30年前に数百万の売り上げを記録したニルヴァーナのアルバムの表紙に裸の赤ちゃんとして描かれたロサンゼルスの男性ネバーマインドは、児童ポルノの被害者が児童違反の被害を回復することを許可する連邦法の下で、グランジロックトリオに対する訴訟を再提出しました今日入手した文書によると、ポルノ法。

スペンサー・エルデン(30歳)は、現在は消滅しているグループ、さまざまなレコード会社、アートディレクターが、彼のイメージを世界中に「人身売買」することで「生涯にわたる被害」を被ったと主張しています。

裁判官が期限を過ぎたことを発見した後、訴訟は1月3日に却下されましたが、10日以内に苦情を修正して再提出する機会が与えられました。訴訟は水曜日にロサンゼルス連邦裁判所に提起された。

訴訟によると、被告は「スペンサーを描いた商業児童ポルノを故意に作成し、所有し、宣伝し、そうすることと引き換えに故意に価値を受け取った…この知識にもかかわらず、被告はスペンサーを保護し、彼の広範な性的搾取を防ぐための合理的な措置を講じることができなかった。画像の人身売買。」

訴訟によると、エルデンの両親は、1990年にパサデナ水族館で生後4か月に撮影された写真の使用を許可するリリースに署名したことはありません。

しかし、故ニルヴァーナの指導者カート・コバーンの遺言執行者であるコートニー・ラブを含む被告は、エルデンが「ニルヴァーナの赤ちゃん」であることを楽しんでいるようであり、ネヴァーマインドの入れ墨さえ持っていると彼らの法廷文書で主張した。

「彼は何度も料金と引き換えに写真を再制定しました。彼はアルバムのタイトルを持っていました…胸に刺青を入れました。彼はセルフパロディのヌードカラーのワンジーを着てトークショーに出演しました。彼はeBayで販売されているアルバムカバーのサイン入りコピーを持っています。そして彼はそのつながりを利用して女性を迎えに行こうとした」と弁護団は却下した。

エルデンは、陪審裁判と、17人の被告のそれぞれから15万ドル、または不特定の損害賠償を求めています。

1991年にGeffen/UMGレーベルからリリースされたNevermindの表紙は、ドル紙幣が付いた釣り針に向かって泳いでいる裸の赤ちゃんを描いています。これは、ロックで最も有名なアルバムカバーの1つです。

「アルバムカバーが視聴者からの内臓の性的反応を引き起こすことを確実にするために、(写真家カーク)ウェドルはスペンサーの露出した性器を強調して強調するポーズで彼を水中に投げる前にスペンサーの「絞扼反射」を活性化した」とエルデンの訴訟は主張する。

訴訟は、コバーンが選んだ表紙の画像が「セックスワーカーがドル紙幣を手に取っている」ことを示唆していると主張している。

エルデンは、被告は「スペンサーを描いた児童ポルノを、音楽業界で一般的に利用されているレコードプロモーションスキームの不可欠な要素として注目を集めるために使用しました。アルバムカバーは、性的に挑発的な方法でポーズをとった子供たちをカバーし、悪評を得て、売り上げを伸ばし、メディアを獲得します。注意と批評的なレビュー。」

その結果、彼の苦情によると、エルデンは「生涯にわたる損害を被り、今後も被り続ける」とのことです。

Geffen Recordsは当初、 Nevermindの46,521部を小売業者に出荷し、最終的に200,000部を販売することを望んでいました。グランジ時代の要であるアルバムは、最終的に3000万枚以上を売り上げました。

エルデンの訴訟によると、公開されている情報によると、コバーンの不動産の純資産は少なくとも4億5,000万ドルで、ニルヴァーナのアルバム販売による年間収益は400万ドルと推定されています。

CityNewsServiceがこのレポートに貢献しました。