メキシコ野球リーグの声明によると、メキシコのオリンピック野球チームの2人の選手は、東京への出発予定前の日曜日にCovid-19の陽性反応を示しました。

問題の選手は、ヘクター・ベラスケスとサミー・ソリスで、どちらもモンクローバ・スティールの投手です。

どちらも無症候性でした。それらはホテルの部屋に置かれ、陽性のPCR検査を受けたら「すぐに」隔離されました。PCRテストが提供され、評価されるまで、他のプレーヤーとチームのコーチングスタッフも同様に隔離されました。

アルフレド・ハープ・ヘルスタジアムで月曜日の夜に予定されていたトレーニングセッションは、コビッドの発生に続いてキャンセルされました。テストは、本日早くにメキシコの野球チームに所属する他のすべての個人に対して実施されました。

チームは以前の予定通り、水曜日に東京に向けて出発します。メキシコオリンピック委員会によって確立された議定書は、すべてのチームメンバーの「健康を守るために」引き続き守られます。

今年は、メキシコの野球チームがオリンピックに参加する資格を得た最初の年です。グループAチームは7月30日にドミニカ共和国と日本と対戦する予定です。

東京オリンピック、パンデミックにより1年遅れた後、金曜日の開会式で幕を開けます。これまでに、オリンピックのアスリート、コーチ、役員のうち少なくとも20人が陽性を示しました。これには、女性の体操チームの代替選手であるカラエーカー、女性のバスケットボールチームのメンバーであるケイティルーサミュエルソン、米国の男子バスケットボールチームのザックラヴィーンとブラッドリービールが含まれます。これまでのところ、オリンピック村内でいくつかの症例が確認されています。