コロナウイルス危機の間の会費の救済は、国際映写技師組合、IATSEローカル600のメンバーに来ています。彼のメンバーへのビデオメッセージで、新しく選出されたICG社長ジョンリンドリーは、ギルドが説明するためにその苦難基金の拡大も検討していると述べました業界のCOVID-19のシャットダウンによる収入の損失。

「私が最近よく尋ねられる質問は、私たちの会員の会費救済の可能性についてです」とリンドリーはビデオで言いました。「来週の3月2日水曜日に、全国執行委員会の特別会議を招集しました。私たちのリソースについて話し合い、メンバーの利益のためにそれらをどのように割り当てるかを考えます。何らかの形の会費救済がその会合から出てくることは確実です。また、コロナウイルスのために救済を申請したメンバーが含まれるように、苦難基金を拡大することについても話します。これらの決定は、水曜日の終わりまでに行われます。両方の分野で決定を下さずにその会議を終了することはありません。翌日、それらの決定を報告します。」

リンドリーは先週の日曜日に大統領に選出され、業界が閉鎖される前に先月辞任したルイス・ローゼンバーグ前大統領の任期を埋めた。

完全なメッセージについては、以下のビデオをご覧ください。