アビゲイルディズニーシーラネヴィンスは、ドキュメンタリーに焦点を当てた映画とテレビのクリエイティブワークフォースサミットのニューヨーク女性のエディションに出演する予定の注目すべき講演者の1人です。

実質的に10月20日から23日まで開催されるこのイベントでは、基調講演者、パネル、映画上映が行われます。NYWIFTの発表によると、目標は「変化を生み出し、将来に向けたサポートとリーダーシップを動員するための前向きな戦略を確立すること」です。

他の注目すべき参加者には、投票者の抑圧との戦いについてのドキュメンタリーである、CapturingtheFlagの主人公であるプロデューサーで元NYWIFT社長のLaverneBerryが含まれます。マイルス・デイビス:クールの誕生などの映画を支援してきたFirelightMediaの社長であるMarciaSmith

パネリストには、リサ・コルテスとリズ・ガルバス(オールイン:民主主義のための戦い)、マージャン・サフィニア(そして彼女は次になる可能性がある)、ドーン・ポーター(ジョン・ルイス:グッドトラブル)、シャリニ・カンタイヤ(コード化されたバイアス)、マリア・フィニッツォ(ジレンマ)が含まれますof Desire)、Yvonne Russo(無題のAnnie Mae Aquashドキュメンタリー)、Nadia
Hallgren(Becoming)。

マリア・トーレス・スプリンガー、フォード財団社会正義センターの米国プログラム担当副社長がサミットの紹介をします。

今年のサミットの第2版は、
女性に投票権を与える第19条改正の100周年を記念するものです。また、女性のドキュメンタリー映画製作者の貢献と、歴史に社会的、文化的、経済的変化をもたらすための彼らの努力を認めます。ブラック・ライヴズ・マター運動とCOVID-19パンデミックの課題も主要なテーマになります。

「エンターテインメント業界は重大なハードルに直面しているため、これまで以上にエンターテインメント業界の女性がお互いをサポートする必要があります
」と、NYWIFTのエグゼクティブディレクターであるシンシアロペスはプレスリリースで述べています。「現在の状況にもかかわらず、コンテンツ開発を刺激するコラボレーションプラットフォームを提供し続けるために、このサミットを主催することに力を注いでいます。」