CNNの一般教書演説では、日曜日に元財務長官のローレンスサマーズからの2つのホットテイクが取り上げられました。最も驚いたのは、今後2年以内に景気後退が「起こりそうにない」という彼の発言でした。

サマーズの声明は、現在の財務長官ジャネット・イエレンの以前のコメントに反対しており、景気後退が進行中であることを示唆するものは何もない。しかし、一般教書演説アンカーであるダナ・バッシュからの質問に答えて、サマーズは彼が同意しなかったと言った。

「インフレ率が現在と同じくらい高く、失業率が現在と同じくらい低い場合、ほとんどの場合、2年以内に景気後退が続くと思います」とサマーズ氏は述べています。「私は株式市場と債券市場で何が起こっているかを見ています。私は消費者心理がどこにあるかを見ています。来年は確かに景気後退のリスクがあると思います。そして、私たちが到達した場所を考えると、私は思います。今後2年以内に景気後退に陥る可能性が高いです。」

「それは私たちが管理できるものです。私たちは国の歴史全体のためにそれらを持っています。私たちは準備をし、それが起こった場合に迅速に対応する必要があります。1年前、インフレはないと言っていた楽観主義者は間違っていたと思います。今は間違っていると思います。」

サマーズ氏はまた、2021年1月6日の出来事が現在経済を打撃しているインフレの一因となっていると述べた。彼は共和党の行動が不信任決議を引き起こし、インフレを助長するためのトランプ減税を非難した。

「米国の生産者の投入価格を上げて競争力を低下させるのではなく、重要なことに焦点を当てる必要があります。これは、これらの関税の多くが行うことです。代わりに、中国などへの重要な技術の漏洩を可能にするものに焦点を当てるべきです。私たちはついにある種の法律を可決する必要があります。理想的には、超党派ベースで、大幅に過剰なトランプ減税を引き上げ、課税企業に世界に加わり、処方薬の価格を引き下げるでしょう。そのすべてがインフレを減らすために機能するでしょう。私たちにできることがあります。」