独占: ジャイアントピクチャーズは、ドラフトハウスフィルムズと複数年契約を結び、今後の劇場用およびストリーミング用のタイトルを共同リリースします。ジャイアントは、高く評価されているドラフトハウスフィルムカタログの販売と配布も担当します。

ジャンル主導のアラモドラフトハウスによってキュレーションされたドラフトハウスフィルムカタログには、米国とカナダの複数のプラットフォームでストリーミングできる40以上のタイトルが含まれています。契約に基づくすべてのタイトルは、AlamoonDemandストリーミングプラットフォームでも利用できるようになります。

アラモドラフトハウスの創設者であるティムリーグは、次のように述べています。「ドラフトハウスフィルムライブラリにとってこれ以上の家は考えられません。忘れられた古典と新しい発見の両方をリリースするために提携することを楽しみにしています。」

Drafthouse Filmsは、GiantPicturesとの新しいパートナーシップのために新しいタイトルを取得します。タイトルには、アラモドラフトハウスシネマからの専用リリースサポートが含まれます。この契約には、ジョシュ・オッペンハイマーのドキュメンタリー『アクト・オブ・キリング』 やELカッツのダークコメディー『ザ・スリル』など、高く評価されているバックカタログのドラフトハウス映画のタイトルが含まれています 。

ジャイアントピクチャーズのゼネラルマネージャーであるニックサヴァは、次のように述べています。「ジャイアントチームは、アラモと協力して、すべての画面の視聴者にカルト映画を提供することを楽しみにしています。」

この契約は、ジャイアント・ピクチャーズのニック・サヴァ、グリーンフィールド・メディアのビル・ソンドハイム、アラモ・ドラフトハウスの創設者兼執行会長のティム・リーグ、ドラフトハウス・フィルムのジェームズ・エマニュエル・シャピロによって交渉されました。