濱口竜介ドライブマイカーは、日曜日に国際長編映画オスカーをすくい上げ、以前は最優秀外国語映画として知られていた部門で競争力のある賞を受賞した日本から2番目の映画になりました(授与された名誉賞を数えると、日本では5番目になります) 1950年代)。

ドルビーのステージから、多くの賞シーズンのように通訳を介さずに英語で話す浜口は、「アカデミーのすべてのメンバーが私たちをここに迎えてくれた」と、米国の配給会社であるヤヌスフィルムズとサイドショーに感謝しました。私の車をアメリカまで運転してください。」彼は音楽を中断して「ちょっと待って」と言う前にほとんど演奏されていました。彼の俳優全員とLAに行けなかった人たち、特にサーブ900を美しく運転した三浦透子に感謝します。フィルム。"

濱口はもっと言いたいことがあるように見えたが、スケダドルの音楽が盛り上がり、彼は去った。

村上春樹の短編小説をもとに、濱口共作・監督の 『ドライブ・マイ・カー』。ドラマはオスカーノミネートの日に歴史を作り、オスカーの最優秀作品賞にノミネートされた最初の日本映画になりました。さらに、浜口は、最優秀監督賞にノミネートされた唯一の日本の映画製作者であり、今夜、最優秀脚色賞にノミネートされました。ドライブマイカーの合計4つのオスカーノミネートは、黒澤明のランを日本でこれまでで最もノミネートされた映画として結び付けています(後者はフランスの共同制作でしたが)。

ドライブマイカーはカンヌでキャリアをスタートさせ、最優秀脚本賞を受賞して以来、ロサンゼルス映画批評家協会とニューヨーク映画批評家協会の両方から映画批評家協会とニューヨーク映画批評家協会の両方から映画の最優秀賞を無数の賞とともに受賞しています。他のグループから。また、最近、英語以外の映画のBAFTAを受賞しました。

カンヌで最も高く評価されているタイトルの1つであるこの物語は、劇作家の妻と幸せに結婚した舞台俳優兼監督のカフクユスケ(西島秀俊)を中心にしています。後者が突然姿を消してから2年後、カフクはヴァーニャおじさんの製作を監督するように頼まれ、彼の抗議にもかかわらず、ミサキ(ミウラ)によってその間、運転手にされなければなりません。

上の彼のスピーチと下の舞台裏のコメントをチェックしてください。