ニューヨーク州知事のキャシー・ホクルは、Covid-19の主要な傾向と健康および教育の専門家との協議に応えて、3月2日から学校での州マスクの義務を終了する計画を発表しました。

「より多くのニューヨーカーがワクチン接種を受け、過去数週間にわたってオミクロンからの症例と入院が着実に減少しているため、私たちは今、パンデミックの新しい段階に入っています。ニューヨーカーが強化されたので、私たちは自信を持って私たちの学校の州全体のマスク要件を取り除くことができます」とホクル知事は日曜日の声明で述べました。「これは私たちの子供たちとコミュニティにとって大きな前進です。私たち全員の安全を守るために尽力してくれた生徒、教育者、保護者に感謝します。あなたの努力のおかげで、このマイルストーンに到達しました。」

ニューヨークには、ワクチン接種を受けた成人、10代、子供が高い割合でいます。これは、国内で最も高い割合の1つです。このリリースでは、オミクロンのピーク以降、州でCovidの症例が98%減少し、51日間連続して症例が減少傾向にあることが明らかになりました。