどまり、その後、ハスブロスタジオの上級副社長兼ビジネスおよび法務部門の責任者になりました。彼は55歳でした。

そこから、ニューヨークを拠点とする法律事務所がロサンゼルスに事務所を設立したとき、彼はフランクフルト・クルニット・クライン&セルツに引っ越しました。企業側では、彼はハスブロのために、複雑な権利取引や国際共同制作を含むすべてのエンターテインメント関連の取引の主任交渉者として広範な仕事をしました。才能の面では、彼は初めての作家や新興のサンダンス映画祭の受賞者から、定評のある数十億ドル規模の映画製作者に至るまで、さまざまな個人にアドバイスを提供してきました。

彼は今日、ロサンゼルスのグローマンエデン遺体安置所に埋葬されました。友人たちは彼を、過去にガンと戦い、ガンを打ち負かした堅実な男であり、強力な幹部であることを思い出しました。