チャック・パーカーは、美術監督組合、IATSE Local 800の全国常務理事に再選されました。彼と、ドゥーナーという名前で呼ばれるギルドの準常務理事は、先週の土曜日にギルドの年2回の総会で再選されました。彼らは両方とも反対せずに走った。

ギルドの社長であるネルソン・コーツは、次のように述べています。

「これは地元の団結の素晴らしい展示でした」とパーカーを指名したアートディレクターのスーザン・ボレスは言いました。

「メンバーが私たちのリーダーの後ろに強く立っていることは明らかです」と、ギルドのセットデザイナーとモデルメーカーのクラフトの議長であり、ドゥーナーを指名したクリスティンデイビスは言いました。

ギルドの財務報告によると、パーカーは昨年ギルドから235,968ドルを支払われ、ドゥーナーは171,371ドルを稼いだ。

指名の対象となる他の役職の選挙結果は、5月14日に郵送され6月4日にカウントされる投票用紙によって決定されます。エンターテインメント業界全体で14万人以上の労働者。

パーカーは、米国労働省が命じた特別選挙で、長年の現職のスコット・ロスを破った2016年に最初に当選しました。ロスはギルドの取締役会に雇われ、1997年以来継続的にその喜びを享受していた。しかし、DOLは、ロスはギルドの「役員」であり、労使報告公開法で定義された「従業員」ではないと判断した。開示法、したがってギルドのメンバーによる選挙に立候補しなければならなかった–彼はそれを失った。